世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

婦人科治療薬の世界市場:治療薬別(ホルモン療法vs.非ホルモン療法)、適応症別(婦人科がん、多嚢胞性卵巣症候群、避妊、子宮内膜症、女性不妊症、婦人科感染症、閉経後障害)、流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局)、地域別、競争予測と機会、2026年


Global Gynecology Drugs Market, By Therapeutics (Hormonal Therapy vs. Non-Hormonal Therapy), By Indication (Gynecology Cancers, Polycystic Ovary Syndrome, Contraception, Endometriosis, Female Infertility, Gynecology Infections, Postmenopausal Disorders), By Distribution Channel (Hospital Pharmacies, Retail Pharmacies, Online Pharmacies), By Region, Competition Forecast & Opportunities, 2026

世界の婦人科領域の医薬品市場は、2020年には1億3,423万米ドルとなり、婦人科がんやその他の婦人科疾患が急増していることから、予測年である2022年から2026年には7.42%のCAGRで成長すると予想されています。これ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2021年8月21日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
119 英語

下記、日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

世界の婦人科領域の医薬品市場は、2020年には1億3,423万米ドルとなり、婦人科がんやその他の婦人科疾患が急増していることから、予測年である2022年から2026年には7.42%のCAGRで成長すると予想されています。これらの疾患は、過去5年間で女性人口の致死率を高めています。そのため、政府は、女性の健康状態や婦人科疾患に対する意識を高め、注意を喚起しています。このような背景から、今後数年間の市場の成長が見込まれます。さらに、女性のライフスタイルの変化も市場の成長を促進すると考えられます。働く女性の数が増え、さまざまな産業に従事するようになると、有害な化学物質や毒素に長時間さらされることによる感染症や病気の可能性が高まり、世界の婦人科領域の医薬品市場の成長にプラスの影響を与えると考えられます。
婦人科領域の医薬品は、女性患者の婦人科疾患や病気の治療のために投与される治療薬や生物製剤です。婦人科領域の疾患は、女性の生殖システムに影響を与え、子宮、膀胱、尿道、卵巣、付属器などの部位に感染症や機能障害を引き起こします。婦人科治療薬の最近の開発と、婦人科疾患の早期診断のための技術的に進歩した装置が、今後5年間の市場の成長を促進すると予想されます。
世界の婦人科領域の医薬品市場は、治療薬、適応症、流通チャネル、地域別分布、競合状況などに基づいて分類されます。治療法に基づいて、市場はさらにホルモン療法と非ホルモン療法に二分されます。さらに、新製品開発の急速な進展が、今後5年間の市場の成長を支えています。また、ホルモン療法は、乳がんのリスクなど一定の副作用があるものの、技術的に進歩した新薬の需要が高まっていることから、市場の大きなシェアを占めると予想されます。この市場は、流通チャネルに基づいて、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局に分類されます。2022-2026年の予測期間では、オンライン薬局のセグメントが市場をリードすると予想されています。
市場の主要企業は、アムジェン社、F. ホフマン・ラ・ロシュ社、ノバルティス社、バイエル社、メルク社、グラクソ・スミスクライン社、サノフィ社、イーライ・リリー・アンド・カンパニー社、フェリング・ファーマシューティカルズA/S、アストラゼネカ社、セラピューティックMD社、アッヴィ社、アボット・ラボラトリーズ社、ルパン・ファーマシューティカルズ社、ファイザー社、などです。市場関係者は、治療薬の技術的進歩や、婦人科領域の薬剤投与に使用される医療機器の研究開発に積極的に取り組んでいます。
