世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドの臨時電力市場:燃料タイプ別(ディーゼル発電機、ガス発電機、その他)、定格電力別(80Kw未満、81Kw280Kw、281Kw600Kw、600Kw以上)、エンドユーザー別(公益事業、イベント、石油・ガス、建設、鉱業、製造、その他)、地域別、競争市場:2018-2028F


India Temporary Power Market Segmented By Fuel Type (Diesel Generator, Gas Generator and Others), By Power Rating (Less Than 80 Kw, 81 Kw280 Kw, 281 Kw600 Kw and Above 600 Kw), By End-User (Utilities, Events, Oil & Gas, Construction, Mining, Manufacturing and Others), By Region, and By Competition, 2018-2028F

インドの臨時電力市場は2022年に4億7,459万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は9.85%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。インフラ開発プロジェクトは、インドの経済成長と生活の質の向上に不... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
72 英語

 

サマリー

インドの臨時電力市場は2022年に4億7,459万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は9.85%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。インフラ開発プロジェクトは、インドの経済成長と生活の質の向上に不可欠である。臨時電力は、こうしたプロジェクトを効率的かつタイムリーに完了させる上で重要な役割を果たしている。インフラ開発の継続的な成長は、同国における仮設電力ソリューションの持続的な需要を引き続き促進するだろう。
主な市場要因
急速な都市化とインフラ開発
インドの仮設電源市場は、急速な都市化と全国的な野心的なインフラ開発プロジェクトに後押しされ、著しい成長を遂げている。インドがかつてない速度で都市化を続ける中、信頼性と拡張性の高い電源ソリューションに対する需要が急増している。この傾向は主に、より良い経済機会を求めて農村部から都市中心部へと人々が移動し、その結果、都市が拡大し、堅牢な電力インフラが必要となることに起因している。
都市化に不可欠なのは、新しいビル、工場、商業センター、交通網の建設である。これらのプロジェクトでは、建設や試運転の段階でエネルギー需要を満たすために、仮設電力ソリューションが必要となることがよくあります。臨時電力プロバイダーは、こうした現場に電力を供給するための柔軟でコスト効率の高い方法を提供し、建設活動の中断を防ぎます。インドでは都市化が進んでおり、仮設電力サービスの需要は今後も堅調に推移すると予想される。
さらに、インド政府は、「メイク・イン・インディア」キャンペーン、スマートシティ開発、高速道路、鉄道、空港などの交通網の拡大など、さまざまなインフラ開発イニシアティブを実施している。これらのプロジェクトは、安定した信頼性の高い電源に依存しており、多くの場合、既存のインフラのギャップを埋めるために一時的な電源ソリューションを利用している。こうした取り組みに対する政府の確固としたコミットメントにより、臨時電力市場は、進行中および今後のインフラ・プロジェクトから大きな恩恵を受ける態勢が整っている。
まとめると、急速な都市化とそれに伴うインフラ開発プロジェクトの急増が、インドの仮設電力市場の成長を後押ししている。建設中や進行中のインフラ・プロジェクトでは、信頼性が高く拡張性のある電力ソリューションが必要とされるため、仮設電力プロバイダーはインドの発展に欠かせないパートナーとなっている。
変動する電力供給と送電網の信頼性
インドの臨時電力市場のもう一つの重要な原動力は、同国の変動する電力供給と送電網の信頼性の問題である。インドの電力部門は大幅に進歩しているが、送電ロス、頻繁な停電、電圧変動、不十分な需給バランスなどの課題は依然として残っている。こうした問題は産業や商業の運営を混乱させるため、ギャップを埋め、中断のない生産性を確保するために一時的な電力ソリューションを使用する必要がある。
こうした電力供給の課題の背景にある主な理由のひとつは、人口増加や産業拡大による電力需要の増大です。既存の電力インフラは、この需要増に対応するのに苦労することが多い。その結果、企業や産業界は、停電から業務を守るために、一時的な電力プロバイダーを利用することが増えています。これらのプロバイダーは、送電網とシームレスに統合したり、単独で機能したりするバックアップ電源ソリューションを提供し、送電網の故障時にも中断のないオペレーションを保証します。
さらに、季節変動、異常気象、自然災害も停電につながる可能性がある。このような非常時には、医療、通信、災害救援活動などの必要不可欠なサービスを維持するために、一時的な電力ソリューションが不可欠です。こうした外的要因に対するインドの脆弱性は、臨時電力サービスの需要をさらに高める。
さらに、インドがエネルギーミックスに再生可能エネルギー源をより多く組み込もうと努力するにつれ、送電網の安定性が喫緊の課題となっている。太陽光や風力のような再生可能エネルギーは断続的な性質を持つため、柔軟な電力ソリューションによるさらなるサポートが必要となる。一時的な電力プロバイダーは、再生可能エネルギーの発電量が低下している期間に、迅速な対応でバックアップ電力を提供することができ、それによって送電網の安定性と信頼性に貢献することができます。
結論として、インドにおける電力供給の変動と送電網の信頼性の問題が、臨時電力市場を前進させ、企業や産業界は、停電や不安定性に関連するリスクを軽減するために、これらのサービスに依存している。
産業の成長と製造業の復活
インドの臨時電力市場は、製造業の復活と産業全体の成長によっても牽引されている。インドを世界的な製造拠点に変貌させることを目的とした政府の「メイク・イン・インディア」構想は、製造部門への投資の流入につながった。この復活は、信頼性が高く拡張性のある電力ソリューションに対する需要の増加をもたらし、一時的な電力プロバイダーにとって盛況な市場を生み出している。
自動車、電子機器、繊維、重機械工場などの製造施設では、高い生産レベルを維持するために、安定した中断のない電力が必要とされる。電力が途絶えた場合、生産のダウンタイムや潜在的な機器の損傷など、大きな損失が発生する可能性があります。このようなリスクを軽減するために、製造業者はしばしば、中断のない操業を確保するための臨時電力ソリューションを利用します。臨時電力プロバイダーは、こうした産業特有の要件や生産スケジュールに合わせたソリューションを提供している。
さらに、インドの産業成長は、産業クラスターや経済特区(SEZ)の設立に拍車をかけている。これらの地域では電力インフラが不十分であることが多く、開発における臨時電力サービスの重要性が浮き彫りになっています。これらのゾーンの製造業者は、恒久的なインフラが確立されるまでの間、エネルギー需要を満たすために一時的な電力供給業者に依存している。
