世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドの電力管理システム市場:タイプ別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、エンドユーザー産業別(石油・ガス、海洋、化学・石油化学、金属・鉱業、公益事業、データセンター、その他)、モジュール別(電力監視・制御、負荷遮断・管理、スイッチング・安全管理、電力シミュレータ、発電機制御、その他)、地域別、競争市場:2019-2029F


India Power Management System Market Segmented By Type (Hardware, Software and Services), By End-User Industry (Oil & Gas, Marine, Chemical & Petrochemical, Metal & Mining, Utilities, Data Centre and Others), By Module (Power Monitoring & Control, Load Shedding & Management, Switching & Safety Management, Power Simulator, Generator Controls and Others), By Region, and By Competition, 2019-2029F

インドの電力管理システム市場は、2023年に3億4,516万米ドルと評価され、2029年までの年平均成長率は7.62%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。インド経済は急速な成長を遂げており、その結果、住宅、商... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
80 英語

 

サマリー

インドの電力管理システム市場は、2023年に3億4,516万米ドルと評価され、2029年までの年平均成長率は7.62%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。インド経済は急速な成長を遂げており、その結果、住宅、商業、工業など複数の部門でエネルギー消費が増加している。電力需要の急増は、中間層の拡大、都市化、工業化によってもたらされている。この需要増に対応するためには、電力管理システムの導入が不可欠となる。これらのシステムは、エネルギー利用を最適化し、安定した電力供給を保証する上で重要な役割を果たしている。
主な市場要因
エネルギー需要と消費の増加
インドの電力管理システム市場は、主に国全体のエネルギー需要と消費の絶え間ない増加によって、力強い成長を目の当たりにしている。インドの経済成長と都市化により、住宅、商業、工業の各分野で電力需要が急増している。事業が拡大し、より多くの家庭が送電網に接続する中、電力管理システム市場は、電力の効率的な利用と配電を確保する上で極めて重要な役割を果たしている。
このエネルギー需要の拡大に大きく貢献しているのが産業部門である。インドの産業は急速に多様化しており、製造、IT、通信などの産業は安定した電力供給に大きく依存している。さらに、政府の「メイク・イン・インディア」構想は外国からの投資を呼び込み、エネルギー消費をさらに増大させている。環境規制や持続可能性の目標を守りながら、こうした需要の急増に対応するため、電力管理システムを採用する企業が増えている。これらのシステムは、エネルギー使用の監視、制御、最適化を支援し、無駄とコストを削減する。
エネルギー需要に拍車をかけているもう一つの重要な要因は、運輸部門、特に電気自動車(EV)の成長である。EVの普及が勢いを増すにつれ、電気自動車充電インフラのニーズが急増し、送電網にさらなる圧力がかかっている。電力管理システムは、こうした充電ステーションへの効率的な配電を確保し、送電網の過負荷を防ぎ、電力供給の途絶を最小限に抑えるために極めて重要である。
さらに、住宅部門では、スマート・ホームやコネクテッド・デバイスの普及により、エネルギー消費が大幅に増加している。ソーラーパネルのような再生可能エネルギー源の住宅への統合に伴い、電源管理システムは、これらの断続的な電源のバランスをとり、効果的に利用する上で不可欠となっている。
結論として、急速な工業化、都市化、EVとスマートホーム分野の成長によるエネルギー需要と消費の増加が、インド電力管理システム市場の主な促進要因である。パワーマネジメントシステムは、この需要を効率的かつ持続的に満たす上で極めて重要な役割を担っており、インドのエネルギーインフラにとって不可欠なコンポーネントとなっている。
エネルギー効率と持続可能性の重視の高まり
インドの電力管理システム市場は、エネルギー効率と持続可能性への関心の高まりという、2つ目の重要な推進力によって大きく形成されている。インドが環境問題に直面し、二酸化炭素排出量の削減を目指す中、エネルギー使用の最適化と廃棄物の最小化が重視されている。パワーマネージメントシステムは、こうした目標を達成するための重要な手段として浮上してきた。
