世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

カナダCBD食品・飲料市場予測 2024-2032


CANADA CBD FOOD & BEVERAGE MARKET FORECAST 2024-2032

主な調査結果 カナダのCBD食品・飲料市場は予測期間中にCAGR 21.27%を記録すると予測される。調査対象市場の基準年は2023年で、予測対象年は2024年から2032年である。 市場インサイト カナダの大麻は、娯楽目... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Inkwood Research
インクウッドリサーチ
2024年6月3日 US$1,100
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
126 英語

 

サマリー

主な調査結果
カナダのCBD食品・飲料市場は予測期間中にCAGR 21.27%を記録すると予測される。調査対象市場の基準年は2023年で、予測対象年は2024年から2032年である。
市場インサイト
カナダの大麻は、娯楽目的でも医療目的でも合法である。2018年、連邦政府は娯楽目的の大麻使用を非犯罪化し、アルコールと同様の規制枠組みを制定した。この枠組みでは、自家生産、流通、消費地、販売時間などが制限されている。合法化により、個人使用のための大麻所持は規制薬物・物質法から除外され、課税が導入され、未成年者への大麻提供や飲酒運転にはより厳しい罰則が課された。
2019年1月までに、カナダ全土で娯楽用大麻のオンライン販売が開始され、州政府または準州政府によって管理されている。また、ほとんどの州では、政府または民間企業によって運営される大麻販売のための店舗が設置された。しかし、認可を受けた生産者からの合法大麻の供給が不十分であることなどから、小売店の数は限られたままである。
同国の市場には、飲料、スナック、栄養補助食品など幅広い製品があり、CBD入りの水、お茶、コーヒーなどの飲料が特に人気を集めている。さらに、企業は自然でホリスティックな健康法を求める幅広い消費者層に対応するため、製品ラインを革新し多様化することで、このトレンドを活用している。
カナダにおけるCBD食品・飲料市場の形成においても、規制の進展が重要な役割を果たしている。この点に関して、連邦保健省であるカナダ保健省はCBD製品の規制を監督しており、安全性と品質の基準を満たしていることを保証しています。規制の状況は依然として複雑で、CBD入りの飲食料品や飲料の販売と流通を管理する厳格なガイドラインがあります。それゆえ、CBDに関する社会的関心と科学的研究が成長し続けるにつれて、カナダの市場はさらに拡大し、予測期間中に投資を誘致し、重要な技術革新を促進することになる。
セグメンテーション分析
カナダのCBD食品・飲料市場は、製品タイプと流通チャネルに区分される。製品タイプはさらにCBD食品とCBD飲料に分類される。世界の飲料市場は、アルコール飲料とノンアルコール飲料の両方に有望な機会を提供しています。これに伴い、業界力学に影響を与える主要な新興動向には、天然フレーバーと甘味料の使用が含まれ、大麻は注目すべき原料となっている。
大麻飲料は機能性飲料に分類され、エネルギー飲料、強化ジュース、スポーツドリンク、乳製品・乳製品代替品、強化水、レディ・トゥ・ドリンク(RTD)ティー、コーヒーなどが含まれる。要するに、大麻食品・飲料市場、特にCBD飲料分野の成長は、大麻を注入した革新的なエネルギー飲料とウェルネス飲料の需要によって主に牽引されている。
競争に関する洞察
カナダCBD食品・飲料市場で事業を展開している主要企業には、Alkaline88 LLC、Aurora Cannabis Inc、Curaleaf、Canopy Growth Corporationなどがある。
米国に本社を置くAlkaline88 LLCは、Alkaline88というブランド名で販売されている、高級ボトル入りアルカリ飲料水とフレーバーウォーターの優れたメーカーである。同社は化学物質を含まないアルカリ性飲料水の製造に特化しており、CBDを配合した製品も製造している。米国、カナダ、メキシコといった北米諸国を主な顧客基盤とするアルカリ88の大麻製品群は、フレーバー・エナジー・ショット、チンキ剤、カプセル、粉末パック、CBD入り飲料水など多岐にわたる。

