世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドのモノエチレングリコール(MEG)市場:タイプ別(ポリエステル繊維・糸、PET樹脂、ポリエステルフィルム、その他)、最終用途別(包装、繊維、自動車、その他)、地域別、競争、予測、機会、2019-2029年


India Monoethylene Glycol (MEG) Market By Type (Polyester Fiber and Yarn, PET Resin, Polyester Film, Others), By End Use (Packaging, Textile, Automotive, Others), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2019-2029

インドのモノエチレングリコール(MEG)市場は、2023年に25.3億米ドルに達し、重要なマイルストーンを達成した。この目覚ましい成長軌道は、予測期間を通じて堅調な拡大が予測され、2029年までの年間平均成長率(... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
79 英語

 

サマリー

インドのモノエチレングリコール(MEG)市場は、2023年に25.3億米ドルに達し、重要なマイルストーンを達成した。この目覚ましい成長軌道は、予測期間を通じて堅調な拡大が予測され、2029年までの年間平均成長率(CAGR)は5.00%を誇り、2029年には33億4,000万米ドルに達すると予測されている。

モノエチレングリコール(MEG)は主に、高温で酸化銀触媒を使用したエチレンの酸化によって製造される。この過程で酸化エチレンが得られ、これを水和してモノエチレングリコールを製造する。この製造過程で、ジエチレングリコールとトリエチレングリコールも副生成物として生成される。MEGは無色、無臭、シロップ状の液体で、甘味を伴うのが特徴である。ステンレス、アルミ、ライニングのドラム缶、タンク車、タンクローリーで安全に貯蔵できる。MEGの比重は1.115で、引火点は110 °C(密閉式カップ)です。MEGは有害な性質を持っているため、道路、鉄道、航空、海上での輸送には適さない。

モノエチレングリコールの用途は広範で、さまざまな産業に影響を与えている。ポリエステル繊維、ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂、エンジン冷却剤の生産において重要な役割を果たしている。さらに、MEGとその誘導体は、樹脂、ソルベントカプラー、凝固点降下剤、溶剤、保湿剤などにも利用されている。特に、その保湿特性は、繊維処理、製紙産業、接着剤、インク、セロファンでの使用に理想的です。さらに、天然ガスパイプラインの脱水剤としても機能し、回収・再利用前の天然ガスクラスレートの形成を効果的に防止する。

これらの用途以外にも、MEGは食品・飲料、医薬品、化粧品などの製造工程で幅広く使われている。繊維セクターにおけるポリエステル繊維の需要が急増していることも、MEG市場をさらに活性化させている。さらに、包装業界と繊維業界は、プラスチック、特にPETの使用が増加しているため、MEGの需要急増に貢献している。特に製薬と食品・飲料パッケージングセクターは、業界の成長に大きな影響を与えている。シート、フィルム、ボトル、容器など様々な包装資材の生産にPETが多用されている。モノエチレングリコールがさまざまな産業で不可欠な役割を果たし、その生産プロセスを支え、革新的な製品の開発を可能にしていることは、こうした内容からも明らかである。

主な市場牽引要因

1.包装産業からのモノエチレングリコール需要の増加

モノエチレングリコールの需要は顕著な伸びを示しており、その主な要因は包装産業における利用の高まりである。ポリエステル繊維の需要増加とともに、高品質の包装材料へのニーズが高まり続ける中、インドのモノエチレングリコール市場はかつてない勢いで拡大している。

インドにおけるモノエチレングリコールの需要を牽引する上で、包装産業は極めて重要な役割を果たしている。MEGはポリエチレンテレフタレート(PET)製造の基礎原料として機能し、様々な包装用途に広く使用されている。PETは強度、透明性、バリア性などの優れた特性により、食品・飲料、パーソナルケア製品、医薬品などの包装に理想的な選択肢となっている。

