世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域のビデオストリーミングソフトウェア市場は、コンポーネント別(ソリューション(トランスコーディング&プロセッシング、ビデオ配信&配信、ビデオ分析、ビデオ管理、ビデオセキュリティ、その他)、サービス別(プロフェッショナル、マネージド))、ストリーミングタイプ別(ビデオオンデマンドストリーミング、ライブストリーミング)、展開タイプ別(オンプレミス、クラウド)、エンドユーザー別(ブロードキャスター、事業者&メディア、企業、教育、ヘルスケア、その他)、国別、競合別、予測&機会、2018-2028Fで区分されます。


Asia-Pacific Video Streaming Software Market Segmented by Component (Solutions (Transcoding & Processing, Video Delivery & Distribution, Video Analytics, Video Management, Video Security, Other), Services (Professional, Managed)), By Streaming Type (Video On-demand Streaming, Live Streaming), By Deployment Type (On-Premise, Cloud), By End User (Broadcaster, Operators & Media, Enterprises, Education, Healthcare, and Others), By Country, By Competition, Forecast & Opportunities, 2018-2028F

アジア太平洋地域の動画ストリーミングソフトウェア市場は2022年に30億7000万米ドルと評価され、予測期間中のCAGRは18.43%で成長している。アジア太平洋地域は、世界のビデオストリーミングソフトウェア市場にお... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,400
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
130 英語

 

サマリー

アジア太平洋地域の動画ストリーミングソフトウェア市場は2022年に30億7000万米ドルと評価され、予測期間中のCAGRは18.43%で成長している。アジア太平洋地域は、世界のビデオストリーミングソフトウェア市場において、近年著しい成長と変貌を遂げ、強豪として台頭してきた。このダイナミックな市場は、この地域の中間層の急速な拡大、インターネット普及率の上昇、スマートフォンと手頃な価格のデータプランの普及など、いくつかの重要な要因によって牽引されてきた。これらの要因によって、動画ストリーミング・サービスの導入が促進され、動画ストリーミング・ソフトウェアの需要が急増している。アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場の顕著な促進要因の1つは、消費者の行動や嗜好の変化である。従来のテレビは、オンデマンドでパーソナライズされた便利なストリーミング・オプションに徐々に取って代わられつつある。消費者は特定の関心に対応したコンテンツを求めており、ビデオ・ストリーミング・ソフトウェアによって、コンテンツ・プロバイダーは映画やテレビ番組からライブ・スポーツやユーザー作成コンテンツまで、幅広いコンテンツを配信し、いつでもどこからでもアクセスできるようになった。このような消費習慣の変化は、ローカル・ストリーミング・プラットフォームとグローバル・ストリーミング・プラットフォームの成長に拍車をかけ、各プラットフォームはこの有利な市場のシェアを争っている。
さらに、アジア太平洋地域は文化の多様性で知られており、動画ストリーミング・ソフトウェアは、地域内の多様な文化コンテンツの促進と保存に極めて重要な役割を果たしている。現地のコンテンツ制作者や放送局は、言語や地理的な障壁を越えて世界中の視聴者にリーチするために、こうしたプラットフォームをますます利用するようになっている。この傾向は、異文化交流を促進するだけでなく、ローカライズされたコンテンツの創出を促し、世界のストリーミング・エコシステムの充実に貢献している。文化的多様性に加え、アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場は、大手から新興企業までさまざまなプレーヤーによる激しい競争が特徴である。Netflix、Amazon Prime Video、Disney+といった世界的なストリーミング大手は、この地域の計り知れない成長の可能性を認識し、多額の投資を行っている。同時に、Tencent Video、iQIYI、Hotstar(現在はDisney+ Hotstarとして再ブランド化)などの国産プラットフォームは、地域の嗜好や嗜好に応えることで、市場でかなりのシェアを獲得している。このような競争環境は、コンテンツ配信、価格設定モデル、ユーザー体験の革新につながり、最終的に消費者に利益をもたらしている。
しかし、アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場には課題も残っている。コンテンツの違法コピーに関連する問題、国によって異なるインターネットインフラ、規制の複雑さなどは、市場参加者が乗り越えなければならないハードルの一部です。コンテンツの違法コピーは、著作権で保護された素材の違法なストリーミングやダウンロードによって、合法的なストリーミングサービスの収益の可能性が損なわれており、依然として大きな懸念事項となっています。業界関係者は、技術の進歩や法執行機関との協力を通じて、海賊行為撲滅に継続的に取り組んでいます。アジア太平洋地域におけるもう一つの課題は、国によってイ ンターネットインフラと接続性に格差があることです。都市部では高速インターネットアクセスを誇る地域もありますが、農村部や遠隔地では限られた接続性で苦労することも少なくありません。このデジタルデバイドは、十分なサービスを受けていない地域へのストリーミングサービスの拡大を妨げ、その成長の可能性を制限する可能性がある。この問題に対処するため、政府や民間企業はブロードバンドインフラの拡大とデジタルデバイドの解消に投資している。さらに、アジア太平洋地域では、国によって法律や規制が異なるため、規制の状況をナビゲートすることが複雑になる可能性がある。コンテンツ検閲、データプライバシー、税制の方針は国ごとに異なるため、複数の市場で事業を展開しようとするストリーミング・プラットフォームにとっては難題となる。企業は、法的問題を回避し、好意的な評判を維持するために、慎重な法規制の遵守に取り組まなければならない。
結論として、アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場は、消費者の嗜好の変化、文化の多様性、競争の激化に後押しされ、活気に満ちた急速に進化するエコシステムである。同地域がデジタルトランスフォーメーションを受け入れ続ける中、市場は持続的な成長が見込まれ、バリューチェーン全体のプレーヤーにチャンスと課題の両方をもたらす。このダイナミックな情勢で成功するためには、企業はアジア太平洋地域の動画ストリーミング市場の巨大な可能性を効果的に利用するために、革新、適応、現地パートナーとの協力が必要となる。課題が存在する一方で、アジア太平洋地域の技術の進歩と相まって、広大で多様な視聴者の魅力は、アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場を、成長と革新のための刺激的で有望な舞台にしている。
主な市場牽引要因
インターネット普及率とスマートフォン普及率の上昇:
アジア太平洋地域では近年、インターネットの普及率とスマートフォンの普及率がかつてないほど急上昇しており、これが同地域における動画ストリーミング・ソフトウェア市場の急成長を支える最重要要因となっている。アジア太平洋諸国の都市化と近代化が進むにつれ、主にスマートフォンを通じてインターネットにアクセスする個人の数が著しく増加している。この現象は、動画ストリーミング・サービス・プロバイダーやソフトウェア開発者にとって、大きなビジネスチャンスをもたらしている。アジア太平洋地域の数百万人にとって、インターネット接続は贅沢品から必需品へと進化し、消費者はモバイル機器で高品質の動画コンテンツをストリーミングできるようになりました。賑やかな都市部でも、人里離れた農村部でも、手頃な価格のデータプランが利用できるようになったことで、動画ストリーミングは日常生活に欠かせないものとなりました。このような消費者行動の変化により、場所やデバイスに関係なくユーザーにシームレスで高品質なコンテンツを提供する動画ストリーミング・ソフトウェアの需要が高まっています。
このようなユーザーベースの拡大に対応するため、動画ストリーミング・プラットフォームは、低帯域幅でもスムーズなストリーミング体験を保証するソフトウェアの最適化に多額の投資を行っている。さらに、スマートフォン・メーカーは、ビデオ・ストリーミング体験をさらに向上させるため、より大きな画面、優れたディスプレイ、強化されたオーディオ機能をデバイスに装備している。インターネットの普及とスマートフォンの普及が続けば、アジア太平洋地域のビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場は成長するだろう。
コンテンツのローカライゼーションと多様な文化的嗜好:
アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場に拍車をかけているもう一つの重要な原動力は、同地域の豊かな文化的多様性とコンテンツのローカライゼーション重視の高まりである。アジア太平洋地域には多数の国があり、それぞれが独自の言語、伝統、エンターテインメントの嗜好を持っています。多くのユーザーを獲得し、維持するためには、動画ストリーミング・プラットフォームは、これらの多様な嗜好に対応できるよう、提供するコンテンツを調整する必要がある。ストリーミングサービスは、現地の視聴者の共感を得られるコンテンツを制作し、ライセンスを供与することの重要性を認識している。これには、コンテンツをさまざまな言語に翻訳するだけでなく、視聴者の嗜好に影響を与える文化的なニュアンスを理解することも含まれる。iQIYI、Tencent Video、Hotstarのような国産ストリーミング大手は、この点で優れており、映画、テレビ番組、ライブスポーツなど、幅広い地域のコンテンツを提供し、それぞれの市場で競争力を獲得している。さらに、これらのプラットフォームは、地域のコン テンツクリエイターや制作スタジオとのパートナーシップを育み、地域に特化したコンテンツ・ライブラリーをさらに充実させている。こうしたローカライズ戦略の成功は、加入者数とユーザーエンゲージメントを強化し、アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場でコンテンツのローカライズが果たす極めて重要な役割を実証している。
