世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ペルーのタイヤ市場:自動車タイプ別(乗用車、小型商用車、中型・大型商用車、二輪車、三輪車、OTR)、タイヤ構造タイプ別(ラジアル、バイアス)、需要カテゴリー別(OEM、リプレイス)、地域別、市場競争、予測、機会、2018年~2028年


Peru Tire Market By Vehicle Type (Passenger Car, Light Commercial Vehicle, Medium & Heavy Commercial Vehicle, Two Wheelers, Three Wheelers, OTR), By Tire Construction Type (Radial, Bias), By Demand Category Type (OEM, Replacement), By Region, Competition, Forecast & Opportunities, 2018-2028

ペルーのタイヤ市場規模は2022年に3,100万米ドルとなり、予測期間のCAGRは3.90%と堅調な成長が見込まれる。ペルーのタイヤ市場は、自動車産業の拡大と国内の自動車保有率の上昇に後押しされ、ここ数年着実な成長... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
80 英語

 

サマリー

ペルーのタイヤ市場規模は2022年に3,100万米ドルとなり、予測期間のCAGRは3.90%と堅調な成長が見込まれる。ペルーのタイヤ市場は、自動車産業の拡大と国内の自動車保有率の上昇に後押しされ、ここ数年着実な成長を遂げている。この成長の背景には、可処分所得の高い中間層の増加、モビリティ・ニーズの高まりにつながる都市化の進展、インフラや交通システムの改善に向けた政府の取り組みなど、いくつかの要因が挙げられる。
ペルーのタイヤ需要は、主に乗用車用タイヤが市場の大部分を占めている。道路を走る車の数が増え続けているため、信頼性が高く高品質なタイヤの必要性がさらに高まっている。さらに、商用車用タイヤも輸送・物流部門の需要を満たす上で重要な役割を果たしている。
タイヤの輸入に関しては、中国がペルーへの主要サプライヤーとして台頭しており、幅広い種類のタイヤを競争力のある価格で提供している。しかし、タイヤの現地生産も盛んで、ペルーの複数の企業が市場に貢献している。このようなグローバル・プレーヤーとローカル・プレーヤーの組み合わせが、多様な市場環境を作り出し、消費者に様々な選択肢を提供している。
ペルーのタイヤ市場では健全な競争が繰り広げられているが、ブリヂストン、ミシュラン、グッドイヤーといった一流企業が大きな存在感を示している。これらの企業は、品質と信頼性で知られる信頼できるブランドとしての地位を確立している。これらの企業は、消費者の進化するニーズに応える革新的なタイヤ技術を導入するため、研究開発に投資を続けている。
COVID-19の大流行が一時的に市場に影響を与え、サプライチェーンの混乱と消費者支出に影響を与えたが、ペルーのタイヤ市場は回復すると予想される。経済が回復し、規制が緩和されるにつれて、タイヤ需要は増加すると予測され、その原動力は、埋蔵需要、買い替えニーズ、インフラ開発プロジェクトである。このような楽観的な見通しは、ペルータイヤ市場の将来が有望であり、成長と拡大の機会があることを示している。
主な市場牽引要因
自動車保有台数と利用台数の増加
ペルーのタイヤ市場を牽引する主な要因の一つは、自動車保有台数と利用台数の着実な増加である。ペルーは近年一貫した経済成長を遂げ、多くのペルー人の生活水準が向上し、可処分所得が増加した。その結果、より多くの人々が自動車を購入し維持する余裕ができ、自動車セクターの拡大に寄与している。自動車保有台数の増加は、交換用タイヤと新品タイヤの購入頻度が高まるため、当然ながらタイヤ需要を押し上げる。この傾向は都市化によってさらに強まり、都市部では日常の移動手段を自家用車に頼る人が増えている。
経済成長と安定性
ペルーの好調な経済実績とマクロ経済の安定は、タイヤ市場の重要な原動力である。GDPが成長すれば消費者の購買力も高まり、自動車、ひいてはタイヤへの需要が高まる。ペルー経済の安定性は国内外の投資家にとって魅力的であり、自動車セクターのさらなる発展を促す。安定した経済環境は、企業が事業拡大や革新的なタイヤ製品の開発に投資する自信を与えてくれる。
中間層の拡大
ペルーの中産階級人口の拡大も、タイヤ市場にとって重要な原動力である。中間所得層が増えるにつれて、自動車やオートバイなどの乗り物の所有に憧れる個人・家族が増え、タイヤ需要を押し上げている。中間所得層は、自家用車を購入できる経済力を持つ実質的な消費者層であり、タイヤメーカーや小売業者にとって重要なターゲット市場となっている。従って、中間層の成長はペルーのタイヤ販売増に密接に関係している。
インフラ開発
道路拡張や改良など、ペルーのインフラ開発プロジェクトはタイヤ市場に大きく貢献している。これらのプロジェクトは交通網を強化するだけでなく、経済活動も刺激する。道路網が整備され、インフラが改善されたことで、商用車、公共交通機関、自家用車など様々なセグメントでタイヤ需要が増加している。政府がインフラプロジェクトに投資を続けることで、間接的にタイヤ産業の成長に拍車がかかる。
環境規制とタイヤの効率性
環境問題への関心と規制への取り組みは、ペルーのタイヤ市場の重要な推進力として浮上している。ペルーを含む世界各国の政府は、環境の持続可能性と安全基準をますます重視するようになっている。これにはタイヤの効率や排出ガスに関する規制も含まれる。消費者は自動車が環境に与える影響を意識するようになり、低燃費で環境に優しいタイヤを求めるようになっている。こうした規制要件や消費者の嗜好に応えるため、タイヤメーカーは転がり抵抗を減らし、燃費を向上させ、二酸化炭素排出量を最小限に抑える革新的なタイヤ技術を開発している。こうした開発は、世界的な環境目標に合致しているだけでなく、ペルーにおける先進的タイヤ・ソリューションの採用を後押ししている。
消費者の意識と安全性への関心の高まり
タイヤの安全性と性能に対する消費者の意識の高まりも、注目すべき促進要因のひとつである。消費者は、タイヤが自動車の安全性と全体的な性能に果たす重要な役割について知識を深めている。このような意識は、より優れたグリップ、ハンドリング、ブレーキ性能を提供する高品質タイヤへの投資意欲につながっている。さらに、定期的な点検、タイヤのローテーション、正しいタイヤの空気圧など、適切なタイヤ・メンテナンスの重要性がますます強調されるようになっている。安全意識の高い消費者は、安全基準を満たした、または超えたタイヤに割高な価格を支払うことを厭わないため、プレミアム・タイヤ・メーカーと小売業者の双方にメリットがある。
