世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インド倉庫用ロボット市場:タイプ別(移動ロボット、多関節ロボット、円筒型ロボット、スカラロボット、パラレルロボット、直交ロボット、その他)、ソフトウェア別(倉庫管理システム、倉庫制御システム、倉庫実行システム)、機能別(ピックアンドプレイス、パレタイジングとデパレタイジング、輸送、包装、その他)、可搬重量別(0.5kg〜10kg, 11kg〜80kg, 81kg〜180kg, 181kg〜300kg, 301kg〜900kg, 900kg超), エンドユーザー業界別(食品・飲料, 自動車, 電子商取引, 電気・電子, 医薬品, 化学, その他), 企業別, 地域別, 見通し・機会, 2025年


India Warehouse Robotics Market By Type (Mobile Robots, Articulated Robots, Cylindrical Robots, SCARA Robots, Parallel Robots, Cartesian Robots, Others), By Software (Warehouse Management System, Warehouse Control System, Warehouse Execution System), By Function (Pick and Place, Palletizing and Depalletizing, Transportation, Packaging, Others), By Payload Capacity (0.5 kg to 10 kg, 11 kg to 80 kg, 81 kg to 180 kg, 181 kg to 300 kg, 301 kg to 900 kg, More Than 900 kg), By End User Industry (Food & Beverage, Automotive, E-Commerce, Electrical & Electronics, Pharmaceuticals, Chemical, Others), By Company, By Region, Forecast & Opportunities, 2025

インドの倉庫用ロボット市場は、予測期間中に目覚ましい成長を遂げると予想されています。インドの倉庫用ロボット市場は、電子商取引・小売業界、食品・飲料業界、製薬業界などの成長によって牽引されています... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2022年7月1日 US$3,500
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
73 英語

 

サマリー


インドの倉庫用ロボット市場は、予測期間中に目覚ましい成長を遂げると予想されています。インドの倉庫用ロボット市場は、電子商取引・小売業界、食品・飲料業界、製薬業界などの成長によって牽引されています。また、倉庫ロボットは、さまざまな倉庫機能の実行、生産性と運用効率の向上、人的資源への依存度の低下、運用コストの削減を支援します。これらの利点により、様々な企業や製造ユニット、特に中小企業において倉庫ロボットの導入が進んでいます。このことは、2025年までの市場成長にプラスの影響を与えています。さらに、倉庫ロボットとインダストリー4.0規格の統合などの技術的進歩と、市場で事業を展開する主要ベンダーの新製品発売が相まって、今後数年間の市場成長のための有利な機会を創出すると予想されます。しかし、倉庫ロボットの導入や展開にかかるコストが高いことが、予測期間中の市場成長の妨げになる可能性があります。また、倉庫ロボットに関連する認識不足は、さらに市場の成長を制限する可能性があります。さらに、倉庫ロボットの使用は、人間の力への依存を減らし、それによって雇用機会を減少させ、市場成長にマイナスの影響を与える可能性があります。

パンデミックCOVID-19病の突然の発生で、世界は影響を受け、企業の大半はシャットダウンされ、異なる企業、倉庫や製造ユニット間の操作も損なわれています。インドもこの感染症の影響を受け、現在、厳重な封鎖が行われています。このため、倉庫や製造設備は稼働しておらず、機能していません。このため、予測期間中の市場成長に悪影響を及ぼすと予想されます。

インドの倉庫ロボット市場は、タイプ、ソフトウェア、機能、ペイロード容量、エンドユーザー産業、企業、地域に基づいて区分されます。タイプ別に見ると、市場は移動型ロボット、多関節ロボット、円筒型ロボット、スカラロボット、パラレルロボット、直交型ロボット、その他に分類されます。モバイルロボットは、様々な電子商取引企業や製造工場で幅広く使用されていることから、市場を支配すると予想されます。ソフトウェアは、倉庫管理システム、倉庫管理システム、倉庫実行システムに分類されます。倉庫管理システムソフトウェアは、生産性の向上、コスト削減、スペース利用の改善、顧客体験の向上などの関連メリットにより、市場を支配すると予想されます。機能別に見ると、ピックアンドプレース、パレタイジング、デパレタイジング、輸送、パッケージング、その他に分類されます。ピックアンドプレースロボットには高い精度と効率があり、注文処理時間と関連コストを削減できるため、ピックアンドプレース機能が市場を支配すると予想されます。エンドユーザー業界に基づいて、市場は食品・飲料、自動車、電子商取引、電気・電子、医薬品、化学、その他に分類されます。食品・飲料業界は、パッケージング、ペレタイジング、輸送における倉庫ロボットの利用が増加していることから、大きな市場シェアを占めると予想されます。

