世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

オープンソースサービス市場の世界産業規模、シェア、動向、機会、予測、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)、組織規模別(大企業、中小企業)、業種別(IT・ITeS、医療・ライフサイエンス、教育、小売・eコマース)、地域別、競合別、セグメント別、2018年~2028年


Open-Source Services Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Service (Professional Services, Managed Services), By Organization Size (Large Enterprises, SMEs), By Vertical (IT and ITeS, Healthcare and Life Sciences, Education, Retail and eCommerce), By Region, By Competition, 2018-2028

世界のオープンソースサービス市場は、2022年に257億8000万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は16.58%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。世界のオープンソース・サービス市場は現在大きな変... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
190 英語

 

サマリー

世界のオープンソースサービス市場は、2022年に257億8000万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は16.58%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。世界のオープンソース・サービス市場は現在大きな変革期を迎えており、特にソフトウェア開発と共同イノベーションの領域で先端技術の影響力が高まっていることが主な要因となっている。本調査では、イノベーションとテクノロジーがオープンソース・サービス市場の展望を再構築し、より柔軟でコスト効率の高い、コミュニティ主導のソフトウェア・ソリューションへの道を切り開く方法について掘り下げる。
近年、オープンソースの概念は、従来のプロプライエタリなモデルを超越し、ソフトウェア業界を牽引する存在として台頭してきた。透明性の高い共同開発を特徴とするオープンソース・サービスは、現代のソフトウェア開発手法の要となっている。オープンソース・ソリューションへのシフトは、最先端技術と革新的なプロセスの統合によって促進されてきた。
オープンソース・サービス市場におけるイノベーションの主な触媒の1つは、先進的なソフトウェア開発ツールと方法論の採用である。DevOpsプラクティスとDockerやKubernetesのようなコンテナ化技術の登場により、ソフトウェア開発とデプロイはより俊敏かつ効率的になった。これにより、組織はオープンソースのソフトウェア・ソリューションを迅速に構築、テスト、デプロイできるようになり、開発サイクルと市場投入までの時間が短縮された。
さらに、人工知能(AI)と機械学習(ML)技術は、オープンソースソフトウェア開発を最適化する上で極めて重要な役割を果たしている。AI主導のコード分析ツールは、オープンソースのコードリポジトリを自動的にレビューして改善を提案し、コードの品質とセキュリティを向上させることができる。また、機械学習アルゴリズムは、ソフトウェアの欠陥や脆弱性の予測を支援し、開発者は問題が重大になる前に積極的に対処することができます。
ソフトウェア開発に加え、AIを活用したチャットボットやバーチャルアシスタントがオープンソースのサービスプラットフォームに統合され、カスタマーサポートやユーザーエンゲージメントを強化している。これらのAIを搭載したチャットボットは、リアルタイムの支援を提供し、ユーザーからの問い合わせに回答し、問題解決を合理化することで、全体的なユーザー体験を向上させることができる。また、オープンソース・サービス市場では、ソフトウェア開発と配布における透明性とセキュリティを強化するために活用されているブロックチェーン技術の出現が目撃されている。ブロックチェーンベースのプラットフォームは、改ざん防止バージョン管理とスマートコントラクトの統合を可能にし、オープンソースソフトウェアがそのライフサイクルを通じて安全で信頼性の高い状態を維持することを保証する。
結論として、世界のオープンソース・サービス市場は、先進技術の統合と協調的イノベーションへのコミットメントを原動力とする著しい変革を経験している。これらのイノベーションは、オープンソースソフトウェアの開発、デプロイ、保守の方法を再定義し、世界中の組織や開発者により柔軟で安全、かつコスト効率の高いソリューションをもたらしている。AI、ブロックチェーン、DevOpsの実践が進化を続ける中、オープンソース・サービス市場への影響は、ソフトウェア開発とコラボレーションのための、より俊敏でコミュニティ主導の未来を創り出す態勢を整えている。
主な市場促進要因
コスト効率と手頃な価格
世界のオープンソース・サービス市場を牽引する最大の要因の1つは、オープンソース・ソフトウェア・ソリューションが提供するコスト効率と手頃な価格である。企業や組織が経費を抑えながら業務の最適化を図る中で、オープンソース・サービスは魅力的な提案となる。多くの場合、多額のライセンス料と継続的なコストを伴うプロプライエタリ・ソフトウェアとは異なり、オープンソース・ソフトウェアは通常、無料で利用できる。そのため、ソフトウェア・ライセンスに多額の先行投資をする必要がなく、新興企業や中小企業、さらには大企業にとっても経済的な選択肢となる。
さらに、コスト削減の効果は、最初の取得だけにとどまりません。オープンソースソフトウェアは、組織が特定のソフトウェアプロバイダに依存するようになり、時間の経過とともにライセンス料が高騰する可能性のあるベンダーロックインを回避することを可能にします。オープンソースのソリューションでは、企業は追加費用を負担することなく、独自のニーズに合わせて自由にソフトウェアをカスタマイズし、変更することができます。この柔軟性は、長期的なコストを削減するだけでなく、変化するビジネス要件により効率的に適応する力を組織に与えます。
オープンソース・サービスの手頃な価格は、メンテナンスやサポートにも及んでいる。多くのオープンソースコミュニティやサードパーティプロバイダは、競争力のある価格でサポートやメンテナンスサービスを提供している。このため、企業は、資金を無駄にすることなく、必要なときに専門家の支援を受けることができる。全体として、オープンソース・サービスのコスト効率と手頃な価格は、さまざまな業界でオープンソース・サービスが採用されるための説得力のある要因であり続けている。
柔軟性とカスタマイズ性
世界のオープンソース・サービス市場のもう一つの重要な推進要因は、オープンソース・ソフトウェアが提供する柔軟性とカスタマイズ・オプションである。急速に進化するデジタル環境の中で、企業は進化するニーズや好みに適応できるソフトウェアソリューションを必要としている。オープンソース・サービスはこの点で優れており、高度な柔軟性とカスタマイズ性を提供する。
オープンソースソフトウェアは、基盤となるソースコードへのアクセスを提供するため、企業は特定の要件に合わせてソフトウェアを修正、拡張、カスタマイズすることができます。このレベルのカスタマイズは、ヘルスケア、金融、製造業など、独自のワークフローやプロセスが普及している業界では特に価値があります。企業は、オープンソースのソリューションを自社の業務ワークフローに完全に適合するように微調整することができ、その結果、効率性と生産性が向上する。
さらに、オープンソースコミュニティは、コラボレーションとアイデアの共有を促進することで、イノベーションを促進します。この協力的なアプローチにより、多様で汎用性の高いオープンソースのツールやアプリケーションが開発されることも少なくありません。組織は、このようなソフトウェアの豊富なエコシステムを利用して、ニーズに的確に合致するソリューションを見つけることができ、ソフトウェアをゼロから開発することに伴う時間とコストを削減することができる。
オープンソース・サービスが提供する柔軟性とカスタマイズ性は、統合機能にも及んでいます。オープンソースのソリューションは、相互運用性を念頭に設計されており、既存のソフトウェアシステムやサードパーティのアプリケーションとのシームレスな統合が可能です。このため、企業は独自の要件に合わせた包括的でまとまりのあるテクノロジー・スタックを構築することができます。