エネルギー効率を重視する主な要因のひとつは、環境問題や気候変動に対する意識の高まりである。世界的な持続可能性への取り組みと歩調を合わせ、インド政府は、二酸化炭素排出量の削減と、エネルギーミックスにおける再生可能エネルギー源の割合増加という野心的な目標を掲げている。これらの目標を達成するためには、クリーンなエネルギーを生み出すだけでなく、それを効率的に利用・管理することも必要です。電力管理システムは、エネルギー消費のリアルタイム監視と制御を可能にし、組織や個人が二酸化炭素排出量を削減するための十分な情報に基づいた意思決定を行えるようにします。
さらに、エネルギーコストの上昇と費用対効果の高いソリューションの必要性が、電力管理システムの採用を促進している。これらのシステムは、企業や家庭のエネルギー使用の最適化を支援し、エネルギー料金の削減につながる。インドのような価格に敏感な市場では、この金銭的インセンティブが電力管理ソリューションの採用をさらに後押ししている。
政府の政策やインセンティブも、エネルギー効率と持続可能性の促進に極めて重要な役割を果たしている。様々な制度や補助金が、電力管理システムを含むエネルギー効率の高い技術の採用を奨励している。例えば、エネルギー効率局(BEE)によるPAT(Perform, Achieve, and Trade)スキームは、産業界にエネルギー効率を高めるインセンティブを与え、省エネルギー証明書を取引する仕組みを提供し、電源管理システムの導入に有利な環境を作り出している。
結論として、インドにおける電力管理システムの導入は、エネルギー効率と持続可能性への関心の高まりによって推進されている。この傾向は、環境意識の高まり、エネルギーコストの上昇、有利な政府政策に支えられており、これらすべてが同国のより持続可能で効率的なエネルギー事情に貢献している。
技術の進歩とIoTの統合
インドの電力管理システム市場は、3つの主要な推進要因によって支えられている。その一つは、技術の急速な進歩とモノのインターネット(IoT)の統合である。これらの技術革新は、エネルギー消費を最適化するための洗練されたデータ主導のソリューションを提供し、電力管理の状況を大きく変えている。
特筆すべきは、スマートグリッドの開発である。高度なセンサー、通信ネットワーク、リアルタイムのデータ分析を組み込むことで、スマートグリッドはグリッド内の電気の流れを効果的に監視・制御する。これにより、太陽光や風力などの再生可能エネルギーをシームレスに統合し、その断続的な性質を効果的に管理することが可能になる。電力管理システムは、エネルギー消費と発電に関するリアルタイムのデータを提供し、グリッドの安定性と信頼性を確保することで、スマートグリッドにおいて重要な役割を果たしている。
さらに、IoTデバイスやセンサーの普及は、スマートビルやスマートホームを生み出した。これらの接続された環境では、電力管理システムを利用して、エネルギー使用量、照明、HVACシステムなどを容易に監視・制御している。AIと機械学習アルゴリズムの統合は、エネルギー需要パターンを予測し、最大限の効率を得るために自動調整を行う能力をさらに高める。
さらに、データ分析とクラウド・コンピューティングの登場により、広範なエネルギー関連データの収集と分析が容易になった。このデータ主導のアプローチにより、組織は省エネルギーの機会を特定し、オペレーションを最適化し、エネルギー調達と利用に関して十分な情報に基づいた意思決定を行うことができる。電力管理システムは、このデータ・エコシステムの要として機能し、効率改善を推進するために不可欠な洞察を提供する。
技術主導の進歩に加え、インドの電力管理システム市場では、ユーザーフレンドリーなインターフェースやモバイル・アプリケーションの開発が進んでいる。これらのツールは、消費者がエネルギー消費を容易に監視・制御できるようにし、エネルギー意識の高い社会の実現に貢献する。
結論として、先進技術とIoT機能の統合は、インド電力管理システム市場の成長を支える第3の主要な原動力となっている。これらの技術革新は、エネルギーの管理と消費に革命をもたらし、より効率的で持続可能な、ユーザーフレンドリーなものにしている。技術が進化し続ける中、インドの電力管理市場はさらなる変革と成長を遂げる態勢が整っている。
主な市場課題
インフラの老朽化と送電網の信頼性
インドの電力管理システム市場が直面する主な課題の1つは、同国の電力インフラの老朽化と信頼性の低さである。インドの配電インフラの多くは数十年前に整備されたもので、現在は近代化と改修が必要だ。老朽化した送電網インフラは、送配電ロスの増加につながる。これらの損失は、技術的な非効率や盗難が原因であることが多く、その結果、大量の電力が浪費されている。電力管理システムが最適に機能するためには、安定した信頼性の高い送電網が必要だが、信頼性の低い送電網は、配電を調整する効果を妨げている。
さらに、老朽化したインフラは、故障や故障、停電を起こしやすくなっている。頻繁な停電は消費者に不便を強い、産業界に負担をかけ、生産損失や財務上の後退を引き起こす。電力管理システムは、電力供給の継続性を維持し、効率的に送電網のバランスをとるのに苦労している。
さらに、太陽光発電や風力発電のような再生可能エネルギーを送電網に統合することは、送電網の制限により困難な場合がある。送電網は、再生可能エネルギー発電の断続的かつ分散的な性質を扱うための設備が整っていない可能性があり、送電網のアップグレードやスマートグリッド技術への投資が必要となる。このような改善がなされるまでは、電力管理システムは再生可能エネルギーにシームレスに対応する上で障害に直面する。
