世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

仮想ネットワーキング市場の世界産業規模、シェア、動向、機会、予測、セグメント:コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス))、展開モデル別(オンプレミス、クラウドベース)、エンドユーザー産業別(IT・通信、BFSI(銀行、金融サービス、保険)、ヘルスケア、政府・防衛、製造、小売、エネルギー・公益事業、その他)、地域別、競合別、2018年~2028年


Virtual Networking Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented by Component (Software, Hardware, Services (Professional Services, Managed Services)), By Deployment Model (On-Premises, Cloud-Based) By End-User Industry (IT and Telecommunications, BFSI (Banking, Financial Services, and Insurance), Healthcare, Government and Defense, Manufacturing, Retail, Energy and Utilities, Others), By Region, By Competition, 2018-2028

世界の仮想ネットワーキング市場は、近年著しい成長を遂げており、2028年まで力強い勢いを維持する見通しである。2022年の市場規模は356.3億ドルで、予測期間中の複合年間成長率は22.89%を記録すると予測されて... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
182 英語

 

サマリー

世界の仮想ネットワーキング市場は、近年著しい成長を遂げており、2028年まで力強い勢いを維持する見通しである。2022年の市場規模は356.3億ドルで、予測期間中の複合年間成長率は22.89%を記録すると予測されている。
仮想ネットワーキング市場は、世界規模でさまざまな産業に広く採用されていることが原動力となり、近年大幅な成長を遂げている。IT・通信、銀行・金融、ヘルスケアなどの重要なセクターは、仮想ネットワーキングをネットワークインフラを最適化し、進化するデジタル環境に適応するための極めて重要なコンポーネントとして認識している。
この成長の背景には、今日のデジタルトランスフォーメーションの時代に不可欠な、柔軟で拡張性の高いネットワーキングソリューションに対する需要の高まりがあります。企業がクラウドベースの業務やリモートワーク環境に移行するにつれ、俊敏でコスト効率の高いネットワークソリューションの必要性が最も高まっています。仮想ネットワーキングは、変化する要件に容易に適応できる仮想ネットワークの構築を可能にすることで、こうしたニーズに対応し、シームレスな接続性と効率的なリソース割り当てを実現します。
さらに、金融や医療などの分野では厳しい規制基準やコンプライアンス要件があるため、企業は先進的な仮想ネットワーキング・ソリューションに多額の投資を行うようになっている。これらのソリューションは、高品質なネットワーク・パフォーマンスを確保しながら、規制上の要求を満たすために必要なセキュリティとコンプライアンス対策を提供します。セキュアなアクセス制御、暗号化、脅威検出メカニズムなどの機能は、コンプライアンスを達成し、機密データを保護するために、仮想ネットワーキング ソリューションに統合されている。
仮想ネットワーキング市場の拡大には、イノベーションも重要な役割を果たしている。大手プロバイダーは、監視機能の強化、IoT技術とのシームレスな統合、自動ネットワーク制御を備えた最先端の製品を発表している。これらの技術革新は、ネットワーク管理を改善するだけでなく、生産性と運用効率を向上させている。人工知能、ロボット工学、3Dプリンティングなどの技術を取り入れることで、仮想ネットワークインフラの構築と展開に革命をもたらし、人的介入を減らしてネットワーク性能を最適化している。
高度なネットワーキング・ソリューションに対する需要の高まりは、データ集約的なアプリケーションと新興技術の急速な成長によってさらに後押しされている。ヘルスケアや製薬などの業界では、遠隔医療、データ分析、共同研究など、重要な業務をサポートするために仮想ネットワークを活用している。さらに、製造業、特に医療機器や機密性の高い医薬品の生産において、仮想ネットワーキングの利用が増加しており、ネットワークの信頼性とセキュリティを確保する上で不可欠な役割を担っていることが浮き彫りになっています。
堅牢なセキュリティとコンプライアンスを維持しながら、オペレーションの俊敏性と拡張性を高める上で、仮想ネットワーキングが極めて重要な役割を果たすことが各分野の企業で認識されるにつれ、同市場は持続的な成長を遂げようとしている。デジタル・ネットワーク・インフラストラクチャー・ソリューションを通じて高成長産業をサポートする能力は、バーチャル・ネットワーキング市場の将来性を確実なものにしている。技術革新、セキュリティ、法規制の遵守に引き続き注力することで、相互接続とデジタル化がますます進むビジネス環境の中で、同市場は成長を遂げるだろう。

主な市場牽引要因

デジタルトランスフォーメーションとクラウドの採用

仮想ネットワーキング市場の急成長を後押ししている主な要因の1つは、世界的なデジタル変革の波とクラウドコンピューティングの普及である。企業が業務をクラウドに移行し、デジタル技術を活用する動きが加速するにつれ、俊敏で拡張性が高く、コスト効率の高いネットワーク・ソリューションに対する需要が急増している。
柔軟性と適応性を特徴とする仮想ネットワーキング・ソリューションは、この変革をサポートする上で極めて重要な役割を果たしている。このソリューションにより、企業は進化するニーズに合わせた仮想ネットワークを構築し、シームレスな接続性と効率的なリソース割り当てを実現できます。リソースのオンデマンド・プロビジョニング、ネットワーク・トラフィックの最適化、リモート・ワークフォースのセキュアな接続など、仮想ネットワーキング・ソリューションは、デジタル環境の複雑さを乗り越える力を企業に与えます。
要するに、進行中のデジタル革命によって、仮想ネットワーキングは現代の事業運営に不可欠なものとなっているのです。企業はこれらのソリューションを活用することで、競争力を強化し、業務を合理化し、市場ダイナミクスに対応するための俊敏性を高めています。

リモートワークフォースとハイブリッドワークモデル

COVID-19パンデミックなどの世界的な出来事によって加速したリモートワークとハイブリッドワークモデルの出現は、バーチャル・ネットワーキング市場の勢いに大きく貢献している。世界中の組織は、分散する従業員に対応し、重要なリソースへのセキュアでシームレスなリモートアクセスを確保するために、ネットワークインフラを再評価する必要に迫られている。
仮想プライベート・ネットワーク(VPN)、ソフトウェア・デファインド・ネットワーキング(SDN)、セキュア・アクセス・サービス・エッジ(SASE)ソリューションなどの仮想ネットワーキング技術は、リモート・コラボレーションやデータ・アクセスを促進する上で不可欠なものとなっている。これらのテクノロジーは、従業員が遠隔地から企業ネットワークに安全に接続し、機密データの機密性と完全性を確保することを可能にします。
さらに、従業員がオフィスとリモートを行き来するハイブリッド・ワーク・モデルを企業が採用するにつれ、適応性の高いネットワーキング・ソリューションの必要性が高まっています。仮想ネットワーキングは、リモート接続を可能にするだけでなく、ユーザーやデバイスのパターンの変化に対応できるダイナミックで俊敏なネットワーク環境をサポートします。
現代の労働力においてリモートワークが普及し進化し続けているため、仮想ネットワーキング市場は持続的な成長が見込まれている。企業は、従業員に企業リソースへの安全かつ効率的なアクセスを提供するために仮想ネットワーキング・ソリューションに投資しており、進化する仕事の世界における同市場の重要性を高めている。