本レポートで考慮した年数
過去の年:2016年~2019年
ベースイヤー:2020年
推定年: 2021年
予測期間: 2022年~2026年
調査の目的
1.2016年から2020年までの世界の婦人科用医薬品市場の市場規模の過去の成長を分析すること。
2.2021年から2026年までの世界の婦人科領域の医薬品市場規模と2026年までの成長率を推定・予測すること。
3.世界の婦人科領域の医薬品市場を、治療薬、適応症、流通チャネル、地域別分布、競合状況などに基づいて分類し、予測すること。
4.世界の婦人科領域の医薬品市場における支配的な地域やセグメントを特定すること。
5.世界の婦人科領域の医薬品市場におけるドライバーと課題を特定すること。
6.世界の婦人科領域の医薬品市場における事業拡大、新製品の発売、M&Aなどの競合他社の動向を調査すること。
7.世界の婦人科領域の医薬品市場で活動している主要企業のプロフィールを特定・分析すること。
8.世界の婦人科治療薬市場において、市場参加者が採用している主要な持続可能戦略を明らかにする。
TechSci Researchはこの調査のために、一次調査と徹底的な二次調査を行いました。まず最初に、TechSci Researchは世界中のメーカー、サプライヤー、流通業者のリストを入手しました。その後、TechSci Researchは特定の企業に対して一次調査を行いました。インタビューの際には、回答者に競合他社についても質問しました。この手法により、TechSci Researchは、二次調査の制限により特定できなかったメーカーを含めることができました。TechSci Researchは、世界中のすべての主要プレーヤーの製造、流通チャンネル、および存在を分析しました。
TechSci Researchは、様々なエンドユーザー・セグメントのデータを記録し、将来の予測を行うボトムアップ・アプローチを用いて、世界の婦人科用医薬品市場の市場規模を算出しました。TechSci Researchは、これらの値を業界の専門家や企業の代表者から入手し、適切な全体的な市場規模を得るために、これらの製品タイプや適応症の過去のデータを分析することで外部的に検証しました。また、企業のウェブサイト、ニュース記事、プレスリリース、企業の年次報告書、投資家向けプレゼンテーション、財務報告書などの様々な二次資料も調査しました。
主な対象者
1.メーカー、エンドユーザー、その他のステークホルダー
2.婦人科領域のディストリビューター、サプライヤー、その他のステークホルダー
3.婦人科領域の医薬品に関連する団体、フォーラム、アライアンスなど
4.市場調査会社、コンサルティング会社
本調査は、メーカー、サプライヤー、エンドユーザーなどの業界関係者にとって重要ないくつかの重要な質問に対する回答を提供することに加え、投資を戦略的に行い、市場機会を活用することに役立ちます。
レポートの範囲
本レポートでは、婦人科用医薬品の世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに以下のような業界動向についても詳述しています。
- 婦人科用医薬品の世界市場、治療薬別。
- ホルモン療法
- 非ホルモン療法
- 婦人科領域の医薬品の世界市場:適応症別。
- 婦人科領域の癌
- 多嚢胞性卵巣症候群(Polycystic Ovary Syndrome
- 避妊症
- 子宮内膜症
- 女性不妊症
- 婦人科領域の感染症
- 閉経後障害
- 婦人科用医薬品の世界市場:流通チャネル別
- 病院薬剤師
- 小売薬局
- オンライン薬局
- 婦人科領域の医薬品の世界市場:地域別
- 北アメリカ
i.米国
ii.カナダ
iii.メキシコ
- ヨーロッパ
i.ドイツ
ii.フランス
iii.イギリス
iv.イタリア
v.スペイン
- アジア太平洋地域
i.中国
ii.日本
iii.インド
iv.オーストラリア
v.韓国
- 南アメリカ
i.ブラジル
ii.アルゼンチン
iii.コロンビア
- 中近東・アフリカ
i.南アフリカ共和国
ii.サウジアラビア
iii.アラブ首長国連邦
競合他社の状況
企業のプロフィール婦人科用医薬品の世界市場に存在する主要企業の詳細な分析。
利用可能なカスタマイズ。
与えられた市場データをもとに、TechSci Researchは企業の特定のニーズに応じたカスタマイズを提供します。本レポートでは、以下のカスタマイズオプションをご用意しています。
