世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動消火器の世界市場 - 2024-2031


Global Automatic Fire Ball Extinguisher Market - 2024-2031

概要 自動消火器の世界市場は2023年に9億米ドルに達し、2031年には15億米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年のCAGRは6.3%で成長する。 自動火球消火器は完全自動の消火器である。火の中に投げ入れた... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
192 英語

 

サマリー

概要
自動消火器の世界市場は2023年に9億米ドルに達し、2031年には15億米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年のCAGRは6.3%で成長する。
自動火球消火器は完全自動の消火器である。火の中に投げ入れたり転がしたりすると、破裂して瞬時に消火する。可燃物、ブレーカー、ガスタンクなどのホットスポットを特定することもできる。円形の消火器で、3~5秒間火にさらされると自動的に点火する。無害な消火剤を散布し、半径3立方メートル以内の火災を消火することができる。
住宅と商業施設の両方で適切な防火システムに対する需要が高まっており、市場拡大の原動力となりそうだ。さらに、厳しい火災安全要件の施行に加え、商業センターや新しい工業プラントの建設、新しい住宅プロジェクトの立ち上げなどの建築活動が拡大していることも、市場の成長を後押ししている。
2023年には、北米が世界の自動消火器市場の30%以上を占め、2番目の支配的な地域になると予想される。世界的な火災発生件数の増加が、予測期間中の市場拡大を促進する可能性が高い。NFPAによると、2021年には米国で135万件の火災が発生した。この火災により3,800人の市民が死亡し、14,700人が負傷した。これらの火災による物的損害は159億米ドルと評価されている。これにより、消火器の需要が増加すると予想される。
ダイナミクス
規制の増加
世界中の政府は、消火装置の設置を義務付ける厳しい火災安全規則や建築基準を施行しつつある。これらの基準を遵守することで、信頼性の高い火災安全ソリューションに対する需要が生まれる。世界的な事故件数の増加に起因する防火システムの設置を取り巻く規制は、商業および住宅部門での消火器システムの使用を促進すると予想される。
政府の取り組みや公共安全キャンペーンにより、自動消火器などの防火装置の必要性に対する認識が高まっている。例えば、全米防火協会の統計によれば、米国では暖房器具が住宅火災の原因の第2位であり、年間平均52,050件の火災を引き起こしている。さらに、配電設備や照明設備による住宅火災は、毎年平均35,100件発生している。
急増する火災発生件数
世界的な火災発生件数の増加が、予測期間中の市場拡大の原動力となりそうだ。英国で発生した2100件の火災事例における携帯型消火器の性能を評価した調査で、消火業協会と独立消火技術・販売業者協会(Independent Fire Engineering and Distributors Association)は、80%の事例で消火器が効率的に火を消していることを発見した。このうち75%では、住宅所有者が消防署に連絡しなかった。
自動消火器は火災時に財産とインフラを守る。例えば、2022年5月1日、ムンバイを拠点とする火災安全事業者は、EVバッテリー火災用の消火器を発表した。この製品はバッテリー火災専用で、ISIはIS 15683に従ってマークされている。水性バーミキュライト分散消火薬剤を使用しており、固定式および携帯式で効率的にリチウムイオン電池火災に対処する新技術である。市場成長を後押しすると予測される。
高い製造コスト
自動火球消火器には特殊な材料や化学薬品が必要であり、コストがかかる。これらの原材料の価格変動は、総製造コストに影響を与える可能性がある。消火器の有効性と信頼性を向上させるために高度な技術を取り入れると、製造コストが上昇する。特に価格に敏感な地域では、高額な費用は法外なものになる可能性がある。
防火設備業界は、製品の安全性と有効性を保証するために、厳しい規則と基準の適用を受けている。これらの規制を遵守するためには、試験、認証、継続的なコンプライアンスに多額の費用がかかる。国によって安全基準や規制要件が異なるため、メーカーがグローバルに準拠した製品を作るのは難しい。このばらつきが世界的な市場拡大の妨げとなっている。
セグメント分析
世界の自動消火器市場は、薬剤、火災、用途、地域によって区分される。
乾式粉末の多目的使用がセグメント成長を牽引
乾燥粉末は、予測期間2024-2031年に市場の30%以上を占め、支配的なセグメントになると予想される。乾燥粉末消火ボールは、さまざまな最終用途分野での多目的用途と、ほぼすべての種類の火災を消火する能力により、人気が高まっている。乾燥粉末消火球は、実質的にあらゆる種類の火災に使用できるため、非常に適応性の高い消火器オプションである。予測期間中、市場の成長が加速すると予測される。
さらに、乾式粉末消火器は3種類の国内火災すべてに有効であるため、一般的に住宅で採用されている。比較的低価格で適応性が高いことも、業界拡大の原動力となっている。これらの製品に含まれる消火薬剤は乾燥したものであるため、危険現場の電化製品への害はほとんどない。ドライケミカル消火器は、通常、倉庫などの工業環境で使用される。
地理的浸透
アジア太平洋地域の産業・商業部門で急成長
アジア太平洋地域は、世界の自動消火器市場の30%以上を占める支配的な地域になると予想されている。この地域は地元企業が支配的であり、中国、インド、韓国などの成長市場で自動消火器の需要が高まると予想される。さらに、同地域では産業・商業部門の増加により、消火器の需要が高まっている。
