世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域の凝固市場の2030年までの予測-地域別分析-適応疾患別(ビタミンK欠乏症、肝疾患、播種性血管内凝固・肺塞栓症、循環性抗凝固薬の開発、血友病、フォンウィルブランド病、その他)、タイプ[臨床検査分析装置(コントロール&キャリブレーター、アッセイ&試薬、インスツルメンツ/システム、凝固因子、その他)、ポイントオブケア検査分析装置]、提供サービス[診断(プロトロンビン時間検査、フィブリノゲン検査、活性化凝固時間検査、活性化部分トロンボプラスチン時間検査、D-ダイマー検査、血小板機能検査、その他)、治療(抗線溶薬、避妊薬、デスモプレシン&免疫抑制薬、ビタミンKサプリメント、血液凝固阻止剤、トロンビン阻害剤または血栓溶解剤、補充療法、カテーテルによる血栓除去、その他)]、[技術(光学技術、機械技術、電気化学技術、その他)]、[エンドユーザー(臨床検査室、病院、その他)]の各分野に分類される。


Asia Pacific Coagulation Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - by Disease Indications (Vitamin K Deficiency, Liver Disease, Disseminated Intravascular Coagulation & Pulmonary Embolism, Development of Circulating Anticoagulants, Hemophilia, Von Willebrand's Disease, and Others), Type [Clinical Laboratory Analyzers (Controls & Calibrators, Assays & Reagents, Instruments/Systems, Coagulation Factors, and Others) and Point-of-Care Testing Analyzers], Offering [Diagnosis (Prothrombin Time Testing, Fibrinogen Testing, Activated Clotting Time Testing, Activated Partial Thromboplastin Time Testing, D-Dimmer Testing, Platelets Function Testing, and Others) and Treatment (Anti-Fibrinolytic Drugs, Birth Control Pills, Desmopressin & Immunosuppressive Medicines, Vitamin K Supplements, Blood Thinners, Thrombin Inhibitors or Thrombolytics, Replacement Therapy, Catheter-Assisted Thrombus Removal, and Others)], Technology (Optical Technology, Mechanical Technology, Electrochemical Technology, and Others), and End User (Clinical Laboratories, Hospitals, and Others)

アジア太平洋地域の凝固市場は、2022年には8億8,952万米ドルとなり、2030年には16億7,249万米ドルに達すると予測されている。 主要市場プレーヤーによる有機的・無機的戦略の成長がアジア太平洋の凝固市場に拍... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月14日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
113 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

アジア太平洋地域の凝固市場は、2022年には8億8,952万米ドルとなり、2030年には16億7,249万米ドルに達すると予測されている。

主要市場プレーヤーによる有機的・無機的戦略の成長がアジア太平洋の凝固市場に拍車をかける

生活習慣の変化や高齢者人口の増加が、血液疾患の有病率を高める主な要因の1つである。そのため、早期診断と早期治療に対する需要が高まっている。主要企業は、患者集団の生活の質を向上させるために、有機的・無機的なさまざまな戦略を通じてさまざまな取り組みを行っている。

- 2020年7月、シスメックス株式会社は自動血液凝固分析装置CN-6500/CN-3500を日本で発売した。この分析装置は、血液凝固・血小板凝集パラメータ、血栓症・止血パラメータを測定する。

- 2021年10月、トリビトロン・ヘルスケアはインドのダイアゴン社製凝固分析装置の新ラインナップを発売した。

- 2021年6月、トリビトロン・ヘルスケアは糖尿病、ヘモグロビン変動、サラセミアのモニタリングに役立つNANO H5とNANO H110を発表した。

- 2021年2月、シーメンス・ヘルティニアーズとシスメックス・コーポレーションは、全世界における止血製品の供給、流通、販売、サービスに関する契約を更新した。この契約には複数年の延長も含まれている。さらに、シーメンス・ヘルスイニアーズ社は、シスメックス社のCN-3000やCN-6000などの自動血液凝固分析装置の販売にも合意した。

- 2022年7月、堀場メディカルは最新の止血分析装置であるYumizen G800とG1550、および一般的な血液凝固検査に便利な即使用可能な試薬のラインナップを発売した。この製品ラインアップの拡充により、HORIBA Medicalは、あらゆる規模や要件の検査室向けに、包括的な止血システムと高度な試薬のセレクションを提供できるようになった。