さらに、産業が先端技術を取り入れ、近代化するにつれて、電力需要はより複雑になっています。一時的な電力ソリューションは、電力を供給するだけでなく、エネルギー効率の高い機器や遠隔監視機能など、高度な電力管理システムを包含することができます。これにより、産業界はエネルギー消費を最適化し、コストを削減し、安定した電力供給を確保することができる。
結論として、インドの製造業の拡大と産業の復活は、臨時電力市場の重要な触媒として機能する。製造施設や工業地帯では、信頼性が高くカスタマイズされた電力ソリューションが求められており、臨時電力プロバイダーは、インドの産業成長と経済発展の極めて重要な促進者として位置づけられている。
主な市場課題
規制と政策の不確実性
インドの臨時電力市場が直面する主な課題の1つは、規制と政策をめぐる不確実性である。インドの電力部門は規制が厳しく、政策やガイドラインは頻繁に変更・改定される。こうした不確実性は、臨時電力事業者にとって障害となり、効果的な投資や事業計画を立てることを困難にしている。
再生可能エネルギー目標、補助金、環境規制など、インド政府が実施する政策は、臨時電力市場に大きな影響を与える可能性がある。これらの政策が頻繁に変更されると、臨時電力プロジェクトの実行可能性や魅力に影響を与え、投資家やサービスプロバイダーに不確実性をもたらす可能性がある。
例えば、排出基準、燃料の種類、再生可能エネルギーのインセンティブに関する規制の変化は、臨時電力ソリューションの経済的実現可能性を変える可能性がある。同様に、許認可プロセスの変更により、プロジェクト開発に遅延や追加コストが生じる可能性もある。
この課題に対処するため、政府当局、業界団体、サービスプロバイダーなど、臨時電力市場の利害関係者が協力し、安定的で透明性の高い規制の枠組みを確立する必要がある。規制を明確にすることで、より良い長期計画が立てやすくなり、投資が促進され、インドの臨時電力市場の持続可能性が確保される。
インフラの限界と系統統合
インドの臨時電力市場が直面するもう一つの重要な課題は、同国のインフラストラクチャーの限界と、既存の送電網への臨時電源の統合に関するものである。インドの電力インフラは改善されつつあるものの、送電・配電容量、送電網の安定性、送電中の電気損失に関する制約が依然として存在する。
多くの場合、移動式発電機やモジュール式ユニットによって提供される臨時電源ソリューションは、信頼性が高く効率的な電力供給を確保するために、送電網にシームレスに統合する必要があります。この統合の実現は、特に送電網のインフラが脆弱な地域では困難な場合があります。
重要な問題のひとつは、一時的な電源と送電網の技術的な互換性である。機器の損傷を防ぎ、送電網の安定性を維持するためには、臨時電源から発電された電力が送電網の電圧、周波数、品質基準に適合していることを確認することが極めて重要です。
さらに、一時的な電力需要の地理的分布が、必ずしもグリッド接続の可用性と一致するとは限りません。遠隔地の建設現場、工業地帯、被災地などでは、十分なグリッド接続が確保されていない場所での臨時電力ソリューションが必要となる場合があり、臨時電力プロバイダーにとって物流上の課題が生じます。
このようなインフラの制約やグリッド統合の課題に対処するには、グリッド・インフラの整備、グリッドの近代化、スマートグリッド技術の導入に多額の投資を行う必要があります。こうしたハードルを克服し、信頼性の高い効率的な電力供給を確保するためには、政府当局と臨時電力供給事業者の連携した取り組みが不可欠である。
環境と持続可能性への懸念
インドの臨時電力市場は、環境と持続可能性に関する懸念の高まりに直面している。気候変動の緩和と温室効果ガス排出量の削減に対する世界的な関心が高まる中、ディーゼル発電機など化石燃料に依存する臨時電力ソリューションに対する監視の目は、環境への影響から厳しくなっている。
直面する課題のひとつに、ディーゼル発電機からの窒素酸化物(NOx)、二酸化硫黄(SO2)、粒子状物質(PM)を含む汚染物質の排出がある。これらの排出物は大気汚染の原因となり、公衆衛生に悪影響を及ぼす。さらに、一時的な発電における化石燃料の使用に関連するカーボンフットプリントは、インドの気候目標に向けた前進を妨げる可能性がある。
こうした懸念に対処するため、臨時電力事業者にとっては、天然ガス、再生可能エネルギー、ハイブリッドシステムなど、よりクリーンで持続可能なエネルギー源への移行が急務となっている。しかし、こうした代替エネルギーは、多額の先行投資を必要とすることが多く、地域によっては容易に利用できない場合もある。
さらに、ライフサイクルが終了した後の仮設電源設備や燃料の廃棄には、有害物質の適切な取り扱いや廃棄物管理など、環境上の課題がある。
信頼性の高い仮設電力ソリューションの必要性と環境の持続可能性のバランスをとることは、複雑な課題を提起している。政策立案者、業界関係者、環境団体の協力は、よりクリーンな技術の採用と仮設電力インフラの責任ある管理を奨励する戦略の策定と実施にとって極めて重要である。
結論として、インドの臨時電力市場は、規制の不確実性、インフラの制約、環境への懸念という大きな課題に直面している。こうした課題に対処するには、市場の継続的な成長と持続可能性を確保するために、政府当局、業界関係者、環境擁護団体が緊密に協力する必要がある。
主な市場動向
仮設電源ソリューションにおける再生可能エネルギーの採用増加
インドの仮設電源市場における顕著な傾向の一つは、仮設電源ソリューションの不可欠な部分として再生可能エネルギー源の採用が増加していることである。世界が気候変動への対応と二酸化炭素排出量削減の急務に取り組む中、持続可能で環境に優しいエネルギー慣行が重視されている。このような世界的な変化に対応して、インドの仮設電力市場では再生可能エネルギー技術の導入が大幅に増加している。
特に、太陽エネルギーと風力エネルギーは、臨時電力部門で勢いを増している。太陽光発電パネルや風力タービンは、建設現場や工業地帯、遠隔地などに設置され、クリーンな電力を生み出している。これらの再生可能エネルギー源は、モジュール式で拡張性があるため、さまざまなプロジェクトの規模や場所に適応することができ、仮設電力用途に特に適している。
この傾向は複数の要因によってもたらされている。第一に、太陽光発電や風力発電技術のコストが低下していることに加え、政府の奨励金や補助金により、臨時電力事業者にとって経済的に実行可能なものとなっている。第二に、再生可能エネルギーを利用することによる環境上の利点が、多くの企業や組織の持続可能性の目標に合致している。最後に、再生可能エネルギー源の信頼性と効率は向上しており、従来の化石燃料ベースの臨時電力ソリューションとの競争力を高めている。
インドが再生可能エネルギーの容量とインフラを拡大し続けているため、この傾向はさらに勢いを増すと予想される。再生可能エネルギーの仮設電源ソリューションへの統合は、二酸化炭素排出量を削減するだけでなく、エネルギー安全保障と回復力を強化し、業界にとって有望な展開となる。
ハイブリッド型仮設電源ソリューションの需要増加
インドの仮設電源市場におけるもう一つの新たなトレンドは、ハイブリッド型仮設電源ソリューションの普及拡大である。ハイブリッド・システムは、ディーゼル発電機、バッテリー、自然エネルギーなど複数のエネルギー源を統合し、より信頼性が高く、効率的で持続可能な電力供給を実現する。これらのソリューションは、断続的な電源に関連する課題に対処し、中断のない電力供給を提供する能力により、人気を集めている。
