世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドのマラリア診断薬市場:技術別(分子診断テスト、迅速診断テスト、その他)、エンドユーザー別(病院・診療所、診断センター、在宅医療、その他)、地域別、競争、予測・機会、2018-2028F


India Malaria Diagnostics Market By Technology (Molecular Diagnostic Tests, Rapid Diagnostic Test, Others), By End User (Hospitals & Clinics, Diagnostic Centers, Home care, Others), Region, Competition, Forecast & Opportunities, 2018-2028F

インドのマラリア診断薬市場は、2024年から2028年の間に著しいCAGRを記録すると予測されている。マラリア罹患率の高さ、医療費の上昇、研究開発活動の増加などが、インド・マラリア診断薬市場の成長を後押しして... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
75 英語

 

サマリー

インドのマラリア診断薬市場は、2024年から2028年の間に著しいCAGRを記録すると予測されている。マラリア罹患率の高さ、医療費の上昇、研究開発活動の増加などが、インド・マラリア診断薬市場の成長を後押ししている。近年、インドではマラリア患者の増加が続いており、人口のかなりの部分が危険にさらされている。この病気の蔓延を食い止めるため、インド政府はマラリア診断ツールの使用を積極的に奨励している。マラリア診断の使用を奨励するため、国家媒介感染症対策計画(NVBDCP)は、全国の医療施設に迅速診断検査(RDT)を配布するなど、いくつかの戦略を実施している。このことが、インドマラリア診断薬市場の成長を支えるものと期待されている。

より正確で信頼性の高いマラリア診断薬の開発は、技術の進歩によって促進されている。顕微鏡検査やRDTのような旧来の診断法に比べ、PCRやLAMP(Loop-Mediated Isothermal Amplification)のような最新の診断法は、より高感度で特異的です。その結果、インドではこうした最新の診断検査に対するニーズが高まっている。農村部における医療アクセスの強化に重点を置くインドは、近年、医療インフラに多額の投資を行っている。これにより国内の医療施設数が増加し、マラリア診断薬の需要も高まっている。

インドでは、マラリア治療と早期発見の重要性に対する認識が高まっている。公衆衛生キャンペーンを数多く実施し、国民にマラリアについて知ってもらう活動を行ったことが、このような状況を招きました。その結果、マラリアの診断検査を求める人が増え、インドのマラリア診断薬市場の拡大につながった。

マラリア診断薬市場では、ポイントオブケア検査(POCT)の利用が増加している。マラリアの迅速な診断と治療はPOCTによって可能となり、診断施設へのアクセスが制限される可能性のある農村環境では極めて重要である。今後数年間で、POCT機器はより広く利用できるようになり、市場の拡大を後押しするはずである。インドのマラリア診断薬市場では、民間セクターの投資が活発化している。同国におけるマラリア罹患率の上昇と、正確で信頼性の高いマラリア診断薬に対する需要の高まりが、この支出を後押ししている。技術革新を促し、マラリア診断薬へのアクセスを容易にすることで、この民間セクターの投資は市場拡大を後押しすると予想される。

インドでは、マラリアの早期診断と早期治療の重要性に対する人々の意識が高まっている。公衆衛生キャンペーンや教育的取り組みがこうした意識に拍車をかけ、マラリア検査の需要を後押ししている。その結果、マラリア診断検査を求める人が増え、市場は今後数年間で拡大すると予想される。
迅速診断検査(RDT)は、インドにおけるマラリア診断の新たな進歩である。この検査では、15~20分以内に患者の血液中のマラリア原虫の存在を確認することができます。RDTは使い方が簡単で、特別な装置を必要とせず、持ち運びができるため、従来の顕微鏡検査ができないような遠方でも利用できる。さらに、RDTは感度と特異度が高いため、マラリアを診断する効率的な方法です。

しかし、マラリア診断薬のインド市場の成長は、多くの懸念によって妨げられている。これらの困難には、知識不足、過大なコスト、有能な従事者の不足、不十分なインフラ、厳しい規制法などが含まれる。インドの多くの人々にとって、マラリア診断薬のコストは利用を阻む大きな障壁となり得る。安価な診断検査の一種である迅速診断検査(RDT)は選択肢の一つであるが、その精度と信頼性はすべてのケースで保証されるわけではない。PCR法など、より精度の高い診断検査は価格が高く、多くの人々の手が届かない可能性がある。インドにおけるマラリア診断薬の使用と普及は、不十分な保管施設、貧弱な道路網、エネルギーへのアクセス制限といったインフラの問題によって妨げられる可能性がある。例えば、いくつかの診断法では冷蔵保存が必要だが、電力供給が乏しい場所では実現不可能かもしれない。

