世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

世界の養殖魚市場:環境別(淡水、海水、汽水)、魚種別(サーモン、ティラピア、ナマズ、シーバス、ミルクフィッシュ、その他)、地域別の規模と動向、COVID-19の影響と2029年までの予測分析


Global Fish Farming Market: Analysis by Environment (Freshwater, Marine Water and Brackish Water), By Fish Type (Salmon, Tilapia, Catfish, Sea Bass, Milk Fish and Others), By Region Size and Trends with Impact of COVID-19 and Forecast up to 2029

魚の養殖は養殖とも呼ばれ、生け簀や池、人工的な囲いなどの管理された環境で魚を商業的に繁殖・養殖することである。魚介類を持続的に生産する方法であり、天然魚の個体数への圧力を最小限に抑えながら、魚介類... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Daedal Research
デダルリサーチ
2024年5月22日 US$2,350
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
158 英語

 

サマリー

魚の養殖は養殖とも呼ばれ、生け簀や池、人工的な囲いなどの管理された環境で魚を商業的に繁殖・養殖することである。魚介類を持続的に生産する方法であり、天然魚の個体数への圧力を最小限に抑えながら、魚介類製品に対する需要の増加に対応するものである。魚の養殖では、魚はできるだけ自然の生息環境を模倣した管理された条件下で飼育される。これには、最適な成長と健康を確保するために、水質、水温、給餌方法を監視することも含まれる。魚の養殖は、養殖される種によって、淡水、海水、汽水の環境で行われる。2023年の世界の魚類養殖市場規模は3,230億2,000万米ドルで、2029年には4,443億8,000万米ドルに達する見込みである。

生産量に関しては、2023年の養殖魚の総数は6,656万トンであった。魚類養殖の成長の主な原動力のひとつは、世界人口の増加と魚類蛋白質需要の増加である。世界人口が拡大し続け、2050年には100億人近くになると予測されていることから、魚食に対する需要は大幅に増加すると予想されている。この需要急増は、減少しつつある天然魚資源を補う持続可能な解決策として養殖へのシフトにつながっている。養殖魚の成長を促進する他のさまざまな要因には、魚の消費に関連する健康上の利点に対する意識の高まり、1人当たり所得の上昇、都市化、天然魚資源の減少などが含まれる。さらに、魚類養殖市場は、再循環型養殖システム(RAS)や、生産効率と環境持続可能性を最適化する遺伝子ツール、養殖セクターにおけるAIと機械学習の統合、環境に対する関心の高まり、持続可能な実践への注力などの技術的進歩により成長すると予測される。世界の魚類養殖市場価値は、2024年から2029年の予測期間中、CAGR 5.46%で成長すると予測されている。

市場細分化分析:

環境別:同レポートによると、世界の養殖魚市場は、環境の種類に基づいて、淡水、海洋水、汽水の3つのセグメントに二分される。ティラピア、コイ、ナマズ、マスなどの人気品種を含む、淡水での養殖に適した魚種の多様性により、このセグメントでは幅広い製品と市場機会が可能になるためである。さらに、淡水環境は豊富でアクセスしやすい資源を提供し、淡水養殖は一般に、海水や汽水の養殖に比べて生産コストが低く、土地や運営経費の削減、インフラ要件の簡素化といった要因に後押しされている。

魚の種類別:報告書によると、世界の魚類養殖市場は、サケ、ティラピア、ナマズ、スズキ、ミルクフィッシュ、その他の6種類の魚類に二分される。サーモンは、その味、食感、栄養面で国際市場で高く評価され、消費者に好まれるため、2023年には市場の大半のシェアを獲得した。さらに、サケの養殖技術は近年大幅に進歩し、大規模での効率的かつ持続可能な生産を可能にしている。海でのケージ養殖や陸上での再循環養殖システム(RAS)などの技術により、サーモン養殖業者は環境問題に対処しながら市場の需要を満たすことができるようになった。一方、ティラピア分野は、さまざまな環境条件への適応性、生産コストの低さ、養殖業者にとってのリスクの軽減という理由から、世界の養殖市場で急速な成長を遂げている。さらに、ティラピアはそのマイルドな風味、白身、料理への応用の多様性により消費者の間で人気を博しており、国内外の市場で求められている選択肢となっている。

地域別:本レポートは、アジア太平洋、北米、欧州、その他の地域という地理的事業に基づいて、養殖魚市場に関する洞察を提供している。アジア太平洋地域の養魚市場は、2023年に最も高い市場シェアを享受し、同様に最も急速に成長している地域です。中国、インド、インドネシアなどのアジア太平洋諸国は、養殖の実践において長年の伝統と専門知識を持っている。これらの国々には広大な海岸線、河川、内陸水域があり、養殖事業に豊富な資源を提供している。さらに、この地域の人口基盤の大きさと可処分所得の増加が水産物需要の原動力となり、養殖セクターの成長を刺激している。さらに、養殖開発を促進し、インフラを改善し、養殖業者に財政支援を提供することを目的とした政府の政策やイニシアティブは、この地域の成長をさらに後押ししている。