IoTの普及とエッジコンピューティング

モノのインターネット(IoT)デバイスの急増とエッジコンピューティングの台頭は、ネットワーキング・インフラに新たな複雑性をもたらし、仮想ネットワーキング・ソリューションの需要をさらに押し上げている。IoTデバイスはネットワークのエッジで大量のデータを生成するため、デバイスと集中型データセンター間の効率的なデータ処理と通信が必要となる。
仮想ネットワーキング・テクノロジー、特にエッジ・コンピューティングに関連するテクノロジーは、こうした課題に対処する上で重要な役割を果たす。この技術により、エッジでのリアルタイム・データ処理を促進する分散型低遅延ネットワークの構築が可能になる。これは、自律走行車、スマートシティ、産業オートメーションなど、即時の意思決定が不可欠なアプリケーションにとって極めて重要です。
仮想ネットワーキングをエッジ・コンピューティング・アーキテクチャに組み込むことで、IoT展開のスケーラビリティ、セキュリティ、信頼性が向上する。これにより、企業は膨大な数のデバイスを効率的に管理できるようになり、同時にデータプライバシーと規制要件へのコンプライアンスも確保できる。
IoTの導入が各業界で拡大し続けるなか、仮想ネットワーキング市場は、IoT主導の複雑なネットワーキングを実現する重要なイネーブラーとして成長する見込みだ。企業は、IoTイニシアチブをサポートする堅牢な仮想ネットワーク・インフラストラクチャの重要性を認識し、仮想ネットワーキング・ソリューションをデジタルトランスフォーメーション戦略の不可欠な一部にしている。
主な市場課題

仮想ネットワーキングにおけるセキュリティの懸念
仮想ネットワーキング市場が直面する最大の課題の1つは、セキュリティへの懸念である。デジタルトランスフォーメーションを促進し、リモートワークをサポートするために仮想ネットワーキングへの依存が高まる中、仮想環境のセキュリティを確保することが最重要課題となっている。いくつかの重要なセキュリティ上の課題が最前線にある:

a.サイバー脅威と脆弱性:サイバー脅威と脆弱性:仮想ネットワーキングは、サイバーセキュリティの面で新たな複雑性をもたらす。仮想マシン、コンテナ、Software-Defined Networkによって攻撃対象が拡大し、サイバー脅威の侵入口が増える。サイバー犯罪者は仮想化インフラ内の脆弱性を素早く悪用するため、企業は仮想資産を保護するための強固なセキュリティ対策への投資が不可欠となる。
b.データのプライバシーとコンプライアンス:b. データ・プライバシーとコンプライアンス:仮想ネットワークを経由するデータにより、企業はデータ・プライバシーとコンプライアンスに関する課題の高まりに直面する。GDPRやHIPAAなどの規制要件を満たすことは、データが地域やクラウドプロバイダーを越えて分散される可能性がある仮想環境ではより複雑になる。仮想ネットワーク内の機密情報の機密性と完全性を確保することは、継続的な課題である。
c.安全なリモートアクセス:c. 安全なリモート・アクセス:リモート・ワークの増加により、仮想ネットワーク内での安全なリモート・アクセス・ソリューションの必要性が高まっている。組織は、遠隔地の従業員、請負業者、パートナーのために安全な接続を確立すると同時に、重要なリソースへの不正アクセスを防止しなければならない。アクセシビリティとセキュリティの微妙なバランスを達成することは、継続的な課題である。
d.インサイダーの脅威:仮想ネットワーキング環境は、インサイダーの脅威と無縁ではない。従業員や第三者ユーザーによる悪意ある行為や過失は、ネットワーク・セキュリティを危険にさらす可能性がある。仮想領域における内部脅威の検知と緩和には、高度な監視とアクセス・コントロールの仕組みが必要です。
こうしたセキュリティ上の課題に対処するには、高度なサイバーセキュリティ・ツール、定期的な脆弱性評価、従業員トレーニング、ベストプラクティスの遵守を組み合わせた包括的なアプローチが必要です。仮想ネットワーキング市場は、仮想化インフラを保護する強固なセキュリティ・ソリューションを提供するために、絶えず進化し続けなければならない。
ネットワークの複雑性と管理
仮想ネットワーキング市場におけるもうひとつの重要な課題は、ネットワークアーキテ クチャとその管理の複雑化である。仮想ネットワーキングへの移行には、いくつかの複雑性が伴う:
a.スケーラビリティ:a. スケーラビリティ:仮想ネットワークは、ワークロードの増大や新たな仮想リソースの追加に対応するため、迅速に拡張できなければならない。パフォーマンスと安定性を維持しながら、このスケーラビリティを管理するのは大変なことです。
b.相互運用性:b. 相互運用性:組織は、物理コンポーネントと仮想コンポーネントが混在する異機種混合の環境で運用されることが多い。これらの要素間のシームレスな相互運用性を確保するとともに、さまざまなベンダーのソリューションとの互換性を確保することは、継続的な課題となっている。
c.オーケストレーションと自動化:c. オーケストレーションと自動化:仮想ネットワーキングは、プロビジョニング、コンフィギュレーション、管理を合理化するために、オーケストレーションと自動化ツールに大きく依存している。しかし、これらのツールを効果的に導入し、既存のITシステムと統合するには、複雑な作業とリソースの集約が必要となる。
d.モニタリングと可視性:d. 監視と可視性: 仮想ネットワークのパフォーマンスとセキュリティの監視は、従来型ネット ワークよりも困難な場合がある。異常やボトルネックの検出を含め、仮想環境に対するリアルタイムの可視性を確保することは、効率的な管理にとって極めて重要である。
e.e. スキル・ギャップ:仮想ネットワーク技術の進化に伴い、仮想化ネットワークを効果 的に設計、導入、管理できる熟練した専門家の需要が高まっている。スキルギャップを埋め、このダイナミックな分野で人材を確保することは、人的資源の課題でもある。
このようなネットワークの複雑性と管理の課題に対処するため、企業は、仮想化インフラストラクチャの集中制御、自動化、可視化を提供するネットワーク管理およびオーケストレーション・ソリューションに注目している。さらに、仮想ネットワーキングの複雑さを効果的に乗り切るためには、ITチームのトレーニングとスキル開発に投資することが不可欠です。

主な市場動向

エッジコンピューティングの統合
仮想ネットワーキング市場を形成する顕著なトレンドの1つは、エッジコンピューティングの統合である。エッジコンピューティングは、データをソースにより近い場所で処理することで、待ち時間を短縮し、リアルタイムの意思決定を可能にする。このトレンドは、いくつかの点で仮想ネットワーキングに大きな影響を与えている:

a.分散ネットワーク・アーキテクチャ:a.分散ネットワーク・アーキテクチャ:エッジ・コンピューティングにより、企業はネットワークのエッジにコンピューティング・リソースを配備するようになり、多くの場合、リモート環境やモバイル環境に配備される。このため、エッジデバイスとデータセンターをシームレスに接続できる分散ネットワークアーキテクチャの構築が必要となります。仮想ネットワーキング・ソリューションは、このような分散ネットワークをサポートし、エッジリソースとコアリソース間の低レイテンシ接続と効率的なデータ転送を実現するために進化しています。

b.エッジサービスのためのネットワーク・スライシング:エッジ・コンピューティング・アプリケーションの多様な要件を満たすため、仮想ネットワーキングはネットワーク・スライシング機能を取り入れつつある。ネットワーク・スライシングにより、特定のエッジ・サービスに最適化された、カスタマイズされた独立したネットワーク・セグメントの作成が可能になります。この傾向により、企業は自律走行車、産業用IoT、拡張現実など、さまざまなエッジ・アプリケーションの固有のニーズに基づいてネットワーク・リソースを動的に割り当てることができる。

c.c.エッジにおけるセキュリティ:エッジコンピューティングは、エッジデバイスに堅牢なセキュリティ機能がない可能性があるため、セキュリティ上の新たな課題をもたらす。仮想ネットワーキング・ソリューションは、暗号化、脅威検出、セキュアなアクセス制御など、エッジで強化されたセキュリティを提供するよう適応している。これらのセキュリティ対策は、エッジ環境において重要なデータやアプリケーションを保護するために極めて重要である。