ページTOPに戻る


目次

目次
1. 調査範囲と方法論
1.1. 調査目的
1.2.調査方法
1.3. 前提条件と限界
2. 要旨
2.1. 市場規模と推定
2.2. 国別スナップショット
2.3. 国別分析
2.4. 市場範囲
2.5. 主な市場調査結果
2.5.1. カフェイン入り飲料へのCBDの使用はウェルネス効果を高める。
2.5.2. 製品表示と持続可能な包装の重視
2.5.3. ムード食品の需要急増
3. 市場力学
3.主な推進要因
3.1.1. 食品における cbd の利点に対する認識の高まりと健康&ウェルネス・トレンドへの関心の高さ
3.1.2. 有利な合法化と規制の変更が食品・飲料産業における cbd 利用を後押しする。
3.1.3. ミレニアル世代とジェネレーションズ世代によるcbd入り食品・飲料への需要の増加
3.2. 主な阻害要因
3.2.1. 厳しい規制が市場成長を鈍化させる
3.2.2. 高品質のcbd抽出物は高価である可能性があり、製品価格が上昇する可能性がある。
4. 主要分析
4.1. 主要市場動向
4.1.1. 大麻エディブルやグミのような多様な製品がミレニアル世代で注目されている。
4.1.2. 有名人と大麻ベースの食品・飲料ブランドとのコラボレーション
4.1.3. 好ましい研究開発投資と新製品開発が市場成長に寄与
4.2. 害虫分析
4.3. ポーターの5つの力分析
4.3.1. バイヤーの力
4.3.2. サプライヤーの力
4.3.3. 代替品
4.3.4. 新規参入
4.3.5. 業界のライバル関係
4.4. 成長見通しマッピング
4.4.1. カナダの成長見通しマッピング
4.5. 市場成熟度分析
4.6. 市場集中度分析
4.7. バリューチェーン分析
4.7.1. 原材料調達
4.7.2. 製品の処方と製造
4.7.3. 流通と物流
4.7.4. 小売・販売
4.7.5. エンドユーザー
4.8. 主要な購買基準
4.8.1. コスト
4.8.2. 製品の特徴
4.8.3. 入手可能性
4.8.4. ブランド名
4.9. 規制の枠組み
5. 製品タイプ別市場
5.CBD食品
5.1.1. ベーカリー製品
5.1.2. チョコレート・菓子
5.1.3. シリアルバー
5.1.4. アイスクリーム
5.1.5. その他のCBD食品
5.2. cbd飲料
5.CBDウォーター
5.2.2. cbdティーとコーヒー
5.2.3. cbdエナジードリンク
5.2.4. cbdカクテル
5.2.5. その他のCBD飲料
6. 流通チャネル別市場
6.1. スーパーマーケットとハイパーマーケット
6.2. 専門店
6.3. オンライン小売店
6.4. その他の流通チャネル
7. 競争環境
7.1. 主な戦略的展開
7.1.1. 合併と買収
7.1.2. 製品の発売と開発
7.1.3. パートナーシップと契約
7.1.4. 事業拡大
7.2. 会社プロファイル
7.2.1. アルカリ88 LLC
7.2.1.1. 会社概要
7.2.1.2. 製品リスト
7.2.2. オーロラ・カンナビス社
7.2.2.1. 会社概要
7.2.2.2. 製品リスト
7.2.3.キュラーレフ
7.2.3.1. 会社概要
7.2.3.2. 製品リスト
7.2.4. キャノピーグロースコーポレーション
7.2.4.1. 会社概要
7.2.4.2. 製品リスト
7.2.5. カナウェイ
7.会社概要
7.2.5.2. 製品リスト
7.2.6. ティルレイ・ブランズ
7.2.6.1. 会社概要
7.2.6.2. 製品リスト
7.2.7. クロノス・グループ
7.2.7.1. 会社概要
7.2.7.2. 製品リスト

 

ページTOPに戻る


 