競争の激化とイノベーション:
アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場は、熾烈な競争の場となっており、世界的な大手ストリーミング・ソフトウェア・プロバイダーと、覇権を争うローカル・プレイヤーの両方が参入している。この熾烈な競争は、継続的な技術革新のサイクルを促進し、ストリーミング体験の向上とコンテンツの幅広い選択肢によって消費者に利益をもたらしている。Netflix、Amazon Prime Video、Disney+といったグローバル・ストリーミング大手は、アジア太平洋地域の巨大な成長の可能性を認識し、市場のかなりのシェアを獲得するために多額の投資を行ってきた。彼らは、高品質の制作価値と膨大な国際的コンテンツ・ライブラリーを提供し、互いに競争するだけでなく、現地のプラットフォームとも競争している。
このような競争環境に対応するため、ストリーミング・プラットフォームは、人工知能(AI)や機械学習(ML)などの最先端技術に投資し、コンテンツの推薦をパーソナライズし、ビデオの品質を向上させ、全体的なユーザー体験を強化している。さらに、革新的な価格設定モデル、通信会社との提携、独占コンテンツ契約を模索し、加入者の獲得と維持に努めている。ローカル・プラットフォームもまた、地域コンテンツ、地域イベントのライブ・ストリーミング、ユーザーを惹きつけるインタラクティブ機能に注力することで、この課題に立ち向かおうとしている。こうした熾烈な競争が、アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場を新たな高みへと押し上げ、業界における継続的なイノベーションの文化を醸成している。
規制支援と市場拡大:
アジア太平洋地域の政府や規制機関は、動画ストリーミング・ソフトウェア市場の経済的可能性をますます認識し、その成長を促進するための支援やインセンティブを提供しています。このような規制の後ろ盾は、業界のプレーヤーにとって有利な環境を形成する上で大きな力となっている。政府がこの業界を支援する重要な方法のひとつは、デジタルインフラを改善し、都市部と農村部の両方でブロードバンド接続を促進することである。このインフラ整備によって、より多くの人々が高速インターネットにアクセスできるようになり、動画ストリーミング・サービスの潜在的なユーザー層が拡大する。
さらに、各国政府はコンテンツのライセンス供与と配信を合理化する政策に取り組んでおり、ストリーミング・プラットフォームが加入者に多種多様なコンテンツを提供しやすくしている。また、国内外のプレーヤーが現地のメディア・エンターテインメント部門に投資できるよう、税制優遇措置や投資機会を導入している国もある。さらに、ストリーミング・プラットフォームと伝統的な放送事業者、スポーツ・リーグや組織とのパートナーシップは、規制当局の支援を受けている。こうした提携により、ストリーミング・サービスは人気スポーツイベントやその他のコンテンツの独占放送権を確保できるようになり、より幅広い視聴者を惹きつけ、加入を促進することができるようになった。
主な市場課題
コンテンツの違法コピーと著作権侵害:
アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場を悩ませる最も重大な課題の1つは、コンテンツの違法コピーと著作権侵害の横行です。同地域では、動画ストリーミングサービスの需要が急増し続けているため、著作権で保護されたコンテンツの違法な配信や消費も後を絶ちません。コンテンツの違法コピーは、合法的なストリーミングプラットフォームの収益源に深刻な脅威をもたらすだけでなく、メディアおよびエンターテインメント業界全体の健全性をも損ないます。コンテンツの違法コピーは、著作権で保護された映画、テレビ番組、スポーツイベント、および音楽の無許可のストリーミング、ダウンロード、および配信など、さまざまな形態をとります。このような違法行為は、多数のウェブサイト、アプリ、およびプラットフォームによって助長され、これらのプラットフォームは比較的平然と運営されているため、当局がこの問題を効果的に抑制することは困難です。政府や業界関係者は海賊行為撲滅のための措置を講じていますが、海賊が摘発を逃れるために使用する手法が常に進化しているため、海賊行為は依然として根強い課題となっています。
アジア太平洋地域におけるコンテンツ違法コピーの主な原動力の1つは、海賊版コンテンツをホストする安価または無料のストリーミングプラットフォームが広く利用可能であることです。これらのプラットフォームは、定額料金なしで幅広い映画やテレビ番組を提供することでユーザーを魅了し、正規のサービスから視聴者を遠ざけています。さらに、海賊版コンテンツへのアクセスのしやすさ、多くの場合ユーザーフレンドリーなインターフェースと最小限の広告が、消費者をさらに誘惑する。さらに、海賊版サイトの多くは、正規のストリーミングプラットフォームの外観や操作性を模倣しているため、違法コンテンツにアクセスしていることに気づかないユーザーもいる。このような認識の欠如は、無防備な視聴者が著作権侵害に不注意に参加することにつながり、海賊版問題を不注意に助長する可能性があります。
デジタルデバイドとさまざまなインターネットインフラ:
アジア太平洋地域のビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場が直面するもう1つの大きな課題は、デジタルデバイド(情報格差)であり、同地域内の国や地域によってインターネットインフラのレベルが異なることです。都市部では高速ブロードバンド接続を享受できる地域もあるが、地方や遠隔地ではインターネットへのアクセスが制限され、苦戦を強いられている地域も多い。このデジタルデバイドは、動画ストリーミングサービスの普及と利用に格差を生み、市場の成長性を阻害している。デジタルデバイドは、信頼性の高い高速インターネットに必要なインフラが不足している後進国や遠隔地で特に顕著である。不十分なブロードバンド接続、時代遅れのネットワーク・インフラ、地理的な課題などが、インターネット・アクセスの偏在の原因となっている。その結果、これらの地域の人口の大部分は、動画ストリーミング・サービスへのアクセスを含め、デジタル経済に完全に参加することができない。
動画ストリーミング・ソフトウェア・プロバイダーにとって、これは、需要とインフラが不均等な市場をナビゲートしなければならないという課題をもたらす。都市の中心部は、強力なインターネット接続を備えた有利な顧客基盤を提供するかもしれないが、地方や接続の少ない地域への拡大は、論理的にも経済的にも困難な場合がある。さらに、帯域幅が限られた地域で高品質のストリーミング体験を提供することは、技術的な課題でもある。デジタルデバイドに対処するには、政府と民間部門が協力して、十分なサービスが提供されていない地域へのブロードバンドインフラの拡大に投資する必要がある。5Gネットワークの開発、光ファイバーケーブルの敷設、地方におけるWi-Fiホットスポットの設置などの取り組みは、接続ギャップを埋めるのに役立つ。
主な市場動向
ライブ・ストリーミングとインタラクティブ・コンテンツ:
ライブ・ストリーミングとインタラクティブ・コンテンツは、アジア太平洋地域のビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場における重要なトレンドとして浮上しており、視聴者がビデオ・コンテンツに関与する方法を再構築している。同地域では、ゲーム、eスポーツ、エンターテインメント、教育など、さまざまなカテゴリーでライブストリーミングが急増している。ライブストリーミングはリアルタイムのインタラクションを提供し、視聴者のコミュニティ意識とエンゲージメントを育む。ライブ・ストリーミングの人気の背景には、ソーシャルメディア・プラットフォームやライブ・ストリーミング専用プラットフォームの台頭があり、コンテンツ制作者がライブ・イベントを放送したり、体験を共有したり、視聴者とリアルタイムでつながったりできるようになっている。これらのプラットフォームは、チャットルーム、ライブコメント、バーチャルギフトなどの機能を提供し、ダイナミックでインタラクティブな視聴体験を生み出している。
ゲームやeスポーツの分野では、ライブストリーミングが主要な収益源となっており、プロゲーマーやコンテンツクリエイターが何百万人もの視聴者に向けてゲームプレイを放送している。アジア太平洋地域で開催される主要なトーナメントやeスポーツ・イベントは、大規模なオンライン視聴者を引きつけており、ライブ・ストリーミング・プラットフォームは、しばしばリアルタイムの解説や分析を伴って、こうしたイベントへの独占的なアクセスを提供している。エンターテインメント企業もまた、ファンとの交流や新作のプロモーションのためにライブストリーミングを活用している。音楽コンサート、映画のプレミア上映、有名人のインタビューなどの生中継が増えており、ファンはお気に入りのアーティストやスターに参加し、交流することができる。同様に、教育機関や専門家もライブストリーミングを利用してウェビナー、オンラインコース、仮想会議を実施し、遠隔学習や知識の共有を促進している。
ライブ・ストリーミングの台頭は、ビデオ・ストリーミング・ソフトウェア・プロバイダーにとってチャンスであると同時に課題でもある。低遅延、アダプティブ・ビットレート、スケーラビリティといったライブ・ストリーミングの技術的要求を満たすことは、視聴者にシームレスな体験を保証する上で極めて重要です。さらに、リアルタイムチャットやバーチャルギフトのようなインタラクティブ機能をストリーミングプラットフォームに統合することは、競争上の差別化要因となっている。
オリジナルコンテンツの制作とライセンシング:
ストリーミング・プラットフォームが独占的で高品質のコンテンツを提供することで加入者の獲得と維持を競う中、オリジナル・コンテンツの制作とライセンシングはアジア太平洋地域のビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場で支配的なトレンドとなっている。この地域の多様でダイナミックなエンターテインメントの状況は、地元で制作されたコンテンツの急増につながり、地域の嗜好や好みに応えようとするストリーミングサービスの焦点となっている。Netflix、Amazon Prime Video、Disney+といった世界的なストリーミングサービス大手は、オリジナルコンテンツの重要性を認識し、地域限定の映画、テレビ番組、シリーズの制作やライセンス供与に多額の投資を行っている。現地のタレント、制作スタジオ、コンテンツクリエイターと協力することで、これらのプラットフォームはアジア太平洋諸国の視聴者に響くコンテンツを制作している。
