世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアの世界市場規模、シェア、動向、機会、予測、タイプ別(クラウドベース、ウェブベース)、用途別(大企業、中小企業、中堅企業)、地域別、競合別セグメント、2018-2028年


Visual Collaboration Platform Software Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Type (Cloud Based, Web Based), By Application (Large enterprises, Small Enterprises & Medium Enterprises), By Region, and By Competition, 2018-2028

世界のビジュアルコラボレーション・プラットフォーム・ソフトウェア市場は、仕事とコミュニケーションの状況の変化により、変革的な進化を遂げつつある。このダイナミックな市場は、地理的な距離に関係なく、個... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
178 英語

 

サマリー

世界のビジュアルコラボレーション・プラットフォーム・ソフトウェア市場は、仕事とコミュニケーションの状況の変化により、変革的な進化を遂げつつある。このダイナミックな市場は、地理的な距離に関係なく、個人やチーム間のリアルタイムのビジュアルコラボレーションを可能にするソフトウェアソリューションを中心に展開されている。この市場の主な促進要因としては、リモートワークやハイブリッドワークモデルの普及、デジタルトランスフォーメーションイニシアチブによるビジネスのデジタル化、組織のグローバル化などが挙げられる。ビジュアル・コラボレーション・プラットフォーム・ソフトウェアは、ビデオ会議、画面共有、デジタル・ホワイトボード、文書コラボレーションなどの一連の機能を提供し、シームレスなコミュニケーションを促進する。
グローバルに展開し、複雑なオペレーションを行う大企業は、地理的なギャップを埋め、生産性を向上させるためにこれらのツールを活用し、市場を支配している。クラウドベースのソリューションは、アクセシビリティ、スケーラビリティ、コスト効率に優れており、現代のコラボレーション・ワークフローを再構築している。技術革新、特にAIとクラウドコンピューティングは、これらのプラットフォームの機能を拡張し続け、セキュリティとコンプライアンス機能は、データ保護という最も重要な懸念に対処している。
この市場の影響力は、医療、教育、製造、金融など多様な業界に及んでいる。柔軟で効率的かつ安全なコミュニケーションおよびコラボレーション・ソリューションに対する需要が高まる中、世界のビジュアル・コラボレーション・プラットフォーム・ソフトウェア市場は、デジタルで相互接続された世界における組織の運営方法を再構築する最前線に位置しています。
主な市場牽引要因
リモートワークとハイブリッドワークの傾向:
世界のビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場を加速させている主な要因の1つは、リモートワークとハイブリッドワークモデルへの急速なシフトです。COVID-19の大流行はこの変革のきっかけとなり、企業は事業継続と従業員の安全を確保するためにリモートワーク・ソリューションの導入を余儀なくされた。パンデミックが沈静化しても、リモートワークやハイブリッドワークのトレンドは持続しており、多くの企業が柔軟な勤務形態を維持している。
ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアは、リモートチーム間のシームレスなコミュニケーションとコラボレーションを可能にする上で極めて重要な役割を果たしている。これらのプラットフォームは、ビデオ会議、画面共有、デジタルホワイトボード、文書コラボレーションなどの一連の機能を提供し、分散したチームが効果的に共同作業を行うことを可能にする。組織が長期的な戦略としてリモートワークを受け入れるにつれて、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアの需要は増加の一途をたどっています。
デジタルトランスフォーメーションへの取り組み:
競争力を維持し、進化する顧客の期待に応えるため、世界中の企業がデジタルトランスフォーメーションの旅に乗り出すケースが増えています。このデジタル化へのシフトは、コミュニケーションやコラボレーションを含むビジネスオペレーションの様々な側面を包含しています。ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアは、このようなイニシアティブに完璧に合致し、最新のコミュニケーションニーズをサポートするデジタルワークスペースを提供します。
組織はこれらのプラットフォームを活用して、デジタル・コラボレーションを促進し、生産性を高め、ワークフローを合理化します。リアルタイムの文書編集、タスク管理、インスタントメッセージなどの機能により、効率的なコミュニケーションが促進され、長時間の電子メール交換や物理的な会議の必要性が減少します。企業が俊敏性と革新性を維持するためにデジタルトランスフォーメーションを優先するにつれ、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアは、ツールキットに不可欠なツールとなります。
グローバル化と分散チーム:
ビジネスのグローバル化と分散チームの台頭は、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアに対する強い需要を生み出しました。現在、多くの組織がグローバル規模で事業を展開しており、従業員やパートナーはさまざまな地域に分散している。効果的なコラボレーションは地理的なギャップを埋めるために不可欠であり、ビジュアルコラボレーションプラットフォームは実用的なソリューションを提供します。
これらのプラットフォームはリアルタイムのコミュニケーションとコラボレーションを促進し、物理的な場所に関係なく、チームが同じ部屋にいるかのようなコラボレーションを可能にします。これは多国籍企業、新興企業、中小企業にとって大きな意味を持ち、グローバルな人材プールへのアクセス、国際的なパートナーとのコラボレーション、市場範囲の拡大を可能にする。
テクノロジーの進歩:
特に人工知能(AI)やクラウドコンピューティングなどの分野における技術の進歩が、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場の技術革新を促進している。リアルタイムの言語翻訳、テープ起こしサービス、インテリジェントなバーチャルアシスタントなどのAI搭載機能は、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、これらのプラットフォームの機能を拡張している。
クラウドベースのソリューションは、拡張性、柔軟性、アクセシビリティを提供し、組織によるビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアの導入と管理を容易にしている。クラウドサービスにより、ユーザーはどこからでも、どのデバイスからでも、最小限のインフラ要件でコラボレーションツールにアクセスすることができます。この利便性は、特に中小企業(SME)における採用の大きな原動力となっています。
業界特有のアプリケーション:
ビジュアルコラボレーション・プラットフォーム・ソフトウェアは、様々な業界で応用されており、市場の成長に貢献しています。医療、教育、製造、金融などの業界では、独自の課題や機会に対処するためにこれらのプラットフォームを活用している。
例えば、遠隔医療では、遠隔患者診察、診断、医療トレーニングにビジュアルコラボレーションが活用されている。教育分野では、バーチャルクラスルームやコラボレーショ ン学習環境が遠隔教育に不可欠なツールとなっている。製造業では、遠隔トラブルシューティング、デザインレビュー、品質管理などにビジュアルコラボレーションプラットフォームが活用されている。金融機関では、顧客とのセキュアなやり取りやドキュメントの共有にこれらのプラットフォームを採用している。
このような業界特有の使用例は、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアの適応性と汎用性を際立たせ、幅広い分野にとって魅力的なソリューションとなっている。
