世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

イスラエルの高脂血症治療薬市場:薬効クラス別(スタチン、胆汁酸分泌抑制薬、コレステロール吸収阻害薬、PCSK9阻害薬、併用薬、その他)、流通経路別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局)、地域別、市場競争予測、機会:2028年


Israel Hyperlipidemia Drugs Market, By Drug Class (Statins, Bile Acid Sequestrants, Cholesterol Absorption Inhibitors, PCSK9 Inhibitors, Combination, and Others), By Distribution Channel (Hospital Pharmacy, Retail Pharmacy, and Online Pharmacy), By Region, Competition Forecast, and Opportunities, 2028

イスラエルの高脂血症治療薬市場は、2024~2028年の予測期間中に目覚ましい成長が見込まれる。主な要因としては、過去数年間の心血管疾患の増加による高脂血症の有病率の増加が挙げられる。さらに、コレステロー... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年8月1日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
73 英語

 

サマリー

イスラエルの高脂血症治療薬市場は、2024~2028年の予測期間中に目覚ましい成長が見込まれる。主な要因としては、過去数年間の心血管疾患の増加による高脂血症の有病率の増加が挙げられる。さらに、コレステロール値が高く、心血管疾患を抱える老年人口が増加していることも、イスラエル高脂血症治療薬市場の成長を促進すると予測されている。イスラエル医師会雑誌(IMAJ)によると、高脂血症は冠動脈性心疾患の主要な危険因子である。そのため、低比重リポ蛋白コレステロールを減らすことで、心筋梗塞のリスクを大幅に減らすことができる。
高脂血症(高コレステロール血症)とは、血液中の脂質濃度が高いことを特徴とする医学的疾患のことである。脳卒中、末梢血管疾患、アテローム性動脈硬化症、糖尿病、肥満、高血圧、心血管疾患の原因となる脂質および/またはリポ蛋白レベルの異常上昇である。高脂血症は通常、遺伝的要因、不健康な生活習慣、不適切な食事によって引き起こされる。一般的に使用される高脂血症治療薬には、スタチン系薬剤、PCSK9阻害薬、胆汁酸分泌抑制薬、フィブリン酸誘導体またはフィブラート系薬剤、併用薬およびその他の抗高脂血症薬がある。これらの薬剤は、肝臓でのコレステロール産生レベルを低下させ、さらに血流からコレステロールを除去する。それによって、イスラエルの高脂血症治療薬市場の成長を促進している。
新薬・改良薬の開発
イスラエル高脂血症治療薬市場は、コレステロール値を管理するための新薬・改良薬の開発から恩恵を受けている。例えば、PCSK9阻害剤は、LDLコレステロール値を下げるのに効果的な新しいタイプの薬剤である。より効果的な薬剤が開発・承認されつつあることから、イスラエルの高脂血症治療薬市場は今後も成長が見込まれる。高脂血症治療薬の改良開発は重要な研究分野であると思われる。スタチン系薬剤のような現在の治療薬は、すべての患者に有効とは限らず、副作用を伴うこともあるからである。例えば、プロテイン転換酵素サブチリシン/ケキシン9型(PCSK9)阻害薬は、LDLコレステロールの代謝に関与するPCSK9タンパク質を阻害することによって作用する新しいクラスの薬である。これらの薬剤は、家族性高コレステロール血症を含む高脂血症患者のLDLコレステロール値を有意に低下させることが示されており、忍容性も良好である。さらに、ベムペド酸は、肝臓でのコレステロール合成に関与する酵素であるATPクエン酸リアーゼを阻害することによって作用する新薬である。臨床試験では、スタチン不耐性や他の危険因子を持つ患者を含む高脂血症患者において、ベンペド酸がLDLコレステロール値を有意に低下させることが示されている。
さらに、RNAベースの治療、遺伝子治療、併用療法などの治療が、イスラエルの高脂血症治療薬市場の成長に協力している。例えば、アンチセンス・オリゴヌクレオチドや低分子干渉RNA(siRNA)を含むRNAベースの治療法は、PCSK9のようなコレステロール代謝に関与する特定の遺伝子を標的とするために開発されている。これらの治療法は初期段階の臨床試験で有望な結果を示しており、高脂血症管理により的を絞ったアプローチを提供する可能性がある。これらの要因は、イスラエルの高脂血症治療薬市場の成長を後押しする可能性がある。
最近の動向
2021年12月、ノバルティスAGはレクビオ(インクリシラン)の米国食品医薬品局(FDA)承認を発表した。同剤は、初回投与と3カ月後の1回投与の年2回の投与で低比重リポ蛋白コレステロールを低下させるもので、小干渉RNA(siRNA)療法としては最初で唯一のものである。レクビオは、血中コレステロール値上昇の一因となるタンパク質の産生を抑制する肝臓本来の能力を高め、血中のLDL-C値を低下させる。
脂質異常症に対するスタチン治療の研究については、市場プレーヤーによって多くの臨床試験が実施されている。
例えば、2021年11月にファイザー株式会社が発表したvupanorsen(PF-07285557)は、心血管(CV)リスク低減および重症高トリグリセリド血症(SHTG)の適応で研究されている実験的アンチセンス治療薬で、ファイザーが発表したフェーズ2b試験のトップラインデータがあった。同試験によると、ブパノルセンは心血管疾患に関連する非HDL-C、トリグリセリド、その他のリポ蛋白を有意に減少させた。
さらに、2022年9月、ペンシルバニア大学は、高脂血症患者へのスタチンの最適な紹介のために、非訪問型介入と訪問型介入に基づくスタチンの効率を評価する臨床試験を開始した。脂質異常症に対するスタチンの利用に焦点を当てたこのような研究は、予測期間にわたって市場セグメントの成長に拍車をかけると予想される。
