世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ニュージーランドのタイヤ市場:自動車タイプ別(乗用車、小型商用車(LCV)、中型・大型商用車(M&HCV)、オフザロード車(OTR)、二輪車、三輪車)、需要カテゴリー別(OEM vs 交換用)、タイヤタイプ別(ラジアル vs バイアス)、地域別、予測・機会、2018年~2028年


New Zealand Tire Market By Vehicle Type (Passenger Car, Light Commercial Vehicle (LCV), Medium & Heavy Commercial Vehicles (M&HCV), Off-the-Road Vehicles (OTR), Two-Wheelers, Three-Wheelers), By Demand Category (OEM vs Replacement), By Tire Type (Radial vs Bias), By Regional, Forecast & Opportunities, 2018-2028

ニュージーランドのタイヤ市場は、2022年に8億3,000万米ドルの評価額を達成し、2028年までの年間平均成長率(CAGR)は4.81%と予測され、予測期間中に力強い成長が見込まれている。ニュージーランドのタイヤ市場... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
74 英語

 

サマリー

ニュージーランドのタイヤ市場は、2022年に8億3,000万米ドルの評価額を達成し、2028年までの年間平均成長率(CAGR)は4.81%と予測され、予測期間中に力強い成長が見込まれている。ニュージーランドのタイヤ市場は、同国の自動車および輸送セクターにおいて重要な位置を占めている。多様な国土と高い自動車保有率を背景に、タイヤ需要は依然として大きい。この調査レポートは、ニュージーランドのタイヤ市場の重要な側面について、需要促進要因、市場動向、競争、規制に関する考察を提供しています。

ニュージーランドのタイヤ市場は、その地理的特性と気候の多様性から大きな影響を受けている。都市部での通勤から険しいオフロードまで、走行条件が多様であるため、オールシーズンタイヤ、ウィンタータイヤ、オフロード専用タイヤなど、幅広い種類のタイヤが不可欠である。この市場は、乗用車、SUV、トラック、農業機械など、多様な車両に対応している。堅調な自動車セクターと高い自動車保有率がタイヤ需要を支えている。農業と観光セクターはさらに商用車の使用に貢献しており、タイヤ市場を強化している。さらに、キャンプやスポーツなどのアウトドア活動が特殊タイヤの需要を高めている。

消費者の安全志向と環境意識がタイヤ市場を形成している。ラベリング、転がり抵抗、騒音排出に関するタイヤ規制が脚光を浴びている。消費者の環境意識の高まりは、ニュージーランドの持続可能性への取り組みに沿った、環境に優しく低燃費のタイヤの需要につながっている。ニュージーランドのタイヤ市場における競争は、国内メーカーと国際メーカーの両方から生じている。世界的なタイヤブランドが大きな存在感を示しており、顧客の嗜好や予算に応じた多様なタイヤオプションを提供している。地元のタイヤ小売業者や流通業者も、全国的なタイヤの入手しやすさと入手可能性を確保する上で、極めて重要な役割を果たしている。タイヤ小売の状況は、デジタル時代において変貌を遂げつつある。オンライン・タイヤ販売やeコマース・プラットフォームが人気を集めており、顧客はオンラインで価格を比較し、レビューを読み、タイヤを購入することができる。この傾向は、タイヤ小売業者にとって、デジタルでのプレゼンスと顧客エンゲージメントの重要性が高まっていることを示している。

主な市場ドライバー

地理的多様性と走行条件:ニュージーランドの特徴的な地理と気候の変化により、多様な種類のタイヤが必要とされる。都市部の道路からオフロードの地形まで、多様な走行条件に対応するために、さまざまなタイプのタイヤが必要とされる。このような地理的多様性が、オールシーズン、ウィンター、オフロード走行に適した特殊タイヤの需要を促進している。

高い自動車保有率:ニュージーランドの自動車保有率は比較的高く、タイヤ需要も安定している。自動車保有台数が増えれば、摩耗や損傷によるタイヤ交換の必要性も高まる。個人消費者と商用車所有者の両方が、多様な車両セグメントにおける安定したタイヤ需要に貢献している。

交通安全と規制の重視:ニュージーランドは交通安全を重視し、タイヤの状態や溝の深さのチェックを含む定期的な車両点検を義務付けている。こうした規制により、安全基準を満たした高品質なタイヤの必要性が強調され、車両に十分なグリップとトラクションを提供できるタイヤが装着されていることが保証されている。

