世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

マテリアルハンドリング機器テレマティクス市場


The Material Handling Equipment Telematics Market

概要 マテリアルハンドリング機器テレマティクスシステム市場は2023年以降どのように進化するのか?本レポートでは、ダイナミックなテレマティクス業界の最新動向と発展について取り上げています。... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2023年7月4日 Eur1,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
85 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

マテリアルハンドリング機器テレマティクスシステム市場は2023年以降どのように進化するのか?本レポートでは、ダイナミックなテレマティクス業界の最新動向と発展について取り上げています。ベルグインサイトは、欧州と北米におけるマテリアルハンドリング機器テレマティクスシステムの設置台数は、2022年末の140万台から2027年には320万台へとCAGR 17.0%で成長すると予測しています。ベンダー、製品、市場に関する最新情報をお届けします。

 


 

この調査レポートはマテリアルハンドリング機器のテレマティクス市場を分析・予測したBerg Insightの市場調査報告書です。この戦略的調査レポートでは、5年間の業界予測や専門家による解説など、ビジネス上の意思決定に役立つ独自のビジネスインテリジェンスを85ページにわたって提供しています。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする企業との数多くのインタビューからの洞察
  • マテリアルハンドリング機器と関連テレマティクスソリューションの紹介
  • マテリアルハンドリング機器テレマティクスのバリューチェーンの包括的な概要
  • 市場動向と主要開発の詳細分析
  • マテリアルハンドリング機器テレマティクスソリューションを提供する22社のプロフィール
  • 2027年までの地域別市場予測

欧州と北米で2027年までに300万台のマテリアルハンドリング機器テレマティクスシステムが使用される見込み

マテリアルハンドリング機器(MHE)テレマティクスシステムは、何十年もの間、機器メーカーとアフターマーケットプロバイダーによって提供されてきました。フォークリフトのようなマテリアルハンドリング機器は、現在、テレマティクス対応のフリート管理システムを装備する割合が増えている。Berg Insightの予測によると、ヨーロッパにおけるアクティブなマテリアルハンドリング機器のテレマティクスシステムの設置台数は、2022年には0.9百万台以上に達する。年平均成長率(CAGR)16.6%で成長し、2027年までに欧州のアクティブな設置台数は200万台に達すると予測される。北米では、アクティブなマテリアルハンドリング機器テレマティクスシステムの設置ベースは、2022年には0.5百万ユニットを超えると推定される。アクティブな設置ベースは年平均成長率(CAGR)17.8%で成長し、2027年には北米で120万台のマテリアルハンドリング機器テレマティクスシステムに達すると予測される。

Berg Insightは、リンデ・マテリアルハンドリング(KIONグループ)とトヨタ・マテリアルハンドリング(豊田自動織機)をマテリアルハンドリング機器テレマティクスソリューションの最大プロバイダーとしてランク付けしている。姉妹ブランドのSTILL(KIONグループ)とRaymond(豊田自動織機)を含めると、両グループはフォークリフトなどに数十万台を導入している。豊田自動織機とKIONは、フォークリフトの世界市場シェアでもトップメーカーとしての地位を確立している。その他のトッププレーヤーには、ユングハインリッヒとクラウン・イクイップメントが含まれ、両者とも推定10万台以上の有効な設置ベースを持っており、ハイスター・エール・グループ(HYG)のサプライヤーであるスピードシールド・テクノロジーズがこれに続く。他の大手アフターマーケット・ソリューション・プロバイダーには、PowerfleetとGemOneが含まれる。Davis Derby、EC2E、Collective Intelligence、コマツ、Litum、Kiwitron、ELOKONなどの多様なプレーヤーもこの分野で活躍しており、いずれもフォークリフトなどの物流機器用に1万台以上の設置ベースを持っている。

本レポートは以下の質問に答えている:

  • マテリアルハンドリング機器テレマティクスのバリューチェーンにはどのようなプレーヤーが関与しているのか?
  • MHEテレマティクスソリューションの主な専門プロバイダーは?
  • マテリアルハンドリング機器OEMはどのような製品を提供していますか?
  • 欧州市場と北米市場にはどのような違いがあるのか?
  • マテリアルハンドリング機器テレマティクスソリューションの価格水準は?
  • 市場を形成しているトレンドとドライバーは何か?
  • マテリアルハンドリング機器テレマティクス業界は今後どのように進化していくのか?


ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図表一覧

エグゼクティブサマリー

1 マテリアルハンドリング機器とテレマティクスソリューション

1.1 マテリアルハンドリングの紹介
1.2 マテリアルハンドリング機器
1.2.1 フォークリフトとその他のマテリアルハンドリング機器の種類
1.2.2 マテリアルハンドリング機器メーカー
1.3 マテリアルハンドリング機器のテレマティクスとフリート管理ソリューション
1.3.1 効率性
1.3.2 安全性
1.3.3 コンプライアンス

2 予測と結論

2.1 市場分析
2.1.1 主要なマテリアルハンドリング機器テレマティクス・ソリューション・プロバイダー
2.1.2 マテリアルハンドリング機器テレマティクスソリューションのインストールベース
2.2 市場動向と促進要因
2.2.1 欧州と北米はほぼ同様の発展軌道にある
2.2.2 フォークリフトメーカーが台数ベースで物流機器テレマティクス分野を支配している
2.2.3 アフターマーケットプレーヤーはOEMとともに先進的ソリューションの水準を高める
2.2.4 マテリアルハンドリングの分野では複数の接続技術が共存している
2.2.5 マテリアルハンドリングのテレマティクス市場における統合は今のところ限定的
2.2.6 マテリアルハンドリング分野のビジネスモデルは隣接市場を反映している
2.2.7 SaaSは従来の価格モデルを犠牲にして成長する見込み

3 企業プロフィール

3.1 OEM 製品と戦略
3.1.1  Cargotec
3.1.2  Crown Equipment
3.1.3  Hyundai Material Handling
3.1.4  Jungheinrich
3.1.5  Komatsu
3.1.6  Linde Material Handling (KION Group)
3.1.7  Raymond (Toyota Industries)
3.1.8  STILL (KION Group)
3.1.9  Toyota Material Handling (Toyota Industries)
3.2 アフターマーケットソリューションプロバイダー
3.2.1  Collective Intelligence
3.2.2  Davis Derby
3.2.3  EC2E
3.2.4  ELOKON
3.2.5  GemOne
3.2.6  Kenco
3.2.7  Kiwitron
3.2.8  Litum
3.2.9  Powerfleet
3.2.10  RCT
3.2.11  SIERA.AI
3.2.12  Speedshield Technologies
3.2.13  Trio Mobil

用語解説

ページTOPに戻る


プレスリリース

2023-07-03 プレスリリース
欧州と北米のマテリアルハンドリング機器テレマティクスシステムの設置台数が2027年までに300万台を超える

IoT市場調査の専門会社Berg Insight(ベルク・インサイト)はこのたび、マテリアルハンドリング機器(MHE)テレマティクス市場を対象とした新たな市場調査結果を発表しました。フォークリフトのようなマテリアルハンドリング機器は現在、テレマティクス対応のフリートマネジメントシステムを搭載するシェアが増加している。欧州と北米がこのセグメントの先進的なテレマティクス市場を代表している。Berg Insightは、欧州におけるアクティブなマテリアルハンドリング機器テレマティクスシステムのインストールベースは、2022年に0.9百万台以上に達すると推定している。年平均成長率(CAGR)16.6%で成長し、2027年までに欧州のアクティブな設置台数は200万台に達すると予測される。北米では、アクティブなマテリアルハンドリング機器テレマティクスシステムの設置ベースは、2022年には0.5百万ユニットを超えると推定される。アクティブな設置ベースは年平均成長率(CAGR)17.8%で成長し、2027年には北米のマテリアルハンドリング機器テレマティクスシステムは120万台に達すると予測されている。

