世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

フォグネットワーキング市場の世界産業規模、シェア、動向、機会、および予測:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、アプリケーション別(スマートメーター、ビルおよびホームオートメーション、スマート製造)、地域別、競争:2018年~2028年


Fog Networking Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast Segmented by Component (Hardware, Software, Service), Application (Smart Meter, Building and Home Automation, Smart Manufacturing), By Region, Competition 2018-2028

世界のフォグネットワーキング市場は、2022年に2億5,381万米ドルと評価され、2028年までのCAGRは49.73%で、予測期間中に堅調な成長が予測されている。半導体におけるIoTの人気の高まり、スマート家電やウェアラブ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
182 英語

 

サマリー

世界のフォグネットワーキング市場は、2022年に2億5,381万米ドルと評価され、2028年までのCAGRは49.73%で、予測期間中に堅調な成長が予測されている。半導体におけるIoTの人気の高まり、スマート家電やウェアラブルデバイスのニーズの高まり、産業や住宅における自動化の採用強化などが、市場の成長に影響を与える重要な要因となっている。
主な市場促進要因
IoTの普及
モノのインターネット(IoT)の普及は、世界のフォグネットワーキング市場を新たな高みへと押し上げる強力な原動力である。近年のIoTの爆発的な成長により、相互接続された無数のデバイスから生成される前例のない量のデータが生み出されている。IoTの可能性を効果的に活用し、IoT特有の課題に対処するために、フォグ・コンピューティングが重要なイネーブラーとして浮上しています。大量のデータ生成:産業機械のセンサーからスマート家電に至るまで、IoTデバイスは継続的に膨大な量のデータを生成します。このデータをすべて中央のクラウドサーバーに送信して処理することは、非現実的であるだけでなく、重大な待ち時間の問題につながります。フォグ・コンピューティングは、エッジでのデータ処理を可能にすることでこれを軽減し、すべてのデータポイントをクラウドに送信する必要性を低減します。
リアルタイムの意思決定:IoTアプリケーションの多くは、変化する道路状況に適応する自律走行車や、異常に対応する産業機器など、リアルタイムの意思決定を必要とします。フォグ・コンピューティングは、計算をIoTデバイスに近づけ、遠くのクラウドサーバーに依存することなく、即時のデータ分析と意思決定の実行を可能にし、待ち時間を大幅に短縮します。帯域幅の効率化:IoTデバイスは、遠隔地や混雑したネットワークなど、帯域幅が制限された環境で動作することがよくあります。フォグコンピューティングは、ローカルまたはセミローカルでデータを処理することで帯域幅を節約し、関連性の高い事前処理済みのデータのみをクラウドに送信することで、混雑を緩和し、ネットワークリソースを最適化します。
データのプライバシーとセキュリティ:ヘルスケアやスマートシティなど、特定のIoTアプリケーションには、規制に準拠して安全に取り扱われなければならない機密データが含まれます。フォグ・コンピューティングは、ローカルまたは信頼できるネットワーク内でデータを処理し、データのプライバシーとセキュリティを強化することで、組織がデータのコントロールを維持することを可能にします。拡張性:IoTデバイスの数が増え続けるにつれ、スケーラビリティが不可欠になります。フォグネットワークは拡張性に優れているため、企業は必要に応じてエッジコンピューティング機能を拡張し、より多くのデバイスやアプリケーションに対応することができます。
多様な産業アプリケーション:フォグ・コンピューティングがさまざまな業界特有の要件に対応できることは、採用を促進する重要な要因です。製造業では予知保全、農業では精密農業、ヘルスケアでは患者の遠隔監視、スマートシティでは交通管理や環境監視など、さまざまな分野で応用されています。
待ち時間の短縮:拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、ゲームなど、リアルタイムのインタラクションが最小限の遅延に依存するアプリケーションでは、遅延の低減が極めて重要です。フォグ・コンピューティングは、データ処理がユーザーやデバイスのできるだけ近くで行われるようにし、待ち時間を最小限に抑えます。エッジAIの統合:エッジにおける人工知能と機械学習の統合は、フォグコンピューティングによって実現可能になります。これにより、IoTデバイスがローカルでインテリジェントな意思決定を行い、自動化と効率化が強化されます。IoTエコシステムが各業界で拡大し続ける中、低レイテンシーでリアルタイムのデータ処理とセキュアでスケーラブルなインフラを提供するフォグネットワーキングの能力は、世界のフォグネットワーキング市場の持続的成長を促進する不可欠なテクノロジーとして位置付けられている。
低遅延要件
低レイテンシー要件は、世界のフォグネットワーキング市場の急成長の原動力となっている。リアルタイムのデータ処理と瞬時の意思決定が重要な相互接続が進む世界では、フォグコンピューティングがこうした要求を満たす重要な技術ソリューションとして浮上している。さまざまな産業やアプリケーションがフォグネットワーキングに依存しており、超低遅延を実現してパフォーマンスやユーザー体験を向上させている:自動運転車は、安全にナビゲートするために瞬時の意思決定を必要とします。フォグ・コンピューティングは、オンボードコンピュータがセンサーデータをローカルに処理することを可能にし、道路状況の変化に対応する時間を短縮します。
拡張現実(AR)と仮想現実(VR):没入型のARおよびVR体験では、ユーザーにシームレスでリアルな環境を提供するために、最小限の待ち時間が要求されます。フォグ・コンピューティングは、グラフィック、オーディオ、感覚データをエッジで処理できるため、知覚できる遅延をなくすことができます。産業オートメーション:製造および産業プロセスは、リアルタイムの制御と監視に依存しています。フォグコンピューティングは、センサーデータを即座に分析し、ダウンタイムを最小限に抑えながら、予知保全とプロセスの最適化を可能にします。ゲーム:オンラインゲームでは、スムーズで応答性の高いゲーム体験を提供するために低遅延が求められます。フォグネットワークは、プレーヤーに近い場所でゲームデータを処理できるため、遅延を低減し、競争力を高めることができます。
金融サービス:金融分野では、ミリ秒単位で取引や金融取引に大きな違いが生じます。フォグ・コンピューティングは、アルゴリズム取引システムが最小限の遅延で注文を実行することを可能にします。ヘルスケア:遠隔医療や遠隔手術のアプリケーションでは、フォグコンピューティングによって重要な医療データがリアルタイムで処理されるため、医療従事者はタイムリーかつ救命的な判断を下すことができます。公共安全:法執行機関や緊急対応機関は、監視カメラやセンサーからのリアルタイムデータに依存して、事件に迅速に対応しています。フォグ・コンピューティングは、データ処理の遅延を減らすことで状況認識を強化します。
エッジAI:エッジにおける人工知能と機械学習アルゴリズムの統合は、フォグコンピューティングによって促進されます。これにより、データのリアルタイム分析が可能になり、集中型サーバーにデータを送信することなく、エッジでのインテリジェントな意思決定が可能になります。コンテンツ配信:コンテンツプロバイダーは、フォグネットワークを利用してコンテンツをキャッシュし、エンドユーザーにより近い場所で配信することで、動画やウェブサイト、その他のオンラインサービスのバッファリングやロード時間を短縮します。低レイテンシー処理への要求は、これらの業界全体におけるレスポンスタイムの高速化、ユーザー体験の向上、安全性の強化の必要性によってもたらされています。計算リソースをデータソースに近づけ、集中型データセンターへの往復時間を短縮するフォグネットワーキングの能力は、低遅延アプリケーションの重要な実現要素として位置づけられ、これが世界のフォグネットワーキング市場の継続的な成長を促進すると予想される。
データのプライバシーとセキュリティ
データのプライバシーとセキュリティは、世界のフォグネットワーキング市場を牽引する最重要課題である。企業がネットワークのエッジで機密データを処理するためにフォグコンピューティングを利用する機会が増えるにつれ、データの機密性、完全性、可用性を確保することが重要な課題となっている。フォグ・コンピューティングは、機密データを遠隔地の集中型データセンターに送信するのではなく、組織内またはソースに近い場所で保持できるようにすることで、データ・プライバシーに関する懸念に対処します。このような局所的なデータ処理アプローチは、転送中にデータが暴露されるリスクを最小限に抑え、潜在的なサイバー脅威の攻撃対象範囲を縮小します。ヘルスケアや金融など、厳しい規制要件が適用される業界では、フォグコンピューティングは、機密データを制御された環境内に保持することで、コンプライアンスを維持する手段を提供します。
さらに、フォグネットワークには堅牢なセキュリティ対策が組み込まれていることが多い。暗号化、アクセス制御、認証メカニズムをエッジに実装することで、不正アクセスからデータを守ることができる。エッジコンピューティングは、セキュリティイベントを即座に処理し、潜在的な侵害を迅速に緩和できるため、リアルタイムの脅威検出と対応能力も強化される。フォグ・ネットワークの回復力は、データ・セキュリティにさらに貢献する。クラウドデータセンターに対するネットワークの混乱やサイバー攻撃が発生した場合でも、フォグノードは自律的に機能し続けることができるため、重要なアプリケーションの継続的な運用が保証される。この冗長性により、データの可用性とビジネスの継続性が強化され、潜在的なデータ侵害の影響が軽減される。
