世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アクリルモノマーの世界市場 - 2024-2031


Global Acrylic Monomer Market - 2024-2031

概要 アクリルモノマーの世界市場は2023年に94億米ドルに達し、2031年には156億米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年のCAGRは6.72%で成長する。 特に塗料や接着剤の製造におけるアクリルモノマーの需... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年4月3日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
280 英語

 

サマリー

概要
アクリルモノマーの世界市場は2023年に94億米ドルに達し、2031年には156億米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年のCAGRは6.72%で成長する。
特に塗料や接着剤の製造におけるアクリルモノマーの需要は、そのほとんどが自動車部門に牽引されている。長持ちし、風雨に強く、美観に優れた自動車用塗料は、アクリルモノマーによって開発されている部分もある。アクリルモノマーのような高性能材料へのニーズは、自動車分野の技術革新と拡大が続いていることを考えると、依然として強い。
アクリルモノマーの市場は、世界的なインフラ産業と建築産業の拡大によって大きく牽引されている。工業用途や建築用途で使用される塗料、接着剤、シーリング剤の配合において、アクリル酸ブチルやアクリル酸メチルなどのアクリルモノマーは不可欠である。アクリルモノマーは高性能で長持ちする材料のひとつであり、世界的なインフラ建設と都市化への取り組みが続いているため、大きな需要がある。
アジア太平洋地域は、世界のアクリルモノマー市場の1/3以上を占める成長地域のひとつである。アジア太平洋地域の化学セクターは、環境に優しく持続可能な方法を意識し、重視するようになってきている。アクリルモノマーは、その適応性と環境への影響の低減から、環境への取り組みをサポートする配合で使用されている。
ダイナミクス
インフラ・建築需要の拡大
インフラストラクチャーや建築業界における需要の拡大は、世界のアクリルモノマー市場を牽引する主な要因の一つである。工業用途や建築用途で広く利用される塗料、接着剤、シーリング剤の生産には、必要な成分としてアクリルモノマーが必要となる。アクリルモノマーの需要が伸びているのは、都市化、インフラ整備、建設活動の増加といった要因による建設業界の拡大が背景にある。
例えば、住友化学は2022年、愛媛県新居浜市にある愛媛事業所でアクリル樹脂(具体的にはポリメチルメタクリレートまたはPMMA)のケミカルリサイクルに特化したパイロット施設の建設を完了した。2023年春をめどに、この設備で製造されたメチルメタクリレート(MMA)モノマーのケミカルリサイクルサンプルと、このモノマーを使用したアクリル樹脂の製造が可能となる。住友化学は、アクリル原料の持続可能なリサイクルを推進し、革新的なリサイクル方法を探求していく。
自動車分野での拡大
アクリルモノマーの世界市場を牽引しているのは、そのほとんどが自動車分野である。自動車用の塗料や接着剤の製造には、アクリルモノマー、特にアクリル酸メチルやアクリル酸ブチルが不可欠である。自動車産業が革新と拡大を続けている結果、耐候性、耐久性、美観に優れた高性能材料への要求が高まっている。
例えば2023年、BASFはバイオベースのモノマーの種類を増やし、特許技術を使ってアクリル酸2-オクチル(2-OA)を生産している。ISO 16620に従って73%の14Cトレーサブルなバイオベースの含有量を持つこの新製品は、持続可能な未来のためのイノベーションに対するBASFの揺るぎない献身を強調している。標準的なバイオベースの2-オクチルアクリレートに加え、BASFは2-オクチルアクリレートBMB ISCC Plusと呼ばれる新製品を発表した。この製品では、残留炭素量がISCC PLUS認証を受けており、BASFのバイオマスバランシング(BMB1)技術を活用することで、さらに低い製品カーボンフットプリント(PCF2)を実現している。
別の例では、2021年、ダウは、より大きな集中化された生産能力によって原料への信頼性とアクセス性を高める試みの一環として、米国メキシコ湾岸でのアクリル酸メチル製造に投資した。米国ルイジアナ州のセント・チャールズ事業所では、2022年前半に稼動を予定している50キロトンの新しい銘板容量でアクリル酸メチルを生産する。この生産能力は、北米の需要を満たすことに重点を置いた世界的な拡大を促進する。
原材料の変動費
アクリルモノマー市場は、原料、特にメタノールやプロピレンなどの原料コストの変動に敏感である。アクリルモノマーの生産コストは、これらの原料の価格変動に大きく影響される。原料価格の急激な変動は、メーカーにとって予測不可能な営業コストとなり、価格戦略や利益率に影響を及ぼす可能性がある。