企業情報
追加の市場プレーヤー(最大5社)の詳細な分析とプロファイリング。

ページTOPに戻る


目次

1.製品概要
2.リサーチ・メソドロジー
3.COVID-19が世界の婦人科領域の医薬品市場に与える影響
4.エグゼクティブサマリー
5.お客様の声
5.1.ブランド認知度
5.2.医薬品の購入意思決定に影響を与える要因
5.3.患者満足度分析
6.婦人科用医薬品の世界市場の展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.治療薬別(ホルモン療法vs.非ホルモン療法
6.2.2.適応症別(婦人科領域のがん、多嚢胞性卵巣症候群、避妊、子宮内膜症、女性不妊症、婦人科領域の感染症、閉経後の障害など
6.2.3.流通チャネル別(病院薬局、小売店薬局、オンライン薬局
6.2.4.企業別(2020年
6.2.5.地域別(北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカ)
6.3.製品マーケットマップ
7.北米の婦人科領域の医薬品市場の展望
7.1.市場規模・予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.治療薬別
7.2.2.適応症別
7.2.3.流通チャネル別
7.2.4.国別(米国、カナダ、メキシコ
7.3.北アメリカ国別分析
7.3.1.米国の婦人科用医薬品市場の展望
7.3.1.1.市場規模・予測
7.3.1.1.1.金額ベース
7.3.1.2.市場シェアと展望
7.3.1.2.1.治療薬別
7.3.1.2.2.効能別
7.3.1.2.3.流通チャネル別
7.3.2.カナダの婦人科用医薬品市場の展望
7.3.2.1.市場規模および予測
7.3.2.1.1.金額ベース
7.3.2.2.市場シェアと予測
7.3.2.2.1.治療薬別
7.3.2.2.2.効能別
7.3.2.2.3.流通チャネル別
7.3.3.メキシコの婦人科用医薬品市場の展望
7.3.3.1.市場規模と予測
7.3.3.1.1.金額ベース
7.3.3.2.市場シェアと展望
7.3.3.2.1.治療薬別
7.3.3.2.2.効能別
7.3.3.2.3.流通チャネル別
8.欧州婦人科領域の医薬品市場の展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.治療薬別
8.2.2.適応症別
8.2.3.流通チャネル別
8.2.4.国別(ドイツ、フランス、イギリス、イタリア、スペイン)
8.3.ヨーロッパ国別分析
8.3.1.ドイツの婦人科治療薬市場の展望
8.3.1.1.市場規模と予測
8.3.1.1.1.金額ベース
8.3.1.2.市場シェアと展望
8.3.1.2.1.治療薬別
8.3.1.2.2.効能別
8.3.1.2.3.流通チャネル別
8.3.2.フランスの婦人科領域の医薬品市場の展望
8.3.2.1.市場規模および予測
8.3.2.1.1.金額ベース
8.3.2.2.市場シェアと予測
8.3.2.2.1.治療薬別
8.3.2.2.2.効能別
8.3.2.2.3.流通チャネル別
8.3.3.イギリスの婦人科用医薬品市場の展望
8.3.3.1.市場規模および予測
8.3.3.1.1.金額ベース
8.3.3.2.市場シェアと展望
8.3.3.2.1.治療薬別
8.3.3.2.2.効能別
8.3.3.2.3.流通チャネル別
8.3.4.イタリアの婦人科用医薬品市場の展望
8.3.4.1.市場規模・予測
8.3.4.1.1.金額ベース
8.3.4.2.市場シェアと展望
8.3.4.2.1.治療薬別
8.3.4.2.2.効能別
8.3.4.2.3.流通チャネル別
8.3.5.スペインの婦人科用医薬品市場の展望
8.3.5.1.市場規模と予測
8.3.5.1.1.金額ベース
8.3.5.2.市場シェアと展望
8.3.5.2.1.治療薬別
8.3.5.2.2.効能別
8.3.5.2.3.流通チャネル別
9.アジア太平洋地域の婦人科領域の医薬品市場の展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.治療薬別
9.2.2.適応症別
9.2.3.流通チャネル別
9.2.4.国別(中国、日本、インド、オーストラリア、韓国)
9.3.アジア太平洋地域国別分析
9.3.1.中国の婦人科治療薬市場の展望
9.3.1.1.市場規模と予測
9.3.1.1.1.金額ベース
