世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

飲酒検知器と薬物検査機器の世界市場 - 2024-2031


Global breathalyzer and drug testing equipment market - 2024-2031

概要 飲酒検知器と薬物検査装置の世界市場は、2023年にXX百万米ドルに達し、2031年にはXX百万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年の間にXX%の年平均成長率で成長すると予測される。 薬物検査機器は... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
182 英語

 

サマリー

概要
飲酒検知器と薬物検査装置の世界市場は、2023年にXX百万米ドルに達し、2031年にはXX百万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年の間にXX%の年平均成長率で成長すると予測される。
薬物検査機器は、尿、唾液、毛髪、血液、汗など様々な生体サンプル中の薬物の存在を検出するために設計されたツールである。免疫測定、クロマトグラフィーなどの技術を利用して、人体内の薬物の痕跡や濃度を検出する。これらのデバイスは、薬物乱用の監視、臨床診断、法医学的調査に使用されます。飲酒検知器は、呼気サンプルから血中アルコール濃度(BAC)を測定する薬物検査装置でもあります。彼らは一般的に個人的なスクリーニングのための個人、道路沿いのテストのための警察の部門、および職場の安全のための雇用者によって使用されます。これらの飲酒検知器は、法的および安全基準の遵守を確実にするために、迅速かつ信頼性の高い結果を提供します。

市場ダイナミクス:推進要因
薬物の影響による交通事故の増加
アルコールは多くの社会で文化的・社会的役割を果たしている。しかし、日常生活のさまざまな場面で経験するアルコールの有害性は否定できない。多くの文献が、飲酒後の運転は事故の危険性とその重大性を著しく高め、死者や重傷者を出すことを明らかにしている。
薬物やアルコールの影響下での運転事故を減らすための政府の厳しい規制や法律が、予測期間中の市場を牽引している。世界保健機関(WHO)の報告書2022によると、交通事故による死傷は公衆衛生上の大きな問題であり、世界中で死傷の主な原因となっている。毎年約130万人が死亡し、数百万人以上が交通事故によって負傷したり障害を負ったりしており、その多くは中低所得国で発生している。交通事故は個人、家族、地域社会に莫大な社会的コストをもたらすだけでなく、医療サービスや経済にも大きな負担を強いている。
WHOは最新の報告書で、世界の交通事故死の5%から35%が アルコールに関連していると推定している。ほとんどの高所得国では、死亡事故を起こしたドライバーの約20%が血中アルコール濃度が法定限度を超えている。低・中所得国での研究によると、致命傷を負ったドライバーの33%と69%、致命傷を負わなかったドライバーの8%と29%が、事故前にアルコールを摂取していた。薬物やアルコールの影響下での事故件数の増加と政府規制の高まりが、世界市場を牽引している。
さらに、技術の進歩と飲酒検知器および薬物検査装置の採用拡大が、世界の飲酒検知器および薬物検査装置市場を牽引すると予想される。
阻害要因
しかし、飲酒検知器によっては、不適切な校正、不適切な薬液、不適切な改造、誤ったプログラミング、不適切な方法論、電子的干渉、特定の健康状態、化学物質への暴露などが原因で、偽陽性/偽陰性の結果が出ることがある。高度な薬物検査モデルのコストが高いため、特に低・中所得国での使用が制限される可能性がある。
このレポートの詳細 - サンプル請求
セグメント分析
飲酒検知器と薬物検査装置の世界市場は、タイプ、用途、モダリティ、エンドユーザー、地域に基づいてセグメント化される。
タイプ別では、尿薬物検査装置が飲酒検知・薬物検査装置の世界市場シェアの約46.2%を占める
最も一般的に使用される薬物検査は尿薬物検査であり、尿をサンプルとして体内の薬物またはその代謝物の痕跡を検出する。この方法は、その汎用性、費用対効果、使いやすさのために主に支持されています。この検査は、最近の薬物使用、一般的には過去数日から1週間以内の薬物使用を特定することができ、職場のスクリーニングにも臨床現場にも適しています。尿分析では、マリファナ、メタンフェタミン、コカイン、オピオイドなど、さまざまな物質を検出することができる。
例えば、2023年9月1日、エルゼビア・ジャーナル誌に発表されたコホート研究によると、尿薬物検査(UDT)は、オピオイド使用障害(OUD)の治療を受けている患者にとって、物質欠乏症と服薬アドヒアランスを評価するために最も一般的に採用されているスクリーニング方法である。アメリカの9つの州で行われた調査によると、尿薬物検査の使用率は62.1%から89.8%であった。