このように、主要市場プレーヤーによる有機的・無機的なさまざまな戦略の採用は、予測期間中、凝固市場成長の機会を提供すると期待される。

アジア太平洋地域の凝固市場概要

アジア太平洋地域の凝固市場は、中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域に区分される。この地域における市場成長の要因としては、高齢者人口の増加、心血管疾患の増加、出血性疾患の有病率の増加、流通網の発達、凝固分析装置の進歩などが挙げられます。

National Center for Biotechnology Information(NCBI)に掲載された論文「Cardiovascular Health and Diseases in China 2022」によると、中国の農村部と都市部では、心血管疾患(CVD)が全死亡原因の47%と44%を占めている。2020年には、中国では3億3,000万人近くの患者がCVDに苦しむと予測されている。Lancet誌に掲載された研究によると、中国ではCVDが毎年400万人の死亡原因となっている。CVD患者は体内の凝固因子のレベルが高い。したがって、CVDの有病率の上昇が中国の凝固市場の成長を後押ししている。

アジア太平洋地域の凝固市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)

アジア太平洋地域の凝固市場セグメント

アジア太平洋地域の凝固市場は、疾患適応症、タイプ、製品、技術、エンドユーザー、国によって区分される。

適応疾患別に見ると、アジア太平洋地域の凝固市場はビタミンK欠乏症、肝疾患、播種性血管内凝固・肺塞栓症、循環性抗凝固薬の開発、血友病、フォンウィルブランド病、その他に区分される。肝疾患セグメントは2022年にアジア太平洋地域の凝固市場最大のシェアを占めた。

タイプ別に見ると、アジア太平洋地域の凝固市場は臨床検査用分析装置とポイントオブケア検査用分析装置に二分される。2022年のアジア太平洋地域の凝固市場シェアは、臨床検査分析装置部門がより大きい。臨床検査分析装置分野はさらに、コントロール&キャリブレーター、アッセイ&試薬、機器/システム、凝固因子、その他に細分される。

提供サービスの観点から、アジア太平洋地域の凝固市場は診断と治療に二分される。2022年のアジア太平洋地域の凝固市場シェアは、診断セグメントがより大きい。診断セグメントはさらに、プロトロンビン時間検査、フィブリノゲン検査、活性化凝固時間検査、活性化部分トロンボプラスチン時間検査、dダイマー検査、血小板機能検査、その他に細分化される。治療セグメントはさらに抗線溶薬、避妊薬、デスモプレシン&免疫抑制薬、ビタミンKサプリメント、血液希釈薬、トロンビン阻害薬または血栓溶解薬、補充療法、カテーテル補助血栓除去、その他に細分化される。

技術別では、アジア太平洋地域の凝固市場は光学技術、機械技術、電気化学技術、その他に区分される。2022年のアジア太平洋地域の凝固市場シェアは、光学技術分野が最大であった。

エンドユーザー別では、アジア太平洋地域の凝固市場は臨床検査室、病院、その他に区分される。病院セグメントは2022年にアジア太平洋地域の凝固市場で最大のシェアを占めた。

国別に見ると、アジア太平洋地域の凝固市場は中国、日本、インド、韓国、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域に分類される。2022年のアジア太平洋地域の凝固市場は中国が支配的であった。

F.Hoffmann-La Roche Ltd.、Genrui Biotech Co.Ltd.、Horiba Ltd.、ImproGen Diagnostik Kimya San & Tic Ltd.Şti.、Siemens Healthineers AG、Sysmex Corp、Transasia Bio-Medicals Ltd.などがアジア太平洋地域の凝固市場で事業を展開している大手企業である。