さらに、人工知能(AI)や機械学習(ML)などの先進技術をエッジに統合することで、プロアクティブな脅威検知と異常識別が可能になる。このプロアクティブなアプローチは、潜在的なリスクが本格的なセキュリティ・インシデントに拡大する前に特定し緩和することで、セキュリティを強化する。データ漏洩やサイバー攻撃が世界中の組織に重大な脅威を与え続ける中、データのプライバシーとセキュリティを最優先するフォグネットワーキングソリューションに対する需要は拡大すると予想される。フォグコンピューティングは、低レイテンシーでリアルタイム処理を実現しながら、こうした懸念に対処できるため、さまざまな業界の企業にとって魅力的な選択肢となり、最終的に世界のフォグネットワーキング市場を前進させることになる。
主な市場課題
相互運用性の問題
相互運用性の問題は、世界のフォグネットワーキング市場に大きな課題をもたらしている。フォグ・コンピューティングは、ネットワークのエッジにおける多様なデバイス、センサー、プラットフォーム、アプリケーションのシームレスな統合に依存している。しかし、この相互運用性の実現は複雑であり、それがないためにフォグ・コンピューティング・ソリューションの採用と有効性が妨げられる可能性がある。多様なエコシステム:フォグ・コンピューティングのエコシステムには、さまざまなメーカーやベンダーのデバイス、センサー、ソフトウェアが含まれます。これらのコンポーネントは、異なる通信プロトコル、データフォーマット、標準規格を使用している可能性があり、すべてのコンポーネントが調和して動作することを保証するのは困難です。
標準化の欠如:フォグコンピューティングには標準化されたプロトコルやインターフェースが存在しないため、相互運用性の確保が難しい。共通の標準がないため、組織はカスタムソリューションを開発するか、ベンダー固有のテクノロジーに依存する必要があり、その結果、ベンダーロックインや互換性の問題に直面することが多い。異種環境:フォグネットワークは、産業環境、スマートシティ、ヘルスケア施設など、異種環境で展開されます。それぞれの環境には独自の要件や制約があり、相互運用性の取り組みがさらに複雑になります。レガシーシステム:多くの組織には、フォグ・コンピューティング・ソリューションと統合したい既存のレガシーシステムや機器があります。レガシーシステムが最新のフォグノードやアプリケーションと効率的に通信できるようにするのは、困難な作業です。
データ統合:フォグコンピューティングでは、センサー、IoTデバイス、既存のデータベースなど、さまざまなソースからのデータを統合する必要があります。これらのソース間でデータをシームレスに収集、処理、共有できるようにすることは、相互運用性の重要な課題です。通信プロトコル:エッジデバイスは、MQTT、CoAP、HTTPなどの異なる通信プロトコルを使用する場合があり、データ交換を妨げたり、相互運用性を促進するために翻訳レイヤーやゲートウェイを必要とすることがあります。セキュリティの懸念:多様なコンポーネントの統合は、適切に処理されない場合、セキュリティの脆弱性をもたらす可能性がある。相互接続されたすべてのデバイスやシステムが、セキュリティのベストプラクティスを確実に守ることが、安全なフォグコンピューティング環境を維持する上で極めて重要です。
メンテナンスの複雑さ:多様なコンポーネントを持つ異種フォグネットワークの管理とメンテナンスは、複雑でリソースを必要とします。ソフトウェアのアップデート、パッチ、セキュリティ対策がエコシステム全体に一貫して適用されるようにすることは困難です。このような相互運用性の課題を克服するためには、業界関係者が協力して、フォグコンピューティングに適したオープンスタンダードとプロトコルを開発する必要がある。共通のインターフェースとベストプラクティスを確立することで、統合作業を簡素化し、互換性の問題を軽減し、フォグネットワーキングソリューションの普及を促進することができる。さらに、組織は、相互運用性の問題を効果的に軽減するために、既存のインフラやアプリケーションの具体的な要件を考慮しながら、フォグコンピューティングの導入を慎重に計画する必要がある。
セキュリティの懸念
セキュリティへの懸念は、世界のフォグネットワーキング市場の成長に大きな障害となっている。フォグ・コンピューティングは、遅延の短縮やデータ・プライバシーの強化など、多くの利点を提供する一方で、この技術の採用を躊躇させるような、独自のセキュリティ上の課題ももたらします。エッジの脆弱性:フォグコンピューティングはエッジデバイスに依存しており、エッジデバイスは分散していることが多く、潜在的な攻撃者が物理的にアクセスできる可能性があります。このアクセス可能性により、機密データへの不正アクセス、改ざん、盗難のリスクが高まり、エッジノードが脆弱な攻撃ポイントとなります。
データの露出:データ処理がデータソースに近いところで行われるため、機密情報がエッジで暴露されたり、傍受されたりする可能性があります。エッジ・デバイス上で転送中および静止中のデータを保護することは、機密性を維持する上で極めて重要です。統一されたセキュリティ基準の欠如:フォグ・コンピューティングのセキュリティ・プロトコルやプラクティスが標準化されていないため、さまざまなフォグ・ネットワークで一貫性のないセキュリティ実装が行われる可能性があります。このような断片化により、一貫性のある強固なセキュリティ体制を確保することが難しくなります。限られたリソース:通常、エッジデバイスの計算リソースは限られているため、暗号化、アクセス制御、侵入検知システムなどの堅牢なセキュリティ対策を実装することは困難です。攻撃者はこのようなリソースの制約を悪用してセキュリティを侵害する可能性があります。
管理の複雑さ:フォグ・ネットワークは、多くのエッジ・デバイスやアプリケーションを含むことが多い。このような分散環境全体でセキュリティを管理するのは複雑な場合があり、効果的な監視、パッチ管理、インシデント対応機能が必要になります。クラウドとの統合:フォグネットワークは、集中型のクラウドインフラとシームレスに統合する必要があります。この統合により、エッジとクラウド間でデータが移行する際に、潜在的なセキュリティ・ギャップが生じる可能性がある。このような移行時に安全なデータ転送と保存を確保することが重要です。
インサイダーの脅威:エッジ・デバイスにアクセスできる内部関係者は、データ・セキュリティの脅威となる可能性がある。組織は、このリスクを軽減するために、厳格なアクセス制御を実施し、エッジデバイス上のアクティビティを監視する必要があります。規制コンプライアンス:ヘルスケアや金融などの規制産業におけるフォグコンピューティングの導入は、厳格なデータ保護とプライバシー規制を遵守する必要があります。コンプライアンス違反は、法的・経済的な影響につながる可能性があるため、セキュリティは最優先事項です。
ネットワークの脆弱性:フォグ・ノードはネットワークに接続されており、ネットワーク・セキュリティの脆弱性はフォグ・ネットワーク全体のセキュリティに影響を及ぼします。分散型サービス拒否(DDoS)のような攻撃は、エッジオペレーションを混乱させる可能性がある。
遠隔地:遠隔地や過酷な環境に設置されたエッジデバイスは、物理的なセキュリティ確保や監視が困難な場合があり、不正アクセスのリスクが高まります。フォグネットワーキングの普及には、こうしたセキュリティ上の懸念に対処することが不可欠です。そのためには、堅牢なセキュリティ戦略、静止時および転送時のデータの暗号化、継続的な監視、定期的なセキュリティ監査、フォグコンピューティングに特化した標準化されたセキュリティフレームワークの開発などが必要です。組織は、フォグネットワークの管理に携わる人員のセキュリティ意識向上とトレーニングに投資し、進化するサイバー脅威に常に警戒して、データの完全性、機密性、可用性を確保する必要がある。
主な市場動向
5Gの展開
5Gネットワークの展開は、世界のフォグネットワーキング市場を牽引する原動力となる。この第5世代ワイヤレス技術は、前例のないレベルのスピード、信頼性、低遅延を提供することで、通信に革命を起こすことを約束している。5Gネットワークが普及するにつれて、これらの特性を活用してさまざまな業界で新たな機能やアプリケーションを解放するフォグ・コンピューティングの需要が高まっている。低遅延の利点:5Gネットワークは極めて低遅延に設計されており、デバイスとクラウドサーバー間のデータ転送時間が短縮されます。これはフォグネットワーキングにとって基本的な利点であり、ネットワークのエッジでリアルタイムの処理と意思決定が可能になる。自律走行車、拡張現実、産業オートメーションなどのアプリケーションは、この低遅延インフラから大きな恩恵を受ける。
広帯域幅: 5Gは、旧世代の無線技術に比べて帯域幅が大幅に向上しています。この帯域幅の拡大により、エッジデバイスとフォグノード間の大量のデータ転送が容易になり、高解像度ビデオストリーミング、没入型AR/VR体験、その他の帯域幅を必要とするアプリケーションをサポートします。大量のIoT接続:5Gは、大量のIoTデバイスを同時にサポートするように設計されています。フォグ・コンピューティングは、これらのデバイスによって生成されたデータをエッジで管理・処理する上で極めて重要な役割を果たし、集中型クラウドリソースの負担を軽減し、効率的なデータ管理を実現します。
ネットワークのスライシング:5Gではネットワークスライシングが導入され、事業者は単一の物理インフラ内に複数の仮想ネットワークを構築できるようになる。フォグネットワーキングでは、ネットワークスライシングを活用して、特定のアプリケーションや業界向けに専用リソースを割り当て、パフォーマンスとセキュリティを最適化できる。エッジデータセンター:5Gの低レイテンシーと広帯域幅により、エッジデータセンターがフォグコンピューティングのエコシステムの重要な構成要素として台頭しています。これらのデータセンターはネットワークのエッジに戦略的に配置され、迅速なデータ処理とリアルタイム分析を可能にします。
スマートシティ:5Gとフォグネットワーキングは、都市環境のセンサーやデバイスを相互接続してインフラ、公共サービス、持続可能性を向上させるスマートシティの開発を推進しています。エッジでのリアルタイムデータ処理は、スマートシティをより効率的で応答性の高いものにするための基本です。遠隔モニタリング:ヘルスケアや農業などの業界では、5Gとフォグコンピューティングを遠隔監視アプリケーションに活用している。例えば、ヘルスケアプロバイダーは高速5G接続を利用して医療データを送信し、遠隔診断を行うことができ、農業従事者は作物や家畜をリアルタイムで監視することができます。