環境意識と持続可能性:環境意識はタイヤ市場における消費者の嗜好に影響を与える。環境にやさしく燃費の良いタイヤは、持続可能性の目標に沿うものとして、ますます求められるようになっている。転がり抵抗の低いタイヤは、燃費の向上と二酸化炭素排出量の削減に貢献し、環境意識の高い消費者を惹きつけている。

技術の進歩:技術革新により、タイヤの性能、安全性、耐久性が向上している。ランフラットタイヤ、セルフシーリングタイヤ、スマートタイヤセンサーなどの先進タイヤ技術がニュージーランドで人気を集めている。これらの技術は、利便性、安全性、消費者の安心感を提供する。

多様な車種構成:ニュージーランドのタイヤ市場は、乗用車、SUV、トラック、バン、農業機械など、さまざまな車種に対応している。それぞれの車種には、耐荷重、トラクションの必要性、使用方法などに基づいて、明確なタイヤ要件がある。車種が多様なため、幅広いサイズと仕様のタイヤが求められる。

観光とアウトドア活動:ニュージーランドの観光地としての地位とアウトドアを中心としたライフスタイルは、タイヤの必要性を高めている。美しい自然と冒険的なアクティビティが観光とレクリエーショナルビークルの利用に拍車をかけており、オフロードの地形に対応し、アウトドアアドベンチャーで信頼性を提供する特殊なタイヤが求められている。

デジタル化とオンライン小売:電子商取引とオンライン小売の急増は、タイヤ市場を一変させる。消費者はオンラインでタイヤを調査、比較、購入できるようになった。オンライン・プラットフォームは、利便性、価格の透明性、幅広いタイヤ・オプションへのアクセスを提供し、消費者とタイヤ小売店との関わりを再構築している。

主要市場の課題

多様な運転条件:ニュージーランドの多様な地理と気象条件は、タイヤ市場に大きな課題をもたらしている。都市部の道路から人里離れた農村部や山岳地帯まで、ニュージーランドではさまざまな路面状況に遭遇する。タイヤは、濡れた路面、凍った道、砂利道など、さまざまな路面で効果的な性能を発揮しなければなりません。このような多様な要件を満たし、さまざまな条件下で最適なタイヤ性能を確保することは、メーカーや小売業者にとって課題となっている。

交通安全と消費者意識:厳しい安全規制にもかかわらず、タイヤのメンテナンスと交換の重要性に関する消費者の意識を確保することは依然として課題である。多くのドライバーは、タイヤの溝の深さ、空気圧レベル、一般的なタイヤの状態を見落としている可能性がある。このような認識不足は、交通安全と車の性能を損なう。タイヤの磨耗や不適切なメンテナンスによる事故を減らすためには、定期的なタイヤの点検と交換に関する意識を高めることが不可欠である。

環境への影響:タイヤ市場は、タイヤの廃棄と生産が環境に与える影響への対応に取り組んでいる。タイヤの適切な廃棄、リサイクル、廃棄物の最小化は、環境への影響を軽減するために極めて重要である。責任あるタイヤ処理とリサイクルイニシアチブの効果的な実施は、メーカー、小売業者、規制機関の協力が必要な課題である。

持続可能性と燃料効率:持続可能な選択肢を求める消費者の要求が高まる中、性能と環境への配慮のバランスが取れたタイヤを開発することが課題となっている。消費者は、転がり抵抗を減らすことで燃費を向上させることをタイヤに期待している。燃料消費を最小限に抑えながら、卓越したトラクションと性能を発揮するタイヤを設計することは、メーカーにとって技術的な課題である。

規制の遵守:タイヤ市場は、安全性、ラベリング、排出ガスに関する規制要件の下で運営されている。これらの規制を遵守することで、メーカーや小売業者はタイヤが指定された基準を満たしていることを確認することが義務付けられています。罰則を防ぎ、消費者の信頼を維持するためには、進化する規制を常に把握し、それに合わせて製品を提供することが不可欠です。

市場競争と価格敏感性:ニュージーランドのタイヤ市場は競争が激しく、国内外のブランドが消費者の注目を集めるためにしのぎを削っている。消費者は品質や性能を犠牲にすることなく、費用対効果の高い選択肢を求めることが多いため、価格に対する感度も考慮しなければならない。競争力のある価格設定と、タイヤの品質と安全性のバランスを取ることは、小売業者とメーカーにとって永遠の課題である。