倉庫用ロボット市場で事業を展開している主要企業は、ABB India Ltd.、Fanuc India Limited、KUKA India Private Limited、Yaskawa India Pvt Ltd(ロボット部門)、ヤマハロボティクス、Omron Automation Pvt.Ltd. 、Honeywell Automation India Limited、Siemens India、Daifuku India Private Limited、B&R Industrial Automation Private Limited、その他です。大手企業は、市場での競争力を維持するために、先進的な技術の開発や新しいサービスの提供を開始しています。その他の競争戦略としては、M&Aや新サービス開発などがあります。
本レポートで考慮した年数
歴史的年数:2015年~2018年
基準年:2019年
予測年:2020年
予測年:2021年~2025年
調査の目的
- インドの倉庫用ロボット市場の2015年から2018年までの市場規模を分析・予測すること。
- インドの倉庫用ロボット市場の2019年から2025年までの市場規模および2025年までの成長率を予測・推計すること。
- インドの倉庫用ロボット市場をタイプ、ソフトウェア、機能、積載量、エンドユーザー産業、企業、地域分布に基づいて分類、予測する。
- インドの倉庫用ロボット市場における支配的な地域やセグメントを特定する。
- インドの倉庫用ロボット市場の促進要因と課題を特定する。
- インドの倉庫用ロボット市場における拡張、新製品発表、M&Aなどの競争力のある開発を調査する。
- インドの倉庫用ロボット市場で事業を展開する主要企業のプロファイルを特定し、分析する。
- インドの倉庫用ロボット市場で市場参入企業が採用する主要な持続可能な戦略を特定する。
TechSci Researchは本調査のために一次調査と徹底的な二次調査の両方を実施しました。まず、TechSci Researchは世界中のサービスプロバイダのリストを入手した。その後、TechSci Researchは特定された企業に対して一次調査アンケートを実施した。インタビューを行う際に、回答者には競合他社についても質問しました。この手法により、TechSci Research は、二次調査の制限により特定できなかったサービスプロバイダを含めることができました。TechSci Research は、世界中のサービスプロバイダ、流通チャネル、すべての主要プレイヤーの存在を分析しました。
TechSci Researchは、様々なエンドユーザセグメントに関するデータを記録し、将来の予測を行うボトムアップアプローチを用いて、インドの倉庫用ロボット市場の市場規模を算出した。TechSci Researchは、これらの値を業界の専門家や企業の代表者から入手し、適切な全体的市場規模を得るためにこれらの製品タイプやアプリケーションの履歴データの分析を通じて外部で検証した。企業のウェブサイト、ニュース記事、プレスリリース、企業の年次報告書、投資家向けプレゼンテーション、財務報告書など、さまざまな二次資料もTechSci Researchによって調査されました。
主な対象読者
- 倉庫ロボティクスサービスプロバイダ企業
- 市場調査会社およびコンサルティング会社
- 規制当局や政策立案者などの政府機関
- 倉庫ロボット関連の組織、フォーラム、アライアンス
この調査は、サービスプロバイダ、サプライヤとパートナー、エンドユーザなどの業界関係者にとって重要ないくつかの重要な質問に対する答えを提供し、さらに、投資戦略を立て、市場機会を活用する上で有用である。
レポートの範囲
本レポートでは、インドの倉庫用ロボット市場を、以下に詳述した業界動向に加えて、以下のカテゴリーに分類しています。
- インドの倉庫用ロボット市場:タイプ別
o 移動型ロボット
o 多関節ロボット
o 円筒型ロボット
o スカラロボット
o パラレルロボット
直交ロボット
o その他
- インドの倉庫用ロボット市場:ソフトウェア別
o 倉庫管理システム
o 倉庫管理システム
o 倉庫実行システム
- インド倉庫ロボット市場:機能別
o ピックアンドプレイス
o パレタイジングとデパレタイジング
o 搬送
o パッケージング
o その他
- インド倉庫ロボット市場:積載量別
0.5kg〜10kg
o 11kg〜80kg
o 81kg〜180kg
o 181kg〜300kg
o 301kg〜900kg
o 900kg以上
- インドの倉庫用ロボット市場:エンドユーザー産業別
o 食品・飲料
o 自動車
o 電子商取引
o 電気・電子
o 医薬品
o 化学
o その他
- インド倉庫用ロボット市場(地域別
o 北
o 南部
o 東
西
競合他社の状況
企業プロフィール。インドの倉庫用ロボット市場における主要企業の詳細な分析。
カスタマイズが可能です。
TechSci Researchは与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じたカスタマイズを提供します。このレポートでは、以下のカスタマイズが可能です。
企業情報
- 追加市場プレイヤーの詳細分析とプロファイリング(最大5社)。

