世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

機能ゲノミクス市場 - 世界の産業規模、シェア、動向、機会、予測、製品別(キット&アッセイ、機器)、技術別(次世代シーケンス(NGS)、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、マイクロアレイ、その他の技術)、用途別(エピゲノミクス、トランスクリプトミクス、プロテオミクス、メタボロミクス)、エンドユーザー別(学術・研究機関、バイオテクノロジー・バイオ医薬品企業、その他エンドユーザー(病院、クリニック、診断ラボ))、地域別、競合別、2019-2029F


Functional Genomics Market - Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Product (Kits & Assays, Instruments), By Technology (Next-Generation Sequencing (NGS), Polymerase Chain Reaction (PCR), Microarray, and Other Technologies), By Application (Epigenomics, Transcriptomics, Proteomics, and Metabolomics), By End User (Academic and Research Institutions, Biotechnology and Biopharmaceutical Companies, and Other End Users (Hospitals, Clinics, and Diagnostic Labs)), By Region and Competition, 2019-2029F

世界の機能性ゲノム市場は、2023年に95億4000万米ドルと評価され、2029年までの年平均成長率は9.25%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。世界の機能的ゲノミクス市場は、遺伝子研究と個別化医療の進歩... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2024年4月3日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
180 英語

 

サマリー


世界の機能性ゲノム市場は、2023年に95億4000万米ドルと評価され、2029年までの年平均成長率は9.25%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。世界の機能的ゲノミクス市場は、遺伝子研究と個別化医療の進歩が需要の増加を促進し、力強い成長を遂げている。機能ゲノミクスは、生物内の遺伝子の機能と相互作用を系統的に研究するもので、病気の根本的なメカニズムに関する貴重な洞察を提供する。この市場の拡大には、遺伝性疾患、癌、感染症の有病率の上昇が研究開発活動の急増を促していることが寄与している。CRISPR-Cas9、RNA干渉、次世代シーケンシングなどの主要技術は、精密な遺伝子編集や遺伝子発現パターンの包括的解析を容易にし、機能ゲノミクス研究において極めて重要な役割を果たしている。製薬会社やバイオテクノロジー企業は、新規創薬標的の発見や個別化治療介入の開発のために革新的技術に投資しており、この市場に大きく貢献している。さらに、人工知能とビッグデータ解析の統合は、機能ゲノミクス研究の効率をさらに高める。精密医療を重視する傾向が強まる中、世界の機能的ゲノミクス市場は、様々な遺伝的疾患の理解、診断、治療におけるブレークスルーが期待され、継続的な拡大が見込まれている。ゲノミクスは分子生物学の一分野であり、生物の全遺伝子とその機能を含むDNA一式の研究に焦点を当てている。生物の完全な遺伝物質であるゲノムの構造、機能、組織を分析する。ゲノミクスでは、科学者はさまざまな技術や手法を駆使して、生物のDNA配列全体の塩基配列を決定し、組み立て、解析する。これには、DNA分子を構成するヌクレオチド(アデニン、チミン、シトシン、グアニン)の順序を決定することも含まれる。ゲノムを研究することで、研究者は生物内にコードされた遺伝情報を理解することを目的としている。機能ゲノミクスは、遺伝子の機能と活性、および生物学的システム内での相互作用を理解することを目的としている。遺伝子発現、タンパク質機能、遺伝子活性を制御する制御ネットワークの研究が含まれる。機能ゲノミクスは、遺伝子配列決定と解析の進歩を活用し、個人の遺伝子データに基づいて機能的な物語、キャラクター、世界を作り出す。個人の遺伝コードを調べることで、様々なアルゴリズムや機械学習技術が採用され、特定の遺伝的特徴、素質、特性が特定される。この情報は、パーソナライズされた物語や機能的なシナリオを作成するために使用される。
主な市場促進要因
技術的進歩に対する需要の高まり
ゲノムシーケンス技術、特に次世代シーケンス(NGS)の急速な進化は、スピード、精度、費用対効果を高めることでゲノム解析に革命をもたらした。これらの進歩は機能的ゲノミクスを民主化し、世界市場の普及と拡大を促進した。顕微鏡、NGSプラットフォーム、ハイスループットスクリーニングなどの技術は、ゲノムシーケンスに変革をもたらしました。顕微鏡検査、NGSプラットフォーム、ハイスループットスクリーニングなどの技術は、従来の方法と比較して、スループットの向上、迅速な納期、精度の向上、コストの削減を実現しています。このアクセシビリティにより、大規模なゲノムシーケンス解析が可能になり、機能ゲノミクス研究がより広く受け入れられるようになった。これらの手法により、多数の遺伝的相互作用や遺伝子発現パターンの同時解析が可能になり、特定の生物学的プロセス、疾患、または薬剤反応に関連する遺伝子やゲノムの特徴の迅速な同定が促進される。ハイスループットスクリーニングは、機能ゲノミクス研究を迅速化し、新規治療標的の発見に役立つ。さらに、シングルセルゲノミクスにおける最近の技術的進歩は、細胞の不均一性と生物学的システムの複雑性の理解に革命をもたらした。シングルセルシーケンス技術は、個々の細胞のゲノムプロファイリングを容易にし、細胞の種類、発生過程、疾病メカニズム、遺伝子発現動態について、粒状レベルでの洞察を提供する。これらの進歩により機能ゲノミクスの範囲が拡大し、発生生物学、免疫学、腫瘍学に新たな研究の道が開かれた。がんゲノミクスでは、分子レベルで定義されたがん種とサブタイプから精密医療が恩恵を受ける。この分子分類学は、正確な診断と個別化された治療戦略を可能にする。例えば、ルミナルA、ルミナルB、トリプルネガティブ/基底様、HER2タイプなどの分子的特徴に基づく乳癌の分類は、各サブタイプの攻撃性や治療反応性に合わせた治療決定の指針となる。同様に、ゲノム・プロファイリングはびまん性大細胞型B細胞リンパ腫をABC型とGCB型のサブタイプに細分化し、化学療法や標的療法の調整に役立つ。その結果、これらの進歩が機能ゲノミクス市場のさらなる成長を促進することになる。