インドは、河川、運河、池、貯水池、汽水域などの広大な水資源を有することから、アジア太平洋地域で最も急成長することが予想される。さらに、捕獲漁業から養殖漁業への移行により、安定したブルーエコノミーへの道が開かれ、バリューチェーンに沿って何百万人もの人々の生活を支えている。インドの広大な海岸線、排他的経済水域、海洋資源は、海洋漁業と養殖業に適した環境を提供し、魚の生産高に大きく貢献している。

世界の魚類養殖市場の動向:

成長の推進要因:魚の消費の増加は、魚の消費に関連する健康上の利点に対する意識の高まりと相まって、調査に概説されたいくつかの重要な要因により、魚の養殖市場の重要な成長ドライバーとして機能する。OECD によると、2030 年までに、魚はタンパク質、オメガ 3 脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどの必須栄養素を豊富に含む栄養価の高い食品として広く認知されているため、魚生産量の 90%が食品として消費されると予測されている。魚の摂取が健康に良いという認識が高まるにつれて、肉に代わるより健康的なタンパク質として魚を食生活に取り入れる消費者が増えている。世界の魚類養殖市場の成長を促進するその他の要因には、人口の増加、都市化、1人当たり所得の上昇、天然魚資源の減少、政府の支援と規制などが含まれる。

課題:疾病の発生は養殖市場における重大な課題であり、経済的実行可能性と環境の持続可能性の両方に脅威をもたらす。操業の激化に伴い、病気や寄生虫の蔓延はさらに増加している。病気が養魚場を襲うと、死亡率の増加、成長の低下、製品の品質低下により、かなりの経済的損失が生じます。こうした損失は個々の養殖業者に影響を及ぼすだけでなく、業界全体に波及し、供給不足や市場の不安定化につながる。その他の課題としては、飼料の持続可能性、生息地の劣化などが挙げられる。

トレンド:AIの採用は、世界の養殖市場における重要なトレンドとして浮上している。機械学習とAI技術は、効率と持続可能性を向上させるために養殖に統合されつつある。AIソフトウェアは給餌パターンを強化し、水質を維持し、収量を増加させる。また、自動的に予防措置を講じることで、不確実な状況下での意思決定を支援する。AIソリューションは、リアルタイムのバイオマス監視の自動化、病気の早期発見、より正確な養殖管理を可能にする。3Dカメラは、病気の魚、魚のバイオマス、飼料消費の画像をキャプチャし、養殖業者に貴重な情報を提供する。AquabyteやUMITRONのような企業はAI技術を導入しており、インド政府はPMMSY計画の下でその利用を拡大している。予測期間中に養殖魚市場の成長を増大させると思われる動向には、IoTとセンサーの普及拡大、再循環養殖システム、植物性飼料、バイオフロック技術、遺伝学と育種プログラム、デジタル化と電子商取引などがある。

COVID-19の影響分析と今後の展望:

COVID-19パンデミックは世界の漁業と養殖業に大きな影響を与え、消費者需要のシフトと物流の課題を引き起こした。当初は減少したものの、回復は遅れている。デジタルトランスフォーメーションは加速し、人手への依存を減らし、科学的な養殖方法を促進している。遠隔監視システムとバイオフロック技術は、漁業者が操業を改善し、パンデミックに対処するのに役立つ。

競争環境と最近の動向:

魚類養殖業界は高い断片化を示しており、多数のプレーヤーが多様な状況に貢献している。同市場は、幅広い品質の製品を提供する多くの企業によって特徴付けられ、競争環境を生み出している。世界の養殖魚市場の主要企業は以下の通り:

ストルト・ニールセン・リミテッド(ストルト・シー・ファーム)
P/Fバッカフロスト
オーステボル・シーフードASA
Mowi ASA
サルマーASA
Cermaq Group AS
ノルディック・アクアファーム
クック社
オーストラリス・アクアカルチャー
ブルーリッジ・アクアカルチャー
アクアバウンティ
アメリカズキャッチ

主要企業は、この市場での競争力を維持するため、新技術の採用、新興市場への製品導入など、戦略的な取り組みに絶えず投資している。例えば、2024年3月、エシカル・シーフード・リサーチ(ESR)とFAIは、エジプトでティラピア福祉プロジェクトを立ち上げるための新たなパートナーシップを発表した。エジプトはアフリカでトップのティラピア生産国であり、ティラピア福祉プロジェクトはエジプトの生産者に農場でのティラピア福祉を測定・評価する方法だけでなく、そうすることによる経済的・生産的利益を示すことを目的としている。また、Bakkafrost社は2023年11月、フェロー諸島のスカーラヴィークに総容量28,600m3の新しい再循環養殖システム(RAS)スモルト孵化場の建設を計画している。