セキュリティと透明性
セキュリティと透明性は、世界のオープンソース・サービス市場におけるもう一つの有力な推進要因である。サイバー脅威やデータ漏洩が増加する中、企業はソフトウェア・アプリケーションやシステムのセキュリティを優先している。オープンソースソフトウェアは、その透明性と協力的な性質から、こうしたセキュリティの要請と密接に一致している。
オープンソースソフトウェアの主な利点の1つは、開発者とセキュリティ専門家のグローバルコミュニティがソースコードをレビューし、監査できることです。この透明性は、脆弱性やセキュリティ上の欠陥があれば、速やかに特定し対処できることを意味する。これとは対照的に、プロプライエタリ・ソフトウェアは通常、ソースコードをクローズドに保つため、外部の専門家がセキュリティ・リスクを包括的に評価することが難しくなる。
また、オープンソースの協調的な性質は、新たな脅威に対応してセキュリティ更新やパッチが迅速にリリースされることが多いことを意味する。企業は、これらのアップデートを迅速に実装してシステムやデータを保護することで、セキュリティ体制を機動的に維持することができます。
さらに、オープンソースのソリューションは、ベンダー固有の脆弱性やロックインの影響を受けにくい。組織はソフトウェア環境をより詳細に管理できるため、単一のベンダーへの依存度が下がり、ベンダー関連のセキュリティ問題に関連するリスクが減少します。
結論として、世界のオープンソース・サービス市場は、コスト効率と手頃な価格、柔軟性とカスタマイズ性、セキュリティと透明性など、いくつかの魅力的な要因によって牽引されている。これらの要因が組み合わさることで、オープンソース・サービスは、進化するビジネスニーズに対応するために、コスト効率が高く、適応性があり、安全なソフトウェア・ソリューションを求める組織にとって、魅力的な選択肢となっている。ビジネスが俊敏性と革新性を優先し続ける中、グローバルな技術状況の形成におけるオープンソースの役割は大きく成長すると予想される。
主な市場課題
包括的なサポートとメンテナンスの確保
世界のオープンソース・サービス市場が直面する主な課題の1つは、オープンソース・ソフトウェア・ソリューションの包括的なサポートとメンテナンスを提供する必要性である。オープンソースソフトウェアは、コスト削減や柔軟性など数多くの利点を提供する一方で、その円滑な運用と長寿命を保証するための強固なサポートメカニズムも要求される。
多くの組織は、重要なビジネスプロセスにおいてオープンソースソフトウェアに依存しており、障害や問題が発生した場合、重大な影響を及ぼす可能性があります。しかし、オープンソースのプロジェクトはコミュニティ主導であることが多く、サポートのレベルは大きく異なることがあります。組織がオープンソースのデプロイメントに対するタイムリーで効果的なサポートを確保することが困難になった場合、課題が発生します。
特定のオープンソースプロジェクトに精通した個人やチームを見つけることは、困難な場合があります。組織は、トラブルシューティングを行い、問題を迅速に解決できる有能な専門家を見つけるのに苦労するかもしれない。
サービス・レベル・アグリーメント(SLA)を伴う正式なサポート契約を提供するプロプライエタリ・ソフトウェア・ベンダーとは異なり、オープンソース・プロジェクトには、体系的なサポートの取り決めがない場合がある。そのため、組織は、保証された応答時間や解決策を受け取ることが難しくなる可能性があります。
多くのオープン・ソース・プロジェクトは、ボランティアや貢献者に依存しているため、サポート要求にタイムリーに対応できるとは限りません。組織は、コミュニティ主導のサポートの信頼性に関して不確実性に直面する可能性があります。
この課題に対処するために、オープンソースのサービスプロバイダとコミュニティは、持続可能なサポートモデルを確立するために協力する必要があります。これには、公式のサポート・チャネルの構築、専門家向けの認定プログラムの開発、サポート・パートナーシップの形成などが含まれ、組織が必要とする専門知識や支援に確実にアクセスできるようにする必要がある。
セキュリティとコンプライアンスの管理
セキュリティとコンプライアンスは、グローバル・オープンソース・サービス市場における根強い課題である。オープンソースソフトウェアは、ソースコードの透明性と共同作業による精査で知られているが、セキュリティの脆弱性やコンプライアンスの問題と無縁ではない。特に、オープンソース・ソリューションに大きく依存している組織にとって、これらの側面の管理は複雑なものとなる可能性がある。
オープンソースプロジェクトには脆弱性が存在する可能性があり、その脆弱性を特定し、評価し、迅速にパッチを適用する必要があります。組織は、セキュリティ勧告やアップデートを追跡し、対応するためのプロセスを整備する必要がある。
オープンソースのライブラリやコンポーネントへの依存は、サプライチェー ンリスクをもたらす可能性がある。組織は、サードパーティライブラリを含むソフトウエアスタック全体のセキュリ ティ体制を監視する必要がある。
オープンソースソフトウェアには、組織が遵守しなければならないライセンシング義務が伴うことが多い。さまざまなオープンソースライセンスのコンプライアンスを確保することは複雑であり、コンプライアンス違反は法的問題につながる可能性がある。
GDPRやCCPAのような厳しいデータプライバシー規制がある地域で活動する組織は、データの取り扱いと保護を含め、オープンソースソフトウェアスタックがこれらの要件に合致していることを確認する必要があります。
これらの課題に対処するには、セキュリティとコンプライアンス管理への積極的なアプローチが必要です。これには、定期的な脆弱性評価、強固なライセンシングとコンプライアンスポリシー、規制変更の継続的な監視が含まれる。組織は、セキュリティとコンプライアンスを専門とするオープンソースのサービスプロバイダーにサポートを求めることもできる。
スケーラビリティと統合
グローバル・オープンソース・サービス市場では、特に組織が複雑で異種混在の環境にオープンソース・ソリューションの利用を拡大しようとしているため、スケーラビリティと統合の課題が広く存在している。
スケーラビリティの課題:
組織が事業を拡大する際には、オープンソース・ソリューションがコンピューティング・パワーやストレージなどの利用可能なリソースを効率的に活用できるようにする必要がある。
オープンソースソフトウェアの拡張は、パフォーマンスのボトルネックにつながる可能性があります。組織は、スケール時のパフォーマンスを維持するために、構成を微調整し、コードを最適化する必要があります。
統合の課題
オープンソース・ソリューションを、既存のプロプライエタリ・ソフトウェアや他のオープンソース・コンポーネントと統合することは、困難な場合があります。スムーズな事業運営には、シームレスな相互運用性の確保が不可欠です。多くの組織には、最新のオープンソース・ソリューションと共存する必要のあるレガシー・システムがあります。レガシー・テクノロジーとオープンソース・テクノロジーのギャップを埋めることは、統合の課題をもたらす可能性があります。
スケーラビリティと統合の課題を克服するために、組織は強固なアーキテクチャ計画に投資し、オープンソースの統合ツールとミドルウェアの活用を検討すべきである。さらに、オープンソースコミュニティに参加し、経験豊富なインテグレータの指導を仰ぐことで、複雑な環境におけるオープンソースソリューションのシームレスな展開と拡張が容易になります。
結論として、世界のオープンソース・サービス市場は、サポートとメンテナンス、セキュリティとコンプライアンス、スケーラビリティと統合に関する課題に直面している。これらの課題に対処するには、コミュニティの協力、ベストプラクティスの開発、専門のサービスプロバイダーの関与などを組み合わせる必要がある。オープンソースの採用が拡大し続ける中、これらの課題を軽減するための積極的な取り組みが、多様な業界におけるオープンソースイニシアチブの持続的な成功には不可欠となる。
主な市場動向
企業におけるオープンソース採用の増加
世界のオープンソース・サービス市場における最も顕著なトレンドの1つは、あらゆる規模、さまざまな業種の企業によるオープンソースソフトウェアとソリューションの採用が加速していることである。歴史的に、オープンソースは小規模な組織や草の根プロジェクトに関連することが多かった。しかし近年、企業はオープンソースの戦略的優位性を認識するようになり、ITエコシステムへの統合が広まっている。
企業におけるオープンソース技術の採用は、いくつかの要因によって推進されている。まず第一に、コスト効率である。オープンソースは、プロプライエタリ・ソフトウェアに代わるコスト効率の高い選択肢と見なされることが多い。これは、柔軟性を維持しながらIT予算を最適化したいと考えている組織にとって魅力的である。
