世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インド抗マラリア薬市場:薬効クラス別(アリールアミノアルコール化合物、抗蟻酸化合物、アルテミシニン化合物、その他)、作用機序別(マラリア治療、マラリア予防)、流通チャネル別(病院薬局、小売薬局、オンライン薬局)、地域別、競合予測&機会、2018-2028F


India Antimalarial Drugs Market, By Drug Class (Aryl Aminoalcohol Compounds, Antifolate Compounds, Artemisinin Compounds, Others), By Mechanism of Action (Treatment for Malaria, Prevention from Malaria), By Distribution Channel (Hospital Pharmacy, Retail Pharmacy, Online Pharmacy), Region, Competition Forecast & Opportunities, 2018-2028F

インドの抗マラリア薬市場は、2024年から2028年にかけて安定的に成長し、目覚ましいCAGRが見込まれる。この背景には、マラリアの蔓延率の高さ、医療費の増加、研究開発活動の活発化がある。 インドは数十年にわ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年8月1日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
75 英語

 

サマリー

インドの抗マラリア薬市場は、2024年から2028年にかけて安定的に成長し、目覚ましいCAGRが見込まれる。この背景には、マラリアの蔓延率の高さ、医療費の増加、研究開発活動の活発化がある。
インドは数十年にわたり、抗マラリア薬を含むジェネリック医薬品の生産で世界をリードしてきた。マラリアは同国における公衆衛生の大きな課題であり、効果的な抗マラリア薬に対する需要は一貫している。
インドには抗マラリア薬に関するパイプラインが数多く存在することも、同国の抗マラリア薬市場の成長にプラスの影響を与えている。米国に拠点を置く疾病管理予防センターによると、マラリア原虫は、ファルシパラム原虫、ビバックス原虫、オバレ原虫、マラリア原虫の4種類である。
インド政府は、マラリアと闘うために、国家媒介性疾患対策プログラムを含むいくつかのイニシアチブを実施している。このプログラムは、マラリア、デング熱、チクングニアなどの媒介性疾患の予防と制御に重点を置いている。政府はまた、ジェネリック医薬品の生産を奨励する政策を実施しており、これにより国内の抗マラリア薬の入手可能性と価格が向上し、インド抗マラリア薬市場の成長を促進している。
インドの製薬会社は、より効果的な新しい抗マラリア薬を開発するため、研究開発への投資を増やしています。医療分野におけるイノベーションに対する政府の支援は、研究開発投資をさらに促進している。その結果、薬剤耐性を持つマラリア株に対してより効果的な新薬が開発され、今後数年間のインド抗マラリア薬市場の成長に有利な機会が生まれると期待されている。
インドでは予防医療への関心が高まっており、病気の治療よりも予防を求める人が増えている。このため、抗マラリア薬を含む予防対策に対する需要が増加している。予防医療に向けた傾向は、今後数年間、インドの抗マラリア薬市場の成長を支えるものと予想される。
インドは、世界保健機関(WHO)や世界エイズ・結核・マラリア対策基金(Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria)など、複数の国際機関と強力なパートナーシップを結んでいる。これらのパートナーシップは、インドやマラリアが流行している他の国々における抗マラリア薬へのアクセス向上に役立っている。さらに、これらのパートナーシップは、さらなる研究開発を推進し、薬剤耐性を持つマラリア株に対するより効果的な薬剤の開発に貢献し、インド抗マラリア薬市場の成長に拍車をかけると期待されている。
インド抗マラリア薬市場の成長を阻害している要因はいくつかある。これらの要因には、医療インフラの不備、認識不足、偽造薬との競争、価格圧力などが含まれる。薬剤耐性はマラリア治療における大きな問題であり、インドではその懸念が高まっている。マラリアには薬剤耐性株が複数存在し、効果的な治療が困難になっている。このため、一部の抗マラリア薬の有効性が著しく低下し、ひいてはこれらの薬の需要減少につながっている。
インドにおけるマラリアの有病率の上昇
インドにおけるマラリアの有病率の上昇は、間違いなく同国における抗マラリア薬の成長に影響を及ぼしている。マラリアはインドにおける主要な公衆衛生問題であり、その有病率は過去数年間で増加している。そのため、同国では効果的で手頃な価格の抗マラリア薬に対する需要が高まっている。WHOの「World Malaria Report 2022」によると、WHO東南アジア地域におけるマラリア患者の79%、マラリアによる全死亡者の約83%をインドが占めている。インドの製薬業界は、新しい抗マラリア薬の研究開発に投資することで、この需要に応えてきた。インドのいくつかの製薬会社は、必要とする人々が手頃な価格で入手できる様々な抗マラリア薬を開発し、販売している。これらの薬剤は、インド固有の技術と専門知識を駆使して開発されたものであり、国内の抗マラリア薬に対する需要の増加に対応する上で役立っている。さらに、インド政府は、特に農村部で抗マラリア薬を必要としている人々に、無料または補助金を支給する様々なプログラムや制度を開始しました。これらのプログラムや制度は、国内における抗マラリア薬の入手しやすさと購入しやすさの向上に役立っている。
さらに、インドにおける医薬品開発・承認に関する規制の枠組みはまだ発展途上であり、新薬開発にとって困難な場合がある。明確な規制ガイドラインやプロセスがないため、企業が新薬の承認を得ることが難しく、インドの抗マラリア薬市場の成長を鈍化させる可能性がある。
