世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドのオレオケミカル市場:タイプ別(脂肪酸メチルエステル、脂肪アルコール、グリセリン、脂肪酸、その他)、用途別(医薬品・パーソナルケア、石鹸・洗剤、食品・飲料、ポリマー、その他)、地域別、競争、予測、機会:2019-2029年


India Oleochemicals Market By Type (Fatty Acid Methyl Esters, Fatty Alcohol, Glycerin, Fatty Acid and Others), By Application (Pharmaceuticals & Personal Care, Soap & Detergents, Food & Beverages, Polymers and Others), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2019-2029

インドのオレオケミカル市場は2023年に17億6,000万米ドルの市場総額を達成し、2029年までの年間平均成長率(CAGR)は3.76%と予測され、2029年には21億8,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中に力強い成長... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
90 英語

 

サマリー

インドのオレオケミカル市場は2023年に17億6,000万米ドルの市場総額を達成し、2029年までの年間平均成長率(CAGR)は3.76%と予測され、2029年には21億8,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中に力強い成長を遂げる態勢を整えている。オレオケミカルは、主に動植物油脂などの天然原料を原料としており、近年大きな注目を集めている。製造工程では、活性炭を使用して脂肪酸とその誘導体を精製、脱色、脱臭する。オレオケミカルの主な利点は、生分解性で毒性が低く、環境に優しいことにある。科学者も消費者も、天然、グリーン、オーガニック、安全、再生可能、生分解性という特徴を持つこれらの製品を認め、高く評価している。

その結果、グリーンケミカルへの嗜好の高まりと様々な最終用途産業からの高い需要に後押しされ、オレオケミカルの需要は急増している。原料の入手が容易なことも、オレオケミカルの人気上昇に寄与している。環境規制が強化され、再生不可能な資源が枯渇しつつある中、オレオケミカルは石油ベースの製品に代わる有力な選択肢として市場に登場しつつあります。メーカー各社は、持続可能なソリューションに対する需要の高まりに応えるため、化学製品をバイオベースの環境に優しい代替品に積極的に置き換えている。この転換は汚染を減らすだけでなく、長期的な時間とコストの節約にもつながる。

食品・飲料業界では、オレオケミカルはFDA認可の食品包装や食品接触面の除菌剤の製造に応用されている。さらに、オレオケミカルの一種であるステアリン酸のトリプルプレスは、離型剤として広く使われている。発展途上国における食品産業の拡大とオレオケミカル使用量の増加が相まって、市場に大きな成長機会が生まれると予想される。さらに、オレオケミカルは、界面活性剤、洗浄剤、乳化剤、フォームブースター、脱脂剤などの家庭用および工業用洗浄製品の生産において重要な役割を果たしています。インドや中国のような国々における可処分所得の上昇と人口の増加は、アジア太平洋地域におけるオレオケミカルの需要を促進すると予想される。全体として、オレオケミカルは多用途で環境に優しいため、様々な産業において有望な解決策となり、持続可能で環境に配慮した実践への道を開く。

主な市場牽引要因

医薬品とパーソナルケア産業におけるオレオケミカルの使用拡大:医薬品業界とパーソナルケア業界は、自然で持続可能な製品を求める消費者の増加により、大きな変化を経験している。これらの業界は植物由来の成分に注目しており、様々な製剤におけるオレオケミカルの利用が増加しています。植物油のような再生可能な資源から作られるオレオケミカルは、石油化学ベースの原料に代わる持続可能で環境に優しい代替品を提供する。その豊富さと多用途性から、多くの用途に好まれる選択肢となっている。

製薬業界では、オレオケミカルは賦形剤、乳化剤、溶剤、界面活性剤、潤滑剤としての役割を果たしています。医薬品の製剤化を促進し、ドラッグデリバリーシステムを強化し、医薬品の安定性とバイオアベイラビリティを向上させます。パーソナルケア業界では、天然で環境に優しい製品への需要が高まっており、マイルドで肌に優しい特性を持つオレオケミカルは、石鹸、シャンプー、ローション、化粧品などの製品に幅広く使用されています。消費者の製品に対する意識が高まるにつれ、オレオケミカルをベースとしたパーソナルケアアイテムの需要は増加の一途をたどっている。継続的な研究開発の努力が技術革新を促進し、これらの産業におけるオレオケミカルの用途を拡大しています。