デジタル・ディスラプションとオンライン・リテール:タイヤのオンライン販売の台頭は、カスタマー・エクスペリエンス、品質保証、流通に関する課題をもたらす。オンラインでタイヤを購入する消費者は、自分の車に合ったタイヤのサイズや種類を正確に選ぶという課題に直面するかもしれない。シームレスなオンラインショッピング体験の確保、正確な製品情報の提供、潜在的な適合性の問題への対応は、デジタル環境における重要な課題である。

主な市場動向:

持続可能性と環境に優しいタイヤ:ニュージーランドのタイヤ市場では、持続可能性の傾向が顕著になっている。消費者は、二酸化炭素排出量の削減や燃料の節約につながる環境に優しいタイヤを求めるようになっている。

消費者は、二酸化炭素排出量の削減や燃費効率に沿った、環境にやさしいタイヤの選択肢を求めるようになっている。メーカー各社は、こうした需要に応えるため、転がり抵抗の低いタイヤや革新的な素材を開発し、ニュージーランドの持続可能性への取り組みと歩調を合わせている。

技術の統合:技術の進歩は、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)やスマートセンサーなどの機能を通じてタイヤ市場を形成している。これらの技術は、タイヤの空気圧や温度に関するリアルタイムのデータを提供し、安全性と性能を高める。消費者が技術に詳しくなるにつれ、こうした機能を統合することは、利便性と安全性の両方を高める重要なトレンドとなる。

SUVとクロスオーバーへの嗜好:SUVやクロスオーバーへの嗜好の高まりがタイヤ市場に影響を与えている。これらの車は多用途性、高い最低地上高、トラクションの向上を提供し、ニュージーランドの多様な走行条件に適している。消費者がSUVやクロスオーバーを選ぶにつれて、さまざまな地形で最適な性能を発揮するタイヤの需要が高まっている。

タイヤのオンライン販売:オンライン小売のトレンドは、消費者のタイヤ購入方法を一変させる。オンラインプラットフォームは、利便性、価格の透明性、タイヤオプションの比較機能を提供する。このトレンドにより、タイヤ小売業者は、進化する消費者行動に対応するため、強固なデジタルプレゼンスを確立し、正確な適合情報を提供し、シームレスなオンラインショッピング体験を提供することが求められている。

安全意識と教育:交通安全とタイヤのメンテナンスに関する意識の高まりが、ニュージーランドのタイヤ市場のトレンドとなっている。消費者は、自動車の安全性と性能を最適化するために、タイヤの溝の深さ、空気圧、コンディションを適切に維持することの重要性を認識している。タイヤ小売店やタイヤメーカーは、安全運転実践を促進するための安全キャンペーンや教育イニシアティブに積極的に参加している。

規制基準との整合:ニュージーランドのタイヤ市場は、タイヤのラベリング、安全性、環境への影響に関する世界的・地域的な規制基準に沿っている。規制への適合は、安全性と環境への前提条件を遵守するタイヤの開発を促進する。消費者は、適切な表示と基準を遵守したタイヤを選択する可能性が高くなり、より安全で持続可能なドライブ体験に貢献する。

適合性と車種別タイヤの重視:消費者は、自分のクルマ専用に設計されたタイヤを選ぶことをますます意識するようになっている。適合性と車種専用タイヤは、優れた性能、ハンドリング、安全性を保証する。個々の車種や使用パターンに合わせたタイヤを選ぶ傾向は、消費者が十分な情報を得た上でタイヤを選ぶことの重要性を理解するにつれて強まっている。

セグメント別の洞察:

車種別洞察:乗用車、特に自動車はニュージーランドのタイヤ市場において重要な位置を占めている。この優位性にはいくつかの要因がある。第一に、乗用車はニュージーランドの道路を走る全車種の中で最大の割合を占めている。毎年新車登録される乗用車は、既存の車両と相まって、タイヤ交換と修理の需要を煽っている。第二に、ニュージーランドの地形は多様で、都市部と田園地帯の両方があり、走行条件もさまざまであるため、タイヤの摩耗が加速し、タイヤ市場の安定性が確保されている。

タイヤタイプの洞察:ニュージーランドではバイアスタイヤよりもラジアルタイヤが主流である。この優勢は複数の要因によるものである。ラジアルタイヤは転がり抵抗が少ないため燃費効率が高い。さらに、ラジアルタイヤはハンドリングとトラクションを向上させ、ニュージーランドの多様で厳しい道路状況に不可欠である。また、ラジアルタイヤはバイアスタイヤに比べて寿命が長く、消費者にとって費用対効果の高い選択肢となっている。