2022年3月30日、クエスト・ダイアグノスティックス社の米国における薬物検査指数分析によると、労働者の薬物検査陽性率は過去10年間と比較して30%上昇した。この調査は1,100万個以上の薬物検査キットを使用して実施され、そのうち約900万個の尿検査キットがデータ収集に利用された。これは、薬物乱用に対する尿検査装置の信頼性を表している。
地域別分析
飲酒検知器と薬物検査装置の世界市場では、北米が43.8%のシェアを占め、市場を支配すると予想される。
北米は飲酒検知器および薬物検査機器市場を支配しており、予測期間中も同様の傾向を示すと予測される。北米地域における事故の増加と意識向上プログラムが市場を牽引している。
2022年に発表されたWHOの報告書によると、アルコールの摂取は一部の人々にとっては楽しい行為となり得る。しかし、多くの人は身体への影響を認識しておらず、日常業務の遂行能力を損なう可能性がある。飲酒と運転は危険な組み合わせである。証拠によると、米国では1日に約28人が死亡し、年間約440億ドルの損害が発生している。
米国では毎年、飲酒運転に関連した交通事故で50万人が負傷し、1万7,000人が死亡している。若者の交通事故死者数のほぼ40%は、飲酒に直接関係している。
飲酒検知器を使用することで、飲酒運転の自動車事故を減らすことができる。この装置は呼気中のアルコール濃度を推定し、人が安全に運転するためにアルコールを飲み過ぎたかを判断する。これらすべての要因が北米地域の市場を牽引している。
COVID-19の影響分析
COVID-19の大流行は、飲酒検知器と薬物検査の世界市場にさまざまな形で大きな影響を与えた。封鎖措置により移動が制限されたため、職場での検査が減少した。多くの企業が閉鎖され、多くの企業がリモートワークを選択したため、薬物検査の緊急の必要性が減少した。
青少年と若年成人の薬物・アルコール使用を調査する『モニタリング・ザ・フューチャー調査』によると、2021年に薬物使用を報告した10代の割合が劇的に減少した。このデータは、1975年の調査開始以来、1年間の違法薬物使用量の減少幅が最も大きかったことを示している。
市場区分
タイプ別
尿中薬物検査装置
経口液薬物検査装置
毛髪薬物検査装置
血液薬物検査装置
飲酒検知器
- 燃料電池式飲酒検知器
- 半導電式飲酒検知器
- 赤外分光式飲酒検知器
- その他
その他
用途別
アルコール予備検査
証拠となる呼気検査
在宅検査
職場検査
法医学的検査
臨床検査
モダリティ別
ポイントオブケア検査(POCT)
ラボ検査
在宅検査キット
オンサイト検査キット
エンドユーザー別
法執行機関
病院・研究所
リハビリセンター
教育機関および職場
その他
地域別
北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
ヨーロッパ
- ドイツ
- イギリス
- フランス
- スペイン
- イタリア
- その他のヨーロッパ
南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米
アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- 韓国
- その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ
競争状況
飲酒検知器と薬物検査機器市場の主要プレーヤーには、Abbott、Dragerwerk AG & Co.KGaA、Quest Diagnostics、BACtrack、Intoximeters、Accuquik Test Kits、Siemens Healthcare Private Limited、Roche Diagnostics Limited、C4 Development、Cannabix Technologies Inc.などがあります。
レポートを購入する理由
タイプ、用途、モダリティ、エンドユーザー、地域に基づく世界の飲酒検知器と薬物検査機器市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレーヤーを理解する。
トレンドと共同開発の分析による商機の特定
飲酒検知器・薬物検査機器市場レベルの全セグメントを網羅した多数のデータを収録したエクセルデータシート
徹底的な定性インタビューと綿密な調査による包括的な分析結果をまとめたPDFレポート。
すべての主要企業の主要製品で構成される製品マッピングをエクセルで入手可能。
飲酒検知器と薬物検査装置の世界市場レポートは、約70の表、71の図、187ページを提供します。
2024年のターゲットオーディエンス