研究開発活動の増加
インドにおける抗マラリア薬に関する研究開発(R&D)活動の活発化は、同国の抗マラリア薬市場の成長にプラスの影響を与えている。研究開発活動により、新しい薬剤分子や製剤が開発され、臨床試験で有望な結果が得られている。clinicaltrials.govによると、インドで開発段階にある抗マラリア薬に関する研究は32件ほどある。これにより、今後数年間で多くの新薬が市場に投入されることになる。これらの新薬は、より良い治療結果をもたらし、薬剤耐性を減らし、患者のコンプライアンスを高めると期待されている。
さらに、研究開発活動は、抗マラリア薬の有効性と安全性を向上させることができるリポソーム薬物送達システムやナノ製剤などの新しい薬物送達システムや技術の開発にもつながっている。さらに、インド政府は様々な取り組みや制度を通じて、抗マラリア薬分野の研究開発活動を支援している。政府は、国立マラリア研究所(NIMR)や中央薬剤研究所(CDRI)などの研究機関や研究所を設立し、新しい抗マラリア薬の開発に向けた研究開発活動を行っている。これらすべての要因が、予測期間におけるインドの抗マラリア薬市場の成長をサポートすると予想される。
多数のパイプラインの存在
インドにおける抗マラリア薬に関する多数のパイプラインアイテムの存在は、同国の抗マラリア薬市場の成長に影響を与えている。インドの製薬業界は、前臨床試験から臨床試験まで、様々な開発段階にある抗マラリア薬の強固なパイプラインを有している。
パイプラインの数の多さは、インドの製薬業界が新しい抗マラリア薬の開発に関心を高めていることを示している。また、インドにおける抗マラリア薬分野の研究開発活動への投資が増加していることの表れでもある。
さらに、多数のパイプラインが存在することは、インドの抗マラリア薬市場における技術革新の可能性を示している。パイプラインには、抗マラリア薬の有効性と安全性を向上させる新規薬剤分子、薬物送達システム、技術が含まれる。
さらに、パイプラインの数が多いことから、インドの抗マラリア薬市場における競争が激化することが予想される。この競争は、薬剤の品質向上、低価格化、そして抗マラリア薬を必要とする人々へのアクセスの向上につながる可能性がある。
市場細分化
インドの抗マラリア薬市場は、薬剤クラス別、作用機序別、流通チャネル別、地域別に区分することができます。薬物クラスに基づき、インドの抗マラリア薬市場はアリールアミノアルコール化合物、アンチフォレート化合物、アルテミシニン化合物、その他に分けられます。作用機序に基づき、インド抗マラリア薬市場はマラリア治療薬とマラリア予防薬に分けられます。流通チャネルに基づき、市場は病院薬局、小売薬局、オンライン薬局に分けられる。地域別では、インド抗マラリア薬市場は北、南、東、西に分類される。

市場プレイヤー
Cipla Ltd、Sun Pharmaceutical Industries Ltd、Glenmark Pharmaceuticals Ltd、Strides Pharma Science Ltd、Ipca Laboratories Ltd、Aurobindo Pharma Ltd、Alkem Laboratories Ltd、Novartis India Ltd、Lupin Limited、Cadila Healthcare Ltdは、インド抗マラリア薬市場で事業を展開する大手企業である。市場で事業を展開する様々な企業は、競争力を維持し、インド抗マラリア薬市場で事業を展開する他のプレイヤーよりも優位に立つために、様々な戦略に従っています。例えば、ノバルティスとMedicines for Malaria Venture(MMV)は、マラリアの成人と小児を対象としたガナプラシドとルメファントリンSDFの新規併用療法の第3相試験を進めることを決定したと発表した。この組み合わせは、最も一般的なマラリア原虫である、合併症のないマラリア原虫とマラリア原虫を治療するためのものである。第3相試験への移行は、この併用療法が高い忍容性と有効性を示した先行試験の良好な結果を受けて決定された。ノバルティスとMMVの今回の提携は、世界中で何百万人もの人々が罹患し続けているマラリアの新しい効果的な治療法の開発に向けた重要な一歩です。

同様に、大手製薬会社のルピンは、ヒドロキシクロロキン硫酸塩錠USP200mgのジェネリック医薬品について、米国食品医薬品局(FDA)から承認を取得したと発表した。ヒドロキシクロロキン硫酸塩は、マラリアの治療・予防、ループスや関節リウマチなどの自己免疫疾患の治療に使用される薬剤です。ルピンのジェネリック医薬品が承認されたことにより、先発医薬品に代わる手頃な価格の医薬品が提供され、患者の治療へのアクセスが改善されることになる。
インドの製薬会社であるイプカ・ラボラトリーズは最近、同社の医薬品の1つであるヒドロキシクロロキンが、世界保健機関(WHO)がマラリアとの闘いにおいて研究している3つの治療法のうちの1つであるとして話題になっている。
レポートの範囲
本レポートでは、インドの抗マラリア薬市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドの抗マラリア薬市場:薬物クラス別
o アリールアミノアルコール化合物
o アリールアミノアルコール化合物
o アルテミシニン化合物
o その他
- インドの抗マラリア薬市場:作用機序別
o マラリア治療薬
o マラリアの予防
- インドの抗マラリア薬市場:流通経路別
o 病院薬局
o 小売薬局
o オンライン薬局
競合状況
企業プロフィール:インド抗マラリア薬市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ:
TechSci Research社は、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. India Antimalarial Drugs Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Drug Class (Aryl aminoalcohol compounds, Antifolate compounds, Artemisinin compounds, Others)
