世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

運輸におけるAs a Serviceビジネスモデルの持続可能性への道筋とは?


What Is the Pathway to Sustainability for As a Service Business Models in Transportation?

Everything as a Service(XaaS)モデルは新しい概念ではないが、クラウド・コンピューティング・プラットフォームやスマートフォンの導入、ワイヤレス・ブロードバンド接続のユビキタス化により、この15年間... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2023年9月28日 US$1,850
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
15 2 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

Everything as a Service(XaaS)モデルは新しい概念ではないが、クラウド・コンピューティング・プラットフォームやスマートフォンの導入、ワイヤレス・ブロードバンド接続のユビキタス化により、この15年間でその有用性は飛躍的に高まった。多くの分野で、この組み合わせは、所有の概念全体と、ほとんどの人が高価な資産を所有すべきかどうかの再考を可能にした。交通とモビリティの分野では、カーシェアリングからライドヘイリング、バッテリーに至るまで、あらゆるXaaSが現在、確立されたビジネスになっているか、近い将来そうなる可能性が高い。
 
モビリティ関連のXaaSの課題は、収益性の高い自立した事業への道筋を、まだほとんど誰も見いだせていないことだ。過去10年間に立ち上げられた企業のほとんどは、資本不足に陥ったり、より大きな競合他社に買収されたりして廃業している。
 
XaaSは、ビジネスモデルとして、また真の社会的利益を提供するものとして、非常に大きな可能性を秘めている。XaaSは、交通安全の向上や渋滞の緩和、自力での移動が困難な人々へのモビリティの提供、必要なリソースの削減などに活用できる。しかし、そうするためには、より大きな交通とモビリティのエコシステムの一部として、企業がどのように運営されているかを再評価する必要がある。
 
主な課題
  • XaaSが輸送とモビリティのどのような主要分野に影響を与える可能性があるか?
  • モビリティXaaSに参入した企業のほとんどが、これまで失敗してきたのはなぜか?
  • モビリティXaaSビジネスを成功させるには、どのような新しいアプローチが必要か?
  • モビリティXaaSの成功に自動化は不可欠か?
  • XaaSはどのようにして交通の電化をより持続可能で安価なものにすることができるのか?
 
このレポートが必要な人
  • 自動車メーカー
  • サプライヤー
  • ADAS/ADS開発者
  • 政策立案者
  • 交通規制当局
  • 投資家
  • モビリティ・サービス企業


ページTOPに戻る


目次

目次
スパーク
コンテキスト
提言
アズ・ア・サービスとは何か?
オンライン機能を活用したサービスとしての自動車
カーシェアリングは初期のXaaSモデルだった
車両サブスクリプションもVaaSソリューションのひとつ
モビリティ・アズ・ア・サービスには複数のモデルがある
人間が運転するタクシーは古いモデル
自動運転モデルは期待に遅れている
マイクロモビリティ・プログラムの成功は限定的
サービスとしてのデリバリーは有利な経済性から恩恵を受ける
サービスとしての貨物はニーズを満たす
自動化は長距離輸送の複数の問題に対処可能
サービスとしてのバッテリー
成功への道筋があるのはどのモデルか?
顧客にとっての魅力とは?
マルチサービス・アグリゲーターが理想的なソリューションになる可能性
自動化が鍵か?
消費者はただ買うべきか?
私たちは何を勧めるか?
フリーマネーは存在しない
何が何でも成長というコンセプトはあきらめろ
利益と社会的利益への道は存在する
 
図表一覧
自動トラック・バスの地域別展開(世界市場):2022-2032年
ロボットタクシーの地域別年間導入台数(世界市場):2023~2035年

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、が輸送とモビリティ分野におけるEverything as a Service(XaaS)について分析しています。
 
Report Description
Everything as a service (XaaS) models are not a new concept, but the utility of such services has grown exponentially during the past 15 years thanks to the introduction of cloud computing platforms, smartphones, and the ubiquity of wireless broadband connectivity. In many fields, this combination has enabled the rethinking of the whole concept of ownership and whether most people should own expensive assets. In transportation and mobility, XaaS for everything from car-sharing to ride-hailing to batteries is now either an established business or will likely soon become one.
 
The challenge for mobility-related XaaS is that almost no one has yet managed to find a path to profitable, self-sustaining operations. Most of the companies that have launched over the past decade have since gone out of business?either running out of capital or being acquired by a larger competitor.
 
XaaS has tremendous potential as a business model and to provide genuine societal benefits. It can be used to improve road safety and reduce congestion, provide mobility for those that cannot otherwise afford it or are unable to be mobile on their own, and reduce resource requirements. Doing so, however, will require some reevaluation of how companies operate as part of the larger transportation and mobility ecosystem.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What major areas in transportation and mobility could XaaS have an impact on?
  • Why have most of the companies in mobility XaaS failed so far?
  • What new approaches may be required to create successful mobility XaaS businesses?
  • Is automation essential for successful mobility XaaS?
  • How can XaaS make transportation electrification more sustainable and affordable?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Automakers
  • Suppliers
  • ADAS/ADS developers
  • Policymakers
  • Transportation regulators
  • Investors
  • Mobility service companies


ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
Spark
Context
Recommendations
What Is as a Service?
Vehicle as a Service Utilizes Online Capabilities
Carsharing Was an Early XaaS Model
Vehicle Subscriptions Are Another VaaS Solution
Mobility as a Service Offers Multiple Models
Human-Driven Taxis Are an Old Model
The Automated Driving Model Is Lagging Expectations
Micromobility Programs Had Limited Success
Delivery as a Service Benefits from Favorable Economics
Freight as a Service Fills a Need
Automation Could Address Multiple Issues for Long-Haul Operations
Battery as a Service
Which Models Have a Pathway to Success?
What Is the Attraction for the Customer?
Multi-Service Aggregators Could Be an Ideal Solution
Is Automation the Key?
Should Consumers Just Buy?
What Do We Recommend?
Free Money Does Not Exist
Give Up on the Concept of Growth at All Cost
A Pathway to Profits and Societal Benefit Does Exist
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Automated Truck and Bus Deployments by Region, World Markets: 2022-2032
Annual Robotaxi Deployment by Region, World Markets: 2023-2035

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(XaaS)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/18 10:26

158.74 円

170.83 円

204.52 円

ページTOPに戻る