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 研究専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.タイプ別スニペット
3.2.用途別スニペット
3.3.モダリティ別スニペット
3.4.エンドユーザー別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.薬物の影響による交通事故の増加
4.1.1.2.薬物検査機器の技術進歩
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.機器の不正確な結果
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.アンメット・ニーズ
5.6.PESTEL分析
5.7.特許分析
5.8.SWOT分析
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID以前のシナリオ
6.1.2.COVID中のシナリオ
6.1.3.COVID後のシナリオ
6.2.COVID中の価格ダイナミクス-19
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.タイプ別
7.1.はじめに
7.1.1.タイプ別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
7.1.2.市場魅力度指数(タイプ別
7.2.尿中薬物検査機器
7.2.1.はじめに
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.口腔液薬物検査機器
7.4.毛髪薬物検査機器
7.5.血液薬物検査装置
7.6.飲酒検知器
7.6.1.燃料電池式飲酒検知器
7.6.2.半導電式飲酒検知器
7.6.3.赤外分光式飲酒検知器
7.6.4.その他
7.7.その他
8.用途別
8.1.はじめに
8.1.1.用途別市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.1.2.市場魅力度指数(用途別
8.2.アルコール予備検査
8.2.1.はじめに
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.証拠となる呼気検査
8.4.在宅検査
8.5.職場検査
8.6.法医学的検査
8.7.臨床検査
9.モダリティ別
9.1.はじめに
9.1.1.モダリティ別市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.1.2.市場魅力度指数(モダリティ別
9.2.ポイントオブケア検査(POCT)* 2.1.
9.2.1.はじめに
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.ラボ試験
9.4.家庭用検査キット
9.5.現場検査キット
9.6.臨床検査
10.エンドユーザー別
10.1.はじめに
10.1.1.エンドユーザー別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
10.1.2.市場魅力度指数(エンドユーザー別
10.2.法執行機関
10.2.1.はじめに
10.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
10.3.病院・研究所
10.4.リハビリセンター
10.5.教育・職場
10.6.その他
11.地域別
11.1.はじめに
11.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
11.1.2.市場魅力度指数、地域別
11.2.北米
11.2.1.はじめに
11.2.2.主な地域別ダイナミクス
11.2.3.タイプ別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 2.4.
11.2.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%):用途別
11.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):モダリティ別
11.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
11.2.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.2.7.1.米国
11.2.7.2.カナダ
11.2.7.3.メキシコ
11.3.ヨーロッパ
11.3.1.はじめに
11.3.2.地域別の主な動き
11.3.3.タイプ別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 3.4.