同時に、iQIYI、Tencent Video、Hotstar(現Disney+ Hotstar)といった国産のストリーミング・プラットフォームも、オリジナル・コンテンツの制作に積極的に投資している。これらのプラットフォームは、新シリーズを委託したり、地元の有名人とコラボレートしたり、地域の人気コンテンツの権利を獲得したりしている。こうしたアプローチは、混雑した市場で目立つだけでなく、加入者の増加やロイヤリティの向上にもつながっている。アジア太平洋地域のオリジナル・コンテンツのトレンドは、視聴者の多様性を反映している。例えば、歴史ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、ボリウッドにインスパイアされたコンテンツは、絶大な人気と国際的な知名度を獲得している。こうしたジャンルの成功は、ストリーミング・プラットフォームに新たな創造的領域の開拓を促し、コンテンツ制作における革新と競争を促進した。
オリジナル・コンテンツの普及は、動画ストリーミング・ソフトウェア・プロバイダーにとって大きなチャンスを生み出した。これらのプロバイダーは、多様なタイプのコンテンツに特有の技術的要件やフォーマット要件に対応できるよう、自社のソフトウェアを適応させなければならない。例えば、4Kまたはそれ以上の解像度でのストリーミング、複数のオーディオトラックと字幕のサポート、さまざまなネットワーク条件に対応するアダプティブ・ストリーミングは不可欠な機能である。さらに、ストリーミング・プラットフォームが幅広いデバイスで視聴者にシームレスにコンテンツを配信することを目指しているため、クロスプラットフォームの互換性とコンテンツ配信の最適化が重要になります。マルチデバイス同期、コンテンツ推薦アルゴリズム、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)統合などのソリューションを提供するストリーミング・ソフトウェア・プロバイダーは、ますます需要が高まっています。
マルチプラットフォームとクロスデバイス・ストリーミング:
マルチプラットフォーム・クロスデバイス・ストリーミングのトレンドは、消費者の行動や嗜好の変化を反映し、アジア太平洋地域のビデオ・ストリーミング・ソフトウェア市場を再構築しています。この地域の視聴者は、もはや従来のテレビでコンテンツを視聴することにとらわれず、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、スマートテレビ、ゲーム機など、幅広いデバイスでストリーミングサービスにアクセスできる柔軟性を求めている。インターネットに接続されたデバイスの普及と高速インターネットの利用可能性により、ユーザーは自分の好きなスクリーンで、自分の都合に合わせてビデオコンテンツを視聴することができるようになった。この傾向は、ストリーミング・プラットフォームに、さまざまなプラットフォームやオペレーティング・システム向けの、多機能でユーザーフレンドリーなアプリケーションの開発への投資を促している。
アジア太平洋地域では、モバイル機器、特にスマートフォンがコンテンツ消費の主要な手段となっている。モバイル機器向けに最適化されたストリーミング・アプリは、外出先でのエンターテインメントを提供し、通勤者や学生、従来のテレビサービスへのアクセスが限られている遠隔地のユーザーにとって定番となっている。モバイル・ストリーミングの利便性は、短編動画や縦型動画フォーマットなど、モバイル専用のコンテンツや機能の創出につながった。同時に、スマートテレビが普及し、視聴者は自宅で映画体験を楽しむことができるようになった。ストリーミング・ソフトウェア・プロバイダーは、自社のプラットフォームが幅広いスマートテレビに対応し、音声コントロール、4Kストリーミング、統合アプリストアなどの機能を提供してスマートテレビの視聴体験を向上させることを保証しなければならない。
セグメント別インサイト
ソリューションインサイト
ソリューション別では、アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場において動画分析分野が優位を占めており、この優位性は予測期間を通じて続くと予想される。この優位性は、デジタル時代におけるデータ主導の洞察の重要性の高まりに起因している。動画解析ソリューションは、動画ストリームから貴重な情報を抽出する強力な手段を提供し、企業が十分な情報に基づいた意思決定を行い、ユーザー体験を向上させることを可能にします。これらのソリューションには、リアルタイムのコンテンツ分析、視聴者のエンゲージメント追跡、コンテンツ推奨アルゴリズムなど、さまざまな機能が含まれています。アジア太平洋地域の企業は、コンテンツ配信と収益化戦略を最適化するためにデータを活用することの重要性をますます認識するようになっており、動画分析ツールは不可欠なものとなっています。動画分析ツールは、ストリーミング・プラットフォームやコンテンツ・プロバイダーが、提供するコンテンツをカスタマイズし、コンテンツの発見力を向上させ、ユーザーにパーソナライズされた体験を提供することで、最終的に顧客維持と持続的な市場リーダーシップを確保できるようにします。
エンドユーザーの洞察
エンドユーザー別に見ると、アジア太平洋地域の動画ストリーミング・ソフトウェア市場では、ヘルスケア分野が圧倒的なシェアを占めており、この優位性は予測期間を通じて続くと予測されている。この傾向は、特にCOVID-19の大流行をきっかけに、遠隔医療や遠隔医療サービスの導入が加速し、医療業界における技術の変革的な影響を反映している。ビデオ・ストリーミング・ソフトウェアは、医療提供者にとって非常に貴重なツールとなり、バーチャルな診察、医療トレーニング、患者の遠隔モニタリングなどを可能にした。医療における安全で信頼性の高いビデオ・ストリーミング・ソリューションの需要は、医療専門家、患者、医療施設間のリアルタイム・コミュニケーションの必要性によってもたらされている。さらに、同地域では人口動態の変化と高齢化が進んでいるため、医療提供者はビデオ・ストリーミングを活用することで、リーチを拡大し、医療サービスを効率的に提供し、患者の転帰を改善する傾向が強まっている。アジア太平洋地域の医療が進化を続ける中、この分野における動画ストリーミング・ソフトウェアの優位性は今後も続き、同地域全域の患者にとって、アクセスの利便性と医療の質の向上が期待される。
各国の洞察
アジア太平洋地域のビデオストリーミングソフトウェア市場では、中国が圧倒的な優位性を示しており、この優位性は予測期間を通じて持続すると予測されている。中国がこの地域の動画ストリーミング市場において重要な役割を担っている背景には、いくつかの要因がある。第一に、中国はデジタル・エンターテインメントへの飽くなき欲求を持つ膨大な人口を誇り、ストリーミング・プラットフォームが繁栄するための肥沃な土壌となっている。Tencent Video、iQIYI、Youku Tudouのような国産大手は、この膨大なユーザーベースを活用し、業界で最も影響力のあるプレーヤーとなっている。第二に、中国の技術革新とインフラ整備へのコミットメントが、その地位を大幅に強化した。同国は4Gと5Gのネットワークを急速に拡大し、高速インターネットアクセスを広く確保している。これは、スマートフォンやスマートTVの普及と相まって、シームレスな動画ストリーミング体験を助長する環境を作り出した。
さらに、中国のストリーミング・プラットフォームは、コンテンツのローカライズに注力するだけでなく、オリジナル・コンテンツの制作にも多額の投資を行っており、国内の多様な嗜好に対応している。中国のドラマ、バラエティ番組、リアリティ番組の成功は、これらのプラットフォームを業界の最前線に押し上げた。さらに、コンテンツクリエイター、映画スタジオ、スポーツ団体との戦略的パートナーシップは、中国の優位性をさらに強固なものにしている。アジア太平洋地域の動画ストリーミング市場が進化を続ける中、中国の革新的な精神、強固なインフラ、幅広いユーザー基盤は、このダイナミックで競争の激しい状況において、引き続き覇権を握ることを確実にしている。
主要市場プレイヤー
IBMコーポレーション
Kaltura Inc.
Brightcove Inc.
Wowza Media Systems, LLC
Kollective Technology, Inc.
Cloudinary Ltd.
Dacast Asia Pacific Limited
OBS スタジオ
マイクロソフト株式会社
アカマイ・テクノロジーズ・インク
レポートの範囲
本レポートでは、アジア太平洋地域のビデオストリーミングソフトウェア市場を以下のカテゴリーに分類しています:
- アジア太平洋地域のビデオストリーミングソフトウェア市場、コンポーネント別
ソリューション
 トランスコーディング&プロセッシング
 動画配信・配信
 ビデオ分析
 ビデオ管理
 ビデオセキュリティ
 その他
サービス
 プロフェッショナル
 マネージド
- アジア太平洋地域のビデオストリーミングソフトウェア市場:ストリーミングタイプ別
o ビデオオンデマンドストリーミング
ライブストリーミング
- アジア太平洋地域のビデオストリーミングソフトウェア市場:展開タイプ別
o オンプレミス
クラウド
- アジア太平洋地域のビデオストリーミングソフトウェア市場:エンドユーザー別
o 放送事業者、オペレーター、メディア
o 企業
o 教育
o ヘルスケア
o その他
- アジア太平洋地域のビデオストリーミングソフトウェア市場、国別
o インド
o 中国
o 日本
o 韓国
o オーストラリア
o シンガポール
o マレーシア
o インドネシア
o タイ
o フィリピン
競合状況
企業プロフィール:アジア太平洋地域のビデオストリーミングソフトウェア市場に参入している主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のアジア太平洋ビデオストリーミングソフトウェア市場レポートは、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Baseline Methodology
2.2. Key Industry Partners