データ解析とバイオインフォマティクスに対する意識の高まり
世界の機能的ゲノミクス市場の成長は、ビッグデータ解析とバイオインフォマティクスの統合によって推進されると予想される。機能ゲノミクスは膨大かつ複雑なゲノムデータセットを生成するため、これらの分野はそのようなデータから実用的な洞察を分析、解釈、導き出すための不可欠なツールと方法論を提供する。
機能ゲノミクスでは大規模なゲノムデータセットが生成されるため、効率的な管理と統合が必要となる。ビッグデータ解析とバイオインフォマティクスは、これらの膨大なデータ量を扱い処理するために必要なツールとインフラを提供する。例えば、国立ヒトゲノム研究所(NHGRI)によるヒトゲノムプロジェクトの成功は、科学的に重要なマイルストーンとなった。この取り組みにより、ヒトゲノムに含まれる化学塩基(As、Cs、Gs、Ts)の完全な配列が明らかになった。このプロジェクトにより、ヒトの各細胞にはDNAにコードされた遺伝命令の完全なセットが含まれており、ほとんどの細胞にはこのゲノムのコピーが2つ、合計約60億のDNAレターが存在することが明らかになった。今日、研究者たちは、ゲノムの複雑性とヒトの健康と病気に対するその意味を解明することを目的とした、かつてないほどのゲノムデータの流入に直面している。この豊富なデータは、何百万人もの個人を含む多様な世界的集団に由来する。例えるなら、ヒトゲノム配列1つで200ギガバイトの記憶容量を必要とするデータが生成され、これは映画 "ジョーズ "のコピー約200枚分に相当する。さらに、ゲノムデータの解析には、DNA内の生物学的洞察を解読し、結果として生じるデータ量を管理するための専門的な計算ツールが必要である。研究者は、参照ゲノム配列内の個々のDNAセグメントの正確な位置を特定するために、アライナーのような高度なソフトウェアツールを利用している。ゲノムの洞察を追求するためには、多額の財政支援が必要であり、NHGRIのような機関は、様々なゲノムデータサイエンスイニシアチブに毎年1億2,500万米ドル以上を割り当てている。このような継続的な投資が、世界の機能的ゲノム市場の成長軌道を後押しすることになる。
データ可視化とデータ解釈への関心の高まり
計算ツールは、研究者がゲノムデータを効果的に探索・解釈できるようにする可視化技術を提供する。これらの可視化は、データ内のパターン、傾向、関係の認識を支援し、複雑なゲノム情報の伝達と理解を簡素化する。National Institute of Health's National Center for Biotechnology Informationによると、ゲノムデータの可視化は生物医学研究において一般的な手法である。米国国立衛生研究所(National Institute's Health)の国立生物工学情報センター(National Center's Biotechnology Information)によれば、ゲノムデータの可視化は生物医学研究において一般的な手法であり、ゲノムの枠組みの中で知識を文脈化し、コミュニケーションを効率化し、仮説生成のためのデータセット探索を容易にする。生物医学研究がますますデータ主導型になり、多くの研究が明確に定義された仮説を持たないため、膨大なゲノムデータや関連データの中から予期せぬパターンを発見し、偏りのない疑問を立てることが重要な課題となっている。
さらに、可視化技術は、特定の疾患や状態に関連する潜在的なバイオマーカーや分子シグネチャーの同定を支援する。ゲノムデータを可視化することで、研究者は特定の疾患表現型に特徴的な遺伝子発現パターン、ゲノムの変化、制御ネットワークを突き止めることができる。可視化により、潜在的な診断や予後のバイオマーカーの発見が容易になり、診断テストや個別化治療戦略の開発が促進される。多くの場合、ゲノミクス、トランスクリプトミクス、プロテオミクス、メタボロミクスなど、さまざまなタイプのゲノミクス・データを統合する必要がある。統合された可視化は、分子間相互作用、パスウェイ、機能的関係の解明を助け、複雑な生物学的システムの包括的な理解を提供し、世界の機能ゲノミクス市場の成長に貢献する可能性がある。
主な市場課題
データのプライバシーとセキュリティ
ゲノム情報はセンシティブな性質を持つため、データのプライバシーとセキュリティは世界機能ゲノミクス市場において重要な課題である。CRISPR-Cas9や次世代シーケンサーなどの進歩により、個々の遺伝コードとその変異を含む大量のゲノムデータが生成される。ゲノムデータには個人を特定できる情報が含まれることが多く、適切に保護されなければ重大なリスクをもたらす。ゲノムデータには個人を特定できる情報が含まれることが多く、適切に保護されなければ重大なリスクをもたらす。大きな課題の一つは、ゲノムデータへの不正アクセス、侵害、悪用を防止するための強固な枠組みを確立することである。研究のためのデータ共有と個人のプライバシー保護のバランスをとることは、特に国際的な協力を必要とする国境を越えたゲノム研究においては、微妙な課題である。暗号化技術と安全なデータ共有プラットフォームの進歩は、これらの懸念に対処する上で極めて重要である。強力なアクセス制御、暗号化プロトコル、匿名化技術の導入は、データ侵害のリスクを軽減するのに役立つ。
さらに、科学界におけるデータのプライバシーとセキュリティに関する認識と教育を促進することは、責任あるデータの取り扱い方法を育成する上で極めて重要である。包括的なデータ保護方針の策定と実施には、研究者、産業界の利害関係者、政策立案者の協力が不可欠である。ゲノムデータの使用と共有について個人に知らせる透明な同意メカニズムの確立は、倫理基準の維持に不可欠である。データプライバシーとセキュリティの課題に積極的に取り組むことで、世界の機能性ゲノム市場は信頼と信用を培うことができ、個人の権利とプライバシーを尊重しながら継続的なイノベーションを促進することができる。
生物システムの複雑性