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
2. Research Methodology
3. Impact of COVID-19 on India Warehouse Robotics Market
4. Executive Summary
5. Voice of Customers/Customer Insights
6. India Warehouse Robotics Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type (Mobile Robots, Articulated Robots, Cylindrical Robots, SCARA Robots, Parallel Robots, Cartesian Robots, Others)
6.2.2. By Software (Warehouse Management System, Warehouse Control System, Warehouse Execution System)
6.2.3. By Function (Pick and Place, Palletizing and Depalletizing, Transportation, Packaging, Others)
6.2.4. By Payload Capacity (0.5 kg to 10 kg, 11 kg to 80 kg, 81 kg to 180 kg, 181 kg to 300 kg, 301 kg to 900 kg, More Than 900 kg)
6.2.5. By End User Industry (Food & Beverage, Automotive, E-Commerce, Electrical & Electronics, Pharmaceuticals, Chemical, Others)
6.2.6. By Region (North, East, South, West)
6.2.7. By Company
6.3. Product Market Map
7. North India Warehouse Robotics Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Software
7.2.3. By Function
7.2.4. By Payload Capacity
7.2.5. By End User Industry
8. East India Warehouse Robotics Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Software
8.2.3. By Function
8.2.4. By Payload Capacity
8.2.5. By End User Industry
9. South India Warehouse Robotics Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Software
9.2.3. By Function
9.2.4. By Payload Capacity
9.2.5. By End User Industry
10. West India Warehouse Robotics Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By Software
10.2.3. By Function
10.2.4. By Payload Capacity
10.2.5. By End User Industry
11. Market Dynamics
11.1. Drivers/Opportunities
11.2. Challenges/Restraints
12. Market Trends & Developments
13. Policy & Regulatory Landscape
14. India Economic Profile
15. Competitive Landscape
15.1. Company Profiles
15.1.1. ABB India Ltd.
15.1.2. Fanuc India Limited
15.1.3. KUKA India Private Limited
15.1.4. Yaskawa India Pvt Ltd (Robotics Division)
15.1.5. Yamaha Robotics
15.1.6. Omron Automation Pvt. Ltd.
15.1.7. Honeywell Automation India Limited
15.1.8. Siemens India
15.1.9. Daifuku India Private Limited
15.1.10. B&R Industrial Automation Private Limited
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary


India warehouse robotics market is expected to grow at an impressive rate during the forecast period. The India warehouse robotics market is driven by the growing e-commerce & retail industry, food & beverage industry, pharmaceutical industry, among others. Additionally, the warehouse robots help in performing different warehouse functions, improving productivity & operational efficiency, decrease the dependency on human force while reducing the operational costs. These benefits have led to the increased adoption of warehouse robots across various enterprises and manufacturing units, especially the SMEs. This in turn is positively impacting the market growth through 2025. Furthermore, technological advancements such as integration of industry 4.0 standards with warehouse robots coupled with new product launches by major vendors operating in the market is expected to create lucrative opportunities for the market growth over the next few years. However, high cost of implementation and deployment of warehouse robots can hamper the market growth during the forecast period. Also, lack of awareness pertaining to warehouse robots can further restrict the market growth. Besides, the use of warehouse robots reduces the dependency on human force thereby decreasing the employment opportunities thereby negatively impacting the market growth.