地域別の洞察

南島の優位性ニュージーランドの南島は、2つの島の中でタイヤ市場の大きなシェアを占めている。この優位性は様々な重要な要因から生じている。中でも最も重要なのは、南島には広大な農村地域と農業地域があり、重機や車両に大きく依存しているため、多くのタイヤが必要とされていることである。これらのタイヤ多用作業は、農業セクターが円滑に機能するために極めて重要であり、タイヤ需要の高さに貢献している。さらに、南島特有の地形と気候条件は、タイヤ市場を推進する上で重要な役割を果たしている。山から海岸線まで、変化に富んだ風景は、最適な安全性と効率を得るために特殊なタイヤを必要とする様々な課題を提示する。険しい山道を進むにも、濡れて滑りやすい海岸沿いを横断するにも、信頼できる輸送を確保するためには適切なタイヤが最も重要である。
主要市場プレイヤー
- グッドイヤー・ダンロップ・タイヤ(NZ)リミテッド
- ブリヂストン
- ピレリ・アンド・シー S.p.A.
- クムホタイヤ
- ハンコックタイヤ
- 東洋ゴム工業株式会社
- 横浜ゴム株式会社
- バルクリシュナ・インダストリーズ・リミテッド
- コンチネンタルAG
レポートの範囲
本レポートでは、ニュージーランドのタイヤ市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- ニュージーランドのタイヤ市場:自動車タイプ別
o 乗用車
o 小型商用車(LCV)
o 中・大型商用車(M&HCV)
oオフザロード車(OTR)
o 二輪車
- ニュージーランドのタイヤ市場:需要カテゴリー別
o OEM
o リプレイスメント
- ニュージーランドタイヤ市場:タイヤタイプ別
o ラジアル
o バイアス
- ニュージーランドのタイヤ市場:地域別
o 南島
o 北島
競争状況
企業プロフィール:ニュージーランドタイヤ市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のニュージーランドタイヤ市場レポートは、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Impact of COVID-19 on New Zealand Tire Market Outlook
5. Voice of Customer
5.1. Factors Influencing Purchase Decision
5.2. Brand Awareness
5.3. Brand Satisfaction Level
6. New Zealand Tire Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Passenger Car, Light Commercial Vehicle (LCV), Medium & Heavy Commercial Vehicles (M&HCV), Off-the-Road Vehicles (OTR), Two-Wheeler)
6.2.2. By Demand Category Market Share Analysis (OEM Vs. Replacement)
6.2.3. By Tire Construction Type Market Share Analysis (Radial Vs Bias)
6.2.4. By Regional Market Share Analysis
6.2.4.1. North Island Market Share Analysis
6.2.4.2. South Island Market Share Analysis
6.2.5. By Company Market Share Analysis (Top 5 Companies, Others – By Value, 2022)
6.3. New Zealand Tire Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.1. By Vehicle Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.2. By Demand Category Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.3. By Tire Construction Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.4. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
7. New Zealand Passenger Car Tire Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Demand Category Market Share Analysis
7.2.2. By Tire Construction Type Market Share Analysis
8. New Zealand Light Commercial Vehicle Tire Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Demand Category Market Share Analysis
8.2.2. By Tire Construction Type Market Share Analysis
9. New Zealand Medium & Heavy Commercial Vehicles Tire Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value & Volume
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Demand Category Market Share Analysis
9.2.2. By Tire Construction Type Market Share Analysis
10. New Zealand Off-The-Road Vehicles Tire Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value & Volume
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Demand Category Market Share Analysis
10.2.2. By Tire Construction Type Market Share Analysis
11. New Zealand Two-Wheeler Tire Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value & Volume
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Demand Category Market Share Analysis
11.2.2. By Tire Construction Type Market Share Analysis
12. Market Dynamics
12.1. Market Drivers
12.2. Market Challenges
13. Market Trends & Developments
14. SWOT Analysis
14.1. Strength
14.2. Weakness
14.3. Opportunities
14.4. Threats
15. Porter’s Five Forces Model
15.1. Competitive Rivalry
15.2. Bargaining Powers of Suppliers
15.3. Bargaining Powers of Buyers
15.4. Threat of New Entrants
15.5. Threat of Substitutes
16. Policy & Regulatory Landscape
17. New Zealand Economic Profiles
18. Competitive Landscape
18.1. Company Profiles (Up to 10 Major Companies)
18.1.1. Goodyear Dunlop Tyres (NZ) Limited
18.1.1.1. Company Details
18.1.1.2. Key Products Offered
18.1.1.3. Recent Development
18.1.1.4. Key Management Personnel
18.1.2. Bridgestone Corporation
18.1.2.1. Company Details
18.1.2.2. Key Products Offered
18.1.2.3. Recent Development
18.1.2.4. Key Management Personnel
18.1.3. Pirelli & C. S.p.A.
18.1.3.1. Company Details
18.1.3.2. Key Products Offered
18.1.3.3. Recent Development
18.1.3.4. Key Management Personnel
18.1.4. Kumho Tire Co., Inc.
18.1.4.1. Company Details
18.1.4.2. Key Products Offered
18.1.4.3. Recent Development
18.1.4.4. Key Management Personnel
18.1.5. Hankook Tire Co., Ltd
18.1.5.1. Company Details
18.1.5.2. Key Products Offered
18.1.5.3. Recent Development
18.1.5.4. Key Management Personnel
18.1.6. TOYO TIRE & RUBBER CO., LTD
18.1.6.1. Company Details
18.1.6.2. Key Products Offered
18.1.6.3. Recent Development
18.1.6.4. Key Management Personnel
18.1.7. The Yokohama Rubber Co., Ltd
18.1.7.1. Company Details
18.1.7.2. Key Products Offered
18.1.7.3. Recent Development
18.1.7.4. Key Management Personnel
18.1.8. Balkrishna Industries Limited
18.1.8.1. Company Details
18.1.8.2. Key Products Offered
18.1.8.3. Recent Development
18.1.9. Continental AG
18.1.9.1. Company Details
18.1.9.2. Key Products Offered
18.1.9.3. Recent Development
18.1.9.4. Key Management Personnel
19. Strategic Recommendations
19.1. Key Focus Areas
19.1.1. Target Regions
19.1.2. Target Vehicle Type
19.1.3. Target Demand Category
20. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The New Zealand Tire Market achieved a valuation of USD 0.83 Billion in 2022 and is poised for robust growth in the forecast period, projecting a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 4.81% through 2028. The tire market in New Zealand holds significant importance within the automotive and transportation sectors of the country. With its diverse landscape and a high rate of vehicle ownership, the demand for tires remains substantial. This overview offers insights into critical aspects of the New Zealand tire market, encompassing demand drivers, market trends, competition, and regulatory considerations.