2.3. Major Association and Secondary Sources
2.4. Forecasting Methodology
2.5. Data Triangulation & Validation
2.6. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Asia-Pacific Video Streaming Software Market
5. Voice of Customer
6. Asia-Pacific Video Streaming Software Market Overview
7. Asia-Pacific Video Streaming Software Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Solutions, Services)
7.2.1.1. By Solutions (Transcoding & Processing, Video Delivery & Distribution, Video Analytics, Video Management, Video Security, Other)
7.2.1.2. By Services (Professional, Managed)
7.2.2. By Streaming Type (Video On-demand Streaming, Live Streaming)
7.2.3. By Deployment Type (On-Premise, Cloud)
7.2.4. By End User (Broadcaster, Operators & Media, Enterprises, Education, Healthcare, and Others)
7.2.5. By Country (India, China, Japan, South Korea, Australia, Singapore, Malaysia, Indonesia, Thailand, and Philippines)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. India Video Streaming Software Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.1.1. By Solutions
8.2.1.2. By Services
8.2.2. By Streaming Type
8.2.3. By Deployment Type
8.2.4. By End User
9. China Video Streaming Software Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.1.1. By Solutions
9.2.1.2. By Services
9.2.2. By Streaming Type
9.2.3. By Deployment Type
9.2.4. By End User
10. Japan Video Streaming Software Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.1.1. By Solutions
10.2.1.2. By Services
10.2.2. By Streaming Type
10.2.3. By Deployment Type
10.2.4. By End User
11. South Korea Video Streaming Software Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.1.1. By Solutions
11.2.1.2. By Services
11.2.2. By Streaming Type
11.2.3. By Deployment Type
11.2.4. By End User
12. Australia Video Streaming Software Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value
12.2. Market Share & Forecast
12.2.1. By Component
12.2.1.1. By Solutions
12.2.1.2. By Services
12.2.2. By Streaming Type
12.2.3. By Deployment Type
12.2.4. By End User
13. Singapore Video Streaming Software Market Outlook
13.1. Market Size & Forecast
13.1.1. By Value
13.2. Market Share & Forecast
13.2.1. By Component
13.2.1.1. By Solutions
13.2.1.2. By Services
13.2.2. By Streaming Type
13.2.3. By Deployment Type
13.2.4. By End User
14. Malaysia Video Streaming Software Market Outlook
14.1. Market Size & Forecast
14.1.1. By Value
14.2. Market Share & Forecast
14.2.1. By Component
14.2.1.1. By Solutions
14.2.1.2. By Services
14.2.2. By Streaming Type
14.2.3. By Deployment Type
14.2.4. By End User
15. Indonesia Video Streaming Software Market Outlook
15.1. Market Size & Forecast
15.1.1. By Value
15.2. Market Share & Forecast
15.2.1. By Component
15.2.1.1. By Solutions
15.2.1.2. By Services
15.2.2. By Streaming Type
15.2.3. By Deployment Type
15.2.4. By End User
16. Thailand Video Streaming Software Market Outlook
16.1. Market Size & Forecast
16.1.1. By Value
16.2. Market Share & Forecast
16.2.1. By Component
16.2.1.1. By Solutions
16.2.1.2. By Services
16.2.2. By Streaming Type
16.2.3. By Deployment Type
16.2.4. By End User
17. Philippines Video Streaming Software Market Outlook
17.1. Market Size & Forecast
17.1.1. By Value
17.2. Market Share & Forecast
17.2.1. By Component
17.2.1.1. By Solutions
17.2.1.2. By Services
17.2.2. By Streaming Type
17.2.3. By Deployment Type
17.2.4. By End User
18. Market Dynamics
18.1. Drivers
18.2. Challenges
19. Market Trends and Developments
20. Company Profiles
20.1. IBM Corporation
20.1.1. Business Overview
20.1.2. Key Revenue and Financials
20.1.3. Recent Developments
20.1.4. Key Personnel
20.1.5. Key Product/Services Offered
20.2. Kaltura Inc.
20.2.1. Business Overview
20.2.2. Key Revenue and Financials
20.2.3. Recent Developments
20.2.4. Key Personnel
20.2.5. Key Product/Services Offered
20.3. Brightcove Inc.
20.3.1. Business Overview
20.3.2. Key Revenue and Financials
20.3.3. Recent Developments
20.3.4. Key Personnel
20.3.5. Key Product/Services Offered
20.4. Wowza Media Systems, LLC
20.4.1. Business Overview
20.4.2. Key Revenue and Financials
20.4.3. Recent Developments
20.4.4. Key Personnel
20.4.5. Key Product/Services Offered
20.5. Kollective Technology, Inc.
20.5.1. Business Overview
20.5.2. Key Revenue and Financials
20.5.3. Recent Developments
20.5.4. Key Personnel
20.5.5. Key Product/Services Offered
20.6. Cloudinary Ltd.
20.6.1. Business Overview
20.6.2. Key Revenue and Financials
20.6.3. Recent Developments
20.6.4. Key Personnel
20.6.5. Key Product/Services Offered
20.7. Dacast Asia Pacific Limited
20.7.1. Business Overview
20.7.2. Key Revenue and Financials
20.7.3. Recent Developments
20.7.4. Key Personnel
20.7.5. Key Product/Services Offered