結論として、インドの電気インフラの老朽化と信頼性の低さは、電力管理システム市場にとって大きな課題となっている。この課題に対処するには、送電網の近代化、先進技術、送配電ロスの削減努力に多額の投資を行う必要がある。電力管理システムの潜在能力を最大限に引き出すには、アップグレードが不可欠である。
規制と政策の枠組み
インドの電力管理システム市場は、エネルギー部門を支配する規制と政策の枠組みに関する重要な課題に直面している。インドは、エネルギー市場の自由化と改革において大きな進歩を遂げたが、持続的な規制と政策の問題が、電力管理システムの成長と普及を妨げている。
主な課題のひとつは、州や地域によって異なる規制の複雑さと一貫性のなさである。インドのエネルギー部門は、連邦レベルの規制と州レベルの規制が混在しており、その結果、規制が断片化している。このような断片化は、全国規模で電力管理ソリューションの開発・展開を目指す企業に混乱と障壁をもたらす可能性がある。また、一貫性のない政策や規制は、投資を妨げ、革新的な技術の採用を遅らせる可能性があります。
さらに、電力、特に再生可能エネルギー源に対する明確な価格設定メカニズムがないことは、電力管理システムにとって課題となる。変動関税、補助金、相互補助金は市場のシグナルを歪め、企業や消費者がエネルギー消費や電力管理技術への投資について十分な情報を得た上で意思決定することを困難にします。
さらに、電力管理システム導入のための規制当局の承認や認可は、時間がかかり官僚的である場合がある。そのため、企業の市場参入意欲を削いだり、エネルギー効率の高いソリューションの導入を遅らせたりする可能性がある。
電力管理システムの標準化されたプロトコルと相互運用性規格がないことも、規制上の課題である。統一された規格がなければ、異なるシステムは効果的な通信に苦労し、全体的な影響を制限し、ユーザーにさらなる複雑さをもたらす可能性がある。
結論として、インドのエネルギー部門における規制と政策の枠組みは、電力管理システム市場にとって大きな課題となっている。規制の合理化、州間の政策の調和、明確な価格設定メカニズムの確立、相互運用性標準の促進は、これらの課題を克服し、電力管理システムの導入に資する環境を醸成する上で不可欠なステップである。
主な市場動向
スマートグリッドとマイクログリッドの採用増加
インドの電力管理システム市場を形成している注目すべきトレンドの一つは、スマートグリッドとマイクログリッドの採用が増加していることである。インドでは電力インフラの近代化と送電網の信頼性向上に努めており、スマートグリッドはこうした目標を達成するための重要な技術として浮上している。
スマートグリッドは、発電、配電、電力消費を最適化するためのデジタル通信・制御技術を組み込んだ先進的な電力網である。これらの送電網はリアルタイムの監視・管理機能を提供し、より良い負荷分散と送電ロスの削減を可能にする。電力管理システムは、必要なデータ分析と制御メカニズムを提供することで、スマートグリッドを実現する上で極めて重要な役割を果たしている。
スマートグリッドのサブセットであるマイクログリッドは、特にインドの農村部や遠隔地で普及しつつある。このような小規模で局所的な送電網は、独立して、あるいは主要な送電網と連携して運用することができる。特に停電や電力途絶が発生しやすい地域では、耐障害性が向上する。マイクログリッドでは、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの統合を管理し、信頼性の高い安定した電力供給を確保するために、電力管理システムが不可欠である。
スマートグリッドとマイクログリッドの採用は、再生可能エネルギー源に対応し、グリッドの回復力を高め、電力損失を削減する必要性によって推進されている。さらに、これらの技術は、クリーンなエネルギー源の統合を促進し、より効率的なエネルギー配分を可能にするため、インドの持続可能性の目標に合致している。
人工知能(AI)と機械学習の統合
インドの電力管理システム市場におけるもう一つの注目すべき傾向は、人工知能(AI)と機械学習(ML)技術の統合である。AIとMLは、電力管理システムの機能性とインテリジェンスを強化し、変化するエネルギー力学への適応性と応答性を高めるために活用されている。
AIとMLのアルゴリズムは、電力管理システムが生成する膨大な量のリアルタイム・データを分析するために採用されている。これらのアルゴリズムは、エネルギー需要のパターンを予測し、異常を検出し、エネルギー配分を最適化することができる。例えば、AIを活用した予知保全は、ユーティリティ企業や産業界が機器の故障にプロアクティブに対処することを支援し、ダウンタイムと保全コストを削減する。
さらに、AIとMLはビルや産業施設のエネルギー効率を改善するために活用されている。これらのテクノロジーは、リアルタイムのデータやユーザーの嗜好に基づいて、HVACシステム、照明、その他のエネルギー消費プロセスを最適化する。その結果、大幅なエネルギー節約と運用コストの削減が実現する。
再生可能エネルギーに関しては、AIとMLは再生可能エネルギー発電のより良い予測を可能にし、太陽光や風力といった電源の断続的な性質を管理する上でグリッドオペレーターを支援する。再生可能エネルギーの利用可能性を予測することで、電力管理システムはエネルギー集約的なプロセスをスケジュールし、より効果的に需給バランスをとることができる。