さらに、原料価格の変動は、世界の石油化学市場が地政学的な出来事や景気変動に敏感であるため、アクリルモノマーメーカーにとってサプライチェーンを安定させることが難しく、さらに悪化する可能性がある。この制限を緩和するため、事業者はサプライヤーとの長期契約の締結や代替原料の調査など、リスク管理手法を頻繁に採用し、原料価格の変動が事業運営に与える影響を軽減している。
規制と環境問題
環境への関心の高まりと厳しい規制の導入は、アクリルモノマー市場の成長を制限する2つの大きな要因である。大気汚染の原因となり、人体に悪影響を及ぼす揮発性有機化合物(VOC)は、アクリルモノマー、特にその誘導体の一部に含まれている可能性がある。環境意識の高まりを受け、世界各国の政府が揮発性有機化合物(VOC)の排出を最小限に抑えるよう規制を強化する中、アクリルモノマーのメーカーはジレンマに直面している。
加えて、低VOCまたはVOCフリーの代替品を製造するには、一般的にこれらの法律を遵守するために多額の研究開発費が必要となる。この制限は製造コストに影響し、環境意識の高い環境において市場で競争力を持つためには、継続的な技術革新が求められる。
セグメント分析
世界のアクリルモノマー市場は、製品、用途、エンドユーザー、地域によって区分される。
コーティング産業におけるアクリル酸メチルモノマー需要の高まり
アクリル酸メチルモノマーセグメントは、世界のアクリルモノマー市場の1/3以上を占める成長地域の一つである。アクリル酸メチルモノマーは、粘着剤、コーティング剤、繊維製品の製造において様々な用途で使用されており、その需要の高まりが世界のアクリルモノマー市場におけるアクリル酸メチルモノマーの拡大を牽引している。アクリル酸メチルモノマーは、耐久性と速乾性に優れた製品の製造に役立つため、さまざまな産業分野で不可欠である。
さらに、アクリル酸メチルモノマーは、世界的に成長している建築や自動車分野の接着剤やコーティング剤に広く使用されており、市場拡大の原動力となっている。メチルアクリレートモノマーは、その柔軟性と接着性から、これらの分野の変化する要求を満たす高性能材料を作るための重要な構成要素となっている。
地理的浸透
アジア太平洋地域における建設用途への需要投資拡大
アジア太平洋地域は、世界のアクリルモノマー市場で圧倒的な強さを誇っている。アジア太平洋地域では、特に中国やインドのような国々で都市化と工業化が進んでいる。その結果、アクリルモノマーに対する需要は、工業、自動車、建設などいくつかの分野で伸びている。都市部ではインフラプロジェクトや建築物が増加しており、シーリング材、接着剤、コーティング剤の需要が高まっている。アクリルモノマーはこれらの用途に不可欠である。
アジア太平洋地域の建設業界は、住宅、商業施設、都市開発プロジェクトの結果、大きく成長している。建設用途では、アクリルモノマーはシーリング材、接着剤、建築用塗料に頻繁に利用されている。この地域がインフラ投資を行う限り、アクリルモノマーの需要は引き続き高いはずだ。
例えば、BASFは2023年、中国の湛江にアクリル酸(AS)、アクリル酸ブチル(BA)、アクリル酸2-エチルヘキシル(2-EHA)の設備を備えた新しい生産コンプレックスの建設を開始した。2025年までの稼働を予定しているこのコンプレックスの年間生産能力は、BAが約40万トン、2-EHAが約10万トンとなる。これは、中国におけるアクリルのバリューチェーンに沿ったBASFの生産能力を拡大する重要な一歩であり、この重要な市場における需要の増加に対応するためのコミットメントを示すものである。
もう一つの例として、BASF PETRONAS Chemicalsは2021年、2-エチルヘキサン酸(2-EHA)の年間生産能力を30,000トンから2024年までに60,000トンに倍増する。この拡張は、合成潤滑油や建築・自動車分野の安全ガラス用PVB可塑剤などの川下用途での需要増に対応するもの。この構想は、アジア太平洋地域における安定供給の確保を目的としている。
COVID-19の影響分析
COVID-19の大流行は、世界のアクリルモノマー業界において様々な形で需給のダイナミクスに影響を与えた。アクリルモノマーのサプライチェーンは、パンデミックの初期段階において、国際輸送網の大規模な封鎖と遅延により物流上の困難に直面した。生産能力は影響を受け、製造施設の一時閉鎖や操業制限により供給不足が生じた。
操業停止、消費支出の減少、優先順位の変化により、アクリルモノマーの需要は一部の最終用途分野で変動した。プロジェクトの遅延や消費マインドの低下により、アクリルモノマーの需要は建設、自動車、繊維などの産業で減少した。これとは対照的に、保護コートやフェイスシールドを含むアクリルベースの医療用品の需要が増加し、健康問題における消費者の需要の変化に対応する業界の能力が示された。
アクリルモノマー市場は、流行が拡大するにつれて回復力を示し、新たな平常措置に適応し、安全と清潔に対する意識の高まりによってもたらされた可能性をつかんだ。メーカーの主な目標は、サプライチェーンを多様化し、新しい用途にアクリルモノマーを採用し、安全対策を工程に組み込むことであった。
加えて、正確な市場評価は依然として世界的な経済情勢と公衆衛生上の懸念の継続的な監視に依存しているが、需要の回復とパンデミックの影響を緩和するためのさらなる試みにより、アクリルモノマー市場はより安定した軌道を描くことになった。
ロシア・ウクライナ戦争の影響分析