高脂血症の有病率の増加
世界中で高脂血症の有病率が上昇しており、市場の成長を促進すると推定される。これとともに、高脂血症の持続による心血管疾患のリスクに対する住民の意識の高まりが、高脂血症治療薬市場の成長率を押し上げるだろう。イスラエルの循環器医療の現状によると、心臓病は(癌に次いで)2番目の死亡原因であり、近年では死亡者総数の15%を占めている。さらに、イスラエルは心血管系の原因に起因する年齢標準化死亡率が最も低い国のひとつである(人口10万人当たり64人)。さらに、心疾患はイスラエル人男性の10.2%、女性の7.1%が罹患しており、冠動脈疾患の有病率はそれぞれ7.5%、4.1%である。心臓疾患は年齢とともに増加し、75歳以上の男性の42%、女性の31%が心臓疾患を患っている。したがって、心臓病を予防するための国家的対策を強化することは、イスラエルの医療制度における最大の課題の一つであり、満たされていないニーズであり、イスラエル高脂血症治療薬市場の成長にさらに拍車をかけている。
さらに、イスラエルにおける高脂血症の有病率増加にはいくつかの要因がある。主な要因のひとつは、飽和脂肪酸やトランス脂肪酸が多く、果物や野菜、全粒穀物が少ない欧米型食生活への移行である。このような食生活は、高脂血症やその他の慢性的な健康状態のリスク増大と関連している。もう一つの要因はイスラエルの高齢化である。高齢者は高脂血症の原因となる他の慢性的な健康状態や生活習慣因子を有している可能性が高いため、高齢化とともに高脂血症の有病率は増加する。肥満も高脂血症の重要な危険因子であり、イスラエルにおける肥満率は近年増加傾向にある。イスラエル保健省の報告によると、イスラエル成人の肥満の有病率は2003年の14%から2015年には26%に増加し、男性では62%、女性では55%も増加している。さらに、中東系や北アフリカ系を含む特定の集団には高脂血症の遺伝的素因がある。イスラエルには中東系や北アフリカ系を祖先に持つ人々がかなりの割合で含まれるなど、多様な人口が存在するため、このことが同国における高脂血症の有病率の高さに寄与している可能性がある。
さらに、イスラエル政府による認知度の向上と支援には、医療施設やインフラも含まれる。イスラエルでは、毎年約25,000人の患者が心筋梗塞で入院し、毎年43,000人の患者が冠動脈造影検査を受け、23,000人の患者が経皮的冠動脈インターベンションを受け、そのほとんどは診断的処置と同じ設定で行われるが、約50%は急性冠症候群(ACS)による入院中に行われる。これらの要因がイスラエルの高脂血症治療薬市場の成長に寄与すると期待されている。
市場区分
イスラエルの高脂血症治療薬市場は薬剤クラス、流通チャネル、地域別に分類される。薬剤クラス別では、市場はスタチン、胆汁酸隔離剤、コレステロール吸収阻害剤、PCSK9阻害剤、配合剤、その他に区分される。流通チャネル別では、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局に区分される。
市場プレイヤー
Pfizer Pharmaceuticals Israel Ltd.、MERCK SERONO LTD.、AstraZeneca Israel Inc.、Novartis Pharma Israel Ltd.、Sanofi-Aventis Israel Ltd.、GlaxoSmithKline Israel Ltd.、Israel B. Abbott.、Takeda Israel Inc.、Teva Israel Ltd.、Servier Israel Inc.などは、イスラエルの高脂血症治療薬市場で事業を展開する大手企業である。
レポートの範囲
本レポートでは、イスラエルの高脂血症治療薬市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:

- イスラエルの高脂血症治療薬市場:薬効分類別
o スタチン
o 胆汁酸分泌抑制薬
o コレステロール吸収阻害薬
o PCSK9阻害剤
o コンビネーション
o その他
- イスラエルの高脂血症治療薬市場:流通経路別
o 病院薬局
o 小売薬局
o オンライン薬局
- イスラエルの高脂血症治療薬市場:地域別
o 地中海沿岸平野部
中央丘陵地帯
o ヨルダン地溝帯
o ネゲブ砂漠
競合他社の状況
企業プロフィール:イスラエルの高脂血症治療薬市場に進出している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ:
TechSci Research社は、与えられた市場データをもとに、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Types
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, and Trends
4. Voice of Customer
5. Israel Hyperlipidaemia Drugs Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Drug Class (Statins, Bile Acid Sequestrants, Cholesterol Absorption Inhibitors, PCSK9 Inhibitors, Combination, Others)
5.2.2. By Distribution Channel (Hospital Pharmacy, Retail Pharmacy, Online Pharmacy)
5.2.3. By Region (The Mediterranean coastal plain, The Central Hills, The Jordan Rift Valley, and The Negev Desert)
5.2.4. By Company (2022)
5.3. Product Market Map
6. The Mediterranean Coastal Plain Hyperlipidaemia Drugs Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Drug Class