エッジ・コンピューティングの仮想ネットワーキングへの統合は、エッジにおける低レイテンシー処理とリアルタイム・インサイトの利点を活用しようとする組織の動きに伴って、今後も続くと予想される。

2.インテント・ベース・ネットワーキング(IBN)

インテント・ベース・ネットワーキング(IBN)は、仮想ネットワーキング市場を変革するトレンドとして台頭している。IBNは、ハイレベルなビジネス・インテントをネットワーク・ポリシーとアクションに変換することに重点を置いたネットワーキング・アプローチです。このトレンドの特徴は以下のとおりです:

a.自動化と自己最適化:IBN は、事前に定義された意図に基づいてネットワーク・リソースを設定、監視、最適化する自動化に大きく依存している。仮想ネットワーキング・ソリューションは、ルーチン・ネットワーク・タスクを自動化し、人的介入を減らし、ネットワークの俊敏性を高めるためにIBNの原則を採用しています。この傾向は、ダイナミックで複雑な仮想環境において特に価値がある。

b.b. 予測分析とAI: IBNは、予測分析と人工知能(AI)を活用して、ネットワークの問題を予測し、プロアクティブに対処する。仮想ネットワーキング・ソリューションは、ネットワーク・パフォーマンスに対するリアルタイムの洞察を提供し、異常を検出し、是正措置を推奨するために、AI主導のアナリティクスを組み込んでいる。この傾向により、ネットワークの信頼性が向上し、ダウンタイムが短縮されます。

c.c. インテント・ベースト・セキュリティ:IBNは、意図に基づいてセキュリティ・ポリシーを定義することで、その原則をセキュリティに拡張する。仮想ネットワーキング・ソリューションは、インテント・ベースのセキュリティ対策を統合し、組織がセキュリティ目標を定義し、脅威対応を自動化できるようにしている。この傾向はネットワーク・セキュリティを強化し、進化するサイバーセキュリティ要件へのコンプライアンスを保証する。

ネットワークの挙動をビジネスの意図に合わせるIBNの能力は、仮想ネットワーキングにおける説得力のあるトレンドとなり、組織にネットワーク・リソースの管理におけるより大きな制御性、俊敏性、効率性を提供します。

3.サービスとしてのネットワーク(NaaS)
Network as a Service (NaaS)は、ネットワーキング・サービスにサブスクリプション・ベース・モデルを提供することで、仮想ネットワーキング市場に革命をもたらしています。このトレンドは、企業のネットワーク・インフラストラクチャの導入と管理方法を再構築しています:

a.柔軟なネットワーク消費:a.柔軟なネットワーク利用:NaaSを利用することで、企業は特定のニーズに基づいて柔軟にネットワーキング・サービスを利用し、必要に応じてリソースを増減できる。仮想ネットワーキング・ソリューションはNaaSモデルを提供するよう適応しており、ネットワーク・リソースへのオンデマンド・アクセスを提供し、インフラへの大規模な先行投資の必要性を減らしている。

b.マルチクラウド接続性:NaaSはマルチクラウド環境間でのシームレスな接続を可能にする。仮想ネットワーキング・ソリューションは、一元的な管理とポリシー施行を提供することでマルチクラウド接続を促進し、企業はさまざまなクラウド・プロバイダー間で一貫したネットワーク・パフォーマンスとセキュリティを維持できる。

c.c. マネージド・サービスとサポート:NaaSにはマネージド・サービスとサポートが含まれることが多く、企業はネットワーク管理とトラブルシューティングの負担から解放される。仮想ネットワーキング・プロバイダーは、マネージドNaaSソリューションの提供を拡大しており、エンド・ツー・エンドのサポートとネットワーク運用の専門知識を提供している。

NaaSが勢いを増すにつれ、仮想ネットワーキングは、費用対効果に優れ、スケーラブルで俊敏なネットワーキング・ソリューションを求める組織の需要に応えるよう進化している。この傾向は、迅速な適応性とリソースの最適化が求められるビジネス環境において特に重要である。
セグメント別インサイト
コンポーネントの洞察
2022年の仮想ネットワーキング市場では、プロフェッショナルサービスとマネージドサービスを含むサービス分野が圧倒的な強さを見せ、予測期間を通じてその優位性を維持する見通しである。サービスは、仮想ネットワーキングソリューションの導入と管理を成功させるための要となっており、市場での優位性を牽引している。サービスが主導権を握る理由は以下の通り:
プロフェッショナルサービス:仮想ネットワーキング・プロジェクトに着手する組織は、ネットワーク・インフラを効果的に設計、導入、最適化するための専門知識を必要とする。ベンダーやサードパーティのコンサルタントが提供するプロフェッショナル・サービスは、ネットワークのニーズを評価し、ニーズに合わせたソリューションを構築し、既存のITエコシステムとのシームレスな統合を実現する上で、非常に貴重なサポートを提供します。これらのサービスには、ネットワーク・アーキテクチャの設計、実装、移行、および継続的なメンテナンスが含まれます。仮想ネットワーキング環境が複雑化する中、企業はその複雑さをナビゲートし、投資から最大限の価値を引き出すために、プロフェッショナル・サービスに大きく依存しています。仮想ネットワーキングが進化し続ける中、こうしたコンサルティング・サービスへの需要は引き続き堅調に推移すると予想される。
マネージド・サービス:マネージド・サービス分野は仮想ネットワーキング市場の要であり、企業にネットワーク管理への包括的で手間のかからないアプローチを提供する。マネージド・サービス・プロバイダー(MSP)は、モニタリング、セキュリティ、パフォーマンス・チューニング、トラブルシューティングなど、仮想ネットワーク・インフラ全体の監督と最適化に責任を負う。このアウトソーシング・モデルは、仮想ネットワーキングに関連する運用負担を軽減し、中核的な目標に集中できるようにしようとする企業にとって非常に魅力的です。さらに、サイバーセキュリティの脅威が急増する中、このセグメントにおけるマネージド・セキュリティ・サービスは、組織が強固な脅威の検出と対応能力を優先するため、大きな需要を目の当たりにしている。企業がネットワークの俊敏性とコスト効率の向上に努める中、マネージド・サービス・モデルは、複雑な仮想ネットワーキングの課題に対する総合的なソリューションを提供し、その優位性を維持する構えだ。
サービス部門の優位性は、専門知識、サポート、マネージド・ソリューションが、企業が仮想ネットワーキング技術の可能性を最大限に活用する上で果たす重要な役割を裏付けている。市場が進化を続ける中、サービスプロバイダーは、仮想ネットワーキング環境の複雑さに対応する企業の刻々と変化するニーズに対応するため、革新的なサービスを提供し、拡大していくことが期待されている。
展開モデルの洞察