ページTOPに戻る


目次

1.エグゼクティブ・サマリー

2.はじめに

2.1 魚の養殖:概要
2.1.1 養殖魚の紹介
2.1.2 養殖の長所
2.1.3 養殖の発展に影響を与える主な要因

2.2 養殖魚のセグメンテーション概要
2.2.1 養殖魚のセグメンテーション

3.世界市場分析

3.1 世界の養殖魚市場:分析

3.1.1 世界の養殖魚:概要
3.1.2 養殖魚の世界市場:金額別
3.1.3 世界の養魚市場:環境別(淡水、海水、汽水)
3.1.4 養殖魚の世界市場:魚の種類別(サーモン、ティラピア、ナマズ、シーバス、ミルクフィッシュ、その他)
3.1.5 養殖魚の世界市場:地域別(北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域)

3.2 世界の養殖魚市場生産分析

3.2.1 世界の養殖魚市場生産:概要
3.2.2 養殖魚の世界市場:生産別
3.2.3 世界の養魚市場の環境別生産(内水面漁業と海洋漁業)

3.3 養殖魚の世界市場環境分析

3.3.1 世界の養魚市場:環境概要
3.3.2 世界の淡水養魚市場:金額別
3.3.3 海洋養殖魚の世界市場:金額別
3.3.4 世界の汽水養魚市場:金額別

3.4 世界の養殖魚市場魚の種類別分析

3.4.1 世界の養殖魚市場:魚の種類の概要
3.4.2 サーモン養殖の世界市場:金額別
3.4.3 ティラピア養殖の世界市場:金額別
3.4.4 ナマズ養殖の世界市場:金額別
3.4.5 シーバス養殖の世界市場:金額別
3.4.6 ミルクフィッシュ養殖の世界市場:金額別
3.4.7 その他の養殖の世界市場:金額別

3.5 養殖魚の世界市場生産:環境分析

3.5.1 世界の養殖魚市場生産:環境概要
3.5.2 内水面養殖の世界市場:生産別
3.5.3 海洋養殖の世界市場:生産別

4.地域市場分析

4.1 アジア太平洋の養殖魚市場:分析

4.1.1 アジア太平洋地域の養殖魚市場:概要
4.1.2 アジア太平洋地域の養魚市場:金額別
4.1.3 アジア太平洋地域の養殖魚市場:地域別(中国、インドネシア、インド、日本、韓国、その他のアジア太平洋地域)
4.1.4 中国の養魚市場:金額別
4.1.5 インドネシアの養殖魚市場:金額別
4.1.6 インドの養魚市場:金額別
4.1.7 日本の養魚市場:金額別
4.1.8 韓国養魚市場:金額別
4.1.9 その他のアジア太平洋地域の養魚市場:金額別

4.2 北米養魚市場:分析

4.2.1 北米養魚市場:概要
4.2.2 北米の養魚市場:金額別
4.2.3 北米養魚市場:地域別(アメリカ、メキシコ、カナダ)
4.2.4 米国の養魚市場:金額別
4.2.5 メキシコ養魚市場:金額別
4.2.6 カナダの養魚市場:金額別

4.3 ヨーロッパの養魚市場分析

4.3.1 欧州養魚市場:概要
4.3.2 欧州養魚市場:金額別
4.3.3 欧州養魚市場:地域別(フランス、スペイン、イタリア、イギリス、ドイツ、その他の欧州地域)
4.3.4 フランスの養魚市場:金額別
4.3.5 スペインの養魚市場:金額別
4.3.6 イタリアの養魚市場:金額別
4.3.7 イギリスの養魚市場:金額別
4.3.8 ドイツの養魚市場:金額別
4.3.9 その他のヨーロッパ養魚市場:金額別

4.4 その他の世界の養魚市場:分析

4.4.1 世界の養殖魚市場:概要
4.4.2 世界の養殖魚市場:金額別

5.COVID-19の影響

5.1 世界の養殖魚市場に対するCOVID-19の影響
5.1.1 COVID-19に対する各国の政策と対応

5.2 COVID-19後の世界の養殖市場への影響

6.市場ダイナミクス

6.1 成長促進要因
6.1.1 魚の消費の増加
6.1.2 人口増加
6.1.3 天然魚資源の減少
6.1.4 健康上の利点に対する意識の高まり
6.1.5 政府の支援と規制

6.2 課題
6.2.1 病気の発生
6.2.2 飼料の持続可能性
6.2.3 生息地の劣化

6.3 市場動向
6.3.1 人工知能(AI)と機械学習
6.3.2 再循環型水産養殖システム(RAS)
6.3.3 IoTデバイスとセンサー
6.3.4 植物性飼料
6.3.5 バイオフロック技術
6.3.6 遺伝学と育種プログラム
6.3.7 デジタル化と電子商取引