The New Zealand tire market is profoundly influenced by the country's geographical characteristics and climate diversity. Given its varied driving conditions, from urban commutes to rugged off-road terrains, a wide array of tire types is essential, including all-season, winter, and specialized off-road tires. The market caters to a diverse range of vehicles, spanning passenger cars, SUVs, trucks, and agricultural machinery. The robust automotive sector, coupled with a high vehicle ownership rate, sustains the tire demand. The agricultural and tourism sectors further contribute to commercial vehicle usage, thereby bolstering the tire market. Additionally, outdoor activities such as camping and sports amplify the demand for specialty tires.

The drive for consumer safety and environmental consciousness is shaping the tire market. Tire regulations concerning labeling, rolling resistance, and noise emissions are gaining prominence. Consumers' growing environmental awareness leads to a demand for eco-friendly and fuel-efficient tires that align with New Zealand's sustainability initiatives. The competition in the New Zealand tire market stems from both domestic and international manufacturers. Global tire brands have a substantial presence, offering diverse tire options that cater to distinct customer preferences and budget ranges. Local tire retailers and distributors also play a pivotal role in ensuring nationwide tire accessibility and availability. The tire retail landscape is undergoing transformation in the digital era. Online tire sales and e-commerce platforms are gaining traction, affording customers the convenience to compare prices, read reviews, and make tire purchases online. This trend underscores the rising significance of digital presence and customer engagement for tire retailers.

Key Market Drivers:

Geographical Diversity and Driving Conditions: The distinctive geography and climatic variations of New Zealand necessitate a versatile range of tires. Different tire types are required to address diverse driving conditions, from urban roads to off-road terrains. This geographical diversity fuels the demand for specialized tires suited for all-season, winter, and off-road driving.

High Vehicle Ownership Rate: New Zealand's relatively high vehicle ownership rate translates to a consistent demand for tires. As the vehicle count rises, so does the need for tire replacements due to wear and tear. Both individual consumers and commercial fleet owners contribute to the steady tire demand across diverse vehicle segments.

