世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

オーストラリア・ニュージーランドCBD食品・飲料市場予測 2024-2032


AUSTRALIA & NEW ZEALAND CBD FOOD & BEVERAGE MARKET FORECAST 2024-2032

主な調査結果 オーストラリアとニュージーランドのCBD食品・飲料市場は予測期間中CAGR 16.22%で成長すると推定される。調査対象市場の基準年は2023年で、予測対象年は2024年から2032年である。 市場インサイト... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Inkwood Research
インクウッドリサーチ
2024年6月3日 US$1,100
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
129 英語

 

サマリー

主な調査結果
オーストラリアとニュージーランドのCBD食品・飲料市場は予測期間中CAGR 16.22%で成長すると推定される。調査対象市場の基準年は2023年で、予測対象年は2024年から2032年である。
市場インサイト
オーストラリアにおける大麻エディブルの生産には、THCとCBD成分の組み込みが含まれる。需要が増加しているにもかかわらず、これらのエディブル、特に医療グレードのCBDとTHCオイルを配合したエディブルは比較的不足している。その結果、個人はニーズを満たすために自家製の代替品に目を向けている。この点で、グミや大麻入りブラウニーを含む大麻エディブルは、オーストラリアで大麻を消費するための好ましい方法として浮上している。
そのため、同市場で事業を展開するさまざまな企業が、味や利便性に関する消費者の嗜好に沿った高品質のエディブルを提供することで、この需要に対応している。また、安全性と品質に関する厳格な基準を遵守することを優先している。
逆に、ニュージーランドのCBD(カンナビジオール)食品・飲料市場は、健康とウェルネス製品に対する消費者の関心の高まりに後押しされて、大きな成長を遂げている。この市場には、CBD入りの飲料、スナック、栄養補助食品など様々な製品があり、自然で植物由来の健康ソリューションを求める世界的な傾向を反映しています。ニュージーランド政府は製品の安全性と品質を保証するガイドラインを導入しており、規制の変化がこの拡大に重要な役割を果たしている。
地元企業もまた、CBDを伝統的なフレーバーや食品に取り入れることで革新的な取り組みを行っており、国際的なブランドも、この国の強固な規制の枠組みと健康志向の消費者層に惹かれて市場に参入している。この急成長している分野は経済を活性化させるだけでなく、ニュージーランドを世界のCBD市場の潜在的リーダーとして位置づけています。
セグメンテーション分析
オーストラリアとニュージーランドのCBD食品・飲料市場は、製品タイプと流通チャネルに区分される。製品タイプはさらにCBD食品とCBD飲料に分類される。CBD食品では、ベーカリー製品分野が予測期間中に大きなCAGRで成長すると設定されている。ベーカリー製品には、バー、ベーグル、パン、ロールパン、ビスケット、ローフブレッド、ピザ、クッキー、ケーキ、チーズケーキ、パイ、マフィン、スナックケーキ、スウィーツなどの様々なデザートなど、幅広い製品が含まれる。
ベーカリー製品は何世紀にもわたり高い需要を維持しており、多くの国で通常の食生活に取り入れられている。この分野における注目すべき革新は、パン、ケーキ、ロールケーキ、ブラウニー、饅頭などの焼き菓子に大麻を組み込むことである。その結果、より多くの大麻入りベーカリー製品の発売が、予測期間中の大麻食品・飲料市場の成長を大きく促進すると予想される。
さらに、チョコレート業界の顕著なトレンドの1つは、大麻入りチョコレートの出現である。CBDを取り入れることで独特の風味と味わいがもたらされ、近年のチョコレート需要が大幅に増加している。ココアに対する需要が既に高い中、大麻をココアと組み合わせるという革新は、予測期間中にさらに多くの消費者を惹きつけると予想される。
競争に関する洞察
オーストラリア・ニュージーランドCBD食品・飲料市場で事業を展開する主要企業には、The Cannabis Company、Hemp Gallery Australia、Tilray Brands Incなどがある。
ヘンプ・ギャラリー・オーストラリアは、国内で栽培・加工された369種類のブランド麻食品を発売している。品質と持続可能性にこだわる同ブランドは、豊富な栄養素とユニークな風味を持つ多様なヘンプ食品を提供している。ヘンプシード、ヘンプオイル、プロテインパウダー、スナックなど、美味しく健康的なオプションで毎日の食生活を向上させるようデザインされている。