7.競争環境

7.1 世界の養殖魚市場:競争環境
7.2 養殖魚の世界市場参入企業:最近の動向
7.3 サーモン養殖の世界市場プレイヤー収穫量の比較

8.企業プロフィール

8.1 ストルト・ニールセン・リミテッド(ストルト・シーファーム)
8.1.1 事業概要
8.1.2 事業セグメント
8.1.3 事業戦略

8.2 P/Fバッカフロスト
8.2.1 事業概要
8.2.2 事業セグメント
8.2.3 事業戦略

8.3 オーステボル・シーフードASA
8.3.1 事業概要
8.3.2 事業セグメント
8.3.3 事業戦略

8.4 Mowi ASA
8.4.1 事業概要
8.4.2 事業セグメント
8.4.3 事業戦略

8.5 SalMar ASA
8.5.1 事業概要
8.5.2 事業セグメント
8.5.3 事業戦略

8.6 Cermaq Group AS
8.6.1 事業概要
8.6.2 事業戦略

8.7 ノルディック・アクアファーム
8.7.1 事業概要
8.7.2 事業戦略

8.8 クック・アクアカルチャー
8.8.1 事業概要
8.8.2 事業戦略

8.9 オーストラリス・アクアカルチャー
8.9.1 事業概要

8.10 アクアバウンティ
8.10.1 事業概要

8.11 ブルーリッジ・アクアカルチャー
8.11.1 事業概要

8.12 アメリカズキャッチ
8.12.1 事業概要

図表一覧

図1:養殖の長所
図2:養殖魚のセグメンテーション
図3:養殖魚の世界市場:金額別;2019-2023年(10億米ドル)
図4:養殖魚の世界市場:金額別;2024-2029年(10億米ドル)
図5:養殖魚の環境別世界市場; 2023 (割合, %)
図6:養殖魚の種類別世界市場; 2023 (割合, %)
図7:養魚の世界市場:地域別; 2023年 (割合, %)
図8:養殖魚の生産量別世界市場;2019年~2023年(百万トン)
図9:養殖魚の生産量別世界市場;2024年〜2029年(百万トン)
図10:養魚の世界市場環境別生産量;2023年 (割合, %)
図11:淡水魚養殖の世界市場:金額別; 2019-2023 (億米ドル)
図12:世界の淡水魚養殖市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図13:海洋水産物養殖の世界市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図14:海洋水養殖の世界市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図15:汽水養殖の世界市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図16:汽水魚養殖の世界市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図17:サーモン養殖の世界市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図18:サーモン養殖の世界市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図19:ティラピア養殖の世界市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図20:ティラピア養殖の世界市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図21:ナマズ養殖の世界市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図22:ナマズ養殖の世界市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図23:シーバス養殖の世界市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図24:シーバス養殖の世界市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図25:ミルクフィッシュ養殖の世界市場ミルクフィッシュ養殖の世界市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図26:ミルクフィッシュ養殖の世界市場ミルクフィッシュ養殖の世界市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図27:養殖魚の世界市場その他の養殖業の世界市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図28:その他の養殖魚の世界市場その他の養殖業の世界市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図29:内水面養殖の世界市場:生産量別; 2019-2023 (百万トン)
図30:内水面養殖の世界市場内水面養殖の世界市場:生産量別; 2024-2029 (百万トン)
図31:海洋養殖の世界市場:生産量別;2019-2023年(百万トン)
図32:海洋養殖の世界市場海洋養殖の世界市場:生産量別;2024年〜2029年(百万トン)
図33:アジア太平洋の養殖魚市場アジア太平洋地域の養殖魚市場:金額別; 2019-2023 (億米ドル)
図34:アジア太平洋の養殖魚市場アジア太平洋の養殖魚市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図35:アジア太平洋地域の養殖魚市場アジア太平洋地域の養殖魚市場:地域別; 2023 (割合, %)
図36:中国養魚市場:金額ベース; 2019-2023 (US$ Billion)
図37:中国養魚市場中国養魚市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図38:インドネシアの養殖魚市場インドネシアの養殖魚市場:金額; 2019-2023 (US $ Billion)
図39:インドネシアの養殖魚市場インドネシアの養殖魚市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図40:インドの養殖魚市場インドの養殖魚市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図41:インドの養殖市場インドの養殖魚市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図42:日本の養殖魚市場日本の養殖魚市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図43:日本の養殖魚市場日本の養殖魚市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図44:韓国の養殖魚市場韓国養魚市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図45:韓国養魚市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図46:その他のアジア太平洋地域の養殖魚市場:金額; 2019-2023 (US$ Billion)
図47:その他のアジア太平洋地域の養殖魚市場その他のアジア太平洋地域の養殖魚市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図48:北米の養殖魚市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図49:北米の養殖魚市場北米の養殖魚市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図50:北米の養殖魚市場:地域別; 2023年 (割合, %)
図 51:米国の養殖魚市場:金額ベース; 2019-2023 (US$ Billion)
図52:米国の養殖魚市場米国の養殖魚市場:金額; 2024-2029 (US$ Billion)
図53:メキシコ養魚市場メキシコの養殖魚市場:金額; 2019-2023 (US$ Billion)
図54:メキシコの養殖魚市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図55:カナダの養殖魚市場カナダ養魚市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図56:カナダの養殖魚市場カナダ養魚市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図57:ヨーロッパ養魚市場:金額;2019-2023年(US$ Billion)
図58:ヨーロッパ養魚市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図59:ヨーロッパ養魚市場ヨーロッパの養殖魚市場:地域別; 2023 (割合, %)
図60:フランス養魚市場:金額; 2019-2023 (億米ドル)
図61:フランス養魚市場フランス養魚市場:金額; 2024-2029 (10億米ドル)
図62:スペインの養殖魚市場スペインの養殖魚市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図63:スペインの養殖魚市場スペインの養殖魚市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図64:イタリアの養殖魚市場イタリアの養殖魚市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図65:イタリアの養殖市場イタリアの養殖魚市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図66:イギリスの養殖魚市場イギリスの養殖魚市場:金額;2019-2023年(US$ Billion)
図67:イギリスの養殖市場イギリスの養殖魚市場:金額;2024年~2029年(10億米ドル)
図 68:ドイツの養殖魚市場:金額;2019-2023年(US$ Billion)
図69:ドイツの養殖魚市場ドイツの養殖魚市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図70:その他のヨーロッパの養殖魚市場:金額;2019年-2023年(10億米ドル)
図71:その他のヨーロッパの養魚市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図72:世界の残りの養殖魚市場:金額;2019-2023年(10億米ドル)
図73:その他の世界の養殖魚市場:金額;2024-2029年(10億米ドル)
図74:一人当たりの魚消費量;2018~20年および2030年(Kg/年)
図75:世界の人口;2019年~2023年(億人)
図 76:Stolt-Nielsen Limitedのセグメント別収益;2023年 (パーセント, %)
図 77:P/F Bakkafrostのセグメント別収益; 2023 (パーセント, %)
図 78:Austevoll Seafoodのセグメント別営業利益; 2023 (パーセント, %)
図 79:Mowi ASA のセグメント別収益; 2023 (パーセント, %)
図 80: SalMar ASA のセグメント別収益; 2023 (パーセント)
表1:養殖業の発展に影響を与える主な要因
表2:世界のサーモン養殖市場プレーヤー:全養殖サケ科魚種の収穫量(トン);2022年