コンテンツ配信: 5G対応フォグネットワークは、効率的なコンテンツ配信をサポートします。エッジでのコンテンツ・キャッシングと配信により、ビデオ・ストリーミングやオンライン・サービスの待ち時間が短縮され、ユーザー・エクスペリエンスが向上します。セキュリティ:5Gはセキュリティ機能を向上させますが、フォグ・コンピューティングは、データをソースにより近い場所で処理することでセキュリティをさらに強化し、攻撃対象領域を縮小し、リアルタイムの脅威検出と対応を可能にします。5Gネットワークが世界的に拡大し続ける中、5Gテクノロジーとフォグコンピューティングの相乗効果により、業界全体のイノベーションが促進され、新しいアプリケーションが可能になり、ネットワークのエッジでデータが処理・利用される方法が変革されることが期待されます。このダイナミックなパートナーシップにより、フォグネットワーキングは、超高速、低遅延、高度に接続された無線通信の時代における極めて重要な要素として位置づけられます。
業界特有のアプリケーション
世界のフォグネットワーキング市場は、産業特化型アプリケーションの普及により、大きな盛り上がりを見せている。ネットワークのエッジでリアルタイムにデータを処理できるフォグ・コンピューティングは、さまざまな分野で変革をもたらす技術であることが証明されつつある。業界固有のアプリケーションは、さまざまな領域でフォグ・ネットワーキング・ソリューションの需要を促進し、ビジネスの運営やサービスの提供方法に革命をもたらしている。製造業とインダストリー4.0:製造業はフォグネットワーキング導入の最前線にいる。インダストリー4.0への取り組みでは、リアルタイムのモニタリング、予知保全、プロセスの最適化にフォグ・コンピューティングが活用されています。フォグネットワークにより、工場現場の機械やセンサーが自律的に通信や意思決定を行い、ダウンタイムを削減し、生産効率を高めることができます。
ヘルスケアヘルスケアでは、フォグ・コンピューティングは遠隔患者モニタリング、遠隔医療、病院運営に役立っている。エッジにある医療機器やセンサーが患者データを処理し、医療従事者に重要な決定を下すためのリアルタイム情報を提供することで、最終的に患者の治療が改善されます。輸送と自律走行車:フォグネットワーキングは、コネクテッドカーや自律走行などの輸送アプリケーションにとって極めて重要です。これらのシステムでは、リアルタイムの交通情報の更新、衝突回避、車車間通信のために低遅延通信が必要です。フォグ・ネットワークは様々なセンサーからのデータを処理し、乗客の安全と効率的な交通管理を実現します。
スマートシティ:フォグ・コンピューティングは、スマートシティ構想において中心的な役割を果たしている。交通管理、環境モニタリング、廃棄物管理、公共安全などのアプリケーションは、タイムリーなサービスを提供し、都市の持続可能性を高めるために、エッジ処理に依存しています。農業:精密農業では、土壌や気象データの分析、作物のモニタリング、自律型農業機械にフォグネットワーキングが活用されています。エッジ・デバイスが農場からデータを収集・処理することで、より効率的な資源配分と持続可能な農業が可能になります。
小売業小売分野では、フォグネットワーキングが在庫管理、パーソナライズされたマーケティング、顧客体験をサポートします。エッジのスマートシェルフ、ビーコン、カメラがデータを収集し、在庫レベルを最適化し、オーダーメイドのショッピング体験を提供します。エネルギーと公益事業:公益事業では、グリッド管理、エネルギー配給、再生可能エネルギーの統合にフォグ・コンピューティングを活用している。エッジデバイスは、電力網をリアルタイムで監視し、エネルギー消費を最適化し、エネルギーサービスの信頼性を高めるのに役立ちます。金融:金融機関は、リアルタイムの不正検知、アルゴリズム取引、顧客サービスのチャットボットにフォグネットワーキングを採用しています。エッジ処理によって金融データの迅速な分析が可能になり、意思決定とセキュリティが向上します。
教育:フォグ・コンピューティングは、教育分野における遠隔学習やキャンパスの安全性を向上させます。エッジにおけるスマート教室、IoTデバイス、監視カメラは、インタラクティブな教育とキャンパス・セキュリティ・アプリケーションをサポートします。エンターテイメントとゲーム:エッジコンピューティングは、ゲームやエンターテイメント体験を向上させます。フォグネットワークは、オンラインゲームの待ち時間を短縮し、ストリーミングサービスに低遅延のコンテンツ配信を提供し、没入型のAR(拡張現実)やVR(仮想現実)アプリケーションを実現します。
このような業界特有のアプリケーションでフォグコンピューティングの採用が増加していることは、フォグコンピューティングの多用途性と、さまざまな分野にもたらす具体的なメリットを浮き彫りにしています。技術の進歩が続き、各産業が独自の課題に対処するための革新的なソリューションを模索する中、フォグネットワーキングは、さまざまな領域で効率性、安全性、競争力を高める上で、ますます重要な役割を果たすようになると予想される。この傾向は、今後数年間、世界のフォグネットワーキング市場の成長に大きく寄与すると思われる。
セグメント別洞察
エンドユーザーアプリケーションの洞察
予測期間中、スマートメーターセグメントが市場を支配する。スマートメーターは、電気エネルギー単位の消費を記録し、電力供給元の電力会社に伝達する電子機器である。
世界中の多くの電力会社が、消費者のエネルギー消費を遠隔監視し、エネルギー消費の不正を防止するために、スマートメーターの導入を計画している。さらに、スマート・エネルギーとメーター・ソリューションは、企業にも家庭にも普及しつつある。スマートメーターが収集するデータは、消費者の行動、睡眠サイクル、家の占有率、食事の習慣などを推測するのに十分である。しかし、それを意味あるものにするためには、データをリアルタイムで分析する必要がある。
地域別の洞察
ほとんどのフォグネットワーキング企業が北米を拠点としているため、北米地域が世界フォグネットワーキング市場で最大のシェアを占めている。さらに、この地域で活動するほとんどのクラウドコンピューティングプロバイダーは、フォグネットワーキングのハードウェアおよびソフトウェアソリューションの提供をすでに開始しており、最新の技術に対応している。
シスコ、デル、インテル、マイクロソフトなどの企業が参加するOpenFog Consortiumは、世界中のハイテク企業や学術機関によるコンソーシアムで、さまざまな能力や分野でフォグコンピューティングの標準化と普及を目指している。フォグコンピューティングに関する知見を得るために、このコンソーシアムに参加する企業が増えている。
主要市場プレイヤー
アマゾン・ウェブ・サービス
シスコシステムズ
デル
IBMコーポレーション
インテル株式会社
マイクロソフト株式会社
ネビオロ・テクノロジーズ
ノキア株式会社
クアルコム株式会社
タタ・コンサルタンシー・サービシズ・リミテッド
レポートの範囲
本レポートでは、フォグネットワーキングの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- フォグネットワーキングの世界市場:コンポーネント別
o ハードウェア
ソフトウェア
o サービス
- フォグネットワーキングの世界市場:エンドユーザーアプリケーション別
o スマートメーター
o ビルおよびホームオートメーション
o スマート製造
o コネクテッドヘルスケア
o コネクテッド・ビークル
o その他
- フォグネットワーキングの世界市場、地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 韓国
 インドネシア
ヨーロッパ
 ドイツ
 イギリス
 フランス
 ロシア
 スペイン
o 南米
 ブラジル
 アルゼンチン
中東・アフリカ
 サウジアラビア
 南アフリカ
 エジプト
 UAE
 イスラエル
競争状況
企業プロフィール:世界のフォグネットワーキング市場に参入している主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
フォグネットワーキングの世界市場レポートは、与えられた市場データをもとに、Tech Sci Research社が企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.3. Markets Covered
1.4. Years Considered for Study
1.5. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Voice of Customers
5. Global Fog Networking Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Component (Hardware, Software, Service)
5.2.2. By Application (Smart Meter, Building and Home Automation, Smart Manufacturing)
5.2.3. By Region
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
6. North America Fog Networking Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Component
6.2.2. By Application
6.2.3. By Country
6.3. North America: Country Analysis
6.3.1. United States Fog Networking Market Outlook
6.3.1.1. Market Size & Forecast
6.3.1.1.1. By Value
6.3.1.2. Market Share & Forecast
6.3.1.2.1. By Component
6.3.1.2.2. By Application
6.3.2. Canada Fog Networking Market Outlook
6.3.2.1. Market Size & Forecast
6.3.2.1.1. By Value