AIとMLの統合は、電力管理システムの能力を増幅し、エネルギー消費と配電を最適化する上で、よりインテリジェントで適応性が高く、効率的なものにする変革的な傾向を示している。
セグメント別インサイト
タイプ別洞察
2023年のインド市場では、ソフトウェア・セグメントが支配的なプレーヤーとして浮上した。 - エネルギー管理ソフトウェアは、インドの産業・商業部門、特にマハラシュトラ州、グジャラート州、カルナータカ州など製造業やIT事業が盛んな地域で需要が高い。このソフトウェアは、企業がエネルギー消費を効果的に監視、分析、管理することを可能にする。エネルギーの非効率性を特定し、オペレーションを最適化し、エネルギーコストを削減する上で重要な役割を果たす。
アンドラ・プラデシュ州やケララ州を含むインドのいくつかの州では、スマートグリッドプロジェクトが開始されている。これらのプロジェクトでは、リアルタイム監視、需要側管理、グリッド最適化のための高度なソフトウェア・ソリューションが導入されている。スマートグリッド・ソフトウェアは、送配電ロスの削減、停電管理の改善、送電網全体の効率と信頼性の向上に貢献する。
南インドのITハブや産業クラスターでは、エネルギー消費を最適化するため、データ分析や予知保全ソフトウェアの導入が進んでいる。例えば、タミル・ナードゥ州の自動車製造部門は、設備の効率を監視・維持するためにこうしたソフトウェアを活用している。これらのソリューションは、データ分析とAIを活用して機器の故障を予測し、ダウンタイムとメンテナンスコストを削減する。
南インドの環境意識の高まりは、より厳しい環境規制の実施につながっている。その結果、排出量のモニタリング、コンプライアンスの追跡、レポートの作成において産業や公益事業を支援するソフトウェア・ソリューションに対する需要が高まっている。特に、技術に精通した企業が多いカルナタカ州は、環境コンプライアンスを目的としたこのようなソフトウェアの著名なユーザーとなっている。
エンドユーザー業界の洞察
データセンター分野は、予測期間中に急成長すると予測されている。データセンターにとって、電気代は運営上の大きな出費となる。電力管理システムは、データセンター事業者がエネルギー使用を最適化し、ピーク需要時間帯に負荷遮断を実施し、電力係数を管理して電気代を軽減するのに役立つ。
無停電電源装置(UPS)とバックアップ発電機システムは、データセンターのインフラに不可欠なコンポーネントです。電源管理システムは、グリッド障害時のバックアップ電源へのシームレスな切り替えを容易にし、ダウンタイムとデータ損失を防ぎます。データセンターは、エネルギー効率や環境への影響に関するさまざまな規制要件を遵守しなければなりません。電力管理システムは、エネルギー消費量や排出量のデータを監視・報告し、これらの規制を確実に遵守する上で極めて重要な役割を果たしている。
まとめると、インドのデータセンター向け電源管理システム市場は、エネルギー効率と持続可能性を重視し、信頼性の高い電力供給が不可欠であることから、急速な成長を示している。電源管理システムは、こうした需要に応え、中断のないデータセンター運用を確保する上で極めて重要な役割を果たしており、インドのデジタル経済にとって不可欠な要素となっている。
地域別の洞察
2023年、インドの電力管理システム市場では南インドが優位に浮上南インドの電源管理システム市場を分析するには、この地域の特徴、課題、展望を考慮する必要がある。南インドには、タミル・ナードゥ州、カルナータカ州、ケララ州、アンドラ・プラデシュ州、テランガナ州などがあり、それぞれが独自のエネルギー事情を抱えている。ベンガルール、チェンナイ、ハイデラバードなどの主要都市がITや製造業の拠点となっている。この急速な都市化と産業の成長により、商業・産業部門のエネルギー需要が大幅に急増した。その結果、電力管理システムは、これらの産業のエネルギー消費を最適化し、操業コストを削減する上で極めて重要な役割を果たしている。
南インドは豊富な再生可能エネルギー資源、特に太陽エネルギーと風力エネルギーを誇っている。タミル・ナードゥ州やカルナータカ州などは、インドにおける風力エネルギー生産の最前線にある。再生可能エネルギーの送電網への統合は、同地域において依然として重要な焦点であり、電力管理システムは、これらの再生可能エネルギーの変動性を管理し、送電網の安定性を確保する上で重要な役割を果たしている。
南インドの一部の州では、送電網管理を強化し損失を最小限に抑えるため、スマートグリッドプロジェクトを開始している。電力管理システムはこうした取り組みに不可欠で、データ分析、需要側管理、効率的な負荷配分をサポートしている。
さらに、南インドは他の地域と比べて環境意識が比較的高い。こうした意識が、持続可能でエネルギー効率の高いソリューションへの需要を後押しし、カーボンフットプリントを削減できる電源管理システムが強く求められている。
結論として、南インドの電力管理システム市場は、都市化、工業化、再生可能エネルギーの拡大、送電網の安定性に対する切実なニーズに後押しされ、大きなビジネスチャンスをもたらしている。
主要市場プレイヤー
イートン・インド社
ABB India Ltd.