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Fish farming, also known as pisciculture, is the commercial breeding and cultivation of fish in controlled environments such as fish tanks, ponds, or artificial enclosures. It's a method of producing seafood sustainably to meet the increasing demand for fish products while minimizing pressure on wild fish population. In fish farming, fish are raised under controlled conditions that mimic their natural habitat as closely as possible. This includes monitoring water quality, temperature, and feeding regimes to ensure optimal growth and health. Fish farming can take place in freshwater, saltwater, or brackish water environments, depending on the species being cultivated. The global fish farming market value in 2023 stood at US$323.02 billion, and is likely to reach US$444.38 billion by 2029.

In terms of production, the total number of fish farmed in 2023 stood at 66.56 million tonnes. One of the key drivers behind the growth of fish farming is growing global population and increasing demand for fish protein. As the global population continues to expand, with projections indicating nearly 10 billion people by 2050, the demand for fish food is expected to rise substantially. This demand surge has led to a shift towards aquaculture as a sustainable solution to supplement dwindling wild fish stocks. Various other factors driving the growth of fish farming include rising awareness of health benefits associated with consumption of fish, rising per capita income, urbanization, declining wild fish stock, etc. Furthermore, the fish farming market is predicted to grow due to technological advancements like Recirculating Aquaculture Systems (RAS) and genetic tools optimizing production efficiency and environmental sustainability, integration of AI and machine learning in aquaculture sector, heightened environmental concerns and a focus on sustainable practices, etc. The global fish farming market value is projected to grow at a CAGR of 5.46%, during the forecast period of 2024-2029.

Market Segmentation Analysis:

By Environment: According to the report, the global fish farming market is bifurcated into three segments based on the type of environment: freshwater, marine water and brackish water. Freshwater segment acquired majority of share in the market in 2023 and is the fastest growing segment because of the diversity of fish species suitable for cultivation in freshwater, including popular varieties like tilapia, carp, catfish, and trout, enables a broad range of products and market opportunities within this segment. Additionally, freshwater environments offer abundant and accessible resources, and freshwater fish farming generally entails lower production costs compared to marine or brackish water farming, driven by factors such as reduced land and operational expenses and simpler infrastructure requirements.

By Fish Type: According to the report, the global fish farming market is bifurcated into six types of fishes: salmon, tilapia, catfish, sea bass, milkfish and others. Salmon acquired majority of share in the market in 2023 as salmon is highly valued in international markets for its taste, texture, and nutritional benefits, making it a preferred choice among consumers. Additionally, salmon farming techniques have seen substantial advancements in recent years, allowing for efficient and sustainable production on a large scale. Technologies such as sea-cage farming and land-based recirculating aquaculture systems (RAS) have enabled salmon farmers to meet market demands while addressing environmental concerns. While, tilapia segment has been experiencing rapid growth in the global fish farming market because of its adaptability to various environmental conditions, lower production costs and reduced risks for farmers. Additionally, tilapia has gained popularity among consumers due to its mild flavor, white flesh, and versatility in culinary applications, making it a sought-after choice in both domestic and international markets.