世界の機能ゲノミクス市場は、生物学的システムに内在する複雑さと闘っており、研究者や科学者に重大な課題を突きつけている。生物は、遺伝子、タンパク質、分子構成要素からなる精巧なネットワークの中で活動しており、動的な相互作用を理解することは、有意義な洞察を得るために極めて重要である。この複雑さは、遺伝子制御、シグナル伝達、環境刺激に対する細胞応答を含む多面的な生物学的プロセスから生じている。機能ゲノミクス研究において、生物学的システムの複雑さを解明することは、個々の遺伝子の機能と疾患メカニズムにおけるその役割を把握するために不可欠である。遺伝子間の相互作用、エピジェネティックな修飾の影響、そして細胞プロセスの動的な性質が、研究者が解き明かそうとする複雑なパズルの一因となっている。さらに、個体間で観察されるばらつきが複雑さを増し、多様な集団間での一般化を困難にしている。CRISPR-Cas9や高度な塩基配列決定法などの技術的進歩により、遺伝子を操作し解析する能力は向上したが、得られたデータを総合的に解釈することは依然として課題である。CRISPR-Cas9や高度なシークエンシング法などの技術の進歩により、遺伝子の操作や解析の能力は向上したが、得られたデータを総合的に解釈することは依然として困難である。研究者は、ノイズの中から意味のあるパターンを見極め、生物学的システムにおける遺伝子機能の文脈依存的な性質を理解しなければならない。さらに、遺伝的要因と環境的影響との相互作用は、複雑さの新たな層をもたらす。機能ゲノミクス研究は、遺伝的変異が環境因子とどのように相互作用して疾患発症に関与しているかを解明しようとするものである。この複雑性に対処するためには、分子生物学者、バイオインフォマティシャン、システム生物学者が一体となり、多様なデータセットと視点を統合する学際的共同研究が必要である。このような課題にもかかわらず、生物学的システムの複雑性を理解することは、精密医療を推進し、標的療法を開発するために不可欠である。世界の機能ゲノミクス市場が進歩するにつれ、生物学的システムの複雑性への取り組みが引き続き焦点となり、イノベーションを推進し、ゲノミクスとそのヘルスケアおよびそれ以外への応用に関する理解を拡大している。
主な市場動向
CRISPR技術の進歩
CRISPR(Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeats)技術の進歩は、世界の機能的ゲノミクス市場を形成する上で極めて重要である。具体的には、CRISPR-Cas9は正確かつ効率的な遺伝子編集を可能にし、研究者にゲノム内の特定のDNA配列を選択的に改変または操作する権限を与える。この技術は機能ゲノミクス研究に不可欠なものとなり、遺伝子の機能、制御経路、および様々な生物学的プロセスにおけるそれらの意味合いの探求を容易にしている。特筆すべき進歩の一つは、CRISPRベースの技術が従来の遺伝子ノックアウトを超えて拡大したことである。CRISPR干渉(CRISPRi)やCRISPR活性化(CRISPRa)のような革新的技術により、研究者はDNA配列を永久的に変化させることなく、遺伝子発現レベルを調節することができる。さらに、CRISPR技術の改良により精度と特異性が向上し、オフターゲット効果を最小限に抑え、遺伝子編集の全体的な安全性と精度が向上した。塩基編集やプライム編集などの技術革新は、遺伝子改変をさらに細かく制御し、二本鎖切断を誘発することなく一塩基の変化を修正することを可能にする。世界の機能ゲノミクス市場では、CRISPR技術の広範な採用により、創薬、機能ゲノミクス・スクリーニング、治療介入などの分野の研究が加速している。遺伝子を正確に操作できるようになったことで、疾患の分子的背景を理解し、潜在的な治療標的を特定するための新たな道が開かれました。CRISPR技術の進歩が進むにつれ、機能ゲノミクスにおけるCRISPR技術の応用がさらなるブレークスルーを引き起こし、ゲノム研究の未来と医療、農業、そしてそれ以外の分野での多様な応用を形成する態勢が整っています。
オミックス技術の統合
オミックス技術の統合は、世界の機能的ゲノミクス市場において極めて重要なトレンドとして浮上しており、ゲノム研究の幅と深さを一変させている。ゲノミクス、トランスクリプトミクス、プロテオミクス、メタボロミクスを含むオミクス技術は、生体分子の包括的分析を可能にする。これらのマルチオミクス・アプローチを統合することで、研究者は遺伝子の機能、制御ネットワーク、細胞システム内の生物学的構成要素間の複雑な相互作用について全体的な理解を得ることができる。完全なDNA配列を調べるゲノミクスは、遺伝子発現パターンを調べるトランスクリプトミクスによって補完される。プロテオミクスは細胞内のタンパク質全体を調べ、メタボロミクスは低分子の代謝物を分析する。これらのデータセットを統合することで、研究者は遺伝子、タンパク質、代謝経路間の複雑な関係を明らかにすることができる。オミックス技術の統合は、遺伝子の機能と細胞プロセスにおけるその役割を解明しようとする機能ゲノミクス研究において特に価値がある。ゲノムデータと遺伝子発現、タンパク質レベル、代謝物プロファイルに関する洞察を融合させることで、研究者は細胞機能や疾患メカニズムのより総合的なモデルを構築することができる。この傾向はシステム生物学的アプローチを促進し、生物学的システムを個々の構成要素ではなく全体として分析する。統合されたオミックス研究から得られる洞察は、個別化医療、創薬、標的治療開発への応用を見出す。世界の機能ゲノミクス市場が進歩するにつれ、オミックス技術の統合は引き続き原動力となり、生物学的システムの複雑性に対する理解を深め、新たな治療戦略への道を開く進歩に拍車をかけると予想される。
セグメント別インサイト
製品別洞察
製品別では、キットアッセイ部門が2023年の世界機能ゲノミクス市場を席巻した。これらのすぐに使えるキットやアッセイは、複雑なラボのプロセスを合理化し、機能ゲノミクス研究をより幅広い科学者が利用できるようにする。これらの製品はあらかじめパッケージ化されているため、専門知識を必要とせず、実験期間を短縮し、一貫した結果を得ることができる。さらに、ハイスループット・スクリーニングに対する需要の高まりと、創薬、診断、個別化医療を含む多様な研究分野における機能ゲノミクス技術の広範な採用が、市場の成長を後押ししている。
技術に関する洞察
技術別では、次世代シーケンシング(NGS)分野が2023年の世界機能ゲノミクス市場を支配した。これは、大量の遺伝物質を迅速かつコスト効率よくシーケンスする比類のない効率性によるものである。NGSは、複数の遺伝子、全ゲノム、またはトランスクリプトーム全体の同時解析を可能にし、遺伝的変異と遺伝子発現に関する包括的な洞察を提供する。その高いスループット、拡張性、複雑な遺伝情報を明らかにする能力により、機能ゲノミクス研究、個別化医療、臨床診断において不可欠なものとなっている。継続的な技術の進歩、シーケンスコストの削減、多様なアプリケーションは、NGSが進化するゲノム技術の展望の中で支配的な地位を維持していることに貢献している。
地域別洞察
北米が世界の機能ゲノミクス市場を支配しているのは、様々な要因が重なっているためである。同地域は、強固な研究インフラ、ゲノム研究のための豊富な資金、大手バイオテクノロジー企業や製薬企業の集積を有している。さらに、政府の支援策、熟練した労働力、学界と産業界の協力関係も北米のリーダーシップに貢献している。CRISPR-Cas9のような先端技術へのアクセスや良好な規制環境が、機能的ゲノミクスにおけるこの地域の優位性をさらに後押しし、この分野における最先端の研究やイノベーションの中心地となっている。
主要市場プレイヤー
アジレント・テクノロジー
ベクトン・ディッキンソン・アンド・カンパニー
バイオ・ラッド・ラボラトリーズ社
ダナハー社(インテグレーテッドDNAテクノロジーズ社)
F.ホフマン・ラ・ロシュ社
イルミナ社
MRMプロテオミクス社
パーキンエルマー社
QIAGEN N.V.