主な市場課題
セキュリティとデータプライバシーへの懸念:
世界のビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場における最大の課題の1つは、セキュリティとデータプライバシーに関するものである。組織がコミュニケーションやコラボレーションのためにこれらのプラットフォームにますます依存するようになるにつれ、プラットフォームは機密性の高い機密情報の保管場所となる。このデータのセキュリティとプライバシーを確保することが最も重要である。
ビジュアルコラボレーションプラットフォームは、データ漏洩、不正アクセス、サイバー攻撃など様々なセキュリティ脅威の影響を受けやすい。悪意のある行為者は、ソフトウェアの脆弱性を悪用したり、通信を傍受したりして、データ漏洩やプライバシー侵害につながる可能性があります。
こうした課題に対処するため、ベンダーはエンドツーエンドの暗号化、安全なユーザー認証、定期的なセキュリティ監査など、堅牢なセキュリティ対策に継続的に投資する必要がある。GDPRやHIPAAのようなデータ保護規制への準拠も不可欠だ。さらに、セキュアなコラボレーションのベストプラクティスについてユーザーを教育することは、セキュリティリスクを軽減する上で極めて重要です。
帯域幅とネットワークの制限
ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場におけるもう一つの重要な課題は、安定した高速インターネット接続への依存である。効果的なビジュアルコラボレーションはリアルタイムのビデオおよびオーディオコミュニケーションに大きく依存し、かなりの帯域幅を必要とする。インターネットインフラが限られている地域や接続が不安定な地域では、ユーザーは映像の遅延や通話の切断、音質の低下といった問題に直面する可能性がある。
さらに、組織が帯域幅を必要とするアプリケーションやテクノロジーを採用するにつれ、ネットワークの輻輳がシームレスなコラボレーションの妨げになることもあります。これは、組織内の複数のユーザーが同時にビデオ会議やデータ集約型の共同作業に従事する場合に特に問題となります。
この問題に対処するため、ベンダーは、低帯域幅シナリオを含むさまざまなネットワーク条件下で効率的に動作するようにソフトウェアを最適化する必要があります。ユーザーは、利用可能な帯域幅に合わせてビデオ画質を調整できるオプションが必要である。さらに、ビジュアルコラボレーションへの需要の高まりに対応するために、ネットワークのアップグレードに投資する必要がある場合もある。
ユーザーの導入とトレーニング
ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアのメリットは非常に大きいが、ユーザー導入は依然として課題である。組織は、従業員がこれらのツールを受け入れ、効果的に使用するのに苦労することが多い。変化への抵抗、ソフトウェアへの不慣れ、生産性への懸念などが、採用率の妨げとなる。
この課題を克服するために、組織は包括的なトレーニングとユーザーへのサポートを提供しなければならない。これには、チュートリアル、ユーザーガイド、オンデマンドアシスタンスの提供などが含まれる。ユーザーのモチベーションを高めるためには、出張費の削減やコミュニケーションの向上など、ビジュアルコラボレーションの実用的なメリットを強調することが不可欠です。
さらに、組織はコラボレーションの文化を奨励し、ソフトウェアを日々のワークフローに不可欠なものとする必要があります。定期的にユーザーからのフィードバックを募り、問題点に対処することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、導入を促進することができます。
互換性と相互運用性:
ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアは、組織内で使用される他のツールやテクノロジーとシームレスに統合する必要があります。既存のソフトウェアシステムとの非互換性や相互運用性の問題は、ビジュアルコラボレーションプラットフォームの採用や効果を阻害する可能性があります。
例えば、プロジェクト管理ツール、Eメールクライアント、CRMシステムとの統合が困難な場合、ワークフローが中断され、非効率が生じる可能性があります。また、互換性の問題により、異なるプラットフォームやデバイス間でのドキュメント、データ、共同作業の共有が制限されることもある。
この市場のベンダーは、堅牢なAPIを提供し、一般的に使用されているソフトウェアアプリケーションと統合することで、相互運用性を優先する必要があります。オープンスタンダードと互換性へのコミットメントにより、企業はビジュアルコラボレーションの恩恵を受けながら、既存のテクノロジーへの投資を活用することができます。
スケーラビリティとリソース管理:
スケーラビリティは、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアの使用を拡大する際の重要な課題です。ユーザー数の増加に伴い、インフラリソースへの需要も増加します。パフォーマンスを維持しながら、ユーザー数の増加に対応するためのスケーリングは複雑なタスクです。
不十分なリソース管理は、サーバーの過負荷、サービスの停止、パフォーマンスの低下などの問題につながる可能性があります。組織は、コラボレーションのニーズをサポートするのに十分なリソースを提供することと、コストを管理することの間でバランスを取る必要があります。
この課題に対処するため、ベンダーは変化する利用パターンに適応できるスケーラブルなソリューションを提供する必要があります。そのためには、クラウドベースのインフラを活用したり、リソース管理ツールを備えたオンプレミス型の導入オプションを提供したりする必要があります。また、企業はリソースの利用状況を積極的に監視し、キャパシティーのアップグレードを計画することで、コラボレーションのニーズが変化してもシームレスなユーザーエクスペリエンスを確保する必要があります。
主な市場動向
ビジュアルコラボレーションの導入を促進するハイブリッドワークモデル:
リモートワークと対面ワークを組み合わせたハイブリッドワークモデルの出現は、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場を形成する主要なトレンドである。このシフトはCOVID-19の大流行への直接的な反応であり、企業はリモートワークソリューションの迅速な導入を余儀なくされた。規制が緩和されても、多くの企業は従業員に柔軟性を提供するためにハイブリッドワークモデルを維持することを選択している。
ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアは、リモートチームとオンサイトチーム間の効果的なコミュニケーションとコラボレーションを可能にする上で極めて重要な役割を果たしている。ビデオ会議、画面共有、デジタル・ホワイトボード、ドキュメント・コラボレーションなどの機能を提供します。企業がシームレスなハイブリッドワーク環境の構築を目指す中、こうしたソリューションへの需要は高まり続けています。
生産性ツールやワークフローツールとの統合:
生産性ツールやワークフローツールとの統合は、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場における重要なトレンドである。企業はコミュニケーションやコラボレーションのプロセスを合理化する総合的なソリューションを求めるようになっている。ビジュアルコラボレーションプラットフォームは、一般的な生産性スイート、プロジェクト管理ツール、顧客関係管理(CRM)システムとの統合が進んでいる。
この統合により、ユーザーは既存のワークフローの中でシームレスに情報にアクセスし、共有できるようになり、効率性が向上する。例えば、ユーザーはカレンダーアプリケーションから直接ビデオミーティングをスケジュールしたり、クラウドストレージプラットフォームからドキュメントを共有したり、プロジェクト管理ソフトウェア内のコラボレーションツールにアクセスしたりすることができます。これらの統合により、統一されたユーザーエクスペリエンスが提供され、アプリケーションを切り替える必要性が減り、全体的な生産性が向上します。
セキュリティとコンプライアンス機能の強化:
ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアを通じたリモートワークや機密情報の共有の増加に伴い、セキュリティとコンプライアンスが最重要課題となっている。その結果、市場ではセキュリティ機能とコンプライアンス機能を強化する傾向が見られる。