11.3.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), 用途別
11.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):モダリティ別
11.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
11.3.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.3.7.1.ドイツ
11.3.7.2.イギリス
11.3.7.3.フランス
11.3.7.4.イタリア
11.3.7.5.スペイン
11.3.7.6.その他のヨーロッパ
11.4.南米
11.4.1.はじめに
11.4.2.地域別主要市場
11.4.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
11.4.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%):用途別
11.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):モダリティ別
11.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
11.4.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.4.7.1.ブラジル
11.4.7.2.アルゼンチン
11.4.7.3.その他の南米地域
11.5.アジア太平洋
11.5.1.はじめに
11.5.2.主な地域別ダイナミクス
11.5.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
11.5.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), 用途別
11.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):モダリティ別
11.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
11.5.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.5.7.1.中国
11.5.7.2.インド
11.5.7.3.日本
11.5.7.4.韓国
11.5.7.5.その他のアジア太平洋地域
11.6.中東・アフリカ
11.6.1.はじめに
11.6.2.地域別の主な動き
11.6.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
11.6.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), 用途別
11.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):モダリティ別
11.6.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):エンドユーザー別
12.競争環境
12.1.競争シナリオ
12.2.市場ポジショニング/シェア分析
12.3.M&A分析
13.企業プロフィール
13.1.アボット社
13.1.1.会社概要
13.1.2.製品ポートフォリオと概要
13.1.3.財務概要
13.1.4.主な展開
13.2.Drägerwerk AG & Co.KGaA
13.3.クエスト・ダイアグノスティックス
13.4.BACtrack社
13.5.イントキシメーター
13.6.アキュキック検査キット
13.7.シーメンスヘルスケア
13.8.ロシュ・ダイアグノスティックス・リミテッド
13.9.C4デベロップメント
13.10.カンナビックス・テクノロジーズ・インク
リストは完全ではありません
14.付録
14.1.会社概要とサービス
14.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
The global breathalyzer and drug testing equipment market reached US$ XX million in 2023 and is expected to reach US$ XX million by 2031, growing at a CAGR of XX% during the forecast period 2024-2031.
Drug testing devices are tools designed to detect the presence of drugs in various biological samples such as urine, saliva, hair, blood and sweat. They utilize the technologies such as immunoassay, chromatography etc, to detect the drug traces and levels in the human body. These devices are used for substance abuse monitoring, clinical diagnostics and forensic investigations. The breathalyzers are also the drug testing devices which measure the blood alcohol concentration (BAC) from a breath sample. They are commonly used by individuals for personal screening, law enforecment department for roadside testing, and employers for workplace safety. These breathalyzers provide quick and reliable results to ensure compliance with legal and safety standards.

Market Dynamics: Drivers
Rising road accidents under the influence of drugs
Alcohol plays a cultural and social role in many societies. However, the harmful effects of alcohol experienced in many aspects of daily life are undeniable. An extensive body of literature identifies that driving after drinking alcohol significantly raises the risk of a crash and the severity of that crash, resulting in deaths and serious injuries.
The stringent government regulations and laws to reduce driving incidences under the influence of drugs and alcohol drive the market in the forecast period. As per the World Health Organization Report 2022, road traffic injuries are a major public health problem and a foremost cause of death and injury worldwide. Every year around 1.3 million people die, and millions more are injured or disabled due to road crashes, mostly in low- and middle-income countries. As well as creating enormous social costs for individuals, families and communities, road traffic injuries heavily burden health services and economies.
In its latest reports, the WHO estimates that between 5% and 35% of global road deaths are alcohol-related. In most high-income countries, about 20% of fatally injured drivers have blood alcohol concentration levels above the legal limit. Studies in low- and middle-income countries have shown that 33% and 69% of fatally injured drivers and 8% and 29% of non-fatally injured drivers had consumed alcohol before their crashes. The rising incidences under the influence of drugs and alcohol and rising government regulations drive the market worldwide.
Moreover, technological advancements and the growing adoption of breathalyzers and drug-testing equipment are expected to drive the global breathalyzer and drug-testing equipment market.
Restraints
However, false positive/false negative results are provided by some breathalyzers due to improper calibration, incorrect chemical solutions, inappropriate modifications, faulty programming, improper methodology, electronic interference, certain health conditions, and exposure to chemicals. High cost of advanced drug tesing models may limit their usage especially in the low-to-middle income countries.
For more details on this report - Request for Sample
Segment Analysis
The global breathalyzer and drug testing equipment market is segmented based on type, usage, modality, end user and region.
The urine drug testing devices in the type segment accounted for approximately 46.2% of the global breathalyzer and drug testing equipment market share
The most commonly used drug test is the urine drug test, which uses urine as a sample for detecting the drugs or their metabolite traces in the body. This method is mostly favored due to its versatility, cost-effectiveness, and ease of usage. This test can identify recent drug use, typically within the past few days to a week making them suitable for both workplace screening and in clinical settings. Urine analysis is capable of detecting various substances such as marijuana, methamphetamine, cocaine, opioids, etc.