主な市場課題
景気変動と消費者行動
ペルーのタイヤ市場にとって最も重要な課題のひとつは、景気変動の影響を受けやすいことである。同国経済は成長期と不況期を経験しており、自動車セクターの消費者行動に直接影響を与えている。景気後退期には、消費者は新しいタイヤの購入を先延ばしにしたり、避けたりして、既存のタイヤの寿命を延ばすことを選ぶことが多い。この傾向は、タイヤメーカーや小売業者だけでなく、自動車業界全体にも影響を与える。その対応策として、企業は経済が不安定な時代に変動する需要や消費者の嗜好に適応するための戦略を考案しなければならない。価格戦略、マーケティング・キャンペーン、そして費用対効果が高く耐久性のあるタイヤ・オプションを提供する能力は、このような厳しい経済状況下で成功するために極めて重要になる。
輸入競争と価格圧力
ペルーのタイヤ市場は輸入競争が激しいのが特徴で、外国タイヤメーカーがかなりのシェアを占めている。これらの国際的なプレーヤーは、しばしばコスト面で優位に立ち、それが国内メーカーへの価格圧力につながることがある。輸入タイヤとの競争は国内メーカーに難題をもたらし、市場シェアを維持するために製品の差別化、品質、顧客サービスに注力せざるを得なくなる。為替レートの変動も輸入価格に影響を与え、国内製品の競争力をさらに低下させる。このような環境では、タイヤ小売業者もまた、収益性と製品品質を確保しつつ、消費者の価格感度を満たすための価格戦略に関する課題を乗り切る必要がある。
インフラと道路状況
ペルーの道路インフラの質と道路状況は、タイヤ市場にとって注目すべき課題である。インフラ整備は市場の牽引役ではあるが、同国は依然として道路整備に大きな問題を抱えている。凸凹の路面、甌穴(おうけつ)、困難な地形はタイヤの磨耗と損傷を増大させ、タイヤの寿命を縮め、交換頻度を増加させる。これは車の所有者に経済的負担を強いるだけでなく、タイヤの需要にも影響を与える。この課題に対処するためには、政府と民間セクターの利害関係者の双方が道路整備・改善プロジェクトに投資し、最終的にタイヤをより安全で長持ちさせる必要がある。
環境と規制の遵守
環境維持と規制遵守は、ペルーのタイヤ市場にとって喫緊の課題である。使用済みタイヤの廃棄は、適切に管理されなければ環境問題を引き起こす。責任あるタイヤのリサイクルと廃棄を促進するために、環境規制とイニシアチブが設けられている。タイヤメーカーや小売業者は、これらの規制を遵守し、持続可能な生産工程に投資し、責任あるタイヤ廃棄の重要性について消費者を教育しなければならない。環境の持続可能性と事業の収益性のバランスを取ることは、タイヤ市場において継続的な課題である。なぜなら、規制を遵守することで運営コストが増加し、それが価格設定や競争力に影響を与える可能性があるからである。
技術の進歩と消費者教育
タイヤ技術の進歩は、ペルー市場にとってチャンスでもあり課題でもある。消費者は、耐久性や安全性だけでなく、燃費の向上、騒音の低減、トラクションの向上といった先進機能を備えたタイヤを求めるようになっている。生産コストを管理しながら、こうした技術の進歩に対応し続けることは、メーカーにとって手ごわい挑戦となる。さらに、こうした新技術の利点を消費者に伝え、プレミアムタイヤへの投資を納得してもらうことは、価格志向が先行しがちな市場ではハードルが高い。技術革新と消費者導入のギャップを埋めることは、業界にとって依然として重要な課題である。
偽造タイヤと規格外タイヤ
ペルーのタイヤ市場にとって重要な課題は、偽造タイヤや規格外タイヤが市場に出回っていることである。こうした偽造品は安全基準や品質基準を満たしていないことが多く、消費者に深刻なリスクをもたらしている。偽造タイヤは事故や車両損傷の原因となり、正規のタイヤメーカーや小売業者の評判を落とすことになる。偽造タイヤや規格外タイヤの流入に対抗するには、政府当局と業界関係者が協調して規制を強化し、検査を実施し、偽造製品に関連するリスクについて消費者の認識を高める必要がある。消費者が市場で入手できるタイヤの真正性と品質を確実に信頼できるようにすることは、安全性と業界の信頼性のために不可欠である。
主な市場動向
環境に優しいタイヤへの需要の高まり
ペルーのタイヤ市場における重要なトレンドは、エコタイヤやグリーンタイヤに対する需要の高まりである。この傾向は、持続可能性と環境意識への世界的なシフトを反映している。ペルーの消費者は環境に対する意識が高まっており、燃費の向上、二酸化炭素排出量の削減、環境フットプリントの縮小を実現するタイヤを求めている。これを受けてタイヤメーカーは、低転がり抵抗コンパウンドや革新的なトレッドデザインなど、環境に優しいタイヤ技術を開発し、この需要に応えている。政府による環境保護への取り組みへの支援や環境に優しい製品への優遇措置が、ペルー市場でのエコタイヤの採用をさらに後押ししている。
季節タイヤの人気の高まり
ペルーの多様な地理と気候により、季節タイヤ、特に冬用タイヤとオールシーズンタイヤの人気が高まっている。アンデス山脈から沿岸部、アマゾンの熱帯雨林まで、地域によって気象条件が異なる。その結果、消費者は安全性と最適な性能を確保するために、季節に応じたタイヤを使用することの重要性を認識するようになっている。このような傾向から、ペルー特有の気候条件に対応したウィンタータイヤやオールシーズンタイヤの需要が高まっている。タイヤメーカーや小売業者は、このような消費者の嗜好の高まりに対応するため、商品ラインナップを拡充している。
タイヤのオンライン販売
Eコマースはペルーのタイヤ市場で大きな支持を得ている。消費者は、タイヤの調査、比較、購入にオンライン・プラットフォームを利用するようになってきている。オンライン小売業者は、利便性、幅広いタイヤ・オプション、競争力のある価格を提供しており、ハイテクに精通した消費者にとって魅力的である。この傾向は、従来の実店舗型タイヤ小売業者に、競争力を維持するためにオンライン販売チャネルを取り入れることで適応するよう促している。さらに、オンライン・プラットフォームは、宅配という利便性を消費者に提供し、製品情報やレビューに簡単にアクセスできるため、ペルーにおけるタイヤの売買方法を形成している。
タイヤのカスタマイズとパーソナライゼーション
パーソナライゼーションとカスタマイズは、ペルーのタイヤ市場における新たなトレンドである。消費者は性能や安全性の要件を満たすだけでなく、個人のスタイルや好みに合ったタイヤを求めている。この傾向により、独自のトレッドパターン、サイドウォールのデザイン、カラーオプションなど、カスタマイズ可能な機能を備えたタイヤの需要が高まっている。タイヤメーカーの中には、顧客がタイヤの美観を自由にデザインできるカスタマイズ・サービスを提供しているところもある。この傾向は、タイヤのような伝統的に機能的な製品であっても、個性や自己表現への欲求を反映している。
先進タイヤ技術とスマートタイヤ