ロシア・ウクライナ戦争がアクリルモノマー市場の重要な参加者に影響を及ぼし、サプライチェーンの中断や貿易制限を引き起こした場合、特にこの分野は不確実性と課題に直面する可能性がある。アクリルモノマーは、プラスチック、塗料、コーティング剤、粘着剤など、多くの産業で重要な原料となっている。
サプライチェーンの混乱は、特に重要なサプライヤーやメーカーが戦争地域にある場合、供給不足、コスト上昇、市場の不安定化につながる可能性がある。さらに、世界的な商取引の力学は、法律、関税、輸出入政策の変更をもたらす可能性のある地政学的紛争によって影響を受ける可能性がある。
原材料の価格、輸送、アクリルモノマー生産者の日常的な会社運営はすべて、このような変化によって影響を受ける可能性がある。起こりうる障害を克服するために、市場参加者は地政学的な現実の変化に適応し、他のサプライチェーン経路を考え、動向を注意深く監視する必要があるかもしれない。
製品別
- アクリル酸メチルモノマー
- アクリル酸ブチルモノマー
- アクリル酸エチルモノマー
- 2-エチルヘキシルアクリレートモノマー(2-EHAモノマー)
- その他
用途別
- プラスチック
- 接着剤・シーラント
- 合成樹脂
- アクリル繊維
- 建築材料
- 繊維製品
- アクリルゴム
- その他
エンドユーザー別
- 塗料・コーティング
- 建築・建設
- 自動車
- 消費財
- 包装
- 水処理
- 海洋
- 航空宇宙
- その他
地域別
- 北米
o 米国
o カナダ
メキシコ
- ヨーロッパ
o ドイツ
o イギリス
o フランス
o イタリア
o ロシア
o その他のヨーロッパ
- 南アメリカ
o ブラジル
o アルゼンチン
o その他の南米諸国
- アジア太平洋
o 中国
o インド
o 日本
o オーストラリア
o その他のアジア太平洋地域
- 中東およびアフリカ
主要開発
2021年8月18日、ダウは米国メキシコ湾岸におけるアクリル酸メチル製造に投資した。米国ルイジアナ州のセントチャールズ事業所では、2022年前半に稼動を予定している50キロトンの新しい銘板容量でアクリル酸メチルを生産する。この生産能力は、北米の需要を満たすことに重点を置いた世界的な拡大を促進する。
競争状況
同市場の主な世界的プレーヤーには、BASF SE、アルケマ・グループ、ダウ・インク、エボニック・インダストリーズAG、三菱化学、日本触媒、LG Chem、SABIC、フォルモサ・プラスチックス・コーポレーション、三井化学などが含まれる。
レポートを購入する理由
- 製品、用途、エンドユーザー、地域に基づく世界のアクリルモノマー市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレイヤーを理解する。
- トレンドと共同開発を分析することで商機を見極める。
- アクリルモノマー市場レベルの多数のデータを全セグメントでまとめたエクセルデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査の後の包括的な分析で構成されています。
- 主要企業の主要製品で構成されたエクセルによる製品マッピング。
アクリルモノマーの世界市場レポートは、約62の表、65の図、196ページを提供します。
対象読者
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 研究専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

目次
1.方法論とスコープ
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.製品別スニペット
3.2.用途別スニペット
3.3.エンドユーザー別スニペット
3.4.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.インフラと建設需要の増大
4.1.1.2.自動車セクターの拡大
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.原材料の変動費
4.1.2.2.規制と環境問題
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.ロシア・ウクライナ戦争影響分析
5.6.DMI意見書
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID以前のシナリオ
6.1.2.COVID中のシナリオ
6.1.3.COVID後のシナリオ
6.2.COVID中の価格ダイナミクス-19
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.製品別
7.1.はじめに
7.1.1.製品別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
7.1.2.市場魅力度指数(製品別
7.2.アクリル酸メチルモノマー* 2.1.
7.2.1.はじめに
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.アクリル酸ブチルモノマー
7.4.アクリル酸エチルモノマー
7.5.2-エチルヘキシルアクリレートモノマー(2-EHAモノマー)