Summary

KEY FINDINGS
The Canada CBD food & beverage market is projected to register a CAGR of 21.27% during the forecast period. The base year regarded for the studied market is 2023, and the forecasting years are from 2024 to 2032.
MARKET INSIGHTS
Cannabis in Canada is legal for both recreational and medicinal purposes. In 2018, the federal government decriminalized recreational cannabis use, instituting a regulatory framework similar to that of alcohol. This framework restricts home production, distribution, consumption areas, and sale times. The legalization also removed cannabis possession for personal use from the Controlled Drugs and Substances Act, introduced taxation, and imposed stricter penalties for supplying cannabis to minors or driving under the influence.
By January 2019, online sales of recreational cannabis were operational across Canada, managed by provincial or territorial governments. Most provinces also established storefront operations for cannabis sales, operated either by the government or private enterprises. However, the number of retailers has remained limited, primarily due to the inadequate supply of legal cannabis from licensed producers.
The country’s market includes a wide range of products such as beverages, snacks, and dietary supplements, with beverages like CBD-infused water, tea, and coffee gaining particular popularity. Additionally, companies are also capitalizing on the trend by innovating and diversifying their product lines to cater to a broad consumer base seeking natural and holistic health solutions.
Regulatory developments have played a crucial role in shaping the CBD food & beverage market in Canada, as well. In this regard, Health Canada, the federal health department, oversees the regulation of CBD products, ensuring they meet safety and quality standards. The regulatory landscape remains complex, with strict guidelines governing the marketing and distribution of CBD-infused edibles and beverages. Hence, as public interest and scientific research on CBD continue to grow, the market in Canada is set to expand further, attracting investments and fostering significant innovation during the forecast period.
SEGMENTATION ANALYSIS
The Canada CBD food & beverage market is segmented into product type and distribution channel. The product type category is further classified into CBD food and CBD beverage. The global beverage market offers promising opportunities for both alcoholic as well as non-alcoholic drinks. Aligning with this, key emerging trends impacting the industry dynamics include the use of natural flavors and sweeteners, with cannabis becoming a notable ingredient.
Cannabis beverages are categorized as functional beverages, a section that includes energy drinks, fortified juices, sports drinks, dairy and dairy alternatives, as well as enhanced water, ready-to-drink (RTD) tea, and coffee. In essence, the growth of the cannabis food & beverage market, particularly within the CBD beverage segment, is predominantly driven by the demand for innovative energy and wellness drinks infused with cannabis.
COMPETITIVE INSIGHTS
Some of the major companies operating in the Canada CBD food & beverage market include Alkaline88 LLC, Aurora Cannabis Inc, Curaleaf, Canopy Growth Corporation, etc.
Alkaline88 LLC, headquartered in the United States, is a distinguished manufacturer of premium bottled alkaline drinking water as well as flavored water, marketed under the brand name Alkaline88. The company specializes in producing chemical-free alkaline water and has also expanded its product line to include CBD-infused offerings. With a customer base primarily located in North American countries such as the United States, Canada, and Mexico, Alkaline88’s cannabis product range encompasses flavored energy shots, tinctures, capsules, powdered packs, and CBD-infused water.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. RESEARCH SCOPE & METHODOLOGY