タイヤ技術の進歩はペルー市場に大きな影響を与えている。センサーや接続機能を備えたスマートタイヤが消費者の間で人気を集めている。これらのタイヤは、タイヤの空気圧、温度、トレッドの摩耗に関するデータをリアルタイムで提供し、安全性と性能を向上させる。また、スマートタイヤは自動車の車載システムと通信できるため、予知保全やタイヤの健康状態のモニタリングが可能になる。この技術は、交通安全と車両効率を重視する傾向が強まっていることに合致している。ペルーの自動車がコネクティッド化するにつれて、スマートタイヤへの需要が高まることが予想され、タイヤメーカーには技術革新とこの市場トレンドの高まりに対応する機会がもたらされる。
タイヤの安全性とラベリングに関する規制の取り組み
政府の規制はペルーのタイヤ市場を形成する上で重要な役割を果たしている。近年は、ラベリング要件を通じてタイヤの安全性と消費者の意識を高めることに重点が置かれている。ペルー政府は、燃費、ウェットグリップ、騒音排出に関する情報をタイヤに表示することを義務付ける規制を実施している。このラベリング制度は、消費者が十分な情報を得た上で意思決定するのに役立ち、低燃費で安全なタイヤの採用を促している。さらに、タイヤの輸入と販売には厳しい基準が設けられており、適合した安全なタイヤだけが市場に出回るようになっている。これらの規制を遵守することは、国内外のタイヤメーカーや販売業者にとって極めて重要である。
セグメント別インサイト
車種別インサイト
ペルーでは、タイヤ市場は様々な車種の影響を受けており、それぞれに異なる影響を受けている。主要な交通手段である乗用車は、引き続きタイヤ需要を支配している。これは、ライフスタイルの変化と都市化の進展により、自家用車の保有台数が大幅に増加しているためである。
ペルーのタイヤ市場では、乗用車に加えて商用車も重要な役割を果たしている。ロジスティクスや輸送といった産業の台頭により、商用車の需要は安定している。これらの車両は、国全体で物資やサービスを効率的に移動させるために不可欠であり、経済成長と発展を支えている。
さらに、鉱業や建設業で使用されるオフ・ザ・ロード(OTR)車両は、ペルーのタイヤ市場に大きく貢献している。ペルーの豊富な天然資源と進行中のインフラ開発プロジェクトを考慮すると、OTR車両の需要は依然として高い。これらの車両は険しい地形や厳しい作業条件に耐えられるように設計されており、同国の鉱業・建設セクターにとって不可欠なものとなっている。
これらの車両タイプはそれぞれ、ペルータイヤ市場にとってユニークな需要と課題を提示している。メーカーやサプライヤーは、ペルーの自動車産業の多様なニーズに効果的に対応するために、これらの特定の要件を理解する必要があります。そうすることで、様々な車両セグメントの性能と耐久性の期待に応える高品質のタイヤを確実に供給することができる。
タイヤの構造タイプに関する洞察
ペルーのタイヤ市場では、タイヤの構造タイプが大きく変化している。ラジアルタイヤはバイアスタイヤに比べ耐久性に優れ、放熱性に優れ、トレッド寿命が向上するため人気が高まっている。このタイプのタイヤ構造は燃費効率が良く、ペルーの消費者にラジアルタイヤが好まれている。一方、バイアスタイヤは依然としてニッチな市場を維持しており、頑丈で損傷に強いことから、大型車やオフロード用途で好まれることが多い。このようにタイヤ構造の種類が変化していることは、ペルーのタイヤ市場で消費者の間で性能と効率に対する意識が高まっていることを示している。
地域別の洞察
ペルーのタイヤ市場は、同国の自動車産業の隆盛に後押しされ、計り知れない潜在力を秘めている。自動車販売台数が着実に増加し、中産階級が拡大し続けていることに加え、リマ以遠でも都市化が急速に進んでいるため、タイヤ需要が著しく急増している。特に、大型車に依存するペルーの旺盛な鉱業セクターは、消費者用タイヤと業務用タイヤの両市場の成長にさらに貢献している。しかし、このセクターが直面している課題も認識しておく必要がある。輸入タイヤによる市場の飽和や、一貫性のない道路インフラがタイヤの耐久性や寿命に与える影響などである。こうしたハードルにもかかわらず、ペルーのタイヤ市場は様々な要因によって牽引され続けており、国内外のプレーヤーにとって有望かつダイナミックな産業となっている。
主要市場プレイヤー
ブリヂストン
コンチネンタルAG
グッドイヤー・タイヤ&ラバー・カンパニー
住友ゴム工業
ミシュラングループ
ピレリ・アンド・シー S.p.A.
横浜ゴム株式会社
クムホタイヤ株式会社
レポートの範囲
本レポートでは、ペルーのタイヤ市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- ペルーのタイヤ市場:自動車タイプ別
o 乗用車
o 小型商用車(LCV)
o 中・大型商用車(M&HCV)
o オフザロード車(OTR)
o 二輪車
o 三輪車
- ペルーのタイヤ市場:タイヤ構造タイプ別
o ラジアル
o バイアス
- ペルーのタイヤ市場:需要カテゴリー別
o OEM
o リプレイスメント
- ペルーのタイヤ市場:地域別
o コスタ
o シエラ
o セルバ
競争状況
企業プロフィール:ペルータイヤ市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のペルータイヤ市場レポートは、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.COVID-19のペルータイヤ市場展望への影響
5.顧客の声分析
5.1.購入決定要因
5.2.ブランド認知度
5.3.ブランド満足度
6.ペルータイヤ市場の展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額・数量別
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.自動車タイプ別市場シェア分析(乗用車、小型商用車(LCV)、中型・大型商用車(M&HCV)、オフザロード車(OTR)、二輪車、三輪車)
6.2.2.需要カテゴリー別市場シェア分析(OEM対リプレースメント)
6.2.3.タイヤ構造タイプ別市場シェア分析(ラジアル対バイアス)
6.2.4.地域別市場シェア分析
6.2.4.1.コスタ市場シェア分析
6.2.4.2.シエラ市場シェア分析
6.2.4.3.セルバ市場シェア分析
6.2.5.企業別市場シェア分析(上位5社、その他-金額ベース、2022年)
6.3.ペルーのタイヤ市場マッピングと市場機会評価
6.3.1.自動車タイプ別市場マッピングと機会評価
6.3.2.需要カテゴリー別市場マッピングと機会評価
6.3.3.タイヤ構造タイプ別市場マッピングと機会評価
6.3.4.地域別市場マッピングと機会評価
7.ペルーの乗用車用タイヤ市場展望
7.1.市場規模と予測
7.1.1.金額・数量別