20.8. OBS Studio
20.8.1. Business Overview
20.8.2. Key Revenue and Financials
20.8.3. Recent Developments
20.8.4. Key Personnel
20.8.5. Key Product/Services Offered
20.9. Microsoft Corporation
20.9.1. Business Overview
20.9.2. Key Revenue and Financials
20.9.3. Recent Developments
20.9.4. Key Personnel
20.9.5. Key Product/Services Offered
20.10. Akamai Technologies, Inc.
20.10.1. Business Overview
20.10.2. Key Revenue and Financials
20.10.3. Recent Developments
20.10.4. Key Personnel
20.10.5. Key Product/Services Offered
21. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Asia-Pacific Video Streaming Software market was valued at USD 3.07 Billion in 2022 and growing at a CAGR of 18.43% during the forecast period. The Asia-Pacific region has emerged as a powerhouse in the global video streaming software market, undergoing remarkable growth and transformation in recent years. This dynamic market has been driven by several key factors, including the region's rapidly expanding middle class, increasing internet penetration, and the proliferation of smartphones and affordable data plans. These factors have created fertile ground for the adoption of video streaming services, resulting in a surge in demand for video streaming software. One of the prominent drivers of the Asia-Pacific video streaming software market is the changing consumer behavior and preferences. Traditional television is gradually being replaced by on-demand, personalized, and convenient streaming options. Consumers are seeking content that caters to their specific interests, and video streaming software has enabled content providers to deliver a wide range of content, from movies and TV shows to live sports and user-generated content, accessible at any time and from anywhere. This shift in consumption habits has spurred the growth of both local and global streaming platforms, all vying for a share of this lucrative market.
Moreover, the Asia-Pacific region is known for its cultural diversity, and video streaming software has played a pivotal role in promoting and preserving the diverse cultural content within the region. Local content creators and broadcasters are increasingly using these platforms to reach a global audience, transcending language, and geographical barriers. This trend has not only facilitated cross-cultural exchange but has also driven the creation of localized content, contributing to the enrichment of the global streaming ecosystem. In addition to cultural diversity, the Asia-Pacific video streaming software market is characterized by intense competition among various players, ranging from established giants to nimble startups. Global streaming giants like Netflix, Amazon Prime Video, and Disney+ have made significant investments in the region, recognizing its immense growth potential. Simultaneously, homegrown platforms such as Tencent Video, iQIYI, and Hotstar (now rebranded as Disney+ Hotstar) have captured a substantial share of the market by catering to local tastes and preferences. This competitive landscape has led to innovations in content delivery, pricing models, and user experiences, ultimately benefiting consumers.
However, challenges persist in the Asia-Pacific video streaming software market. Issues related to content piracy, varying internet infrastructure across countries, and regulatory complexities are some of the hurdles that market participants must navigate. Content piracy remains a significant concern, with illegal streaming and downloading of copyrighted material undermining the revenue potential of legitimate streaming services. Industry stakeholders are continually working to combat piracy through technological advancements and cooperation with law enforcement agencies. Another challenge in the Asia-Pacific region is the disparity in internet infrastructure and connectivity across countries. While some urban areas boast high-speed internet access, rural and remote regions often struggle with limited connectivity. This digital divide can hinder the expansion of streaming services to underserved areas, limiting their growth potential. To address this issue, governments and private sector players are investing in expanding broadband infrastructure and bridging the digital divide. Additionally, navigating the regulatory landscape in the Asia-Pacific region can be complex due to varying laws and regulations across countries. Content censorship, data privacy, and taxation policies differ from one nation to another, posing challenges for streaming platforms seeking to operate in multiple markets. Companies must engage in careful legal and regulatory compliance to avoid legal issues and maintain a positive reputation.