マラリアの蔓延
インドではマラリアの流行が拡大しており、マラリア診断薬市場の需要が拡大すると予測される。患者が適切な治療を受けられるようにするため、発病者が増えるにつれて、正確で信頼できる診断検査の必要性が高まるだろう。その結果、インドのマラリア診断薬市場は今後数年間で拡大すると予想される。2019年版世界マラリア報告』によると、インドは世界のマラリア負担の3%を占めている。インドはSEA地域で最もマラリア罹患率が高いが、2017年と比較すると、罹患者数は49%、罹患による死亡者数は50.5%減少している。過去数年間、インドではマラリアの罹患率が大幅に減少している。良いニュースは、インドのマラリア罹患率が目を見張るほど減少していることで、2016年と比較して2017年は24%、2017年と比較して2018年は28%減少したと推定されている。この減少は「世界マラリア報告」でも指摘されている。

インドは近年、マラリア撲滅に向けて大きく前進しており、2018年から2022年にかけて公式のマラリア罹患数は約66%減少している。この進歩は称賛に値するとはいえ、WHOの東南アジア地域におけるマラリアの負担の大部分は依然としてインドに集中しているため、マラリアが完全に根絶されるまでにはまだ長い道のりがある。

インドにおけるマラリアの罹患率の増加は、マラリアの診断検査に対する需要を高め、その開発への投資を促すと予測されている。マラリア診断薬の市場はこれほど大きく拡大しているため、インドにおけるマラリア診断の難しさを克服するのに役立つ最先端の診断技術を開発するビジネスチャンスは大いにある。これには、資源が限られた環境でも適用可能な新しいポイント・オブ・ケア診断テストや、感度と特異性を高めた新しい分子診断アッセイの開発が含まれる。

技術の進歩
インドにおけるマラリア診断薬に関連する技術の進歩は、近年のインド・マラリア診断薬市場の成長に大きな影響を与えており、今後もその成長に影響を与えると予想される。例えば、タタ・トラストのプログラムであるインディア・ヘルス・ファンド(IHF)は、感染症の健康アウトカムに焦点を当てており、様々な疾患の診断に使用される可能性のある2つのプラットフォーム技術への融資を発表している。融資される技術には、デング熱、チクングニア、マラリアを特定するための発熱パネルと、様々な病気の特定に使用できる顕微鏡に依存しないAI対応診断ソフトウェアが含まれる。これらはそれぞれAmeliorate Biotech Pvt LtdとMedprime Technologiesによって開発された。

市場セグメンテーション
インドのマラリア診断市場は、技術別、エンドユーザー別、地域別に区分することができる。技術別では、インドマラリア診断薬市場は分子診断テスト、迅速診断テスト、その他に分けられる。エンドユーザー別では、インドマラリア診断薬市場は病院・クリニック、診断センター、在宅医療、その他に分けられる。地域別では、インドマラリア診断薬市場は北インド、南インド、西インド、東インドに分けられる。

市場プレイヤー
Bio-Rad Laboratories Inc.、Abbott Laboratories、Roche Diagnostics India Pvt Ltd、Hologic, Inc.、Access Bio Inc.、Becton Dickinson India Private Limited、Siemens Healthineers AG、Meridian Bioscience, Inc.、Sysmex India Private Limitedなどがインドマラリア診断市場に参入している大手企業です。
レポートの範囲
本レポートでは、インドマラリア診断薬市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドのマラリア診断薬市場:技術別
o 分子診断検査
o迅速診断テスト
o その他
- インドのマラリア診断市場:エンドユーザー別
o 病院・診療所
診断センター
o 在宅医療
o その他
競合状況
企業プロフィール:インドマラリア診断薬市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ:
TechSci Research社は、与えられた市場データをもとに、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. India Malaria Diagnostics Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Technology (Molecular Diagnostic Tests, Rapid Diagnostic Test, Others)
5.2.2. By End User (Hospitals & Clinics, Diagnostic Centers, Home care, Others)
5.2.3. By Region
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
5.4.1. By Technology
5.4.2. By End User
5.4.3. By Region
6. North India Malaria Diagnostics Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Technology
6.2.2. By End User
7. South India Malaria Diagnostics Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Technology
7.2.2. By End User
8. West India Malaria Diagnostics Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Technology
8.2.2. By End User
9. East India Malaria Diagnostics Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Technology
9.2.2. By End User
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
11.1. Recent Developments
11.2. Mergers & Acquisitions
11.3. Product Developments
12. Policy & Regulatory Landscape
13. India Economic Profile
14. India Malaria Diagnostics Market: SWOT Analysis
15. Porter’s Five Forces Analysis
15.1. Competition in the Industry
15.2. Potential of New Entrants
15.3. Power of Suppliers
15.4. Power of Customers
15.5. Threat of Substitute End Users
16. PESTLE Analysis
17. Competitive Landscape
17.1. Business Overview
17.2. Product Offerings
17.3. Recent Developments
17.4. Financials (As Reported)
17.5. Key Personnel
17.5.1. Bio-Rad Laboratories Inc.
17.5.2. Abbott India Limited
17.5.3. Roche Diagnostics India Pvt Ltd
17.5.4. Hologic, Inc.
17.5.5. Access Bio Inc
17.5.6. Becton Dickinson India Private Limited
17.5.7. Siemens Healthineers AG
17.5.8. Meridian Bioscience, Inc.
17.5.9. Sysmex India Private Limited
18. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India Malaria Diagnostics Market is anticipated to register a remarkable CAGR between 2024 and 2028. The high rate of malaria, the rising cost of healthcare, and the increase in R&D activities, among others are driving the growth of India Malaria Diagnostics Market. In recent years, India has witnessed an ongoing increase in the number of malaria cases, with a significant portion of the population at risk. To stop the spread of the disease, the Indian government has been actively encouraging the use of diagnostic tools for malaria. In order to encourage the use of malaria diagnoses, the National Vector Borne Disease Control Programme (NVBDCP) has been implementing several strategies into place, such as distributing rapid diagnostic tests (RDTs) to healthcare facilities all across the nation. This in turn is expected to support the growth of India Malaria Diagnostics Market.