企業導入のもう一つの原動力は、柔軟性とカスタマイズ性である。オープンソース・ソリューションは、企業がそれぞれのニーズに合わせてソフトウェアをカスタマイズする自由を提供します。これは、独自のワークフローや規制上の要件により、カスタマイズされたソフトウェア・ソリューションが必要とされる業界では特に価値が高い。
さらに、オープンソースの強固なコミュニティ・サポートと共同開発モデルは、企業にとっての魅力を高めている。このようなコミュニティがイノベーションを促進し、ソフトウェアが最新の機能とセキュリティ強化で常に最新の状態に保たれることを保証します。
企業での採用が増加した結果、オープンソースのサービスプロバイダーは、大企業特有のニーズや需要に対応するため、提供サービスを拡大しています。これには、エンタープライズグレードのサポート、統合サービス、特定の業界の課題に対応するソリューションの提供などが含まれる。オープンソースのエンタープライズ採用の傾向は今後も続くと予想され、オープンソースは世界中の企業にとって主流な選択肢としてさらに強固なものとなるでしょう。
クラウドネイティブ技術におけるオープンソース
世界のオープンソース・サービス市場における2つ目の大きなトレンドは、オープンソースとクラウドネイティブ技術の融合です。コンテナ、マイクロサービス、および Kubernetes のようなオーケストレーション・ツールの使用を特徴とするクラウドネイティブ・コンピューティングは、クラウドでアプリケーションを構築およびデプロイするための事実上の標準となっています。
オープンソースは、クラウドネイティブ・エコシステムにおいて極めて重要な役割を果たしている。例えば、Kubernetesはオープンソースのコンテナ・オーケストレーション・プラットフォームで、広く採用されている。Docker、Prometheus、Envoyなどのオープンソースプロジェクトも、クラウドネイティブアーキテクチャに欠かせないコンポーネントだ。このトレンドを支える重要な原動力の1つが、オープンソースコミュニティとクラウドプロバイダーのコラボレーションだ。Amazon Web Services (AWS)、Google Cloud Platform (GCP)、Microsoft Azureなどの主要なクラウドプロバイダーは、オープンソースプロジェクトに積極的に貢献し、自社のクラウドサービスに統合している。このコラボレーションにより、クラウドネイティブ環境でオープンソースのツールを活用したい開発者や組織にとって、シームレスなエクスペリエンスがもたらされる。
さらに、オープンソースは移植性を可能にし、ベンダーロックインを回避する。組織は、オープンソース・テクノロジーを使用してアプリケーションを構築・展開し、その後、大幅な手直しをすることなく、クラウド・プロバイダー間の移行やハイブリッド・クラウド・インフラ上での実行を選択することができます。
クラウドネイティブ・テクノロジーが勢いを増す中、オープンソースはこの変革の中心であり続け、クラウドネイティブ・エコシステムにおけるイノベーション、柔軟性、スケーラビリティを推進する。
オープンソースにおけるセキュリティとコンプライアンスの重視
世界のオープンソース・サービス市場における 3 番目の注目すべきトレンドは、オープンソース・コミュニティにおけるセキュリティとコンプライアンスの重視の高まりです。オープンソースソフトウェアが重要なビジネスオペレーションやインフラストラクチャで重要な役割を果たし続ける中、そのセキュリティと業界規制へのコンプライアンスを確保することが最重要課題となっている。
この傾向の原動力の1つは、オープンソースプロジェクトに影響を及ぼすサイバー脅威やセキュリティ脆弱性の増加です。注目を集めたセキュリティ侵害や脆弱性は、オープンソースコミュニティにおける積極的なセキュリティ対策の必要性を浮き彫りにしました。
この課題に対処するため、オープンソース・プロジェクトは、セキュリティ監査、コード解析ツール、脆弱性スキャンに投資している。また、コミュニティは、責任ある情報開示の文化を醸成し、研究者や開発者がセキュリティ脆弱性を速やかに報告することを奨励している。
この傾向のもう一つの側面は、GDPRやCCPAといったデータ保護やプライバシー規制へのコンプライアンスである。組織は、機密性の高い顧客データを保護するために、使用するオープンソースソフトウェアがこれらの規制に準拠していることを保証しなければならない。オープンソースプロジェクトは、組織がこれらの規制要件に準拠するためのガイダンスや機能を提供することで対応している。
さらに、オープンソースのサービスプロバイダは、脅威検出、インシデント対応、コンプライアンスコンサルティングなど、セキュリティに焦点を当てたソリューションやサービスを提供している。これらのサービスは、オープンソースの導入におけるセキュリティと法規制の遵守を維持する上で、組織を支援するものである。
結論として、世界のオープンソース・サービス市場の特徴は、企業におけるオープンソースの採用の増加、オープンソースとクラウドネイティブ技術の融合、オープンソースコミュニティにおけるセキュリティとコンプライアンスへの関心の高まりです。これらのトレンドは、オープンソースの展望を再構築し、よりアクセスしやすく、安全で、世界中の組織の進化するニーズに沿ったものにしています。
セグメント別インサイト
サービスタイプ別洞察
マネージド・サービスは、世界のオープンソース・サービス市場において、サービスタイプ別で圧倒的なシェアを占めている。マネージド・サービス・プロバイダー(MSP)は、組織がオープンソースのインフラやアプリケーションを管理できるよう、幅広いサービスを提供している。これらのサービスには以下が含まれる:システム管理:MSPは、パッチ適用、セキュリティ、パフォーマンス監視など、オープンソースシステムの日々の運用を管理することができる。アプリケーション開発:MSP は、カスタム・オープンソース・アプリケーションの開発と保守を支援することができる。
クラウドへの移行:MSP は、オープンソースのインフラストラクチャやアプリケーションのクラウドへの移行を支援する。
サポート:MSPは、オープンソースのシステムやアプリケーションに対して、24時間365日のサポートを提供することができる。
マネージド・サービス・セグメントの成長は、以下を含む多くの要因によって牽引されている:
オープンソース環境の複雑化:組織がより多くのオープンソースソフトウェアを採用するにつれ、IT環境はより複雑になっている。そのため、オープンソースのインフラやアプリケーションを自社で管理することが難しくなっている。専門知識の必要性:オープンソースソフトウェアは常に進化しており、ITチームが最新の変化に対応することは困難です。MSPは、オープンソース環境を効果的に管理するための専門的な知識を持っています。
コスト削減:マネージド・サービスは、企業がオープンソースのインフラストラクチャやアプリケーションを管理する上で、社内のチームを雇用するよりも費用対効果の高い方法となる。オープンソース環境の複雑化、専門知識の必要性、コスト削減が、この市場を牽引している。
地域別洞察
世界のオープンソースサービス市場では、北米が圧倒的なシェアを占めている。世界のオープンソースサービス市場で北米が優位を占める理由はいくつかある。第一に、この地域はITインフラが発達しており、技術系企業が多い。第二に、北米ではあらゆる規模の組織からオープンソースサービスへの需要が高い。第三に、北米に本社を置く大手オープンソース・サービス・プロバイダーが多数存在する。
北米におけるオープンソース・サービス市場の成長を促進する主な要因には、次のようなものがある:オープンソースソフトウェアの採用の増加:コスト削減、柔軟性、セキュリティなどの利点から、北米ではあらゆる規模の組織でオープンソースソフトウェアの採用が進んでいる。オープンソース環境の複雑化:組織がオープンソースソフトウェアを採用するにつれ、IT環境はより複雑になっている。そのため、オープンソースのインフラストラクチャやアプリケーションを社内で管理することが難しくなっている。専門知識の必要性:オープンソースソフトウェアは常に進化しており、ITチームが最新の変化に対応することは困難です。オープンソース・サービス・プロバイダーは、組織がオープンソース環境を効果的に管理するための専門的な知識を持っています。北米はITインフラが発達しており、技術系企業が多く、オープンソース・サービスに対する需要が高く、大手オープンソース・サービス・プロバイダーが多数存在することから、世界のオープンソース・サービス市場で圧倒的なシェアを誇っている。この地域における市場の成長は、オープンソースソフトウェアの採用の増加、オープンソース環境の複雑化、専門的な専門知識の必要性によって牽引されている。
主要市場プレイヤー
レッドハット
キヤノニカル・グループ・リミテッド
SUSE LLC
アパッチ・ソフトウェア・ファウンデーション
GitHub, Inc.