2022年には、クラウドベースの展開モデルが仮想ネットワーキング市場の支配的なセグメントとして台頭し、予測期間を通じてその優位性を維持すると予測されている。この傾向は、企業のネットワークインフラへの取り組み方における変革的なシフトを反映している。以下は、クラウドベースの導入モデルが主導権を握った理由である:
俊敏性と拡張性:クラウドベースの仮想ネットワーキング・ソリューションは、比類のない俊敏性と拡張性を提供する。クラウドベースの仮想ネットワーキング・ソリューションは、卓越した俊敏性と拡張性を備えているため、企業はネットワーク・リソースを迅速にプロビジョニング、拡張、変更し、需要の変化に対応することができます。デジタルトランスフォーメーションが重視され、クラウドネイティブなアプリケーションの導入が進む中、クラウドベースの導入モデルの柔軟性は、現代企業のダイナミックなニーズに完全に合致しています。
コスト効率:クラウドベースの仮想ネットワーキングでは、オンプレミスのハードウェアやインフラに多額の先行投資をする必要がありません。その代わりに、サブスクリプションベースの従量課金モデルを活用することで、コスト構造を最適化し、実際の使用量に見合った経費を計上することができます。この経済的な柔軟性は、一流のネットワーキング機能を維持しながらIT予算の合理化を目指す企業にとって特に魅力的です。
グローバルなリーチとアクセシビリティ:クラウドベースのソリューションは、グローバルリーチとアクセシビリティを提供し、リモートオフィス、モバイルワークフォース、地理的に分散したチームがネットワークリソースにシームレスにアクセスできるようにします。この機能は、リモートワーク、マルチクラウド戦略、エッジコンピューティングの普及により、地理的制約のない接続性が求められる時代において極めて重要です。
マネージド・サービスの統合:クラウドベースの導入により、マネージドサービスとNaaS(Network as a Service)の統合が容易になり、企業はサードパーティプロバイダーにネットワーク管理とセキュリティをアウトソーシングできるようになる。この傾向は、包括的なネットワーク・サポートと専門知識を求める企業に包括的なソリューションを提供するため、クラウドベースのモデルの魅力をさらに高めている。
セキュリティとコンプライアンス:クラウド・プロバイダーは、セキュリティ対策やコンプライアンス認証に多額の投資を行っており、データ保護や規制遵守に関する懸念に対応している。企業は、クラウドプラットフォームの堅牢なセキュリティインフラを活用し、仮想ネットワークとデータの機密性と完全性を確保することができます。
企業がネットワーキング戦略において柔軟性、コスト効率、グローバルなアクセシビリティを優先し続ける中、クラウドベースの展開モデルは仮想ネットワーキング市場における優位性を維持すると予想される。クラウドベースの導入モデルは、デジタル時代の進化する需要に適応しながらネットワークインフラを近代化しようとする組織にとって、魅力的なソリューションとなる。
地域別洞察
2022年の世界の仮想ネットワーキング市場は北米が圧倒的で、市場シェア全体の35%以上を占めた。これは、米国のような国々には、HIPAA、PCI DSSなどの厳しいデータプライバシーとセキュリティの法律と規制があり、業界全体で仮想ネットワーキングソリューションの採用を促進しているためである。

この地域は、2023-2033年の予測期間中も優位性を維持すると見られている:
- 大手仮想ネットワーキング・ベンダの存在と、新技術の早期採用を保証する高度なインフラの利用可能性。
- レガシー・ネットワークを近代化し、ワークロードをクラウド環境に移行するデジタル・トランスフォーメーションのトレンドの高まり。これが仮想ネットワーキングのニーズを後押ししている。
- AWS、Microsoft Azure、Google Cloudなどの大手クラウドプロバイダーによる、この地域でのインフラとサービス能力の拡大に向けた投資の増加。
- モバイル・デバイスの高い普及率とIoT接続の急増が、俊敏でスケーラブル、かつ自動化されたネットワーキング・ソリューションの必要性を煽っている。
そのため、厳しい規制コンプライアンス要件、高度なインフラ、クラウド導入の拡大、デジタルトランスフォーメーションに対する高い需要が、予測期間中に北米地域が仮想ネットワーキング市場をリードするための好環境を作り出している。
主要市場プレイヤー
シスコシステムズ
ヴイエムウェア
ファーウェイ・テクノロジーズ
マイクロソフト
IBMコーポレーション
ジュニパーネットワークス株式会社
オラクル株式会社
シトリックス・システムズ
F5, Inc.
A10 ネットワークス