食品産業におけるオレオケミカル需要の増加:脂肪酸、グリセロール、エステルを含むオレオケミカルは、食品産業に役立つ幅広い機能特性を提供する。乳化剤、安定剤、増粘剤、風味増強剤、食感改良剤として機能し、食品の品質、味、一貫性を向上させる。オレオケミカルは、ベーカリー、製菓、乳製品、油脂、加工肉など、食品産業の様々な分野で応用されている。

消費者のクリーンラベルや天然素材への要求が高まる中、食品メーカーは合成添加物に代わる有効な選択肢としてオレオケミカルに注目しています。天然由来のオレオケミカルは、より自然でクリーンなラベルの選択肢を食品配合に提供し、健康志向の人々の嗜好に合致する。オメガ3脂肪酸のような特定のオレオケミカルは、心臓の健康、脳の機能、そして全体的な幸福に貢献し、その健康効果が認められています。オレオケミカルを食品に取り入れることで、メーカーは必須脂肪酸やその他の有益な化合物で栄養プロファイルを強化することができます。オレオケミカルはまた、食品の保存期間を延ばし、腐敗を防ぎ、鮮度を長持ちさせるという重要な役割を果たします。まとめると、オレオケミカルは食品業界に多面的な利益をもたらし、製品の品質を高め、天然成分に対する消費者の要求に応え、栄養価を高め、保存期間を延長する。

ポリマー産業におけるオレオケミカル需要の増大:ポリマー業界は、化石燃料への依存を減らし、環境への影響を軽減するために、持続可能で再生可能な原料オプションへのシフトを強めており、大きな変革期を迎えている。植物由来のオレオケミカルは、この移行において重要な役割を果たしている。オレオケミカルは、可塑剤、潤滑剤、乳化剤、安定剤、加工助剤としての役割を果たし、ポリマーの性能と機能性を向上させる。

ポリヒドロキシアルカノエート(PHA)やポリ乳酸(PLA)などのオレオケミカル系バイオポリマーは、従来の石油系ポリマーの有望な代替品として台頭してきている。これらのバイオポリマーは生分解性があり、二酸化炭素排出量を削減することができるため、様々な産業において非常に望まれている。オレオケミカルをベースとするポリマーの継続的な研究と技術革新は、応用範囲を拡大し、様々な産業が持続可能なソリューションを採用する機会を開いている。持続可能な原料オプションへのシフトとオレオケミカルをベースとしたポリマーの開発は、ポリマー産業にとって大きな期待を抱かせるものであり、より持続可能で環境に配慮した未来に貢献するものである。

主な市場課題

原材料の入手可能性と価格変動:オレオケミカル産業は、植物油と動物性油脂を原料とする原料に大きく依存している。これらの原料の入手可能性は業界にとって極めて重要であり、天候、害虫、病気、農法などの要因に影響される。パーム油、大豆油、ヤシ油などの植物油はオレオケミカル製造の主要原料であり、その価格は世界的な需給の動き、地政学的影響、天候、政府の政策に左右される。

植物油価格の変動は、オレオケミカルメーカーのコスト構造や収益性に大きな影響を与える可能性がある。食品部門やバイオ燃料部門との同じ原料をめぐる競争は、供給制約や価格変動につながる可能性がある。さらに、この業界は、責任ある調達や、持続可能なパーム油に関する円卓会議(RSPO)のような認証制度の遵守に関する持続可能性の課題に直面している。持続可能で倫理的なサプライチェーンを確保することは、原料調達に複雑さとコストを加えることになる。業界の成長、収益性、環境・社会目標との整合性を確保するためには、これらの要素のバランスをとることが不可欠である。

主要市場動向

界面活性剤・洗剤業界におけるオレオケミカル需要の急増:オレオケミカルは、植物油のような天然資源に由来し、界面活性剤や洗剤の製造における様々な用途に非常に適した汎用性の高い特性を持っている。オレオケミカルは、それ自体が界面活性剤として働き、油や汚れの乳化や分散を助けるだけでなく、共界面活性剤としても機能し、起泡特性や安定性、洗浄剤全体の性能を高めることができる。