1.1. STUDY OBJECTIVES
1.2. METHODOLOGY
1.3. ASSUMPTIONS & LIMITATIONS
2. EXECUTIVE SUMMARY
2.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
2.2. COUNTRY SNAPSHOT
2.3. COUNTRY ANALYSIS
2.4. SCOPE OF MARKET
2.5. MAJOR MARKET FINDINGS
2.5.1. USE OF CBD IN CAFFEINATED DRINKS BOOSTS WELLNESS BENEFITS
2.5.2. EMPHASIS ON PRODUCT LABELLING AND SUSTAINABLE PACKAGING
2.5.3. SURGE IN DEMAND FOR MOOD FOODS
3. MARKET DYNAMICS
3.1. KEY DRIVERS
3.1.1. INCREASING AWARENESS OF CBD BENEFITS IN FOOD AND HIGH INTEREST IN HEALTH & WELLNESS TRENDS
3.1.2. FAVOURABLE LEGALIZATION AND REGULATORY CHANGES BOOST CBD USE IN THE FOOD & BEVERAGE INDUSTRY
3.1.3. INCREASED DEMAND FOR CBD-INFUSED FOOD & BEVERAGES FROM MILLENNIALS & GEN-Z
3.2. KEY RESTRAINTS
3.2.1. STRICT REGULATIONS TO SLOW DOWN MARKET GROWTH
3.2.2. HIGH-QUALITY CBD EXTRACTS CAN BE EXPENSIVE, WHICH MAY RESULT IN HIGHER PRODUCT PRICES
4. KEY ANALYTICS
4.1. KEY MARKET TRENDS
4.1.1. RISING PROMINENCE OF DIVERSE PRODUCT OFFERINGS LIKE CANNABIS EDIBLES AND GUMMIES AMONG MILLENNIALS
4.1.2. CELEBRITY COLLABORATIONS WITH CBD-BASED FOOD & BEVERAGE BRANDS
4.1.3. FAVOURABLE R&D INVESTMENTS AND NEW PRODUCT DEVELOPMENTS ADD TO MARKET GROWTH
4.2. PEST ANALYSIS
4.3. PORTER’S FIVE FORCES ANALYSIS
4.3.1. BUYERS POWER
4.3.2. SUPPLIERS POWER
4.3.3. SUBSTITUTION
4.3.4. NEW ENTRANTS
4.3.5. INDUSTRY RIVALRY
4.4. GROWTH PROSPECT MAPPING
4.4.1. GROWTH PROSPECT MAPPING FOR CANADA
4.5. MARKET MATURITY ANALYSIS
4.6. MARKET CONCENTRATION ANALYSIS
4.7. VALUE CHAIN ANALYSIS
4.7.1. RAW MATERIAL SOURCING
4.7.2. PRODUCT FORMULATION AND MANUFACTURING
4.7.3. DISTRIBUTION AND LOGISTICS
4.7.4. RETAILS & SALES
4.7.5. END-USER
4.8. KEY BUYING CRITERIA
4.8.1. COST
4.8.2. PRODUCT FEATURES
4.8.3. AVAILABILITY
4.8.4. BRAND NAME
4.9. REGULATORY FRAMEWORK
5. MARKET BY PRODUCT TYPE
5.1. CBD FOOD
5.1.1. BAKERY PRODUCTS
5.1.2. CHOCOLATE AND CONFECTIONERY
5.1.3. CEREAL BAR
5.1.4. ICECREAM
5.1.5. OTHER CBD FOODS
5.2. CBD BEVERAGE
5.2.1. CBD WATER
5.2.2. CBD TEA AND COFFEE
5.2.3. CBD ENERGY DRINK
5.2.4. CBD COCKTAIL
5.2.5. OTHER CBD BEVERAGES
6. MARKET BY DISTRIBUTION CHANNEL
6.1. SUPERMARKET AND HYPERMARKET
6.2. SPECIALTY STORE
6.3. ONLINE RETAIL STORE
6.4. OTHER DISTRIBUTION CHANNELS
7. COMPETITIVE LANDSCAPE
7.1. KEY STRATEGIC DEVELOPMENTS
7.1.1. MERGERS & ACQUISITIONS
7.1.2. PRODUCT LAUNCHES & DEVELOPMENTS
7.1.3. PARTNERSHIPS & AGREEMENTS
7.1.4. BUSINESS EXPANSIONS
7.2. COMPANY PROFILES
7.2.1. ALKALINE88 LLC
7.2.1.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.1.2. PRODUCT LIST
7.2.2. AURORA CANNABIS INC
7.2.2.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.2.2. PRODUCT LIST
7.2.3. CURALEAF
7.2.3.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.3.2. PRODUCT LIST
7.2.4. CANOPY GROWTH CORPORATION
7.2.4.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.4.2. PRODUCT LIST
7.2.5. KANNAWAY LLC
7.2.5.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.5.2. PRODUCT LIST
7.2.6. TILRAY BRANDS INC
7.2.6.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.6.2. PRODUCT LIST
7.2.7. THE CRONOS GROUP
7.2.7.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.7.2. PRODUCT LIST

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(food)の最新刊レポート


よくあるご質問


Inkwood Research社はどのような調査会社ですか?


Inkwood Researchは世界40ヶ国以上の国を対象に広範な市場を調査し、世界市場全体を調査したレポートに加え、アジア太平洋地域、欧州、北米などの主要地域や主要国毎のレポートも数多く出版してい... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る