さらに、最大限の安全性とセキュリティを提供するスマートビルやスマートホームオートメーションシステムに対する需要の高まりは、アジア太平洋地域における自動消火器の使用を促進すると予測されている。例えば、2019年9月6日、プネに拠点を置く新興企業Deccaleap Technologiesは、乗用車とホームケア向けの斬新な火災安全技術を発表した。Thro」と「F-Protekkt」として知られるこの火災安全製品は、瞬時に火を消すという。
競争状況
市場の主な世界的プレーヤーには、Firetech Global、Elide Fire Ball Pro Co.Ltd.、L. R. INDUSTRIES、Auto Fireball、Universal Fire Protection、Fireball RSA、DANSA group Germany、Fire and Safety Systems LTD、HelloMedicals、Key Safety Systemsが含まれる。
COVID-19の影響分析
世界的なコロナウイルスの流行は、世界経済に悪影響を及ぼした。コロナウイルスの連鎖と拡散を阻止するため、世界中の多くの政府によって閉鎖命令が出された。自動消火器市場のサプライチェーン、用途、商業、成長に壊滅的な影響を与えた。さらに、世界的な大流行により、商業および住宅分野での新しい消火器の配備が減少した。
COVID-19の流行は予想通り、世界の自動消火器分野にマイナスの影響を与えた。消火器ボールのサプライチェーンは、輸送能力やトラック運転手の不足、倉庫の労働力不足、港の混雑、高価な輸送コンテナ料金など、多くの問題に直面した。特に人の移動が制限されたことで、様々な施設への消火器設置が遅れている。
ロシア・ウクライナ戦争の影響
ロシアとウクライナは、消火器の製造に使用される金属や化学物質などの原材料の主要な生産国である。戦争は採掘や生産活動に影響を及ぼし、主要物資の不足と価格上昇を招いている。戦闘の結果、交通網が大幅に寸断された。これには、空域の制限、インフラの損傷、輸送コストの上昇などが含まれ、製品や機器の輸送を複雑にしている。
ウクライナや戦火に見舞われた地域の製造施設が操業を停止したり制限したりしており、消火器の製造に影響が出ている。特にロシアからのエネルギー供給停止は、ヨーロッパおよびロシアのエネルギーに依存している他の地域での生産活動を妨げている。その結果、操業コストの増加や生産量の遅れが生じている。
代理店別
- ドライパウダー
- 二酸化炭素
- 発泡剤
- その他
火災別
- クラスA
- クラスB
- クラスC
- クラスD
- クラスK
用途別
- 住宅用
- 商業用
地域別
- 北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- イタリア
- ロシア
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米諸国
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- オーストラリア
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
主要開発
- 2021年2月、Win Time Technologyは、No Agricultural Waste研究開発プロジェクトの一環として、全く新しい植物由来の消火器用薬剤を発表した。この製品は、現在の従来の消火器をより環境に優しい代替品で置き換えることが期待されている。
- 2019年4月、Firetech GlobalはMarvel Glovesと提携し、同社の革新的な消火器をインド全土で販売する。
レポートを購入する理由
- 薬剤、火災、用途、地域に基づく世界の自動消火ボール消火器市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレイヤーを理解するため。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定。
- 自動消火ボール消火器市場レベルの数多くのデータを全セグメントでまとめたエクセルデータシート。
- 徹底的な定性インタビューと綿密な調査後の包括的分析からなるPDFレポート。
- 全主要企業の主要製品からなる製品マッピングをエクセルで提供。
自動消火器の世界市場レポートは約62の表、54の図、192ページを提供します。
2024年のターゲットオーディエンス
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 調査専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.代理店別スニペット
3.2.火災別スニペット
3.3.アプリケーション別スニペット
3.4.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.規制の強化
4.1.1.2.火災発生件数の急増
4.1.2.抑制要因
4.1.2.1.高い生産コスト
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.ロシア・ウクライナ戦争影響分析
5.6.DMI意見書
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID-19以前のシナリオ
6.1.2.COVID-19開催中のシナリオ
6.1.3.COVID-19後のシナリオ
6.2.COVID-19中の価格ダイナミクス
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.代理店別
7.1.はじめに
7.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、薬剤別
7.1.2.市場魅力度指数(薬剤別
7.2.ドライパウダー
7.2.1.序論
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.二酸化炭素
7.4.発泡スチロール
7.5.その他
8.火災別