The development of more precise and dependable diagnostics for malaria has been facilitated by technological advancements. In comparison to older diagnostic procedures like microscopy and RDTs, more recent diagnostic procedures like PCR and Loop-Mediated Isothermal Amplification (LAMP) are more sensitive and specific. As a result, there is a rising need for these more recent diagnostic tests in India. With a focus on enhancing access to healthcare in rural regions, India has recently made significant investments in its healthcare infrastructure. This has increased the number of medical facilities in the nation, which has in turn increased the demand for diagnostics for malaria.

In India, awareness of the importance of malaria treatment and early detection has grown. Numerous public health campaigns and activities meant to inform the public about the condition have led to this. As a result, more individuals are looking for diagnostic tests for malaria, which has helped the malaria diagnostics market in India expand.

The market for malaria diagnostics is seeing an increase in the use of point-of-care testing (POCT). Rapid malaria diagnosis and treatment are made possible by POCT, which is crucial in rural settings with potentially restricted access to diagnostic facilities. In the upcoming years, POCT devices should become more widely available, supporting the market's expansion. In India's market for malaria diagnostics, the private sector is investing more and more. The rising incidence of malaria in the nation and the rising demand for precise and dependable malaria diagnostics are just two of the causes driving this expenditure. By encouraging innovation and facilitating easier access to malaria diagnostics, this private sector investment is anticipated to assist market expansion.

In India, people are becoming more and more conscious of the significance of early malaria diagnosis and treatment. Public health campaigns and educational initiatives are fueling this awareness and helping to boost demand for malaria tests. As a result, the market is anticipated to expand in the upcoming years as more people seek malaria diagnostic tests.
Rapid diagnostic tests (RDTs) are a new advancement in malaria diagnoses in India. Within 15 to 20 minutes, these tests can identify the presence of malaria parasites in a patient's blood. RDTs can be utilised even in distant locations where conventional microscopy might not be available because they are simple to use, don't need any specialised equipment, and are portable. Additionally, RDTs are an efficient method for diagnosing malaria because of their high sensitivity and specificity.

However, the growth of the Indian market for malaria diagnostics is being hampered by a number of concerns. These difficulties include a lack of knowledge, excessive costs, a shortage of competent workers, inadequate infrastructure, and strict regulatory laws. For many people in India, the cost of malaria diagnostics can be a significant barrier to access. Rapid diagnostic tests (RDTs), a type of affordable diagnostic test, are one option, however their accuracy and dependability cannot be guaranteed in all cases. More precise diagnostic tests, such those based on PCR, might be pricey and may not be within the means of many people. The usage and dissemination of malaria diagnostics in India may be hampered by infrastructure issues such inadequate storage facilities, poor road networks, and restricted access to energy. For instance, several diagnostic procedures demand refrigeration, which may not be feasible in places with poor electricity supply.