ビジュアルコラボレーションソフトウェアのプロバイダーは、ユーザーデータと通信を保護するために、堅牢な暗号化方式、多要素認証、データ損失防止(DLP)対策を導入している。加えて、医療分野のHIPAAや欧州のデータプライバシーに関するGDPRなど、業界特有の規制へのコンプライアンスも徹底している。このようなセキュリティとコンプライアンス機能は、さまざまな分野の企業にとって不可欠であり、採用がさらに進んでいる。
AIを活用したビジュアルコラボレーション
人工知能(AI)はビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場に大きく進出している。AIを活用した機能により、タスクの自動化、ビデオ画質の向上、高度な分析が可能になり、ユーザーエクスペリエンスが向上している。
ビジュアルコラボレーションにおけるAIの顕著な用途の1つは、ビデオ通話中のリアルタイム言語翻訳であり、グローバルコミュニケーションにおける言語の障壁を取り除く。また、AIを活用したバーチャルアシスタントは、会議のスケジューリング、会話の書き起こし、会議のサマリーの作成も可能だ。さらに、AIはビデオや音声の品質向上、バックグラウンド・ノイズの低減、ビデオ・ストリーミングの最適化にも活用されている。
AIを活用した分析により、組織はコラボレーションのパターン、従業員のエンゲージメント、会議の効果に関する洞察を得ることができる。このようなトレンドは、ビジュアルコラボレーションツールをよりスマートに、より効率的に、よりユーザーフレンドリーにすることで、ビジネスにおけるビジュアルコラボレーションツールの使用方法を再構築しています。
カスタマイズとパーソナライズ:
ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアは、様々な組織や業界の特定のニーズを満たすために、カスタマイズやパーソナライズが可能になってきています。ベンダーは、個々の好みやワークフローに合わせてカスタマイズできるソリューションを提供している。
カスタマイズオプションには、組織のロゴやカラースキームでソフトウェアをブランディングしたり、ユーザー権限やアクセス制御を設定したり、コラボレーション文書やプレゼンテーションのカスタムテンプレートを作成したりする機能が含まれます。さらに、機能を拡張するためのカスタム統合やアドオンを開発できるプラットフォームもある。
パーソナライゼーション機能により、ユーザーはコラボレーシ ョンスペースの整理、通知設定、個別のミーティングレイアウトの作成が可能です。これらの機能により、企業はビジュアルコラボレーションツールを独自の要件に適応させることができ、より高い導入率とユーザー満足度を得ることができます。
セグメント別インサイト
タイプ別洞察
2022年の世界のビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場は、クラウドベースのセグメントが支配的である。ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場におけるクラウドベースのセグメントの優位性は、現代の職場におけるクラウドコンピューティングの変革力の証である。クラウドベースのソリューションは、多くの理由から従来のオンプレミス型ソフトウェアに取って代わり、人気と関連性が急上昇している。
何よりもまず、クラウドベースのビジュアル・コラボレーション・プラットフォーム・ソフトウェアは、比類のない利便性とアクセシビリティを提供します。ユーザーは、ラップトップ、タブレット、スマートフォンなど、インターネット接続があればどのデバイスからでもソフトウェアにアクセスできます。この柔軟性により、多様なチーム、場所、タイムゾーンにまたがるコラボレーションが容易になります。物理的な距離の制約がなくなるため、リモートワークやハイブリッドワークなど、新しい常識となりつつある職場環境に最適です。
スケーラビリティもまた、魅力的な利点のひとつだ。クラウドベースのソリューションは、ユーザーのニーズの変化に容易に対応できる。組織は、大規模なインフラ投資やITサポートを必要とすることなく、利用を拡大または縮小し、ユーザーを追加または削除することができる。このスケーラビリティは、従業員の増減が激しい企業や、プロジェクトベースのコラボレーションを必要とする企業にとって特に価値があります。
さらに、クラウドベースのビジュアル・コラボレーション・プラットフォーム・ソフトウェアは、IT部門の負担を最小限に抑えます。メンテナンス、アップデート、セキュリティはソフトウェアプロバイダーが管理するため、社内リソースへの負担が軽減され、企業は常に最新の機能やセキュリティパッチを利用することができます。
アプリケーションの洞察
2022年の世界のビジュアル・コラボレーション・プラットフォーム・ソフトウェア市場は、大企業セグメントが支配的である。大企業は、いくつかの説得力のある理由から、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアの主要な採用者と受益者として浮上している。これらの組織は、その広範なリソース、広大なワークフォース、および複雑な操作を特徴とし、ビジュアルコラボレーションツールが提供する機能と機能のすべてのスペクトルを活用するユニークな立場にある。
大企業がこの市場で優位に立つ主な要因の1つは、その事業規模である。このような企業は、チーム、子会社、パートナーがさまざまな地域やタイムゾーンにまたがっており、グローバルな事業展開を行っていることが多い。ビジュアルコラボレーションプラットフォームは、地理的なギャップを埋め、物理的な場所に関係なくリアルタイムのコミュニケーションとコラボレーションを促進する。これは、プロジェクトの調整、重要な情報の共有、広大で多様な従業員間での迅速な意思決定に特に不可欠です。
さらに、大企業では通常、多数のプロジェクトを管理し、それぞれが部門横断的なチームによる効果的なコラボレーションを必要とします。ビジュアルコラボレーションツールは、プロジェクト管理のための一元化されたプラットフォームを提供し、チームでのコミュニケーション、ドキュメントの共有、進捗の効率的な追跡を可能にします。この合理的なアプローチは生産性を高め、ボトルネックを減らし、複雑なプロジェクトを確実に軌道に乗せることができます。
地域別インサイト
2022年のビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア世界市場は、北米が支配的である。北米、特に米国は、長い間技術革新の中心地であった。この地域は、世界で最も影響力のあるテクノロジー企業の本拠地であり、研究開発に継続的に投資している。このようなエコシステムが、市場の成長を促進する最先端のビジュアル・コラボレーション・プラットフォーム・ソフトウェア・ソリューションの創出を促進しています。
北米は、シリコンバレー、サンフランシスコ、ニューヨークなどの都市で数多くのハイテク新興企業が誕生し、盛んな新興企業文化を誇っています。これらのスタートアップ企業はビジュアルコラボレーションスペースにおける新しいコンセプトやテクノロジーのパイオニアとなることが多い。スタートアップエコシステムにおけるイノベーションとリスクテイクの文化は、市場で支持を得る革新的なソリューションの開発に貢献している。
この地域は高速インターネット接続、信頼性の高いデータセンター、クラウドコンピューティングリソースなど、整備されたITインフラの恩恵を受けています。このインフラは、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアのシームレスな運用のためのバックボーンを形成し、低遅延ビデオ会議と効率的なデータ共有を保証します。
北米の企業は、競争力を高めるために革新的なソリューションを求め、いち早くテクノロジーを導入してきた歴史があります。このような新技術を取り入れる傾向が、金融、医療、教育、製造などさまざまな業界でビジュアル・コラボレーション・プラットフォーム・ソフトウェアの急速な導入につながっています。
北米の強力で多様なビジネス・エコシステムは、ハイテク大手から金融機関、医療機関まで、幅広い業界を網羅しています。これらの組織は、コミュニケーション、コラボレーション、生産性を向上させるビジュアル・コラボレーションの価値を認識しています。早期導入企業として、市場の成長に大きく貢献している。
主な市場プレイヤー
RealtimeBoard, Inc.