Emphasis on Road Safety and Regulations: New Zealand prioritizes road safety and mandates regular vehicle inspections, including tire condition and tread depth checks. These regulations underscore the need for high-quality tires that meet safety standards, ensuring vehicles are equipped with tires capable of providing adequate grip and traction.

Environmental Awareness and Sustainability: Environmental consciousness influences consumer preferences in the tire market. Eco-friendly and fuel-efficient tire options are increasingly sought, aligning with sustainability goals. Tires with lower rolling resistance contribute to enhanced fuel efficiency and reduced carbon emissions, attracting environmentally conscious consumers.

Technological Advancements: Technological innovations enhance tire performance, safety features, and durability. Advanced tire technologies, such as run-flat tires, self-sealing tires, and smart tire sensors, gain traction in New Zealand. These technologies provide convenience, safety benefits, and consumer peace of mind.

Diverse Vehicle Mix: The New Zealand tire market caters to a varied range of vehicles, including passenger cars, SUVs, trucks, vans, and agricultural machinery. Each vehicle type has distinct tire requirements based on load capacity, traction needs, and usage. The diversity of vehicle types contributes to the demand for a wide array of tire sizes and specifications.

Tourism and Outdoor Activities: New Zealand's status as a tourist destination and its outdoor-focused lifestyle drive the need for tires. The country's natural beauty and adventure activities spur tourism and recreational vehicle usage, prompting a requirement for specialty tires that handle off-road terrains and offer reliability during outdoor adventures.

Digitalization and Online Retail: The surge in e-commerce and online retail transforms the tire market. Consumers can now research, compare, and purchase tires online. Online platforms offer convenience, price transparency, and access to a broad range of tire options, reshaping consumer engagement with tire retailers.

Key Market Challenges:

Diverse Driving Conditions: New Zealand's varied geography and weather conditions pose a significant challenge to the tire market. From urban streets to remote rural areas and mountainous terrains, the country experiences a spectrum of road conditions. Tires must perform effectively across a range of surfaces, including wet roads, icy paths, and gravel tracks. Meeting these diverse requirements and ensuring optimal tire performance under different conditions presents a challenge to manufacturers and retailers.

Road Safety and Consumer Awareness: Despite stringent safety regulations, ensuring consumer awareness about the importance of tire maintenance and replacements remains a challenge. Many drivers may overlook tire tread depth, inflation levels, and general tire condition. This lack of awareness compromises road safety and vehicle performance. Raising awareness about regular tire inspections and replacements is essential to reduce accidents resulting from worn-out or improperly maintained tires.

Environmental Impact: The tire market grapples with addressing the environmental impact of tire disposal and production. Proper tire disposal, recycling, and minimizing waste are crucial to lessen the environmental footprint. Ensuring responsible tire disposal and effective implementation of recycling initiatives presents a challenge requiring collaboration among manufacturers, retailers, and regulatory bodies.

Sustainability and Fuel Efficiency: As consumer demand for sustainable options rises, developing tires that balance performance with environmental concerns poses a challenge. Consumers expect tires to enhance fuel efficiency by reducing rolling resistance. Designing tires that deliver exceptional traction and performance while minimizing fuel consumption presents a technical challenge for manufacturers.

Regulatory Compliance: The tire market operates under regulatory requirements related to safety, labeling, and emissions. Complying with these regulations mandates manufacturers and retailers to ensure their tires meet specified standards. Staying updated with evolving regulations and adapting product offerings accordingly is essential to prevent penalties and maintain consumer trust.

Market Competition and Price Sensitivity: The competitive nature of the New Zealand tire market, with domestic and international brands vying for consumer attention, poses a challenge. Price sensitivity is another consideration, as consumers often seek cost-effective options without sacrificing quality and performance. Striking a balance between competitive pricing and tire quality and safety remains a perpetual challenge for retailers and manufacturers.

Digital Disruption and Online Retail: The rise of online tire sales introduces challenges related to customer experience, quality assurance, and distribution. Consumers purchasing tires online might face challenges in accurately selecting the right tire size and type for their vehicle. Ensuring a seamless online shopping experience, providing accurate product information, and addressing potential fitment issues are key challenges in the digital landscape.

Key Market Trends:

Sustainability and Eco-Friendly Tires: The trend of sustainability gains prominence in the New Zealand tire market. Consumers increasingly seek eco-friendly tire options that align with reduced carbon footprints and fuel

efficiency. Manufacturers develop tires with lower rolling resistance and innovative materials to meet these demands, aligning with New Zealand's sustainability endeavors.