エマソン・ネットワークパワー・インド社
ルグラン・インド社
ハネウェルオートメーション
デルタ・エレクトロニクス・インド社
ソコメック・インディア社
L&Tエレクトリカル&オートメーション
シュナイダーエレクトリックインド社
シーメンス
レポートの範囲
本レポートでは、インドの電力管理システム市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドの電力管理システム市場:タイプ別
o ハードウェア
ソフトウェア
o サービス
- インドの電力管理システム市場:タイプ別
o 石油・ガス
海洋
化学・石油化学
o 金属・鉱業
公益事業
o データセンター
o その他
- インドの電力管理システム市場、モジュール別
o 電力監視と制御
o 負荷遮断と管理
o スイッチングと安全管理
o 電力シミュレータ
発電機制御
o その他
- インドの電力管理システム市場、地域別
o 北インド
o 南インド
o 東インド
o 西インド
競合状況
企業プロフィール:インド電力管理システム市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインド電力管理システム市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on India Power Management System Market
5. Voice of Customer
6. India Power Management System Market Overview
7. India Power Management System Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type (Hardware, Software and Services)
7.2.2. By End-User Industry (Oil & Gas, Marine, Chemical & Petrochemical, Metal & Mining, Utilities, Data Centre and Others)
7.2.3. By Module (Power Monitoring & Control, Load Shedding & Management, Switching & Safety Management, Power Simulator, Generator Controls and Others)
7.2.4. By Region (North India, South India, East India, West India)
7.3. By Company (2023)
7.4. Market Map
8. North India Power Management System Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By End-User Industry
8.2.3. By Module
9. South India Power Management System Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By End-User Industry
9.2.3. By Module
10. East India Power Management System Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By End-User Industry
10.2.3. By Module
11. West India Power Management System Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Type
11.2.2. By End-User Industry
11.2.3. By Module
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Eaton India Pvt. Ltd.
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.1.5. Key Product/Services Offered
14.2. ABB India Ltd.
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.2.5. Key Product/Services Offered
14.3. Emerson Network Power (India) Pvt. Ltd.
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.3.5. Key Product/Services Offered
14.4. Legrand India Pvt. Ltd.
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.4.5. Key Product/Services Offered
14.5. Honeywell Automation India Ltd.
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.5.5. Key Product/Services Offered
14.6. Delta Electronics India Pvt. Ltd.
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.6.5. Key Product/Services Offered
14.7. Socomec India Pvt. Ltd.
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.7.5. Key Product/Services Offered
14.8. L&T Electrical and Automation
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.8.5. Key Product/Services Offered
14.9. Schneider Electric India Pvt. Ltd.
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.9.5. Key Product/Services Offered
14.10. Siemens Ltd.
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.10.5. Key Product/Services Offered
15. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India Power Management System Market has valued at USD 345.16 million in 2023 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 7.62% through 2029. India's economy is experiencing rapid growth, resulting in heightened energy consumption across multiple sectors, such as residential, commercial, and industrial. The surge in demand for electricity is driven by the expanding middle class, urbanization, and industrialization. To meet this escalating demand, the implementation of power management systems becomes indispensable. These systems play a crucial role in optimizing energy utilization and guaranteeing a stable power supply.
Key Market Drivers
Increasing Energy Demand and Consumption
The Indian Power Management System Market is witnessing robust growth, primarily driven by the relentless increase in energy demand and consumption across the country. India's economic growth and urbanization have led to a surge in the need for electricity, spanning residential, commercial, and industrial sectors. As businesses expand and more households connect to the grid, the power management system market plays a pivotal role in ensuring efficient utilization and distribution of electricity.
One significant contributor to this escalating energy demand is the industrial sector. India's industrial landscape is diversifying rapidly, with industries such as manufacturing, IT, and telecommunications heavily reliant on a stable power supply. Moreover, the government's 'Make in India' initiative has attracted foreign investments, further amplifying energy consumption. To meet this surging demand while adhering to environmental regulations and sustainability goals, companies are increasingly adopting power management systems. These systems help monitor, control, and optimize energy usage, reducing waste and costs.
Another critical factor fueling energy demand is the growth of the transportation sector, particularly electric vehicles (EVs). As the adoption of EVs gains momentum, the need for electric vehicle charging infrastructure has surged, putting additional pressure on the power grid. Power management systems are crucial for ensuring the efficient distribution of electricity to these charging stations, preventing grid overload and minimizing disruptions in power supply.
Furthermore, the residential sector is witnessing a significant uptick in energy consumption due to the proliferation of smart homes and connected devices. With the integration of renewable energy sources like solar panels into residential setups, power management systems become essential in balancing and utilizing these intermittent sources effectively.
In conclusion, the increasing energy demand and consumption, driven by rapid industrialization, urbanization, and the growth of the EV and smart home sectors, are the primary drivers of the Indian Power Management System Market. Power management systems play a pivotal role in meeting this demand efficiently and sustainably, making them an indispensable component of India's energy infrastructure.
Growing Emphasis on Energy Efficiency and Sustainability
The Indian Power Management System Market is being shaped significantly by a second key driver - the growing focus on energy efficiency and sustainability. As India faces environmental challenges and seeks to reduce its carbon footprint, there is a heightened emphasis on optimizing energy usage and minimizing waste. Power management systems have emerged as a critical enabler in achieving these objectives.