サーモフィッシャーサイエンティフィック社
レポートの範囲
本レポートでは、機能性ゲノミクスの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
機能ゲノミクス市場、製品別
oキットアッセイ
機器
機能ゲノミクス市場:技術別
o次世代シーケンサー(NGS)
oポリメラーゼ連鎖反応(PCR)
oマイクロアレイ
oその他の技術
機能ゲノミクス市場:用途別
oエピゲノミクス
oトランスクリプトミクス
プロテオミクス
メタボロミクス
機能ゲノミクス市場:エンドユーザー別
o学術・研究機関
oバイオテクノロジーと生物製薬会社
oその他
-機能ゲノミクス市場:地域別
o北米
§米国
§カナダ
§メキシコ
欧州
§フランス
§イギリス
§イタリア
§ドイツ
§スペイン
アジア太平洋
§中国
§インド
§日本
§オーストラリア
§韓国
o 南米
§ブラジル
§アルゼンチン
§コロンビア
o 中東アフリカ
§南アフリカ
§サウジアラビア
§サウジアラビア
競合他社の状況
企業プロフィール:世界の機能ゲノミクス市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
TechSci Research社は、与えられた市場データを用いて、世界の機能性ゲノミクス市場レポートにおいて、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
追加市場企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.製品概要
1.1.市場の定義
1.2.市場の範囲
1.2.1.対象市場
1.2.2.調査対象年
1.2.3.主な市場セグメント
2.調査方法
2.1.調査の目的
2.2.ベースライン調査
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データ三角測量の検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場の概要
3.2.主要市場セグメントの概要
3.3.主要市場プレーヤーの概要
3.4.主要地域/国の概要
3.5.市場促進要因、課題、トレンドの概要
4.顧客の声
5.機能ゲノミクスの世界市場展望
5.1.市場規模予測
5.1.1.金額ベース
5.2.市場シェア予測
5.2.1.製品別(キット・アッセイ、機器)
5.2.2.技術別(次世代シーケンサー(NGS)、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、マイクロアレイ、その他技術)
5.2.3.アプリケーション別(エピゲノミクス、トランスクリプトミクス、プロテオミクス、メタボロミクス)
5.2.4.エンドユーザー別(学術・研究機関、バイオテクノロジー・バイオ医薬品企業、その他エンドユーザー(病院、クリニック、診断ラボ)
5.2.5.地域別(北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東、アフリカ)
5.2.6.企業別(2023年)
5.3.市場マップ
5.3.1.製品別
5.3.2.技術別
5.3.3.用途別
5.3.4.エンドユーザー別
5.3.5.地域別
6.北米機能ゲノミクス市場展望
6.1.市場規模予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェア予測
6.2.1.製品別
6.2.2.技術別
6.2.3.用途別
6.2.4.エンドユーザー別
6.2.5.国別
6.3.北米国別分析
6.3.1.米国機能ゲノミクス市場の展望
6.3.1.1.市場規模予測
6.3.1.1.1.金額別
6.3.1.2.市場シェア予測
6.3.1.2.1.製品別
6.3.1.2.2.技術別
6.3.1.2.3.用途別
6.3.1.2.4.エンドユーザー別
6.3.2.カナダ機能ゲノミクス市場展望
6.3.2.1.市場規模予測
6.3.2.1.1.金額別
6.3.2.2.市場シェア予測
6.3.2.2.1.製品別
6.3.2.2.2.技術別
6.3.2.2.3.用途別
6.3.2.2.4.エンドユーザー別
6.3.3.メキシコ機能ゲノミクス市場展望
6.3.3.1.市場規模予測
6.3.3.1.1.金額別
6.3.3.2.市場シェア予測
6.3.3.2.1.製品別
6.3.3.2.2.技術別
6.3.3.2.3.用途別
6.3.3.2.4.エンドユーザー別
7.欧州機能ゲノミクス市場展望
7.1.市場規模予測
7.1.1.金額別
7.2.市場シェア予測
7.2.1.製品別
7.2.2.技術別
7.2.3.用途別
7.2.4.エンドユーザー別
7.2.5.国別
7.3.ヨーロッパ国別分析
7.3.1.ドイツ機能ゲノミクス市場の展望
7.3.1.1.市場規模予測
7.3.1.1.1.金額別
7.3.1.2.市場シェア予測
7.3.1.2.1.製品別
7.3.1.2.2.技術別
7.3.1.2.3.用途別
7.3.1.2.4.エンドユーザー別
7.3.2.フランス機能ゲノミクス市場展望
7.3.2.1.市場規模予測
7.3.2.1.1.金額別
7.3.2.2.市場シェア予測
7.3.2.2.1.製品別
7.3.2.2.2.技術別
7.3.2.2.3.用途別
7.3.2.2.4.エンドユーザー別
7.3.3.英国機能ゲノミクス市場展望
7.3.3.1.市場規模予測
7.3.3.1.1.金額別
7.3.3.2.市場シェア予測
7.3.3.2.1.製品別
7.3.3.2.2.技術別
7.3.3.2.3.用途別
7.3.3.2.4.エンドユーザー別
7.3.4.イタリア機能ゲノミクス市場展望
7.3.4.1.市場規模予測
7.3.4.1.1.金額別
7.3.4.2.市場シェア予測
7.3.4.2.1.製品別
7.3.4.2.2.技術別
7.3.4.2.3.用途別
7.3.4.2.4.エンドユーザー別
7.3.5.スペイン機能ゲノミクス市場展望
7.3.5.1.市場規模予測
7.3.5.1.1.金額別
7.3.5.2.市場シェア予測
7.3.5.2.1.製品別
7.3.5.2.2.技術別
7.3.5.2.3.用途別
7.3.5.2.4.エンドユーザー別
8.アジア太平洋機能ゲノミクス市場展望
8.1.市場規模予測
8.1.1.金額別
8.2.市場シェア予測
8.2.1.製品別
8.2.2.技術別
8.2.3.用途別
8.2.4.エンドユーザー別
8.2.5.国別
8.3.アジア太平洋地域国別分析
8.3.1.中国機能ゲノミクス市場の展望
8.3.1.1.市場規模予測
8.3.1.1.1.金額別
8.3.1.2.市場シェア予測
8.3.1.2.1.製品別
8.3.1.2.2.技術別
8.3.1.2.3.用途別
8.3.1.2.4.エンドユーザー別
8.3.2.日本ファンクショナルゲノミクス市場展望
8.3.2.1.市場規模予測
8.3.2.1.1.金額別
8.3.2.2.市場シェア予測
8.3.2.2.1.製品別
8.3.2.2.2.技術別
8.3.2.2.3.用途別
8.3.2.2.4.エンドユーザー別
8.3.3.インド機能ゲノミクス市場展望
8.3.3.1.市場規模予測
8.3.3.1.1.金額別
8.3.3.2.市場シェア予測
8.3.3.2.1.製品別
8.3.3.2.2.技術別
8.3.3.2.3.用途別
8.3.3.2.4.エンドユーザー別
8.3.4.韓国ファンクショナルゲノミクス市場展望
8.3.4.1.市場規模予測
8.3.4.1.1.金額別
8.3.4.2.市場シェア予測
8.3.4.2.1.製品別
8.3.4.2.2.技術別
8.3.4.2.3.用途別
8.3.4.2.4.エンドユーザー別
8.3.5.オーストラリア機能ゲノミクス市場展望
8.3.5.1.市場規模予測
8.3.5.1.1.金額別
8.3.5.2.市場シェア予測
8.3.5.2.1.製品別
8.3.5.2.2.技術別
8.3.5.2.3.用途別
8.3.5.2.4.エンドユーザー別
9.南米の機能ゲノミクス市場展望
9.1.市場規模予測
9.1.1.金額別
9.2.市場シェア予測
9.2.1.製品別
9.2.2.技術別
9.2.3.用途別
9.2.4.エンドユーザー別
9.2.5.国別
9.3.南アメリカ国別分析
9.3.1.ブラジル機能ゲノミクス市場の展望
9.3.1.1.市場規模予測
9.3.1.1.1.金額別
9.3.1.2.市場シェア予測
9.3.1.2.1.製品別
9.3.1.2.2.技術別
9.3.1.2.3.用途別
9.3.1.2.4.エンドユーザー別
9.3.2.アルゼンチン機能ゲノミクス市場展望
9.3.2.1.市場規模予測
9.3.2.1.1.金額別
9.3.2.2.市場シェア予測
9.3.2.2.1.製品別
9.3.2.2.2.技術別
9.3.2.2.3.用途別
9.3.2.2.4.エンドユーザー別
9.3.3.コロンビア機能ゲノミクス市場展望
9.3.3.1.市場規模予測
9.3.3.1.1.金額別
9.3.3.2.市場シェア予測
9.3.3.2.1.製品別
9.3.3.2.2.技術別
9.3.3.2.3.用途別
9.3.3.2.4.エンドユーザー別
10.中東・アフリカ機能ゲノミクス市場展望
10.1.市場規模予測
10.1.1.金額別
10.2.市場シェア予測
10.2.1.製品別
10.2.2.技術別
10.2.3.用途別
10.2.4.エンドユーザー別
10.2.5.国別
10.3.MEA:国別分析
10.3.1.UAE機能ゲノミクス市場の展望
10.3.1.1.市場規模予測
10.3.1.1.1.金額別
10.3.1.2.市場シェア予測
10.3.1.2.1.製品別
10.3.1.2.2.技術別
10.3.1.2.3.用途別
10.3.1.2.4.エンドユーザー別
10.3.2.サウジアラビアのファンクショナルゲノミクス市場展望
10.3.2.1.市場規模予測
10.3.2.1.1.金額別
10.3.2.2.市場シェア予測
10.3.2.2.1.製品別
10.3.2.2.2.技術別
10.3.2.2.3.用途別
10.3.2.2.4.エンドユーザー別
10.3.3.南アフリカ機能ゲノミクス市場展望
10.3.3.1.市場規模予測
10.3.3.1.1.金額別
10.3.3.2.市場シェア予測
10.3.3.2.1.製品別
10.3.3.2.2.技術別
10.3.3.2.3.用途別
10.3.3.2.4.エンドユーザー別
11.市場ダイナミクス
11.1.促進要因
11.2.課題
12.市場動向
13.競争環境
13.1.アジレント・テクノロジー株式会社
13.1.1.事業概要
13.1.2.提供製品
13.1.3.最近の動向
13.1.4.財務状況(上場企業の場合)
13.1.5.キーパーソン
13.2.ベクトン・ディッキンソン・アンド・カンパニー
13.3.バイオ・ラッド社
13.4.ダナハー社(インテグレーテッドDNAテクノロジーズ社)
13.5.F.ホフマン・ラ・ロシュ社
13.6.イルミナ社
13.7.MRMプロテオミクス社
13.8.パーキンエルマー社
13.9.QIAGEN N.V.
13.10.サーモフィッシャーサイエンティフィック
14.戦略的提言
15.会社概要 免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary


Global Functional Genomics Market was valued at USD 9.54 billion in 2023 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 9.25% through 2029. The Global Functional Genomics Market is experiencing robust growth as advancements in genetic research and personalized medicine drive increased demand. Functional genomics involves the systematic study of gene functions and interactions within an organism, providing valuable insights into the underlying mechanisms of diseases. This market's expansion is fueled by the rising prevalence of genetic disorders, cancer, and infectious diseases, prompting a surge in research and development activities. Key technologies such as CRISPR-Cas9, RNA interference, and next-generation sequencing play pivotal roles in functional genomics studies, facilitating precise gene editing and comprehensive analysis of gene expression patterns. Pharmaceutical and biotechnology companies are major contributors to this market, investing in innovative technologies to discover novel drug targets and develop personalized therapeutic interventions. Moreover, the integration of artificial intelligence and big data analytics further enhances the efficiency of functional genomics research. With a growing emphasis on precision medicine, the Global Functional Genomics Market is poised for continued expansion, promising breakthroughs in understanding, diagnosing, and treating various genetic conditions. Genomics is a branch of molecular biology that focuses on the study of an organism's complete set of DNAs, including all of its genes and their functions. It involves analyzing the structure, function, and organization of genomes, which are the complete genetic material of an organism. In genomics, scientists use various techniques and technologies to sequence, assemble, and analyze the entire DNA sequence of an organism. This includes determining the order of nucleotides (adenine, thymine, cytosine, and guanine) that make up the DNA molecule. By studying the genome, researchers aim to understand the genetic information encoded within an organism. The functional genomics aims to understand the function and activity of genes and their interactions within biological systems. It involves studying gene expression, protein function, and the regulatory networks that control gene activity. Functional genomics leverages advances in genetic sequencing and analysis to generate functional stories, characters, and worlds based on individuals' genetic data. By examining an individual's genetic code, various algorithms and machine learning techniques are employed to identify specific genetic traits, predispositions, and characteristics. This information is then used to craft personalized narratives or functional scenarios that are unique to everyone.
Key Market Drivers
Rising Demand for Technological Advancements
The rapid evolution of genomic sequencing technologies, notably next-generation sequencing (NGS), has revolutionized genomic analysis by enhancing speed, accuracy, and cost-effectiveness. These advancements have democratized functional genomics, catalyzing increased adoption and expansion of the global market. They have bolstered research capabilities, improved genomic analysis efficiency, and spurred the development of innovative tools and methodologies.Technologies such as microscopy, NGS platforms, and high-throughput screening have transformed genomic sequencing. NGS platforms offer heightened throughput, quicker turnaround times, enhanced precision, and reduced costs compared to conventional methods. This accessibility has enabled large-scale genomic sequencing, fostering broader acceptance of functional genomics research. These methods allow simultaneous analysis of numerous genetic interactions or gene expression patterns, facilitating rapid gene or genomic feature identification relevant to specific biological processes, diseases, or drug responses. High-throughput screening expedites functional genomics research and aids in uncovering novel therapeutic targets.Moreover, recent technological strides in single-cell genomics have revolutionized comprehension of cellular heterogeneity and biological system complexity. Single-cell sequencing technologies facilitate individual cell genomic profiling, offering insights into cell types, developmental processes, disease mechanisms, and gene expression dynamics at a granular level. These advancements have expanded functional genomics' scope, opening new research avenues in developmental biology, immunology, and oncology.In cancer genomics, precision medicine benefits from molecularly defined cancer types and subtypes. This molecular taxonomy enables precise diagnosis and personalized treatment strategies. For example, breast cancer classification based on molecular characteristics—such as Luminal A, Luminal B, Triple-negative/basal-like, and HER2 type—guides treatment decisions tailored to each subtype's aggressiveness and therapy responsiveness. Similarly, genomic profiling subdivides diffuse large B cell lymphoma into ABC and GCB subtypes, aiding in tailoring chemotherapy and targeted therapies. Consequently, these advancements are poised to drive further growth in the functional genomics market.
Growing Awareness for Data Analytics and Bioinformatics
The growth of the global functional genomics market is expected to be propelled by the integration of big data analytics and bioinformatics. As functional genomics generates vast and intricate genomic data sets, these fields offer essential tools and methodologies for analyzing, interpreting, and deriving actionable insights from such data.