By Region: The report provides insight into the fish farming market based on the geographical operations, namely, Asia Pacific, North America, Europe and rest of the world. Asia Pacific fish farming market enjoyed the highest market share in 2023 and is the fastest growing region as well. Asia Pacific countries, such as China, India, and Indonesia, have long-standing traditions and expertise in aquaculture practices. These countries have extensive coastlines, rivers, and inland water bodies that provide abundant resources for aquaculture operations. Additionally, the region's large population base and rising disposable incomes drive demand for seafood products, stimulating growth in the fish farming sector. Moreover, government policies and initiatives aimed at promoting aquaculture development, improving infrastructure, and providing financial support to fish farmers further bolster growth in the region.

India is expected to be the fastest growing country within the Asia Pacific region due to country's vast water resources, including rivers, canals, ponds, reservoirs, and brackish water areas. Additionally, the transition from capture-based to culture-based fishing has opened the way for a stable blue economy, supporting the livelihoods of millions of people along the value chain. India's extensive coastline, exclusive economic zone, and marine resources provide a conducive environment for marine fisheries and aquaculture, contributing significantly to fish output.

Global Fish farming Market Dynamics:

Growth Drivers: Increasing consumption of fish coupled with rising awareness of health benefits associated with fish consumption serves as a significant growth driver for the fish farming market due to several key factors outlined in the research. According to OECD, by 2030, it is projected that 90% of fish production will be consumed as food as fish is widely recognized as a highly nutritious food source, rich in essential nutrients such as protein, omega-3 fatty acids, vitamins, and minerals. As awareness of the health benefits of consuming fish grows, more consumers are incorporating fish into their diets as a healthier protein alternative to meat. Other factors driving the growth of global fish farming market include growing population, urbanization, rise in per capita income, declining wild fish stock, government support and regulations etc.

Challenges: Disease Outbreak is a significant challenge in fish farming market, posing threats to both economic viability and environmental sustainability. With the intensification of operations, the spread of diseases and parasites increases even more. When diseases strike fish farms, they can result in substantial economic losses due to increased mortality rates, reduced growth, and compromised product quality. These losses not only affect individual farmers but also reverberate throughout the industry, leading to supply shortages and market instability. Other challenges might include feed sustainability, habitat degradation etc.

Trends: Adoption of AI has emerged as a significant trend in the global fish farming market. Machine learning and AI technologies are being integrated into aquaculture to improve efficiency and sustainability. AI software enhances feeding patterns, maintains water quality, and increases yields. It also aids in decision-making during uncertain conditions by automatically taking preventive measures. AI solutions enable real-time biomass monitoring automation, early disease detection, and more precise fish farming management. 3D cameras capture images of diseased fish, fish biomass, and feed consumption, providing valuable information for farmers. Companies like Aquabyte and UMITRON are implementing AI technologies, while the Indian government is expanding its use under the PMMSY scheme. More trends are believed to augment the growth of fish farming market during the forecasted period include, growing popularity of IoT and sensors, recirculating aquaculture systems, plant-based feed, Biofloc technology, genetics and breeding programmes, digitalization and e-commerce etc.

Impact Analysis of COVID-19 and Way Forward:

The COVID-19 pandemic has significantly impacted global fisheries and aquaculture, causing shifts in consumer demand and logistical challenges. Despite initial declines, recovery has been slow. Digital transformation has accelerated, reducing dependence on manpower and promoting scientific farming practices. Remote surveillance systems and biofloc technology can help fishers improve operations and cope with the pandemic.

Competitive Landscape and Recent Developments:

Fish farming industry exhibits high fragmentation, with numerous players contributing to a diverse landscape. The market is characterized by many companies offering a wide range of quality products, creating a competitive environment. Key players of global fish farming market are:

Stolt-Nielsen Limited (Stolt Sea Farm)
P/F Bakkafrost
Austevoll Seafood ASA
Mowi ASA
SalMar ASA
Cermaq Group AS
Nordic Aquafarms
Cooke Inc.
Australis Aquaculture
Blue Ridge Aquaculture
AquaBounty
America’s Catch

The key players are constantly investing in strategic initiatives, such as adoption of new technologies, introducing their products to emerging markets and more, to maintain a competitive edge in this market. For instance, in March 2024, Ethical Seafood Research (ESR) and FAI announced a new partnership to launch the Tilapia Welfare Project in Egypt. Egypt is the top tilapia producer in Africa and the Tilapia Welfare Project aims to show Egyptian producers not only how to measure and assess tilapia welfare on farm, but also the financial and production benefits of doing so. Also, in November 2023, Bakkafrost planned to build a new recirculating aquaculture system (RAS) smolt hatchery in Skálavík, Faroe Islands, with a total capacity of 28,600 m3.