ページTOPに戻る


目次

目次
1. 調査範囲と方法論
1.1. 調査目的
1.2.調査方法
1.3. 前提条件と限界
2. 要旨
2.1. 市場規模と推定
2.2. 国別スナップショット
2.3. 国別分析
2.4. 市場範囲
2.5. 主な市場調査結果
2.5.1. カフェイン入り飲料へのCBDの使用はウェルネス効果を高める。
2.5.2. 製品表示と持続可能な包装の重視
2.5.3. ムード食品の需要急増
3. 市場力学
3.主な推進要因
3.1.1. 食品における cbd の利点に対する認識の高まりと健康&ウェルネス・トレンドへの関心の高さ
3.1.2. 有利な合法化と規制の変更が食品・飲料産業における cbd 利用を後押しする。
3.1.3. ミレニアル世代とジェネレーションズ世代によるcbd入り食品・飲料への需要の増加
3.2. 主な阻害要因
3.2.1. 厳しい規制が市場成長を鈍化させる
3.2.2. 高品質のcbd抽出物は高価である可能性があり、製品価格が上昇する可能性がある。
4. 主要分析
4.1. 主要市場動向
4.1.1. 大麻エディブルやグミのような多様な製品がミレニアル世代で注目されている。
4.1.2. 有名人と大麻ベースの食品・飲料ブランドとのコラボレーション
4.1.3. 好ましい研究開発投資と新製品開発が市場成長に寄与
4.2. 害虫分析
4.3. ポーターの5つの力分析
4.3.1. バイヤーの力
4.3.2. サプライヤーの力
4.3.3. 代替品
4.3.4. 新規参入
4.3.5. 業界のライバル関係
4.4. 成長見通しマッピング
4.4.1. オーストラリアとニュージーランドの成長見通しマッピング
4.5. 市場成熟度分析
4.6. 市場集中度分析
4.7. バリューチェーン分析
4.7.1. 原材料調達
4.7.2. 製品の処方と製造
4.7.3. 流通と物流
4.7.4. 小売・販売
4.7.5. エンドユーザー
4.8. 主要な購買基準
4.8.1. コスト
4.8.2. 製品の特徴
4.8.3. 入手可能性
4.8.4. ブランド名
4.9. 規制の枠組み
5. 製品タイプ別市場
5.CBD食品
5.1.1. ベーカリー製品
5.1.2. チョコレート・菓子
5.1.3. シリアルバー
5.1.4. アイスクリーム
5.1.5. その他のCBD食品
5.2. cbd飲料
5.CBDウォーター
5.2.2. cbdティーとコーヒー
5.2.3. cbdエナジードリンク
5.2.4. cbdカクテル
5.2.5. その他のCBD飲料
6. 流通チャネル別市場
6.1. スーパーマーケットとハイパーマーケット
6.2. 専門店
6.3. オンライン小売店
6.4. その他の流通チャネル
7. 競争環境
7.1. 主な戦略的展開
7.1.1. 合併と買収
7.1.2. 製品の発売と開発
7.1.3. パートナーシップと契約
7.1.4. 事業拡大
7.2. 企業プロフィール
7.2.1. カンナビス・カンパニー
7.2.1.1. 会社概要
7.2.1.2. 製品リスト
7.2.2. ヘンプギャラリー・オーストラリア
7.2.2.1. 会社概要
7.2.2.2. 製品リスト
7.2.3. ティルレイ・ブランズ・インク
7.2.3.1. 会社概要
7.2.3.2. 製品リスト
7.2.4. ヘンプ・フーズ・オーストラリア
7.2.4.1. 会社概要
7.2.4.2. 製品リスト
7.2.5.ナチュレキャン
7.2.5.1. 会社概要
7.2.5.2. 製品リスト

 

ページTOPに戻る


 