Functional genomics produces large-scale genomic datasets that necessitate efficient management and integration. Big data analytics and bioinformatics provide the requisite tools and infrastructure to handle and process these extensive data volumes. They facilitate the storage, retrieval, and integration of genomic data from various sources, enabling researchers to access and analyze diverse datasets for comprehensive functional genomics studies.For example, the successful completion of the Human Genome Project by the National Human Genome Research Institute (NHGRI) marked a significant scientific milestone. This effort unveiled the complete sequence of chemical bases—As, Cs, Gs, and Ts—in the human genome. The project revealed that each human cell contains a complete set of genetic instructions encoded in DNA, with most cells housing two copies of this genome, totaling approximately 6 billion DNA letters.Today, researchers face an unprecedented influx of genomic data aimed at unraveling the genome's complexities and its implications for human health and disease. This wealth of data originates from diverse global populations, involving millions of individuals. To illustrate, a single human genome sequence generates data requiring 200 gigabytes of storage space, equivalent to roughly 200 copies of the film "Jaws." The anticipated accumulation of 40 exabytes to store worldwide genome sequence data is expected to drive the expansion of the global functional genomics market.Moreover, analyzing genomic data requires specialized computational tools to decipher biological insights within DNA and manage the resulting data volumes. Researchers utilize advanced software tools, such as aligners, to identify the precise locations of individual DNA segments within a reference genome sequence.The pursuit of genomic insights necessitates substantial financial support, with institutions like the NHGRI allocating over USD 125 million annually to various genomic data science initiatives. This ongoing investment is poised to propel the growth trajectory of the global functional genomics market.
Growing Interest in Data Visualization and Data Interpretation
The computational tool offers visualization techniques that empower researchers to explore and interpret genomic data effectively. These visualizations assist in recognizing patterns, trends, and relationships within the data, simplifying the communication and comprehension of intricate genomic information. By improving the comprehension of functional genomics data, visualization tools facilitate the dissemination of research findings to a broader audience.According to the National Institute of Health's National Center for Biotechnology Information, visualizing genomic data is a common practice in biomedical research. It aids in contextualizing knowledge within a genomic framework, streamlining communication, and facilitating dataset exploration for hypothesis generation. As biomedical research becomes increasingly data-driven and many studies lack well-defined hypotheses, a significant challenge lies in uncovering unexpected patterns and formulating unbiased questions amidst vast amounts of genomic and related data.
Moreover, visualization techniques assist in identifying potential biomarkers and molecular signatures associated with specific diseases or conditions. By visualizing genomic data, researchers can pinpoint gene expression patterns, genomic alterations, and regulatory networks characteristic of a particular disease phenotype. Visualization facilitates the discovery of potential diagnostic or prognostic biomarkers, driving the development of diagnostic tests and personalized treatment strategies. Often, this involves integrating various genomics data types, including genomics, transcriptomics, proteomics, and metabolomics. Integrated visualization aids in uncovering molecular interactions, pathways, and functional relationships, offering a comprehensive understanding of complex biological systems and potentially contributing to the growth of the global functional genomics market.
Key Market Challenges
Data Privacy and Security
Data privacy and security represent critical concerns within the Global Functional Genomics Market due to the sensitive nature of genomic information. With advancements such as CRISPR-Cas9 and next-generation sequencing, substantial volumes of genomic data are generated, containing individual genetic codes and their variations. Safeguarding this information is essential to uphold public trust and adhere to ethical standards.Genomic data often includes personally identifiable information, posing significant risks if not adequately protected. One major challenge is establishing robust frameworks to prevent unauthorized access, breaches, or misuse of genomic data. Potential misuse raises concerns about discrimination, stigmatization, or unauthorized profiling based on genetic makeup.Balancing data sharing for research with individual privacy protection is a delicate task, particularly in cross-border genomics research requiring international collaboration. Establishing global standards for data privacy and security is imperative, alongside harmonizing regulations and ensuring adherence to ethical guidelines.Advancements in encryption technologies and secure data-sharing platforms are pivotal in addressing these concerns. Implementing strong access controls, encryption protocols, and anonymization techniques helps mitigate the risk of data breaches.
Furthermore, promoting awareness and education on data privacy and security within the scientific community is crucial for fostering responsible data handling practices. Collaboration among researchers, industry stakeholders, and policymakers is essential for formulating and implementing comprehensive data protection policies.Establishing transparent consent mechanisms to inform individuals about the use and sharing of their genomic data is vital for maintaining ethical standards. By confronting data privacy and security challenges proactively, the Global Functional Genomics Market can cultivate trust and credibility, facilitating ongoing innovation while respecting individual rights and privacy.
Complexity of Biological Systems
The Global Functional Genomics Market contends with the intricate complexity inherent in biological systems, posing a significant challenge to researchers and scientists. Biological organisms operate within elaborate networks of genes, proteins, and molecular components, where understanding dynamic interactions is pivotal for meaningful insights. This complexity stems from multifaceted biological processes, encompassing gene regulation, signal transduction, and cellular responses to environmental stimuli.In functional genomics research, unraveling the complexities of biological systems is imperative for grasping the functions of individual genes and their roles in disease mechanisms. Interactions among genes, the impact of epigenetic modifications, and the dynamic nature of cellular processes contribute to the intricate puzzle researchers seek to solve. Furthermore, variability observed among individuals adds complexity, making generalization across diverse populations challenging.Technological advancements such as CRISPR-Cas9 and advanced sequencing methods have enhanced the ability to manipulate and analyze genes, yet interpreting resulting data comprehensively remains a challenge. The high-throughput nature of these technologies generates vast datasets, necessitating sophisticated bioinformatics tools for analysis and integration. Researchers must discern meaningful patterns amidst noise and comprehend the context-dependent nature of gene function within biological systems.Moreover, the interplay between genetic factors and environmental influences introduces another layer of complexity. Functional genomics research endeavors to elucidate how genetic variations interact with environmental factors to contribute to disease development. Addressing this complexity demands interdisciplinary collaboration, uniting molecular biologists, bioinformaticians, and systems biologists to integrate diverse datasets and perspectives.Despite these challenges, comprehending the complexity of biological systems is essential for advancing precision medicine and developing targeted therapies. As the Global Functional Genomics Market advances, tackling the intricacies of biological systems remains a focal point, driving innovation and expanding our understanding of genomics and its applications in healthcare and beyond.
Key Market Trends
Advancements in CRISPR Technology
Advancements in CRISPR (Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeats) technology have been pivotal in shaping the Global Functional Genomics Market. Specifically, CRISPR-Cas9 enables precise and efficient gene editing, empowering researchers to selectively modify or manipulate specific DNA sequences within the genome. This technology has become integral to functional genomics studies, facilitating the exploration of gene functions, regulatory pathways, and their implications in various biological processes.One notable advancement is the expansion of CRISPR-based techniques beyond traditional gene knockout. Innovations like CRISPR interference (CRISPRi) and CRISPR activation (CRISPRa) enable researchers to modulate gene expression levels without permanently altering the DNA sequence. This diversified toolkit provides increased flexibility in studying gene functions and regulatory mechanisms.Moreover, improvements in CRISPR technology have enhanced precision and specificity, minimizing off-target effects and enhancing the overall safety and accuracy of gene editing. Innovations such as base editing and prime editing offer even finer control over genetic modifications, enabling the correction of single nucleotide changes without inducing double-strand breaks.In the Global Functional Genomics Market, the widespread adoption of CRISPR technology has expedited research in areas such as drug discovery, functional genomics screening, and therapeutic interventions. The ability to manipulate genes with precision has opened new avenues for comprehending the molecular underpinnings of diseases and identifying potential therapeutic targets.As CRISPR technology continues to advance, its applications in functional genomics are poised to catalyze further breakthroughs, shaping the future of genomic research and its diverse applications in medicine, agriculture, and beyond.