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary

2. Introduction

2.1 Fish Farming: An Overview
2.1.1 Introduction to Fish Farming
2.1.2 Pros of Fish Farming
2.1.3 Major Factors Affecting the Development of Aquaculture

2.2 Fish Farming Segmentation: An Overview
2.2.1 Fish Farming Segmentation

3. Global Market Analysis

3.1 Global Fish Farming Market: An Analysis

3.1.1 Global Fish Farming: An Overview
3.1.2 Global Fish Farming Market by Value
3.1.3 Global Fish Farming Market by Environment (Freshwater, Marine Water and Brackish Water)
3.1.4 Global Fish Farming Market by Fish Type (Salmon, Tilapia, Catfish, Sea Bass, Milkfish and others)
3.1.5 Global Fish Farming Market by Region (North America, Europe, Asia Pacific, and Rest of the World)

3.2 Global Fish Farming Market: Production Analysis

3.2.1 Global Fish Farming Market Production: An Overview
3.2.2 Global Fish Farming Market by Production
3.2.3 Global Fish Farming Market Production by Environment (Inland Fisheries and Marine Fisheries)

3.3 Global Fish Farming Market: Environment Analysis

3.3.1 Global Fish Farming Market: Environment Overview
3.3.2 Global Freshwater Fish Farming Market by Value
3.3.3 Global Marine Water Fish Farming Market by Value
3.3.4 Global Brackish Water Fish Farming Market by Value

3.4 Global Fish Farming Market: Fish Type Analysis

3.4.1 Global Fish Farming Market: Fish Type Overview
3.4.2 Global Salmon Farming Market by Value
3.4.3 Global Tilapia Farming Market by Value
3.4.4 Global Catfish Farming Market by Value
3.4.5 Global Sea Bass Farming Market by Value
3.4.6 Global Milkfish Farming Market by Value
3.4.7 Global Others Fish Farming Market by Value

3.5 Global Fish Farming Market Production: Environment Analysis

3.5.1 Global Fish Farming Market Production: Environment Overview
3.5.2 Global Inland Fish Farming Market by Production
3.5.3 Global Marine Fish Farming Market by Production

4. Regional Market Analysis

4.1 Asia Pacific Fish Farming Market: An Analysis

4.1.1 Asia Pacific Fish Farming Market: An Overview
4.1.2 Asia Pacific Fish Farming Market by Value
4.1.3 Asia Pacific Fish Farming Market by Region (China, Indonesia, India, Japan, South Korea and Rest of Asia Pacific)
4.1.4 China Fish Farming Market by Value
4.1.5 Indonesia Fish Farming Market by Value
4.1.6 India Fish Farming Market by Value
4.1.7 Japan Fish Farming Market by Value
4.1.8 South Korea Fish Farming Market by Value
4.1.9 Rest of Asia Pacific Fish Farming Market by Value

4.2 North America Fish Farming Market: An Analysis

4.2.1 North America Fish Farming Market: An Overview
4.2.2 North America Fish Farming Market by Value
4.2.3 North America Fish Farming Market by Region (The US, Mexico and Canada)
4.2.4 The US Fish Farming Market by Value
4.2.5 Mexico Fish Farming Market by Value
4.2.6 Canada Fish Farming Market by Value

4.3 Europe Fish Farming Market: An Analysis

4.3.1 Europe Fish Farming Market: An Overview
4.3.2 Europe Fish Farming Market by Value
4.3.3 Europe Fish Farming Market by Region (France, Spain, Italy, UK, Germany and Rest of Europe)
4.3.4 France Fish Farming Market by Value
4.3.5 Spain Fish Farming Market by Value
4.3.6 Italy Fish Farming Market by Value
4.3.7 UK Fish Farming Market by Value
4.3.8 Germany Fish Farming Market by Value
4.3.9 Rest of Europe Fish Farming Market by Value

4.4 Rest of the World Fish Farming Market: An Analysis

4.4.1 Rest of the World Fish Farming Market: An Overview
4.4.2 Rest of the World Fish Farming Market by Value

5. Impact of COVID-19

5.1 Impact of COVID-19 on Global Fish Farming Market
5.1.1 National Policies and Responses to COVID-19

5.2 Post COVID-19 Impact on Global Fish Farming Market

6. Market Dynamics

6.1 Growth Drivers
6.1.1 Increasing Consumption of Fish
6.1.2 Growing Population
6.1.3 Declining Wild Fish Stocks
6.1.4 Rising Awareness of Health Benefits
6.1.5 Government Support and Regulations

6.2 Challenges
6.2.1 Disease Outbreaks
6.2.2 Feed Sustainability
6.2.3 Habitat Degradation

6.3 Market Trends
6.3.1 Artificial Intelligence (AI) and Machine Learning
6.3.2 Recirculating Aquaculture Systems (RAS)
6.3.3 IoT Devices and Sensors
6.3.4 Plant-based Feed
6.3.5 Biofloc technology
6.3.6 Genetics and Breeding Programmes
6.3.7 Digitalization and E-commerce

7. Competitive Landscape

7.1 Global Fish Farming Market: Competitive Landscape
7.2 Global Fish Farming Market Players by Recent Developments
7.3 Global Salmon Farming Market Players: Harvest Volume Comparison