ページTOPに戻る


目次

目次

1.はじめに
1.1 インサイトパートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
3.調査方法
3.1 調査範囲
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.アジア太平洋地域の凝固市場-主要産業ダイナミクス
4.1 主な市場促進要因
4.1.1 血液疾患の有病率の増加
4.1.2 循環器疾患の有病率の上昇
4.2 市場の阻害要因
4.2.1 凝固分析装置に関連する高コスト
4.3 市場機会
4.3.1 主要市場プレイヤーによる有機的・無機的戦略の成長
4.4 今後の動向
4.4.1 POC(ポイントオブケア)凝固分析装置の発展
4.5 影響分析
5.凝固市場-アジア太平洋地域市場分析
5.1 アジア太平洋地域の凝固市場売上高(百万米ドル)、2022年~2030年
6.アジア太平洋地域の凝固市場-2030年までの収益および予測:適応疾患別
6.1 概要
6.2 アジア太平洋地域の凝固市場:2022年および2030年の疾患別売上シェア(%)
6.3 ビタミンK欠乏症
6.3.1 概要
6.3.2 ビタミンK欠乏症アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
6.4 肝疾患
6.4.1 概要
6.4.2 肝疾患:アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
6.5 播種性血管内凝固症候群および肺塞栓症
6.5.1 概要
6.5.2 播種性血管内凝固症候群と肺塞栓症:アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
6.6 循環型抗凝固薬の開発
6.6.1 概要
6.6.2 循環型抗凝固薬の開発:アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
6.7 血友病
6.7.1 概要
6.7.2 血友病:アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
6.8 フォンウィルブランド病
6.8.1 概要
6.8.2 フォン・ウィルブランド病:アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
6.9 その他
6.9.1 概要
6.9.2 その他アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
7.アジア太平洋地域の凝固市場:タイプ別収益と2030年までの予測
7.1 概要
7.2 アジア太平洋地域の凝固市場2022年・2030年タイプ別売上高シェア(%)
7.3 臨床検査分析装置
7.3.1 概要
7.3.2 臨床検査分析装置アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
7.3.2.1 アジア太平洋地域の凝固市場:臨床検査分析装置別
7.4 ポイントオブケア検査分析装置
7.4.1 概要
7.4.2 ポイントオブケア検査分析装置アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
8.アジア太平洋地域の凝固市場:収入と2030年までの予測:製品別
8.1 概要
8.2 アジア太平洋地域の凝固市場:2022年および2030年の収入シェア(提供品別)
8.3 診断
8.3.1 概要
8.3.2 診断アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入および予測(百万米ドル)
8.3.2.1 アジア太平洋地域の凝固市場:診断別
8.4 治療
8.4.1 概要
8.4.2 治療アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
8.4.2.1 アジア太平洋地域の凝固市場:治療別
9.アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入と予測:技術別
9.1 概要
9.2 アジア太平洋地域の凝固市場:2022年・2030年の技術別売上高シェア(%)
9.3 光学技術
9.3.1 概要
9.3.2 光学技術アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入および予測(百万米ドル)
9.4 機械技術
9.4.1 概要
9.4.2 機械技術:アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.5 電気化学技術
9.5.1 概要
9.5.2 電気化学技術:アジア太平洋地域の凝固市場:2030年に至る収益と予測(百万米ドル)
9.6 その他
9.6.1 概要
9.6.2 その他:アジア太平洋地域の凝固市場アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
10.アジア太平洋地域の凝固市場:エンドユーザー別の収益と2030年までの予測
10.1 概要
10.2 アジア太平洋地域の凝固市場:2022年および2030年のエンドユーザー別売上高シェア(%)
10.3 臨床検査
10.3.1 概要
10.3.2 臨床検査室アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの売上高と予測(百万米ドル)
10.4 病院
10.4.1 概要
10.4.2 病院アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収益と予測(百万米ドル)
10.5 その他
10.5.1 概要
10.5.2 その他アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入と予測(百万米ドル)
11.アジア太平洋地域の凝固市場-国別分析
11.1 アジア太平洋地域の凝固市場:2030年までの収入と予測
11.1.1 アジア太平洋地域の凝固市場:国別
11.1.1.1 中国