8.1.はじめに
8.1.1.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 火災別
8.1.2.市場魅力度指数(火気別
8.2.クラスA
8.2.1.はじめに
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.クラスB
8.4.クラスC
8.5.クラスD
8.6.クラスK
9.アプリケーション別
9.1.はじめに
9.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
9.1.2.市場魅力度指数(用途別
9.2.住宅*市場
9.2.1.はじめに
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.商業
10.地域別
10.1.はじめに
10.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
10.1.2.市場魅力度指数、地域別
10.2.北米
10.2.1.はじめに
10.2.2.主な地域別ダイナミクス
10.2.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%)(代理店別
10.2.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、火薬別
10.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
10.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.2.6.1.米国
10.2.6.2.カナダ
10.2.6.3.メキシコ
10.3.ヨーロッパ
10.3.1.はじめに
10.3.2.地域別の主な動き
10.3.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 代理店別
10.3.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、火薬別
10.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
10.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.3.6.1.ドイツ
10.3.6.2.イギリス
10.3.6.3.フランス
10.3.6.4.イタリア
10.3.6.5.ロシア
10.3.6.6.その他のヨーロッパ
10.4.南米
10.4.1.はじめに
10.4.2.地域別主要市場
10.4.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%)(代理店別
10.4.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、火薬別
10.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
10.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.4.6.1.ブラジル
10.4.6.2.アルゼンチン
10.4.6.3.その他の南米地域
10.5.アジア太平洋
10.5.1.はじめに
10.5.2.主な地域別ダイナミクス
10.5.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 代理店別
10.5.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、火薬別
10.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
10.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.5.6.1.中国
10.5.6.2.インド
10.5.6.3.日本
10.5.6.4.オーストラリア
10.5.6.5.その他のアジア太平洋地域
10.6.中東・アフリカ
10.6.1.はじめに
10.6.2.地域別の主な動き
10.6.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 代理店別
10.6.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、火薬別
10.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
11.競争環境
11.1.競争シナリオ
11.2.市場ポジショニング/シェア分析
11.3.M&A分析
12.企業プロフィール
12.1.ファイアテックグローバル
12.1.1.会社概要
12.1.2.製品ポートフォリオと説明
12.1.3.財務概要
12.1.4.主な展開
12.2.エライド・ファイヤーボール・プロ株式会社
12.3.L.R.インダストリー
12.4.オートファイアボール
12.5.ユニバーサル・ファイヤー・プロテクション
12.6.ファイアボールRSA
12.7.ドイツDANSAグループ
12.8.ファイア・アンド・セーフティ・システムズ社
12.9.ハローメディカルズ
12.10.キーセーフティシステムズ
リストは完全ではありません
13.付録
13.1.会社概要とサービス
13.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global Automatic Fire Ball Extinguisher Market reached US$ 0.9 billion in 2023 and is expected to reach US$ 1.5 billion by 2031, growing with a CAGR of 6.3% during the forecast period 2024-2031.