「マテリアルハンドリング機器のテレマティクスシステムは、何十年もの間、機器メーカーやアフターマーケットプロバイダーによって提供されてきました。また、Berg Insightはリンデマテリアルハンドリング(KIONグループ)とトヨタマテリアルハンドリング(豊田自動織機)をマテリアルハンドリング機器テレマティクスソリューションの最大プロバイダーとしてランク付けしています。姉妹ブランドであるSTILL(KIONグループ)とRaymond(豊田自動織機)を含めると、両グループはフォークリフトなどに数十万台を導入しています。」「また、豊田自動織機とKIONはフォークリフトのトップメーカーとしての地位を確立しています。さらに、ユングハインリッヒとクラウン・イクイップメントもトッププレーヤーであり、両社とも10万台以上のアクティブユニットを導入していると推定され、ハイスターエールグループ(HYG)のサプライヤーであるスピードシールドテクノロジーズがこれに続きます。他の大手アフターマーケット・ソリューション・プロバイダーには、PowerfleetとGemOneが含まれます。」「Davis Derby、EC2E、Collective Intelligence、コマツ、Litum、Kiwitron、ELOKONのような多様なプレーヤーもこの分野で活躍しており、フォークリフトのようなマテリアルハンドリング機器用に1万台以上の設置ベースを持っています。」とAndersson氏は結論づけた。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

How will the market for material handling equipment telematics systems evolve in 2023 and beyond? This report covers the latest trends and developments in the dynamic telematics industry. Berg Insight forecasts that the installed base of material handling equipment telematics systems in Europe and North America will grow at a CAGR of 17.0 percent from 1.4 million units at the end of 2022 to 3.2 million units by 2027. Get up to date with the latest information about vendors, products and markets.

 


 

The Material Handling Equipment Telematics Market is a comprehensive report from Berg Insight analysing the latest developments on the market for telematics solutions used for material handling equipment such as forklifts. This strategic research report Berg Insight provides you with 85 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expert commentary on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from numerous interviews with market-leading companies.
  • Introduction to material handling equipment and associated telematics solutions.
  • Comprehensive overview of the material handling equipment telematics value chain.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Profiles of 22 companies offering material handling equipment telematics solutions.
  • Market forecasts by region lasting until 2027.

Europe and North America to account for 3 million material handling equipment telematics systems in use by 2027

Material handling equipment (MHE) telematics systems have been offered by equipment manufacturers and aftermarket providers alike for decades. An increasing share of material handling equipment such as forklifts are now equipped with telematics-enabled fleet management systems. Berg Insight estimates that the installed base of active material handling equipment telematics systems in Europe reached more than 0.9 million units in 2022. Growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 16.6 percent, the active installed base is forecasted to reach 2.0 million units in Europe by 2027. In North America, the installed base of active material handling equipment telematics systems is estimated to over 0.5 million units in 2022. The active installed base is forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 17.8 percent to reach 1.2 million material handling equipment telematics systems in North America in 2027.

Berg Insight ranks Linde Material Handling (KION Group) and Toyota Material Handling (Toyota Industries) as the largest providers of material handling equipment telematics solutions. Including the sister brands STILL (KION Group) and Raymond (Toyota Industries) respectively, both groups have installed bases of several hundred thousand units deployed on forklifts and similar. Toyota Industries and KION are also established as the leading manufacturers of forklifts in terms of global market share. Additional top players include Jungheinrich and Crown Equipment, both having estimated installed bases of over 100,000 active units, followed by Speedshield Technologies which is primarily a supplier to Hyster-Yale Group (HYG). Other leading aftermarket solution providers include Powerfleet and GemOne. Diverse players such as Davis Derby, EC2E, Collective Intelligence, Komatsu, Litum, Kiwitron and ELOKON are also active in this space, all having installed bases of more than 10,000 units for material handling equipment such as forklifts.

This report answers the following questions:

  • What different players are involved in the material handling equipment telematics value chain?
  • Which are the major specialised providers of MHE telematics solutions?
  • What offerings are available from the material handling equipment OEMs?
  • What differences are there between the European and North American markets?
  • What are the price levels for material handling equipment telematics solutions?
  • Which trends and drivers are shaping the market?
  • How will the material handling equipment telematics industry evolve in the future?


ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    Material Handling Equipment and Telematics Solutions

1.1    Introduction to material handling
1.2    Material handling equipment
1.2.1    Forklifts and other material handling equipment types
1.2.2    Material handling equipment manufacturers
1.3    Material handling equipment telematics & fleet management solutions
1.3.1    Efficiency
1.3.2    Safety
1.3.3    Compliance

2    Forecasts and Conclusions

2.1    Market analysis
2.1.1    Major material handling equipment telematics solution providers
2.1.2    The installed base of material handling equipment telematics solutions
2.2    Market trends and drivers
2.2.1    Europe and North America are largely on similar development trajectories
2.2.2    Forklift manufacturers dominate the MHE telematics space in terms of volume
2.2.3    Aftermarket players raise the bar for advanced solutions together with OEMs
2.2.4    Multiple connectivity technologies co-exist in the field of material handling
2.2.5    Limited consolidation so far in the material handling telematics market
2.2.6    Business models in the MHE telematics space mirror adjacent markets
2.2.7    SaaS expected to grow at the expense of legacy pricing models

3    Company Profiles

3.1    OEM products and strategies
3.1.1    Cargotec
3.1.2    Crown Equipment
3.1.3    Hyundai Material Handling
3.1.4    Jungheinrich
3.1.5    Komatsu
3.1.6    Linde Material Handling (KION Group)
3.1.7    Raymond (Toyota Industries)
3.1.8    STILL (KION Group)
3.1.9    Toyota Material Handling (Toyota Industries)
3.2    Aftermarket solution providers
3.2.1    Collective Intelligence
3.2.2    Davis Derby
3.2.3    EC2E
3.2.4    ELOKON
3.2.5    GemOne
3.2.6    Kenco
3.2.7    Kiwitron
3.2.8    Litum
3.2.9    Powerfleet
3.2.10    RCT
3.2.11    SIERA.AI
3.2.12    Speedshield Technologies
3.2.13    Trio Mobil

Glossary

 

ページTOPに戻る


Press Release

2023-07-03 Press releases
The installed base of material handling equipment telematics systems in Europe and North America to exceed 3 million units by 2027
 

Berg Insight, the leading IoT market research provider, today released a new market study covering the material handling equipment (MHE) telematics market. An increasing share of material handling equipment such as forklifts are now equipped with telematics-enabled fleet management systems. Europe and North America represent advanced telematics markets in this segment. Berg Insight estimates that the installed base of active material handling equipment telematics systems in Europe reached more than 0.9 million units in 2022. Growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 16.6 percent, the active installed base is forecasted to reach 2.0 million units in Europe by 2027. In North America, the installed base of active material handling equipment telematics systems is estimated to over 0.5 million units in 2022. The active installed base is forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 17.8 percent to reach 1.2 million material handling equipment telematics systems in North America in 2027.

“Material handling equipment telematics systems have been offered by equipment manufacturers and aftermarket providers alike for decades”, said Rickard Andersson, Principal Analyst, Berg Insight. He adds that Berg Insight ranks Linde Material Handling (KION Group) and Toyota Material Handling (Toyota Industries) as the largest providers of material handling equipment telematics solutions. Including the sister brands STILL (KION Group) and Raymond (Toyota Industries) respectively, both groups have installed bases of several hundred thousand units deployed on forklifts and similar. “Toyota Industries and KION are also established as the leading manufacturers of forklifts”, continued Mr. Andersson. Additional top players include Jungheinrich and Crown Equipment, both having estimated installed bases of over 100,000 active units, followed by Speedshield Technologies which is primarily a supplier to Hyster-Yale Group (HYG). Other leading aftermarket solution providers include Powerfleet and GemOne. “Diverse players such as Davis Derby, EC2E, Collective Intelligence, Komatsu, Litum, Kiwitron and ELOKON are also active in this space, all having installed bases of more than 10,000 units for material handling equipment such as forklifts”, concluded Mr. Andersson.

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る