ハイブリッド臨時電力ソリューションは、信頼性の低い送電網インフラや停電が発生しやすい地域で特に適している。異なるエネルギー源間をシームレスに移行することで、発電量を最適化し、燃料消費を抑え、運用コストを削減する。例えば、再生可能エネルギーの生産量が多い期間に発電した余剰電力をバッテリーに貯蔵して後で使用することで、ディーゼル発電機への依存を減らし、排出量を削減することができる。
さらに、ハイブリッド・システムには高度な監視・制御技術を組み込むことができ、遠隔管理や予知保全を可能にする。これにより、仮設電力サービスの信頼性と効率を高めると同時に、ダウンタイムと運用リスクを低減することができる。
ハイブリッド仮設電源ソリューションの需要は、エネルギー回復力、コスト削減、持続可能性の必要性など、さまざまな要因によって推進されている。企業、業界、イベント主催者は、従来の発電機の信頼性と、再生可能エネルギーやエネルギー貯蔵の環境上の利点を組み合わせたハイブリッド電源ソリューションを求めるようになっています。
技術が進歩し、エネルギー貯蔵のコストが低下し続けるにつれて、ハイブリッド仮設電源ソリューションの採用は拡大し、インドの仮設電源市場の状況はさらに変化すると予想される。
セグメント別インサイト
燃料タイプ別インサイト
ディーゼル発電機セグメントが2022年に支配的なプレーヤーとして浮上した。同市場は、工業化、インフラ開発、バックアップ電源需要の増加に起因して、長年にわたり安定した成長を遂げている。系統停電時に無停電電力供給が必要な産業や、重要な電力要件がある産業は、ディーゼル発電機に頼ることが多い。
発電機容量の選択は、エンドユーザーの特定の電力ニーズによって決まる。信頼性の低い送電網インフラがある地域では、ディーゼル発電機が一次電源として機能することもある。
企業は、燃料消費を最小限に抑えつつ、排出基準を遵守した低燃費の発電機の提供を優先するようになってきている。レンタル会社は、設置・保守サービスとともに幅広い発電機セットを提供している。
これらの進歩により、発電機の性能を遠隔で監視・管理する能力が強化され、ダウンタイムとメンテナンス費用が削減される。この分野の将来は、排ガス規制技術の採用と、より厳しい環境規制への対応によっても左右される。
まとめると、インド臨時電力市場のディーゼル発電機部門は、様々な産業においてバックアップや臨時電力供給の重要かつ信頼できる供給源であり続けている。環境問題や、よりクリーンな技術との競争激化に直面しながらも、同市場は技術の進歩や燃料効率と排出ガス規制への注力を通じて進歩を続けている。このセグメントは、よりクリーンな代替技術と共存し、インドの企業や産業に柔軟性と信頼性を提供すると予想される。
エンドユーザーの洞察
公益事業分野は予測期間中に急成長が見込まれる。公益事業者は、計画的なメンテナンス、送電網のアップグレード、緊急時、電力需要のピーク時などに一時的な電力ソリューションを利用し、中断のない電力供給を確保している。
公共および民間の公益事業会社は、公益事業向け臨時電力市場の重要な利害関係者である。さらに、公益事業部門にサービスを提供する専門の臨時電力プロバイダーは、機器やサービスの供給において重要な役割を果たしている。
公益事業分野には、火力発電所、水力発電所、原子力発電所、再生可能エネルギー発電所、送配電網、変電所など、さまざまな種類の公益事業が含まれる。それぞれのタイプには固有の電力要件があり、それぞれに合わせた臨時電力ソリューションが必要となる。
臨時電力ソリューションは、発電施設の計画的なメンテナンスや停電時、送配電インフラのアップグレードや修理時に頻繁に導入されます。これにより、中断のない発電と信頼性の高い配電が保証されます。
公益事業者は、電力需要のピーク時や電力消費の突然の急増時に、負荷分散と送電網の安定のために臨時電力ソリューションを採用しています。一時的な発電機や配電設備を迅速に配備することで、負荷の不均衡に対処し、停電を防ぐことができます。
暴風雨、洪水、地震などの自然災害時には、ユーティリティ企業が被災地への電力供給を復旧するために、臨時電力ソリューションが不可欠です。発電機や移動式変電所の迅速な配備は、緊急対応や災害復旧の取り組みにおいて重要な役割を果たしている。
地域別の洞察
2022年のインド臨時電力市場では、南インドが支配的なプレーヤーに浮上した。南インドには、タミル・ナードゥ州、カルナータカ州、ケララ州、アンドラ・プラデシュ州、テランガナ州などが含まれ、国内のエネルギー事情において極めて重要な役割を果たしている。ベンガルール(バンガロール)のような都市は著名なITハブとして、チェンナイは自動車や製造業を含む多様な産業を擁している。これらのセクターの需要を満たすには、信頼性が高く中断のない電力が不可欠であり、メンテナンス、拡張、送電網の途絶時に一時的な電力ソリューションが必要となる。
さらに、南インドは豊富な再生可能エネルギーの潜在力を誇っており、特に風力と太陽光の資源が豊富だ。タミル・ナードゥ州やカルナータカ州などは、再生可能エネルギー・プロジェクトに多額の投資を行っている。この地域の臨時電力供給会社は、再生可能エネルギー源を統合したハイブリッドソリューションを提供することで、このチャンスを生かすことができる。
さらに、南インドでは、高速道路、港湾、空港、スマートシティの建設など、大規模なインフラ開発プロジェクトが進行している。こうしたプロジェクトの建設段階では、一時的な電力ソリューションが不可欠である。都市化とインフラ構想の進展に伴い、仮設電力サービスの需要は着実に増加すると予測される。
南インドの都市化率は国内で最も高く、その結果、不動産の建設や開発が急増している。仮設電力ソリューションは、集合住宅や建設現場の開発・建設時のエネルギー需要を満たすために不可欠である。
また、南インドはサイクロン、洪水、地震などの自然災害が特に沿岸部で発生しやすい。このような地域では、災害救援活動のために非常用電源ソリューションが必要となる。臨時電力供給会社は、迅速な対応と信頼性の高い電力供給を提供することで、災害管理と復旧において重要な役割を果たすことができる。
まとめると、南インドの臨時電力市場は、工業化、インフラ整備、再生可能エネルギーの導入、経済成長と自然災害の両方の影響を受けやすい地域における信頼性の高い電力ソリューションの必要性などが大きなビジネスチャンスとなり、ダイナミックで多様な様相を呈している。この市場で成功するためには、仮設電源プロバイダーは、この地域特有の特徴と要件に対応するように戦略を調整する必要がある。
主要市場プレイヤー
アグレコ・インディア
キャタピラー・インド
キルロスカル・エレクトリック社
カミンズ・インディア
Herc Rentals India
アトラスコプコ
United Rentals India
スディールパワー社
アスカ・エクイップメンツ
タタ・パワー・ソーラー・システムズ社
レポートの範囲
本レポートでは、インドの臨時電力市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドの仮設電源市場:燃料タイプ別
o ディーゼル発電機
o ガス発電機
o その他
- インドの仮設電源市場:定格電力別
o 80キロワット未満
o 81キロワット~280キロワット
o 281 Kw-600 Kw
o 600キロワット以上
- インドの臨時電力市場:エンドユーザー別