Technology Integration: Technological advancements shape the tire market through features like tire pressure monitoring systems (TPMS) and smart sensors. These technologies offer real-time data on tire pressure and temperature, boosting safety and performance. As consumers become more tech-savvy, integrating such features becomes a significant trend enhancing both convenience and safety.

Preference for SUVs and Crossovers: The growing preference for SUVs and crossovers influences the tire market. These vehicles offer versatility, higher ground clearance, and improved traction, making them apt for New Zealand's diverse driving conditions. As consumers opt for SUVs and crossovers, the demand for tires that deliver optimal performance across various terrains rises.

Online Tire Retail: The trend of online retail transforms how consumers purchase tires. Online platforms provide convenience, price transparency, and the ability to compare tire options. This trend compels tire retailers to establish robust digital presence, offer precise fitment information, and provide seamless online shopping experiences to cater to evolving consumer behavior.

Safety Awareness and Education: Increased awareness about road safety and tire maintenance becomes a trend in the New Zealand tire market. Consumers recognize the significance of maintaining proper tire tread depth, inflation, and condition for optimal vehicle safety and performance. Tire retailers and manufacturers actively participate in safety campaigns and educational initiatives to promote secure driving practices.

Alignment with Regulatory Standards: The New Zealand tire market aligns with global and regional regulatory standards concerning tire labeling, safety, and environmental impact. Regulatory compliance drives the development of tires that adhere to safety and environmental prerequisites. Consumers are more likely to choose tires displaying relevant labeling and adhering to standards, contributing to a safer and more sustainable driving experience.

Focus on Fitment and Vehicle-Specific Tires: Consumers are increasingly mindful of selecting tires designed explicitly for their vehicles. Fitment and vehicle-specific tires ensure superior performance, handling, and safety. The trend of opting for tires tailored to individual vehicle types and usage patterns gains traction as consumers grasp the significance of informed tire choices.

Segmental Insights:

Vehicle Type Insights: Passenger vehicles, particularly cars, hold substantial significance in the New Zealand tire market. Several factors contribute to this dominance. Firstly, passenger vehicles constitute the largest proportion of all vehicle types on New Zealand roads. The annual registration of new passenger cars, coupled with the existing fleet, fuels demand for tire replacements and repairs. Secondly, the country's diverse topography, encompassing both urban and rural terrains with varying driving conditions, accelerates tire wear, ensuring tire market consistency.

Tire Type Insights: Radial tires prevail over bias tires in New Zealand. This prevalence can be attributed to multiple factors. Radial tires offer heightened fuel efficiency owing to reduced rolling resistance. Moreover, they provide enhanced handling and traction, essential for the diverse and often challenging road conditions in New Zealand. Radial tires also boast a lengthier lifespan compared to bias tires, rendering them a cost-effective choice for consumers.

Regional Insights:

South Island Dominance: The South Island of New Zealand commands the larger share of the tire market between the two islands. This dominance arises from various key factors. Foremost among them is the vast expanse of rural and agricultural areas in the South Island, heavily reliant on heavy machinery and vehicles necessitating a significant number of tires. These tire-intensive operations are pivotal for the agricultural sector's smooth functioning, contributing to high tire demand. Furthermore, the South Island's unique terrain and climate conditions play a crucial role in propelling the tire market. Varied landscapes, ranging from mountains to coastlines, present diverse challenges that mandate specialized tire types for optimal safety and efficiency. Whether navigating steep mountainous routes or traversing wet and slippery coastal areas, the right tires are paramount for ensuring reliable transportation.
Key Market Players
• Goodyear Dunlop Tyres (NZ) Limited
• Bridgestone Corporation
• Pirelli & C. S.p.A.
• Kumho Tire Co., Inc.
• Hankook Tire Co., Ltd
• TOYO TIRE & RUBBER CO., LTD
• The Yokohama Rubber Co., Ltd
• Balkrishna Industries Limited
• Continental AG
Report Scope:
In this report, the New Zealand Tire Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• New Zealand Tire Market, By Vehicle Type:
o Passenger Car
o Light Commercial Vehicle (LCV)
o Medium & Heavy Commercial Vehicles (M&HCV)
o Off-the-Road Vehicles (OTR)
o Two-Wheelers
• New Zealand Tire Market, By Demand Category:
o OEM
o Replacement
• New Zealand Tire Market, By Tire Type:
o Radial
o Bias
• New Zealand Tire Market, By Region:
o South Island
o North Island
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the New Zealand Tire Market.
Available Customizations:
New Zealand Tire market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Impact of COVID-19 on New Zealand Tire Market Outlook
5. Voice of Customer
5.1. Factors Influencing Purchase Decision
5.2. Brand Awareness
5.3. Brand Satisfaction Level
6. New Zealand Tire Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Vehicle Type Market Share Analysis (Passenger Car, Light Commercial Vehicle (LCV), Medium & Heavy Commercial Vehicles (M&HCV), Off-the-Road Vehicles (OTR), Two-Wheeler)
6.2.2. By Demand Category Market Share Analysis (OEM Vs. Replacement)
6.2.3. By Tire Construction Type Market Share Analysis (Radial Vs Bias)
6.2.4. By Regional Market Share Analysis
6.2.4.1. North Island Market Share Analysis
6.2.4.2. South Island Market Share Analysis
6.2.5. By Company Market Share Analysis (Top 5 Companies, Others – By Value, 2022)
6.3. New Zealand Tire Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.1. By Vehicle Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.2. By Demand Category Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.3. By Tire Construction Type Market Mapping & Opportunity Assessment
6.3.4. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
7. New Zealand Passenger Car Tire Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Demand Category Market Share Analysis
7.2.2. By Tire Construction Type Market Share Analysis
8. New Zealand Light Commercial Vehicle Tire Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Demand Category Market Share Analysis
8.2.2. By Tire Construction Type Market Share Analysis
9. New Zealand Medium & Heavy Commercial Vehicles Tire Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value & Volume
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Demand Category Market Share Analysis
9.2.2. By Tire Construction Type Market Share Analysis
10. New Zealand Off-The-Road Vehicles Tire Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value & Volume
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Demand Category Market Share Analysis
10.2.2. By Tire Construction Type Market Share Analysis
11. New Zealand Two-Wheeler Tire Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value & Volume
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Demand Category Market Share Analysis
11.2.2. By Tire Construction Type Market Share Analysis
12. Market Dynamics
12.1. Market Drivers
12.2. Market Challenges
13. Market Trends & Developments
14. SWOT Analysis
14.1. Strength
14.2. Weakness
14.3. Opportunities
14.4. Threats
15. Porter’s Five Forces Model
15.1. Competitive Rivalry
15.2. Bargaining Powers of Suppliers
15.3. Bargaining Powers of Buyers
15.4. Threat of New Entrants
15.5. Threat of Substitutes
16. Policy & Regulatory Landscape
17. New Zealand Economic Profiles
18. Competitive Landscape
18.1. Company Profiles (Up to 10 Major Companies)
18.1.1. Goodyear Dunlop Tyres (NZ) Limited
18.1.1.1. Company Details
18.1.1.2. Key Products Offered
18.1.1.3. Recent Development
18.1.1.4. Key Management Personnel
18.1.2. Bridgestone Corporation
18.1.2.1. Company Details
18.1.2.2. Key Products Offered
18.1.2.3. Recent Development
18.1.2.4. Key Management Personnel
18.1.3. Pirelli & C. S.p.A.
18.1.3.1. Company Details
18.1.3.2. Key Products Offered
18.1.3.3. Recent Development
18.1.3.4. Key Management Personnel
18.1.4. Kumho Tire Co., Inc.
18.1.4.1. Company Details
18.1.4.2. Key Products Offered
18.1.4.3. Recent Development
18.1.4.4. Key Management Personnel
18.1.5. Hankook Tire Co., Ltd
18.1.5.1. Company Details
18.1.5.2. Key Products Offered
18.1.5.3. Recent Development
18.1.5.4. Key Management Personnel
18.1.6. TOYO TIRE & RUBBER CO., LTD
18.1.6.1. Company Details
18.1.6.2. Key Products Offered
18.1.6.3. Recent Development
18.1.6.4. Key Management Personnel
18.1.7. The Yokohama Rubber Co., Ltd
18.1.7.1. Company Details
18.1.7.2. Key Products Offered
18.1.7.3. Recent Development
18.1.7.4. Key Management Personnel
18.1.8. Balkrishna Industries Limited
18.1.8.1. Company Details
18.1.8.2. Key Products Offered
18.1.8.3. Recent Development
18.1.9. Continental AG
18.1.9.1. Company Details
18.1.9.2. Key Products Offered
18.1.9.3. Recent Development
18.1.9.4. Key Management Personnel
19. Strategic Recommendations
19.1. Key Focus Areas
19.1.1. Target Regions
19.1.2. Target Vehicle Type
19.1.3. Target Demand Category
20. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(vehicle)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る