6.3.2.2. Market Share & Forecast
6.3.2.2.1. By Component
6.3.2.2.2. By Application
6.3.3. Mexico Fog Networking Market Outlook
6.3.3.1. Market Size & Forecast
6.3.3.1.1. By Value
6.3.3.2. Market Share & Forecast
6.3.3.2.1. By Component
6.3.3.2.2. By Application
7. Asia-Pacific Fog Networking Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component
7.2.2. By Application
7.2.3. By Country
7.3. Asia-Pacific: Country Analysis
7.3.1. China Fog Networking Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Component
7.3.1.2.2. By Application
7.3.2. India Fog Networking Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Component
7.3.2.2.2. By Application
7.3.3. Japan Fog Networking Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecast
7.3.3.2.1. By Component
7.3.3.2.2. By Application
7.3.4. South Korea Fog Networking Market Outlook
7.3.4.1. Market Size & Forecast
7.3.4.1.1. By Value
7.3.4.2. Market Share & Forecast
7.3.4.2.1. By Component
7.3.4.2.2. By Application
7.3.5. Indonesia Fog Networking Market Outlook
7.3.5.1. Market Size & Forecast
7.3.5.1.1. By Value
7.3.5.2. Market Share & Forecast
7.3.5.2.1. By Component
7.3.5.2.2. By Application
8. Europe Fog Networking Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Application
8.2.3. By Country
8.3. Europe: Country Analysis
8.3.1. Germany Fog Networking Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Component
8.3.1.2.2. By Application
8.3.2. United Kingdom Fog Networking Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Component
8.3.2.2.2. By Application
8.3.3. France Fog Networking Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Component
8.3.3.2.2. By Application
8.3.4. Russia Fog Networking Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Component
8.3.4.2.2. By Application
8.3.5. Spain Fog Networking Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Component
8.3.5.2.2. By Application
9. South America Fog Networking Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Application
9.2.3. By Country
9.3. South America: Country Analysis
9.3.1. Brazil Fog Networking Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Component
9.3.1.2.2. By Application
9.3.2. Argentina Fog Networking Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Component
9.3.2.2.2. By Application
10. Middle East & Africa Fog Networking Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Application
10.2.3. By Country
10.3. Middle East & Africa: Country Analysis
10.3.1. Saudi Arabia Fog Networking Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Component
10.3.1.2.2. By Application
10.3.2. South Africa Fog Networking Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Component
10.3.2.2.2. By Application
10.3.3. UAE Fog Networking Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Component
10.3.3.2.2. By Application
10.3.4. Israel Fog Networking Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Component
10.3.4.2.2. By Application
10.3.5. Egypt Fog Networking Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Component
10.3.5.2.2. By Application
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenge
12. Market Trends & Developments
13. Company Profiles
13.1. Amazon Web Services, Inc.
13.1.1. Business Overview
13.1.2. Key Revenue and Financials
13.1.3. Recent Developments
13.1.4. Key Personnel
13.1.5. Key Product/Services
13.2. Cisco Systems, Inc.
13.2.1. Business Overview
13.2.2. Key Revenue and Financials
13.2.3. Recent Developments
13.2.4. Key Personnel
13.2.5. Key Product/Services
13.3. Dell Inc.
13.3.1. Business Overview
13.3.2. Key Revenue and Financials
13.3.3. Recent Developments
13.3.4. Key Personnel
13.3.5. Key Product/Services
13.4. IBM Corporation
13.4.1. Business Overview
13.4.2. Key Revenue and Financials
13.4.3. Recent Developments
13.4.4. Key Personnel
13.4.5. Key Product/Services
13.5. Intel Corporation
13.5.1. Business Overview
13.5.2. Key Revenue and Financials
13.5.3. Recent Developments
13.5.4. Key Personnel
13.5.5. Key Product/Services
13.6. Microsoft Corporation
13.6.1. Business Overview
13.6.2. Key Revenue and Financials
13.6.3. Recent Developments
13.6.4. Key Personnel
13.6.5. Key Product/Services
13.7. Nebbiolo Technologies
13.7.1. Business Overview
13.7.2. Key Revenue and Financials
13.7.3. Recent Developments
13.7.4. Key Personnel
13.7.5. Key Product/Services
13.8. Nokia Corporation
13.8.1. Business Overview
13.8.2. Key Revenue and Financials
13.8.3. Recent Developments
13.8.4. Key Personnel
13.8.5. Key Product/Services
13.9. Qualcomm Corporation
13.9.1. Business Overview
13.9.2. Key Revenue and Financials