レポートの範囲
本レポートでは、仮想ネットワーキングの世界市場を以下のカテゴリに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 仮想ネットワーキング市場、コンポーネント別
o ソフトウェア
o ハードウェア
o サービス(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)
- 仮想ネットワーキング市場:展開モデル別
o オンプレミス
o クラウドベース
- 仮想ネットワーキング市場:エンドユーザー産業別
o ITおよび通信
o BFSI(銀行、金融サービス、保険)
o ヘルスケア
o 政府・防衛
o 製造業
o 小売
o エネルギー・公益事業
o その他
- 仮想ネットワーキング市場、地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
ヨーロッパ
 フランス
 イギリス
 イタリア
 ドイツ
 スペイン
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 オーストラリア
 韓国
南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
o 中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 UAE
 クウェート
 トルコ
 エジプト
競争状況
企業プロフィール:世界の仮想ネットワーキング市場における主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、与えられた市場データをもとに、仮想ネットワーキングの世界市場レポートにおいて、企業固有のニーズに合わせたカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Service Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Voice of Customer
5. Global Virtual Networking Market Overview
6. Global Virtual Networking Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Component (Software, Hardware, Services (Professional Services, Managed Services)
6.2.2. By Deployment Model (On-Premises, Cloud-Based)
6.2.3. By End-User Industry ((IT and Telecommunications, BFSI (Banking, Financial Services, and Insurance), Healthcare, Government and Defense, Manufacturing, Retail, Energy and Utilities, Others)
6.2.4. By Region
6.3. By Company (2022)
6.4. Market Map
7. North America Virtual Networking Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component
7.2.2. By Deployment Model
7.2.3. By End-User Industry
7.2.4. By Country
7.3. North America: Country Analysis
7.3.1. United States Virtual Networking Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Component
7.3.1.2.2. By Deployment Model
7.3.1.2.3. By End-User Industry
7.3.2. Canada Virtual Networking Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Component
7.3.2.2.2. By Deployment Model
7.3.2.2.3. By End-User Industry
7.3.3. Mexico Virtual Networking Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecast
7.3.3.2.1. By Component
7.3.3.2.2. By Deployment Model
7.3.3.2.3. By End-User Industry
8. Europe Virtual Networking Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Deployment Model
8.2.3. By End-User Industry
8.2.4. By Country
8.3. Europe: Country Analysis
8.3.1. Germany Virtual Networking Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Component
8.3.1.2.2. By Deployment Model
8.3.1.2.3. By End-User Industry
8.3.2. United Kingdom Virtual Networking Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Component
8.3.2.2.2. By Deployment Model
8.3.2.2.3. By End-User Industry
8.3.3. Italy Virtual Networking Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecasty
8.3.3.2.1. By Component
8.3.3.2.2. By Deployment Model
8.3.3.2.3. By End-User Industry
8.3.4. France Virtual Networking Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Component
8.3.4.2.2. By Deployment Model
8.3.4.2.3. By End-User Industry
8.3.5. Spain Virtual Networking Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Component
8.3.5.2.2. By Deployment Model
8.3.5.2.3. By End-User Industry
9. Asia-Pacific Virtual Networking Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Deployment Model
9.2.3. By End-User Industry
9.2.4. By Country
9.3. Asia-Pacific: Country Analysis
9.3.1. China Virtual Networking Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Component
9.3.1.2.2. By Deployment Model
9.3.1.2.3. By End-User Industry
9.3.2. India Virtual Networking Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Component
9.3.2.2.2. By Deployment Model
9.3.2.2.3. By End-User Industry
9.3.3. Japan Virtual Networking Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Component
9.3.3.2.2. By Deployment Model
9.3.3.2.3. By End-User Industry
9.3.4. South Korea Virtual Networking Market Outlook
9.3.4.1. Market Size & Forecast
9.3.4.1.1. By Value
9.3.4.2. Market Share & Forecast
9.3.4.2.1. By Component
9.3.4.2.2. By Deployment Model
9.3.4.2.3. By End-User Industry
9.3.5. Australia Virtual Networking Market Outlook
9.3.5.1. Market Size & Forecast
9.3.5.1.1. By Value
9.3.5.2. Market Share & Forecast
9.3.5.2.1. By Component
9.3.5.2.2. By Deployment Model
9.3.5.2.3. By End-User Industry
10. South America Virtual Networking Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Deployment Model
10.2.3. By End-User Industry
10.2.4. By Country
10.3. South America: Country Analysis
10.3.1. Brazil Virtual Networking Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Component
10.3.1.2.2. By Deployment Model
10.3.1.2.3. By End-User Industry
10.3.2. Argentina Virtual Networking Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Component
10.3.2.2.2. By Deployment Model
10.3.2.2.3. By End-User Industry
10.3.3. Colombia Virtual Networking Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Component
10.3.3.2.2. By Deployment Model
10.3.3.2.3. By End-User Industry
11. Middle East and Africa Virtual Networking Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Deployment Model
11.2.3. By End-User Industry
11.2.4. By Country
11.3. MEA: Country Analysis
11.3.1. South Africa Virtual Networking Market Outlook
11.3.1.1. Market Size & Forecast
11.3.1.1.1. By Value
11.3.1.2. Market Share & Forecast
11.3.1.2.1. By Component
11.3.1.2.2. By Deployment Model
11.3.1.2.3. By End-User Industry
11.3.2. Saudi Arabia Virtual Networking Market Outlook
11.3.2.1. Market Size & Forecast
11.3.2.1.1. By Value
11.3.2.2. Market Share & Forecast
11.3.2.2.1. By Component
11.3.2.2.2. By Deployment Model
11.3.2.2.3. By End-User Industry
11.3.3. UAE Virtual Networking Market Outlook
11.3.3.1. Market Size & Forecast
11.3.3.1.1. By Value
11.3.3.2. Market Share & Forecast
11.3.3.2.1. By Component
11.3.3.2.2. By Deployment Model
11.3.3.2.3. By End-User Industry
11.3.4. Kuwait Virtual Networking Market Outlook
11.3.4.1. Market Size & Forecast
11.3.4.1.1. By Value
11.3.4.2. Market Share & Forecast
11.3.4.2.1. By Component
11.3.4.2.2. By Deployment Model
11.3.4.2.3. By End-User Industry
11.3.5. Turkey Virtual Networking Market Outlook
11.3.5.1. Market Size & Forecast
11.3.5.1.1. By Value
11.3.5.2. Market Share & Forecast
11.3.5.2.1. By Component
11.3.5.2.2. By Deployment Model
11.3.5.2.3. By End-User Industry
11.3.6. Egypt Virtual Networking Market Outlook
11.3.6.1. Market Size & Forecast
11.3.6.1.1. By Value
11.3.6.2. Market Share & Forecast
11.3.6.2.1. By Component
11.3.6.2.2. By Deployment Model
11.3.6.2.3. By End-User Industry
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends & Developments
14. Company Profiles
14.1. Cisco Systems, Inc
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.1.5. Key Product/Services Offered
14.2. VMware, Inc
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.2.5. Key Product/Services Offered
14.3. Huawei Technologies Co., Ltd
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.3.5. Key Product/Services Offered
14.4. Microsoft Corporation
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.4.5. Key Product/Services Offered
14.5. IBM Corporation
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.5.5. Key Product/Services Offered
14.6. F5, Inc
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.6.5. Key Product/Services Offered
14.7. Juniper Networks, Inc
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.7.5. Key Product/Services Offered
14.8. Oracle Corporation
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.8.5. Key Product/Services Offered
14.9. Citrix Systems, Inc.
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.9.5. Key Product/Services Offered
14.10. A10 Networks, Inc
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.10.5. Key Product/Services Offered
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Virtual Networking market has experienced tremendous growth in recent years and is poised to maintain strong momentum through 2028. The market was valued at USD 35.63 billion in 2022 and is projected to register a compound annual growth rate of 22.89% during the forecast period.
The Virtual Networking market has witnessed substantial growth in recent years, driven by its widespread adoption across various industries on a global scale. Critical sectors such as IT and telecommunications, banking and finance, and healthcare have recognized Virtual Networking as a pivotal component for optimizing network infrastructure and adapting to the evolving digital landscape.
One of the primary catalysts behind this growth is the increasing demand for flexible and scalable networking solutions, which are essential in today's era of digital transformation. As businesses transition to cloud-based operations and remote work environments, the need for agile and cost-effective network solutions has become paramount. Virtual Networking addresses these needs by enabling the creation of virtual networks that can be easily adapted to changing requirements, ensuring seamless connectivity and efficient resource allocation.
Moreover, stringent regulatory standards and compliance requirements in sectors like finance and healthcare have prompted organizations to invest significantly in advanced Virtual Networking solutions. These solutions provide the necessary security and compliance measures to meet regulatory demands while ensuring high-quality network performance. Features such as secure access controls, encryption, and threat detection mechanisms are integrated into Virtual Networking solutions to achieve compliance and protect sensitive data.
Innovations within the Virtual Networking market have also played a pivotal role in its expansion. Leading providers have introduced cutting-edge products with enhanced monitoring capabilities, seamless integration with IoT technologies, and automated network controls. These innovations have not only improved network management but have also boosted productivity and operational efficiency. The incorporation of technologies like artificial intelligence, robotics, and 3D printing has revolutionized the construction and deployment of virtual network infrastructure, reducing human intervention and optimizing network performance.
The escalating demand for advanced networking solutions is further driven by the rapid growth of data-intensive applications and emerging technologies. Industries such as healthcare and pharmaceuticals are leveraging Virtual Networking to support critical operations, including telemedicine, data analytics, and research collaboration. Additionally, the increasing use of Virtual Networking in the manufacturing sector, especially in the production of medical devices and sensitive pharmaceutical products, highlights its indispensable role in ensuring network reliability and security.
As businesses across sectors recognize the pivotal role of Virtual Networking in enhancing operational agility and scalability while maintaining robust security and compliance, the market is poised for sustained growth. The ability to support high-growth industries through digital network infrastructure solutions ensures a promising future for the Virtual Networking market. With a continued focus on innovation, security, and regulatory compliance, the market is set to thrive in an increasingly interconnected and digitally driven business landscape.