消費者は、特に界面活性剤や洗剤において、使用する製品への意識を高めている。毎日安心して使用できる、肌に優しいものを求める声が高まっている。オレオケミカルベースの界面活性剤はマイルドな洗浄特性を持ち、従来の界面活性剤に比べて皮膚刺激や乾燥の可能性を低減するため、ボディソープやシャンプーなどのパーソナルケア製品に魅力的である。

オレオケミカルは頑固な汚れ、油脂、粒子状物質の除去に優れているため、洗濯用洗剤、食器用洗剤、家庭用クリーナーなどの用途に適している。その高い洗浄力が、オレオケミカルの人気に拍車をかけている。天然成分を利用することで、オレオケミカルは界面活性剤や洗剤の最適な洗浄力と性能を達成するための持続可能で効果的なソリューションを提供します。その多用途性、マイルドさ、優れた洗浄能力により、進化する消費者の嗜好に沿った高品質な洗浄製品の貴重な原料となっている。

セグメント別インサイト

タイプの洞察タイプ別では、脂肪酸セグメントが2022年のインドオレオケミカル市場を支配した。セチルアルコールは化粧品によく使われる成分で、口紅、ヘアローション、シェービングクリームなどに幅広く使われている。さらに、様々な企業がグリセリンの使用を増やしているため、抗ヒスタミンクリームにも利用されている。粗製グリセリンの純度が市場成長において極めて重要な役割を果たすため、代替精製方法を模索するための広範な研究開発が進められている。

2021年には、特殊エステルが主要な収益貢献者に浮上した。これらのエステルは化粧品、ゴム生産で重要な役割を果たし、医薬品用途では潤滑油として機能する。さらに、界面活性剤や洗剤などの洗浄剤における脂肪酸の需要も高まっている。製薬業界も化粧品業界も、製品に脂肪酸を広く使用している。

アプリケーションの洞察医薬品・パーソナルケア分野は、予測期間中に急成長が見込まれる。パーソナルケアと化粧品分野は、天然で環境に優しい製品に対する消費者需要の増加から利益を得ている。消費者の成分に対する意識が高まるにつれ、メーカーは技術をアップグレードし、政府の規制枠組みを満たすための革新的なソリューションを取り入れている。この傾向は特に化粧品業界で顕著で、米国では製品需要の増加が見込まれている。

さらに、製薬業界や食品・飲料業界では、洗浄製品の需要増加によりグリセリン誘導体の需要が増加すると予測されており、これがオレオケミカルの需要を牽引している。オーガニック・パーソナルケア製品の生産におけるバイオベースの原料の使用は、市場の成長に寄与すると予想される。さらに、安定剤、バイオベースの増粘剤、食品添加物の使用の増加は、このセグメントの成長を促進すると予想される。