持続可能性と環境への意識が高まるにつれ、PETは環境に優しい包装材料として大きな人気を博している。モノエチレングリコールはPET製造に不可欠な成分であるため、このことがモノエチレングリコールの需要拡大に寄与している。消費者層が急速に拡大し、可処分所得が増加しているインドは、モノエチレングリコール市場に大きな成長機会をもたらしている。

包装産業が進化を続け、消費者の刻々と変化するニーズに応えていくにつれ、PET、ひいてはモノエチレングリコールの需要も堅調な上昇軌道に乗ることが予想される。包装業界からのモノエチレングリコール需要の高まりに対応するため、メーカーは技術の進歩と革新的な生産プロセスに注力している。こうした取り組みは、製品の品質向上、生産効率の向上、よりクリーンで持続可能な製造方法の開発を目指すもので、これにより市場における高品質のモノエチレングリコールの安定供給を確保している。

2.繊維産業からのモノエチレングリコール需要の増大

繊維産業は、インドにおけるモノエチレングリコールの需要を牽引する重要な役割を果たしている。モノエチレングリコールはポリエステル繊維の製造に広く使用されており、繊維産業では衣料品、家庭用繊維製品、工業用繊維製品の製造に幅広く使用されている。ポリエステルは耐久性、耐シワ性、色持ちなどの優れた特性により消費者に支持されている。

インドの繊維産業は、人口増加、可処分所得の増加、ファッショントレンドの進化といった要因に後押しされ、著しい成長を遂げている。繊維製品の需要増加に伴い、ポリエステル繊維のニーズも増加しており、モノエチレングリコールの需要をさらに押し上げている。こうした需要の増加傾向は、インドの繊維産業とモノエチレングリコール産業の将来が有望であることを示している。

3.電池製造におけるモノエチレングリコール(MEG)の需要拡大

電気自動車(EV)の普及と再生可能エネルギーへの世界的なシフトにより、電池需要が大幅に増加している。電池は、EVに電力を供給し、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを貯蔵する上で重要な役割を果たしている。電池のさまざまな成分の中でも、モノエチレングリコール(MEG)はリチウムイオン電池の電解液に利用され、電池の効率と性能の向上に役立っている。

インドという国家は、電気モビリティの普及と二酸化炭素排出量の削減に重点を置く政府の方針により、EV市場の急速な成長を目の当たりにしている。このビジョンに沿って、同国は2030年までに自動車の30%電動化を達成することを目指しており、バッテリー技術の大幅な進歩を必要とする野心的な目標を設定している。これは、エネルギー貯蔵ソリューションに対する需要の高まりと相まって、バッテリー生産におけるMEGの必要性を高めている。

MEGは、そのユニークな特性により、リチウムイオン電池の理想的な選択肢として際立っている。沸点が高く、蒸気圧が低く、リチウム塩を溶解する能力を持つMEGは、電池の全体的な性能と安定性に貢献する。リチウムイオン・バッテリーの利用は、従来の鉛蓄電池に比べ、高いエネルギー密度、長寿命、高速充電機能など、いくつかの利点をもたらす。これらの要因は、電池製造における継続的な技術の進歩と相まって、インドの電池製造セクターにおけるMEGの需要増加に寄与している。

政府がクリーンで持続可能な代替エネルギーの推進を続けているため、リチウムイオン電池の需要は急増すると予想される。その結果、MEGの需要に拍車がかかり、インドのモノエチレングリコール市場がさらに拡大する大きな機会が生まれるだろう。バッテリー生産において重要な役割を果たすMEGは、進化するエネルギー情勢に不可欠な要素となり、より環境に優しい未来に向けたインドの歩みを支えることになるだろう。

主な市場課題

1.原料価格の変動

原油価格は、モノエチレングリコールの生産に多用される主原料であるエチレンの価格に直接的かつ大きな影響を与える。原油または天然ガス液体に由来するエチレンは、モノエチレングリコールの製造コストを決定する上で重要な役割を果たしている。したがって、原油価格の変動は、エチレンのコスト全体に連鎖的な影響を及ぼし、結果としてモノエチレングリコールの価格設定に影響を及ぼす可能性がある。