タクティボス社
Lucid Software Inc.
アトラシアン・コーポレーション
ストームボード社
ベライゾン・コミュニケーションズ
グーグル合同会社
マイクロソフト株式会社
ズームビデオコミュニケーションズ
シスコシステムズ
レポートの範囲
本レポートでは、ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェアの世界市場を以下のカテゴリに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場、タイプ別
o クラウドベース
o ウェブベース
- ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場:用途別
o 大企業
o 中堅・中小企業
- ビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場:地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o ヨーロッパ
 ドイツ
 フランス
 イギリス
 イタリア
 スペイン
南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 韓国
 オーストラリア
中東・アフリカ
 サウジアラビア
 アラブ首長国連邦
 南アフリカ
競争状況
企業プロフィール:世界のビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場における主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、与えられた市場データを用いて、世界のビジュアルコラボレーションプラットフォームソフトウェア市場レポートを作成し、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Service Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Baseline Methodology
2.2. Key Industry Partners
2.3. Major Association and Secondary Sources
2.4. Forecasting Methodology
2.5. Data Triangulation & Validation
2.6. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Global Visual Collaboration Platform Software Market
5. Voice of Customer
6. Global Visual Collaboration Platform Software Market Overview
7. Global Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type (Cloud Based, Web Based)
7.2.2. By Application (Large enterprises, Small Enterprises & Medium Enterprises)
7.2.3. By Region (North America, Europe, South America, Middle East & Africa, Asia Pacific)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. North America Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Application