6.2.2. By Distribution Channel
7. The Central Hills Hyperlipidaemia Drugs Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Drug Class
7.2.2. By Distribution Channel
8. The Jordan Rift Valley Hyperlipidaemia Drugs Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Drug Class
8.2.2. By Distribution Channel
9. The Negev Desert Hyperlipidaemia Drugs Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Drug Class
9.2.2. By Distribution Channel
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
11.1. Merger & Acquisition
11.2. Product Development
11.3. Recent Developments
12. Policy & Regulatory Landscape
13. Israel Economic Profile
14. Competitive Landscape
14.1. Business Overview
14.2. Company Snapshot
14.3. Products & Services
14.4. Financials (As Reported)
14.5. Recent Developments
14.5.1. Pfizer Pharmaceuticals Israel Ltd
14.5.2. MERCK SERONO LTD.
14.5.3. AstraZeneca Israel Inc
14.5.4. Novartis Pharma Israel Ltd
14.5.5. Sanofi-Aventis Israel Ltd
14.5.6. GlaxoSmithKline Israel Ltd.
14.5.7. Israel B. Abbott.
14.5.8. Takeda Israel Inc.
14.5.9. Teva Israel Ltd.
14.5.10. Servier Israel Inc.
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Israel hyperlipidemia drugs market is expected to grow at an impressive rate during the forecast period, 2024-2028. The major factors include increasing prevalence of hyperlipidemia due to rising cardiovascular diseases over the past few years. Furthermore, the rising geriatric population with high levels of cholesterol and cardiovascular diseases, is also expected to drive the growth of Israel hyperlipidemia drugs market. According to the Israel Medical Association Journal (IMAJ), hyperlipidemia is a major risk factor for coronary heart disease. Therefore, reducing low density lipoprotein-cholesterol can significantly reduce the risk of heart stroke.
Hyperlipidemia, or high cholesterol, refers to a medical ailment characterized by prominent levels of fats in the bloodstream. It is the abnormal rise of lipids and/or lipoprotein levels that can lead to stroke, peripheral vascular disease, atherosclerosis, diabetes, obesity, hypertension, and cardiovascular diseases. It is usually caused by genetic factors, unhealthy lifestyles, and inadequate diet. Some of the commonly used hyperlipidemia drugs include statins, proprotein convertase subtilisin/kexin type 9 (PCSK9) inhibitors, bile acid sequestrants, fibric acid derivatives or fibrates, and combination and miscellaneous antihyperlipidemic agents. These drugs reduce cholesterol production levels in the liver while further removing it from the bloodstream. Thereby, propels the growth of Israel hyperlipidemia drugs market.
