世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

Optimizing Smart Home Services


スマートホームサービスの最適化

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート 「スマートホームサービスの最適化」 は、スマートホームサービスのビジネスチャンスと課題について記載している。スマートホ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2019年12月17日 US$1,850
1-5ユーザライセンス(PDF)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
14 2 英語

 

Summary

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「スマートホームサービスの最適化」は、スマートホームサービスのビジネスチャンスと課題について記載している。スマートホームサービス市場のサービス、お薦めのアクションアイテム、戦略を評価している。2028年までの世界のスマートホームサービス収益を予測している。新しいホームサービス企業のケーススタディについても記載している。

Smart home stakeholders are starting to shift their focus from hardware sales to service-driven business models. The volume of consumers adopting connected devices has grown dramatically in recent years. Offering services gives stakeholders a means to generate recurring revenue, capitalize on their investment in the Internet of Things (IoT), and create stickier relationships with residential customers while adding value and capabilities to smart home ecosystems.

Popular services that stakeholders have introduced to the market focus on a variety of use cases, including security monitoring, health and independent living, energy savings, HVAC performance monitoring, and convenience. However, taking full advantage of the opportunity to offer home services is proving challenging. Consumers have not been convinced of the value in paying monthly fees for many of the home services available, so adoption has been fairly limited. Stakeholders must figure out the best strategy for diversifying revenue streams and monetizing consumer data to overcome the challenge, or this could become a missed opportunity.

This Strategy Insight report by Navigant Research, a Guidehouse company, analyzes smart home service opportunities and challenges. The study discusses evaluations of services, recommended action items, and strategies for the smart home service market. Global market forecasts for smart home service revenue through 2028 are mentioned. Case studies for emerging home service companies are also provided in the report.

 
Key Questions Addressed
  • How have growing volumes of data from the proliferation of smart home devices led to the development of home services?
  • What are the popular services and what use cases do they address?
  • How is revenue expected to grow?
  • How do market challenges limit adoption?
  • What failures and success stories exist in the market?
  • What should companies do to succeed in this market?
Who Needs This Report
  • Connected device manufacturers
  • Smart home and home automation platform vendors
  • Service providers
  • Telecommunications providers
  • Energy suppliers
  • Communicating technology alliances
  • Investor community

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Spark 

Context

Recommendations

Abundant Data Leads to Value Opportunities through Home Services

Stakeholders Are Developing a Framework of Connectivity in the Home

A Diverse Landscape of Emerging Home Services

ADT Inc. Command & Control: Interactive Services

Google Nest Aware: Video Analytics Services

British Gas Boiler IQ: HVAC Performance Monitoring Services

Quby Toon: Energy as a Service

Hive Link: Independent Living Services

Apple Watch: Fall Detection and Health Services

Amazon Key: Delivery Services

Tokyo Electric Power Company: Smart Home Services

Service-Based Business Models Present Opportunity in Theory but Realization Remains a Challenge

Stakeholders Shift Focus from Hardware Sales to Services

Realizing Service Opportunity Is Difficult

Amazon Key and Hive Link Demonstrate These Challenges

Limited Traction with Home Services Could Lead to New Market Dynamics

Smart Home Vendors Must Continue Exploring Ways to Balance and Diversify Revenue Streams

Stakeholders Must Ensure Solutions Operate Seamlessly

Security and Interoperability Must Be the Top Priority

Focus on Introducing Services That Are a Necessity, Not Merely a Convenience

Target Customers with Services for Emerging Markets

Stakeholders Banking on Services Must Have A Long-Term Strategy to Withstand Difficult Markets 

 

List of Charts and Figures

  • The Connected Home
  • TEPCO Strategy for Expanding Business

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(スマートホーム)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/20 10:27

159.16 円

171.47 円

205.16 円

ページTOPに戻る