Summary

KEY FINDINGS
The Australia & New Zealand CBD food & beverage market is estimated to grow with a CAGR of 16.22% during the forecasting period. The base year considered for the studied market is 2023, and the forecasted years are from 2024 to 2032.
MARKET INSIGHTS
The production of cannabis edibles in Australia involves the incorporation of THC and CBD ingredients. Despite the increasing demand, these edibles, particularly those formulated with medical-grade CBD and THC oil, remain relatively scarce. Consequently, individuals are turning to homemade alternatives to meet their needs. In this regard, marijuana edibles, including gummies and cannabis-infused brownies, have emerged as a preferred method for consuming cannabis in Australia.
Accordingly, various companies operating in the market are addressing this demand by providing high-quality edibles that align with consumer preferences for taste and convenience. They also prioritize adhering to rigorous standards of safety and quality.
Conversely, the New Zealand CBD (cannabidiol) food & beverage market is experiencing significant growth, driven by increasing consumer interest in health and wellness products. The market includes a variety of offerings, such as CBD-infused drinks, snacks, and dietary supplements, reflecting a broader global trend towards natural and plant-based health solutions. Regulatory changes have played a crucial role in this expansion, with the New Zealand government implementing guidelines that ensure product safety and quality.
Local companies are also innovating by incorporating CBD into traditional flavors and foods, while international brands are entering the market, attracted by the country's robust regulatory framework and health-conscious consumer base. This burgeoning sector not only boosts the economy but also positions New Zealand as a potential leader in the global CBD market.
SEGMENTATION ANALYSIS
The Australia & New Zealand CBD food & beverage market is segmented into product type and distribution channel. The product type category is further classified into CBD food and CBD beverage. Under CBD foods, the bakery products segment is set to grow at a significant CAGR during the forecast period. Baked goods include a wide array of products, such as bars, bagels, buns, rolls, biscuits, loaf breads, pizzas, cookies, and various desserts such as cakes, cheesecakes, pies, muffins, snack cakes, sweet goods, etc.
Bakery products have maintained high demand for centuries, with many countries incorporating them into their regular diets. A notable innovation in this sector is the integration of cannabis into baked goods like breads, cakes, rolls, brownies, and buns. Consequently, the launch of more cannabis-infused bakery products is expected to significantly drive growth in the cannabis food & beverage market during the forecast period.
Furthermore, one of the prominent trends in the chocolate industry is the emergence of cannabis-infused chocolates. The incorporation of CBD introduces a unique flavor and taste, which has significantly increased the demand for chocolates in recent years. With an already high demand for cocoa, the innovation of combining cannabis with cocoa is anticipated to attract even more consumers during the forecast period.
COMPETITIVE INSIGHTS
Key players operating in the Australia & New Zealand CBD food & beverage market include The Cannabis Company, Hemp Gallery Australia, Tilray Brands Inc, etc.