地域別の洞察2022年には、西インドがインドオレオケミカル市場の支配的なプレーヤーとして台頭し、金額ベースで最大の市場シェアを占めた。同地域は様々なエンドユーザー産業で需要が急増し、市場シェア拡大につながった。これは、多様な産業分野でバイオベースポリマーや脂肪酸などの原料の利用が増加したことによる。こうした原料の入手可能性と、そこから派生する製品に対する需要の高まりが相まって、市場のさらなる拡大が見込まれている。さらに、メーカーは天然製品を求める顧客の嗜好に応えるため、オレオケミカル製造に天然成分を取り入れる方向にシフトしている。
主要市場プレイヤー
VVF(インド)リミテッド
ゴドレイ・インダストリーズ社
3Fインダストリーズ社
インドアミン社
ユニバーサル・バイオフュエルズ社
オレオケム・インディア・プライベート・リミテッド
レポートの範囲
本レポートでは、インドのオレオケミカル市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドのオレオケミカル市場、タイプ別
o脂肪酸メチルエステル
o脂肪アルコール
o グリセリン
o脂肪酸
o その他
- インドのオレオケミカル市場、用途別
o 医薬品とパーソナルケア
o 石鹸・洗剤
o 食品と飲料
o ポリマー
o その他
- インドのオレオケミカル市場、地域別
o 北インド
o 東インド
o 西インド
o 南インド
競合状況
企業プロフィール:インドオレオケミカル市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインドオレオケミカル市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場プレイヤー(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Policy & Regulatory Landscape
5. Import-Export Analysis
6. India Oleochemicals Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type (Fatty Acid Methyl Esters, Fatty Alcohol, Glycerin, Fatty Acid and Others)
6.2.2. By Application (Pharmaceuticals & Personal Care, Soap & Detergents, Food & Beverages, Polymers and Others)
6.2.3. By Region
6.2.4. By Company (2022)
6.3. Market Map
7. North India Oleochemicals Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Application
8. East India Oleochemicals Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Application
9. West India Oleochemicals Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Application
10. South India Oleochemicals Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By Application
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
13. Pricing Analysis
14. India Economic Profile
15. PESTLE Analysis
16. Porter’s Five Forces Analysis
16.1. Competition in the Industry
16.2. Potential of New Entrants
16.3. Power of Suppliers
16.4. Power of Customers
16.5. Threat of Substitute Product
17. Competitive Landscape
17.1. Business Overview
17.2. Company Snapshot
17.3. Products & Services
17.4. Financials (In case of listed companies)
17.5. Recent Developments
17.6. SWOT Analysis
17.6.1. VVF (India) Limited.
17.6.2. Godrej Industries Limited
17.6.3. 3F Industries Limited.
17.6.4. Indo Amines Ltd.
17.6.5. Universal Biofuels Limited.
17.6.6. Oleochem India Private Limited.
18. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The India Oleochemicals Market achieved a total market value of USD 1.76 billion in 2023 and is poised for strong growth in the forecast period, with a projected Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 3.76% through 2029 and is anticipated to reach at USD 2.18 billion by 2029. Oleochemicals, primarily sourced from natural raw materials such as plant and animal fats, have garnered substantial attention in recent years. The production process involves the use of activated carbon to purify, decolorize, and deodorize fatty acids and their derivatives. A key advantage of oleochemicals lies in their biodegradable nature and low toxicity, making them highly environmentally friendly. Both scientists and consumers recognize and value these products for their natural, green, organic, safe, renewable, and biodegradable characteristics.

As a result, the demand for oleochemicals has surged, driven by the growing preference for green chemicals and high demand from various end-use industries. The ready availability of raw materials has also contributed to the increasing popularity of oleochemicals. With tightening environmental regulations and the depletion of non-renewable resources, oleochemicals are emerging as a viable alternative to petroleum-based products in the market. Manufacturers are proactively substituting chemical products with biobased eco-friendly alternatives to meet the rising demand for sustainable solutions. This transition not only reduces pollution but also leads to long-term time and cost savings.

In the food and beverage industry, oleochemicals are applied in the production of FDA-approved food packaging and food contact surface sanitizers. Additionally, triple-pressed stearic acid, a type of oleochemical, is widely used as a mold-release agent. The expanding food industry in developing countries, combined with increased oleochemical usage, is expected to create significant growth opportunities in the market. Furthermore, oleochemicals play a vital role in the production of household and industrial cleaning products such as surfactants, cleansing agents, emulsifiers, foam boosters, and degreasers. The rising disposable income and population growth in countries like India and China are anticipated to fuel the demand for oleochemicals in the Asia-Pacific region. Overall, the versatility and eco-friendliness of oleochemicals make them a promising solution in various industries, paving the way for sustainable and environmentally conscious practices.

Key Market Drivers

Growing Use of Oleochemicals in Pharmaceutical and Personal Care Industry: The pharmaceutical and personal care industries are experiencing a significant shift due to increasing consumer demand for natural and sustainable products. These industries are focusing on plant-based ingredients, leading to a rise in the utilization of oleochemicals in various formulations. Oleochemicals, sourced from renewable sources like vegetable oils, offer a sustainable and eco-friendly alternative to petrochemical-based ingredients. Their abundance and versatility make them a preferred choice for many applications.

In the pharmaceutical industry, oleochemicals serve as excipients, emulsifiers, solvents, surfactants, and lubricants. They facilitate drug formulation, enhance drug delivery systems, and improve the stability and bioavailability of pharmaceutical products. In the personal care industry, there is a growing demand for natural and eco-friendly products, and oleochemicals with their mild and skin-friendly properties are extensively used in products such as soaps, shampoos, lotions, cosmetics, and more. As consumers become increasingly conscious of the products they use, the demand for oleochemical-based personal care items continues to grow. Ongoing research and development efforts are driving innovation and expanding the applications of oleochemicals in these industries.