One of the primary factors driving this emphasis on energy efficiency is the increasing awareness of environmental issues and climate change. In alignment with global sustainability initiatives, the Indian government has set ambitious targets for reducing carbon emissions and increasing the share of renewable energy sources in the energy mix. To achieve these goals, it is not only necessary to generate clean energy but also to efficiently utilize and manage it. Power management systems enable real-time monitoring and control of energy consumption, empowering organizations and individuals to make informed decisions that reduce their carbon footprint.
Furthermore, the rising cost of energy and the need for cost-effective solutions have stimulated the adoption of power management systems. These systems assist businesses and households in optimizing their energy usage, resulting in reduced energy bills. In a price-sensitive market like India, this financial incentive further propels the adoption of power management solutions.
Government policies and incentives have also played a pivotal role in promoting energy efficiency and sustainability. Various schemes and subsidies encourage the adoption of energy-efficient technologies, including power management systems. For example, the Perform, Achieve, and Trade (PAT) scheme by the Bureau of Energy Efficiency (BEE) incentivizes industries to enhance their energy efficiency and provides mechanisms for trading energy savings certificates, creating a favorable environment for the implementation of power management systems.
In conclusion, the adoption of power management systems in India is being driven by the growing focus on energy efficiency and sustainability. This trend is supported by increased environmental awareness, rising energy costs, and favorable government policies, all of which contribute to a more sustainable and efficient energy landscape in the country.
Advancements in Technology and IoT Integration
The Indian Power Management System Market is being propelled by three key drivers. One of them is the rapid advancements in technology and the integration of the Internet of Things (IoT). These innovations have significantly transformed the power management landscape, offering sophisticated and data-driven solutions to optimize energy consumption.
Notably, the development of smart grids is a crucial technological advancement. By incorporating advanced sensors, communication networks, and real-time data analytics, smart grids effectively monitor and control the flow of electricity within the grid. This enables seamless integration of renewable energy sources like solar and wind, effectively managing their intermittent nature. Power management systems play a vital role in smart grids by providing real-time data on energy consumption and generation, ensuring grid stability and reliability.
Furthermore, the proliferation of IoT devices and sensors has given rise to smart buildings and smart homes. These connected environments utilize power management systems to effortlessly monitor and control energy usage, lighting, HVAC systems, and more. The integration of AI and machine learning algorithms further enhances the ability to predict energy demand patterns and make automated adjustments for maximum efficiency.
Moreover, the advent of data analytics and cloud computing has facilitated the collection and analysis of extensive energy-related data. This data-driven approach empowers organizations to identify energy-saving opportunities, optimize operations, and make informed decisions regarding energy procurement and utilization. Power management systems serve as the cornerstone of this data ecosystem, providing essential insights to drive efficiency improvements.
In addition to technology-driven advancements, the Indian Power Management System Market is witnessing the development of user-friendly interfaces and mobile applications. These tools empower consumers to effortlessly monitor and control their energy consumption, contributing to a more energy-conscious society.
In conclusion, the integration of advanced technology and IoT capabilities stands as the third major driver behind the growth of the Indian Power Management System Market. These innovations are revolutionizing the management and consumption of energy, making it more efficient, sustainable, and user-friendly. As technology continues to evolve, the power management landscape in India is poised for further transformation and growth.
Key Market Challenges
Aging Infrastructure and Grid Reliability
One of the main challenges facing the Indian Power Management System Market is the aging and unreliable state of the country's electrical infrastructure. Much of India's power distribution infrastructure was established decades ago and now needs modernization and refurbishment. The outdated grid infrastructure leads to higher transmission and distribution losses. These losses, often due to technical inefficiencies and theft, result in a significant amount of wasted electricity. Power management systems rely on stable and reliable grids to function optimally, but the unreliable grid hampers their effectiveness in regulating power distribution.
Additionally, the aging infrastructure is more prone to faults, breakdowns, and power outages. Frequent disruptions inconvenience consumers and strain industries, causing production losses and financial setbacks. Power management systems struggle to maintain continuity in power supply and balance the grid effectively.
Moreover, integrating renewable energy sources like solar and wind into the grid can be challenging due to grid limitations. The grid may not be equipped to handle the intermittent and decentralized nature of renewable energy generation, requiring investments in grid upgrades and smart grid technologies. Until these improvements are made, power management systems face obstacles in accommodating renewables seamlessly.
In conclusion, the aging and unreliable state of India's electrical infrastructure poses a significant challenge to the Power Management System Market. Addressing this challenge requires substantial investments in grid modernization, advanced technologies, and efforts to reduce transmission and distribution losses. Upgrades are crucial to unlocking the full potential of power management systems.
Regulatory and Policy Framework
The Indian Power Management System Market faces a key challenge concerning the regulatory and policy framework governing the energy sector. While India has made substantial progress in liberalizing and reforming its energy market, persistent regulatory and policy issues hinder the growth and adoption of power management systems.
One of the primary challenges pertains to the complexity and inconsistency in regulations across different states and regions. The energy sector in India is subject to a mix of federal and state-level regulations, resulting in a fragmented regulatory landscape. This fragmentation can create confusion and barriers for companies aiming to develop and deploy power management solutions on a national scale. Inconsistent policies and regulations can also impede investment and slow down the adoption of innovative technologies.