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.自動車タイプ別市場シェア分析
7.2.2.需要カテゴリー別市場シェア分析
7.2.3.タイヤ構造タイプ別市場シェア分析
8.ペルーの小型商用車用タイヤ市場展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.金額・数量別
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.自動車タイプ別市場シェア分析
8.2.2.需要カテゴリー別市場シェア分析
8.2.3.タイヤ構造タイプ別市場シェア分析
9.ペルー中型・大型商用車用タイヤ市場展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.金額・数量別
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.自動車タイプ別市場シェア分析
9.2.2.需要カテゴリー別市場シェア分析
9.2.3.タイヤ構造タイプ別市場シェア分析
10.ペルーオフザロード車両用タイヤ市場展望
10.1.市場規模と予測
10.1.1.金額・数量別
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.自動車タイプ別市場シェア分析
10.2.2.需要カテゴリー別市場シェア分析
10.2.3.タイヤ構造タイプ別市場シェア分析
11.ペルー二輪車用タイヤ市場展望
11.1.市場規模と予測
11.1.1.金額・数量ベース
11.2.市場シェアと予測
11.2.1.自動車タイプ別市場シェア分析
11.2.2.需要カテゴリー別市場シェア分析
11.2.3.タイヤ構造タイプ別市場シェア分析
12.ペルーの三輪車用タイヤ市場展望
12.1.市場規模と予測
12.1.1.金額・数量別
12.2.市場シェアと予測
12.2.1.自動車タイプ別市場シェア分析
12.2.2.需要カテゴリー別市場シェア分析
12.2.3.タイヤ構造タイプ別市場シェア分析
13.市場ダイナミクス
13.1.市場促進要因
13.2.市場の課題
14.市場動向
15.SWOT分析
15.1.強み
15.2.弱み
15.3.機会
15.4.脅威
16.ポーターの5つの力モデル
16.1.競争上のライバル
16.2.サプライヤーの交渉力
16.3.買い手の交渉力
16.4.新規参入の脅威
16.5.代替品の脅威
17.政策と規制
18.ペルー経済プロフィール
19.競争環境
19.1.企業プロフィール(主要10社まで)
19.1.1.株式会社ブリヂストン
19.1.1.1.会社概要
19.1.1.2.主要取扱商品
19.1.1.3.最近の開発
19.1.1.4.主要経営陣
19.1.2.コンチネンタルAG
19.1.2.1.会社概要
19.1.2.2.主要製品
19.1.2.3.最近の開発
19.1.2.4.主要経営陣
19.1.3.グッドイヤー・タイヤ&ラバー・カンパニー
19.1.3.1.会社概要
19.1.3.2.主要製品
19.1.3.3.最近の開発
19.1.3.4.主要経営陣
19.1.4.住友ゴム工業株式会社
19.1.4.1.会社概要
19.1.4.2.主要製品
19.1.4.3.最近の開発
19.1.4.4.主要経営陣
19.1.5.ミシュラングループ
19.1.5.1.会社概要
19.1.5.2.主要製品
19.1.5.3.最近の開発
19.1.5.4.主要経営陣
19.1.6.ピレリ・アンド・シー S.p.A.
19.1.6.1.会社概要
19.1.6.2.主要製品
19.1.6.3.最近の開発
19.1.6.4.主要経営陣
19.1.7.横浜ゴム株式会社
19.1.7.1.会社概要
19.1.7.2.主要製品
19.1.7.3.最近の開発
19.1.7.4.主要経営陣
19.1.8.クムホタイヤ
19.1.8.1.会社概要
19.1.8.2.主要製品
19.1.8.3.最近の開発
19.1.8.4.主要経営陣
20.戦略的提言
20.1.重点分野
20.1.1.対象地域
20.1.2.対象車種
20.1.3.対象需要カテゴリー
21.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Peru Tire Market has valued at USD 31 Million in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 3.90%. The Peruvian tire market has been experiencing steady growth over the past few years, fueled by the expanding automotive industry and the rising rates of vehicle ownership within the country. This growth can be attributed to several factors, including a growing middle class with higher disposable incomes, increased urbanization leading to greater mobility needs, and government initiatives to improve infrastructure and transportation systems.
The demand for tires in Peru is primarily driven by the passenger car tire segment, which accounts for a significant portion of the market. As the number of cars on the road continues to increase, the need for reliable and high-quality tires becomes even more crucial. Additionally, commercial vehicle tires also play a substantial role in meeting the demands of the transportation and logistics sectors.