Hemp Gallery Australia has introduced 369 branded hemp foods, cultivated and processed entirely within the nation. Committed to quality and sustainability, the brand offers a diverse range of hemp food products that are rich in nutrients and provide unique flavors. Their collection includes hemp seeds, oil, protein powders, and snacks designed to enhance daily diets with delicious and healthy options.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. RESEARCH SCOPE & METHODOLOGY
1.1. STUDY OBJECTIVES
1.2. METHODOLOGY
1.3. ASSUMPTIONS & LIMITATIONS
2. EXECUTIVE SUMMARY
2.1. MARKET SIZE & ESTIMATES
2.2. COUNTRY SNAPSHOT
2.3. COUNTRY ANALYSIS
2.4. SCOPE OF MARKET
2.5. MAJOR MARKET FINDINGS
2.5.1. USE OF CBD IN CAFFEINATED DRINKS BOOSTS WELLNESS BENEFITS
2.5.2. EMPHASIS ON PRODUCT LABELLING AND SUSTAINABLE PACKAGING
2.5.3. SURGE IN DEMAND FOR MOOD FOODS
3. MARKET DYNAMICS
3.1. KEY DRIVERS
3.1.1. INCREASING AWARENESS OF CBD BENEFITS IN FOOD AND HIGH INTEREST IN HEALTH & WELLNESS TRENDS
3.1.2. FAVOURABLE LEGALIZATION AND REGULATORY CHANGES BOOST CBD USE IN THE FOOD & BEVERAGE INDUSTRY
3.1.3. INCREASED DEMAND FOR CBD-INFUSED FOOD & BEVERAGES FROM MILLENNIALS & GEN-Z
3.2. KEY RESTRAINTS
3.2.1. STRICT REGULATIONS TO SLOW DOWN MARKET GROWTH
3.2.2. HIGH-QUALITY CBD EXTRACTS CAN BE EXPENSIVE, WHICH MAY RESULT IN HIGHER PRODUCT PRICES
4. KEY ANALYTICS
4.1. KEY MARKET TRENDS
4.1.1. RISING PROMINENCE OF DIVERSE PRODUCT OFFERINGS LIKE CANNABIS EDIBLES AND GUMMIES AMONG MILLENNIALS
4.1.2. CELEBRITY COLLABORATIONS WITH CBD-BASED FOOD & BEVERAGE BRANDS
4.1.3. FAVOURABLE R&D INVESTMENTS AND NEW PRODUCT DEVELOPMENTS ADD TO MARKET GROWTH
4.2. PEST ANALYSIS
4.3. PORTER'S FIVE FORCES ANALYSIS
4.3.1. BUYERS POWER
4.3.2. SUPPLIERS POWER
4.3.3. SUBSTITUTION
4.3.4. NEW ENTRANTS
4.3.5. INDUSTRY RIVALRY
4.4. GROWTH PROSPECT MAPPING
4.4.1. GROWTH PROSPECT MAPPING FOR AUSTRALIA & NEW ZEALAND
4.5. MARKET MATURITY ANALYSIS
4.6. MARKET CONCENTRATION ANALYSIS
4.7. VALUE CHAIN ANALYSIS
4.7.1. RAW MATERIAL SOURCING
4.7.2. PRODUCT FORMULATION AND MANUFACTURING
4.7.3. DISTRIBUTION AND LOGISTICS
4.7.4. RETAILS & SALES
4.7.5. END-USER
4.8. KEY BUYING CRITERIA
4.8.1. COST
4.8.2. PRODUCT FEATURES
4.8.3. AVAILABILITY
4.8.4. BRAND NAME
4.9. REGULATORY FRAMEWORK
5. MARKET BY PRODUCT TYPE
5.1. CBD FOOD
5.1.1. BAKERY PRODUCTS
5.1.2. CHOCOLATE AND CONFECTIONERY
5.1.3. CEREAL BAR
5.1.4. ICECREAM
5.1.5. OTHER CBD FOODS
5.2. CBD BEVERAGE
5.2.1. CBD WATER
5.2.2. CBD TEA AND COFFEE
5.2.3. CBD ENERGY DRINK
5.2.4. CBD COCKTAIL
5.2.5. OTHER CBD BEVERAGES
6. MARKET BY DISTRIBUTION CHANNEL
6.1. SUPERMARKET AND HYPERMARKET
6.2. SPECIALTY STORE
6.3. ONLINE RETAIL STORE
6.4. OTHER DISTRIBUTION CHANNELS
7. COMPETITIVE LANDSCAPE
7.1. KEY STRATEGIC DEVELOPMENTS
7.1.1. MERGERS & ACQUISITIONS
7.1.2. PRODUCT LAUNCHES & DEVELOPMENTS
7.1.3. PARTNERSHIPS & AGREEMENTS
7.1.4. BUSINESS EXPANSIONS
7.2. COMPANY PROFILES
7.2.1. THE CANNABIS COMPANY
7.2.1.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.1.2. PRODUCT LIST
7.2.2. HEMP GALLERY AUSTRALIA
7.2.2.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.2.2. PRODUCT LIST
7.2.3. TILRAY BRANDS INC
7.2.3.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.3.2. PRODUCT LIST
7.2.4. HEMP FOODS AUSTRALIA
7.2.4.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.4.2. PRODUCT LIST
7.2.5. NATURECAN
7.2.5.1. COMPANY OVERVIEW
7.2.5.2. PRODUCT LIST

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(beverage market)の最新刊レポート


よくあるご質問


Inkwood Research社はどのような調査会社ですか?


Inkwood Researchは世界40ヶ国以上の国を対象に広範な市場を調査し、世界市場全体を調査したレポートに加え、アジア太平洋地域、欧州、北米などの主要地域や主要国毎のレポートも数多く出版してい... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る