11.1.1.1.1 中国の凝固市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
11.1.1.1.2 中国の凝固市場:適応疾患別
11.1.1.1.3 中国の凝固市場:タイプ別
11.1.1.1.3.1 中国の凝固市場:臨床検査分析装置別
11.1.1.1.4 中国凝固市場:提供製品別
11.1.1.1.4.1 中国の凝固市場:診断別
11.1.1.1.4.2 中国の凝固市場:治療別
11.1.1.1.5 中国の凝固市場:技術別
11.1.1.1.6 中国の凝固市場:エンドユーザー別
11.1.1.2 日本
11.1.1.2.1 概要
11.1.1.2.2 日本の凝固市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
11.1.1.2.3 日本の凝固市場:適応疾患別
11.1.1.2.4 凝固療法の日本市場:タイプ別
11.1.1.2.4.1 日本凝固市場:臨床検査分析装置別
11.1.1.2.5 国内凝固市場:オファリング別
11.1.1.2.5.1 日本凝固市場:診断別
11.1.1.2.5.2 凝固の日本市場:治療別
11.1.1.2.6 凝固療法の日本市場:技術別
11.1.1.2.7 凝固の日本市場:エンドユーザー別
11.1.1.3 インド
11.1.1.3.1 概要
11.1.1.3.2 インドの凝固市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
11.1.1.3.3 インドの凝固市場:適応疾患別
11.1.1.3.4 インド凝固市場:タイプ別
11.1.1.3.4.1 インドの凝固市場:臨床検査分析装置別
11.1.1.3.5 インドの凝固市場:オファリング別
11.1.1.3.5.1 インドの凝固市場:診断別
11.1.1.3.5.2 インドの凝固市場:治療別
11.1.1.3.6 インドの凝固市場:技術別
11.1.1.3.7 インドの凝固市場:エンドユーザー別
11.1.1.4 オーストラリア
11.1.1.4.1 概要
11.1.1.4.2 オーストラリアの凝固市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
11.1.1.4.3 オーストラリアの凝固市場:適応疾患別
11.1.1.4.4 オーストラリアの凝固市場:タイプ別
11.1.1.4.4.1 オーストラリアの凝固市場:臨床検査分析装置別
11.1.1.4.5 オーストラリアの凝固市場:オファリング別
11.1.1.4.5.1 オーストラリアの凝固市場:診断別
11.1.1.4.5.2 オーストラリアの凝固市場:治療別
11.1.1.4.6 オーストラリアの凝固市場:技術別
11.1.1.4.7 オーストラリアの凝固市場:エンドユーザー別
11.1.1.5 韓国
11.1.1.5.1 概要
11.1.1.5.2 韓国の凝固市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
11.1.1.5.3 韓国の凝固市場:適応疾患別
11.1.1.5.4 韓国の凝固市場:タイプ別
11.1.1.5.4.1 韓国の凝固市場:臨床検査分析装置別
11.1.1.5.5 韓国の凝固市場:提供製品別
11.1.1.5.5.1 韓国の凝固市場:診断別
11.1.1.5.5.2 韓国の凝固市場:治療別
11.1.1.5.6 韓国の凝固市場:技術別
11.1.1.5.7 韓国の凝固市場:エンドユーザー別
11.1.1.6 その他のアジア太平洋地域
11.1.1.6.1 概要
11.1.1.6.2 その他のアジア太平洋地域の凝固市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
11.1.1.6.3 その他のアジア太平洋地域の凝固市場:適応疾患別
11.1.1.6.4 その他のアジア太平洋地域の凝固市場:タイプ別
11.1.1.6.4.1 その他のアジア太平洋地域の凝固市場:臨床検査分析装置別
11.1.1.6.5 その他のアジア太平洋地域の凝固市場:提供品別
11.1.1.6.5.1 その他のアジア太平洋地域の凝固市場:診断別
11.1.1.6.5.2 その他のアジア太平洋地域の凝固市場:治療別
11.1.1.6.6 アジア太平洋地域のその他の凝固市場:技術別
11.1.1.6.7 アジア太平洋地域のその他の凝固市場:エンドユーザー別
12.凝固市場-産業別展望
12.1 概要
12.2 凝固市場の成長戦略
12.3 無機的成長戦略
12.3.1 概要
12.4 有機的成長戦略
12.4.1 概要
13.企業プロフィール
13.1 シーメンス・ヘルスィニアースAG
13.1.1 主要事実
13.1.2 事業内容
13.1.3 製品とサービス
13.1.4 財務概要
13.1.5 SWOT分析
13.1.6 主要開発
13.2 ImproGen Diagnostik Kimya San.Ltd.Şti.
13.2.1 主要事実
13.2.2 事業内容
13.2.3 製品とサービス
13.2.4 財務概要
13.2.5 SWOT分析
13.2.6 主要開発
13.3 シスメックス
13.3.1 主要事実
13.3.2 事業内容
13.3.3 製品とサービス
13.3.4 財務概要
13.3.5 SWOT分析
13.3.6 主要開発
13.4 F.ホフマン・ラ・ロシュ社
13.4.1 主要事実
13.4.2 事業内容
13.4.3 製品とサービス
13.4.4 財務概要
13.4.5 SWOT分析
13.4.6 主要開発
13.5 Genrui Biotech Co.
13.5.1 主要事実
13.5.2 事業内容
13.5.3 製品とサービス
13.5.4 財務概要
13.5.5 SWOT分析
13.5.6 主要開発
13.6 トランザシアバイオメディカルズ
13.6.1 主要事実
13.6.2 事業内容
13.6.3 製品とサービス
13.6.4 財務概要
13.6.5 SWOT分析
13.6.6 主要な開発
13.7 堀場製作所
13.7.1 主要事実
13.7.2 事業内容
13.7.3 製品とサービス
13.7.4 財務概要
13.7.5 SWOT分析
13.7.6 主要開発
14.付録
14.1 会社概要
14.2 用語集