8.2.3. By Country
8.2.3.1. United States Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
8.2.3.1.1. Market Size & Forecast
8.2.3.1.1.1. By Value
8.2.3.1.2. Market Share & Forecast
8.2.3.1.2.1. By Type
8.2.3.1.2.2. By Application
8.2.3.2. Canada Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
8.2.3.2.1. Market Size & Forecast
8.2.3.2.1.1. By Value
8.2.3.2.2. Market Share & Forecast
8.2.3.2.2.1. By Type
8.2.3.2.2.2. By Application
8.2.3.3. Mexico Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
8.2.3.3.1. Market Size & Forecast
8.2.3.3.1.1. By Value
8.2.3.3.2. Market Share & Forecast
8.2.3.3.2.1. By Type
8.2.3.3.2.2. By Application
9. Europe Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Application
9.2.3. By Country
9.2.3.1. Germany Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.2.3.1.1. Market Size & Forecast
9.2.3.1.1.1. By Value
9.2.3.1.2. Market Share & Forecast
9.2.3.1.2.1. By Type
9.2.3.1.2.2. By Application
9.2.3.2. France Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.2.3.2.1. Market Size & Forecast
9.2.3.2.1.1. By Value
9.2.3.2.2. Market Share & Forecast
9.2.3.2.2.1. By Type
9.2.3.2.2.2. By Application
9.2.3.3. United Kingdom Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.2.3.3.1. Market Size & Forecast
9.2.3.3.1.1. By Value
9.2.3.3.2. Market Share & Forecast
9.2.3.3.2.1. By Type
9.2.3.3.2.2. By Application
9.2.3.4. Italy Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.2.3.4.1. Market Size & Forecast
9.2.3.4.1.1. By Value
9.2.3.4.2. Market Share & Forecast
9.2.3.4.2.1. By Type
9.2.3.4.2.2. By Application
9.2.3.5. Spain Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.2.3.5.1. Market Size & Forecast
9.2.3.5.1.1. By Value
9.2.3.5.2. Market Share & Forecast
9.2.3.5.2.1. By Type
9.2.3.5.2.2. By Application
10. South America Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By Application
10.2.3. By Country
10.2.3.1. Brazil Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
10.2.3.1.1. Market Size & Forecast
10.2.3.1.1.1. By Value
10.2.3.1.2. Market Share & Forecast
10.2.3.1.2.1. By Type
10.2.3.1.2.2. By Application
10.2.3.2. Colombia Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
10.2.3.2.1. Market Size & Forecast
10.2.3.2.1.1. By Value
10.2.3.2.2. Market Share & Forecast
10.2.3.2.2.1. By Type
10.2.3.2.2.2. By Application
10.2.3.3. Argentina Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
10.2.3.3.1. Market Size & Forecast
10.2.3.3.1.1. By Value
10.2.3.3.2. Market Share & Forecast
10.2.3.3.2.1. By Type
10.2.3.3.2.2. By Application
11. Middle East & Africa Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Type
11.2.2. By Application
11.2.3. By Country
11.2.3.1. Saudi Arabia Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
11.2.3.1.1. Market Size & Forecast
11.2.3.1.1.1. By Value
11.2.3.1.2. Market Share & Forecast
11.2.3.1.2.1. By Type
11.2.3.1.2.2. By Application
11.2.3.2. UAE Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
11.2.3.2.1. Market Size & Forecast
11.2.3.2.1.1. By Value
11.2.3.2.2. Market Share & Forecast
11.2.3.2.2.1. By Type
11.2.3.2.2.2. By Application
11.2.3.3. South Africa Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
11.2.3.3.1. Market Size & Forecast
11.2.3.3.1.1. By Value
11.2.3.3.2. Market Share & Forecast
11.2.3.3.2.1. By Type
11.2.3.3.2.2. By Application
12. Asia Pacific Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value
12.2. Market Size & Forecast
12.2.1. By Type
12.2.2. By Application
12.2.3. By Country
12.2.3.1. China Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.2.3.1.1. Market Size & Forecast
12.2.3.1.1.1. By Value
12.2.3.1.2. Market Share & Forecast
12.2.3.1.2.1. By Type
12.2.3.1.2.2. By Application
12.2.3.2. India Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.2.3.2.1. Market Size & Forecast
12.2.3.2.1.1. By Value
12.2.3.2.2. Market Share & Forecast
12.2.3.2.2.1. By Type
12.2.3.2.2.2. By Application
12.2.3.3. Japan Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.2.3.3.1. Market Size & Forecast
12.2.3.3.1.1. By Value
12.2.3.3.2. Market Share & Forecast
12.2.3.3.2.1. By Type
12.2.3.3.2.2. By Application
12.2.3.4. South Korea Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.2.3.4.1. Market Size & Forecast
12.2.3.4.1.1. By Value
12.2.3.4.2. Market Share & Forecast
12.2.3.4.2.1. By Type
12.2.3.4.2.2. By Application
12.2.3.5. Australia Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.2.3.5.1. Market Size & Forecast
12.2.3.5.1.1. By Value
12.2.3.5.2. Market Share & Forecast
12.2.3.5.2.1. By Type
12.2.3.5.2.2. By Application
13. Market Dynamics
13.1. Drivers
13.2. Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Company Profiles
15.1. RealtimeBoard, Inc.
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Revenue and Financials
15.1.3. Recent Developments
15.1.4. Key Personnel
15.1.5. Key Product/Services Offered
15.2. Tactivos, Inc.
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Revenue and Financials
15.2.3. Recent Developments
15.2.4. Key Personnel
15.2.5. Key Product/Services Offered
15.3. Lucid Software Inc.
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Revenue and Financials
15.3.3. Recent Developments
15.3.4. Key Personnel
15.3.5. Key Product/Services Offered
15.4. Atlassian Corporation Plc
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Revenue and Financials
15.4.3. Recent Developments
15.4.4. Key Personnel
15.4.5. Key Product/Services Offered
15.5. Stormboard, Inc.
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Revenue and Financials
15.5.3. Recent Developments
15.5.4. Key Personnel
15.5.5. Key Product/Services Offered
15.6. Verizon Communications Inc.
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Revenue and Financials
15.6.3. Recent Developments
15.6.4. Key Personnel
15.6.5. Key Product/Services Offered
15.7. Google LLC
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Revenue and Financials
15.7.3. Recent Developments
15.7.4. Key Personnel
15.7.5. Key Product/Services Offered
15.8. Microsoft Corporation
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Revenue and Financials
15.8.3. Recent Developments
15.8.4. Key Personnel
15.8.5. Key Product/Services Offered
15.9. Zoom Video Communications Inc.
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Revenue and Financials
15.9.3. Recent Developments
15.9.4. Key Personnel
15.9.5. Key Product/Services Offered
15.10. Cisco Systems, Inc
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Revenue and Financials
15.10.3. Recent Developments
15.10.4. Key Personnel
15.10.5. Key Product/Services Offered
16. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Global Visual Collaboration Platform Software Market is undergoing a transformative evolution, driven by the changing landscape of work and communication. This dynamic market revolves around software solutions that enable real-time visual collaboration among individuals and teams, regardless of geographical distances. Key drivers of this market include the widespread adoption of remote and hybrid work models, the digitization of businesses through digital transformation initiatives, and the globalization of organizations. Visual Collaboration Platform Software offers a suite of features such as video conferencing, screen sharing, digital whiteboarding, and document collaboration, fostering seamless communication.
Large enterprises, with their global reach and complex operations, dominate the market, leveraging these tools to bridge geographical gaps and enhance productivity. Cloud-based solutions, with their accessibility, scalability, and cost-effectiveness, have gained prominence, reshaping modern collaborative workflows. Technological innovation, particularly in AI and cloud computing, continues to expand the capabilities of these platforms, while security and compliance features address the paramount concerns of data protection.
This market's influence extends across diverse industries, including healthcare, education, manufacturing, finance, and more. As the demand for flexible, efficient, and secure communication and collaboration solutions intensifies, the Global Visual Collaboration Platform Software Market remains at the forefront of reshaping the way organizations operate in a digitally interconnected world.
Key Market Drivers
Remote and Hybrid Work Trends:
One of the primary drivers accelerating the global Visual Collaboration Platform Software market is the rapid shift towards remote and hybrid work models. The COVID-19 pandemic acted as a catalyst for this transformation, compelling organizations to implement remote work solutions to ensure business continuity and employee safety. Even as the pandemic subsides, remote and hybrid work trends persist, with many companies opting to maintain flexible work arrangements.
Visual Collaboration Platform Software has played a pivotal role in enabling seamless communication and collaboration among remote teams. These platforms offer a suite of features, including video conferencing, screen sharing, digital whiteboarding, and document collaboration, allowing dispersed teams to work together effectively. As organizations embrace remote work as a long-term strategy, the demand for Visual Collaboration Platform Software continues to grow.
Digital Transformation Initiatives:
Enterprises worldwide are increasingly embarking on digital transformation journeys to remain competitive and meet evolving customer expectations. This shift towards digitization encompasses various aspects of business operations, including communication and collaboration. Visual Collaboration Platform Software aligns perfectly with these initiatives, providing a digital workspace that supports modern communication needs.
Organizations leverage these platforms to foster digital collaboration, enhance productivity, and streamline workflows. Features like real-time document editing, task management, and instant messaging facilitate efficient communication, reducing the need for lengthy email exchanges and physical meetings. As businesses prioritize digital transformation to remain agile and innovative, Visual Collaboration Platform Software becomes an indispensable tool in their toolkit.
Globalization and Distributed Teams:
The globalization of businesses and the rise of distributed teams have created a strong demand for Visual Collaboration Platform Software. Many organizations now operate on a global scale, with employees and partners spread across different geographies. Effective collaboration is essential to bridge geographical gaps, and visual collaboration platforms offer a practical solution.
These platforms facilitate real-time communication and collaboration, enabling teams to collaborate as if they were in the same room, regardless of their physical location. This has profound implications for multinational corporations, startups, and small businesses alike, enabling them to access a global talent pool, collaborate with international partners, and expand their market reach.
Advancements in Technology:
Advancements in technology, particularly in areas like artificial intelligence (AI) and cloud computing, are driving innovation in the Visual Collaboration Platform Software market. AI-powered features, such as real-time language translation, transcription services, and intelligent virtual assistants, are enhancing the user experience and expanding the capabilities of these platforms.