Key Market Drivers

Digital Transformation and Cloud Adoption

One of the primary drivers fueling the Virtual Networking Market's rapid growth is the global wave of digital transformation and the widespread adoption of cloud computing. As businesses increasingly migrate their operations to the cloud and leverage digital technologies, the demand for agile, scalable, and cost-effective networking solutions has surged.
Virtual networking solutions, characterized by their flexibility and adaptability, play a pivotal role in supporting this transformation. They enable organizations to create virtual networks that align with their evolving needs, ensuring seamless connectivity and efficient resource allocation. Whether it's provisioning resources on-demand, optimizing network traffic, or securely connecting remote workforces, virtual networking solutions empower businesses to navigate the complexities of the digital landscape.
In essence, the ongoing digital revolution has made virtual networking an indispensable enabler of modern business operations. Companies are leveraging these solutions to enhance their competitive edge, streamline operations, and achieve greater agility in responding to market dynamics.

Remote Workforce and Hybrid Work Models

The advent of remote work and hybrid work models, accelerated by global events such as the COVID-19 pandemic, has significantly contributed to the momentum of the Virtual Networking Market. Organizations worldwide have had to reevaluate their networking infrastructure to accommodate a dispersed workforce and ensure secure and seamless remote access to critical resources.
Virtual networking technologies, including virtual private networks (VPNs), software-defined networking (SDN), and secure access service edge (SASE) solutions, have become essential in facilitating remote collaboration and data access. These technologies enable employees to connect to corporate networks securely from remote locations, ensuring the confidentiality and integrity of sensitive data.
Furthermore, as businesses embrace hybrid work models, where employees split their time between office and remote work, the need for adaptable networking solutions has intensified. Virtual networking not only enables remote connectivity but also supports a dynamic and agile network environment that can adjust to changing user and device patterns.
As remote work continues to be a prevalent and evolving aspect of the modern workforce, the Virtual Networking Market is expected to witness sustained growth. Organizations are investing in virtual networking solutions to provide their employees with secure and efficient access to corporate resources, reinforcing the market's significance in the evolving world of work.

IoT Proliferation and Edge Computing

The proliferation of Internet of Things (IoT) devices and the rise of edge computing have introduced new complexities to networking infrastructures, further driving the demand for virtual networking solutions. IoT devices generate massive volumes of data at the edge of networks, necessitating efficient data processing and communication between devices and centralized data centers.
Virtual networking technologies, particularly those associated with edge computing, are instrumental in addressing these challenges. They enable the creation of distributed, low-latency networks that facilitate real-time data processing at the edge. This is crucial for applications such as autonomous vehicles, smart cities, and industrial automation, where immediate decision-making is essential.
Incorporating virtual networking into edge computing architectures enhances the scalability, security, and reliability of IoT deployments. It allows organizations to manage a vast array of devices efficiently, while also ensuring data privacy and compliance with regulatory requirements.
As IoT adoption continues to expand across industries, the Virtual Networking Market is positioned to thrive as a key enabler of IoT-driven networking complexities. Organizations are recognizing the importance of a robust virtual network infrastructure to support their IoT initiatives, making virtual networking solutions an integral part of their digital transformation strategies..
Key Market Challenges

Security Concerns in Virtual Networking
One of the foremost challenges confronting the Virtual Networking Market revolves around security concerns. As organizations increasingly rely on virtual networking solutions to facilitate digital transformation and support remote workforces, ensuring the security of these virtual environments becomes paramount. Several key security challenges are at the forefront:

a. Cyber Threats and Vulnerabilities: Virtual networking introduces a new layer of complexity in terms of cybersecurity. The expanded attack surface, with virtual machines, containers, and software-defined networks, provides more entry points for cyber threats. Cybercriminals are quick to exploit vulnerabilities within virtualized infrastructures, making it essential for businesses to invest in robust security measures to protect their virtual assets.
b. Data Privacy and Compliance: With data traversing virtual networks, organizations face heightened data privacy and compliance challenges. Meeting regulatory requirements, such as GDPR and HIPAA, becomes more intricate in virtual environments where data can be distributed across geographies and cloud providers. Ensuring the confidentiality and integrity of sensitive information within virtual networks is an ongoing concern.
c. Secure Remote Access: The rise of remote work has amplified the need for secure remote access solutions within virtual networks. Organizations must establish secure connections for remote employees, contractors, and partners while preventing unauthorized access to critical resources. Achieving the delicate balance between accessibility and security is a continual challenge.
d. Insider Threats: Virtual networking environments are not immune to insider threats. Malicious or negligent actions by employees or third-party users can jeopardize network security. Detecting and mitigating insider threats within the virtual realm require advanced monitoring and access control mechanisms.
Addressing these security challenges necessitates a comprehensive approach that combines advanced cybersecurity tools, regular vulnerability assessments, employee training, and adherence to best practices. The Virtual Networking Market must continually evolve to provide robust security solutions that safeguard virtualized infrastructures.
Network Complexity and Management
Another significant challenge in the Virtual Networking Market revolves around the increasing complexity of network architectures and their management. The transition to virtual networking introduces several complexities:
a. Scalability: Virtual networks must be able to scale rapidly to accommodate growing workloads and the addition of new virtual resources. Managing this scalability while maintaining performance and stability can be daunting.
b. Interoperability: Organizations often operate in heterogeneous environments with a mix of physical and virtual components. Ensuring seamless interoperability between these elements, along with compatibility with various vendors' solutions, presents an ongoing challenge.
c. Orchestration and Automation: Virtual networking relies heavily on orchestration and automation tools to streamline provisioning, configuration, and management. However, implementing these tools effectively and integrating them with existing IT systems can be intricate and resource intensive.
d. Monitoring and Visibility: Monitoring the performance and security of virtual networks can be more challenging than traditional networks. Ensuring real-time visibility into the virtual environment, including the detection of anomalies and bottlenecks, is crucial for efficient management.
e. Skill Gap: As virtual networking technologies evolve, there is a growing demand for skilled professionals who can design, deploy, and manage virtualized networks effectively. Bridging the skill gap and retaining talent in this dynamic field can pose a human resource challenge.
To address these network complexity and management challenges, organizations are turning to network management and orchestration solutions that provide centralized control, automation, and visibility into virtualized infrastructures. Additionally, investing in training and skill development for IT teams is vital to navigating the complexities of virtual networking effectively.

Key Market Trends

Edge Computing Integration
One of the prominent trends shaping the Virtual Networking Market is the integration of edge computing. Edge computing involves processing data closer to its source, reducing latency and enabling real-time decision-making. This trend is profoundly impacting virtual networking in several ways:

a. Distributed Network Architectures: With edge computing, organizations are deploying computing resources at the edge of the network, often in remote or mobile environments. This necessitates the creation of distributed network architectures that can seamlessly connect edge devices and data centers. Virtual networking solutions are evolving to support these distributed networks, ensuring low-latency connectivity and efficient data transfer between edge and core resources.

b. Network Slicing for Edge Services: To meet the diverse requirements of edge computing applications, virtual networking is incorporating network slicing capabilities. Network slicing allows the creation of customized, isolated network segments optimized for specific edge services. This trend enables organizations to allocate network resources dynamically based on the unique needs of different edge applications, such as autonomous vehicles, industrial IoT, and augmented reality.

c. Security at the Edge: Edge computing introduces new security challenges, as edge devices may lack robust security features. Virtual networking solutions are adapting to provide enhanced security at the edge, including encryption, threat detection, and secure access controls. These security measures are crucial for safeguarding critical data and applications in edge environments.

The integration of edge computing into virtual networking is expected to continue as organizations seek to leverage the benefits of low-latency processing and real-time insights at the edge.