For instance, on September 1 2023, a cohort study published in the Elsevier Journal has stated that urine drug test (UDT) is the most commonly employed screening method for the patients who are receiving treatment for opioid use disorder (OUD) to assess substance absue and medication adherence. The study conducted in the 9 states of U.S. concluded that the proportion of urine drug test usage ranges from 62.1% to 89.8%.
On March 30, 2022, as per the finding of Quest Diagnostics drug testing index analysis in the U.S., the rate of positive drug test results among the workforce has climbed by 30% as comapred to previous decade. The study was conducted using more than 11 million drugs testing kits, among which the nearly 9 million urine test kits were utilized to collect the data. This represents the reliability of urine testing devices for substance abuse.
Geographical Analysis
North America is expected to dominate the market with a 43.8% share in the global breathalyzer and drug testing equipment market
North America dominates the breathalyzer and drug testing equipment market and is anticipated to show a parallel trend over the forecast period. An increasing number of accidents and awareness programs in the North American region drive the market.
According to the WHO report published in 2022, consuming alcohol can be an enjoyable activity for some people. However, many people may not realize the impact on the body and can impair the ability to perform routine tasks. Drinking and driving is a dangerous combination. Evidence notes that in the U.S., it is responsible for roughly 28 deaths a day, costing the U.S. approximately $44 billion annually.
In the U.S., half a million people are injured and 17,000 killed every year in drunk driving-related traffic crashes. Almost 40% of all youth road fatalities are directly related to alcohol consumption.
Using breathalyzers can help reduce the number of motor vehicle accidents involving an alcohol-impaired driver. This device estimates the concentration of alcohol in the breath to decide whether a person has drunk too much alcohol to drive safely. All these factors are driving the market in the North American region.
COVID-19 Impact Analysis
The Covid-19 pandemic significantly impacted the global breathalyzer and drug testing market in multiple ways. The imposed lockdowns restricted the movement which has led to decreased testing in the workplaces. Many businesses were shut down and many have opted for remote working which has reduced the immediate need of drug testing.
According to Monitoring the Future Survey, which examines drug and alcohol use among adolescents and young adults, found that the proportion of teenagers reporting substance use declined dramatically in 2021. The data show the highest one-year decline in total illegal drug usage since the poll began in 1975.
Market Segmentation
By Type
● Urine Drug Testing Devices
● Oral Fluid Drug Testing Devices
● Hair Drug Testing Devices
● Blood Drug Testing Devices
● Breathalyzers
- Fuel Cell Breathalyzers
- Semi-Conductor Breathalyzers
- IR-Spectroscopy Breathalyzers
- Others
● Others
By Usage
● Preliminary Alcohol Screening
● Evidential Breath Testing
● Home Testing
● Workplace Testing
● Forensic Testing
● Clinical Testing
By Modality
● Point-of-Care Testing (POCT)
● Laboratory Testing
● At-Home Test Kits
● On-Site Testing Kits
By End User
● Law Enforcement Agencies
● Hospitals & Laboratories
● Rehabilitation Centers
● Educational and Workplaces
● Others
By Region
● North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
● Europe
- Germany
- U.K.
- France
- Spain
- Italy
- Rest of Europe
● South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
● Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- South Korea
- Rest of Asia-Pacific
● Middle East and Africa
Competitive Landscape
The major players in the breathalyzer and drug testing equipment market include Abbott, Dragerwerk AG & Co. KGaA, Quest Diagnostics, BACtrack, Intoximeters, Accuquik Test Kits, Siemens Healthcare Private Limited, Roche Diagnostics Limited., C4 Development, Cannabix Technologies Inc. among others.
Why Purchase the Report?
● To visualize the global breathalyzer and drug testing equipment market segmentation based on type, usage, modality, end user and region as well as understand key commercial assets and players.
● Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development
● Excel data sheet with numerous data points of breathalyzer and drug testing equipment market-level with all segments.
● PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
● Product mapping available as excel consisting of key products of all the major players.