モノエチレングリコールの世界市場

原料価格の継続的な変動という課題は一般的な現象であり、インドも例外ではない。原油価格の変動は、モノエチレングリコール業界のメーカーの収益性と経営効率に大きな影響を与える可能性がある。原料価格の不安定さは、インドのMEGメーカーと消費者の双方に課題を突きつけている。

メーカーにとっては、価格が不安定なため、生産と価格戦略を正確に予測し、計画することがますます難しくなっている。原料コストの急激な上昇は利益率を圧迫し、予期せぬ下落は在庫管理の問題を引き起こす可能性がある。このような原料価格の不確実性は複雑な環境を生み出し、メーカーは経営の安定性を確保するために柔軟で適応力のあるアプローチを採用する必要がある。

一方、モノエチレングリコールの消費者もまた、原料価格の変動に直面している。変動はサプライ・チェーン全体を混乱させ、モノエチレン・グリコールに大きく依存する製品の入手可能性と価格に影響を及ぼす可能性がある。このような不確実性は、生産スケジュールの中断、コストの増加、モノエチレングリコールを利用した製品の低価格化と入手可能性の維持における潜在的な課題につながる可能性がある。

2.環境への配慮の高まり

インド政府は、持続可能な開発と二酸化炭素排出量削減の必要性を認識し、さまざまな包括的規制と政策を実施している。これらの施策は、より環境にやさしく、社会的に責任のあるビジネス環境を構築することを目的としている。モノエチレングリコール市場において、これらのイニシアチブは、この分野で事業を展開する企業にとってコンプライアンス上の課題となる。

こうした課題に対処するため、企業は大規模な研究開発に投資しなければならない。そうすることで、環境フットプリントを最小化できる革新的で環境に優しい生産方法を模索することができる。これには、エネルギー消費量の削減、廃棄物管理の最適化、事業全体を通じて環境に優しい慣行を採用する方法を見つけることが含まれる。

さらに、環境問題に対する消費者の意識と意識が高まり続けるなか、持続可能な製品やソリューションに対する需要が高まっている。このような消費者行動の変化は、インドのモノエチレングリコール市場が直面する課題をさらに激化させている。こうした需要の変化に対応するため、この分野の企業は適応し、進化しなければならない。従来の製造方法に代わる環境に優しい代替品を開発するか、既存の製造工程を環境配慮型に変更する必要がある。

持続可能性を受け入れ、コンプライアンス上の課題に積極的に取り組むことで、モノエチレングリコール市場の企業は、より環境に優しい未来に貢献できるだけでなく、成長と差別化のための新たな機会をつかむことができる。

主な市場動向

1.軽量自動車への需要の高まり

モノエチレングリコール(MEG)は、自動車産業で広く使用される軽量材料の製造において、極めて重要かつ不可欠な役割を果たしている。MEGは、ポリエチレンテレフタレート(PET)製造の主要成分として広く知られており、バンパー、内装部品、燃料システムなど様々な自動車部品に使用されているが、これらに限定されるものではない。

PETやその他の革新的な軽量素材の可能性を活用することで、自動車メーカーは安全性や性能を損なうことなく、大幅な軽量化を達成することができる。生産工程でMEGを利用することで、耐久性が高く、非常に軽量な素材の製造が容易になり、自動車全体の重量を効率的に減らすという包括的な目標に貢献する。これは燃費効率を向上させるだけでなく、自動車産業における持続可能性と環境意識の促進にもつながる。

セグメント別インサイト

タイプ別インサイト

モノエチレングリコールの種類の中で、ポリエステル繊維・糸セグメントが2022年のモノエチレングリコール(MEG)インド市場の支配的プレーヤーとして浮上した。このグレードのMEGは、卓越した吸湿特性、高い安定性、その他数多くの優れた特性により、ポリエチレンテレフタレート(PET)、繊維、ポリエステル樹脂の生産に広く使用されている。さらに、その顕著な吸湿特性により、合成ゴム、コンディショニング剤、その他幅広い紙製品での利用に非常に適しており、様々な産業において非常に汎用性の高い貴重な材料となっている。