2. Intent-Based Networking (IBN)

Intent-Based Networking (IBN) is emerging as a transformative trend in the Virtual Networking Market. IBN is a networking approach that focuses on translating high-level business intent into network policies and actions. This trend is characterized by:

a. Automation and Self-Optimization: IBN relies heavily on automation to configure, monitor, and optimize network resources based on predefined intent. Virtual networking solutions are adopting IBN principles to automate routine network tasks, reduce human intervention, and enhance network agility. This trend is particularly valuable in dynamic and complex virtual environments.

b. Predictive Analytics and AI: IBN leverages predictive analytics and artificial intelligence (AI) to anticipate network issues and proactively address them. Virtual networking solutions are incorporating AI-driven analytics to provide real-time insights into network performance, detect anomalies, and recommend corrective actions. This trend improves network reliability and reduces downtime.

c. Intent-Based Security: IBN extends its principles to security by defining security policies based on intent. Virtual networking solutions are integrating intent-based security measures, allowing organizations to define security objectives and automate threat response. This trend enhances network security and ensures compliance with evolving cybersecurity requirements.

IBN's ability to align network behavior with business intent makes it a compelling trend in virtual networking, offering organizations greater control, agility, and efficiency in managing their network resources.

3. Network as a Service (NaaS)
Network as a Service (NaaS) is revolutionizing the Virtual Networking Market by offering a subscription-based model for networking services. This trend is reshaping the way organizations deploy and manage their network infrastructure:

a. Flexible Network Consumption: NaaS allows organizations to flexibly consume networking services based on their specific needs, scaling resources up or down as required. Virtual networking solutions are adapting to offer NaaS models, providing on-demand access to network resources and reducing the need for significant upfront investments in infrastructure.

b. Multicloud Connectivity: NaaS enables seamless connectivity across multicloud environments. Virtual networking solutions are facilitating multicloud connectivity by offering centralized management and policy enforcement, allowing organizations to maintain consistent network performance and security across various cloud providers.

c. Managed Services and Support: NaaS often includes managed services and support, relieving organizations of the burden of network management and troubleshooting. Virtual networking providers are expanding their offerings to include managed NaaS solutions, providing end-to-end support and expertise in network operations.

As NaaS gains momentum, virtual networking is evolving to meet the demands of organizations seeking cost-effective, scalable, and agile networking solutions. This trend is especially relevant in a business landscape characterized by the need for rapid adaptability and resource optimization..
Segmental Insights
Component Insights
In 2022, the Services segment, which encompasses Professional Services and Managed Services, emerged as the dominant force in the Virtual Networking Market and is poised to maintain its dominance throughout the forecast period. Services have become a linchpin in the successful adoption and management of virtual networking solutions, driving their prominence in the market. Here's why Services have taken the lead:
Professional Services: Organizations embarking on virtual networking projects require specialized expertise to design, deploy, and optimize their network infrastructure effectively. Professional services, offered by vendors and third-party consultants, provide invaluable support in assessing network needs, crafting tailored solutions, and ensuring seamless integration with existing IT ecosystems. These services encompass network architecture design, implementation, migration, and ongoing maintenance. With the complexity of virtual networking environments, businesses rely heavily on professional services to navigate the intricacies and extract maximum value from their investments. As virtual networking continues to evolve, demand for these consultative services is expected to remain robust.
Managed Services: The Managed Services segment is a cornerstone of the Virtual Networking Market, offering organizations a comprehensive and hassle-free approach to network management. Managed service providers (MSPs) assume responsibility for overseeing and optimizing the entire virtual network infrastructure, including monitoring, security, performance tuning, and troubleshooting. This outsourced model is highly attractive to businesses seeking to offload the operational burdens associated with virtual networking, allowing them to focus on core objectives. Moreover, as cybersecurity threats proliferate, managed security services within this segment are witnessing significant demand, as organizations prioritize robust threat detection and response capabilities. As businesses strive for greater network agility and cost-efficiency, the managed services model is poised to maintain its dominance, offering a holistic solution to complex virtual networking challenges.
The Services segment's dominance underscores the critical role that expertise, support, and managed solutions play in enabling organizations to harness the full potential of virtual networking technologies. As the market continues to evolve, service providers are expected to innovate and expand their offerings to address the ever-changing needs of businesses navigating the intricacies of virtual networking environments.
Deployment Model Insights

In 2022, the Cloud-Based deployment model emerged as the dominant segment in the Virtual Networking Market and is projected to maintain its dominance throughout the forecast period. This trend reflects the transformative shift in how organizations approach their networking infrastructure. Here's why the Cloud-Based deployment model has taken the lead:
Agility and Scalability: Cloud-based virtual networking solutions offer unparalleled agility and scalability. They empower organizations to rapidly provision, expand, or modify network resources to meet evolving demands. With the growing emphasis on digital transformation and the adoption of cloud-native applications, the flexibility of the cloud-based deployment model aligns perfectly with the dynamic needs of modern businesses.
Cost-Efficiency: Cloud-based virtual networking eliminates the need for significant upfront investments in on-premises hardware and infrastructure. Instead, organizations can leverage a subscription-based, pay-as-you-go model, optimizing cost structures and aligning expenses with actual usage. This financial flexibility is particularly attractive to businesses seeking to streamline their IT budgets while maintaining top-notch networking capabilities.
Global Reach and Accessibility: Cloud-based solutions provide global reach and accessibility, enabling remote offices, mobile workforces, and geographically dispersed teams to access network resources seamlessly. This feature is crucial in an era where remote work, multicloud strategies, and the roliferation of edge computing demand connectivity without geographical constraints.
Managed Services Integration: Cloud-based deployment facilitates the integration of managed services and network as a service (NaaS) offering, allowing organizations to outsource network management and security to third-party providers. This trend further enhances the appeal of the cloud-based model, as it provides an all-encompassing solution for businesses seeking comprehensive network support and expertise.
Security and Compliance: Cloud providers invest heavily in security measures and compliance certifications, addressing concerns related to data protection and regulatory adherence. Organizations can leverage the robust security infrastructure of cloud platforms, ensuring the confidentiality and integrity of their virtual networks and data.
As businesses continue to prioritize flexibility, cost-effectiveness, and global accessibility in their networking strategies, the Cloud-Based deployment model is expected to maintain its dominance in the Virtual Networking Market. It offers a compelling solution for organizations seeking to modernize their network infrastructure while adapting to the evolving demands of the digital age...
Regional Insights
North America dominated the global virtual networking market in 2022, accounting for over 35% of the total market share. This is because countries like the United States have stringent data privacy and security laws and regulations such as HIPAA, PCI DSS, etc. that drive greater adoption of virtual networking solutions across industries.