Furthermore, the absence of a clear pricing mechanism for electricity, especially for renewable energy sources, poses challenges for power management systems. Variable tariffs, subsidies, and cross-subsidies can distort market signals and make it difficult for businesses and consumers to make informed decisions about energy consumption and investment in power management technologies.
In addition, regulatory approvals and clearances for the deployment of power management systems can be time-consuming and bureaucratic. This can discourage companies from entering the market or delay the implementation of energy-efficient solutions.
The lack of standardized protocols and interoperability standards for power management systems is yet another regulatory challenge. Without uniform standards, different systems may struggle to communicate effectively, limiting their overall impact and creating additional complexities for users.
In conclusion, the regulatory and policy framework in India's energy sector presents a significant challenge to the Power Management System Market. Streamlining regulations, harmonizing policies across states, establishing clear pricing mechanisms, and promoting interoperability standards are vital steps in overcoming these challenges and fostering a conducive environment for power management system adoption.
Key Market Trends
Increasing Adoption of Smart Grids and Microgrids
One of the notable trends shaping the India Power Management System Market is the increasing adoption of smart grids and microgrids. As India strives to modernize its power infrastructure and enhance grid reliability, smart grids have emerged as a critical technology for achieving these objectives.
Smart grids are advanced electrical grids that incorporate digital communication and control technologies to optimize the generation, distribution, and consumption of electricity. These grids offer real-time monitoring and management capabilities, enabling better load balancing and reduced transmission losses. Power management systems play a pivotal role in enabling smart grids by providing the necessary data analytics and control mechanisms.
Microgrids, a subset of smart grids, are gaining traction, particularly in rural and remote areas of India. These small-scale, localized grids can operate independently or in conjunction with the main grid. They offer increased resilience, especially in regions prone to power outages and disruptions. Power management systems are essential in microgrids for managing the integration of renewable energy sources, such as solar and wind, and ensuring reliable and stable power supply.
The adoption of smart grids and microgrids is driven by the need to accommodate renewable energy sources, enhance grid resilience, and reduce power losses. Moreover, these technologies align with India's sustainability goals, as they facilitate the integration of clean energy sources and enable more efficient energy distribution.
Integration of Artificial Intelligence (AI) and Machine Learning
Another notable trend in the India Power Management System Market is the integration of artificial intelligence (AI) and machine learning (ML) technologies. AI and ML are being utilized to enhance the functionality and intelligence of power management systems, making them more adaptable and responsive to changing energy dynamics.
AI and ML algorithms are employed to analyze extensive amounts of real-time data generated by power management systems. These algorithms can forecast energy demand patterns, detect anomalies, and optimize energy distribution. For instance, AI-driven predictive maintenance assists utilities and industries in proactively addressing equipment failures, thereby reducing downtime and maintenance costs.
Furthermore, AI and ML are leveraged to improve energy efficiency in buildings and industrial facilities. These technologies optimize HVAC systems, lighting, and other energy-consuming processes based on real-time data and user preferences. This results in substantial energy savings and reduced operational expenses.
Regarding renewable energy, AI and ML enable better forecasting of renewable energy generation, aiding grid operators in managing the intermittent nature of sources such as solar and wind. By predicting renewable energy availability, power management systems can schedule energy-intensive processes and balance supply and demand more effectively.
The integration of AI and ML represents a transformative trend that amplifies the capabilities of power management systems, making them more intelligent, adaptable, and efficient in optimizing energy consumption and distribution.
Segmental Insights
Type Insights
The Software segment emerged as the dominant player in the India market in 2023. - Energy management software is in high demand among the industrial and commercial sectors in India, particularly in regions with intensive manufacturing and IT operations such as Maharashtra, Gujarat, and Karnataka. This software enables businesses to effectively monitor, analyze, and control their energy consumption. It plays a crucial role in identifying energy inefficiencies, optimizing operations, and reducing energy costs.
Several states in India, including Andhra Pradesh and Kerala, have initiated smart grid projects. These projects involve the deployment of advanced software solutions for real-time monitoring, demand-side management, and grid optimization. Smart grid software contributes to the reduction of transmission and distribution losses, improvement of outage management, and enhancement of overall grid efficiency and reliability.
South India's IT hubs and industrial clusters are increasingly adopting data analytics and predictive maintenance software to optimize energy consumption. For instance, Tamil Nadu's automotive manufacturing sector relies on such software for monitoring and maintaining equipment efficiency. These solutions leverage data analytics and AI to predict equipment failures, thereby reducing downtime and maintenance costs.
South India's heightened environmental awareness has led to the implementation of stricter environmental regulations. Consequently, there is a growing demand for software solutions that assist industries and utilities in monitoring emissions, tracking compliance, and generating reports. Notably, Karnataka, with its tech-savvy businesses, serves as a prominent user of such software for environmental compliance purposes.
End-User Industry Insights
The Data Centre segment is projected to experience rapid growth during the forecast period. Electricity costs pose a substantial operational expense for data centers. Power management systems aid data center operators in optimizing energy usage, implementing load shedding during peak demand hours, and managing power factors to mitigate electricity bills.