13.9.3. Recent Developments
13.9.4. Key Personnel
13.9.5. Key Product/Services
14. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Fog Networking Market has valued at USD 253.81 Million in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 49.73% through 2028. The rising popularity of IoT in semiconductors, the growing need for smart consumer electronics and wearable devices, and the enhanced adoption of automation in industries and residences are some significant factors influencing the growth of the market.
Key Market Drivers
IoT Proliferation
The proliferation of the Internet of Things (IoT) is a compelling driver propelling the global fog networking market to new heights. IoT's explosive growth in recent years has created an unprecedented volume of data generated by countless interconnected devices. To effectively harness the potential of IoT and address its unique challenges, fog computing has emerged as a key enabler. Massive Data Generation: IoT devices, ranging from sensors in industrial machinery to smart home appliances, continuously produce vast amounts of data. Transmitting all this data to centralized cloud servers for processing is not only impractical but also leads to significant latency issues. Fog computing alleviates this by enabling data processing at the edge, reducing the need to transmit every data point to the cloud.
Real-Time Decision-Making: Many IoT applications require real-time decision-making, such as autonomous vehicles adjusting to changing road conditions or industrial equipment responding to anomalies. Fog computing brings computation closer to IoT devices, allowing for immediate data analysis and decision execution without relying on distant cloud servers, thereby significantly reducing latency. Bandwidth Efficiency: IoT devices often operate in environments with limited bandwidth, such as remote areas or crowded networks. Fog computing conserves bandwidth by processing data locally or semi-locally, ensuring that only relevant and pre-processed data is sent to the cloud, reducing congestion and optimizing network resources.
Data Privacy and Security: Certain IoT applications, such as healthcare and smart cities, involve sensitive data that must be handled securely and in compliance with regulations. Fog computing allows organizations to maintain control over their data, processing it locally or within trusted networks, enhancing data privacy and security. Scalability: As the number of IoT devices continues to grow, scalability becomes essential. Fog networks are highly scalable, allowing organizations to expand their edge computing capabilities to accommodate more devices and applications as needed.
Diverse Industry Applications: Fog computing's ability to address the unique requirements of various industries is a significant factor driving adoption. It finds applications in manufacturing for predictive maintenance, in agriculture for precision farming, in healthcare for remote patient monitoring, and in smart cities for traffic management and environmental monitoring, among many others.
Reduced Latency: Lower latency is crucial for applications like augmented reality (AR), virtual reality (VR), and gaming, where real-time interactions rely on minimal delays. Fog computing ensures that data processing occurs as close to the user or device as possible, minimizing latency. Edge AI Integration: The integration of artificial intelligence and machine learning at the edge is made feasible through fog computing. This enables IoT devices to make intelligent decisions locally, enhancing automation and efficiency. As the IoT ecosystem continues to expand across industries, fog networking's ability to provide low-latency, real-time data processing and secure, scalable infrastructure positions it as an indispensable technology, driving sustained growth in the global fog networking market.
Low Latency Requirements
Low latency requirements are a driving force behind the rapid growth of the global fog networking market. In an increasingly interconnected world where real-time data processing and instant decision-making are crucial, fog computing has emerged as a critical technology solution to meet these demands. Various industries and applications rely on fog networking to achieve ultra-low latency for improved performance and user experiences, Autonomous Vehicles: Self-driving cars require split-second decision-making to navigate safely. Fog computing enables onboard computers to process sensor data locally, reducing the time it takes to respond to changing road conditions.