9.3.1.2.市場シェアと展望
9.3.1.2.1.治療薬別
9.3.1.2.2.効能別
9.3.1.2.3.流通チャネル別
9.3.2.日本の婦人科領域の医薬品市場の展望
9.3.2.1.市場規模および予測
9.3.2.1.1.金額ベース
9.3.2.2.市場シェアと予測
9.3.2.2.1.治療薬別
9.3.2.2.2.効能別
9.3.2.2.3.流通チャネル別
9.3.3.インドの婦人科用医薬品市場の展望
9.3.3.1.市場規模と予測
9.3.3.1.1.金額ベース
9.3.3.2.市場シェアと展望
9.3.3.2.1.治療薬別
9.3.3.2.2.効能別
9.3.3.2.3.流通チャネル別
9.3.4.オーストラリアの婦人科領域の医薬品市場の展望
9.3.4.1.市場規模と予測
9.3.4.1.1.金額ベース
9.3.4.2.市場シェアと展望
9.3.4.2.1.治療薬別
9.3.4.2.2.効能別
9.3.4.2.3.流通チャネル別
9.3.5.韓国の婦人科領域の医薬品市場の展望
9.3.5.1.市場規模と予測
9.3.5.1.1.金額ベース
9.3.5.2.市場シェアと展望
9.3.5.2.1.治療薬別
9.3.5.2.2.効能別
9.3.5.2.3.流通チャネル別
10.南米の婦人科領域の医薬品市場の展望
10.1.市場規模と予測
10.1.1.金額ベース
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.治療薬別
10.2.2.適応症別
10.2.3.流通チャネル別
10.2.4.国別(ブラジル、アルゼンチン、コロンビア
10.3.南米国別分析
10.3.1.ブラジルの婦人科用医薬品市場の展望
10.3.1.1.市場規模と予測
10.3.1.1.1.金額ベース
10.3.1.2.市場シェアと展望
10.3.1.2.1.治療薬別
10.3.1.2.2.効能別
10.3.1.2.3.流通チャネル別
10.3.2.アルゼンチンの婦人科領域の医薬品市場の展望
10.3.2.1.市場規模と予測
10.3.2.1.1.金額ベース
10.3.2.2.市場シェアと予測
10.3.2.2.1.治療薬別
10.3.2.2.2.効能別
10.3.2.2.3.流通チャネル別
10.3.3.コロンビアの婦人科用医薬品市場の展望
10.3.3.1.市場規模・予測
10.3.3.1.1.金額ベース
10.3.3.2.市場シェアと展望
10.3.3.2.1.治療薬別
10.3.3.2.2.効能別
10.3.3.2.3.流通チャネル別
11.中東・アフリカの婦人科領域の医薬品市場の展望
11.1.市場規模と予測
11.1.1.金額ベース
11.2.市場シェアと予測
11.2.1.治療薬別
11.2.2.適応症別
11.2.3.流通チャネル別
11.2.4.国別(南アフリカ共和国、サウジアラビア、アラブ首長国連邦
11.3.MEA: 国別分析
11.3.1.南アフリカの婦人科用医薬品市場の展望
11.3.1.1.市場規模と予測
11.3.1.1.1.金額ベース
11.3.1.2.市場シェアと展望
11.3.1.2.1.治療薬別
11.3.1.2.2.効能別
11.3.1.2.3.流通チャネル別
11.3.2.サウジアラビアの婦人科用医薬品市場の展望
11.3.2.1.市場規模・予測
11.3.2.1.1.金額ベース
11.3.2.2.市場シェアと予測
11.3.2.2.1.治療薬別
11.3.2.2.2.効能別
11.3.2.2.3.流通チャネル別
11.3.3.UAEの婦人科用医薬品市場の展望
11.3.3.1.市場規模と予測
11.3.3.1.1.金額ベース
11.3.3.2.市場シェアと展望
11.3.3.2.1.治療薬別
11.3.3.2.2.効能別
11.3.3.2.3.流通チャネル別
12.マーケットダイナミクス
12.1.ドライバー
12.2.課題
13.市場動向と開発状況
14.競合状況
14.1.競合他社の動向
14.2.グローバルプレーヤー(リーディングカンパニー)の紹介
14.2.1.アムジェン・インク
14.2.2.ホフマン・ラ・ロシュ社(F. Hoffmann-La Roche Ltd.
14.2.3.ノバルティス社
14.2.4.バイエル株式会社
14.2.5.メルク・アンド・カンパニー・インク
14.2.6.グラクソ・スミスクライン・プラック
14.2.7.サノフィSA
14.2.8.イーライ・リリー・アンド・カンパニー・リミテッド(Eli Lilly and Company Ltd.