In terms of tire imports, China has emerged as the leading supplier to Peru, offering a wide range of tire options at competitive prices. However, local manufacturing of tires is also prevalent, with several Peruvian companies contributing to the market. This combination of global and local players creates a diverse market landscape, providing consumers with a variety of choices.
While there is healthy competition in the Peruvian tire market, the top-tier companies such as Bridgestone, Michelin, and Goodyear command a significant presence. These companies have established themselves as trusted brands, known for their quality and reliability. They continue to invest in research and development to introduce innovative tire technologies that cater to the evolving needs of consumers.
Although the COVID-19 pandemic has temporarily impacted the market, causing disruptions in supply chains and affecting consumer spending, the Peruvian tire market is expected to rebound. As the economy recovers and restrictions ease, the demand for tires is projected to increase, driven by pent-up demand, replacement needs, and infrastructure development projects. This optimistic outlook indicates a promising future for the Peruvian tire market, with opportunities for growth and expansion.
Key Market Drivers
Rising Vehicle Ownership and Usage
One of the primary drivers of the Peru tire market is the steady increase in vehicle ownership and usage. Peru has experienced consistent economic growth in recent years, leading to improved living standards and increased disposable income for many Peruvians. As a result, more people can afford to purchase and maintain vehicles, contributing to the expansion of the automotive sector. The growing vehicle fleet naturally drives up the demand for tires, as both replacement and new tire purchases become more frequent. This trend is further amplified by urbanization, as people in cities increasingly rely on personal vehicles for daily transportation.
Economic Growth and Stability
Peru's strong economic performance and macroeconomic stability are significant drivers for the tire market. As the country's GDP grows, so does consumer purchasing power, leading to increased demand for vehicles and, subsequently, tires. The stability of Peru's economy is attractive to both domestic and international investors, which encourages further development of the automotive sector. The presence of a stable economic environment provides businesses with the confidence to invest in expanding their operations and developing innovative tire products.
Expansion of the Middle-Class Population
The expansion of Peru's middle-class population is another vital driver for the tire market. As more individuals and families move into the middle-income bracket, they often aspire to own cars, motorcycles, or other vehicles, driving up the demand for tires. The middle class represents a substantial consumer base with the financial capacity to afford personal vehicles, making it a key target market for tire manufacturers and retailers. Consequently, the growth of the middle class is closely linked to increased tire sales in Peru.