The automatic fire ball extinguisher is a completely automatic fire extinguisher. When hurled or rolled into a fire, it bursts and extinguishes it instantly. It can also identify hotspots like combustible objects, circuit breakers and gas tanks. It is a circular fire extinguisher that automatically ignites after three to five seconds of fire exposure. It distributes non-toxic extinguishing chemicals and can extinguish fires within a three-cubic-meter radius.
The rising demand for adequate fire protection systems in both residential and commercial locations is likely to drive market expansion. Furthermore, the expanding building activities for creating commercial centers, new industrial plants and launching new housing projects, in addition to enforcing severe fire safety requirements, enhance the market's growth.
In 2023, North America is expected to be the second-dominant region with over 30% of the global automatic fire ball extinguisher market. Increasing fire occurrence globally is likely to drive market expansion over the forecast period. As per the NFPA, 1.35 million fires occurred in U.S. in 2021. The fires killed 3,800 civilians and injured 14,700. The property damage caused by these fires was assessed at US$ 15.9 billion. It is expected to increase the demand for the fire ball extinguisher.
Dynamics
Increasing Regulations
Governments throughout the world are enforcing strict fire safety rules and construction codes that require the installation of fire extinguishing devices. Compliance with these standards creates a demand for dependable fire safety solutions. Regulation surrounding the installation of fire protection systems owing to the increasing number of incidents globally are expected to drive the use of the fire ball extinguisher systems in the commercial and residential sectors.
Government efforts and public safety campaigns are increasing awareness of the necessity of fire protection devices, such as automatic fireball extinguishers. For example, as per the National Fire Protection Association statistics, heating equipment is the second-leading cause of house fires in U.S., accounting for 52,050 fires per year on average. Furthermore, an average of 35,100 home fires are caused by electrical distribution or lighting equipment each year.
Rapidly Rising Fire Incidences
Growing fire occurrence globally is likely to drive market expansion over the forecast period. In a study evaluating the performance of portable extinguishers in 2100 fire instances in UK, the Fire Extinguishing Trades Association and Independent Fire Engineering and Distributors Association discovered that extinguishers efficiently put out the fire in 80% of the cases. In 75% of these incidents, the homeowner did not contact the fire department.
Automatic fireball extinguishers safeguard property and infrastructure during a fire. For example, on May 1, 2022, a Mumbai-based fire safety business introduced an extinguisher for EV battery fires. The product is specifically intended for battery fires and the ISI is marked in accordance with IS 15683. It employs an aqueous vermiculite dispersion fire extinguishing chemical, a novel technology that efficiently combats lithium-ion battery fires through fixed and portable delivery methods. It is projected to boost market growth.