7.6.その他
8.用途別
8.1.はじめに
8.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
8.1.2.市場魅力度指数(用途別
8.2.プラスチック
8.2.1.序論
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.接着剤とシーラント
8.4.合成樹脂
8.5.アクリル繊維
8.6.建築材料
8.7.織物
8.8.アクリルゴム
8.9.その他
9.エンドユーザー別
9.1.はじめに
9.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、エンドユーザー別
9.1.2.市場魅力度指数(エンドユーザー別
9.2.塗料とコーティング剤
9.2.1.序論
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.建築・建設
9.4.自動車
9.5.消費財
9.6.包装
9.7.水処理
9.8.海洋
9.9.航空宇宙
9.10.その他
10.地域別
10.1.はじめに
10.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
10.1.2.市場魅力度指数、地域別
10.2.北米
10.2.1.はじめに
10.2.2.主な地域別ダイナミクス
10.2.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 製品別
10.2.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), アプリケーション別
10.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
10.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.2.6.1.米国
10.2.6.2.カナダ
10.2.6.3.メキシコ
10.3.ヨーロッパ
10.3.1.はじめに
10.3.2.地域別の主な動き
10.3.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 製品別
10.3.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%)、製品別
10.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
10.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
10.3.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
10.3.7.1.ドイツ
10.3.7.2.イギリス
10.3.7.3.フランス
10.3.7.4.ロシア
10.3.7.5.スペイン
10.3.7.6.その他のヨーロッパ
10.4.南米
10.4.1.はじめに
10.4.2.地域別主要市場
10.4.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 製品別
10.4.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
10.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
10.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
10.4.6.1.ブラジル
10.4.6.2.アルゼンチン
10.4.6.3.その他の南米地域
10.5.アジア太平洋
10.5.1.はじめに
10.5.2.主な地域別ダイナミクス
10.5.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 製品別
10.5.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
10.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
10.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
10.5.6.1.中国
10.5.6.2.インド
10.5.6.3.日本
10.5.6.4.オーストラリア
10.5.6.5.その他のアジア太平洋地域
10.6.中東・アフリカ
10.6.1.はじめに
10.6.2.地域別の主な動き
10.6.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 製品別
10.6.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), アプリケーション別
10.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
11.競争環境
11.1.競争シナリオ
11.2.市場ポジショニング/シェア分析
11.3.M&A分析
12.企業プロフィール
12.1.BASF SE*.