Uninterruptible Power Supply (UPS) and backup generator systems serve as integral components of data center infrastructure. Power management systems facilitate seamless switchover to backup power sources during grid failures, thereby preventing downtime and data loss. Data centers must adhere to various regulatory requirements concerning energy efficiency and environmental impact. Power management systems play a pivotal role in monitoring and reporting energy consumption and emissions data to ensure compliance with these regulations.
In summary, India's Power Management System Market for Data Centers exhibits rapid growth, with a strong emphasis on energy efficiency and sustainability, and an imperative for reliable power supply. Power management systems play a crucial role in meeting these demands and ensuring uninterrupted data center operations, making them an essential component of India's digital economy.
Regional Insights
South India emerged as the dominant player in the India Power Management System market in 2023. Analyzing the Power Management System Market in South India necessitates considering the distinctive characteristics, challenges, and prospects of the region. South India encompasses states such as Tamil Nadu, Karnataka, Kerala, Andhra Pradesh, and Telangana, each with its own energy landscape. It stands as one of the most urbanized and industrialized regions in the country, with major cities like Bengaluru, Chennai, and Hyderabad serving as IT and manufacturing industry hubs. This rapid urbanization and industrial growth have resulted in a substantial surge in energy demand from the commercial and industrial sectors. Consequently, power management systems play a pivotal role in optimizing energy consumption and reducing operational costs for these industries.
South India boasts abundant renewable energy resources, particularly solar and wind energy. States like Tamil Nadu and Karnataka are at the forefront of wind energy production in India. The integration of renewable energy into the grid remains a key focus in the region, where power management systems play a critical role in managing the variability of these renewable sources and ensuring grid stability.
Certain states in South India have initiated smart grid projects to enhance grid management and minimize losses. Power management systems are integral to these initiatives, supporting data analytics, demand-side management, and efficient load distribution.
Moreover, South India demonstrates a relatively higher level of environmental consciousness compared to other regions. This awareness drives the demand for sustainable and energy-efficient solutions, making power management systems that can reduce carbon footprints highly sought after.
In conclusion, the Power Management System Market in South India presents significant opportunities fueled by urbanization, industrialization, renewable energy expansion, and the imperative need for grid stability.
Key Market Players
Eaton India Pvt. Ltd.
ABB India Ltd.
Emerson Network Power (India) Pvt. Ltd.
Legrand India Pvt. Ltd.
Honeywell Automation India Ltd.
Delta Electronics India Pvt. Ltd.
Socomec India Pvt. Ltd.
L&T Electrical and Automation
Schneider Electric India Pvt. Ltd.
Siemens Ltd.
Report Scope:
In this report, the India Power Management System Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Power Management System Market, By Type:
o Hardware
o Software
o Services
• India Power Management System Market, By Type:
o Oil & Gas
o Marine
o Chemical & Petrochemical
o Metal & Mining
o Utilities
o Data Centre
o Others
• India Power Management System Market, By Module:
o Power Monitoring & Control
o Load Shedding & Management
o Switching & Safety Management
o Power Simulator
o Generator Controls
o Others
• India Power Management System Market, By Region:
o North India
o South India
o East India
o West India
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Power Management System Market.
Available Customizations:
India Power Management System Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on India Power Management System Market
5. Voice of Customer
6. India Power Management System Market Overview
7. India Power Management System Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type (Hardware, Software and Services)
7.2.2. By End-User Industry (Oil & Gas, Marine, Chemical & Petrochemical, Metal & Mining, Utilities, Data Centre and Others)
7.2.3. By Module (Power Monitoring & Control, Load Shedding & Management, Switching & Safety Management, Power Simulator, Generator Controls and Others)
7.2.4. By Region (North India, South India, East India, West India)
7.3. By Company (2023)
7.4. Market Map
8. North India Power Management System Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By End-User Industry
8.2.3. By Module
9. South India Power Management System Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By End-User Industry
9.2.3. By Module
10. East India Power Management System Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By End-User Industry
10.2.3. By Module
11. West India Power Management System Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Type
11.2.2. By End-User Industry
11.2.3. By Module
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Eaton India Pvt. Ltd.
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.1.5. Key Product/Services Offered
14.2. ABB India Ltd.
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.2.5. Key Product/Services Offered
14.3. Emerson Network Power (India) Pvt. Ltd.
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.3.5. Key Product/Services Offered
14.4. Legrand India Pvt. Ltd.
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.4.5. Key Product/Services Offered
14.5. Honeywell Automation India Ltd.
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.5.5. Key Product/Services Offered
14.6. Delta Electronics India Pvt. Ltd.
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.6.5. Key Product/Services Offered
14.7. Socomec India Pvt. Ltd.
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.7.5. Key Product/Services Offered
14.8. L&T Electrical and Automation
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.8.5. Key Product/Services Offered
14.9. Schneider Electric India Pvt. Ltd.
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.9.5. Key Product/Services Offered
14.10. Siemens Ltd.
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.10.5. Key Product/Services Offered
15. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る