最終用途の洞察

繊維分野は予測期間中に急成長を遂げると予測されている。これは、繊維産業におけるモノエチレングリコール(MEG)の多様な応用可能性に起因している。MEGは、染色、ポリエステル繊維の生産、捺染、仕上げ、繊維加工など、様々な工程で重要な役割を果たしている。その汎用性の高さから、プラスチック産業、特にポリエステル樹脂の生産において欠かせない原料となっている。

さらに、MEGは射出成形、ブロー成形、押出成形などのプラスチック加工において幅広い用途がある。さらに、MEGはプラスチック産業においてさらなる利点を提供する。着色剤、紫外線安定剤、難燃剤として使用でき、プラスチック製品の品質と特性をさらに向上させる。品質と特性を向上させたプラスチック製品に対する世界的な需要が増加し続けているため、プラスチック産業におけるモノエチレングリコールの需要は、予測期間中に増加すると予想される。この需要の増加は、プラスチック産業の進化するニーズを満たすMEGの重要性を反映している。

モノエチレングリコール(MEG)は、包装業界でポリエステル樹脂の生産に広く使用されている汎用性の高い化合物である。これらの樹脂は、ボトル、食品包装、フィルムなど、さまざまな包装材料の構成要素となっている。さらにMEGは、包装用途で重要な役割を果たす接着剤やコーティング剤の製造において、溶剤として幅広く使用されている。接着剤成分を溶解し、流動性と接着特性を高めることで、MEGベースの接着剤は効果的なカートンの密封、ラベルの貼付、食品包装を可能にする。MEGの多機能性により、MEGは包装分野において不可欠な成分となっており、多様な包装材料の完全性、耐久性、品質を保証している。

地域別インサイト

2022年のインドモノエチレングリコール(MEG)市場では、西インドが金額・数量ともに最大の市場シェアを占め、支配的なプレーヤーに浮上した。グジャラート州とマハラシュトラ州で構成される西インドは、主要港や産業拠点に近接した戦略的な位置にある。この有利な地理的位置は、効率的な輸送と物流を促進するだけでなく、MEGとその関連製品のシームレスな輸出入を可能にしている。この地域が主要な製造拠点に近く、堅牢なインフラ設備へのアクセスが容易であることは、MEG市場における西インドの優位性に大きく寄与している。