Docker, Inc.
ジェンキンス
Eclipse Foundation, Inc.
MongoDB, Inc.
Cloudera, Inc.
レポートの範囲
本レポートでは、オープンソースサービスの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- オープンソースサービス市場、サービス別
o プロフェッショナルサービス
o マネージドサービス
- オープンソースサービス市場:組織規模別
o 大企業
o 中小企業
- オープンソースサービス市場:業種別
o ITおよびITeS
o ヘルスケアおよびライフサイエンス
o 教育
o 小売・eコマース
- オープンソースサービス市場:地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
欧州
 フランス
 イギリス
 イタリア
 ドイツ
 スペイン
 ベルギー
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 オーストラリア
 韓国
 インドネシア
 ベトナム
南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
 チリ
 ペルー
中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 UAE
 トルコ
 イスラエル
競争状況
企業プロフィール:世界のオープンソースサービス市場における主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、与えられた市場データをもとに、オープンソースサービスの世界市場レポートにおいて、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Global Open-Source Services Market
5. Voice of Customer
6. Global Open-Source Services Market Overview
7. Global Open-Source Services Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Service (Professional Services, Managed Services)
7.2.2. By Organization Size (Large Enterprises, SMEs)
7.2.3. By Vertical (IT and ITeS, Healthcare and Life Sciences, Education, Retail and eCommerce)
7.2.4. By Region (North America, Europe, South America, Middle East & Africa, Asia Pacific)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. North America Open-Source Services Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Service
8.2.2. By Organization Size
8.2.3. By Vertical
8.2.4. By Country
8.3. North America: Country Analysis
8.3.1. United States Open-Source Services Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Service
8.3.1.2.2. By Organization Size
8.3.1.2.3. By Vertical
8.3.2. Canada Open-Source Services Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Service
8.3.2.2.2. By Organization Size
8.3.2.2.3. By Vertical
8.3.3. Mexico Open-Source Services Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Service
8.3.3.2.2. By Organization Size
8.3.3.2.3. By Vertical
9. Europe Open-Source Services Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Service
9.2.2. By Organization Size
9.2.3. By Vertical
9.2.4. By Country
9.3. Europe: Country Analysis
9.3.1. Germany Open-Source Services Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Service
9.3.1.2.2. By Organization Size
9.3.1.2.3. By Vertical
9.3.2. France Open-Source Services Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Service
9.3.2.2.2. By Organization Size
9.3.2.2.3. By Vertical
9.3.3. United Kingdom Open-Source Services Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Service
9.3.3.2.2. By Organization Size
9.3.3.2.3. By Vertical
9.3.4. Italy Open-Source Services Market Outlook
9.3.4.1. Market Size & Forecast
9.3.4.1.1. By Value
9.3.4.2. Market Share & Forecast
9.3.4.2.1. By Service
9.3.4.2.2. By Organization Size
9.3.4.2.3. By Vertical
9.3.5. Spain Open-Source Services Market Outlook
9.3.5.1. Market Size & Forecast
9.3.5.1.1. By Value
9.3.5.2. Market Share & Forecast
9.3.5.2.1. By Service
9.3.5.2.2. By Organization Size
9.3.5.2.3. By Vertical
9.3.6. Belgium Open-Source Services Market Outlook
9.3.6.1. Market Size & Forecast
9.3.6.1.1. By Value
9.3.6.2. Market Share & Forecast
9.3.6.2.1. By Service
9.3.6.2.2. By Organization Size
9.3.6.2.3. By Vertical
10. South America Open-Source Services Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Service
10.2.2. By Organization Size
10.2.3. By Vertical
10.2.4. By Country
10.3. South America: Country Analysis
10.3.1. Brazil Open-Source Services Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Service
10.3.1.2.2. By Organization Size
10.3.1.2.3. By Vertical
10.3.2. Colombia Open-Source Services Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Service
10.3.2.2.2. By Organization Size
10.3.2.2.3. By Vertical
10.3.3. Argentina Open-Source Services Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Service
10.3.3.2.2. By Organization Size
10.3.3.2.3. By Vertical
10.3.4. Chile Open-Source Services Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Service
10.3.4.2.2. By Organization Size
10.3.4.2.3. By Vertical
10.3.5. Peru Open-Source Services Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Service
10.3.5.2.2. By Organization Size
10.3.5.2.3. By Vertical
11. Middle East & Africa Open-Source Services Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Service
11.2.2. By Organization Size
11.2.3. By Vertical
11.2.4. By Country
11.3. Middle East & Africa: Country Analysis
11.3.1. Saudi Arabia Open-Source Services Market Outlook
11.3.1.1. Market Size & Forecast
11.3.1.1.1. By Value
11.3.1.2. Market Share & Forecast
11.3.1.2.1. By Service
11.3.1.2.2. By Organization Size
11.3.1.2.3. By Vertical
11.3.2. UAE Open-Source Services Market Outlook
11.3.2.1. Market Size & Forecast
11.3.2.1.1. By Value
11.3.2.2. Market Share & Forecast
11.3.2.2.1. By Service
11.3.2.2.2. By Organization Size
11.3.2.2.3. By Vertical
11.3.3. South Africa Open-Source Services Market Outlook
11.3.3.1. Market Size & Forecast
11.3.3.1.1. By Value
11.3.3.2. Market Share & Forecast
11.3.3.2.1. By Service
11.3.3.2.2. By Organization Size
11.3.3.2.3. By Vertical
11.3.4. Turkey Open-Source Services Market Outlook
11.3.4.1. Market Size & Forecast
11.3.4.1.1. By Value
11.3.4.2. Market Share & Forecast
11.3.4.2.1. By Service
11.3.4.2.2. By Organization Size
11.3.4.2.3. By Vertical
11.3.5. Israel Open-Source Services Market Outlook
11.3.5.1. Market Size & Forecast
11.3.5.1.1. By Value
11.3.5.2. Market Share & Forecast
11.3.5.2.1. By Service
11.3.5.2.2. By Organization Size
11.3.5.2.3. By Vertical
12. Asia Pacific Open-Source Services Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Service
12.1.2. By Organization Size
12.1.3. By Vertical
12.1.4. By Country
12.2. Asia-Pacific: Country Analysis
12.2.1. China Open-Source Services Market Outlook
12.2.1.1. Market Size & Forecast
12.2.1.1.1. By Value
12.2.1.2. Market Share & Forecast
12.2.1.2.1. By Service
12.2.1.2.2. By Organization Size
12.2.1.2.3. By Vertical
12.2.2. India Open-Source Services Market Outlook
12.2.2.1. Market Size & Forecast
12.2.2.1.1. By Value
12.2.2.2. Market Share & Forecast
12.2.2.2.1. By Service
12.2.2.2.2. By Organization Size
12.2.2.2.3. By Vertical
12.2.3. Japan Open-Source Services Market Outlook
12.2.3.1. Market Size & Forecast
12.2.3.1.1. By Value
12.2.3.2. Market Share & Forecast
12.2.3.2.1. By Service
12.2.3.2.2. By Organization Size
12.2.3.2.3. By Vertical
12.2.4. South Korea Open-Source Services Market Outlook
12.2.4.1. Market Size & Forecast
12.2.4.1.1. By Value
12.2.4.2. Market Share & Forecast
12.2.4.2.1. By Service
12.2.4.2.2. By Organization Size
12.2.4.2.3. By Vertical
12.2.5. Australia Open-Source Services Market Outlook
12.2.5.1. Market Size & Forecast
12.2.5.1.1. By Value
12.2.5.2. Market Share & Forecast
12.2.5.2.1. By Service
12.2.5.2.2. By Organization Size
12.2.5.2.3. By Vertical
12.2.6. Indonesia Open-Source Services Market Outlook
12.2.6.1. Market Size & Forecast
12.2.6.1.1. By Value
12.2.6.2. Market Share & Forecast
12.2.6.2.1. By Service
12.2.6.2.2. By Organization Size
12.2.6.2.3. By Vertical
12.2.7. Vietnam Open-Source Services Market Outlook
12.2.7.1. Market Size & Forecast
12.2.7.1.1. By Value
12.2.7.2. Market Share & Forecast
12.2.7.2.1. By Service
12.2.7.2.2. By Organization Size
12.2.7.2.3. By Vertical
13. Market Dynamics
13.1. Drivers
13.2. Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Company Profiles
15.1. Red Hat, Inc
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Revenue and Financials
15.1.3. Recent Developments