Infrastructure Development
Infrastructure development projects in Peru, such as road expansions and improvements, contribute significantly to the tire market. These projects not only enhance transportation networks but also stimulate economic activity. With more extensive road networks and improved infrastructure, there is an increased demand for tires across various segments, including commercial vehicles, public transportation, and personal vehicles. As the government continues to invest in infrastructure projects, it indirectly spurs growth in the tire industry.
Environmental Regulations and Tire Efficiency
Environmental concerns and regulatory initiatives are emerging as important drivers for the Peru tire market. Governments worldwide, including Peru, are increasingly focusing on environmental sustainability and safety standards. This includes regulations related to tire efficiency and emissions. Consumers are becoming more conscious of the environmental impact of their vehicles, and they are seeking tires that are fuel-efficient and eco-friendly. To meet these regulatory requirements and consumer preferences, tire manufacturers are developing innovative tire technologies that reduce rolling resistance, improve fuel efficiency, and minimize carbon emissions. These developments not only align with global environmental goals but also drive the adoption of advanced tire solutions in Peru.
Increasing Consumer Awareness and Safety Concerns
Growing consumer awareness of tire safety and performance is another notable driver. Consumers are becoming more informed about the critical role that tires play in vehicle safety and overall performance. This awareness translates into a willingness to invest in high-quality tires that offer better grip, handling, and braking performance. Additionally, the importance of proper tire maintenance, including regular inspections, tire rotations, and correct tire inflation, is increasingly emphasized. Safety-conscious consumers are willing to pay a premium for tires that meet or exceed safety standards, which benefits both premium tire manufacturers and retailers.
Key Market Challenges
Economic Fluctuations and Consumer Behavior
One of the foremost challenges for the Peru tire market is its sensitivity to economic fluctuations. The country's economy has experienced periods of growth and recession, which directly influence consumer behavior in the automotive sector. During economic downturns, consumers often postpone or avoid purchasing new tires, opting to extend the lifespan of their existing ones. This trend not only affects tire manufacturers and retailers but also impacts the automotive industry as a whole. As a response, businesses must devise strategies to adapt to fluctuating demand and consumer preferences in times of economic uncertainty. Pricing strategies, marketing campaigns, and the ability to offer cost-effective and durable tire options become crucial for success in such challenging economic conditions.
Import Competition and Pricing Pressures
Peru's tire market is characterized by a high degree of import competition, with a significant share of the market supplied by foreign tire manufacturers. These international players often have cost advantages, which can lead to pricing pressures on domestic producers. The competition from imported tires can pose challenges to local manufacturers, forcing them to focus on product differentiation, quality, and customer service to maintain their market share. Exchange rate fluctuations can also impact import prices, further affecting the competitiveness of domestic products. In this environment, tire retailers also need to navigate challenges related to pricing strategies to satisfy consumers' price sensitivity while ensuring profitability and product quality.
Infrastructure and Road Conditions
The quality of road infrastructure and road conditions in Peru presents a notable challenge for the tire market. While infrastructure development is a driver of the market, the country still faces significant road maintenance issues. Uneven road surfaces, potholes, and challenging terrain can lead to increased wear and tear on tires, reducing their lifespan and increasing the frequency of replacements. This not only places a financial burden on vehicle owners but also affects the demand for tires. To address this challenge, both the government and private sector stakeholders must invest in road maintenance and improvement projects, ultimately leading to safer and longer-lasting tires.
Environmental and Regulatory Compliance
Environmental sustainability and regulatory compliance are pressing challenges for the Peru tire market. The disposal of end-of-life tires presents environmental concerns if not managed properly. Environmental regulations and initiatives are in place to promote responsible tire recycling and disposal practices. Tire manufacturers and retailers must adhere to these regulations, invest in sustainable production processes, and educate consumers about the importance of responsible tire disposal. Achieving a balance between environmental sustainability and business profitability is an ongoing challenge in the tire market, as compliance can add operational costs, which may impact pricing and competitiveness.
Technological Advancements and Consumer Education
Advancements in tire technology pose both opportunities and challenges for the Peru market. Consumers are increasingly demanding tires that offer not only durability and safety but also advanced features such as enhanced fuel efficiency, reduced noise, and improved traction. Keeping up with these technological advancements while managing production costs can be a formidable challenge for manufacturers. Additionally, educating consumers about the benefits of these new technologies and convincing them to invest in premium tires can be a hurdle in a market where price-consciousness often prevails. Bridging the gap between technological innovation and consumer adoption remains a critical challenge for the industry.
Counterfeit and Substandard Tires
A significant challenge for the Peru tire market is the presence of counterfeit and substandard tires in the market. These counterfeit products often do not meet safety and quality standards, posing serious risks to consumers. Counterfeit tires can result in accidents and vehicle damage, damaging the reputation of legitimate tire manufacturers and retailers. Combating the influx of counterfeit and substandard tires requires coordinated efforts between government authorities and industry stakeholders to enforce regulations, conduct inspections, and raise consumer awareness about the risks associated with counterfeit products. Ensuring that consumers can trust the authenticity and quality of tires available in the market is essential for safety and industry credibility.