Cloud-based solutions offer scalability, flexibility, and accessibility, making it easier for organizations to deploy and manage Visual Collaboration Platform Software. Cloud services enable users to access collaboration tools from anywhere, on any device, with minimal infrastructure requirements. This convenience is a significant driver of adoption, particularly among small and medium-sized enterprises (SMEs).
Industry-Specific Applications:
Visual Collaboration Platform Software is finding applications across various industries, contributing to its market growth. Industries such as healthcare, education, manufacturing, and finance are leveraging these platforms to address unique challenges and opportunities.
For instance, telemedicine relies on visual collaboration for remote patient consultations, diagnostics, and medical training. In education, virtual classrooms and collaborative learning environments have become essential tools for distance education. In manufacturing, teams use visual collaboration platforms for remote troubleshooting, design reviews, and quality control. Financial institutions employ these platforms for secure client interactions and document sharing.
These industry-specific use cases highlight the adaptability and versatility of Visual Collaboration Platform Software, making it an attractive solution for a wide range of sectors.
Key Market Challenges
Security and Data Privacy Concerns:
One of the foremost challenges in the global Visual Collaboration Platform Software market pertains to security and data privacy. As organizations increasingly rely on these platforms to communicate and collaborate, they become repositories of sensitive and confidential information. Ensuring the security and privacy of this data is paramount.
Visual collaboration platforms are susceptible to various security threats, including data breaches, unauthorized access, and cyberattacks. Malicious actors can exploit vulnerabilities in the software or intercept communications, potentially leading to data leaks or privacy violations.
To address these challenges, vendors must continually invest in robust security measures, such as end-to-end encryption, secure user authentication, and regular security audits. Compliance with data protection regulations like GDPR and HIPAA is essential. Additionally, educating users about best practices for secure collaboration is crucial in mitigating security risks.
Bandwidth and Network Limitations:
Another significant challenge in the Visual Collaboration Platform Software market is the reliance on stable and high-speed internet connections. Effective visual collaboration heavily depends on real-time video and audio communication, which demands substantial bandwidth. In regions with limited internet infrastructure or unreliable connectivity, users may face issues such as lagging video, dropped calls, or poor audio quality.
Moreover, as organizations adopt bandwidth-intensive applications and technologies, network congestion can become a hindrance to seamless collaboration. This is especially problematic when multiple users within an organization are simultaneously engaged in video conferences or data-intensive collaborative tasks.
To address this challenge, vendors need to optimize their software to operate efficiently under varying network conditions, including low bandwidth scenarios. Users should have options to adjust video quality to match their available bandwidth. Additionally, organizations may need to invest in network upgrades to support the increasing demands of visual collaboration.
User Adoption and Training:
While the benefits of Visual Collaboration Platform Software are substantial, user adoption remains a challenge. Organizations often struggle to get employees to embrace and effectively use these tools. Resistance to change, unfamiliarity with the software, and concerns about productivity can hinder adoption rates.
To overcome this challenge, organizations must provide comprehensive training and support for users. This includes offering tutorials, user guides, and on-demand assistance. It's essential to emphasize the practical advantages of visual collaboration, such as reduced travel expenses and improved communication, to motivate users.
Additionally, organizations should encourage a culture of collaboration and make the software an integral part of daily workflows. Regularly soliciting user feedback and addressing pain points can help improve the user experience and drive adoption.
Compatibility and Interoperability:
Visual Collaboration Platform Software must seamlessly integrate with other tools and technologies used within organizations. Incompatibility or interoperability issues with existing software systems can impede the adoption and effectiveness of visual collaboration platforms.
For instance, difficulties in integrating with project management tools, email clients, or CRM systems can disrupt workflows and create inefficiencies. Compatibility issues can also limit the ability to share documents, data, or collaborative work between different platforms and devices.
Vendors in this market must prioritize interoperability by offering robust APIs and integrations with commonly used software applications. Open standards and a commitment to compatibility ensure that organizations can leverage their existing technology investments while benefiting from visual collaboration.
Scalability and Resource Management:
Scalability is a significant challenge for organizations as they expand their use of Visual Collaboration Platform Software. As user numbers increase, so does the demand on infrastructure resources. Scaling to accommodate a growing user base while maintaining performance can be a complex task.
Inadequate resource management can lead to issues like server overloads, service outages, or degraded performance. Organizations need to strike a balance between providing sufficient resources to support collaboration needs and controlling costs.
To address this challenge, vendors must offer scalable solutions that can adapt to changing usage patterns. This may involve leveraging cloud-based infrastructure or providing on-premises deployment options with resource management tools. Organizations must also proactively monitor resource utilization and plan for capacity upgrades to ensure a seamless user experience as their collaboration needs evolve.
Key Market Trends
Hybrid Work Models Driving Adoption of Visual Collaboration:
The emergence of hybrid work models, combining remote and in-person work, is a dominant trend shaping the Visual Collaboration Platform Software market. This shift is a direct response to the COVID-19 pandemic, which forced organizations to quickly adopt remote work solutions. Even as restrictions ease, many companies are opting to maintain hybrid work models to provide flexibility to their employees.
Visual Collaboration Platform Software plays a pivotal role in enabling effective communication and collaboration among remote and on-site teams. It offers features such as video conferencing, screen sharing, digital whiteboarding, and document collaboration. As organizations seek to create seamless hybrid work environments, demand for these solutions continues to grow.
Integration with Productivity and Workflow Tools:
Integration with productivity and workflow tools is a key trend in the Visual Collaboration Platform Software market. Businesses are increasingly seeking holistic solutions that streamline their communication and collaboration processes. Visual collaboration platforms are integrating with popular productivity suites, project management tools, and customer relationship management (CRM) systems.
This integration enhances efficiency by allowing users to access and share information seamlessly within their existing workflows. For example, users can schedule video meetings directly from their calendar applications, share documents from cloud storage platforms, and access collaboration tools within project management software. These integrations provide a unified user experience, reduce the need to switch between applications, and enhance overall productivity.
Enhanced Security and Compliance Features:
With the rise in remote work and the sharing of sensitive information through Visual Collaboration Platform Software, security and compliance have become paramount concerns. As a result, the market is witnessing a trend toward enhanced security features and compliance capabilities.
Visual collaboration software providers are implementing robust encryption methods, multi-factor authentication, and data loss prevention (DLP) measures to protect user data and communications. Additionally, they are ensuring compliance with industry-specific regulations, such as HIPAA for healthcare or GDPR for data privacy in Europe. These security and compliance features are critical for businesses across various sectors, further driving adoption.