8. Company Profiles

8.1 Stolt-Nielsen Limited (Stolt Sea Farm)
8.1.1 Business Overview
8.1.2 Operating Segments
8.1.3 Business Strategy

8.2 P/F Bakkafrost
8.2.1 Business Overview
8.2.2 Operating Segments
8.2.3 Business Strategy

8.3 Austevoll Seafood ASA
8.3.1 Business Overview
8.3.2 Operating Segment
8.3.3 Business Strategy

8.4 Mowi ASA
8.4.1 Business Overview
8.4.2 Operating Segment
8.4.3 Business Strategy

8.5 SalMar ASA
8.5.1 Business Overview
8.5.2 Operating Segments
8.5.3 Business Strategy

8.6 Cermaq Group AS
8.6.1 Business Overview
8.6.2 Business Strategy

8.7 Nordic Aquafarms
8.7.1 Business Overview
8.7.2 Business Strategy

8.8 Cooke Aquaculture
8.8.1 Business Overview
8.8.2 Business Strategy

8.9 Australis Aquaculture
8.9.1 Business Overview

8.10 AquaBounty
8.10.1 Business Overview

8.11 Blue Ridge Aquaculture
8.11.1 Business Overview

8.12 America’s Catch
8.12.1 Business Overview

List of Figures

Figure 1: Pros of Fish Farming
Figure 2: Fish Farming Segmentation
Figure 3: Global Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 4: Global Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 5: Global Fish Farming Market by Environment; 2023 (Percentage, %)
Figure 6: Global Fish Farming Market by Fish Type; 2023 (Percentage, %)
Figure 7: Global Fish Farming Market by Region; 2023 (Percentage, %)
Figure 8: Global Fish Farming Market by Production; 2019-2023 (Million Tonnes)
Figure 9: Global Fish Farming Market by Production; 2024-2029 (Million Tonnes)
Figure 10: Global Fish Farming Market Production by Environment; 2023 (Percentage, %)
Figure 11: Global Freshwater Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 12: Global Freshwater Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 13: Global Marine Water Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 14: Global Marine Water Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 15: Global Brackish Water Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 16: Global Brackish Water Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 17: Global Salmon Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 18: Global Salmon Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 19: Global Tilapia Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 20: Global Tilapia Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 21: Global Catfish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 22: Global Catfish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 23: Global Sea Bass Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 24: Global Sea Bass Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 25: Global Milkfish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 26: Global Milkfish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 27: Global Others Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 28: Global Others Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 29: Global Inland Fish Farming Market by Production; 2019-2023 (Million Tonnes)
Figure 30: Global Inland Fish Farming Market by Production; 2024-2029 (Million Tonnes)
Figure 31: Global Marine Fish Farming Market by Production; 2019-2023 (Million Tonnes)
Figure 32: Global Marine Fish Farming Market by Production; 2024-2029 (Million Tonnes)
Figure 33: Asia Pacific Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 34: Asia Pacific Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 35: Asia Pacific Fish Farming Market by Region; 2023 (Percentage, %)
Figure 36: China Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 37: China Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 38: Indonesia Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 39: Indonesia Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 40: India Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 41: India Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 42: Japan Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 43: Japan Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 44: South Korea Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 45: South Korea Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 46: Rest of Asia Pacific Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 47: Rest of Asia Pacific Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 48: North America Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 49: North America Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 50: North America Fish Farming Market by Region; 2023 (Percentage, %)
Figure 51: The US Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 52: The US Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 53: Mexico Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 54: Mexico Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 55: Canada Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 56: Canada Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 57: Europe Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 58: Europe Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 59: Europe Fish Farming Market by Region; 2023 (Percentage, %)
Figure 60: France Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 61: France Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 62: Spain Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 63: Spain Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 64: Italy Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 65: Italy Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 66: UK Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 67: UK Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 68: Germany Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 69: Germany Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 70: Rest of Europe Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 71: Rest of Europe Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 72: Rest of the World Fish Farming Market by Value; 2019-2023 (US$ Billion)
Figure 73: Rest of the World Fish Farming Market by Value; 2024-2029 (US$ Billion)
Figure 74: Per Capita Fish Consumption; 2018-20 and 2030 (Kg/year)
Figure 75: Global Population; 2019-2023 (Billion)
Figure 76: Stolt-Nielsen Limited Revenue by Segment; 2023 (Percentage, %)
Figure 77: P/F Bakkafrost Revenue by Segment; 2023 (Percentage, %)
Figure 78: Austevoll Seafood Operating Income by Segment; 2023 (Percentage, %)
Figure 79: Mowi ASA Revenue by Segment; 2023 (Percentage, %)
Figure 80: SalMar ASA Revenue by Segment; 2023 (Percentage, %)
Table 1: Major Factors Affecting the Development of Aquaculture
Table 2: Global Salmon Farming Market Players: Harvest Volume, All Farmed Salmonid Species (Tonnes); 2022

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

Daedal Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


Daedal Research社はどのような調査会社ですか?


デダルリサーチ (Daedal Research) はインドとアジアを始めとして世界の医療や医薬、ICT、エネルギー、通信、化学、交通、消費財などの様々な市場を調査対象とした市場調査報告書を出版してい... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る