5.2.2. By Mechanism of Action (Treatment for Malaria, Prevention from Malaria)
5.2.3. By Distribution Channel (Hospital Pharmacy, Retail Pharmacy, Online Pharmacy)
5.2.4. By Region
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
5.4.1. By Drug Class
5.4.2. By Mechanism of Action
5.4.3. By Distribution Channel
5.4.4. By Region
6. North India Antimalarial Drugs Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Drug Class
6.2.2. By Mechanism of Action
6.2.3. By Distribution Channel
7. South India Antimalarial Drugs Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Drug Class
7.2.2. By Mechanism of Action
7.2.3. By Distribution Channel
8. West India Antimalarial Drugs Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Drug Class
8.2.2. By Mechanism of Action
8.2.3. By Distribution Channel
9. East India Antimalarial Drugs Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Drug Class
9.2.2. By Mechanism of Action
9.2.3. By Distribution Channel
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
11.1. Recent Developments
11.2. Mergers & Acquisitions
11.3. Product Developments
12. Policy & Regulatory Landscape
13. India Economic Profile
14. India Antimalarial Drugs Market: SWOT Analysis
15. Porter’s Five Forces Analysis
15.1. Competition in the Industry
15.2. Potential of New Entrants
15.3. Power of Suppliers
15.4. Power of Customers
15.5. Threat of Substitute End Users
16. PESTLE Analysis
17. Competitive Landscape
17.1. Business Overview
17.2. Product Offerings
17.3. Recent Developments
17.4. Financials (As Reported)
17.5. Key Personnel
17.5.1. Cipla Ltd
17.5.2. Sun Pharmaceutical Industries Ltd
17.5.3. Glenmark Pharmaceuticals Ltd
17.5.4. Strides Pharma Science Ltd
17.5.5. Ipca Laboratories Ltd
17.5.6. Aurobindo Pharma Ltd
17.5.7. Alkem Laboratories Ltd
17.5.8. Novartis India Ltd
17.5.9. Lupin Limited
17.5.10. Cadila Healthcare Ltd
18. Strategic Recommendations
19. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India Antimalarial Drugs Market is expected to grow steadily between 2024 and 2028, with an impressive CAGR. This can be attributed to the high prevalence of malaria, rising healthcare expenditure and increasing research & development activities.
India has been a global leader in the production of generic medicines, including antimalarial drugs, for decades. With malaria being a major public health challenge in the country, there has been a consistent demand for effective antimalarial drugs.