o ユーティリティ
o イベント
o 石油・ガス
o 建設
o 鉱業
o 製造
o その他
- インドの仮設電源市場、地域別
o 北インド
o 南インド
o 西インド
o 東インド
競合状況
企業プロフィール:インド臨時電力市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインド臨時電力市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on India Temporary Power Market
5. Voice of Customer
6. India Temporary Power Market Overview
7. India Temporary Power Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Fuel Type (Diesel Generator, Gas Generator and Others)
7.2.2. By Power Rating (Less Than 80 Kw, 81 Kw–280 Kw, 281 Kw–600 Kw and Above 600 Kw)
7.2.3. By End-User (Utilities, Events, Oil & Gas, Construction, Mining, Manufacturing and Others)
7.2.4. By Region (North India, South India, West India and East India)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. North India Temporary Power Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Fuel Type
8.2.2. By Power Rating
8.2.3. By End-User
9. South India Temporary Power Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Fuel Type
9.2.2. By Power Rating
9.2.3. By End-User
10. West India Temporary Power Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Fuel Type
10.2.2. By Power Rating
10.2.3. By End-User
11. East India Temporary Power Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Fuel Type
11.2.2. By Power Rating
11.2.3. By End-User
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Aggreko India
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.1.5. Key Product/Services Offered
14.2. Caterpillar India
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.2.5. Key Product/Services Offered
14.3. Kirloskar Electric Company Ltd
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.3.5. Key Product/Services Offered
14.4. Cummins India
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.4.5. Key Product/Services Offered
14.5. Herc Rentals India
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.5.5. Key Product/Services Offered
14.6. Atlas Copco India
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.6.5. Key Product/Services Offered
14.7. United Rentals India
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.7.5. Key Product/Services Offered
14.8. Sudhir Power Ltd
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.8.5. Key Product/Services Offered
14.9. Aska Equipments Ltd
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.9.5. Key Product/Services Offered
14.10. Tata Power Solar Systems Ltd
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.10.5. Key Product/Services Offered
15. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India Temporary Power Market has valued at USD 474.59 million in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 9.85% through 2028. Infrastructure development projects are vital for economic growth and enhancing the quality of life in India. Temporary power plays a crucial role in ensuring the efficient and timely completion of these projects. The ongoing growth in infrastructure development will continue to drive the sustained demand for temporary power solutions in the country.
Key Market Drivers
Rapid Urbanization & Infrastructure Development