12.1.1.会社概要
12.1.2.製品ポートフォリオと内容
12.1.3.財務概要
12.1.4.主な展開
12.2.アルケマグループ
12.3.ダウ
12.4.エボニック・インダストリーズAG
12.5.三菱化学株式会社
12.6.日本触媒 6.
12.7.LG化学
12.8.SABIC
12.9.フォルモサ・プラスチックス・コーポレーション
12.10.三井化学株式会社
リストは網羅的ではない
13.付録
13.1.会社概要とサービス
13.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global Acrylic Monomer Market reached US$ 9.4 Billion in 2023 and is expected to reach US$ 15.6 Billion by 2031, growing with a CAGR of 6.72% during the forecast period 2024-2031.
The demand for acrylic monomers, particularly in the manufacturing of paints and adhesives, is mostly driven by the automobile sector. Vehicle coatings that are long-lasting, resistant to the elements and aesthetically pleasing are developed in part by acrylic monomers. The need for high-performance materials, such as acrylic monomers, is still strong given the ongoing innovation and expansion in the automotive sector.
The market for acrylic monomers is significantly driven by the expansion of the infrastructure and building industries globally. In the formulation of paints, adhesives and sealants used in industrial and architectural applications, acrylic monomers like butyl and methyl acrylate are essential. Acryl monomers are among the high-performance, long-lasting materials in great demand due to the world's continuing infrastructure construction and urbanization initiatives.
Asia-Pacific is among the growing regions in the global acrylic monomer market covering more than 1/3rd of the market. The Asia-Pacific chemical sector is becoming more conscious of and focused on environmentally friendly and sustainable methods. Acrylic monomers are used in formulations that support environmental efforts because of their adaptability and reduced environmental effects.
Dynamics
Growing Demand for Infrastructure and Construction
The expanding demand in the infrastructure and building industries is one of the main factors driving the globally acrylic monomer market. The production of paints, adhesives and sealants that are extensively utilized in industrial and architectural applications requires acrylic monomers as necessary ingredients. The growing demand for acrylic monomers is a result of the construction industry's expansion, driven by factors such as urbanization, infrastructure development and increased construction activities.
For Instance, in 2022, Sumitomo Chemical has completed the construction of a pilot facility dedicated to the chemical recycling of acrylic resin (specifically, polymethyl methacrylate or PMMA) at its Ehime Works in Niihama City, Ehime Prefecture, Japan. By spring 2023, samples of chemically recycled methyl methacrylate (MMA) monomer, derived from this facility, as well as acrylic resin manufactured using this monomer, will be made accessible. The development signifies Sumitomo Chemical's commitment to advancing sustainable practices and exploring innovative methods for the recycling of acrylic materials.
Expansion in the Automotive Sector
The automobile sector mostly drives the world market for acrylic monomers. When it comes to manufacturing paints and adhesives for automotive applications, acrylic monomers, particularly methyl and butyl acrylate, are indispensable. The requirement for high-performance materials that are weather-resistant, long-lasting and aesthetically pleasing has risen as a result of the automobile industry's ongoing innovation and expansion.
For instance, in 2023, BASF has a growing range of bio-based monomers that it has expanded and is using patented technology to produce 2-Octyl Acrylate (2-OA). With 73% 14C-tracable bio-based content per ISO 16620, the new product highlights BASF's steadfast dedication to innovation for a sustainable future. In addition to its standard bio-based 2-Octyl Acrylate, BASF introduced a new product called 2-Octyl Acrylate BMB ISCC Plus. Here, the residual carbon content is ISCC PLUS certified and this variation delivers an even lower product carbon footprint (PCF2) by utilizing BASF's biomass balancing (BMB1) technique.