With the sudden outbreak of pandemic COVID-19 disease, the world is affected, majority of the businesses are shut down and operations across different enterprises, warehouses and manufacturing units are also compromised. India is also widely affected by the disease spread and at present the country is under a rigorous lockdown. As a result of this neither the warehouses & manufacturing units are open nor functional. This is expected to negatively influence the market growth during the forecast period.

The India warehouse robotics market is segmented based on type, software, function, payload capacity, end user industry, company, and region. Based on type, the market can be categorized into mobile robots, articulated robots, cylindrical robots, SCARA robots, parallel robots, cartesian robots and others. The mobile robots segment is expected to dominate the market owing to their extensive use by various e-commerce companies and manufacturing units. Based on software, the market can be fragmented into warehouse management system, warehouse control system and warehouse execution system. The warehouse management system software is expected to dominate the market on account of the associated benefits such as higher productivity, reduced costs, improved space utilization, enhanced customer experience, among others. Based on function, the market can be grouped into pick and place, palletizing and depalletizing, transportation, packaging and others. The pick and place function is expected to dominate the market since pick and place robots are highly accurate & efficient and reduce order processing time & related costs. Based on end user industry, the market can be classified into food & beverage, automotive, e-commerce, electrical & electronics, pharmaceuticals, chemical and others. The food & beverage industry is expected to hold a significant market share owing to the increasing use of warehouse robots in packaging, pelletizing and transportation.