In conclusion, the Asia-Pacific video streaming software market is a vibrant and rapidly evolving ecosystem driven by changing consumer preferences, cultural diversity, and intense competition. As the region continues to embrace digital transformation, the market is expected to witness sustained growth, presenting both opportunities and challenges for players across the value chain. To succeed in this dynamic landscape, companies will need to innovate, adapt, and collaborate with local partners to effectively tap into the immense potential of the Asia-Pacific region's video streaming market. While challenges exist, the allure of a vast and diverse audience, coupled with the region's technological advancements, makes the Asia-Pacific video streaming software market an exciting and promising arena for growth and innovation.
Key Market Drivers
Rising Internet Penetration and Smartphone Adoption:
The Asia-Pacific region has witnessed an unprecedented surge in internet penetration and smartphone adoption in recent years, which stands as a paramount driver behind the rapid growth of the video streaming software market in the region. As countries across Asia-Pacific continue to urbanize and modernize, there has been a remarkable increase in the number of individuals gaining access to the internet, primarily through smartphones. This phenomenon has unlocked vast opportunities for video streaming service providers and software developers alike. Internet connectivity has evolved from a luxury to a necessity for millions in the Asia-Pacific, enabling consumers to stream high-quality video content on their mobile devices. Whether in bustling cities or remote rural areas, the growing availability of affordable data plans has made video streaming an integral part of everyday life. This shift in consumer behavior has propelled the demand for video streaming software that delivers seamless and high-quality content to users regardless of their location or device.
To cater to this expanding user base, video streaming platforms have invested heavily in optimizing their software to ensure smooth streaming experiences even with lower bandwidths. Additionally, smartphone manufacturers are equipping their devices with larger screens, superior displays, and enhanced audio capabilities to enhance the video streaming experience further. If internet penetration and smartphone adoption continue to grow, the Asia-Pacific Video Streaming Software market is poised to thrive.
Content Localization and Diverse Cultural Preferences:
Another critical driver fueling the Asia-Pacific Video Streaming Software market is the region's rich cultural diversity and the growing emphasis on content localization. Asia-Pacific comprises a multitude of countries, each with its unique languages, traditions, and entertainment preferences. To capture and retain a substantial user base, video streaming platforms must tailor their content offerings to cater to these diverse tastes. Streaming services have recognized the significance of producing and licensing content that resonates with local audiences. This involves not only translating content into various languages but also understanding the cultural nuances that can influence viewer preferences. Homegrown streaming giants like iQIYI, Tencent Video, and Hotstar have excelled in this aspect, offering a wide array of regional content, including movies, TV shows, and live sports, thereby gaining a competitive edge in their respective markets. Moreover, these platforms have fostered partnerships with local content creators and production studios, further enriching their content libraries with region-specific offerings. The success of these localized strategies has bolstered subscriber numbers and user engagement, demonstrating the pivotal role that content localization plays in the Asia-Pacific Video Streaming Software market.
Increased Competition and Innovation:
The Asia-Pacific Video Streaming Software market has become a fiercely competitive arena, attracting both global streaming giants and local players striving for dominance. This intense competition has driven a continuous cycle of innovation, benefiting consumers with enhanced streaming experiences and a broader range of content choices. Global streaming giants like Netflix, Amazon Prime Video, and Disney+ have recognized the immense growth potential of the Asia-Pacific region and have invested significantly to capture a substantial share of the market. They bring with them high-quality production values and a vast library of international content, competing not only with each other but also with local platforms.
In response to this competitive landscape, streaming platforms are investing in cutting-edge technologies such as artificial intelligence (AI) and machine learning (ML) to personalize content recommendations, improve video quality, and enhance the overall user experience. Additionally, they are exploring innovative pricing models, partnerships with telecommunications companies, and exclusive content deals to attract and retain subscribers. Local platforms are also rising to the challenge by focusing on regional content, live streaming of local events, and interactive features to engage users. This fierce competition is driving the Asia-Pacific Video Streaming Software market to new heights and fostering a culture of continuous innovation in the industry.
Regulatory Support and Market Expansion:
Governments and regulatory bodies in the Asia-Pacific region have increasingly recognized the economic potential of the video streaming software market and are providing support and incentives to facilitate its growth. This regulatory backing is instrumental in shaping a favorable environment for industry players. One of the keyways governments support the industry is by improving digital infrastructure and promoting broadband connectivity in both urban and rural areas. This infrastructure development ensures that more people have access to high-speed internet, expanding the potential user base for video streaming services.
Additionally, governments are working on policies to streamline content licensing and distribution, making it easier for streaming platforms to offer a wide variety of content to their subscribers. Some countries have also introduced tax incentives and investment opportunities to attract foreign and domestic players to invest in the local media and entertainment sector. Furthermore, partnerships between streaming platforms and traditional broadcasters, as well as sports leagues and organizations, have received regulatory support. These partnerships have allowed streaming services to secure exclusive rights to broadcast popular sports events and other content, thereby attracting a broader audience and driving subscriptions.
Key Market Challenges
Content Piracy and Copyright Infringement:
One of the most significant challenges plaguing the Asia-Pacific Video Streaming Software market is the rampant issue of content piracy and copyright infringement. As the demand for video streaming services continues to soar across the region, so does the illegal distribution and consumption of copyrighted content. Content piracy not only poses a severe threat to the revenue streams of legitimate streaming platforms but also undermines the overall health of the media and entertainment industry. Content piracy takes various forms, including unauthorized streaming, downloading, and distribution of copyrighted movies, TV shows, sports events, and music. These illegal activities are facilitated by a multitude of websites, apps, and platforms that operate with relative impunity, making it difficult for authorities to curb the problem effectively. While governments and industry stakeholders have taken steps to combat piracy, it remains a persistent challenge due to the ever-evolving methods used by pirates to evade detection.
One of the primary drivers of content piracy in the Asia-Pacific region is the widespread availability of cheap or free streaming platforms that host pirated content. These platforms attract users by offering a wide range of movies and TV shows without subscription fees, luring viewers away from legitimate services. Additionally, the ease of access to pirated content, often with user-friendly interfaces and minimal advertising, further entices consumers. Furthermore, some users may not be aware that they are accessing illegal content, as many pirate sites mimic the look and feel of legitimate streaming platforms. This lack of awareness can lead to unsuspecting viewers inadvertently participating in copyright infringement, inadvertently contributing to the piracy problem.
Digital Divide and Varying Internet Infrastructure:
Another substantial challenge facing the Asia-Pacific Video Streaming Software market is the digital divide and the varying levels of internet infrastructure across countries and regions within the region. While some urban areas enjoy high-speed broadband connectivity, many rural and remote regions still struggle with limited access to the internet. This digital divide creates disparities in the adoption and usage of video streaming services, hindering the market's growth potential. The digital divide is particularly pronounced in less developed countries and remote areas where the necessary infrastructure for reliable and high-speed internet is lacking. Inadequate broadband connectivity, outdated network infrastructure, and geographical challenges all contribute to the uneven distribution of internet access. As a result, a significant portion of the population in these areas cannot fully participate in the digital economy, including accessing video streaming services.
For video streaming software providers, this presents a challenge as they must navigate a market with uneven demand and infrastructure. While urban centers may offer a lucrative customer base with strong internet connections, expanding into rural or less connected areas can be logistically and economically challenging. Furthermore, delivering high-quality streaming experiences in areas with limited bandwidth can be a technical challenge. To address the digital divide, governments and private sector entities must collaborate to invest in the expansion of broadband infrastructure to underserved regions. Initiatives such as the development of 5G networks, the laying of fiber-optic cables, and the establishment of Wi-Fi hotspots in rural areas can help bridge the connectivity gap.