High Production Costs
Automatic fireball extinguishers require specialized materials and chemicals, which can be costly. Price fluctuations in these raw materials might have an impact on total manufacturing costs. Incorporating sophisticated technologies to improve the efficacy and dependability of fireball extinguishers raises production costs. The high expenses can be prohibitive, especially in price-sensitive regions.
The fire safety equipment industry is subject to strict rules and standards to assure product safety and effectiveness. Complying with these regulations incurs significant expenditures for testing, certification and continuing compliance. Different countries have different safety standards and regulatory requirements, making it difficult for manufacturers to create goods that are globally compliant. The variability hampers globally market expansion.
Segment Analysis
The global automatic fire ball extinguisher market is segmented based on agent, fire, application and region.
Multipurpose Use of Dry Powder Drives the Segment Growth
Dry powder is expected to be the dominant segment with over 30% of the market during the forecast period 2024-2031. Dry powder fire balls have grown in popularity due to their multipurpose applications in a variety of end-use sectors, as well as their ability to extinguish almost any type of fire. A dry powder fireball is an exceptionally adaptable extinguisher option because it can be used on practically any fire type. It is predicted to accelerate market growth during the forecast period.
Furthermore, they are commonly employed in residential buildings since they are effective against all three types of domestic fires. Comparatively low prices and high adaptability are also driving industry expansion. As the extinguishing chemical in these products is dry, there is little harm to electrical appliances at the hazard site. Dry-chemical fire extinguishers are typically used in industrial settings, including warehouses.
Geographical Penetration
Rapid Growth in Industrial and Commercial Sectors in Asia-Pacific
Asia-Pacific is expected to be the dominant region in the global automatic fire ball extinguisher market covering over 30% of the market. Local players dominate the region and demand for automatic fireball extinguishers is expected to rise in growing markets such as China, India and South Korea. Furthermore, the growing rise of the industrial and commercial sectors in the region is increasing the demand for fireball extinguishers.
Furthermore, the growing demand for smart buildings and smart home automation systems that provide maximum safety and security is predicted to promote the use of automatic fireball extinguishers in Asia-Pacific. For example, on September 6, 2019, the Pune-based start-up Deccaleap Technologies introduced novel fire safety technologies for passenger vehicles and home care. The fire safety products, known as "Thro" and "F-Protekkt," are said to douse fire instantly.
Competitive Landscape
The major global players in the market include Firetech Global, Elide Fire Ball Pro Co., Ltd., L. R. INDUSTRIES, Auto Fireball, Universal Fire Protection, Fireball RSA, DANSA group Germany, Fire and Safety Systems LTD, HelloMedicals and Key Safety Systems.
COVID-19 Impact Analysis
The globally coronavirus outbreak had a negative impact on the global economy. Lockdown orders were implemented by many governments throughout the world to disrupt the chain and spread of the coronavirus. It had a devastating impact on the automatic fireball extinguisher market's supply chain, applications, commerce and growth. Furthermore, the global pandemic has led to a decrease in the deployment of new fire extinguishers in commercial and residential sectors.
The COVID-19 epidemic, as expected, had a negative impact on the global automated fire extinguisher sector. The fire extinguisher ball supply chain faced a number of issues, including a shortage of freight capacity and truck drivers, warehouse labor shortages, congested ports and expensive shipping container rates. The restrictions on the movement of persons have particularly delayed the installation of fire extinguishers in various establishments.
Russia-Ukraine War Impact
Russia and Ukraine are major producers of raw materials such as metals and chemicals used in the manufacture of fireball extinguishers. The war has affected mining and production activity, resulting in shortages and higher prices for key goods. The fighting has resulted in substantial disruptions in transportation networks. It includes limited airspace, damaged infrastructure and higher shipping costs, which complicate the transportation of products and equipment.
Manufacturing facilities in Ukraine and war-affected regions have shut down or restricted operations, affecting the manufacture of fireball extinguishers. Energy supply outages, notably from Russian sources, have hampered production activity in Europe and other regions reliant on Russian energy. It has resulted in increased operational costs and output delays.