In another Instance, in 2021, Dow invested in methyl acrylate manufacturing on US Gulf Coast as part of its attempts to increase dependability and accessibility to raw materials through greater, centralized capacity. The St. Charles Operations in Louisiana, USA, will produce methyl acrylate with a new 50-kiloton nameplate capacity that is scheduled to be online in the first half of 2022. The capacity will facilitate globally expansion with an emphasis on meeting North American demand.
Variable Costs of Raw Materials
The market for acrylic monomers is sensitive to changes in the cost of raw materials, especially feedstocks such as methanol and propylene. The entire cost of producing acrylic monomers can be significantly affected by price volatility for these commodities. Unpredictable operating costs for manufacturers can result from abrupt fluctuations in the price of raw materials, which can have an impact on pricing strategies and profit margins.
Furthermore, the volatility of raw material prices can be made worse by the global petrochemical market's sensitivity to geopolitical events and economic swings, making it difficult for manufacturers of acrylic monomers to keep their supply chains stable. To alleviate this limitation, businesses frequently employ risk management techniques, such as entering into long-term agreements with suppliers and investigating substitute feedstocks, to reduce the influence of variations in raw material prices on their operations.
Regulations and Environmental Issues
The growing focus on the environment and the introduction of strict regulations are two major factors limiting the growth of the acrylic monomer market. Volatile organic compounds (VOCs), which contribute to air pollution and have negative health impacts on humans, may be present in acrylic monomers, especially in some of their derivatives. Manufacturers of acrylic monomers are faced with a dilemma as governments throughout the world enact stronger restrictions to minimize volatile organic compound (VOC) emissions, in response to growing environmental consciousness.
Additionally, the producing low-VOC or VOC-free alternatives generally necessitates large research and development expenditures to comply with these laws. The limitation affects manufacturing costs and the demand for ongoing innovation to be competitive in the market in an eco-aware environment.
Segment Analysis
The global acrylic monomer market is segmented based on product, application, end-user and region.
Rising Demand for Methyl Acrylate Monomers in Coating Industry
The methyl acrylate monomers segment is among the growing regions in the global acrylic monomer market covering more than 1/3rd of the market. The rising demand for Methyl Acrylate Monomers, which have several uses in the manufacturing of adhesives, coatings and textiles, is driving their expansion in the globally acrylic monomer market. The monomers are essential in many different industrial areas because they help create durable and fast-drying products.
Furthermore, Methyl Acrylate Monomers' widespread application in adhesives and coatings in the world's growing construction and automotive sectors drives the market's expansion. Because of their pliability and adhesiveness, methylacrylate monomers are crucial building blocks for the creation of high-performance materials that meet these sectors' changing demands.
Geographical Penetration
Growing Demand Investments in Construction Applications in Asia-Pacific
Asia-Pacific has been a dominant force in the global acrylic monomer market. The Asia-Pacific has experienced urbanization and industrialization, especially in nations like China and India. As a result, demand for acrylic monomers has grown across some sectors, including industrial, automotive and construction. Urban regions are seeing an increase in infrastructure projects and buildings, which has increased demand for sealants, adhesives and coatings. Acrylic monomers are essential to these applications.
The Asia-Pacific construction industry has grown significantly as a result of residential, commercial and urban development projects. In construction applications, acrylic monomers are frequently utilized in sealants, adhesives and architectural paints. Acrylic monomers should continue to be in high demand as long as the area makes infrastructural investments.
For Instance, in 2023, BASF began constructing a new production complex at its Zhanjiang site in China, featuring facilities for acrylic acid pure (AS (pure)), butyl acrylate (BA) and 2-ethylhexyl acrylate (2-EHA). Expected to be operational by 2025, the complex will have an annual production capacity of around 400,000 metric tons for BA and 100,000 metric tons for 2-EHA. The marks a significant step forward in expanding BASF's production capabilities along the acrylic value chain in China, demonstrating a commitment to meet the rising demand in this key market.