15.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.1.5. Key Product/Services Offered
15.2. Canonical Group Limited
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Revenue and Financials
15.2.3. Recent Developments
15.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.2.5. Key Product/Services Offered
15.3. SUSE LLC
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Revenue and Financials
15.3.3. Recent Developments
15.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.3.5. Key Product/Services Offered
15.4. The Apache Software Foundation
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Revenue and Financials
15.4.3. Recent Developments
15.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.4.5. Key Product/Services Offered
15.5. GitHub, Inc.
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Revenue and Financials
15.5.3. Recent Developments
15.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.5.5. Key Product/Services Offered
15.6. Docker, Inc.
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Revenue and Financials
15.6.3. Recent Developments
15.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.6.5. Key Product/Services Offered
15.7. Jenkins
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Revenue and Financials
15.7.3. Recent Developments
15.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.7.5. Key Product/Services Offered
15.8. Eclipse Foundation, Inc.
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Revenue and Financials
15.8.3. Recent Developments
15.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.8.5. Key Product/Services Offered
15.9. MongoDB, Inc.
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Revenue and Financials
15.9.3. Recent Developments
15.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.9.5. Key Product/Services Offered
15.10. Cloudera, Inc.
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Revenue and Financials
15.10.3. Recent Developments
15.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.10.5. Key Product/Services Offered
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Open-Source Services Market has valued at USD 25.78 Billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 16.58% through 2028. The Global Open-Source Services Market is currently undergoing a substantial transformation, largely attributable to the increasing influence of advanced technologies, particularly within the realm of software development and collaborative innovation. This exploration delves into the ways in which innovation and technology are reshaping the landscape of the open-source services market, paving the way for more flexible, cost-effective, and community-driven software solutions.
In recent years, the concept of open source has emerged as a driving force in the software industry, transcending traditional proprietary models. Open-source services, characterized by transparent and collaborative development, have become a cornerstone of modern software development practices. This shift towards open-source solutions has been facilitated by the integration of cutting-edge technologies and innovative processes.
One of the primary catalysts for innovation in the open-source services market is the adoption of advanced software development tools and methodologies. With the advent of DevOps practices and containerization technologies like Docker and Kubernetes, software development and deployment have become more agile and efficient. This enables organizations to rapidly build, test, and deploy open-source software solutions, reducing development cycles and time-to-market.
Furthermore, artificial intelligence (AI) and machine learning (ML) technologies are playing a pivotal role in optimizing open-source software development. AI-driven code analysis tools can automatically review and suggest improvements to open-source code repositories, enhancing code quality and security. Machine learning algorithms can also assist in predicting software defects and vulnerabilities, allowing developers to proactively address issues before they become critical.
In addition to software development, AI-driven chatbots and virtual assistants are being integrated into open-source service platforms to enhance customer support and user engagement. These AI-powered chatbots can provide real-time assistance, answer user queries, and streamline issue resolution, improving the overall user experience. The open-source services market is also witnessing the emergence of blockchain technology, which is being leveraged to enhance transparency and security in software development and distribution. Blockchain-based platforms enable tamper-proof version control and smart contract integration, ensuring that open-source software remains secure and reliable throughout its lifecycle.
In conclusion, the Global Open-Source Services Market is experiencing a remarkable transformation driven by the integration of advanced technologies and a commitment to collaborative innovation. These innovations are redefining how open-source software is developed, deployed, and maintained, resulting in more flexible, secure, and cost-effective solutions for organizations and developers worldwide. As AI, blockchain, and DevOps practices continue to evolve, their influence on the open-source services market is poised to create a more agile and community-driven future for software development and collaboration.
Key Market Drivers
Cost Efficiency and Affordability
One of the foremost driving factors in the Global Open-Source Services Market is the cost efficiency and affordability offered by open-source software solutions. As businesses and organizations seek to optimize their operations while keeping expenses in check, open-source services present an attractive proposition. Unlike proprietary software, which often involves substantial licensing fees and ongoing costs, open-source software is typically available for free. This eliminates the need for significant upfront investments in software licenses, making it an economical choice for startups, small and medium-sized enterprises (SMEs), and even large corporations.
Furthermore, the cost savings extend beyond initial acquisition. Open-source software allows organizations to avoid vendor lock-in, where they become dependent on a specific software provider and may face escalating licensing fees over time. With open-source solutions, companies have the freedom to customize and modify the software to suit their unique needs without incurring additional expenses. This flexibility not only reduces long-term costs but also empowers organizations to adapt to changing business requirements more efficiently.
The affordability of open-source services also extends to maintenance and support. Many open-source communities and third-party providers offer support and maintenance services at competitive rates. This ensures that organizations can access expert assistance when needed without breaking the bank. Overall, the cost efficiency and affordability of open-source services continue to be a compelling driver for their adoption across various industries.
Flexibility and Customization
Another significant driving factor in the Global Open-Source Services Market is the flexibility and customization options provided by open-source software. In a rapidly evolving digital landscape, businesses require software solutions that can adapt to their evolving needs and preferences. Open-source services excel in this regard, offering a high degree of flexibility and customization.