14.2.9.フェリング・ファーマシューティカルズA/S
14.2.10.アストラゼネカ社(AstraZeneca Plc
14.2.11.TherapeuticsMD, Inc.
14.2.12.アッヴィ社(AbbVie Inc.
14.2.13.アボット・ラボラトリーズLtd.
14.2.14.ルパン・ファーマシューティカルズ Inc.
14.2.15.ファイザー社
15.戦略的提言
16.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global gynecology drugs market was valued at USD13343.23 million in 2020 and is anticipated to grow at a CAGR of 7.42% in the forecast years, 2022-2026, on account of rapidly increasing instances of gynecology cancer and other gynecology disorders. These diseases have increased the fatality rate of the women population in the last five years. Thus, the government is now working on creating awareness and alerting the women population towards keeping check on their personal wellbeing and gynae health issues. These inferences are anticipated to substantiate the growth of the market in the forecast years. Moreover, lifestyle changes among women are also expected to drive the market growth. With increasing number of working women and their employment into various industries, the chances of infection and diseases due to prolonged exposure to harmful chemicals and toxins would positively influence the growth of the global gynecology drugs market.
Gynecology drugs are therapeutics and biologics that are administered for the treatment of gynecology disorders and ailments to the women patient. Gynecology disorders affect the reproductive system of the females and causes infection, or functional failure in the parts like uterus, urinary bladder, urethra, ovaries, appendages, etc. Recent developments in the gynecology therapeutics and technologically advanced devices for the early diagnosis of gynecology disorders are expected to drive the growth of the market in the next five years.
The global gynecology drugs market is segmented on the basis of therapeutics, indication, distribution channel, regional distribution, and competitive landscape. Based on therapeutics, the market is further bifurcated into hormonal therapy and non-hormonal therapy. Moreover, rapid advancements in new product development are supporting the growth of the market in the next five years. Hormonal therapy is also expected to hold the significant share of the market owing to the rising demand for new technologically advanced medicine, although the therapy has certain side effects such as the risk of breast cancer. Based on distribution channel, the market is segregated into hospital pharmacies, retail pharmacies and online pharmacies. The online pharmacies segment is anticipated to lead the market in the forecast period, 2022-2026.
Major companies in the market are Amgen Inc., F. Hoffmann-La Roche Ltd., Novartis Ltd., Bayer AG, Merck & Co., Inc., GlaxoSmithKline Plc, Sanofi SA, Eli Lilly and Company Ltd., Ferring Pharmaceuticals A/S, AstraZeneca Plc, TherapeuticsMD, Inc., AbbVie Inc., Abbott Laboratories Ltd., Lupin Pharmaceuticals, Inc., Pfizer Inc., among others. The market players are actively involved in the technological advancements of the therapeutics as well as research and development of the medical devices used for the administration of the gynecology drugs.
Years considered for this report:
Historical Years: 2016-2019
Base Year: 2020
Estimated Year: 2021
Forecast Period: 2022-2026
Objective of the Study:
1. To analyze the historical growth in the market size of global gynecology drugs market from 2016 to 2020.
2. To estimate and forecast the market size of global gynecology drugs market from 2021 to 2026 and growth rate until 2026.
3. To classify and forecast global gynecology drugs market based on therapeutics, indication, distribution channel, regional distribution, and competitive landscape.
4. To identify dominant region or segment in the global gynecology drugs market.
5. To identify drivers and challenges for global gynecology drugs market.
6. To examine competitive developments such as expansions, new product launches, mergers & acquisitions, etc., in global gynecology drugs market.
7. To identify and analyze the profile of leading players operating in global gynecology drugs market.
8. To identify key sustainable strategies adopted by market players in global gynecology drugs market.
TechSci Research performed both primary as well as exhaustive secondary research for this study. Initially, TechSci Research sourced a list of manufacturers, suppliers, and distributors across the globe. Subsequently, TechSci Research conducted primary research surveys with the identified companies. While interviewing, the respondents were also enquired about their competitors. Through this technique, TechSci Research could include the manufactures which could not be identified due to the limitations of secondary research. TechSci Research analyzed the manufactures, distribution channels and presence of all major players across the globe.