The region is expected to maintain its dominance during the forecast period of 2023-2033 owing to factors such as:
- Presence of major virtual networking vendors and availability of advanced infrastructure that ensures early adoption of new technologies.
- Growing trend of digital transformation among organizations to modernize legacy networks and move workloads to cloud environments. This is propelling the need for virtual networking.
- Increasing investments by leading cloud providers such as AWS, Microsoft Azure, and Google Cloud in expanding their infrastructure and service capabilities in the region.
- High penetration of mobile devices and proliferation of IoT connections that is fueling the need for agile, scalable, and automated networking solutions.
Therefore, stringent regulatory compliance requirements, advanced infrastructure, growing cloud adoption, and high demand for digital transformation create a conducive environment for the North American region to lead in the virtual networking market over the forecast period..
Key Market Players
Cisco Systems, Inc
VMware, Inc
Huawei Technologies Co., Ltd
Microsoft Corporation
IBM Corporation
Juniper Networks, Inc
Oracle Corporation
Citrix Systems, Inc
F5, Inc
A10 Networks, Inc

Report Scope:
In this report, the Global Virtual Networking Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Virtual Networking Market, By Component:
o Software
o Hardware
o Services (Professional Services, Managed Services)
• Virtual Networking Market, By Deployment Model:
o On-Premises
o Cloud-Based
• Virtual Networking Market, By End-User Industry:
o IT and Telecommunications
o BFSI (Banking, Financial Services, and Insurance)
o Healthcare
o Government and Defense
o Manufacturing
o Retail
o Energy and Utilities
o Others
• Virtual Networking Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 United Kingdom
 Italy
 Germany
 Spain
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 South Korea
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Kuwait
 Turkey
 Egypt
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Virtual Networking Market.
Available Customizations:
Global Virtual Networking Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Service Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Voice of Customer
5. Global Virtual Networking Market Overview
6. Global Virtual Networking Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Component (Software, Hardware, Services (Professional Services, Managed Services)
6.2.2. By Deployment Model (On-Premises, Cloud-Based)
6.2.3. By End-User Industry ((IT and Telecommunications, BFSI (Banking, Financial Services, and Insurance), Healthcare, Government and Defense, Manufacturing, Retail, Energy and Utilities, Others)
6.2.4. By Region
6.3. By Company (2022)
6.4. Market Map
7. North America Virtual Networking Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component
7.2.2. By Deployment Model
7.2.3. By End-User Industry
7.2.4. By Country
7.3. North America: Country Analysis
7.3.1. United States Virtual Networking Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Component
7.3.1.2.2. By Deployment Model
7.3.1.2.3. By End-User Industry
7.3.2. Canada Virtual Networking Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Component
7.3.2.2.2. By Deployment Model
7.3.2.2.3. By End-User Industry
7.3.3. Mexico Virtual Networking Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecast
7.3.3.2.1. By Component
7.3.3.2.2. By Deployment Model
7.3.3.2.3. By End-User Industry
8. Europe Virtual Networking Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Deployment Model
8.2.3. By End-User Industry
8.2.4. By Country
8.3. Europe: Country Analysis
8.3.1. Germany Virtual Networking Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Component
8.3.1.2.2. By Deployment Model
8.3.1.2.3. By End-User Industry
8.3.2. United Kingdom Virtual Networking Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Component
8.3.2.2.2. By Deployment Model
8.3.2.2.3. By End-User Industry
8.3.3. Italy Virtual Networking Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecasty
8.3.3.2.1. By Component
8.3.3.2.2. By Deployment Model
8.3.3.2.3. By End-User Industry
8.3.4. France Virtual Networking Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Component
8.3.4.2.2. By Deployment Model
8.3.4.2.3. By End-User Industry
8.3.5. Spain Virtual Networking Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Component
8.3.5.2.2. By Deployment Model
8.3.5.2.3. By End-User Industry
9. Asia-Pacific Virtual Networking Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Deployment Model
9.2.3. By End-User Industry
9.2.4. By Country
9.3. Asia-Pacific: Country Analysis
9.3.1. China Virtual Networking Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Component
9.3.1.2.2. By Deployment Model
9.3.1.2.3. By End-User Industry
9.3.2. India Virtual Networking Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Component
9.3.2.2.2. By Deployment Model
9.3.2.2.3. By End-User Industry
9.3.3. Japan Virtual Networking Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Component
9.3.3.2.2. By Deployment Model
9.3.3.2.3. By End-User Industry
9.3.4. South Korea Virtual Networking Market Outlook
9.3.4.1. Market Size & Forecast
9.3.4.1.1. By Value
9.3.4.2. Market Share & Forecast
9.3.4.2.1. By Component
9.3.4.2.2. By Deployment Model
9.3.4.2.3. By End-User Industry
9.3.5. Australia Virtual Networking Market Outlook
9.3.5.1. Market Size & Forecast
9.3.5.1.1. By Value
9.3.5.2. Market Share & Forecast
9.3.5.2.1. By Component
9.3.5.2.2. By Deployment Model
9.3.5.2.3. By End-User Industry
10. South America Virtual Networking Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Deployment Model
10.2.3. By End-User Industry
10.2.4. By Country
10.3. South America: Country Analysis
10.3.1. Brazil Virtual Networking Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Component
10.3.1.2.2. By Deployment Model
10.3.1.2.3. By End-User Industry
10.3.2. Argentina Virtual Networking Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Component
10.3.2.2.2. By Deployment Model
10.3.2.2.3. By End-User Industry
10.3.3. Colombia Virtual Networking Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Component
10.3.3.2.2. By Deployment Model
10.3.3.2.3. By End-User Industry
11. Middle East and Africa Virtual Networking Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.2. By Deployment Model
11.2.3. By End-User Industry
11.2.4. By Country
11.3. MEA: Country Analysis
11.3.1. South Africa Virtual Networking Market Outlook
11.3.1.1. Market Size & Forecast
11.3.1.1.1. By Value
11.3.1.2. Market Share & Forecast
11.3.1.2.1. By Component
11.3.1.2.2. By Deployment Model
11.3.1.2.3. By End-User Industry
11.3.2. Saudi Arabia Virtual Networking Market Outlook
11.3.2.1. Market Size & Forecast
11.3.2.1.1. By Value
11.3.2.2. Market Share & Forecast
11.3.2.2.1. By Component
11.3.2.2.2. By Deployment Model
11.3.2.2.3. By End-User Industry
11.3.3. UAE Virtual Networking Market Outlook
11.3.3.1. Market Size & Forecast
11.3.3.1.1. By Value
11.3.3.2. Market Share & Forecast
11.3.3.2.1. By Component
11.3.3.2.2. By Deployment Model
11.3.3.2.3. By End-User Industry
11.3.4. Kuwait Virtual Networking Market Outlook
11.3.4.1. Market Size & Forecast
11.3.4.1.1. By Value
11.3.4.2. Market Share & Forecast
11.3.4.2.1. By Component
11.3.4.2.2. By Deployment Model
11.3.4.2.3. By End-User Industry
11.3.5. Turkey Virtual Networking Market Outlook
11.3.5.1. Market Size & Forecast
11.3.5.1.1. By Value
11.3.5.2. Market Share & Forecast
11.3.5.2.1. By Component
11.3.5.2.2. By Deployment Model
11.3.5.2.3. By End-User Industry
11.3.6. Egypt Virtual Networking Market Outlook
11.3.6.1. Market Size & Forecast
11.3.6.1.1. By Value
11.3.6.2. Market Share & Forecast
11.3.6.2.1. By Component
11.3.6.2.2. By Deployment Model
11.3.6.2.3. By End-User Industry
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends & Developments
14. Company Profiles
14.1. Cisco Systems, Inc
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.1.5. Key Product/Services Offered
14.2. VMware, Inc
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.2.5. Key Product/Services Offered
14.3. Huawei Technologies Co., Ltd
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.3.5. Key Product/Services Offered
14.4. Microsoft Corporation
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.4.5. Key Product/Services Offered
14.5. IBM Corporation
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.5.5. Key Product/Services Offered
14.6. F5, Inc
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.6.5. Key Product/Services Offered
14.7. Juniper Networks, Inc
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.7.5. Key Product/Services Offered
14.8. Oracle Corporation
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.8.5. Key Product/Services Offered
14.9. Citrix Systems, Inc.
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.9.5. Key Product/Services Offered
14.10. A10 Networks, Inc
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.10.5. Key Product/Services Offered
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(energy)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る