India's temporary power market is witnessing significant growth propelled by rapid urbanization and ambitious infrastructure development projects across the nation. As India continues to urbanize at an unprecedented rate, the demand for reliable and scalable power solutions has surged. This trend is primarily driven by the migration of people from rural areas to urban centers in search of better economic opportunities, resulting in city expansion and the need for robust power infrastructure.
An essential aspect of urbanization is the construction of new buildings, factories, commercial centers, and transportation networks. These projects often require temporary power solutions to meet their energy needs during construction and commissioning phases. Temporary power providers offer a flexible and cost-effective way to supply electricity to these sites, ensuring uninterrupted construction activities. With India's ongoing urbanization journey, the demand for temporary power services is expected to remain strong.
Furthermore, the Indian government has undertaken various infrastructure development initiatives, such as the "Make in India" campaign, smart city development, and the expansion of transportation networks including highways, railways, and airports. These projects rely on consistent and reliable power sources, often utilizing temporary power solutions to bridge gaps in existing infrastructure. With the government's steadfast commitment to these initiatives, the temporary power market is poised to benefit significantly from ongoing and upcoming infrastructure projects.
In summary, the rapid urbanization and accompanying surge in infrastructure development projects are driving the growth of India's temporary power market. The need for reliable and scalable power solutions during construction and ongoing infrastructure projects establishes temporary power providers as indispensable partners in India's development journey.
Fluctuating Power Supply & Grid Reliability
Another significant driver of India's temporary power market is the country's fluctuating power supply and grid reliability issues. India's power sector has made substantial progress; however, challenges such as transmission losses, frequent blackouts, voltage fluctuations, and an inadequate supply-demand balance persist. These issues disrupt industrial and commercial operations, necessitating the use of temporary power solutions to bridge the gaps and ensure uninterrupted productivity.
One of the primary reasons behind these power supply challenges is the growing electricity demand driven by population growth and industrial expansion. The existing power infrastructure often struggles to keep pace with this rising demand. As a result, businesses and industries increasingly turn to temporary power providers to safeguard their operations from power interruptions. These providers offer backup power solutions that can seamlessly integrate with the grid or function independently, ensuring uninterrupted operations even during grid failures.
Moreover, seasonal variations, extreme weather conditions, and natural disasters can also lead to power outages. Temporary power solutions are critical during such emergencies to maintain essential services like healthcare, communication, and disaster relief efforts. India's vulnerability to these external factors further enhances the demand for temporary power services.