Augmented Reality (AR) and Virtual Reality (VR): Immersive AR and VR experiences demand minimal latency to provide users with a seamless and realistic environment. Fog computing can process graphics, audio, and sensory data at the edge, eliminating perceptible delays. Industrial Automation: Manufacturing and industrial processes depend on real-time control and monitoring. Fog computing allows for instant analysis of sensor data, enabling predictive maintenance and process optimization while minimizing downtime. Gaming: Online gaming requires low latency to provide a smooth and responsive gaming experience. Fog networks can process game data closer to the players, reducing lag and enhancing competitiveness.
Financial Services: In the financial sector, milliseconds can make a significant difference in trading and financial transactions. Fog computing enables algorithmic trading systems to execute orders with minimal delay. Healthcare: In telemedicine and remote surgery applications, fog computing ensures that critical medical data is processed in real-time, allowing healthcare professionals to make timely and life-saving decisions. Public Safety: Law enforcement and emergency response agencies rely on real-time data from surveillance cameras and sensors to respond quickly to incidents. Fog computing enhances situational awareness by reducing data processing delays.
Edge AI: The integration of artificial intelligence and machine learning algorithms at the edge is facilitated by fog computing. This allows for real-time analysis of data, enabling intelligent decision-making at the edge without the need to transmit data to centralized servers. Content Delivery: Content providers use fog networks to cache and deliver content closer to end-users, reducing buffering and load times for videos, websites, and other online services. The demand for low-latency processing is driven by the need for faster response times, improved user experiences, and enhanced safety across these industries. Fog networking's ability to bring computational resources closer to data sources, reducing round-trip times to centralized data centers, positions it as a vital enabler of low-latency applications, and this is expected to drive continued growth in the global fog networking market.
Data Privacy and Security
Data privacy and security are paramount concerns driving the global fog networking market. As organizations increasingly rely on fog computing to process sensitive data at the edge of their networks, ensuring the confidentiality, integrity, and availability of this data becomes a critical imperative. Fog computing addresses data privacy concerns by allowing organizations to keep their sensitive data within their premises or closer to the source, rather than transmitting it to remote, centralized data centers. This localized data processing approach minimizes the risk of data exposure during transit, reducing the attack surface for potential cyber threats. For industries subject to stringent regulatory requirements, such as healthcare and finance, fog computing provides a means to maintain compliance by keeping sensitive data within controlled environments.
Moreover, fog networks often incorporate robust security measures. Encryption, access controls, and authentication mechanisms can be implemented at the edge to safeguard data from unauthorized access. Real-time threat detection and response capabilities are also bolstered through edge computing, as it allows for immediate processing of security events and rapid mitigation of potential breaches. The resilience of fog networks contributes further to data security. In the event of network disruptions or cyberattacks on cloud data centers, fog nodes can continue to function autonomously, ensuring continuous operation of critical applications. This redundancy enhances data availability and business continuity, reducing the impact of potential data breaches.
Additionally, the integration of advanced technologies like artificial intelligence (AI) and machine learning (ML) at the edge enables proactive threat detection and anomaly identification. This proactive approach enhances security by identifying and mitigating potential risks before they escalate into full-fledged security incidents. As data breaches and cyberattacks continue to pose significant threats to organizations worldwide, the demand for fog networking solutions that prioritize data privacy and security is expected to grow. Fog computing's ability to address these concerns while delivering low-latency, real-time processing makes it a compelling choice for businesses across various industries, ultimately propelling the global fog networking market forward.
Key Market Challenges
Interoperability Issues
Interoperability issues pose a significant challenge to the global fog networking market. Fog computing relies on the seamless integration of diverse devices, sensors, platforms, and applications at the edge of the network. However, achieving this interoperability can be complex, and its absence can hamper the adoption and effectiveness of fog computing solutions. Diverse Ecosystem: The fog computing ecosystem encompasses a wide range of devices, sensors, and software from various manufacturers and vendors. These components may use different communication protocols, data formats, and standards, making it difficult to ensure they can all work together harmoniously.
Lack of Standardization: The absence of standardized protocols and interfaces for fog computing hinders interoperability efforts. Without common standards, organizations often face the need to develop custom solutions or rely on vendor-specific technologies, resulting in vendor lock-in and compatibility challenges. Heterogeneous Environments: Fog networks are deployed in heterogeneous environments, including industrial settings, smart cities, healthcare facilities, and more. Each environment may have its unique requirements and constraints, further complicating interoperability efforts. Legacy Systems: Many organizations have existing legacy systems and equipment that they want to integrate with fog computing solutions. Ensuring that legacy systems can communicate effectively with modern fog nodes and applications can be a daunting task.
Data Integration: Fog computing often involves the integration of data from various sources, including sensors, IoT devices, and existing databases. Ensuring that data can be collected, processed, and shared seamlessly across these sources is a significant interoperability challenge. Communication Protocols: Edge devices may use different communication protocols, such as MQTT, CoAP, or HTTP, which can hinder data exchange and require translation layers or gateways to facilitate interoperability. Security Concerns: The integration of diverse components can introduce security vulnerabilities if not handled properly. Ensuring that all interconnected devices and systems adhere to security best practices is crucial for maintaining a secure fog computing environment.
Maintenance Complexity: Managing and maintaining a heterogeneous fog network with diverse components can be complex and resource intensive. Ensuring that software updates, patches, and security measures are consistently applied across the ecosystem is challenging. To overcome these interoperability challenges, industry stakeholders must collaborate on the development of open standards and protocols tailored to fog computing. The establishment of common interfaces and best practices can simplify integration efforts, reduce compatibility issues, and promote wider adoption of fog networking solutions. Additionally, organizations should carefully plan their fog computing deployments, considering their existing infrastructure and the specific requirements of their applications to mitigate interoperability challenges effectively.
Security Concerns
Security concerns pose a significant hurdle to the growth of the global fog networking market. While fog computing offers many advantages, such as reduced latency and enhanced data privacy, it also introduces a unique set of security challenges that can deter organizations from embracing this technology. Edge Vulnerabilities: Fog computing relies on edge devices, which are often dispersed and can be physically accessible to potential attackers. This accessibility increases the risk of unauthorized access, tampering, or theft of sensitive data, making edge nodes vulnerable points of attack.
Data Exposure: As data processing occurs closer to the data source, there's a potential for sensitive information to be exposed or intercepted at the edge. Protecting data in transit and at rest on edge devices is crucial to maintaining confidentiality. Lack of Uniform Security Standards: The absence of standardized security protocols and practices for fog computing can lead to inconsistent security implementations across different fog networks. This fragmentation can make it challenging to ensure a consistent and robust security posture. Limited Resources: Edge devices typically have limited computational resources, making it difficult to implement robust security measures such as encryption, access controls, and intrusion detection systems. Attackers may exploit these resource constraints to breach security.
Complexity of Management: Fog networks often involve a large number of edge devices and applications. Managing security across this distributed environment can be complex, requiring effective monitoring, patch management, and incident response capabilities. Integration with Cloud: Fog networks need to seamlessly integrate with centralized cloud infrastructure. This integration can introduce potential security gaps, as data transitions between the edge and the cloud. Ensuring secure data transmission and storage during these transitions is vital.