Development of New and Improved Drugs
Israel hyperlipidemia drugs market has benefited from the development of new and improved drugs to manage cholesterol levels. For example, PCSK9 inhibitors are a newer class of drugs that have been effective in reducing LDL cholesterol levels. As more effective drugs are being developed and approved, the Israel hyperlipidemia drugs market is expected to continue to grow. The development of improved drugs for hyperlipidemia seems to be a critical area of research, as current therapies, such as statins, may not be effective for all patients and can have side effects. For instance, proprotein convertase subtilisin/kexin type 9 (PCSK9) inhibitors are a new class of drugs that work by blocking the PCSK9 protein, which participates in the metabolism of LDL cholesterol. These drugs have been shown to significantly reduce LDL cholesterol levels in patients with hyperlipidemia, including those with familial hypercholesterolemia, and are well-tolerated. Additionally, bempedoic acid is a new drug that works by inhibiting ATP citrate lyase, an enzyme involved in the synthesis of cholesterol in the liver. Clinical trials have shown that bempedoic acid can significantly reduce LDL cholesterol levels in patients with hyperlipidemia, including those who are statin-intolerant or have other risk factors.
Moreover, therapies like RNA based therapies, gene therapy, and combination therapy are cooperating to the growth of Israel hyperlipidemic drugs market. For instance, RNA-based therapies, including antisense oligonucleotides and small interfering RNAs (siRNAs), are being developed to target specific genes involved in cholesterol metabolism, such as PCSK9. These therapies have shown promising results in early-stage clinical trials and may provide a more targeted approach to hyperlipidemia management. These factors can bolster to the growth of the Israel hyperlipidemic drugs market.
Recent Developments
In December 2021, Novartis AG announced the U.S. Food and Drug Administration (FDA) approval of Leqvio (inclisiran). It lowers low-density lipoprotein cholesterol with two doses annually, following a first dose and one after three months, and is the first and only small interfering RNA (siRNA) therapy to do so. Leqvio increases the liver's natural capacity to suppress the production of a protein that contributes to elevated blood cholesterol levels, which lowers LDL-C levels in the bloodstream.
Many clinical trials have been conducted by the market players on the study of statin treatment for dyslipidemia.
For instance, in November 2021, Pfizer Ltd announced topline results from the Phase 2b study of vupanorsen (PF-07285557), an experimental antisense treatment being researched for indications in cardiovascular (CV) risk reduction and severe hypertriglyceridemia (SHTG), had topline data from the Phase 2b study released by Pfizer. According to the study, vupanorsen significantly reduced non-HDL-C, triglycerides, and other lipoproteins linked to cardiovascular disease.
Additionally, in September 2022, the University of Pennsylvania started a clinical trial to evaluate the efficiency of statins based on non-visit and visit-based interventions for their optimized referral to patients affected by hyperlipidemia. Such studies which focus on the utilization of statins for the lipid disorders are expected to add to the growth of the market segment over the forecast period.
Increasing Prevalence of Hyperlipidemia
The rising prevalence of hyperlipidemia across the globe is estimated to enhance the market's growth. Along with this, the rising awareness among population about the risk of cardiovascular diseases due to persistent hyperlipidemia will propel the growth rate of hyperlipidemia drugs market. According to Current Status of Cardiovascular Medicine in Israel, heart disease is the second cause of mortality (after cancer) and in recent years accounted for 15% of the total number of deaths. Additionally, Israel has one of the lowest age-standardized mortality rates attributable to cardiovascular causes (64 per 100 000 population). Furthermore, cardiac diseases affect 10.2% of Israeli men and 7.1% of women, with a prevalence of coronary artery disease of 7.5% and 4.1%, respectively. Cardiac disorders increase with age, 42% of men and 31% of women aged ≥75 years have a cardiac illness. Therefore, augmenting national measures to prevent heart diseases is one of the biggest challenges and unmet needs of the Israeli healthcare system which further adds on to the growth of Israel hyperlipidemia drugs market.