Open-source software provides access to the underlying source code, which means organizations can modify, extend, or tailor the software to meet specific requirements. This level of customization is particularly valuable in industries where unique workflows and processes are prevalent, such as healthcare, finance, and manufacturing. Companies can fine-tune open-source solutions to align perfectly with their operational workflows, resulting in improved efficiency and productivity.
Moreover, open-source communities foster innovation by encouraging collaboration and the sharing of ideas. This collaborative approach often leads to the development of diverse and versatile open-source tools and applications. Organizations can tap into this rich ecosystem of software to find solutions that precisely match their needs, reducing the time and cost associated with developing software from scratch.
The flexibility and customization offered by open-source services extend to integration capabilities. Open-source solutions are designed with interoperability in mind, enabling seamless integration with existing software systems and third-party applications. This ensures that organizations can build comprehensive and cohesive technology stacks tailored to their unique requirements.
Security and Transparency
Security and transparency represent another compelling driving factor in the Global Open-Source Services Market. In an era marked by an increasing number of cyber threats and data breaches, organizations are prioritizing the security of their software applications and systems. Open-source software, with its transparent and collaborative nature, aligns closely with these security imperatives.
One of the key advantages of open-source software is the ability for a global community of developers and security experts to review and audit the source code. This transparency means that any vulnerabilities or security flaws can be identified and addressed promptly. In contrast, proprietary software typically keeps its source code closed, making it difficult for external experts to assess security risks comprehensively.
The collaborative nature of open source also means that security updates and patches are often released promptly in response to emerging threats. Organizations can stay agile in their security posture by quickly implementing these updates to protect their systems and data.
Furthermore, open-source solutions are less susceptible to vendor-specific vulnerabilities and lock-in. Organizations have greater control over their software environments, reducing reliance on a single vendor and decreasing the risk associated with vendor-related security issues.
In conclusion, the Global Open-Source Services Market is driven by several compelling factors, including cost efficiency and affordability, flexibility and customization, and security and transparency. These factors combine to make open-source services an attractive choice for organizations seeking cost-effective, adaptable, and secure software solutions to meet their evolving business needs. As businesses continue to prioritize agility and innovation, the role of open source in shaping the global technology landscape is expected to grow significantly.
Key Market Challenges
Ensuring Comprehensive Support and Maintenance
One of the primary challenges facing the Global Open-Source Services Market is the need to provide comprehensive support and maintenance for open-source software solutions. While open-source software offers numerous advantages, including cost savings and flexibility, it also demands robust support mechanisms to ensure its smooth operation and longevity.
Many organizations rely on open-source software for critical business processes, and any disruptions or issues can have significant consequences. However, open-source projects are often community-driven, and the level of support can vary widely. Challenges arise when organizations encounter difficulties in securing timely and effective support for their open-source deployments.
Finding individuals or teams with expertise in a specific open-source project can be challenging. Organizations may struggle to locate qualified professionals capable of troubleshooting and resolving issues promptly.
Unlike proprietary software vendors that offer formal support contracts with service level agreements (SLAs), open-source projects may lack structured support arrangements. This can make it difficult for organizations to receive guaranteed response times and resolutions.
Many open-source projects rely on volunteers and contributors who may not always be available to address support requests in a timely manner. Organizations can face uncertainty regarding the reliability of community-driven support.
To address this challenge, open-source service providers and communities must work together to establish sustainable support models. This can involve the creation of official support channels, the development of certification programs for professionals, and the formation of support partnerships to ensure that organizations can access the expertise and assistance they need.
Managing Security and Compliance
Security and compliance are persistent challenges in the Global Open-Source Services Market. While open-source software is known for its transparency and collaborative scrutiny of source code, it is not immune to security vulnerabilities and compliance issues. Managing these aspects can be complex, particularly for organizations that rely heavily on open-source solutions.
Open-source projects may have vulnerabilities that need to be identified, assessed, and patched promptly. Organizations must have processes in place to track and respond to security advisories and updates.
Dependencies on open-source libraries and components can introduce supply chain risks. Organizations must monitor the security posture of the entire software stack, including third-party libraries.
Open-source software often comes with licensing obligations that organizations must adhere to. Ensuring compliance with various open-source licenses can be complex, and non-compliance can lead to legal issues.
Organizations operating in regions with strict data privacy regulations, such as GDPR or CCPA, must ensure that their open-source software stack aligns with these requirements, including data handling and protection.
Addressing these challenges requires a proactive approach to security and compliance management. This includes regular vulnerability assessments, robust licensing and compliance policies, and ongoing monitoring of regulatory changes. Organizations may also seek support from open-source service providers specializing in security and compliance.
Scalability and Integration
Scalability and integration challenges are prevalent in the Global Open-Source Services Market, particularly as organizations seek to expand their use of open-source solutions across complex and heterogeneous environments.
Scalability Challenges:
As organizations scale their operations, they need to ensure that open-source solutions can efficiently utilize available resources, such as computing power and storage.
Scaling open-source software can lead to performance bottlenecks. Organizations must fine-tune configurations and optimize code to maintain performance at scale.
Integration Challenges
Integrating open-source solutions with existing proprietary software or other open-source components can be challenging. Ensuring seamless interoperability is essential for smooth business operations. Many organizations have legacy systems that need to coexist with modern open-source solutions. Bridging the gap between legacy and open-source technologies can pose integration challenges.
To overcome scalability and integration challenges, organizations should invest in robust architecture planning and consider leveraging open-source integration tools and middleware. Additionally, engaging with the open-source community and seeking guidance from experienced integrators can facilitate the seamless deployment and scaling of open-source solutions in complex environments.
In conclusion, the Global Open-Source Services Market faces challenges related to support and maintenance, security and compliance, and scalability and integration. Addressing these challenges requires a combination of community collaboration, best practices development, and the engagement of specialized service providers. As open-source adoption continues to grow, proactive efforts to mitigate these challenges will be crucial for the sustained success of open-source initiatives in diverse industries.
Key Market Trends
Increased Adoption of Open Source in Enterprises
One of the most prominent trends in the Global Open-Source Services Market is the accelerated adoption of open-source software and solutions by enterprises of all sizes and across various industries. Historically, open source was often associated with smaller organizations and grassroots projects. However, in recent years, enterprises have recognized the strategic advantages of open source, leading to its widespread integration into their IT ecosystems.
The adoption of open-source technologies in enterprises is driven by several factors. First and foremost is cost-efficiency. Open source is often viewed as a cost-effective alternative to proprietary software, as it eliminates licensing fees and reduces vendor lock-in. This appeals to organizations looking to optimize their IT budgets while maintaining flexibility.
Another driving force behind enterprise adoption is flexibility and customization. Open-source solutions provide organizations with the freedom to tailor software to their specific needs. This is especially valuable in industries where unique workflows and regulatory requirements demand customized software solutions.
Moreover, the robust community support and collaborative development model of open source enhance its appeal to enterprises. These communities foster innovation and ensure that software remains up to date with the latest features and security enhancements.
As a result of increased enterprise adoption, open-source service providers are expanding their offerings to cater to the unique needs and demands of large organizations. This includes providing enterprise-grade support, integration services, and solutions that address specific industry challenges. The trend towards enterprise adoption of open source is expected to continue, further solidifying open source as a mainstream choice for businesses worldwide.
Open Source in Cloud-Native Technologies
The second major trend in the Global Open-Source Services Market is the convergence of open source and cloud-native technologies. Cloud-native computing, characterized by the use of containers, microservices, and orchestration tools like Kubernetes, has become the de facto standard for building and deploying applications in the cloud.