TechSci Research calculated the market size of global gynecology drugs market using a bottom-up approach, wherein data for various end-user segments was recorded and forecast for the future years. TechSci Research sourced these values from the industry experts and company representatives and externally validated through analyzing historical data of these product types and indications for getting an appropriate, overall market size. Various secondary sources such as company websites, news articles, press releases, company annual reports, investor presentations and financial reports were also studied by TechSci Research.
Key Target Audience:
1. Manufacturers, end users, and other stakeholders
2. Distributors and suppliers of gynecology and other stakeholders
3. Organizations, forums, and alliances related to gynecology drugs
4. Market research and consulting firms
The study is useful in providing answers to several critical questions that are important for the industry stakeholders such as manufacturers, suppliers, end users, etc., besides allowing them in strategizing investments and capitalizing on market opportunities.
Report Scope:
In this report, global gynecology drugs market has been segmented into following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Global Gynecology Drugs Market, By Therapeutics:
• Hormonal Therapy
• Non-Hormonal Therapy
• Global Gynecology Drugs Market, By Indication:
• Gynecology Cancers
• Polycystic Ovary Syndrome
• Contraception
• Endometriosis
• Female Infertility
• Gynecology Infections
• Postmenopausal Disorders
• Global Gynecology Drugs Market, By Distribution Channel:
• Hospital Pharmacies
• Retail Pharmacies
• Online Pharmacies
• Global Gynecology Drugs Market, By Region:
• North America
i. United States
ii. Canada
iii. Mexico
• Europe
i. Germany
ii. France
iii. United Kingdom
iv. Italy
v. Spain
• Asia-Pacific
i. China
ii. Japan
iii. India
iv. Australia
v. South Korea
• South America
i. Brazil
ii. Argentina
iii. Colombia
• Middle East & Africa
i. South Africa
ii. Saudi Arabia
iii. UAE
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in global gynecology drugs market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
2. Research Methodology
3. Impact of COVID-19 on Global Gynecology Drugs Market
4. Executive Summary
5. Voice of Customer
5.1. Brand Awareness
5.2. Factors Influencing Purchase Decision of the Drug
5.3. Patient Satisfaction Analysis
6. Global Gynecology Drugs Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Therapeutics (Hormonal Therapy vs. Non-Hormonal Therapy)
6.2.2. By Indication (Gynecology Cancers, Polycystic Ovary Syndrome, Contraception, Endometriosis, Female Infertility, Gynecology Infections, Postmenopausal Disorders)
6.2.3. By Distribution Channel (Hospital Pharmacies, Retail Pharmacies, Online Pharmacies)
6.2.4. By Company (2020)
6.2.5. By Region (North America, Europe, Asia-Pacific, South America, Middle East & Africa)
6.3. Product Market Map
7. North America Gynecology Drugs Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Therapeutics
7.2.2. By Indication
7.2.3. By Distribution Channel
7.2.4. By Country (United States; Canada; Mexico)
7.3. North America: Country Analysis
7.3.1. United States Gynecology Drugs Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Therapeutics
7.3.1.2.2. By Indication
7.3.1.2.3. By Distribution Channel
7.3.2. Canada Gynecology Drugs Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Therapeutics
7.3.2.2.2. By Indication
7.3.2.2.3. By Distribution Channel
7.3.3. Mexico Gynecology Drugs Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecast
7.3.3.2.1. By Therapeutics
7.3.3.2.2. By Indication
7.3.3.2.3. By Distribution Channel
8. Europe Gynecology Drugs Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Therapeutics
8.2.2. By Indication
8.2.3. By Distribution Channel
8.2.4. By Country (Germany; France; United Kingdom; Italy; Spain)
8.3. Europe: Country Analysis
8.3.1. Germany Gynecology Drugs Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Therapeutics
8.3.1.2.2. By Indication
8.3.1.2.3. By Distribution Channel