Furthermore, as India strives to integrate more renewable energy sources into its energy mix, grid stability becomes a pressing concern. The intermittent nature of renewables like solar and wind necessitates additional support from flexible power solutions. Temporary power providers can offer rapid-response backup power during periods of low renewable generation, thereby contributing to grid stability and reliability.
In conclusion, the fluctuating power supply and grid reliability issues in India have propelled the temporary power market forward, with businesses and industries relying on these services to mitigate the risks associated with power interruptions and instability.
Industrial Growth & Manufacturing Resurgence
India's temporary power market is also driven by the resurgence of its manufacturing sector and overall industrial growth. The government's "Make in India" initiative, aimed at transforming the country into a global manufacturing hub, has led to an influx of investments in the manufacturing sector. This resurgence has resulted in increased demand for reliable and scalable power solutions, creating a thriving market for temporary power providers.
Manufacturing facilities, encompassing automotive, electronics, textiles, and heavy machinery plants, necessitate consistent and uninterrupted power to uphold elevated production levels. Any power disruption may result in substantial losses in terms of production downtime and potential equipment damage. To mitigate these risks, manufacturers often turn to temporary power solutions to ensure uninterrupted operations. Temporary power providers offer tailored solutions that align with the specific requirements and production schedules of these industries.
Moreover, the industrial growth in India has spurred the establishment of industrial clusters and special economic zones (SEZs). These areas frequently face inadequate power infrastructure, underscoring the importance of temporary power services in their development. Manufacturers in these zones rely on temporary power providers to meet their energy needs until permanent infrastructure is established.
Additionally, as industries embrace advanced technologies and modernize, their power demands become more intricate. Temporary power solutions can not only provide electricity but also encompass advanced power management systems, including energy-efficient equipment and remote monitoring capabilities. This empowers industries to optimize energy consumption, reduce costs, and ensure a stable power supply.
In conclusion, India's expanding manufacturing sector and industrial resurgence act as significant catalysts for the temporary power market. The demand for reliable and customized power solutions in manufacturing facilities and industrial zones positions temporary power providers as pivotal facilitators of India's industrial growth and economic development.
Key Market Challenges
Regulatory and Policy Uncertainty
One of the primary challenges faced by the temporary power market in India is the uncertainty surrounding regulations and policies. The power sector in India is heavily regulated, with policies and guidelines subject to frequent changes and revisions. These uncertainties can pose obstacles for temporary power providers, making it challenging for them to effectively plan investments and operations.
The policies implemented by the Indian government, such as those related to renewable energy targets, subsidies, and environmental regulations, can significantly impact the temporary power market. Frequent changes in these policies can affect the viability and attractiveness of temporary power projects, leading to uncertainty for investors and service providers.
For example, shifts in regulations concerning emissions standards, fuel types, or renewable energy incentives can alter the economic feasibility of temporary power solutions. Similarly, changes in permitting and licensing processes can introduce delays and additional costs for project development.
To address this challenge, stakeholders in the temporary power market, including government authorities, industry associations, and service providers, need to collaborate and establish stable and transparent regulatory frameworks. Clarity in regulations will facilitate better long-term planning, encourage investments, and ensure the sustainability of the temporary power market in India.
Infrastructure Limitations and Grid Integration
Another significant challenge facing the temporary power market in India pertains to the country's infrastructure limitations and the integration of temporary power sources into the existing grid. While India's power infrastructure is improving, it still encounters constraints related to transmission and distribution capacity, grid stability, and electrical losses during transmission.
Temporary power solutions, often provided through mobile generators or modular units, must be seamlessly integrated into the grid to ensure reliable and efficient power supply. Achieving this integration can be challenging, particularly in regions with weak grid infrastructure.
One key issue revolves around the technical compatibility of temporary power sources with the grid. It is crucial to ensure that the power generated from temporary sources aligns with the grid's voltage, frequency, and quality standards to prevent equipment damage and maintain grid stability.
Furthermore, the geographical distribution of temporary power demand may not always align with the availability of grid connections. Remote construction sites, industrial zones, and disaster-stricken areas may require temporary power solutions in locations that lack adequate grid connectivity, posing logistical challenges for temporary power providers.
Addressing these infrastructure limitations and grid integration challenges necessitates substantial investment in grid infrastructure development, grid modernization, and the deployment of smart grid technologies. Coordinated efforts between government authorities and temporary power providers are indispensable in overcoming these hurdles and ensuring reliable and efficient power delivery.
Environmental and Sustainability Concerns
The temporary power market in India is confronted with mounting environmental and sustainability concerns, which can have implications for its growth and operations. As global attention increasingly focuses on mitigating climate change and reducing greenhouse gas emissions, scrutiny is being directed towards temporary power solutions reliant on fossil fuels, such as diesel generators, due to their environmental impact.
Among the challenges faced are the emissions of pollutants, including nitrogen oxides (NOx), sulfur dioxide (SO2), and particulate matter (PM), from diesel generators. These emissions contribute to air pollution and have adverse effects on public health. Additionally, the carbon footprint associated with the use of fossil fuels in temporary power generation can impede India's progress towards its climate goals.
To address these concerns, there is a growing imperative for temporary power providers to transition towards cleaner and more sustainable energy sources, such as natural gas, renewables, or hybrid systems. However, these alternatives often require substantial upfront investments and may not be readily accessible in all regions.