The presence of a high number of pipeline items regarding antimalarial drugs in India is also positively influencing the growth of the antimalarial drug market in the country. Plasmodium falciparum, P. vivax, P. ovale, and P. malariae are the four types of malaria parasites that affect people, according to the US-based Centre for Disease Control and Prevention.
The Indian government has implemented several initiatives to combat malaria, including the National Vector Borne Disease Control Program. The program focuses on preventing and controlling vector-borne diseases such as malaria, dengue, and chikungunya. The government has also implemented policies to encourage the production of generic drugs, which has helped to increase the availability and affordability of antimalarial drugs in the country, thereby driving the growth of India Antimalarial Drugs Market.
Indian pharmaceutical companies are increasingly investing in research and development to develop new and more effective antimalarial drugs. The government's support for innovation in the healthcare sector is further driving R&D investment. This is expected to result in the development of new drugs that are more effective against drug-resistant strains of malaria, thereby creating lucrative opportunities for the growth of India antimalarial drugs market in the next few years.
There is a growing focus on preventive healthcare in India, with people increasingly seeking to prevent illnesses rather than just treating them. This has led to an increase in demand for preventive measures, including antimalarial drugs. The trend towards preventive healthcare is expected to support the growth of the India antimalarial drugs market in the coming years.
India has strong partnerships with several international organizations, including the World Health Organization and the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria. These partnerships have helped to increase access to antimalarial drugs in India and other countries where malaria is endemic. Furthermore, these partnerships are expected to drive further research and development, helping to develop more effective drugs against drug-resistant strains of malaria, thereby fueling the growth of India Antimalarial Drugs Market.
Several factors are impeding the growth of India Antimalarial Drugs Market. These factors include poor healthcare infrastructure, lack of awareness, competition from counterfeit drugs, and pricing pressures. Drug resistance is a major problem in the treatment of malaria, and it is a growing concern in India. There are several drug-resistant strains of malaria, which makes it difficult to treat the disease effectively. This has led to a significant decrease in the effectiveness of some antimalarial drugs, and in turn, has led to a decrease in demand for these drugs.