Additionally, there are several factors that contribute to the increasing prevalence of hyperlipidemia in Israel. One of the main factors is a shift towards a western-style diet, which is high in saturated and trans fats and low in fruits, vegetables, and whole grains. This diet has been associated with an increased risk of hyperlipidemia and other chronic health conditions. Another factor is the aging population in Israel. As the population ages, the prevalence of hyperlipidemia increases, as older adults are more likely to have other chronic health conditions and lifestyle factors that contribute to hyperlipidemia. Obesity is also a significant risk factor for hyperlipidemia, and rates of obesity in Israel have been increasing in recent years. According to a report by the Israel’s Ministry of Health, the prevalence of obesity among Israeli adults increased from 14% in 2003 to 26% in 2015 and it has been increased by 62 percent of men and 55% of women. Additionally, there is a genetic predisposition to hyperlipidemia in certain populations, including those of Middle Eastern and North African descent. As Israel has a diverse population, including a considerable proportion of individuals with Middle Eastern and North African ancestry, this may contribute to the higher prevalence of hyperlipidemia in the country.
Furthermore, the growing awareness and support provided by the Israel government includes healthcare facilities and infrastructure. In Israel, approximately 25,000 hospitalizations occur because of myocardial infarction each year; 43,000 patients have coronary angiograms annually, and 23,000 patients undergo percutaneous coronary interventions, mostly in the same setting as diagnostic procedures, but approximately 50% occur during hospitalization because of acute coronary syndrome (ACS). These factors are expected to participate in the growth of Israel hyperlipidemia drugs market.
Market Segmentation
Israel hyperlipidemia drugs market is segmented by drug class, distribution channel, and region. By drug class, the market is segmented into statins, bile acid sequestrants, cholesterol absorption inhibitors, pcsk9 inhibitors, combination, and others. Based on distribution channel, the market can be segmented into hospital pharmacy, retail pharmacy, and online pharmacy.
Market Players
Pfizer Pharmaceuticals Israel Ltd, MERCK SERONO LTD., AstraZeneca Israel Inc, Novartis Pharma Israel Ltd, Sanofi-Aventis Israel Ltd, GlaxoSmithKline Israel Ltd., Israel B. Abbott., Takeda Israel Inc., Teva Israel Ltd., and Servier Israel Inc. are some of the leading companies operating in the Israel hyperlipidemia drugs market.
Report Scope:
In this report, Israel hyperlipidemia drugs market has been segmented into following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:

• Israel Hyperlipidemia Drugs Market, By Drug Class
o Statins
o Bile Acid Sequestrants
o Cholesterol Absorption Inhibitors
o PCSK9 Inhibitors
o Combination
o Others
• Israel Hyperlipidemia Drugs Market, By Distribution Channel
o Hospital Pharmacy
o Retail Pharmacy
o Online Pharmacy
• Israel Hyperlipidemia Drugs Market, By Region:
o The Mediterranean Coastal Plain
o The Central Hills
o The Jordan Rift Valley
o The Negev Desert
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in Israel hyperlipidemia drugs market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Types
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, and Trends
4. Voice of Customer
5. Israel Hyperlipidaemia Drugs Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Drug Class (Statins, Bile Acid Sequestrants, Cholesterol Absorption Inhibitors, PCSK9 Inhibitors, Combination, Others)
5.2.2. By Distribution Channel (Hospital Pharmacy, Retail Pharmacy, Online Pharmacy)
5.2.3. By Region (The Mediterranean coastal plain, The Central Hills, The Jordan Rift Valley, and The Negev Desert)
5.2.4. By Company (2022)
5.3. Product Market Map
6. The Mediterranean Coastal Plain Hyperlipidaemia Drugs Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Drug Class
6.2.2. By Distribution Channel
7. The Central Hills Hyperlipidaemia Drugs Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Drug Class
7.2.2. By Distribution Channel
8. The Jordan Rift Valley Hyperlipidaemia Drugs Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Drug Class
8.2.2. By Distribution Channel
9. The Negev Desert Hyperlipidaemia Drugs Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Drug Class
9.2.2. By Distribution Channel
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
11.1. Merger & Acquisition
11.2. Product Development
11.3. Recent Developments
12. Policy & Regulatory Landscape
13. Israel Economic Profile
14. Competitive Landscape
14.1. Business Overview
14.2. Company Snapshot
14.3. Products & Services
14.4. Financials (As Reported)
14.5. Recent Developments
14.5.1. Pfizer Pharmaceuticals Israel Ltd
14.5.2. MERCK SERONO LTD.
14.5.3. AstraZeneca Israel Inc
14.5.4. Novartis Pharma Israel Ltd
14.5.5. Sanofi-Aventis Israel Ltd
14.5.6. GlaxoSmithKline Israel Ltd.
14.5.7. Israel B. Abbott.
14.5.8. Takeda Israel Inc.
14.5.9. Teva Israel Ltd.
14.5.10. Servier Israel Inc.
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(distribution channel)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る