Growing Prevalence of Malaria
India's growing malaria prevalence is predicted to increase demand for malaria diagnostics market. There will be a larger need for precise and trustworthy diagnostic tests as more people develop the illness, in order to make sure that patients receive the right care. The Indian market for malaria diagnostics is anticipated to increase as a result in the upcoming years. India accounts for 3% of the world's malaria burden, according to the 2019 World Malaria Report. India has the highest rate of malaria in the SEA area, although compared to 2017, there were 49% less cases and 50.5% less fatalities due to the disease. The incidence of malaria has decreased significantly in India during the past few years. The good news is that India's malaria incidence has been seeing a spectacular reduction, with cases estimated to have fallen by 24% in 2017 compared to 2016 and 28% in 2018 compared to 2017. This decline was also noted in the World Malaria Report.

India has made great strides towards eliminating malaria in recent years, with the official malaria load falling by about 66% between 2018 and 2022. Even though this progress is commendable, there is still a long way to go before malaria is completely eradicated because the majority of the disease's burden in WHO's South-East Asia area still falls on India.

The rising incidence of malaria in India is projected to increase demand for diagnostic tests for the disease as well as encourage investment in their development. Because there is such a sizable and expanding market for malaria diagnostics, there is a sizable opportunity for businesses to create cutting-edge diagnostic technologies that can assist in overcoming the difficulties connected with malaria diagnosis in India. This could involve creating new point-of-care diagnostic tests that can be applied in environments with limited resources or creating new molecular diagnostic assays with enhanced sensitivity and specificity.

Technological Advancements
The technological advancements related to malaria diagnostics in India have had a significant impact on the growth of the India malaria diagnostics market in recent years and are expected to continue to influence its growth in the coming years. For instance, a Tata Trusts programme called India Health Fund (IHF), which focuses on infectious disease health outcomes, has announced financing for two platform technologies that may be used to diagnose a variety of diseases. The technologies being financed include a fever panel to identify dengue, chikungunya, and malaria, as well as microscope-independent AI-enabled diagnosis software that can be used to identify a variety of diseases. They were created by Ameliorate Biotech Pvt Ltd and Medprime Technologies, respectively.

Market Segmentation
India Malaria Diagnostics Market can be segmented by technology, by end user, and by region. Based on technology, the India Malaria Diagnostics Market can be divided into Molecular diagnostic tests, Rapid Diagnostic Test, and Others. Based on End User, the India Malaria Diagnostics Market is divided into Hospitals & Clinics, Diagnostic Centers, Home care, and Others. Based on region, the India Malaria Diagnostics Market is divided into North, South, West and East India.

Market Players
Bio-Rad Laboratories Inc., Abbott Laboratories, Roche Diagnostics India Pvt Ltd, Hologic, Inc., Access Bio Inc, Becton Dickinson India Private Limited, Siemens Healthineers AG, Meridian Bioscience, Inc., Sysmex India Private Limited is some of the leading players operating in the India Malaria Diagnostics Market.
Report Scope:
In this report, India Malaria Diagnostics Market has been segmented into following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Malaria Diagnostics Market, By Technique:
o Molecular diagnostic tests
o Rapid Diagnostic Test
o Others
• India Malaria Diagnostics Market, By End User:
o Hospitals & Clinics
o Diagnostic Centers
o Home care
o Others
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in India Malaria Diagnostics Market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. India Malaria Diagnostics Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Technology (Molecular Diagnostic Tests, Rapid Diagnostic Test, Others)
5.2.2. By End User (Hospitals & Clinics, Diagnostic Centers, Home care, Others)
5.2.3. By Region
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
5.4.1. By Technology
5.4.2. By End User
5.4.3. By Region
6. North India Malaria Diagnostics Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Technology
6.2.2. By End User
7. South India Malaria Diagnostics Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Technology
7.2.2. By End User
8. West India Malaria Diagnostics Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Technology
8.2.2. By End User
9. East India Malaria Diagnostics Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Technology
9.2.2. By End User
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
11.1. Recent Developments
11.2. Mergers & Acquisitions
11.3. Product Developments
12. Policy & Regulatory Landscape
13. India Economic Profile
14. India Malaria Diagnostics Market: SWOT Analysis
15. Porter’s Five Forces Analysis
15.1. Competition in the Industry
15.2. Potential of New Entrants
15.3. Power of Suppliers
15.4. Power of Customers
15.5. Threat of Substitute End Users
16. PESTLE Analysis
17. Competitive Landscape
17.1. Business Overview
17.2. Product Offerings
17.3. Recent Developments
17.4. Financials (As Reported)
17.5. Key Personnel
17.5.1. Bio-Rad Laboratories Inc.
17.5.2. Abbott India Limited
17.5.3. Roche Diagnostics India Pvt Ltd
17.5.4. Hologic, Inc.
17.5.5. Access Bio Inc
17.5.6. Becton Dickinson India Private Limited
17.5.7. Siemens Healthineers AG
17.5.8. Meridian Bioscience, Inc.
17.5.9. Sysmex India Private Limited
18. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る