さらに、西インドは最先端の石油化学コンビナートや高度な製造施設など、発達した産業インフラを誇っている。この地域には、MEGの生産と加工に積極的に関与する化学・石油化学企業の活気あるエコシステムがある。さらに、高度に熟練した労働力、技術的専門知識、支援的な政府政策が利用可能であることから、MEG市場における西インドの競争力はさらに強化され、業界の主要プレーヤーとしての地位を確固たるものにしている。
主要市場プレイヤー
リライアンス・インダストリーズ社
インディアン・オイル・コーポレーション・リミテッド
インディア・グリコールズ・リミテッド
アーラム・ペトロケム・プライベート・リミテッド
ヘルム・インディア・プライベート・リミテッド
レポートの範囲
本レポートでは、インドのモノエチレングリコール(MEG)市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドのモノエチレングリコール(MEG)市場:タイプ別
o ポリエステル繊維と糸
o PET樹脂
o ポリエステルフィルム
o その他
- インドのモノエチレングリコール(MEG)市場:最終用途別
o パッケージング
o 繊維
o 自動車
その他
- インドのモノエチレングリコール(MEG)市場:地域別
o 北インド
o 東インド
o 西インド
o 南インド
競合状況
企業プロフィール:インドのモノエチレングリコール(MEG)市場に存在する主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインドモノエチレングリコール(MEG)市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
2. Research Methodology
3. Impact of COVID-19 on India Monoethylene Glycol (MEG) Market
4. Executive Summary
5. Voice of Customer
6. India Monoethylene Glycol (MEG) Market: Demand & Supply Analysis
6.1. Production
6.1.1. By Company
6.2. Import
6.3. Export
6.4. Inventory
6.5. Demand-Supply Gap
7. India Monoethylene Glycol (MEG) Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type (Polyester Fiber and Yarn, PET Resin, Polyester Film, Others)
7.2.2. By End Use (Packaging, Textile, Automotive, Others)
7.2.3. By Region
7.2.4. By Company (2023)
7.3. Market Map
7.3.1. By Type
7.3.2. By End Use
7.3.3. By Distribution Channel
8. North India Monoethylene Glycol (MEG) Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By End Use
9. South India Monoethylene Glycol (MEG) Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value & Volume
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By End Use
10. West India Monoethylene Glycol (MEG) Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value & Volume
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By End Use
11. East India Monoethylene Glycol (MEG) Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value & Volume
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Type
11.2.2. By End Use
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends & Developments
14. Policy & Regulatory Landscape
15. India Economic Profile
16. Competitive Landscape
16.1. Reliance Industries Limited
16.2. Indian Oil Corporation Limited
16.3. India Glycols Limited
16.4. Arham Petrochem Private Limited
16.5. HELM India Private Limited
17. Strategic Recommendations
18. About us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The India Monoethylene Glycol (MEG) Market has achieved a significant milestone by reaching USD 2.53 billion in 2023. This impressive growth trajectory is expected to continue with robust expansion projected throughout the forecast period, boasting a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 5.00% through 2029 and is anticipated to reach at USD 3.34 billion by 2029.

Monoethylene Glycol (MEG) is primarily produced through the oxidation of ethylene, utilizing a silver oxide catalyst at high temperatures. This process yields ethylene oxide, which is then hydrated to produce monoethylene glycol. In the course of this production, diethylene and triethylene glycols are also generated as co-products. MEG is characterized by its colorless, odorless, and syrupy liquid form, accompanied by a sweet taste. It can be safely stored in stainless steel, aluminum, or lined drums, tank cars, and tank trucks. Notably, MEG has a specific gravity of 1.115 and a flashpoint of 110 °C (closed cup). It's crucial to highlight that MEG is unsuitable for transportation via road, rail, air, or sea due to its harmful nature, especially if ingested.

The applications of monoethylene glycol are extensive and impactful across multiple industries. It plays a vital role in the production of polyester fibers, polyethylene terephthalate (PET) resins, and engine coolants. Additionally, MEG and its derivatives find utility in resins, solvent couplers, freezing point depression, solvents, and humectants. Notably, its humectant properties make it ideal for use in textile fiber treatment, the paper industry, as well as in adhesives, inks, and cellophane. Furthermore, it serves as a dehydration agent in natural gas pipelines, effectively preventing the formation of natural gas clathrates before being collected and reused.

Beyond these applications, MEG finds extensive usage in the manufacturing processes of food and beverages, medicines, cosmetics, and more. The burgeoning demand for polyester fiber in the textile sector further fuels the market for MEG. Additionally, the packaging and textile industries contribute to the surge in demand for MEG due to the growing use of plastics, particularly PET. The pharmaceutical and food & beverage packaging sectors, in particular, significantly impact industry growth. They rely heavily on PET for the production of various packaging materials such as sheets, films, bottles, and containers. These details underscore the indispensable role of monoethylene glycol in various industries, supporting their production processes and enabling the development of innovative products.

Key Market Drivers

1. Increasing Demand for Monoethylene Glycol from the Packaging Industry

The demand for monoethylene glycol is witnessing remarkable growth, largely propelled by its heightened utilization in the packaging industry. As the need for high-quality packaging materials continues to rise, alongside the increasing demand for polyester fibers, the monoethylene glycol market in India is expanding at an unprecedented rate.