Key Market Trends
Growing Demand for Eco-Friendly Tires
A significant trend in the Peru tire market is the increasing demand for eco-friendly or green tires. This trend mirrors the global shift towards sustainability and environmental consciousness. Consumers in Peru are becoming more environmentally aware and are seeking tires that offer improved fuel efficiency, reduced carbon emissions, and a smaller environmental footprint. In response, tire manufacturers are developing eco-friendly tire technologies, such as low rolling resistance compounds and innovative tread designs, to meet this demand. The government's support for green initiatives and incentives for environmentally friendly products further drives the adoption of eco-friendly tires in the Peru market.
Rising Popularity of Seasonal Tires
Peru's diverse geography and climate have led to the rising popularity of seasonal tires, particularly winter and all-season tires. Different regions of the country experience varying weather conditions, from the Andes Mountains to the coastal areas and the Amazon rainforest. As a result, consumers are recognizing the importance of using season-specific tires to ensure safety and optimal performance. This trend has led to an increased demand for winter and all-season tires that cater to Peru's unique climate conditions. Tire manufacturers and retailers are expanding their offerings to meet this growing consumer preference.
Online Tire Retailing
E-commerce has gained significant traction in the Peru tire market. Consumers are increasingly turning to online platforms to research, compare, and purchase tires. Online retailers offer convenience, a wide range of tire options, and competitive pricing, making them attractive to tech-savvy consumers. This trend has prompted traditional brick-and-mortar tire retailers to adapt by incorporating online sales channels to remain competitive. Furthermore, online platforms provide consumers with the convenience of home delivery and easy access to product information and reviews, shaping the way tires are bought and sold in Peru.
Tire Customization and Personalization
Personalization and customization are emerging trends in the Peru tire market. Consumers are looking for tires that not only meet their performance and safety requirements but also align with their personal style and preferences. This trend has led to increased demand for tires with customizable features, including unique tread patterns, sidewall designs, and color options. Some tire manufacturers offer customization services that allow customers to design their own tire aesthetics. This trend reflects the desire for individuality and self-expression, even in traditionally functional products like tires.
Advanced Tire Technology and Smart Tires
Advancements in tire technology have a significant impact on the Peru market. Smart tires, equipped with sensors and connectivity features, are gaining popularity among consumers. These tires provide real-time data on tire pressure, temperature, and tread wear, enhancing safety and performance. Smart tires can also communicate with a vehicle's onboard systems, enabling predictive maintenance and tire health monitoring. This technology aligns with the increasing emphasis on road safety and vehicle efficiency. As vehicles in Peru become more connected, the demand for smart tires is expected to rise, presenting opportunities for tire manufacturers to innovate and meet this growing market trend.
Regulatory Initiatives for Tire Safety and Labeling
Government regulations play a vital role in shaping the Peru tire market. In recent years, there has been a focus on enhancing tire safety and consumer awareness through labeling requirements. The Peruvian government has implemented regulations that mandate the labeling of tires with information about fuel efficiency, wet grip, and noise emissions. This labeling system helps consumers make informed decisions and encourages the adoption of fuel-efficient and safe tires. Additionally, there are strict standards for tire imports and sales, ensuring that only compliant and safe tires enter the market. Compliance with these regulations is crucial for both domestic and foreign tire manufacturers and distributors.
Segmental Insights
Vehicle Type Insights
In Peru, the tire market is influenced by various vehicle types, each with its own distinct impact. Passenger cars, which are the primary mode of transportation, continue to dominate the tire demand. This is attributed to the significant increase in private vehicle ownership, fueled by changing lifestyles and growing urbanization.
In addition to passenger cars, commercial vehicles play a crucial role in the Peruvian tire market. With the rise of industries such as logistics and transportation, the demand for commercial vehicles has remained steady. These vehicles are essential for the efficient movement of goods and services across the country, supporting economic growth and development.
Furthermore, the off-the-road (OTR) vehicles used in mining and construction industries make a substantial contribution to the Peruvian tire market. Given Peru's abundance of natural resources and ongoing infrastructure development projects, the demand for OTR vehicles remains high. These vehicles are designed to withstand rugged terrains and challenging working conditions, making them vital for the country's mining and construction sectors.
Each of these vehicle types presents unique demands and challenges for the Peruvian tire market. Manufacturers and suppliers need to understand these specific requirements to cater effectively to the diverse needs of the Peruvian automotive industry. By doing so, they can ensure the availability of high-quality tires that meet the performance and durability expectations of different vehicle segments.
Tire Construction Type Insights
The Peru tire market is witnessing a significant shift in tire construction types. Radial tires are increasingly becoming popular due to their superior durability, better heat dissipation properties, and improved tread life compared to bias tires. This type of tire construction provides better fuel efficiency, making radial tires a preferred choice for consumers in Peru. Meanwhile, bias tires still maintain a niche market, often favored in heavy-duty vehicles and off-road applications for their robustness and resistance to damage. This changing dynamics in tire construction types indicate a greater awareness of performance and efficiency among consumers in the Peru tire market.
Regional Insights
The tire market in Peru holds immense potential, fueled by the country's thriving automotive industry. With a steady rise in vehicle sales and the ever-expanding middle class, coupled with rapid urbanization beyond Lima, the demand for tires has experienced a remarkable surge. Notably, Peru's robust mining sector, reliant on heavy-duty vehicles, further contributes to the market's growth for both consumer and commercial tires. However, it is important to acknowledge the challenges faced by the sector. These include market saturation resulting from imported tires and the impact of inconsistent road infrastructure on tire durability and longevity. Despite these hurdles, the tire market in Peru continues to be driven by various factors, making it a promising and dynamic industry for both domestic and international players.