AI-Powered Visual Collaboration:
Artificial intelligence (AI) is making significant inroads into the Visual Collaboration Platform Software market. AI-driven features are enhancing user experiences by automating tasks, improving video quality, and enabling advanced analytics.
One prominent application of AI in visual collaboration is in real-time language translation during video calls, breaking down language barriers in global communication. AI-driven virtual assistants can also schedule meetings, transcribe conversations, and generate meeting summaries. Additionally, AI is being used to improve video and audio quality, reducing background noise and optimizing video streaming.
Analytics powered by AI are helping organizations gain insights into their collaboration patterns, employee engagement, and meeting effectiveness. These trends are reshaping the way businesses use visual collaboration tools, making them smarter, more efficient, and user-friendly.
Customization and Personalization:
Visual Collaboration Platform Software is becoming more customizable and personalized to meet the specific needs of different organizations and industries. Vendors are offering solutions that can be tailored to individual preferences and workflows.
Customization options include the ability to brand the software with an organization's logo and color scheme, configure user permissions and access controls, and create custom templates for collaborative documents and presentations. Additionally, some platforms allow users to develop custom integrations and add-ons to extend functionality.
Personalization features enable users to organize their collaboration spaces, set notification preferences, and create individualized meeting layouts. These capabilities empower organizations to adapt visual collaboration tools to their unique requirements, fostering greater adoption and user satisfaction.
Segmental Insights
Type Insights
Cloud based segment dominates in the global visual collaboration platform software market in 2022. The dominance of the cloud-based segment in the Visual Collaboration Platform Software market is a testament to the transformative power of cloud computing in modern workplaces. Cloud-based solutions have surged in popularity and relevance, supplanting traditional on-premises software for a multitude of reasons.
First and foremost, cloud-based Visual Collaboration Platform Software offers unmatched convenience and accessibility. Users can access the software from any device with an internet connection, whether it's a laptop, tablet, or smartphone. This flexibility facilitates collaboration across diverse teams, locations, and time zones. It eliminates the constraints of physical proximity, making it ideal for remote and hybrid work environments, which have become the new norm.
Scalability is another compelling advantage. Cloud-based solutions can easily adapt to changing user needs. Organizations can scale up or down their usage, adding or removing users without the need for significant infrastructure investments or IT support. This scalability is particularly valuable for businesses with fluctuating workforces or project-based collaboration requirements.
Moreover, cloud-based Visual Collaboration Platform Software minimizes the burden on IT departments. Maintenance, updates, and security are managed by the software provider, reducing the strain on internal resources and ensuring that organizations always have access to the latest features and security patches.
Application Insights
Large enterprises segment dominates in the global visual collaboration platform software market in 2022. Large enterprises have emerged as the primary adopters and beneficiaries of Visual Collaboration Platform Software for several compelling reasons. These organizations, characterized by their extensive resources, expansive workforces, and complex operations, are uniquely positioned to leverage the full spectrum of features and capabilities offered by visual collaboration tools.
One of the key drivers of large enterprises' dominance in this market is the scale of their operations. These organizations often have global footprints, with teams, subsidiaries, and partners spread across various regions and time zones. Visual collaboration platforms empower them to bridge geographical gaps, facilitating real-time communication and collaboration regardless of physical location. This is particularly crucial for coordinating projects, sharing critical information, and making swift decisions across a vast and diverse workforce.
Moreover, large enterprises typically manage a multitude of projects, each requiring cross-functional teams to collaborate effectively. Visual collaboration tools offer a centralized platform for project management, enabling teams to communicate, share documents, and track progress efficiently. This streamlined approach enhances productivity, reduces bottlenecks, and ensures that complex projects stay on track.
Regional Insights
North America dominates the global visual collaboration platform software market in 2022. North America, particularly the United States, has long been a hub for technological innovation. The region is home to some of the world's most influential technology companies, which continually invest in research and development. This ecosystem fosters the creation of cutting-edge Visual Collaboration Platform Software solutions that drive market growth.
North America boasts a thriving startup culture, with numerous tech startups emerging in cities like Silicon Valley, San Francisco, and New York. These startups often pioneer new concepts and technologies in the visual collaboration space. The culture of innovation and risk-taking in the startup ecosystem contributes to the development of innovative solutions that gain traction in the market.
The region benefits from a well-developed IT infrastructure, including high-speed internet connectivity, reliable data centers, and cloud computing resources. This infrastructure forms the backbone for the seamless operation of Visual Collaboration Platform Software, ensuring low-latency video conferencing and efficient data sharing.
North American businesses have a history of early technology adoption, seeking innovative solutions to gain a competitive edge. This propensity to embrace new technologies has led to the rapid adoption of Visual Collaboration Platform Software in various industries, including finance, healthcare, education, and manufacturing.
North America's strong and diverse business ecosystem encompasses a wide range of industries, from tech giants to financial institutions and healthcare providers. These organizations have recognized the value of visual collaboration for improving communication, collaboration, and productivity. As early adopters, they have contributed significantly to the market's growth.
Key Market Players
RealtimeBoard, Inc.
Tactivos, Inc.
Lucid Software Inc.
Atlassian Corporation Plc
Stormboard, Inc.
Verizon Communications Inc.
Google LLC
Microsoft Corporation
Zoom Video Communications Inc.
Cisco Systems, Inc
Report Scope:
In this report, the Global Visual Collaboration Platform Software Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Visual Collaboration Platform Software Market, By Type:
o Cloud Based
o Web Based
• Visual Collaboration Platform Software Market, By Application:
o Large enterprises
o Small Enterprises & Medium Enterprises
• Visual Collaboration Platform Software Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 Germany
 France
 United Kingdom
 Italy
 Spain
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 South Korea
 Australia
o Middle East & Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 South Africa
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Visual Collaboration Platform Software Market.