The global breathalyzer and drug testing equipment market report would provide approximately 70 tables, 71 figures, and 187 Pages.
Target Audience 2024
- Manufacturers/ Buyers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals
- Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Type
3.2. Snippet by Usage
3.3. Snippet by Modality
3.4. Snippet by End User
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Rising road accidents under the influence of drugs
4.1.1.2. Technological advancements in the drug testing equipment
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. Inaccurate results of the equipment
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Unmet Needs
5.6. PESTEL Analysis
5.7. Patent Analysis
5.8. SWOT Analysis
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID
6.1.2. Scenario During COVID
6.1.3. Scenario Post COVID
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Type
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Type
7.2. Urine Drug Testing Devices*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Oral Fluid Drug Testing Devices
7.4. Hair Drug Testing Devices
7.5. Blood Drug Testing Devices
7.6. Breathalyzers
7.6.1. Fuel Cell Breathalyzers
7.6.2. Semi-Conductor Breathalyzers
7.6.3. IR-Spectroscopy Breathalyzers
7.6.4. Others
7.7. Others
8. By Usage
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Usage
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Usage
8.2. Preliminary Alcohol Screening*
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Evidential Breath Testing
8.4. Home Testing
8.5. Workplace Testing
8.6. Forensic Testing
8.7. Clinical Testing
9. By Modality
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modality
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Modality
9.2. Point-of-Care Testing (POCT)*
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Laboratory Testing
9.4. At-Home Test Kits
9.5. On-Site Testing Kits
9.6. Clinical Testing
10. By End User
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End User
10.1.2. Market Attractiveness Index, By End User
10.2. Law Enforcement Agencies*
10.2.1. Introduction
10.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
10.3. Hospitals & Laboratories
10.4. Rehabilitation Centers
10.5. Educational and Workplaces
10.6. Others
11. By Region
11.1. Introduction
11.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
11.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
11.2. North America
11.2.1. Introduction
11.2.2. Key Region-Specific Dynamics
11.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
11.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Usage
11.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modality
11.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End Users
11.2.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.2.7.1. The U.S.
11.2.7.2. Canada
11.2.7.3. Mexico
11.3. Europe
11.3.1. Introduction
11.3.2. Key Region-Specific Dynamics
11.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
11.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Usage
11.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modality
11.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End Users
11.3.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.3.7.1. Germany
11.3.7.2. UK
11.3.7.3. France
11.3.7.4. Italy
11.3.7.5. Spain
11.3.7.6. Rest of Europe
11.4. South America
11.4.1. Introduction
11.4.2. Key Region-Specific Dynamics
11.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
11.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Usage
11.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modality
11.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End Users
11.4.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.4.7.1. Brazil
11.4.7.2. Argentina
11.4.7.3. Rest of South America
11.5. Asia-Pacific
11.5.1. Introduction
11.5.2. Key Region-Specific Dynamics
11.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
11.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Usage
11.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modality
11.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End Users
11.5.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.5.7.1. China
11.5.7.2. India
11.5.7.3. Japan
11.5.7.4. South Korea
11.5.7.5. Rest of Asia-Pacific
11.6. Middle East and Africa
11.6.1. Introduction
11.6.2. Key Region-Specific Dynamics
11.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
11.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Usage
11.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Modality
11.6.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End Users
12. Competitive Landscape
12.1. Competitive Scenario
12.2. Market Positioning/Share Analysis
12.3. Mergers and Acquisitions Analysis
13. Company Profiles
13.1. Abbott
13.1.1. Company Overview
13.1.2. Product Portfolio and Description
13.1.3. Financial Overview
13.1.4. Key Developments
13.2. Drägerwerk AG & Co. KGaA
13.3. Quest Diagnostics
13.4. BACtrack
13.5. Intoximeters
13.6. Accuquik Test Kits
13.7. Siemens Healthcare Private Limited
13.8. Roche Diagnostics Limited.
13.9. C4 Development
13.10. Cannabix Technologies Inc.
LIST NOT EXHAUSTIVE
14. Appendix
14.1. About Us and Services
14.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る