Integration of Omics Technologies
The Integration of Omics Technologies has emerged as a pivotal trend in the Global Functional Genomics Market, transforming the breadth and depth of genomic research. Omics technologies, including genomics, transcriptomics, proteomics, and metabolomics, enable comprehensive analysis of biological molecules. By integrating these multi-omics approaches, researchers gain a holistic understanding of gene functions, regulatory networks, and the intricate interactions among biological components within cellular systems.Genomics, exploring complete DNA sequences, is complemented by transcriptomics, which examines gene expression patterns. Proteomics delves into the entire set of proteins in a cell, while metabolomics analyzes small molecule metabolites. Integrating these datasets enables researchers to unveil complex relationships between genes, proteins, and metabolic pathways. This comprehensive perspective is crucial for deciphering disease mechanisms and identifying potential therapeutic targets.The integration of omics technologies is particularly valuable in functional genomics research, where scientists seek to elucidate gene functions and their roles in cellular processes. By merging genomic data with insights into gene expression, protein levels, and metabolite profiles, researchers can construct more holistic models of cellular functions and disease mechanisms. This trend promotes a systems biology approach, analyzing biological systems as a whole rather than individual components.Insights gleaned from integrated omics studies find applications in personalized medicine, drug discovery, and targeted therapy development. As the Global Functional Genomics Market advances, the integration of omics technologies is expected to remain a driving force, fueling advancements that deepen our understanding of biological system complexity and pave the way for novel therapeutic strategies.
Segmental Insights
Product Insights
Based onproduct,kits assays segment dominated the Global Functional Genomics Market in 2023.This is ascribed due to its convenience, cost-effectiveness, and user-friendly nature. These ready-to-use kits and assays streamline complex laboratory processes, making functional genomics research accessible to a broader range of scientists. The pre-packaged nature of these products reduces the need for specialized expertise, accelerates experimental timelines, and ensures consistent results. Additionally, the market's growth is fueled by the increasing demand for high-throughput screening and the widespread adoption of functional genomics techniques in diverse research areas, including drug discovery, diagnostics, and personalized medicine.
Technology Insights
Based on technology, Next-Generation Sequencing (NGS) segment dominated the Global Functional Genomics Market in 2023. This is ascribed due to its unparalleled efficiency in rapidly and cost-effectively sequencing large volumes of genetic material. NGS enables simultaneous analysis of multiple genes, whole genomes, or entire transcriptomes, providing comprehensive insights into genetic variations and gene expression. Its high throughput, scalability, and ability to uncover complex genetic information make it indispensable in functional genomics research, personalized medicine, and clinical diagnostics. The continuous technological advancements, reduced sequencing costs, and diverse applications contribute to NGS maintaining its dominant position in the evolving landscape of genomic technologies.
Regional Insights
North America dominates the Global Functional Genomics Market due to a confluence of factors. The region has a robust research infrastructure, extensive funding for genomics research, and a high concentration of leading biotechnology and pharmaceutical companies. Additionally, supportive government initiatives, a skilled workforce, and collaborations between academia and industry contribute to North America's leadership. Access to advanced technologies, such as CRISPR-Cas9, and a favorable regulatory environment further propel the region's dominance in functional genomics, making it a focal point for cutting-edge research and innovation in the field.
Key Market Players
Agilent Technologies, Inc.
Becton, Dickinson and Company
Bio-Rad Laboratories, Inc.
Danaher Corporation (Integrated DNA Technologies, Inc.)
F. Hoffmann-La Roche Ltd.
Illumina, Inc.
MRM Proteomics Inc
Perkin Elmer, Inc.
QIAGEN N.V.
­­­Thermo Fisher Scientific, Inc.
Report Scope:
In this report, the Global Functional Genomics Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
Functional Genomics Market,By Product:
oKits Assays
oInstruments
Functional Genomics Market,By Technology:
oNext-Generation Sequencing (NGS)
oPolymerase Chain Reaction (PCR)
oMicroarray
oOther Technologies
Functional Genomics Market,By Application:
oEpigenomics
oTranscriptomics
oProteomics
oMetabolomics
Functional Genomics Market,By End-User:
oAcademic and Research Institutions
oBiotechnology and Biopharmaceutical Companies
oOthers
·Functional Genomics Market, By Region:
oNorth America
§United States
§Canada
§Mexico
oEurope
§France
§United Kingdom
§Italy
§Germany
§Spain
oAsia-Pacific
§China
§India
§Japan
§Australia
§South Korea
oSouth America
§Brazil
§Argentina
§Colombia
oMiddle East Africa
§South Africa
§Saudi Arabia
§UAE
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies presents in the Global Functional Genomics Market.