 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Asia Pacific coagulation market was valued at US$ 889.52 million in 2022 and is expected to reach US$ 1,672.49 million by 2030; it is estimated to grow at a CAGR of 8.2% from 2022 to 2030.

Growing Organic and Inorganic Strategies by Key Market Players Fuel Asia Pacific Coagulation Market

Changing lifestyle habits and a growing geriatric population are among the major factors increasing the prevalence of blood disorders. Therefore, there is a growing demand for early diagnosis and treatment. Key players are taking several initiatives through various organic and inorganic strategies to enhance the quality of life of patient population.

- In July 2020, Sysmex Corporation launched the Automated Blood Coagulation Analyzers CN-6500/CN-3500 in Japan. The analyzer measures blood coagulation and platelet aggregation parameters, as well as thrombosis and hemostasis parameters.

- In October 2021, Trivitron Healthcare launched a new line of coagulation analyzer products manufactured by Diagon Ltd in India.

- In June 2021, Trivitron Healthcare introduced NANO H5 and NANO H110, which help in monitoring diabetes, hemoglobin variations, and thalassemia.

- In February 2021, Siemens Healthineers and Sysmex Corporation renewed their agreement to supply, distribute, sell, and service hemostasis products across the world. The agreement also included an extension for multiple years. Further, Siemens Healthineers agreed to distribute Sysmex's automated blood coagulation analyzer, such as the CN-3000 and CN-6000.

- In July 2022, HORIBA Medical launched the latest Yumizen G800 and G1550 hemostasis analyzers, as well as a range of convenient ready-to-use reagents for common blood coagulation Offerings. With this expansion of its product line, HORIBA Medical now offers a comprehensive selection of hemostasis systems and advanced reagents for laboratories of all sizes and requirements.

Thus, the adoption of various organic and inorganic strategies by the key market players is expected to provide opportunities for the coagulation market growth during the forecast period.

Asia Pacific Coagulation Market Overview

The Asia Pacific coagulation market is segmented into China, Japan, India, South Korea, Australia, and the Rest of Asia Pacific. The factors contributing to the market progress in this region include the rising geriatric population, increasing incidences of cardiovascular diseases, growing prevalence of bleeding disorders, development of distribution networks, and advancements in coagulation analyzers.

According to an article published in the National Center for Biotechnology Information (NCBI), "Cardiovascular Health and Diseases in China 2022," cardiovascular diseases (CVD) are the cause of ~47% and ~44% of all deaths in rural and urban regions in China, respectively. In 2020, nearly 330 million patients are predicted to suffer from CVD in China. According to a research study published in The Lancet, CVDs cause ~4 million deaths each year in China. CVD patients have elevated levels of coagulation factors in their bodies. Hence, an upsurge in the prevalence of CVDs is fueling the growth of the coagulation market in China.