The packaging industry plays a pivotal role in driving the demand for monoethylene glycol in India. MEG serves as a fundamental ingredient in the production of polyethylene terephthalate (PET), which is widely used in various packaging applications. The exceptional properties of PET, such as strength, transparency, and barrier capabilities, make it an ideal choice for packaging food and beverages, personal care products, pharmaceuticals, and more.

With a growing emphasis on sustainability and environmental consciousness, PET has gained significant popularity as an eco-friendly packaging material. This, in turn, has contributed to the growing demand for monoethylene glycol, as it is an essential component in PET production. India, with its rapidly expanding consumer base and rising disposable income, presents a significant growth opportunity for the monoethylene glycol market.

As the packaging industry continues to evolve and meet the ever-changing needs of consumers, the demand for PET and, consequently, monoethylene glycol is expected to witness a robust upward trajectory. To meet the escalating demand for monoethylene glycol from the packaging industry, manufacturers are focusing on technological advancements and innovative production processes. These initiatives aim to enhance product quality, increase production efficiency, and develop cleaner and more sustainable manufacturing practices, thereby ensuring a steady supply of high-quality monoethylene glycol in the market.

2. Growing Demand for Monoethylene Glycol from the Textile Industry

The textile industry plays a crucial role in driving the demand for monoethylene glycol in India. Monoethylene glycol is widely used in the production of polyester fibers, which find extensive applications in the textile industry for the manufacturing of clothing, home textiles, and industrial textiles. Polyester is favored by consumers due to its exceptional properties such as durability, wrinkle resistance, and color retention.

India's textile industry is experiencing significant growth, fueled by factors such as population growth, rising disposable income, and evolving fashion trends. With the increasing demand for textiles, the need for polyester fibers is also on the rise, thereby further boosting the demand for monoethylene glycol. This upward trend in demand indicates a promising future for the textile and monoethylene glycol industries in India.

3. Growing Demand for Monoethylene Glycol (MEG) in the Production of Batteries

The increasing adoption of electric vehicles (EVs) and the global shift towards renewable energy sources have led to a significant rise in battery demand. Batteries play a crucial role in powering EVs and storing renewable energy generated from sources such as solar and wind. Among the various components of batteries, monoethylene glycol (MEG) is utilized in the electrolyte solution of lithium-ion batteries, where it helps enhance the efficiency and performance of the batteries.

India, as a nation, is witnessing rapid growth in the EV market, driven by the government's focus on promoting electric mobility and reducing carbon emissions. In line with this vision, the country aims to achieve 30% electrification of vehicles by 2030, setting an ambitious target that requires significant advancements in battery technology. This, coupled with the rising demand for energy storage solutions, is driving the need for MEG in battery production.

MEG stands out as an ideal choice for lithium-ion batteries due to its unique properties. With a high boiling point, low vapor pressure, and the ability to dissolve lithium salts, MEG contributes to the overall performance and stability of the batteries. The utilization of lithium-ion batteries brings several advantages over traditional lead-acid batteries, including higher energy density, longer lifespan, and faster charging capabilities. These factors, combined with ongoing technological advancements in battery production, are contributing to the increasing demand for MEG in India's battery manufacturing sector.

As the government continues to promote clean and sustainable energy alternatives, the demand for lithium-ion batteries is expected to surge. This, in turn, will fuel the demand for MEG, creating significant opportunities for the monoethylene glycol market in India to expand further. With its critical role in battery production, MEG is poised to become an integral component of the evolving energy landscape, supporting the country's journey towards a greener future.

Key Market Challenges

1. Volatility in Prices of Raw Materials

Crude oil prices have a direct and significant impact on the pricing of ethylene, a primary raw material extensively used in the production of monoethylene glycol. Ethylene, which is derived from crude oil or natural gas liquids, plays a crucial role in determining the cost of production for monoethylene glycol. Therefore, any fluctuations in the price of crude oil can have a cascading effect on the overall cost of ethylene, consequently affecting the pricing of monoethylene glycol.