Rise in Demand for Oleochemicals in the Food Industry: Oleochemicals, including fatty acids, glycerol, and esters, offer a wide range of functional properties that benefit the food industry. They act as emulsifiers, stabilizers, thickeners, flavor enhancers, and texture modifiers, improving the quality, taste, and consistency of food products. Oleochemicals find applications in various segments of the food industry, such as bakery, confectionery, dairy, oils and fats, and processed meats.

With the increasing demand for clean label and natural ingredients from consumers, food manufacturers are turning to oleochemicals as a viable alternative to synthetic additives. Derived from natural sources, oleochemicals provide a more natural and clean label option for food formulations, aligning with the preferences of health-conscious individuals. Specific oleochemicals, like omega-3 fatty acids, are recognized for their health benefits, contributing to heart health, brain function, and overall well-being. By incorporating oleochemicals into food products, manufacturers can enhance their nutritional profile, enriching them with essential fatty acids and other beneficial compounds. Oleochemicals also play a crucial role in extending the shelf life of food products, preventing rancidity and prolonging freshness, which reduces food waste and ensures consumer satisfaction. In summary, oleochemicals offer multifaceted benefits to the food industry, enhancing product quality, meeting consumer demands for natural ingredients, boosting nutritional value, and extending shelf life.

Growing Demand for Oleochemicals in the Polymers Industry: The polymers industry is undergoing a significant transformation as it increasingly shifts toward sustainable and renewable feedstock options to reduce reliance on fossil fuels and mitigate environmental impact. Oleochemicals, derived from plant-based sources, are playing a crucial role in this transition. They serve as plasticizers, lubricants, emulsifiers, stabilizers, and processing aids, enhancing the performance and functionality of polymers.

Oleochemical-based biopolymers, such as polyhydroxyalkanoates (PHA) and polylactic acid (PLA), are emerging as promising alternatives to traditional petroleum-based polymers. These biopolymers offer biodegradability and a reduced carbon footprint, making them highly desirable in various industries. Ongoing research and innovation in oleochemical-based polymers are expanding the range of applications and opening opportunities for diverse industries to adopt sustainable solutions. The shift toward sustainable feedstock options and the development of oleochemical-based polymers hold great promise for the polymers industry, contributing to a more sustainable and environmentally conscious future.

Key Market Challenges

Raw Material Availability and Price Volatility: The oleochemicals industry heavily relies on raw materials sourced from vegetable oils and animal fats. The availability of these raw materials is crucial for the industry and is influenced by factors such as weather conditions, pests, diseases, and agricultural practices. Vegetable oils, including palm oil, soybean oil, and coconut oil, are major raw materials for oleochemical production, and their prices are subject to global supply and demand dynamics, geopolitical influences, weather events, and government policies.

Fluctuations in vegetable oil prices can significantly impact the cost structure and profitability of oleochemical manufacturers. Competition for the same raw materials from the food and biofuel sectors can lead to supply constraints and price volatility. Additionally, the industry faces sustainability challenges related to responsible sourcing and adherence to certification schemes, such as the Roundtable on Sustainable Palm Oil (RSPO). Ensuring a sustainable and ethical supply chain adds complexity and cost to raw material procurement. Balancing these factors is essential to ensure the industry's growth, profitability, and alignment with environmental and social goals.

Key Market Trends

Surging Demand for Oleochemicals in the Surfactants and Detergents Industry: Oleochemicals, derived from natural sources like vegetable oils, possess versatile properties that make them highly suitable for various applications in the production of surfactants and detergents. They act as surfactants themselves, aiding in emulsification and dispersion of oils and dirt, and can also serve as co-surfactants, enhancing foaming properties, stability, and overall performance of cleaning formulations.

Consumers are increasingly conscious of the products they use, particularly in surfactants and detergents. The demand for gentle and skin-friendly options that can be safely used daily is on the rise. Oleochemical-based surfactants offer mild cleansing properties, reducing the likelihood of skin irritation or dryness compared to traditional surfactants, making them appealing for personal care products such as body washes and shampoos.

Oleochemicals excel at removing tough stains, grease, and particulate matter, making them suitable for applications including laundry detergents, dishwashing liquids, and household cleaners. Their enhanced cleaning power has contributed to their popularity. By harnessing natural ingredients, oleochemicals offer a sustainable and effective solution for achieving optimal cleanliness and performance in surfactants and detergents. Their versatility, mildness, and excellent cleaning capabilities make them a valuable ingredient for high-quality cleaning products that align with evolving consumer preferences.