Open source plays a pivotal role in the cloud-native ecosystem. Kubernetes, for example, is an open-source container orchestration platform that has gained widespread adoption. Open-source projects like Docker, Prometheus, and Envoy are also essential components of cloud-native architectures.One of the key drivers behind this trend is the collaboration between open-source communities and cloud providers. Major cloud providers, including Amazon Web Services (AWS), Google Cloud Platform (GCP), and Microsoft Azure, actively contribute to open-source projects and integrate them into their cloud offerings. This collaboration results in a seamless experience for developers and organizations that want to leverage open-source tools in a cloud-native environment.
Moreover, open source enables portability and avoids vendor lock-in. Organizations can build and deploy applications using open-source technologies and then choose to migrate between cloud providers or run on hybrid cloud infrastructures without significant rework.
As cloud-native technologies continue to gain momentum, open source will remain at the heart of this transformation, driving innovation, flexibility, and scalability in the cloud-native ecosystem.
Focus on Security and Compliance in Open Source
The third notable trend in the Global Open-Source Services Market revolves around an increased emphasis on security and compliance within the open-source community. As open-source software continues to play a crucial role in critical business operations and infrastructure, ensuring its security and compliance with industry regulations has become paramount.
One of the driving factors behind this trend is the growing number of cyber threats and security vulnerabilities affecting open-source projects. High-profile security breaches and vulnerabilities have highlighted the need for proactive security measures within the open-source community.
To address this challenge, open-source projects are investing in security audits, code analysis tools, and vulnerability scanning. Communities are also fostering a culture of responsible disclosure, encouraging researchers and developers to report security vulnerabilities promptly.
Another aspect of this trend is compliance with data protection and privacy regulations, such as GDPR and CCPA. Organizations must ensure that the open-source software they use adheres to these regulations to protect sensitive customer data. Open-source projects are responding by providing guidance and features to help organizations comply with these regulatory requirements.
Furthermore, open-source service providers are offering security-focused solutions and services, including threat detection, incident response, and compliance consulting. These offerings assist organizations in maintaining the security and regulatory compliance of their open-source deployments.
In conclusion, the Global Open-Source Services Market is characterized by the increased adoption of open source in enterprises, the convergence of open source with cloud-native technologies, and a heightened focus on security and compliance within the open-source community. These trends are reshaping the open-source landscape, making it more accessible, secure, and aligned with the evolving needs of organizations across the globe.
Segmental Insights
Services Type Insights
Managed services is the dominating segment in the global open-source services market by service type. Managed services providers (MSPs) offer a wide range of services to help organizations manage their open-source infrastructure and applications. These services can include: System administration: MSPs can manage the day-to-day operations of open-source systems, such as patching, security, and performance monitoring. Application development: MSPs can help organizations develop and maintain custom open-source applications.
Cloud migration: MSPs can help organizations migrate their open-source infrastructure and applications to the cloud.
Support: MSPs can provide 24/7 support for open-source systems and applications.
The growth of the managed services segment is being driven by a number of factors, including:
The increasing complexity of open-source environments: As organizations adopt more open-source software, their IT environments become more complex. This makes it difficult for organizations to manage their open-source infrastructure and applications in-house. The need for specialized expertise: Open-source software is constantly evolving, and it can be difficult for IT teams to keep up with the latest changes. MSPs have the specialized expertise to help organizations manage their open-source environments effectively.
The cost savings: Managed services can be a more cost-effective way for organizations to manage their open-source infrastructure and applications than hiring an in-house team.Overall, the managed services segment is the dominating segment in the global open-source services market by service type. It is being driven by the increasing complexity of open-source environments, the need for specialized expertise, and the cost savings.
Regional Insights
North America is the dominating region in the global open-source services market. There are a few reasons for the dominance of North America in the global open-source services market. First, the region has a well-developed IT infrastructure and a large number of tech companies. Second, there is a high demand for open-source services from organizations of all sizes in North America. Third, there are a number of leading open-source service providers headquartered in North America.
Some of the key factors driving the growth of the open-source services market in North America include: The increasing adoption of open-source software: Organizations of all sizes in North America are increasingly adopting open-source software due to its benefits, such as cost savings, flexibility, and security. The growing complexity of open-source environments: As organizations adopt more open-source software, their IT environments become more complex. This makes it difficult for organizations to manage their open-source infrastructure and applications in-house. The need for specialized expertise: Open-source software is constantly evolving, and it can be difficult for IT teams to keep up with the latest changes. Open-source service providers have the specialized expertise to help organizations manage their open-source environments effectively. Overall, North America is the dominating region in the global open-source services market due to its well-developed IT infrastructure, a large number of tech companies, a high demand for open-source services, and the presence of a number of leading open-source service providers. The growth of the market in the region is being driven by the increasing adoption of open-source software, the growing complexity of open-source environments, and the need for specialized expertise.
Key Market Players
Red Hat, Inc
Canonical Group Limited
SUSE LLC
The Apache Software Foundation
GitHub, Inc.
Docker, Inc.
Jenkins
Eclipse Foundation, Inc.
MongoDB, Inc.
Cloudera, Inc.
Report Scope:
In this report, the Global Open-Source Services Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Open-Source Services Market, By Service:
o Professional Services
o Managed Services
• Open-Source Services Market, By Organization Size:
o Large Enterprises
o SMEs
• Open-Source Services Market, By Vertical:
o IT and ITeS
o Healthcare and Life Sciences
o Education
o Retail and eCommerce
• Open-Source Services Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 United Kingdom
 Italy
 Germany
 Spain
 Belgium
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 South Korea
 Indonesia
 Vietnam
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
 Chile
 Peru
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Turkey
 Israel
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Open-Source Services Market.