8.3.2. France Gynecology Drugs Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Therapeutics
8.3.2.2.2. By Indication
8.3.2.2.3. By Distribution Channel
8.3.3. United Kingdom Gynecology Drugs Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Therapeutics
8.3.3.2.2. By Indication
8.3.3.2.3. By Distribution Channel
8.3.4. Italy Gynecology Drugs Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Therapeutics
8.3.4.2.2. By Indication
8.3.4.2.3. By Distribution Channel
8.3.5. Spain Gynecology Drugs Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Therapeutics
8.3.5.2.2. By Indication
8.3.5.2.3. By Distribution Channel
9. Asia-Pacific Gynecology Drugs Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Therapeutics
9.2.2. By Indication
9.2.3. By Distribution Channel
9.2.4. By Country (China; Japan; India; Australia; South Korea)
9.3. Asia Pacific: Country Analysis
9.3.1. China Gynecology Drugs Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Therapeutics
9.3.1.2.2. By Indication
9.3.1.2.3. By Distribution Channel
9.3.2. Japan Gynecology Drugs Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Therapeutics
9.3.2.2.2. By Indication
9.3.2.2.3. By Distribution Channel
9.3.3. India Gynecology Drugs Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Therapeutics
9.3.3.2.2. By Indication
9.3.3.2.3. By Distribution Channel
9.3.4. Australia Gynecology Drugs Market Outlook
9.3.4.1. Market Size & Forecast
9.3.4.1.1. By Value
9.3.4.2. Market Share & Forecast
9.3.4.2.1. By Therapeutics
9.3.4.2.2. By Indication
9.3.4.2.3. By Distribution Channel
9.3.5. South Korea Gynecology Drugs Market Outlook
9.3.5.1. Market Size & Forecast
9.3.5.1.1. By Value
9.3.5.2. Market Share & Forecast
9.3.5.2.1. By Therapeutics
9.3.5.2.2. By Indication
9.3.5.2.3. By Distribution Channel
10. South America Gynecology Drugs Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Therapeutics
10.2.2. By Indication
10.2.3. By Distribution Channel
10.2.4. By Country (Brazil; Argentina; Colombia)
10.3. South America: Country Analysis
10.3.1. Brazil Gynecology Drugs Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Therapeutics
10.3.1.2.2. By Indication
10.3.1.2.3. By Distribution Channel
10.3.2. Argentina Gynecology Drugs Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Therapeutics
10.3.2.2.2. By Indication
10.3.2.2.3. By Distribution Channel
10.3.3. Colombia Gynecology Drugs Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Therapeutics
10.3.3.2.2. By Indication
10.3.3.2.3. By Distribution Channel
11. Middle East and Africa Gynecology Drugs Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Therapeutics
11.2.2. By Indication
11.2.3. By Distribution Channel
11.2.4. By Country (South Africa; Saudi Arabia ; UAE)
11.3. MEA: Country Analysis
11.3.1. South Africa Gynecology Drugs Market Outlook
11.3.1.1. Market Size & Forecast
11.3.1.1.1. By Value
11.3.1.2. Market Share & Forecast
11.3.1.2.1. By Therapeutics
11.3.1.2.2. By Indication
11.3.1.2.3. By Distribution Channel
11.3.2. Saudi Arabia Gynecology Drugs Market Outlook
11.3.2.1. Market Size & Forecast
11.3.2.1.1. By Value
11.3.2.2. Market Share & Forecast
11.3.2.2.1. By Therapeutics
11.3.2.2.2. By Indication
11.3.2.2.3. By Distribution Channel
11.3.3. UAE Gynecology Drugs Market Outlook
11.3.3.1. Market Size & Forecast
11.3.3.1.1. By Value
11.3.3.2. Market Share & Forecast
11.3.3.2.1. By Therapeutics
11.3.3.2.2. By Indication
11.3.3.2.3. By Distribution Channel
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends & Developments
14. Competitive Landscape
14.1. Competition Outlook
14.2. Global Players Profiled (Leading Companies)
14.2.1. Amgen Inc.
14.2.2. F. Hoffmann-La Roche Ltd.
14.2.3. Novartis Ltd.
14.2.4. Bayer AG
14.2.5. Merck & Co., Inc.
14.2.6. GlaxoSmithKline Plc
14.2.7. Sanofi SA
14.2.8. Eli Lilly and Company Ltd.
14.2.9. Ferring Pharmaceuticals A/S
14.2.10. AstraZeneca Plc
14.2.11. TherapeuticsMD, Inc.
14.2.12. AbbVie Inc.
14.2.13. Abbott Laboratories Ltd.
14.2.14. Lupin Pharmaceuticals, Inc.
14.2.15. Pfizer Inc.
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(gynecology)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/24 10:26

160.88 円

172.46 円

206.17 円

ページTOPに戻る