Furthermore, the disposal of temporary power equipment and fuels at the end of their life cycle presents environmental challenges, including the proper handling of hazardous materials and waste management.
Balancing the need for reliable temporary power solutions with environmental sustainability poses a complex challenge. Collaboration among policymakers, industry stakeholders, and environmental organizations is crucial for developing and implementing strategies that encourage the adoption of cleaner technologies and the responsible management of temporary power infrastructure.
In conclusion, the temporary power market in India confronts significant challenges in terms of regulatory uncertainties, infrastructure limitations, and environmental concerns. Addressing these challenges necessitates close collaboration between government authorities, industry players, and environmental advocates to ensure the continued growth and sustainability of the market.
Key Market Trends
Increasing Adoption of Renewable Energy in Temporary Power Solutions
One notable trend in the Indian temporary power market is the increasing adoption of renewable energy sources as an integral part of temporary power solutions. As the world grapples with the pressing need to address climate change and reduce carbon emissions, there is a heightened emphasis on sustainable and environmentally-friendly energy practices. In response to this global shift, the temporary power market in India is experiencing a significant upswing in the integration of renewable energy technologies.
Solar and wind energy, in particular, are gaining momentum in the temporary power sector. Solar photovoltaic panels and wind turbines are being deployed at construction sites, industrial zones, and remote areas to generate clean electricity. These renewable energy sources are particularly well-suited for temporary power applications due to their modular and scalable nature, enabling adaptability to various project sizes and locations.
This trend is driven by multiple factors. Firstly, the declining cost of solar and wind technologies, along with government incentives and subsidies, renders them economically viable for temporary power providers. Secondly, the environmental benefits of utilizing renewable energy align with the sustainability goals of numerous businesses and organizations. Lastly, the reliability and efficiency of renewable energy sources are improving, making them competitive with traditional fossil fuel-based temporary power solutions.
As India continues to expand its renewable energy capacity and infrastructure, this trend is expected to gain further momentum. The integration of renewable energy into temporary power solutions not only reduces carbon footprints but also enhances energy security and resilience, presenting a promising development for the industry.
Increasing Demand for Hybrid Temporary Power Solutions
Another emerging trend in the temporary power market in India is the increasing prevalence of hybrid temporary power solutions. Hybrid systems integrate multiple energy sources, such as diesel generators, batteries, and renewables, to offer a more dependable, efficient, and sustainable power supply. These solutions are gaining popularity due to their ability to address the challenges associated with intermittent power sources and provide uninterrupted electricity supply.
Hybrid temporary power solutions are particularly relevant in regions with unreliable grid infrastructure or prone to power outages. They seamlessly transition between different energy sources to optimize power generation, reduce fuel consumption, and lower operational costs. For instance, excess electricity generated during periods of high renewable energy production can be stored in batteries for later use, thereby reducing reliance on diesel generators and decreasing emissions.
Moreover, hybrid systems can incorporate advanced monitoring and control technologies, enabling remote management and predictive maintenance. This enhances the reliability and efficiency of temporary power services while reducing downtime and operational risks.
The demand for hybrid temporary power solutions is driven by various factors, including the need for energy resilience, cost savings, and sustainability. Businesses, industries, and event organizers are increasingly seeking hybrid power solutions that combine the reliability of traditional generators with the environmental benefits of renewables and energy storage.
As technology advances and the cost of energy storage continues to decline, the adoption of hybrid temporary power solutions is expected to grow, further transforming the landscape of the temporary power market in India.
Segmental Insights
Fuel Type Insights
The Diesel Generator segment emerged as the dominant player in 2022. The market has witnessed consistent growth over the years attributed to the rise in industrialization, infrastructure development, and the demand for backup power. Industries that necessitate uninterrupted power supply during grid outages or have critical power requirements often rely on diesel generators.
The selection of generator capacity depends on the specific power needs of end-users. In regions with unreliable grid infrastructure, diesel generators may also serve as a primary power source.
Companies are increasingly prioritizing the provision of fuel-efficient generators that adhere to emissions standards while minimizing fuel consumption. Rental companies offer a wide array of generator sets along with installation and maintenance services.
These advancements enhance the ability to remotely monitor and manage generator performance, thereby reducing downtime and maintenance costs. The future of this sector will also be influenced by the adoption of emission control technologies and compliance with more stringent environmental regulations.
To summarize, the diesel generator segment of the India Temporary Power Market remains a significant and dependable source of backup and temporary power supply across various industries. While it faces environmental challenges and escalating competition from cleaner technologies, the market continues to progress through technological advancements and a focus on fuel efficiency and emissions control. The segment is anticipated to coexist with cleaner alternatives, providing businesses and industries in India with flexibility and reliability.
End-User Insights
The Utilities segment is projected to experience rapid growth during the forecast period. Utilities rely on temporary power solutions for planned maintenance, grid upgrades, emergencies, and peak demand periods to ensure uninterrupted electricity supply.
Both public and private utility companies are significant stakeholders in the temporary power market for utilities. Additionally, specialized temporary power providers serving the utilities sector play a vital role in supplying equipment and services.
The utilities segment encompasses various types of utilities, including thermal, hydro, nuclear, and renewable electricity generation plants, transmission and distribution networks, and substations. Each type has unique power requirements, necessitating tailored temporary power solutions.