In the global monoethylene glycol market

, the challenge of continuous fluctuations in raw material prices is a common phenomenon, and India is no exception. The volatility in crude oil prices can significantly impact the profitability and operational efficiency of manufacturers in the monoethylene glycol industry. The instability in raw material prices poses challenges for both MEG manufacturers and consumers in India.

For manufacturers, the volatile prices make it increasingly challenging to accurately forecast and plan their production and pricing strategies. The sudden increases in raw material costs can squeeze profit margins, while unexpected drops can create inventory management issues. This uncertainty in raw material prices creates a complex environment that requires manufacturers to adopt flexible and adaptive approaches to ensure operational stability.

On the other hand, consumers of monoethylene glycol also face the consequences of fluctuating raw material prices. The fluctuations can disrupt the overall supply chain, affecting the availability and pricing of products that heavily rely on monoethylene glycol. This uncertainty can lead to production schedule disruptions, increased costs, and potential challenges in maintaining the affordability and availability of products utilizing monoethylene glycol.

2. Growth in Environmental Considerations

The Indian government, recognizing the importance of sustainable development and the need to reduce carbon emissions, has implemented a range of comprehensive regulations and policies. These measures aim to create a more environmentally friendly and socially responsible business environment. In the context of the monoethylene glycol market, these initiatives pose compliance challenges for companies operating in the sector.

To address these challenges, companies must invest in extensive research and development efforts. By doing so, they can explore innovative and greener production methods that can minimize their environmental footprint. This includes finding ways to reduce energy consumption, optimizing waste management, and adopting environmentally friendly practices throughout their operations.

Furthermore, as consumer awareness and consciousness regarding environmental issues continue to grow, there is an increasing demand for sustainable products and solutions. This shift in consumer behavior further intensifies the challenges faced by the monoethylene glycol market in India. To meet these changing demands, companies in the sector must adapt and evolve. They must either develop eco-friendly alternatives to traditional production methods or modify their existing manufacturing processes to align with environmental considerations.

By embracing sustainability and proactively addressing compliance challenges, companies in the monoethylene glycol market can not only contribute to a greener future but also seize new opportunities for growth and differentiation.

Key Market Trends

1. Growing Demand for Lightweight Vehicles

Monoethylene glycol (MEG) plays a crucial and indispensable role in the production of lightweight materials used extensively in the automotive industry. MEG is prominently known as a key component in the manufacturing of polyethylene terephthalate (PET), a versatile and widely used polymer that finds its applications in various vehicle components, including but not limited to bumpers, interior parts, and fuel systems.

By harnessing the potential of PET and other innovative lightweight materials, automakers can achieve a significant reduction in vehicle weight without compromising safety or performance. The utilization of MEG in the production process facilitates the creation of durable and exceptionally lightweight materials, thereby contributing to the overarching objective of efficiently reducing the overall weight of vehicles. This not only enhances fuel efficiency but also promotes sustainability and environmental consciousness in the automotive industry.

Segmental Insights

Type Insights

Among the types of monoethylene glycol, the polyester fiber and yarn segment emerged as the dominant player in the Indian market for Monoethylene Glycol (MEG) in 2022. This grade of MEG is extensively employed in the production of polyethylene terephthalate (PET), fiber, and polyester resins due to its exceptional moisture absorption properties, high stability, and numerous other outstanding characteristics. Furthermore, its remarkable hygroscopic properties make it highly suitable for utilization in synthetic rubber, conditioning agents, and a wide range of other paper products, making it an incredibly versatile and valuable material in various industries.

End-Use Insights

The textile segment is projected to experience rapid growth during the forecast period. This is attributed to the diverse applicability of monoethylene glycol (MEG) in the textile industry. MEG plays a crucial role in various processes, including dyeing, polyester fiber production, textile printing, finishing, and textile processing. Its versatile nature makes it an indispensable raw material in the plastic industry, particularly in the production of polyester resins.