Rising Prevalence of Malaria in India
The rising prevalence of malaria in India is undoubtedly influencing the growth of antimalarial drugs in the country. Malaria is a major public health problem in India, and its prevalence has been increasing over the past few years. This has led to an increased demand for effective and affordable antimalarial drugs in the country. According to WHO, World Malaria Report 2022, India accounted for 79% of malaria cases in the South East Asia region and about 83% of all malaria deaths in the WHO South-East Asia Region. The Indian pharmaceutical industry has responded to this demand by investing in research and development of new antimalarial drugs. Several Indian pharmaceutical companies have developed and marketed various antimalarial drugs that are affordable and accessible to the people in need. These drugs have been developed using indigenous technology and expertise, and they have helped in addressing the increasing demand for antimalarial drugs in the country. Furthermore, the Indian government has also initiated various programs and schemes to provide free or subsidized antimalarial drugs to the people in need, particularly in the rural areas. These programs and schemes have helped in improving the accessibility and affordability of antimalarial drugs in the country.
Moreover, the regulatory framework for drug development and approval in India is still evolving and can be challenging for new drug development. The lack of clear regulatory guidelines and processes can make it difficult for companies to obtain approvals for new drugs, which can slow down the growth of the antimalarial drug market in India.
Increasing R&D Activities
The increasing research and development (R&D) activities regarding antimalarial drugs in India are positively influencing the growth of the antimalarial drug market in the country. The R&D activities have led to the development of new drug molecules and formulations, which have shown promising results in clinical trials. According to clinicaltrials.gov, there are around 32 studies related to antimalarial drugs which are in different phases of development in India. This in turn will bring a lot of new drugs into the market in the coming years. These new drugs are expected to provide better treatment outcomes, reduce drug resistance, and increase patient compliance.
Furthermore, the R&D activities have also led to the development of novel drug delivery systems and technologies, such as liposomal drug delivery systems and nano-formulations, which can improve the efficacy and safety of antimalarial drugs. Moreover, the Indian government has been supporting R&D activities in the field of antimalarial drugs through various initiatives and schemes. The government has established research institutions and laboratories, such as the National Institute of Malaria Research (NIMR) and the Central Drug Research Institute (CDRI), which are engaged in R&D activities to develop new antimalarial drugs. All these factors are expected to support the growth of India antimalarial drugs market in the forecast period.
Presence of High Number of Pipeline Items
The presence of a high number of pipeline items regarding antimalarial drugs in India is influencing the growth of the antimalarial drug market in the country. The Indian pharmaceutical industry has a robust pipeline of antimalarial drugs in various stages of development, ranging from pre-clinical to clinical trials.
The high number of pipeline items indicates the growing interest of the Indian pharmaceutical industry in the development of new antimalarial drugs. It is also an indication of the increasing investment in research and development activities in the field of antimalarial drugs in India.
Moreover, the presence of a high number of pipeline items indicates the potential for innovation in the antimalarial drug market in India. The pipeline items include novel drug molecules, drug delivery systems, and technologies that can improve the efficacy and safety of antimalarial drugs.
Furthermore, the high number of pipeline items is expected to increase competition in the antimalarial drug market in India. The competition can lead to better quality drugs, lower prices, and increased accessibility of antimalarial drugs to the people in need.
Market Segmentation
India Antimalarial Drugs Market can be segmented by drug class, by mechanism of action, by distribution channel and by region. Based on drug class, the India Antimalarial Drugs market can be divided into Aryl aminoalcohol compounds, Antifolate compounds, Artemisinin compounds, and Others. Based on Mechanism of action, the India Antimalarial Drugs market is divided into Treatment for Malaria and Prevention from Malaria. Based on distribution channel, the market is divided into Hospital Pharmacy, Retail Pharmacy, and Online Pharmacy. In terms of regions, India Antimalarial Drugs market can be categorized into North, South, East and West.

Market Players
Cipla Ltd, Sun Pharmaceutical Industries Ltd, Glenmark Pharmaceuticals Ltd, Strides Pharma Science Ltd, Ipca Laboratories Ltd, Aurobindo Pharma Ltd, Alkem Laboratories Ltd, Novartis India Ltd, Lupin Limited, Cadila Healthcare Ltd is some of the leading players operating in the India Antimalarial Drugs Market. Various companies operating in the market are following different strategies to stay competitive and have an edge over the other players operating in the India Antimalarial Drugs Market. For instance, Novartis and Medicines for Malaria Venture (MMV) have announced their decision to move forward with a Phase 3 study for a novel combination of ganaplacide and lumefantrine-SDF in adults and children with malaria. This combination is designed to treat uncomplicated Plasmodium falciparum and Plasmodium vivax malaria, which are the two most common types of malaria. The decision to advance to Phase 3 comes after positive results from earlier trials, which showed that the combination was well-tolerated and highly effective. This collaboration between Novartis and MMV is an important step towards developing new and effective treatments for malaria, a disease that continues to affect millions of people worldwide.