Temporary power solutions are frequently deployed during planned maintenance and outages at power generation facilities, as well as during upgrades and repairs to transmission and distribution infrastructure. This ensures uninterrupted electricity generation and reliable power distribution.
Utilities employ temporary power solutions for load balancing and grid stability during peak demand periods or sudden spikes in electricity consumption. Rapid deployment of temporary generators and power distribution equipment can address load imbalances and prevent blackouts.
In times of natural disasters like storms, floods, or earthquakes, temporary power solutions are vital for utilities to restore electricity supply to affected areas. The swift deployment of generators and mobile substations plays a crucial role in emergency response and disaster recovery efforts.
Regional Insights
South India emerged as the dominant player in the India Temporary Power market in 2022. South India encompasses states such as Tamil Nadu, Karnataka, Kerala, Andhra Pradesh, and Telangana, playing a pivotal role in the nation's energy landscape. It is home to robust industrial and information technology (IT) sectors, with cities like Bengaluru (Bangalore) serving as prominent IT hubs and Chennai hosting a diverse range of industries, including automotive and manufacturing. To meet the demands of these sectors, reliable and uninterrupted power is crucial, necessitating temporary power solutions during maintenance, expansions, or grid disruptions.
Moreover, South India boasts abundant renewable energy potential, particularly in wind and solar resources. States like Tamil Nadu and Karnataka have made significant investments in renewable energy projects. Temporary power providers in this region can capitalize on this opportunity by offering hybrid solutions that integrate renewable energy sources.
Furthermore, South India is witnessing substantial infrastructure development projects, encompassing the construction of highways, ports, airports, and smart cities. Temporary power solutions are indispensable during the construction phase of these projects. With the progress of urbanization and infrastructure initiatives, the demand for temporary power services is projected to steadily increase.
The urbanization rate in South India is among the highest in the country, resulting in a surge in real estate construction and development. Temporary power solutions are vital for meeting energy needs during the development and construction of residential complexes and construction sites.
Additionally, South India is prone to natural disasters such as cyclones, floods, and earthquakes, particularly in its coastal regions. In such areas, emergency power solutions are required for disaster relief efforts. Temporary power providers can play a critical role in disaster management and recovery by offering rapid response and reliable power supply.
In summary, the South India Temporary Power Market presents a dynamic and diverse landscape with significant opportunities driven by industrialization, infrastructure development, renewable energy adoption, and the need for reliable power solutions in a region susceptible to both economic growth and natural disasters. To thrive in this market, temporary power providers should tailor their strategies to cater to the unique characteristics and requirements of this region.
Key Market Players
Aggreko India
Caterpillar India
Kirloskar Electric Company Ltd
Cummins India
Herc Rentals India
Atlas Copco India
United Rentals India
Sudhir Power Ltd
Aska Equipments Ltd
Tata Power Solar Systems Ltd
Report Scope:
In this report, the India Temporary Power Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Temporary Power Market, By Fuel Type:
o Diesel Generator
o Gas Generator
o Others
• India Temporary Power Market, By Power Rating:
o Less Than 80 Kw
o 81 Kw–280 Kw
o 281 Kw–600 Kw
o Above 600 Kw
• India Temporary Power Market, By End-User:
o Utilities
o Events
o Oil & Gas
o Construction
o Mining
o Manufacturing
o Others
• India Temporary Power Market, By Region:
o North India
o South India
o West India
o East India
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Temporary Power Market.
Available Customizations:
India Temporary Power Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on India Temporary Power Market
5. Voice of Customer
6. India Temporary Power Market Overview
7. India Temporary Power Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Fuel Type (Diesel Generator, Gas Generator and Others)
7.2.2. By Power Rating (Less Than 80 Kw, 81 Kw–280 Kw, 281 Kw–600 Kw and Above 600 Kw)
7.2.3. By End-User (Utilities, Events, Oil & Gas, Construction, Mining, Manufacturing and Others)
7.2.4. By Region (North India, South India, West India and East India)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. North India Temporary Power Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Fuel Type
8.2.2. By Power Rating
8.2.3. By End-User
9. South India Temporary Power Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Fuel Type
9.2.2. By Power Rating
9.2.3. By End-User
10. West India Temporary Power Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Fuel Type
10.2.2. By Power Rating
10.2.3. By End-User
11. East India Temporary Power Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Fuel Type
11.2.2. By Power Rating
11.2.3. By End-User
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Aggreko India
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.1.5. Key Product/Services Offered
14.2. Caterpillar India
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.2.5. Key Product/Services Offered
14.3. Kirloskar Electric Company Ltd
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.3.5. Key Product/Services Offered
14.4. Cummins India
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.4.5. Key Product/Services Offered
14.5. Herc Rentals India
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.5.5. Key Product/Services Offered
14.6. Atlas Copco India
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.6.5. Key Product/Services Offered
14.7. United Rentals India
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.7.5. Key Product/Services Offered
14.8. Sudhir Power Ltd
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.8.5. Key Product/Services Offered
14.9. Aska Equipments Ltd
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.9.5. Key Product/Services Offered
14.10. Tata Power Solar Systems Ltd
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.10.5. Key Product/Services Offered
15. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(diesel)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る