In another instance, in 2021, BASF PETRONAS Chemicals will double the annual production capacity of 2-Ethylhexanoic Acid (2-EHA) from 30,000 to 60,000 metric tons by 2024. The expansion caters to rising demand in downstream applications such as synthetic lubricants and PVB plasticizers for safety glass in construction and automotive sectors. The initiative aims to secure a consistent supply in the Asia-Pacific.
COVID-19 Impact Analysis
The COVID-19 pandemic has impacted the dynamics of supply and demand in different ways within the globally acrylic monomer industry. The supply chain for acrylic monomers faced logistical difficulties in the early phases of the pandemic due to extensive lockdowns and delays in international transportation networks. Production capacity was impacted and supply shortages resulted from temporary closures or operating limitations at manufacturing facilities.
Due to lockdowns, lower consumer spending and changes in priorities, the demand for acrylic monomers fluctuated across some end-use sectors. Due to project delays and waning consumer confidence, demand for acrylic monomers fell in industries like construction, automotive and textiles. In contrast, there was an increase in demand for acrylic-based medical items including protective coatings and face shields, which indicated the industry's capacity to adjust to shifting consumer demands during the health problem.
The market for acrylic monomers shown resiliency as the epidemic spread, adjusting to new normalcy measures and seizing possibilities brought about by raised awareness of safety and cleanliness. The primary goals of manufacturers were to diversify their supply chains, employ acrylic monomers in new applications and integrate safety measures into their processes.
Additionally, accurate market evaluations still depend on continuous monitoring of global economic conditions and public health concerns, but the rebound in demand and further attempts to mitigate the pandemic's impact have positioned the acrylic monomer market for a more stable trajectory.
Russia-Ukraine War Impact Analysis
The sector may face uncertainties and challenges as a result of the Russia-Ukraine war, especially if it affects important participants in the acrylic monomer market and causes interruptions to the supply chain or trade restrictions. Acrylic monomers serve as vital ingredients in many industrial industries, such as plastics, paints, coatings and adhesives.
The disruption in the supply chain might lead to shortages, higher costs and general market instability, especially if significant suppliers or manufacturers are situated in a war region. Furthermore, the dynamics of global commerce could be impacted by geopolitical conflicts, which may result in changes to laws, tariffs and export-import policies.
The price of raw materials, transportation and routine company operations for producers of acrylic monomers may all be impacted by such changes. To overcome possible hurdles, market participants may need to adjust to changing geopolitical realities, think about other supply chain paths and carefully monitor developments.
By Product
• Methyl Acrylate Monomers
• Butyl Acrylate Monomers
• Ethyl Acrylate Monomers
• 2 Ethyl Hexyl Acrylate Monomers (2-EHA Monomers)
• Others
By Application
• Plastic
• Adhesives and Sealants
• Synthetic Resins
• Acrylic Fibers
• Building Materials
• Fabrics
• Acrylic Rubber
• Others
By End-User
• Paints and Coatings
• Building and Construction
• Automotive
• Consumer Goods
• Packaging
• Water Treatment
• Marine
• Aerospace
• Others
By Region
• North America
o U.S.
o Canada
o Mexico
• Europe
o Germany
o UK
o France
o Italy
o Russia
o Rest of Europe
• South America
o Brazil
o Argentina
o Rest of South America
• Asia-Pacific
o China
o India
o Japan
o Australia
o Rest of Asia-Pacific
• Middle East and Africa
Key Developments
On August 18, 2021, Dow invested in methyl acrylate manufacturing on US Gulf Coast as part of its attempts to increase dependability and accessibility to raw materials through greater, centralized capacity. The St. Charles Operations in Louisiana, USA, will produce methyl acrylate with a new 50-kiloton nameplate capacity that is scheduled to be online in the first half of 2022. The capacity will facilitate globally expansion with an emphasis on meeting North American demand.