Asia Pacific Coagulation Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

Asia Pacific Coagulation Market Segmentation

The Asia Pacific coagulation market is segmented based on disease indication, type, offering, technology, end user, and country.

Based on disease indication, the Asia Pacific coagulation market is segmented into vitamin k deficiency, liver disease, disseminated intravascular coagulation and pulmonary embolism, development of circulating anticoagulants, hemophilia, von willebrand's disease, and others. The liver disease segment held the largest Asia Pacific coagulation market share in 2022.

Based on type, the Asia Pacific coagulation market is bifurcated into clinical laboratory analysers and point-of-care testing analyzers. The clinical laboratory analysers segment held a larger Asia Pacific coagulation market share in 2022. Clinical laboratory analysers segment is further subsegmented into controls & calibrators, assays & reagents, instruments/systems, coagulation factors, and others.

In terms of offering, the Asia Pacific coagulation market is bifurcated into diagnosis and treatment. The diagnosis segment held a larger Asia Pacific coagulation market share in 2022. Diagnosis segment is further subsegmented into prothrombin time testing, fibrinogen testing, activated clotting time testing, activated partial thromboplastin time testing, d-dimmer testing, platelets function testing, and others. Treatment segment is further subsegmented into anti-fibrinolytic drugs, birth control pills, desmopressin & immunosuppressive medicines, vitamin k supplements, blood thinners, thrombin inhibitors or thrombolytics, replacement therapy, catheter-assisted thrombus removal, and others.

By technology, the Asia Pacific coagulation market is segmented into optical technology, mechanical technology, electrochemical technology, and others. The optical technology segment held the largest Asia Pacific coagulation market share in 2022.

By end user, the Asia Pacific coagulation market is segmented into clinical laboratories, hospitals, and others. The hospitals segment held the largest Asia Pacific coagulation market share in 2022.

Based on country, the Asia Pacific coagulation market is categorized into China, Japan, India, South Korea, Australia, and the Rest of Asia Pacific. China dominated the Asia Pacific coagulation market in 2022.

F. Hoffmann-La Roche Ltd; Genrui Biotech Co., Ltd.; Horiba Ltd; ImproGen Diagnostik Kimya San & Tic Ltd.Şti., Siemens Healthineers AG; Sysmex Corp; and Transasia Bio-Medicals Ltd are some of the leading companies operating in the Asia Pacific coagulation market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS

1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. Asia Pacific Coagulation Market - Key Industry Dynamics
4.1 Key Market Drivers:
4.1.1 Increasing Prevalence of Blood Disorders
4.1.2 Rising Prevalence of Cardiovascular Diseases
4.2 Market Restraints
4.2.1 High Costs Associated with Coagulation Analyzers
4.3 Market Opportunities
4.3.1 Growing Organic and Inorganic Strategies by Key Market Players
4.4 Future Trends
4.4.1 Development of Point-of-Care (POC) Coagulation Analyzers
4.5 Impact Analysis
5. Coagulation Market - Asia Pacific Market Analysis
5.1 Asia Pacific Coagulation Market Revenue (US$ million), 2022 - 2030
6. Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Disease Indication
6.1 Overview
6.2 Asia Pacific Coagulation Market Revenue Share, by Disease Indication 2022 & 2030 (%)
6.3 Vitamin K Deficiency
6.3.1 Overview
6.3.2 Vitamin K Deficiency: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.4 Liver Disease
6.4.1 Overview
6.4.2 Liver Disease: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.5 Disseminated Intravascular Coagulation and Pulmonary Embolism
6.5.1 Overview
6.5.2 Disseminated Intravascular Coagulation and Pulmonary Embolism: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.6 Development of Circulating Anticoagulant
6.6.1 Overview
6.6.2 Development of Circulating Anticoagulant: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.7 Hemophilia
6.7.1 Overview
6.7.2 Hemophilia: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.8 Von Willebrand's Disease
6.8.1 Overview
6.8.2 Von Willebrand's Disease: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
6.9 Others
6.9.1 Overview
6.9.2 Others: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7. Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Type
7.1 Overview
7.2 Asia Pacific Coagulation Market Revenue Share, by Type 2022 & 2030 (%)
7.3 Clinical Laboratory Analyzers
7.3.1 Overview
7.3.2 Clinical Laboratory Analyzers: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.3.2.1 Asia Pacific Coagulation Market, by Clinical Laboratory Analyzers
7.4 Point-of-Care Testing Analyzers
7.4.1 Overview
7.4.2 Point-of-Care Testing Analyzers: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8. Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Offering
8.1 Overview
8.2 Asia Pacific Coagulation Market Revenue Share, by Offering 2022 & 2030 (%)
8.3 Diagnosis
8.3.1 Overview
8.3.2 Diagnosis: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.3.2.1 Asia Pacific Coagulation Market, by Diagnosis
8.4 Treatment
8.4.1 Overview
8.4.2 Treatment: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.4.2.1 Asia Pacific Coagulation Market, by Treatment
9. Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 - by Technology
9.1 Overview
9.2 Asia Pacific Coagulation Market Revenue Share, by Technology 2022 & 2030 (%)
9.3 Optical Technology
9.3.1 Overview
9.3.2 Optical Technology: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9.4 Mechanical Technology
9.4.1 Overview
9.4.2 Mechanical Technology: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9.5 Electrochemical Technology
9.5.1 Overview
9.5.2 Electrochemical Technology: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9.6 Others
9.6.1 Overview
9.6.2 Others: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
10. Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 - by End User
10.1 Overview
10.2 Asia Pacific Coagulation Market Revenue Share, by End User 2022 & 2030 (%)
10.3 Clinical Laboratories
10.3.1 Overview
10.3.2 Clinical Laboratories: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
10.4 Hospitals
10.4.1 Overview
10.4.2 Hospitals: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
10.5 Others
10.5.1 Overview
10.5.2 Others: Asia Pacific Coagulation Market - Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
11. Asia Pacific Coagulation Market - Country Analysis
11.1 Asia Pacific Coagulation Market, Revenue and Forecast to 2030
11.1.1 Asia Pacific Coagulation Market by Country
11.1.1.1 China
11.1.1.1.1 China Coagulation Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ million)
11.1.1.1.2 China Coagulation Market, by Disease Indication
11.1.1.1.3 China Coagulation Market, by Type
11.1.1.1.3.1 China Coagulation Market, by Clinical Laboratory Analyzer
11.1.1.1.4 China Coagulation Market, by Offering
11.1.1.1.4.1 China Coagulation Market, by Diagnosis
11.1.1.1.4.2 China Coagulation Market, by Treatment
11.1.1.1.5 China Coagulation Market, by Technology
11.1.1.1.6 China Coagulation Market, by End User
11.1.1.2 Japan
11.1.1.2.1 Overview