Available Customizations:
Global Visual Collaboration Platform Software Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Service Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Baseline Methodology
2.2. Key Industry Partners
2.3. Major Association and Secondary Sources
2.4. Forecasting Methodology
2.5. Data Triangulation & Validation
2.6. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Global Visual Collaboration Platform Software Market
5. Voice of Customer
6. Global Visual Collaboration Platform Software Market Overview
7. Global Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type (Cloud Based, Web Based)
7.2.2. By Application (Large enterprises, Small Enterprises & Medium Enterprises)
7.2.3. By Region (North America, Europe, South America, Middle East & Africa, Asia Pacific)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. North America Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Application
8.2.3. By Country
8.2.3.1. United States Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
8.2.3.1.1. Market Size & Forecast
8.2.3.1.1.1. By Value
8.2.3.1.2. Market Share & Forecast
8.2.3.1.2.1. By Type
8.2.3.1.2.2. By Application
8.2.3.2. Canada Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
8.2.3.2.1. Market Size & Forecast
8.2.3.2.1.1. By Value
8.2.3.2.2. Market Share & Forecast
8.2.3.2.2.1. By Type
8.2.3.2.2.2. By Application
8.2.3.3. Mexico Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
8.2.3.3.1. Market Size & Forecast
8.2.3.3.1.1. By Value
8.2.3.3.2. Market Share & Forecast
8.2.3.3.2.1. By Type
8.2.3.3.2.2. By Application
9. Europe Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Application
9.2.3. By Country
9.2.3.1. Germany Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.2.3.1.1. Market Size & Forecast
9.2.3.1.1.1. By Value
9.2.3.1.2. Market Share & Forecast
9.2.3.1.2.1. By Type
9.2.3.1.2.2. By Application
9.2.3.2. France Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.2.3.2.1. Market Size & Forecast
9.2.3.2.1.1. By Value
9.2.3.2.2. Market Share & Forecast
9.2.3.2.2.1. By Type
9.2.3.2.2.2. By Application
9.2.3.3. United Kingdom Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.2.3.3.1. Market Size & Forecast
9.2.3.3.1.1. By Value
9.2.3.3.2. Market Share & Forecast
9.2.3.3.2.1. By Type
9.2.3.3.2.2. By Application
9.2.3.4. Italy Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.2.3.4.1. Market Size & Forecast
9.2.3.4.1.1. By Value
9.2.3.4.2. Market Share & Forecast
9.2.3.4.2.1. By Type
9.2.3.4.2.2. By Application
9.2.3.5. Spain Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
9.2.3.5.1. Market Size & Forecast
9.2.3.5.1.1. By Value
9.2.3.5.2. Market Share & Forecast
9.2.3.5.2.1. By Type
9.2.3.5.2.2. By Application
10. South America Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By Application
10.2.3. By Country
10.2.3.1. Brazil Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
10.2.3.1.1. Market Size & Forecast
10.2.3.1.1.1. By Value
10.2.3.1.2. Market Share & Forecast
10.2.3.1.2.1. By Type
10.2.3.1.2.2. By Application
10.2.3.2. Colombia Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
10.2.3.2.1. Market Size & Forecast
10.2.3.2.1.1. By Value
10.2.3.2.2. Market Share & Forecast
10.2.3.2.2.1. By Type
10.2.3.2.2.2. By Application
10.2.3.3. Argentina Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
10.2.3.3.1. Market Size & Forecast
10.2.3.3.1.1. By Value
10.2.3.3.2. Market Share & Forecast
10.2.3.3.2.1. By Type
10.2.3.3.2.2. By Application
11. Middle East & Africa Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Type
11.2.2. By Application
11.2.3. By Country
11.2.3.1. Saudi Arabia Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
11.2.3.1.1. Market Size & Forecast
11.2.3.1.1.1. By Value
11.2.3.1.2. Market Share & Forecast
11.2.3.1.2.1. By Type
11.2.3.1.2.2. By Application
11.2.3.2. UAE Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
11.2.3.2.1. Market Size & Forecast
11.2.3.2.1.1. By Value
11.2.3.2.2. Market Share & Forecast
11.2.3.2.2.1. By Type
11.2.3.2.2.2. By Application
11.2.3.3. South Africa Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
11.2.3.3.1. Market Size & Forecast
11.2.3.3.1.1. By Value
11.2.3.3.2. Market Share & Forecast
11.2.3.3.2.1. By Type
11.2.3.3.2.2. By Application
12. Asia Pacific Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value
12.2. Market Size & Forecast
12.2.1. By Type
12.2.2. By Application
12.2.3. By Country
12.2.3.1. China Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.2.3.1.1. Market Size & Forecast
12.2.3.1.1.1. By Value
12.2.3.1.2. Market Share & Forecast
12.2.3.1.2.1. By Type
12.2.3.1.2.2. By Application
12.2.3.2. India Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.2.3.2.1. Market Size & Forecast
12.2.3.2.1.1. By Value
12.2.3.2.2. Market Share & Forecast
12.2.3.2.2.1. By Type
12.2.3.2.2.2. By Application
12.2.3.3. Japan Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.2.3.3.1. Market Size & Forecast
12.2.3.3.1.1. By Value
12.2.3.3.2. Market Share & Forecast
12.2.3.3.2.1. By Type
12.2.3.3.2.2. By Application
12.2.3.4. South Korea Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.2.3.4.1. Market Size & Forecast
12.2.3.4.1.1. By Value
12.2.3.4.2. Market Share & Forecast
12.2.3.4.2.1. By Type
12.2.3.4.2.2. By Application
12.2.3.5. Australia Visual Collaboration Platform Software Market Outlook
12.2.3.5.1. Market Size & Forecast
12.2.3.5.1.1. By Value
12.2.3.5.2. Market Share & Forecast
12.2.3.5.2.1. By Type
12.2.3.5.2.2. By Application
13. Market Dynamics
13.1. Drivers
13.2. Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Company Profiles
15.1. RealtimeBoard, Inc.
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Revenue and Financials
15.1.3. Recent Developments
15.1.4. Key Personnel
15.1.5. Key Product/Services Offered
15.2. Tactivos, Inc.
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Revenue and Financials
15.2.3. Recent Developments
15.2.4. Key Personnel
15.2.5. Key Product/Services Offered
15.3. Lucid Software Inc.
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Revenue and Financials
15.3.3. Recent Developments
15.3.4. Key Personnel
15.3.5. Key Product/Services Offered
15.4. Atlassian Corporation Plc
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Revenue and Financials
15.4.3. Recent Developments
15.4.4. Key Personnel
15.4.5. Key Product/Services Offered
15.5. Stormboard, Inc.
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Revenue and Financials
15.5.3. Recent Developments
15.5.4. Key Personnel
15.5.5. Key Product/Services Offered
15.6. Verizon Communications Inc.
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Revenue and Financials
15.6.3. Recent Developments
15.6.4. Key Personnel
15.6.5. Key Product/Services Offered
15.7. Google LLC
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Revenue and Financials
15.7.3. Recent Developments
15.7.4. Key Personnel
15.7.5. Key Product/Services Offered
15.8. Microsoft Corporation
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Revenue and Financials
15.8.3. Recent Developments
15.8.4. Key Personnel
15.8.5. Key Product/Services Offered
15.9. Zoom Video Communications Inc.
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Revenue and Financials
15.9.3. Recent Developments
15.9.4. Key Personnel
15.9.5. Key Product/Services Offered
15.10. Cisco Systems, Inc
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Revenue and Financials
15.10.3. Recent Developments
15.10.4. Key Personnel
15.10.5. Key Product/Services Offered
16. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る