Segmental Insights

Type Insights: In terms of type, the fatty acid segment dominated the Indian Oleochemicals Market in 2022. Cetyl alcohol, a commonly used ingredient in cosmetics, finds extensive application in lipsticks, hair lotions, and shaving creams. Additionally, it is utilized in antihistamine creams due to increased use of glycerin by various companies. Extensive research and development efforts are underway to explore alternative methods for refining crude glycerin, as its purity plays a pivotal role in market growth.

In 2021, specialty esters emerged as the leading revenue contributor. These esters play a crucial role in cosmetics, rubber production, and serve as lubricants in pharmaceutical applications. Furthermore, there is a growing demand for fatty acids in cleaning agents such as surfactants and detergents. Both the pharmaceutical and cosmetic industries widely use fatty acids in their products.

Application Insights: The Pharmaceuticals & Personal Care segment is expected to experience rapid growth in the forecast period. The personal care and cosmetic segment benefits from increasing consumer demand for natural and eco-friendly products. As consumers become more ingredient-conscious, manufacturers are upgrading technologies and incorporating innovative solutions to meet government regulatory frameworks. This trend is particularly evident in the cosmetics industry, where there is an expected increase in product demand in the United States.

Furthermore, the pharmaceutical and food and beverages industries are projected to experience increased demand for glycerol derivatives due to the growing demand for cleaning products, which drives the demand for oleochemicals. The use of bio-based raw materials in the production of organic personal care products is expected to contribute to market growth. Additionally, the increased use of stabilizers, biobased thickeners, and food additives is expected to fuel the growth of this segment.

Regional Insights: In 2022, West India emerged as the dominant player in the India Oleochemicals Market, holding the largest market share in terms of value. The region experienced a surge in demand across various end-user industries, leading to market share growth. This was driven by the increased utilization of raw materials such as biobased polymers and fatty acids in diverse industrial sectors. The availability of these feedstocks, combined with rising demand for products derived from them, is expected to drive further market expansion. Additionally, manufacturers are shifting toward incorporating natural ingredients in oleochemical production to cater to customer preferences for natural products.
Key Market Players
VVF (India) Limited.
Godrej Industries Limited
3F Industries Limited.
Indo Amines Ltd.
Universal Biofuels Limited.
Oleochem India Private Limited.
Report Scope:
In this report, the India Oleochemicals Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Oleochemicals Market, By Type:
o Fatty Acid Methyl Esters
o Fatty Alcohol
o Glycerin
o Fatty Acid
o Others
• India Oleochemicals Market, By Application:
o Pharmaceuticals & Personal Care
o Soap & Detergents
o Food & Beverages
o Polymers
o Others
• India Oleochemicals Market, By Region:
o North India
o East India
o West India
o South India
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Oleochemicals Market.
Available Customizations:
India Oleochemicals Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Policy & Regulatory Landscape
5. Import-Export Analysis
6. India Oleochemicals Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type (Fatty Acid Methyl Esters, Fatty Alcohol, Glycerin, Fatty Acid and Others)
6.2.2. By Application (Pharmaceuticals & Personal Care, Soap & Detergents, Food & Beverages, Polymers and Others)
6.2.3. By Region
6.2.4. By Company (2022)
6.3. Market Map
7. North India Oleochemicals Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Application
8. East India Oleochemicals Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Application
9. West India Oleochemicals Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Application
10. South India Oleochemicals Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By Application
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
13. Pricing Analysis
14. India Economic Profile
15. PESTLE Analysis
16. Porter’s Five Forces Analysis
16.1. Competition in the Industry
16.2. Potential of New Entrants
16.3. Power of Suppliers
16.4. Power of Customers
16.5. Threat of Substitute Product
17. Competitive Landscape
17.1. Business Overview
17.2. Company Snapshot
17.3. Products & Services
17.4. Financials (In case of listed companies)
17.5. Recent Developments
17.6. SWOT Analysis
17.6.1. VVF (India) Limited.
17.6.2. Godrej Industries Limited
17.6.3. 3F Industries Limited.
17.6.4. Indo Amines Ltd.
17.6.5. Universal Biofuels Limited.
17.6.6. Oleochem India Private Limited.
18. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(acid)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る