Competitive Landscape
The major global players in the market include BASF SE, Arkema Group, Dow Inc., Evonik Industries AG, Mitsubishi Chemical Corporation, Nippon Shokubai Co., Ltd., LG Chem, SABIC, Formosa Plastics Corporation and Mitsui Chemicals, Inc.
Why Purchase the Report?
• To visualize the global acrylic monomer market segmentation based on product, application, end-user and region, as well as understand key commercial assets and players.
• Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
• Excel data sheet with numerous data points of acrylic monomer market-level with all segments.
• PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
• Product mapping available as Excel consisting of key products of all the major players.
The global acrylic monomer market report would provide approximately 62 tables, 65 figures and 196 Pages.
Target Audience 2024
• Manufacturers/ Buyers
• Industry Investors/Investment Bankers
• Research Professionals
• Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents
1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Product
3.2. Snippet by Application
3.3. Snippet by End-User
3.4. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Growing Demand for Infrastructure and Construction
4.1.1.2. Expansion in the Automotive Sector
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. Variable Costs of Raw Materials
4.1.2.2. Regulations and Environmental Issues
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Russia-Ukraine War Impact Analysis
5.6. DMI Opinion
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID
6.1.2. Scenario During COVID
6.1.3. Scenario Post COVID
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Product
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Product
7.2. Methyl Acrylate Monomers*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Butyl Acrylate Monomers
7.4. Ethyl Acrylate Monomers
7.5. 2 Ethyl Hexyl Acrylate Monomers (2-EHA Monomers)
7.6. Others
8. By Application
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Application
8.2. Plastic*
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Adhesives and Sealants
8.4. Synthetic Resins
8.5. Acrylic Fibers
8.6. Building Materials
8.7. Fabrics
8.8. Acrylic Rubber
8.9. Others
9. By End-User
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
9.1.2. Market Attractiveness Index, By End-User
9.2. Paints and Coatings*
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Building and Construction
9.4. Automotive
9.5. Consumer Goods
9.6. Packaging
9.7. Water Treatment
9.8. Marine
9.9. Aerospace
9.10. Others
10. By Region
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
10.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
10.2. North America
10.2.1. Introduction
10.2.2. Key Region-Specific Dynamics
10.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
10.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.2.6.1. U.S.
10.2.6.2. Canada
10.2.6.3. Mexico
10.3. Europe
10.3.1. Introduction
10.3.2. Key Region-Specific Dynamics
10.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
10.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
10.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.3.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.3.7.1. Germany
10.3.7.2. UK
10.3.7.3. France
10.3.7.4. Russia
10.3.7.5. Spain
10.3.7.6. Rest of Europe
10.4. South America
10.4.1. Introduction
10.4.2. Key Region-Specific Dynamics
10.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
10.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.4.6.1. Brazil
10.4.6.2. Argentina
10.4.6.3. Rest of South America
10.5. Asia-Pacific
10.5.1. Introduction
10.5.2. Key Region-Specific Dynamics
10.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
10.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.5.6.1. China
10.5.6.2. India
10.5.6.3. Japan
10.5.6.4. Australia
10.5.6.5. Rest of Asia-Pacific
10.6. Middle East and Africa
10.6.1. Introduction
10.6.2. Key Region-Specific Dynamics
10.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product
10.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11. Competitive Landscape
11.1. Competitive Scenario
11.2. Market Positioning/Share Analysis
11.3. Mergers and Acquisitions Analysis
12. Company Profiles
12.1. BASF SE*
12.1.1. Company Overview
12.1.2. Product Portfolio and Description
12.1.3. Financial Overview
12.1.4. Key Developments
12.2. Arkema Group
12.3. Dow Inc.
12.4. Evonik Industries AG
12.5. Mitsubishi Chemical Corporation
12.6. Nippon Shokubai Co., Ltd.
12.7. LG Chem
12.8. SABIC
12.9. Formosa Plastics Corporation
12.10. Mitsui Chemicals, Inc.
LIST NOT EXHAUSTIVE
13. Appendix
13.1. About Us and Services
13.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(acrylic)の最新刊レポート


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る