Similarly, Lupin, a leading pharmaceutical company, has announced that it has received approval from the US Food and Drug Administration (FDA) for its generic version of Hydroxychloroquine Sulfate Tablets USP, 200 mg. Hydroxychloroquine Sulfate is a medication used to treat and prevent malaria, as well as autoimmune diseases such as lupus and rheumatoid arthritis. The approval of Lupin's generic version provides an affordable alternative to the brand-name drug, helping to improve access to treatment for patients.
Ipca Laboratories, an Indian pharmaceutical company, has been in the news recently as one of its drugs, hydroxychloroquine, is among the three therapies being studied by the World Health Organization (WHO) in the fight against malaria.
Report Scope:
In this report, India Antimalarial Drugs Market has been segmented into following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Antimalarial Drugs Market, By Drug Class:
o Aryl aminoalcohol compounds
o Antifolate compounds
o Artemisinin compounds
o Others
• India Antimalarial Drugs Market, By Mechanism of Action:
o Treatment for Malaria
o Prevention from Malaria
• India Antimalarial Drugs Market, By Distribution Channel:
o Hospital Pharmacy
o Retail Pharmacy
o Online Pharmacy
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in India Antimalarial Drugs Market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. India Antimalarial Drugs Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Drug Class (Aryl aminoalcohol compounds, Antifolate compounds, Artemisinin compounds, Others)
5.2.2. By Mechanism of Action (Treatment for Malaria, Prevention from Malaria)
5.2.3. By Distribution Channel (Hospital Pharmacy, Retail Pharmacy, Online Pharmacy)
5.2.4. By Region
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
5.4.1. By Drug Class
5.4.2. By Mechanism of Action
5.4.3. By Distribution Channel
5.4.4. By Region
6. North India Antimalarial Drugs Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Drug Class
6.2.2. By Mechanism of Action
6.2.3. By Distribution Channel
7. South India Antimalarial Drugs Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Drug Class
7.2.2. By Mechanism of Action
7.2.3. By Distribution Channel
8. West India Antimalarial Drugs Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Drug Class
8.2.2. By Mechanism of Action
8.2.3. By Distribution Channel
9. East India Antimalarial Drugs Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Drug Class
9.2.2. By Mechanism of Action
9.2.3. By Distribution Channel
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.2. Challenges
11. Market Trends & Developments
11.1. Recent Developments
11.2. Mergers & Acquisitions
11.3. Product Developments
12. Policy & Regulatory Landscape
13. India Economic Profile
14. India Antimalarial Drugs Market: SWOT Analysis
15. Porter’s Five Forces Analysis
15.1. Competition in the Industry
15.2. Potential of New Entrants
15.3. Power of Suppliers
15.4. Power of Customers
15.5. Threat of Substitute End Users
16. PESTLE Analysis
17. Competitive Landscape
17.1. Business Overview
17.2. Product Offerings
17.3. Recent Developments
17.4. Financials (As Reported)
17.5. Key Personnel
17.5.1. Cipla Ltd
17.5.2. Sun Pharmaceutical Industries Ltd
17.5.3. Glenmark Pharmaceuticals Ltd
17.5.4. Strides Pharma Science Ltd
17.5.5. Ipca Laboratories Ltd
17.5.6. Aurobindo Pharma Ltd
17.5.7. Alkem Laboratories Ltd
17.5.8. Novartis India Ltd
17.5.9. Lupin Limited
17.5.10. Cadila Healthcare Ltd
18. Strategic Recommendations
19. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る