Key Market Players
Bridgestone Corporation
Continental AG
Goodyear Tire & Rubber Company
Sumitomo Rubber Industries Ltd
Michelin Group
Pirelli & C. S.p.A.
Yokohama Rubber Company Limited
Kumho Tire Co. Inc.
Report Scope:
In this report, the Peru Tire Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Peru Tire Market, By Vehicle Type:
o Passenger Car
o Light Commercial Vehicle (LCV)
o Medium & Heavy Commercial Vehicles (M&HCV)
o Off-the-Road Vehicles (OTR)
o Two-Wheelers
o Three-Wheelers
• Peru Tire Market, By Tire Construction Type:
o Radial
o Bias
• Peru Tire Market, By Demand Category:
o OEM
o Replacement
• Peru Tire Market, By Region:
o Costa
o Sierra
o Selva
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Peru Tire Market.
Available Customizations:
Peru Tire Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Impact of COVID-19 on Peru Tire Market Outlook
5. Voice of Customer Analysis
5.1. Factors Influencing Purchase Decision
5.2. Brand Awareness
5.3. Brand Satisfaction Level
6. Peru Tire Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Passenger Car, Light Commercial Vehicle (LCV), Medium & Heavy Commercial Vehicles (M&HCV), Off-the-Road Vehicles (OTR), Two-Wheelers, Three-Wheelers)
6.2.2. By Demand Category Market Share Analysis (OEM Vs. Replacement)
6.2.3. By Tire Construction Type Market Share Analysis (Radial Vs Bias)
6.2.4. By Regional Market Share Analysis
6.2.4.1. Costa Market Share Analysis
6.2.4.2. Sierra Market Share Analysis
6.2.4.3. Selva Market Share Analysis
6.2.5. By Company Market Share Analysis (Top 5 Companies, Others – By Value, 2022)
6.3. Peru Tire Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.1. By Vehicle Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.2. By Demand Category Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.3. By Tire Construction Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.4. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
7. Peru Passenger Car Tire Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis
7.2.2. By Demand Category Market Share Analysis
7.2.3. By Tire Construction Type Market Share Analysis
8. Peru Light Commercial Vehicle Tire Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis
8.2.2. By Demand Category Market Share Analysis
8.2.3. By Tire Construction Type Market Share Analysis
9. Peru Medium & Heavy Commercial Vehicles Tire Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value & Volume
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis
9.2.2. By Demand Category Market Share Analysis
9.2.3. By Tire Construction Type Market Share Analysis
10. Peru Off-The-Road Vehicles Tire Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value & Volume
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis
10.2.2. By Demand Category Market Share Analysis
10.2.3. By Tire Construction Type Market Share Analysis
11. Peru Two-Wheelers Tire Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value & Volume
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis
11.2.2. By Demand Category Market Share Analysis
11.2.3. By Tire Construction Type Market Share Analysis
12. Peru Three-Wheelers Tire Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value & Volume
12.2. Market Share & Forecast
12.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis
12.2.2. By Demand Category Market Share Analysis
12.2.3. By Tire Construction Type Market Share Analysis
13. Market Dynamics
13.1. Market Drivers
13.2. Market Challenges
14. Market Trends & Developments
15. SWOT Analysis
15.1. Strength
15.2. Weakness
15.3. Opportunities
15.4. Threats
16. Porter’s Five Forces Model
16.1. Competitive Rivalry
16.2. Bargaining Powers of Suppliers
16.3. Bargaining Powers of Buyers
16.4. Threat of New Entrants
16.5. Threat of Substitutes
17. Policy & Regulatory Landscape
18. Peru Economic Profile
19. Competitive Landscape
19.1. Company Profiles (Up to 10 Major Companies)
19.1.1. Bridgestone Corporation
19.1.1.1. Company Details
19.1.1.2. Key Products Offered
19.1.1.3. Recent Development
19.1.1.4. Key Management Personnel
19.1.2. Continental AG
19.1.2.1. Company Details
19.1.2.2. Key Products Offered
19.1.2.3. Recent Development
19.1.2.4. Key Management Personnel
19.1.3. Goodyear Tire & Rubber Company
19.1.3.1. Company Details
19.1.3.2. Key Products Offered
19.1.3.3. Recent Development
19.1.3.4. Key Management Personnel
19.1.4. Sumitomo Rubber Industries Ltd
19.1.4.1. Company Details
19.1.4.2. Key Products Offered
19.1.4.3. Recent Development
19.1.4.4. Key Management Personnel
19.1.5. Michelin Group
19.1.5.1. Company Details
19.1.5.2. Key Products Offered
19.1.5.3. Recent Development
19.1.5.4. Key Management Personnel
19.1.6. Pirelli & C. S.p.A.
19.1.6.1. Company Details
19.1.6.2. Key Products Offered
19.1.6.3. Recent Development
19.1.6.4. Key Management Personnel
19.1.7. Yokohama Rubber Company Limited
19.1.7.1. Company Details
19.1.7.2. Key Products Offered
19.1.7.3. Recent Development
19.1.7.4. Key Management Personnel
19.1.8. Kumho Tire Co. Inc.
19.1.8.1. Company Details
19.1.8.2. Key Products Offered
19.1.8.3. Recent Development
19.1.8.4. Key Management Personnel
20. Strategic Recommendations
20.1. Key Focus Areas
20.1.1. Target Regions
20.1.2. Target Vehicle Type
20.1.3. Target Demand Category
21. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る