Insider Threats: Insiders with access to edge devices may pose a threat to data security. Organizations must implement strict access controls and monitor activities on edge devices to mitigate this risk. Regulatory Compliance: Fog computing deployments in regulated industries, such as healthcare and finance, must adhere to strict data protection and privacy regulations. Non-compliance can result in legal and financial repercussions, making security a top priority.
Network Vulnerabilities: Fog nodes are connected to networks, and any vulnerabilities in network security can affect the security of the entire fog network. Attacks like Distributed Denial of Service (DDoS) can disrupt edge operations.
Remote Locations: Edge devices deployed in remote or harsh environments may be challenging to physically secure and monitor, increasing the risk of unauthorized access. Addressing these security concerns is critical for the widespread adoption of fog networking. This requires robust security strategies, encryption of data at rest and in transit, continuous monitoring, regular security audits, and the development of standardized security frameworks specific to fog computing. Organizations must invest in security awareness and training for personnel involved in managing fog networks and remain vigilant in the face of evolving cyber threats to ensure the integrity, confidentiality, and availability of their data.
Key Market Trends
5G Deployment
The deployment of 5G networks is poised to be a driving force behind the global fog networking market. This fifth-generation wireless technology promises to revolutionize communication by providing unprecedented levels of speed, reliability, and low latency. As 5G networks become more widespread, they are fueling the demand for fog computing, which leverages these attributes to unlock new capabilities and applications across various industries. Low Latency Advantage: 5G networks are designed to deliver extremely low latency, reducing the time it takes for data to travel between devices and cloud servers. This is a fundamental advantage for fog networking, as it enables real-time processing and decision-making at the edge of the network. Applications like autonomous vehicles, augmented reality, and industrial automation benefit greatly from this low-latency infrastructure.
High Bandwidth: 5G offers significantly higher bandwidth compared to previous generations of wireless technology. This increased bandwidth facilitates the transfer of large volumes of data between edge devices and fog nodes, supporting high-definition video streaming, immersive AR/VR experiences, and other bandwidth-intensive applications. Massive IoT Connectivity: 5G is designed to support a massive number of IoT devices simultaneously. Fog computing plays a pivotal role in managing and processing the data generated by these devices at the edge, reducing the burden on centralized cloud resources and ensuring efficient data management.
Network Slicing: 5G introduces network slicing, allowing operators to create multiple virtual networks within a single physical infrastructure. Fog networking can leverage network slicing to allocate dedicated resources for specific applications or industries, optimizing performance and security. Edge Data Centers: With the low latency and high bandwidth of 5G, edge data centers are emerging as critical components of fog computing ecosystems. These data centers are strategically positioned at the edge of the network, enabling rapid data processing and real-time analytics.
Smart Cities: 5G and fog networking are driving the development of smart cities, where sensors and devices in urban environments are interconnected to improve infrastructure, public services, and sustainability. Real-time data processing at the edge is fundamental to making smart cities more efficient and responsive. Remote Monitoring: Industries like healthcare and agriculture are leveraging 5G and fog computing for remote monitoring applications. For instance, healthcare providers can use high-speed 5G connections to transmit medical data for remote diagnosis, while farmers can monitor crops and livestock in real-time.
Content Delivery: 5G-enabled fog networks support efficient content delivery. Content caching and distribution at the edge reduce latency for video streaming and online services, enhancing user experiences. Security: While 5G brings improved security features, fog computing enhances security further by processing data closer to the source, reducing the attack surface and enabling real-time threat detection and response. As 5G networks continue to expand globally, the synergy between 5G technology and fog computing is expected to drive innovation across industries, enable new applications, and transform the way data is processed and utilized at the edge of the network. This dynamic partnership positions fog networking as a pivotal element in the era of ultra-fast, low-latency, and highly connected wireless communication.
Industry-Specific Applications
The global fog networking market is experiencing a significant boost from the proliferation of industry-specific applications. Fog computing, with its ability to process data at the edge of the network in real-time, is proving to be a transformative technology in various sectors. Industry-specific applications are driving the demand for fog networking solutions across a range of domains, revolutionizing how businesses operate and deliver services. Manufacturing and Industry 4.0: The manufacturing sector is at the forefront of fog networking adoption. Industry 4.0 initiatives rely on fog computing for real-time monitoring, predictive maintenance, and process optimization. Fog networks enable machines and sensors on the factory floor to communicate and make decisions autonomously, reducing downtime and enhancing production efficiency.
Healthcare: In healthcare, fog computing is instrumental in remote patient monitoring, telemedicine, and hospital operations. Medical devices and sensors at the edge process patient data, providing healthcare professionals with real-time information to make critical decisions, ultimately improving patient care. Transportation and Autonomous Vehicles: Fog networking is pivotal for transportation applications, including connected vehicles and autonomous driving. These systems require low-latency communication for real-time traffic updates, collision avoidance, and vehicle-to-vehicle communication. Fog networks process data from various sensors, ensuring passenger safety and efficient traffic management.
Smart Cities: Fog computing plays a central role in smart city initiatives. Applications such as traffic management, environmental monitoring, waste management, and public safety rely on edge processing to deliver timely services and enhance urban sustainability. Agriculture: Precision agriculture leverages fog networking for soil and weather data analysis, crop monitoring, and autonomous farming equipment. Edge devices collect and process data from farms, enabling more efficient resource allocation and sustainable farming practices.
Retail: In the retail sector, fog networking supports inventory management, personalized marketing, and customer experiences. Smart shelves, beacons, and cameras at the edge collect data to optimize stock levels and deliver tailored shopping experiences. Energy and Utilities: Utilities utilize fog computing for grid management, energy distribution, and renewable energy integration. Edge devices help monitor power grids in real-time, optimize energy consumption, and enhance the reliability of energy services. Finance: Financial institutions employ fog networking for real-time fraud detection, algorithmic trading, and customer service chatbots. Edge processing enables rapid analysis of financial data, improving decision-making and security.
Education: Fog computing enhances remote learning and campus safety in the education sector. Smart classrooms, IoT devices, and surveillance cameras at the edge support interactive education and campus security applications. Entertainment and Gaming: Edge computing enhances gaming and entertainment experiences. Fog networks reduce latency for online gaming, provide low-latency content delivery for streaming services, and enable immersive augmented reality (AR) and virtual reality (VR) applications.
The increasing adoption of fog computing in these industry-specific applications highlights its versatility and the tangible benefits it brings to diverse sectors. As technology continues to advance and industries seek innovative solutions to address their unique challenges, fog networking is expected to play an increasingly vital role in driving efficiency, safety, and competitiveness across various domains. This trend will likely contribute significantly to the growth of the global fog networking market in the coming years.
Segmental Insights
End-user Application Insights
Smart Meter Segment to Dominate the market during the forecast period. A smart meter is an electronic device that records the consumption of electrical energy units and communicates it to the power company from which the power is supplied.