Key Market Trends
Live Streaming and Interactive Content:
Live streaming and interactive content have emerged as significant trends in the Asia-Pacific Video Streaming Software market, reshaping the way audiences engage with video content. The region has witnessed a surge in live streaming across various categories, including gaming, e-sports, entertainment, and education. Live streaming offers real-time interaction, fostering a sense of community and engagement among viewers. One of the key drivers behind the popularity of live streaming is the rise of social media platforms and dedicated live streaming platforms that enable content creators to broadcast live events, share experiences, and connect with their audience in real time. These platforms offer features such as chat rooms, live comments, and virtual gifts, creating a dynamic and interactive viewing experience.
In the gaming and e-sports sector, live streaming has become a major revenue source, with professional gamers and content creators broadcasting their gameplay to millions of viewers. Major tournaments and e-sports events in the Asia-Pacific region attract massive online audiences, and live streaming platforms offer exclusive access to these events, often accompanied by real-time commentary and analysis. Entertainment companies are also tapping into live streaming to engage with fans and promote new releases. Music concerts, film premieres, and celebrity interviews are increasingly broadcast live, allowing fans to participate and interact with their favorite artists and stars. Similarly, educational institutions and professionals are using live streaming to conduct webinars, online courses, and virtual conferences, facilitating remote learning and knowledge sharing.
The rise of live streaming presents opportunities and challenges for video streaming software providers. Meeting the technical demands of live streaming, such as low latency, adaptive bitrates, and scalability, is crucial to ensure a seamless experience for viewers. Additionally, integrating interactive features like real-time chat and virtual gifts into streaming platforms has become a competitive differentiator.
Original Content Production and Licensing:
Original content production and licensing have become a dominant trend in the Asia-Pacific Video Streaming Software market as streaming platforms compete to capture and retain subscribers by offering exclusive and high-quality content. The region's diverse and dynamic entertainment landscape has led to a surge in locally produced content, making it a focal point for streaming services looking to cater to regional tastes and preferences. Global streaming giants like Netflix, Amazon Prime Video, and Disney+ have recognized the importance of original content and have invested heavily in producing and licensing region-specific movies, TV shows, and series. By working with local talent, production studios, and content creators, these platforms are creating content that resonates with audiences across Asia-Pacific countries.
Simultaneously, homegrown streaming platforms like iQIYI, Tencent Video, and Hotstar (now Disney+ Hotstar) have been actively investing in original content production. These platforms are commissioning new series, collaborating with local celebrities, and acquiring the rights to popular regional content. This approach not only helps them stand out in a crowded market but also drives subscriber growth and loyalty. Original content trends in the Asia-Pacific region reflect the diversity of its audience. For instance, historical dramas, K-dramas, anime, and Bollywood-inspired content have gained immense popularity and international recognition. The success of these genres has encouraged streaming platforms to explore new creative territories, fostering innovation and competition in content production.
The proliferation of original content has created significant opportunities for video streaming software providers. These providers must adapt their software to accommodate the unique technical and formatting requirements of diverse content types. For instance, streaming in 4K or higher resolution, support for multiple audio tracks and subtitles, and adaptive streaming for varying network conditions are essential features. Furthermore, as streaming platforms aim to deliver content seamlessly to viewers across a wide range of devices, cross-platform compatibility and content delivery optimization become critical. Streaming software providers that offer solutions for multi-device synchronization, content recommendation algorithms, and content delivery network (CDN) integration are increasingly in demand.
Multi-Platform and Cross-Device Streaming:
The multi-platform and cross-device streaming trend is reshaping the Asia-Pacific Video Streaming Software market, reflecting the changing consumer behavior and preferences. Viewers in the region are no longer confined to watching content on traditional TVs; they now expect the flexibility to access streaming services on a wide range of devices, including smartphones, tablets, laptops, smart TVs, and gaming consoles. The proliferation of internet-connected devices and the availability of high-speed internet have empowered users to consume video content on their preferred screens and at their convenience. This trend has prompted streaming platforms to invest in developing versatile and user-friendly applications for various platforms and operating systems.
Mobile devices, particularly smartphones, have become a primary mode of content consumption in the Asia-Pacific region. Streaming apps optimized for mobile devices offer on-the-go entertainment and have become a staple for commuters, students, and users in remote areas with limited access to traditional TV services. The convenience of mobile streaming has led to the creation of mobile-exclusive content and features, such as short-form videos and vertical video formats. At the same time, smart TVs have gained popularity, allowing viewers to enjoy a cinematic experience in the comfort of their homes. Streaming software providers must ensure that their platforms are compatible with a wide range of smart TVs and offer features like voice control, 4K streaming, and integrated app stores to enhance the smart TV viewing experience.
Segmental Insights
Solutions Insights
Based on solutions, the video analytics segment asserted its dominance in the Asia-Pacific video streaming software market, and this dominance is anticipated to endure throughout the forecast period. This prominence can be attributed to the growing importance of data-driven insights in the digital era. Video analytics solutions offer a powerful means to extract valuable information from video streams, enabling businesses to make informed decisions and enhance user experiences. These solutions encompass a range of capabilities, including real-time content analysis, audience engagement tracking, and content recommendation algorithms. As businesses in the Asia-Pacific region increasingly recognize the significance of harnessing data to optimize content delivery and monetization strategies, video analytics tools have become indispensable. They empower streaming platforms and content providers to tailor their offerings, improve content discoverability, and deliver personalized experiences to users, ultimately ensuring customer retention and sustained market leadership.
End User Insights
Based on end user, the healthcare emerged as the dominant segment in the Asia-Pacific video streaming software market, and this dominance is projected to persist throughout the forecast period. This trend reflects the transformative impact of technology on the healthcare industry, especially in the wake of the COVID-19 pandemic, which accelerated the adoption of telemedicine and remote healthcare services. Video streaming software has become an invaluable tool for healthcare providers, enabling them to conduct virtual consultations, medical training, and remote monitoring of patients. The demand for secure and reliable video streaming solutions in healthcare is driven by the need for real-time communication between healthcare professionals, patients, and medical facilities. Furthermore, as the region continues to witness demographic shifts and an aging population, healthcare providers are increasingly relying on video streaming to expand their reach, deliver healthcare services efficiently, and improve patient outcomes. As healthcare in the Asia-Pacific region continues to evolve, the dominance of video streaming software in this sector is set to persist, promising enhanced accessibility and quality of care for patients across the region.
Country Insights
China asserted its dominance in the Asia-Pacific video streaming software market, and this dominance is anticipated to persist throughout the forecast period. Several factors contribute to China's prominent role in the regional video streaming landscape. Firstly, China boasts a massive population with an insatiable appetite for digital entertainment, making it a fertile ground for streaming platforms to thrive. Homegrown giants like Tencent Video, iQIYI, and Youku Tudou have harnessed this vast user base to become some of the most influential players in the industry. Secondly, China's commitment to technological innovation and infrastructure development has significantly bolstered its position. The country has rapidly expanded its 4G and 5G networks, ensuring widespread high-speed internet access. This, coupled with the proliferation of smartphones and smart TVs, has created an environment conducive to seamless video streaming experiences.
Moreover, Chinese streaming platforms have not only focused on content localization but have also invested heavily in original content production, catering to a diverse range of preferences within the country. The success of Chinese dramas, variety shows, and reality TV programs has propelled these platforms to the forefront of the industry. Additionally, strategic partnerships with content creators, movie studios, and sports organizations have further solidified China's dominance. As the Asia-Pacific video streaming market continues to evolve, China's innovative spirit, robust infrastructure, and expansive user base ensure its continued supremacy in this dynamic and highly competitive landscape.