The major players operating in the warehouse robotics market are ABB India Ltd., Fanuc India Limited, KUKA India Private Limited, Yaskawa India Pvt Ltd (Robotics Division), Yamaha Robotics, Omron Automation Pvt. Ltd., Honeywell Automation India Limited, Siemens India, Daifuku India Private Limited, B&R Industrial Automation Private Limited and others. Major companies are developing advanced technologies and launching new services to stay competitive in the market. Other competitive strategies include mergers & acquisitions and new service developments.
Years considered for this report:
Historical Years: 2015-2018
Base Year: 2019
Estimated Year: 2020
Forecast Period: 2021–2025
Objective of the Study:
• To analyze and estimate the market size of India warehouse robotics market from 2015 to 2018.
• To estimate and forecast the market size of India warehouse robotics market from 2019 to 2025 and growth rate until 2025.
• To classify and forecast India warehouse robotics market based on type, software, function, payload capacity, end user industry, company, and regional distribution.
• To identify dominant region or segment in the India warehouse robotics market.
• To identify drivers and challenges for India warehouse robotics market.
• To examine competitive developments such as expansions, new product launches, mergers & acquisitions, etc., in India warehouse robotics market.
• To identify and analyze the profile of leading players operating in India warehouse robotics market.
• To identify key sustainable strategies adopted by market players in India warehouse robotics market.
TechSci Research performed both primary as well as exhaustive secondary research for this study. Initially, TechSci Research sourced a list of service providers across the globe. Subsequently, TechSci Research conducted primary research surveys with the identified companies. While interviewing, the respondents were also enquired about their competitors. Through this technique, TechSci Research could include the service providers which could not be identified due to the limitations of secondary research. TechSci Research analyzed the service providers, distribution channels and presence of all major players across the globe.
TechSci Research calculated the market size of India warehouse robotics market using a bottom-up approach, wherein data for various end-user segments was recorded and forecast for the future years. TechSci Research sourced these values from the industry experts and company representatives and externally validated through analyzing historical data of these product types and applications for getting an appropriate, overall market size. Various secondary sources such as company websites, news articles, press releases, company annual reports, investor presentations and financial reports were also studied by TechSci Research.
Key Target Audience:
• Warehouse robotics service provider companies
• Market research and consulting firms
• Government bodies such as regulating authorities and policy makers
• Organizations, forums and alliances related to warehouse robotics
The study is useful in providing answers to several critical questions that are important for the industry stakeholders such as service providers, suppliers and partners, end users, etc., besides allowing them in strategizing investments and capitalizing on market opportunities.
Report Scope:
In this report, India warehouse robotics market has been segmented into following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Warehouse Robotics Market, By Type:
o Mobile Robots
o Articulated Robots
o Cylindrical Robots
o SCARA Robots
o Parallel Robots
o Cartesian Robots
o Others
• India Warehouse Robotics Market, By Software:
o Warehouse Management System
o Warehouse Control System
o Warehouse Execution System
• India Warehouse Robotics Market, By Function:
o Pick and Place
o Palletizing and Depalletizing
o Transportation
o Packaging
o Others
• India Warehouse Robotics Market, By Payload Capacity:
o 0.5 kg to 10 kg
o 11 kg to 80 kg
o 81 kg to 180 kg
o 181 kg to 300 kg
o 301 kg to 900 kg
o More Than 900 kg
• India Warehouse Robotics Market, By End User Industry:
o Food & Beverage
o Automotive
o E-Commerce
o Electrical & Electronics
o Pharmaceuticals
o Chemical
o Others
• India Warehouse Robotics Market, By Region:
o North
o South
o East
o West
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in India warehouse robotics market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
2. Research Methodology
3. Impact of COVID-19 on India Warehouse Robotics Market
4. Executive Summary
5. Voice of Customers/Customer Insights
6. India Warehouse Robotics Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type (Mobile Robots, Articulated Robots, Cylindrical Robots, SCARA Robots, Parallel Robots, Cartesian Robots, Others)
6.2.2. By Software (Warehouse Management System, Warehouse Control System, Warehouse Execution System)
6.2.3. By Function (Pick and Place, Palletizing and Depalletizing, Transportation, Packaging, Others)
6.2.4. By Payload Capacity (0.5 kg to 10 kg, 11 kg to 80 kg, 81 kg to 180 kg, 181 kg to 300 kg, 301 kg to 900 kg, More Than 900 kg)
6.2.5. By End User Industry (Food & Beverage, Automotive, E-Commerce, Electrical & Electronics, Pharmaceuticals, Chemical, Others)
6.2.6. By Region (North, East, South, West)
6.2.7. By Company
6.3. Product Market Map
7. North India Warehouse Robotics Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Software
7.2.3. By Function
7.2.4. By Payload Capacity
7.2.5. By End User Industry
8. East India Warehouse Robotics Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type
8.2.2. By Software
8.2.3. By Function
8.2.4. By Payload Capacity
8.2.5. By End User Industry
9. South India Warehouse Robotics Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type
9.2.2. By Software
9.2.3. By Function
9.2.4. By Payload Capacity
9.2.5. By End User Industry
10. West India Warehouse Robotics Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type
10.2.2. By Software
10.2.3. By Function
10.2.4. By Payload Capacity
10.2.5. By End User Industry
11. Market Dynamics
11.1. Drivers/Opportunities
11.2. Challenges/Restraints
12. Market Trends & Developments
13. Policy & Regulatory Landscape
14. India Economic Profile
15. Competitive Landscape
15.1. Company Profiles
15.1.1. ABB India Ltd.
15.1.2. Fanuc India Limited
15.1.3. KUKA India Private Limited
15.1.4. Yaskawa India Pvt Ltd (Robotics Division)
15.1.5. Yamaha Robotics
15.1.6. Omron Automation Pvt. Ltd.
15.1.7. Honeywell Automation India Limited
15.1.8. Siemens India
15.1.9. Daifuku India Private Limited
15.1.10. B&R Industrial Automation Private Limited
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(beverage)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/18 10:26

158.74 円

170.83 円

204.52 円

ページTOPに戻る