Additionally, MEG finds wide-ranging applications in plastic processing, such as injection molding, blow molding, and extrusion. Moreover, MEG offers additional benefits in the plastic industry. It can be used as a colorant, UV stabilizer, and flame retardant, further enhancing the quality and properties of plastic products. As the global demand for plastic products with improved quality and properties continues to rise, the demand for monoethylene glycol from the plastic industry is anticipated to bolster over the forecasted period. This increased demand reflects the importance of MEG in meeting the evolving needs of the plastic industry.

Monoethylene glycol (MEG) is a versatile compound widely employed in the packaging industry for the production of polyester resins. These resins, in turn, serve as the building blocks for various packaging materials, including bottles, food packaging, and films. Moreover, MEG finds extensive use as a solvent in the manufacturing of adhesives and coatings, which play a crucial role in packaging applications. By dissolving adhesive ingredients and enhancing flow and bonding properties, MEG-based adhesives enable effective carton sealing, label application, and food packaging. The multifunctional nature of MEG makes it an indispensable component in the packaging sector, ensuring the integrity, durability, and quality of diverse packaging materials.

Regional Insights

West India emerged as the dominant player in the India Monoethylene Glycol (MEG) Market in 2022, holding the largest market share in terms of both value and volume. West India, comprising the states of Gujarat and Maharashtra, is strategically positioned in close proximity to major ports and industrial hubs. This advantageous geographical location not only facilitates efficient transportation and logistics but also enables seamless import and export of MEG and its related products. The region's close proximity to key manufacturing centers and easy access to robust infrastructure facilities significantly contribute to West India's dominant position in the MEG market.

Moreover, West India boasts a well-developed industrial infrastructure, including state-of-the-art petrochemical complexes and advanced manufacturing facilities. The region is home to a thriving ecosystem of chemical and petrochemical companies that are actively involved in the production and processing of MEG. Furthermore, the availability of highly skilled labor, technical expertise, and supportive government policies further augments the competitiveness of West India in the MEG market, solidifying its position as a key player in the industry.
Key Market Players
Reliance Industries Limited
Indian Oil Corporation Limited
India Glycols Limited
Arham Petrochem Private Limited
HELM India Private Limited
Report Scope:
In this report, the India Monoethylene Glycol (MEG) Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Monoethylene Glycol (MEG) Market, By Type:
o Polyester Fiber and Yarn
o PET Resin
o Polyester Film
o Others
• India Monoethylene Glycol (MEG) Market, By End Use:
o Packaging
o Textile
o Automotive
o Others
• India Monoethylene Glycol (MEG) Market, By Region:
o North India
o East India
o West India
o South India
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Monoethylene Glycol (MEG) Market.
Available Customizations:
India Monoethylene Glycol (MEG) Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
2. Research Methodology
3. Impact of COVID-19 on India Monoethylene Glycol (MEG) Market
4. Executive Summary
5. Voice of Customer
6. India Monoethylene Glycol (MEG) Market: Demand & Supply Analysis
6.1. Production
6.1.1. By Company
6.2. Import
6.3. Export
6.4. Inventory
6.5. Demand-Supply Gap
7. India Monoethylene Glycol (MEG) Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type (Polyester Fiber and Yarn, PET Resin, Polyester Film, Others)
7.2.2. By End Use (Packaging, Textile, Automotive, Others)
7.2.3. By Region
7.2.4. By Company (2023)
7.3. Market Map
7.3.1. By Type
7.3.2. By End Use
7.3.3. By Distribution Channel
8. North India Monoethylene Glycol (MEG) Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By End Use
9. South India Monoethylene Glycol (MEG) Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value & Volume
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By End Use
10. West India Monoethylene Glycol (MEG) Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value & Volume
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By End Use
11. East India Monoethylene Glycol (MEG) Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value & Volume
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Type
11.2.2. By End Use
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends & Developments
14. Policy & Regulatory Landscape
15. India Economic Profile
16. Competitive Landscape
16.1. Reliance Industries Limited
16.2. Indian Oil Corporation Limited
16.3. India Glycols Limited
16.4. Arham Petrochem Private Limited
16.5. HELM India Private Limited
17. Strategic Recommendations
18. About us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る