Key Market Players
IBM Corporation
Kaltura Inc.
Brightcove Inc.
Wowza Media Systems, LLC
Kollective Technology, Inc.
Cloudinary Ltd.
Dacast Asia Pacific Limited
OBS Studio
Microsoft Corporation
Akamai Technologies, Inc.
Report Scope:
In this report, the Asia-Pacific Video Streaming Software Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Asia-Pacific Video Streaming Software Market, By Component:
o Solutions
 Transcoding & Processing
 Video Delivery & Distribution
 Video Analytics
 Video Management
 Video Security
 Other
o Services
 Professional
 Managed
• Asia-Pacific Video Streaming Software Market, By Streaming Type:
o Video On-demand Streaming
o Live Streaming
• Asia-Pacific Video Streaming Software Market, By Deployment Type:
o On-Premise
o Cloud
• Asia-Pacific Video Streaming Software Market, By End User:
o Broadcaster, Operators & Media
o Enterprises
o Education
o Healthcare
o Others
• Asia-Pacific Video Streaming Software Market, By Country:
o India
o China
o Japan
o South Korea
o Australia
o Singapore
o Malaysia
o Indonesia
o Thailand
o Philippines
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Asia-Pacific Video Streaming Software Market.
Available Customizations:
Asia-Pacific Video Streaming Software Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Baseline Methodology
2.2. Key Industry Partners
2.3. Major Association and Secondary Sources
2.4. Forecasting Methodology
2.5. Data Triangulation & Validation
2.6. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Asia-Pacific Video Streaming Software Market
5. Voice of Customer
6. Asia-Pacific Video Streaming Software Market Overview
7. Asia-Pacific Video Streaming Software Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Component (Solutions, Services)
7.2.1.1. By Solutions (Transcoding & Processing, Video Delivery & Distribution, Video Analytics, Video Management, Video Security, Other)
7.2.1.2. By Services (Professional, Managed)
7.2.2. By Streaming Type (Video On-demand Streaming, Live Streaming)
7.2.3. By Deployment Type (On-Premise, Cloud)
7.2.4. By End User (Broadcaster, Operators & Media, Enterprises, Education, Healthcare, and Others)
7.2.5. By Country (India, China, Japan, South Korea, Australia, Singapore, Malaysia, Indonesia, Thailand, and Philippines)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. India Video Streaming Software Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Component
8.2.1.1. By Solutions
8.2.1.2. By Services
8.2.2. By Streaming Type
8.2.3. By Deployment Type
8.2.4. By End User
9. China Video Streaming Software Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Component
9.2.1.1. By Solutions
9.2.1.2. By Services
9.2.2. By Streaming Type
9.2.3. By Deployment Type
9.2.4. By End User
10. Japan Video Streaming Software Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Component
10.2.1.1. By Solutions
10.2.1.2. By Services
10.2.2. By Streaming Type
10.2.3. By Deployment Type
10.2.4. By End User
11. South Korea Video Streaming Software Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Component
11.2.1.1. By Solutions
11.2.1.2. By Services
11.2.2. By Streaming Type
11.2.3. By Deployment Type
11.2.4. By End User
12. Australia Video Streaming Software Market Outlook
12.1. Market Size & Forecast
12.1.1. By Value
12.2. Market Share & Forecast
12.2.1. By Component
12.2.1.1. By Solutions
12.2.1.2. By Services
12.2.2. By Streaming Type
12.2.3. By Deployment Type
12.2.4. By End User
13. Singapore Video Streaming Software Market Outlook
13.1. Market Size & Forecast
13.1.1. By Value
13.2. Market Share & Forecast
13.2.1. By Component
13.2.1.1. By Solutions
13.2.1.2. By Services
13.2.2. By Streaming Type
13.2.3. By Deployment Type
13.2.4. By End User
14. Malaysia Video Streaming Software Market Outlook
14.1. Market Size & Forecast
14.1.1. By Value
14.2. Market Share & Forecast
14.2.1. By Component
14.2.1.1. By Solutions
14.2.1.2. By Services
14.2.2. By Streaming Type
14.2.3. By Deployment Type
14.2.4. By End User
15. Indonesia Video Streaming Software Market Outlook
15.1. Market Size & Forecast
15.1.1. By Value
15.2. Market Share & Forecast
15.2.1. By Component
15.2.1.1. By Solutions
15.2.1.2. By Services
15.2.2. By Streaming Type
15.2.3. By Deployment Type
15.2.4. By End User
16. Thailand Video Streaming Software Market Outlook
16.1. Market Size & Forecast
16.1.1. By Value
16.2. Market Share & Forecast
16.2.1. By Component
16.2.1.1. By Solutions
16.2.1.2. By Services
16.2.2. By Streaming Type
16.2.3. By Deployment Type
16.2.4. By End User
17. Philippines Video Streaming Software Market Outlook
17.1. Market Size & Forecast
17.1.1. By Value
17.2. Market Share & Forecast
17.2.1. By Component
17.2.1.1. By Solutions
17.2.1.2. By Services
17.2.2. By Streaming Type
17.2.3. By Deployment Type
17.2.4. By End User
18. Market Dynamics
18.1. Drivers
18.2. Challenges
19. Market Trends and Developments
20. Company Profiles
20.1. IBM Corporation
20.1.1. Business Overview
20.1.2. Key Revenue and Financials
20.1.3. Recent Developments
20.1.4. Key Personnel
20.1.5. Key Product/Services Offered
20.2. Kaltura Inc.
20.2.1. Business Overview
20.2.2. Key Revenue and Financials
20.2.3. Recent Developments
20.2.4. Key Personnel
20.2.5. Key Product/Services Offered
20.3. Brightcove Inc.
20.3.1. Business Overview
20.3.2. Key Revenue and Financials
20.3.3. Recent Developments
20.3.4. Key Personnel
20.3.5. Key Product/Services Offered
20.4. Wowza Media Systems, LLC
20.4.1. Business Overview
20.4.2. Key Revenue and Financials
20.4.3. Recent Developments
20.4.4. Key Personnel
20.4.5. Key Product/Services Offered
20.5. Kollective Technology, Inc.
20.5.1. Business Overview
20.5.2. Key Revenue and Financials
20.5.3. Recent Developments
20.5.4. Key Personnel
20.5.5. Key Product/Services Offered
20.6. Cloudinary Ltd.
20.6.1. Business Overview
20.6.2. Key Revenue and Financials
20.6.3. Recent Developments
20.6.4. Key Personnel
20.6.5. Key Product/Services Offered
20.7. Dacast Asia Pacific Limited
20.7.1. Business Overview
20.7.2. Key Revenue and Financials
20.7.3. Recent Developments
20.7.4. Key Personnel
20.7.5. Key Product/Services Offered
20.8. OBS Studio
20.8.1. Business Overview
20.8.2. Key Revenue and Financials
20.8.3. Recent Developments
20.8.4. Key Personnel
20.8.5. Key Product/Services Offered
20.9. Microsoft Corporation
20.9.1. Business Overview
20.9.2. Key Revenue and Financials
20.9.3. Recent Developments
20.9.4. Key Personnel
20.9.5. Key Product/Services Offered
20.10. Akamai Technologies, Inc.
20.10.1. Business Overview
20.10.2. Key Revenue and Financials
20.10.3. Recent Developments
20.10.4. Key Personnel
20.10.5. Key Product/Services Offered
21. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(healthcare)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る