Many power companies across the world are planning to adopt smart meters to remotely monitor consumers' energy consumptions and to prevent fraudulent energy consumption. Moreover, smart energy and metering solutions are becoming more prevalent in both businesses and households. The data collected by smart meters is sufficient to draw inferences, such as the behavior, sleeping cycle, home occupancy, eating routines, etc. of the consumers. However, for it to make sense, the data needs to be analyzed in real-time.
Regional Insights
North America plays a significant role in the global Fog Networking market, The North American region occupies the largest share in the market, as most fog networking enterprises are based out of North America. Moreover, most cloud computing providers working in this region have already started offering fog networking hardware and software solutions, to stay up to date with the technology.
The OpenFog Consortium, which is a consortium of high-tech companies and academic institutions across the world, aiming at the standardization and promotion of fog computing in various capacities and fields, including companies like Cisco, Dell, Intel, and Microsoft, is also headquartered in the United States. More companies are joining this consortium, to gain insights about fog computing.
Key Market Players
Amazon Web Services, Inc.
Cisco Systems, Inc.
Dell Inc.
IBM Corporation
Intel Corporation
Microsoft Corporation
Nebbiolo Technologies
Nokia Corporation
Qualcomm Corporation
Tata Consultancy Services Limited
Report Scope:
In this report, the Global Fog Networking Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Global Fog Networking Market, By Component:
o Hardware
o Software
o Service
• Global Fog Networking Market, By End-user Application:
o Smart Meter
o Building and Home Automation
o Smart Manufacturing
o Connected Healthcare
o Connected Vehicle
o Other
• Global Fog Networking Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 South Korea
 Indonesia
o Europe
 Germany
 United Kingdom
 France
 Russia
 Spain
o South America
 Brazil
 Argentina
o Middle East & Africa
 Saudi Arabia
 South Africa
 Egypt
 UAE
 Israel
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Fog Networking Market.
Available Customizations:
Global Fog Networking Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.3. Markets Covered
1.4. Years Considered for Study
1.5. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Voice of Customers
5. Global Fog Networking Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Component (Hardware, Software, Service)
5.2.2. By Application (Smart Meter, Building and Home Automation, Smart Manufacturing)
5.2.3. By Region
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
6. North America Fog Networking Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Component
6.2.2. By Application
6.2.3. By Country
6.3. North America: Country Analysis
6.3.1. United States Fog Networking Market Outlook
6.3.1.1. Market Size & Forecast
6.3.1.1.1. By Value
6.3.1.2. Market Share & Forecast
6.3.1.2.1. By Component
6.3.1.2.2. By Application
6.3.2. Canada Fog Networking Market Outlook
6.3.2.1. Market Size & Forecast
6.3.2.1.1. By Value
6.3.2.2. Market Share & Forecast
6.3.2.2.1. By Component
6.3.2.2.2. By Application
6.3.3. Mexico Fog Networking Market Outlook
6.3.3.1. Market Size & Forecast
6.3.3.1.1. By Value
6.3.3.2. Market Share & Forecast
6.3.3.2.1. By Component
6.3.3.2.2. By Application
7. Asia-Pacific Fog Networking Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component
7.2.2. By Application
7.2.3. By Country
7.3. Asia-Pacific: Country Analysis
7.3.1. China Fog Networking Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Component
7.3.1.2.2. By Application
7.3.2. India Fog Networking Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Component
7.3.2.2.2. By Application
7.3.3. Japan Fog Networking Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecast
7.3.3.2.1. By Component
7.3.3.2.2. By Application
7.3.4. South Korea Fog Networking Market Outlook
7.3.4.1. Market Size & Forecast
7.3.4.1.1. By Value
7.3.4.2. Market Share & Forecast
7.3.4.2.1. By Component
7.3.4.2.2. By Application
7.3.5. Indonesia Fog Networking Market Outlook
7.3.5.1. Market Size & Forecast
7.3.5.1.1. By Value
7.3.5.2. Market Share & Forecast
7.3.5.2.1. By Component
7.3.5.2.2. By Application
8. Europe Fog Networking Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.2. By Application
8.2.3. By Country
8.3. Europe: Country Analysis
8.3.1. Germany Fog Networking Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Component
8.3.1.2.2. By Application
8.3.2. United Kingdom Fog Networking Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Component
8.3.2.2.2. By Application
8.3.3. France Fog Networking Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Component
8.3.3.2.2. By Application
8.3.4. Russia Fog Networking Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Component
8.3.4.2.2. By Application
8.3.5. Spain Fog Networking Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Component
8.3.5.2.2. By Application
9. South America Fog Networking Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.2. By Application
9.2.3. By Country
9.3. South America: Country Analysis
9.3.1. Brazil Fog Networking Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Component
9.3.1.2.2. By Application
9.3.2. Argentina Fog Networking Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Component
9.3.2.2.2. By Application
10. Middle East & Africa Fog Networking Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.2. By Application
10.2.3. By Country
10.3. Middle East & Africa: Country Analysis
10.3.1. Saudi Arabia Fog Networking Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Component
10.3.1.2.2. By Application
10.3.2. South Africa Fog Networking Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Component
10.3.2.2.2. By Application
10.3.3. UAE Fog Networking Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Component
10.3.3.2.2. By Application
10.3.4. Israel Fog Networking Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Component
10.3.4.2.2. By Application
10.3.5. Egypt Fog Networking Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Component
10.3.5.2.2. By Application
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenge
12. Market Trends & Developments
13. Company Profiles
13.1. Amazon Web Services, Inc.
13.1.1. Business Overview
13.1.2. Key Revenue and Financials
13.1.3. Recent Developments
13.1.4. Key Personnel
13.1.5. Key Product/Services
13.2. Cisco Systems, Inc.
13.2.1. Business Overview
13.2.2. Key Revenue and Financials
13.2.3. Recent Developments
13.2.4. Key Personnel
13.2.5. Key Product/Services
13.3. Dell Inc.
13.3.1. Business Overview
13.3.2. Key Revenue and Financials
13.3.3. Recent Developments
13.3.4. Key Personnel
13.3.5. Key Product/Services
13.4. IBM Corporation
13.4.1. Business Overview
13.4.2. Key Revenue and Financials
13.4.3. Recent Developments
13.4.4. Key Personnel
13.4.5. Key Product/Services
13.5. Intel Corporation
13.5.1. Business Overview
13.5.2. Key Revenue and Financials
13.5.3. Recent Developments
13.5.4. Key Personnel
13.5.5. Key Product/Services
13.6. Microsoft Corporation
13.6.1. Business Overview
13.6.2. Key Revenue and Financials
13.6.3. Recent Developments
13.6.4. Key Personnel
13.6.5. Key Product/Services
13.7. Nebbiolo Technologies
13.7.1. Business Overview
13.7.2. Key Revenue and Financials
13.7.3. Recent Developments
13.7.4. Key Personnel
13.7.5. Key Product/Services
13.8. Nokia Corporation
13.8.1. Business Overview
13.8.2. Key Revenue and Financials
13.8.3. Recent Developments
13.8.4. Key Personnel
13.8.5. Key Product/Services
13.9. Qualcomm Corporation
13.9.1. Business Overview
13.9.2. Key Revenue and Financials
13.9.3. Recent Developments
13.9.4. Key Personnel
13.9.5. Key Product/Services
14. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(automation)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る