Available Customizations:
Global Functional Genomics Market report with the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2.Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3.Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4.Voice of Customer
5.Global Functional Genomics Market Outlook
5.1. Market Size Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share Forecast
5.2.1. By Product (Kits Assays, Instruments)
5.2.2. By Technology (Next-Generation Sequencing (NGS), Polymerase Chain Reaction (PCR), Microarray, Other Technologies)
5.2.3. By Application (Epigenomics, Transcriptomics, Proteomics, Metabolomics)
5.2.4. By End User (Academic and Research Institutions, Biotechnology and Biopharmaceutical Companies, Other End Users (Hospitals, Clinics, and Diagnostic Labs)
5.2.5. By Region (North America, Europe, Asia Pacific, South America, Middle-East and Africa)
5.2.6. By Company (2023)
5.3. Market Map
5.3.1. By Product
5.3.2. By Technology
5.3.3. By Application
5.3.4. By End User
5.3.5. By Region
6.North America Functional Genomics Market Outlook
6.1. Market Size Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share Forecast
6.2.1. By Product
6.2.2. By Technology
6.2.3. By Application
6.2.4. By End User
6.2.5. By Country
6.3.North America: Country Analysis
6.3.1.United States Functional Genomics Market Outlook
6.3.1.1.Market Size Forecast
6.3.1.1.1.By Value
6.3.1.2.Market Share Forecast
6.3.1.2.1. By Product
6.3.1.2.2. By Technology
6.3.1.2.3. By Application
6.3.1.2.4. By End User
6.3.2.Canada Functional Genomics Market Outlook
6.3.2.1.Market Size Forecast
6.3.2.1.1.By Value
6.3.2.2.Market Share Forecast
6.3.2.2.1. By Product
6.3.2.2.2. By Technology
6.3.2.2.3. By Application
6.3.2.2.4. By End User
6.3.3.Mexico Functional Genomics Market Outlook
6.3.3.1.Market Size Forecast
6.3.3.1.1.By Value
6.3.3.2.Market Share Forecast
6.3.3.2.1. By Product
6.3.3.2.2. By Technology
6.3.3.2.3. By Application
6.3.3.2.4. By End User
7.Europe Functional Genomics Market Outlook
7.1. Market Size Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share Forecast
7.2.1. By Product
7.2.2. By Technology
7.2.3. By Application
7.2.4. By End User
7.2.5. By Country
7.3.Europe: Country Analysis
7.3.1.Germany Functional Genomics Market Outlook
7.3.1.1.Market Size Forecast
7.3.1.1.1.By Value
7.3.1.2.Market Share Forecast
7.3.1.2.1. By Product
7.3.1.2.2. By Technology
7.3.1.2.3. By Application
7.3.1.2.4. By End User
7.3.2.France Functional Genomics Market Outlook
7.3.2.1.Market Size Forecast
7.3.2.1.1.By Value
7.3.2.2.Market Share Forecast
7.3.2.2.1. By Product
7.3.2.2.2. By Technology
7.3.2.2.3. By Application
7.3.2.2.4. By End User
7.3.3.United Kingdom Functional Genomics Market Outlook
7.3.3.1.Market Size Forecast
7.3.3.1.1.By Value
7.3.3.2.Market Share Forecast
7.3.3.2.1. By Product
7.3.3.2.2. By Technology
7.3.3.2.3. By Application
7.3.3.2.4. By End User
7.3.4.Italy Functional Genomics Market Outlook
7.3.4.1.Market Size Forecast
7.3.4.1.1.By Value
7.3.4.2.Market Share Forecast
7.3.4.2.1. By Product
7.3.4.2.2. By Technology
7.3.4.2.3. By Application
7.3.4.2.4. By End User
7.3.5.Spain Functional Genomics Market Outlook
7.3.5.1.Market Size Forecast
7.3.5.1.1.By Value
7.3.5.2.Market Share Forecast
7.3.5.2.1. By Product
7.3.5.2.2. By Technology
7.3.5.2.3. By Application
7.3.5.2.4. By End User
8.Asia-Pacific Functional Genomics Market Outlook
8.1. Market Size Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share Forecast
8.2.1. By Product
8.2.2. By Technology
8.2.3. By Application
8.2.4. By End User
8.2.5. By Country
8.3.Asia-Pacific: Country Analysis
8.3.1.China Functional Genomics Market Outlook
8.3.1.1.Market Size Forecast
8.3.1.1.1.By Value
8.3.1.2.Market Share Forecast
8.3.1.2.1. By Product
8.3.1.2.2. By Technology
8.3.1.2.3. By Application
8.3.1.2.4. By End User
8.3.2.Japan Functional Genomics Market Outlook
8.3.2.1.Market Size Forecast
8.3.2.1.1.By Value
8.3.2.2.Market Share Forecast
8.3.2.2.1. By Product
8.3.2.2.2. By Technology
8.3.2.2.3. By Application
8.3.2.2.4. By End User
8.3.3.India Functional Genomics Market Outlook
8.3.3.1.Market Size Forecast
8.3.3.1.1.By Value
8.3.3.2.Market Share Forecast
8.3.3.2.1. By Product
8.3.3.2.2. By Technology
8.3.3.2.3. By Application
8.3.3.2.4. By End User
8.3.4.South Korea Functional Genomics Market Outlook
8.3.4.1.Market Size Forecast
8.3.4.1.1.By Value
8.3.4.2.Market Share Forecast
8.3.4.2.1. By Product
8.3.4.2.2. By Technology
8.3.4.2.3. By Application
8.3.4.2.4. By End User
8.3.5.Australia Functional Genomics Market Outlook
8.3.5.1.Market Size Forecast
8.3.5.1.1.By Value
8.3.5.2.Market Share Forecast
8.3.5.2.1. By Product
8.3.5.2.2. By Technology
8.3.5.2.3. By Application
8.3.5.2.4. By End User
9.South America Functional Genomics Market Outlook
9.1. Market Size Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share Forecast
9.2.1. By Product
9.2.2. By Technology
9.2.3. By Application
9.2.4. By End User
9.2.5. By Country
9.3.South America: Country Analysis
9.3.1.Brazil Functional Genomics Market Outlook
9.3.1.1.Market Size Forecast
9.3.1.1.1.By Value
9.3.1.2.Market Share Forecast
9.3.1.2.1. By Product
9.3.1.2.2. By Technology
9.3.1.2.3. By Application
9.3.1.2.4. By End User
9.3.2.Argentina Functional Genomics Market Outlook
9.3.2.1.Market Size Forecast
9.3.2.1.1.By Value
9.3.2.2.Market Share Forecast
9.3.2.2.1. By Product
9.3.2.2.2. By Technology
9.3.2.2.3. By Application
9.3.2.2.4. By End User
9.3.3.Colombia Functional Genomics Market Outlook
9.3.3.1.Market Size Forecast
9.3.3.1.1.By Value
9.3.3.2.Market Share Forecast
9.3.3.2.1. By Product
9.3.3.2.2. By Technology
9.3.3.2.3. By Application
9.3.3.2.4. By End User
10.Middle East and Africa Functional Genomics Market Outlook
10.1. Market Size Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share Forecast
10.2.1. By Product
10.2.2. By Technology
10.2.3. By Application
10.2.4. By End User
10.2.5. By Country
10.3.MEA: Country Analysis
10.3.1.UAE Functional Genomics Market Outlook
10.3.1.1.Market Size Forecast
10.3.1.1.1.By Value
10.3.1.2.Market Share Forecast
10.3.1.2.1. By Product
10.3.1.2.2. By Technology
10.3.1.2.3. By Application
10.3.1.2.4. By End User
10.3.2.Saudi Arabia Functional Genomics Market Outlook
10.3.2.1.Market Size Forecast
10.3.2.1.1.By Value
10.3.2.2.Market Share Forecast
10.3.2.2.1. By Product
10.3.2.2.2. By Technology
10.3.2.2.3. By Application
10.3.2.2.4. By End User
10.3.3.South Africa Functional Genomics Market Outlook
10.3.3.1.Market Size Forecast
10.3.3.1.1.By Value
10.3.3.2.Market Share Forecast
10.3.3.2.1. By Product
10.3.3.2.2. By Technology
10.3.3.2.3. By Application
10.3.3.2.4. By End User
11.Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12.Market Trends Developments
13.Competitive Landscape
13.1. Agilent Technologies, Inc.
13.1.1. Business Overview
13.1.2. Product Offerings
13.1.3. Recent Developments
13.1.4. Financials (In Case of Listed Companies)
13.1.5. Key Personnel
13.2. Becton, Dickinson and Company
13.3. Bio-Rad Laboratories, Inc.
13.4. Danaher Corporation (Integrated DNA Technologies, Inc.)
13.5.F. Hoffmann-La Roche Ltd.
13.6.Illumina, Inc.
13.7. MRM Proteomics Inc
13.8. Perkin Elmer, Inc.
13.9. QIAGEN N.V.
13.10. Thermo Fisher Scientific, Inc.
14.Strategic Recommendations
15. About Us Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(バイオ薬物)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(assays)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る