Available Customizations:
Global Open-Source Services market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Global Open-Source Services Market
5. Voice of Customer
6. Global Open-Source Services Market Overview
7. Global Open-Source Services Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Service (Professional Services, Managed Services)
7.2.2. By Organization Size (Large Enterprises, SMEs)
7.2.3. By Vertical (IT and ITeS, Healthcare and Life Sciences, Education, Retail and eCommerce)
7.2.4. By Region (North America, Europe, South America, Middle East & Africa, Asia Pacific)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. North America Open-Source Services Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Service
8.2.2. By Organization Size
8.2.3. By Vertical
8.2.4. By Country
8.3. North America: Country Analysis
8.3.1. United States Open-Source Services Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Service
8.3.1.2.2. By Organization Size
8.3.1.2.3. By Vertical
8.3.2. Canada Open-Source Services Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Service
8.3.2.2.2. By Organization Size
8.3.2.2.3. By Vertical
8.3.3. Mexico Open-Source Services Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Service
8.3.3.2.2. By Organization Size
8.3.3.2.3. By Vertical
9. Europe Open-Source Services Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Service
9.2.2. By Organization Size
9.2.3. By Vertical
9.2.4. By Country
9.3. Europe: Country Analysis
9.3.1. Germany Open-Source Services Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Service
9.3.1.2.2. By Organization Size
9.3.1.2.3. By Vertical
9.3.2. France Open-Source Services Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Service
9.3.2.2.2. By Organization Size
9.3.2.2.3. By Vertical
9.3.3. United Kingdom Open-Source Services Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Service
9.3.3.2.2. By Organization Size
9.3.3.2.3. By Vertical
9.3.4. Italy Open-Source Services Market Outlook
9.3.4.1. Market Size & Forecast
9.3.4.1.1. By Value
9.3.4.2. Market Share & Forecast
9.3.4.2.1. By Service
9.3.4.2.2. By Organization Size
9.3.4.2.3. By Vertical
9.3.5. Spain Open-Source Services Market Outlook
9.3.5.1. Market Size & Forecast
9.3.5.1.1. By Value
9.3.5.2. Market Share & Forecast
9.3.5.2.1. By Service
9.3.5.2.2. By Organization Size
9.3.5.2.3. By Vertical
9.3.6. Belgium Open-Source Services Market Outlook
9.3.6.1. Market Size & Forecast
9.3.6.1.1. By Value
9.3.6.2. Market Share & Forecast
9.3.6.2.1. By Service
9.3.6.2.2. By Organization Size
9.3.6.2.3. By Vertical
10. South America Open-Source Services Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Service
10.2.2. By Organization Size
10.2.3. By Vertical
10.2.4. By Country
10.3. South America: Country Analysis
10.3.1. Brazil Open-Source Services Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Service
10.3.1.2.2. By Organization Size
10.3.1.2.3. By Vertical
10.3.2. Colombia Open-Source Services Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Service
10.3.2.2.2. By Organization Size
10.3.2.2.3. By Vertical
10.3.3. Argentina Open-Source Services Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Service
10.3.3.2.2. By Organization Size
10.3.3.2.3. By Vertical
10.3.4. Chile Open-Source Services Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Service
10.3.4.2.2. By Organization Size
10.3.4.2.3. By Vertical
10.3.5. Peru Open-Source Services Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Service
10.3.5.2.2. By Organization Size
10.3.5.2.3. By Vertical
11. Middle East & Africa Open-Source Services Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Service
11.2.2. By Organization Size
11.2.3. By Vertical
11.2.4. By Country
11.3. Middle East & Africa: Country Analysis
11.3.1. Saudi Arabia Open-Source Services Market Outlook
11.3.1.1. Market Size & Forecast
11.3.1.1.1. By Value
11.3.1.2. Market Share & Forecast
11.3.1.2.1. By Service
11.3.1.2.2. By Organization Size
11.3.1.2.3. By Vertical
11.3.2. UAE Open-Source Services Market Outlook
11.3.2.1. Market Size & Forecast
11.3.2.1.1. By Value
11.3.2.2. Market Share & Forecast
11.3.2.2.1. By Service
11.3.2.2.2. By Organization Size
11.3.2.2.3. By Vertical
11.3.3. South Africa Open-Source Services Market Outlook
11.3.3.1. Market Size & Forecast
11.3.3.1.1. By Value
11.3.3.2. Market Share & Forecast
11.3.3.2.1. By Service
11.3.3.2.2. By Organization Size
11.3.3.2.3. By Vertical
11.3.4. Turkey Open-Source Services Market Outlook
11.3.4.1. Market Size & Forecast
11.3.4.1.1. By Value
11.3.4.2. Market Share & Forecast
11.3.4.2.1. By Service
11.3.4.2.2. By Organization Size
11.3.4.2.3. By Vertical
11.3.5. Israel Open-Source Services Market Outlook
11.3.5.1. Market Size & Forecast
11.3.5.1.1. By Value
11.3.5.2. Market Share & Forecast
11.3.5.2.1. By Service
11.3.5.2.2. By Organization Size
11.3.5.2.3. By Vertical
12. Asia Pacific Open-Source Services Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Service
12.1.2. By Organization Size
12.1.3. By Vertical
12.1.4. By Country
12.2. Asia-Pacific: Country Analysis
12.2.1. China Open-Source Services Market Outlook
12.2.1.1. Market Size & Forecast
12.2.1.1.1. By Value
12.2.1.2. Market Share & Forecast
12.2.1.2.1. By Service
12.2.1.2.2. By Organization Size
12.2.1.2.3. By Vertical
12.2.2. India Open-Source Services Market Outlook
12.2.2.1. Market Size & Forecast
12.2.2.1.1. By Value
12.2.2.2. Market Share & Forecast
12.2.2.2.1. By Service
12.2.2.2.2. By Organization Size
12.2.2.2.3. By Vertical
12.2.3. Japan Open-Source Services Market Outlook
12.2.3.1. Market Size & Forecast
12.2.3.1.1. By Value
12.2.3.2. Market Share & Forecast
12.2.3.2.1. By Service
12.2.3.2.2. By Organization Size
12.2.3.2.3. By Vertical
12.2.4. South Korea Open-Source Services Market Outlook
12.2.4.1. Market Size & Forecast
12.2.4.1.1. By Value
12.2.4.2. Market Share & Forecast
12.2.4.2.1. By Service
12.2.4.2.2. By Organization Size
12.2.4.2.3. By Vertical
12.2.5. Australia Open-Source Services Market Outlook
12.2.5.1. Market Size & Forecast
12.2.5.1.1. By Value
12.2.5.2. Market Share & Forecast
12.2.5.2.1. By Service
12.2.5.2.2. By Organization Size
12.2.5.2.3. By Vertical
12.2.6. Indonesia Open-Source Services Market Outlook
12.2.6.1. Market Size & Forecast
12.2.6.1.1. By Value
12.2.6.2. Market Share & Forecast
12.2.6.2.1. By Service
12.2.6.2.2. By Organization Size
12.2.6.2.3. By Vertical
12.2.7. Vietnam Open-Source Services Market Outlook
12.2.7.1. Market Size & Forecast
12.2.7.1.1. By Value
12.2.7.2. Market Share & Forecast
12.2.7.2.1. By Service
12.2.7.2.2. By Organization Size
12.2.7.2.3. By Vertical
13. Market Dynamics
13.1. Drivers
13.2. Challenges
14. Market Trends and Developments
15. Company Profiles
15.1. Red Hat, Inc
15.1.1. Business Overview
15.1.2. Key Revenue and Financials
15.1.3. Recent Developments
15.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.1.5. Key Product/Services Offered
15.2. Canonical Group Limited
15.2.1. Business Overview
15.2.2. Key Revenue and Financials
15.2.3. Recent Developments
15.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.2.5. Key Product/Services Offered
15.3. SUSE LLC
15.3.1. Business Overview
15.3.2. Key Revenue and Financials
15.3.3. Recent Developments
15.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.3.5. Key Product/Services Offered
15.4. The Apache Software Foundation
15.4.1. Business Overview
15.4.2. Key Revenue and Financials
15.4.3. Recent Developments
15.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.4.5. Key Product/Services Offered
15.5. GitHub, Inc.
15.5.1. Business Overview
15.5.2. Key Revenue and Financials
15.5.3. Recent Developments
15.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.5.5. Key Product/Services Offered
15.6. Docker, Inc.
15.6.1. Business Overview
15.6.2. Key Revenue and Financials
15.6.3. Recent Developments
15.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.6.5. Key Product/Services Offered
15.7. Jenkins
15.7.1. Business Overview
15.7.2. Key Revenue and Financials
15.7.3. Recent Developments
15.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.7.5. Key Product/Services Offered
15.8. Eclipse Foundation, Inc.
15.8.1. Business Overview
15.8.2. Key Revenue and Financials
15.8.3. Recent Developments
15.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.8.5. Key Product/Services Offered
15.9. MongoDB, Inc.
15.9.1. Business Overview
15.9.2. Key Revenue and Financials
15.9.3. Recent Developments
15.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.9.5. Key Product/Services Offered
15.10. Cloudera, Inc.
15.10.1. Business Overview
15.10.2. Key Revenue and Financials
15.10.3. Recent Developments
15.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
15.10.5. Key Product/Services Offered
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(healthcare)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る