By Agent
- Dry Powder
- Carbon Dioxide
- Foam
- Others
By Fire
- Class A
- Class B
- Class C
- Class D
- Class K
By Application
- Residential
- Commercial
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- UK
- France
- Italy
- Russia
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- Australia
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Key Developments
- In February 2021, Win Time Technology introduced a brand-new plant-based fire extinguisher chemical as part of its No Agricultural Waste research and development project. The item is expected to substitute current conventional fire extinguishers with a greener alternative.
- In April 2019, Firetech Global established a partnership with Marvel Gloves to distribute their innovative fire extinguishers throughout India.
Why Purchase the Report?
- To visualize the global automatic fire ball extinguisher market segmentation based on agent, fire, application and region, as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
- Excel data sheet with numerous data points of automatic fire ball extinguisher market-level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping available as excel consisting of key products of all the major players.
The global automatic fire ball extinguisher market report would provide approximately 62 tables, 54 figures and 192 pages.
Target Audience 2024
- Manufacturers/ Buyers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals
- Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Agent
3.2. Snippet by Fire
3.3. Snippet by Application
3.4. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Increasing Regulations
4.1.1.2. Rapidly Rising Fire Incidences
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. High Production Costs
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Russia-Ukraine War Impact Analysis
5.6. DMI Opinion
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID-19
6.1.2. Scenario During COVID-19
6.1.3. Scenario Post COVID-19
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Agent
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Agent
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Agent
7.2. Dry Powder*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Carbon Dioxide
7.4. Foam
7.5. Others
8. By Fire
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fire
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Fire
8.2. Class A*
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Class B
8.4. Class C
8.5. Class D
8.6. Class K
9. By Application
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Application
9.2. Residential*
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Commercial
10. By Region
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
10.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
10.2. North America
10.2.1. Introduction
10.2.2. Key Region-Specific Dynamics
10.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Agent
10.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fire
10.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.2.6.1. U.S.
10.2.6.2. Canada
10.2.6.3. Mexico
10.3. Europe
10.3.1. Introduction
10.3.2. Key Region-Specific Dynamics
10.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Agent
10.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fire
10.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.3.6.1. Germany
10.3.6.2. UK
10.3.6.3. France
10.3.6.4. Italy
10.3.6.5. Russia
10.3.6.6. Rest of Europe
10.4. South America
10.4.1. Introduction
10.4.2. Key Region-Specific Dynamics
10.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Agent
10.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fire
10.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.4.6.1. Brazil
10.4.6.2. Argentina
10.4.6.3. Rest of South America
10.5. Asia-Pacific
10.5.1. Introduction
10.5.2. Key Region-Specific Dynamics
10.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Agent
10.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fire
10.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.5.6.1. China
10.5.6.2. India
10.5.6.3. Japan
10.5.6.4. Australia
10.5.6.5. Rest of Asia-Pacific
10.6. Middle East and Africa
10.6.1. Introduction
10.6.2. Key Region-Specific Dynamics
10.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Agent
10.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fire
10.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
11. Competitive Landscape
11.1. Competitive Scenario
11.2. Market Positioning/Share Analysis
11.3. Mergers and Acquisitions Analysis
12. Company Profiles
12.1. Firetech Global*
12.1.1. Company Overview
12.1.2. Product Portfolio and Description
12.1.3. Financial Overview
12.1.4. Key Developments
12.2. Elide Fire Ball Pro Co., Ltd.
12.3. L. R. INDUSTRIES
12.4. Auto Fireball
12.5. Universal Fire Protection
12.6. Fireball RSA
12.7. DANSA group Germany
12.8. Fire and Safety Systems LTD
12.9. HelloMedicals
12.10. Key Safety Systems
LIST NOT EXHAUSTIVE
13. Appendix
13.1. About Us and Services
13.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(ball)の最新刊レポート


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る