11.1.1.2.2 Japan Coagulation Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ million)
11.1.1.2.3 Japan Coagulation Market, by Disease Indication
11.1.1.2.4 Japan Coagulation Market, by Type
11.1.1.2.4.1 Japan Coagulation Market, by Clinical Laboratory Analyzer
11.1.1.2.5 Japan Coagulation Market, by Offering
11.1.1.2.5.1 Japan Coagulation Market, by Diagnosis
11.1.1.2.5.2 Japan Coagulation Market, by Treatment
11.1.1.2.6 Japan Coagulation Market, by Technology
11.1.1.2.7 Japan Coagulation Market, by End User
11.1.1.3 India
11.1.1.3.1 Overview
11.1.1.3.2 India Coagulation Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ million)
11.1.1.3.3 India Coagulation Market, by Disease Indication
11.1.1.3.4 India Coagulation Market, by Type
11.1.1.3.4.1 India Coagulation Market, by Clinical Laboratory Analyzer
11.1.1.3.5 India Coagulation Market, by Offering
11.1.1.3.5.1 India Coagulation Market, by Diagnosis
11.1.1.3.5.2 India Coagulation Market, by Treatment
11.1.1.3.6 India Coagulation Market, by Technology
11.1.1.3.7 India Coagulation Market, by End User
11.1.1.4 Australia
11.1.1.4.1 Overview
11.1.1.4.2 Australia Coagulation Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ million)
11.1.1.4.3 Australia Coagulation Market, by Disease Indication
11.1.1.4.4 Australia Coagulation Market, by Type
11.1.1.4.4.1 Australia Coagulation Market, by Clinical Laboratory Analyzer
11.1.1.4.5 Australia Coagulation Market, by Offering
11.1.1.4.5.1 Australia Coagulation Market, by Diagnosis
11.1.1.4.5.2 Australia Coagulation Market, by Treatment
11.1.1.4.6 Australia Coagulation Market, by Technology
11.1.1.4.7 Australia Coagulation Market, by End User
11.1.1.5 South Korea
11.1.1.5.1 Overview
11.1.1.5.2 South Korea Coagulation Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ million)
11.1.1.5.3 South Korea Coagulation Market, by Disease Indication
11.1.1.5.4 South Korea Coagulation Market, by Type
11.1.1.5.4.1 South Korea Coagulation Market, by Clinical Laboratory Analyzer
11.1.1.5.5 South Korea Coagulation Market, by Offering
11.1.1.5.5.1 South Korea Coagulation Market, by Diagnosis
11.1.1.5.5.2 South Korea Coagulation Market, by Treatment
11.1.1.5.6 South Korea Coagulation Market, by Technology
11.1.1.5.7 South Korea Coagulation Market, by End User
11.1.1.6 Rest of Asia Pacific
11.1.1.6.1 Overview
11.1.1.6.2 Rest of Asia Pacific Coagulation Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ million)
11.1.1.6.3 Rest of Asia Pacific Coagulation Market, by Disease Indication
11.1.1.6.4 Rest of Asia Pacific Coagulation Market, by Type
11.1.1.6.4.1 Rest of Asia Pacific Coagulation Market, by Clinical Laboratory Analyzer
11.1.1.6.5 Rest of Asia Pacific Coagulation Market, by Offering
11.1.1.6.5.1 Rest of Asia Pacific Coagulation Market, by Diagnosis
11.1.1.6.5.2 Rest of Asia Pacific Coagulation Market, by Treatment
11.1.1.6.6 Rest of Asia Pacific Coagulation Market, by Technology
11.1.1.6.7 Rest of Asia Pacific Coagulation Market, by End User
12. Coagulation Market-Industry Landscape
12.1 Overview
12.2 Growth Strategies in the Coagulation Market
12.3 Inorganic Growth Strategies
12.3.1 Overview
12.4 Organic Growth Strategies
12.4.1 Overview
13. Company Profiles
13.1 Siemens Healthineers AG
13.1.1 Key Facts
13.1.2 Business Description
13.1.3 Products and Services
13.1.4 Financial Overview
13.1.5 SWOT Analysis
13.1.6 Key Developments
13.2 ImproGen Diagnostik Kimya San. & Tic. Ltd.Şti.
13.2.1 Key Facts
13.2.2 Business Description
13.2.3 Products and Services
13.2.4 Financial Overview
13.2.5 SWOT Analysis
13.2.6 Key Developments
13.3 Sysmex Corp
13.3.1 Key Facts
13.3.2 Business Description
13.3.3 Products and Services
13.3.4 Financial Overview
13.3.5 SWOT Analysis
13.3.6 Key Developments
13.4 F. Hoffmann-La Roche Ltd
13.4.1 Key Facts
13.4.2 Business Description
13.4.3 Products and Services
13.4.4 Financial Overview
13.4.5 SWOT Analysis
13.4.6 Key Developments
13.5 Genrui Biotech Co., Ltd.
13.5.1 Key Facts
13.5.2 Business Description
13.5.3 Products and Services
13.5.4 Financial Overview
13.5.5 SWOT Analysis
13.5.6 Key Developments
13.6 Transasia Bio-Medicals Ltd
13.6.1 Key Facts
13.6.2 Business Description
13.6.3 Products and Services
13.6.4 Financial Overview
13.6.5 SWOT Analysis
13.6.6 Key Developments
13.7 Horiba Ltd.
13.7.1 Key Facts
13.7.2 Business Description
13.7.3 Products and Services
13.7.4 Financial Overview
13.7.5 SWOT Analysis
13.7.6 Key Developments
14. Appendix
14.1 About Us
14.2 Glossary of Terms


 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(activated)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る