世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

Shared and Electrified Mobility Starts in Higher Education


モビリティの共有と電化は高学歴層で始まる

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート 「モビリティの共有と電化は高学歴層で始まる」 は、 電気自動車のプレゼンスを構築する 電気自動車メーカー、販売代理店(ディ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2019年5月2日 US$1,050
1-5ユーザライセンス(PDF)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
13 3 英語

 

Summary

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「モビリティの共有と電化は高学歴層で始まる」は、電気自動車のプレゼンスを構築する電気自動車メーカー、販売代理店(ディーラー)、大学のビジネスチャンスを論議している。大学市場の雇用者数、市場規模、既存のプログラム、研究のビジネスチャンス、フリートの電化、提携の可能性などを分析している。電気自動車の採用に関する理解についてスタッフや教職員を調査したアリゾナ州立大学のケーススタディも記載している。

American universities are pivotal to the plug-in EV (PEV) market. With higher levels of education, homeownership, and salaries than the average employee in the US, university employees are an ideal demographic with whom EV manufacturers and dealerships should build partnerships. Most universities in the US are in urban areas—ideal for EV carsharing programs and short-distance trips. Several other factors signify that university campuses are optimal for EV adoption and mobility programs. 

Universities are partnering with technology manufacturers to test vehicle grid integration (VGI) technologies, automated vehicles, battery development, and wireless charging on campus. EV infrastructure companies are making charging simple by installing on-campus charging stations that connect to university ID cards to start charging. Partnerships built between universities and EV manufacturers can be multifaceted, involving research, education (including education of the manufacturer’s employees), university employee vehicle discounts, university fleet conversion, and sponsorships (athletics, research centers, etc.). 

This Navigant Research report discusses opportunities for EV manufacturers, dealerships, and universities to build their EV presence. The study provides an analysis of the university market including employee demographics, market size, existing programs, research opportunities, fleet electrification, and partnership potential. It also includes a case study of Arizona State University where staff and faculty members were surveyed to understand EV adoption demographics.

Key Questions Addressed
  • How do university employees fit the ideal demographics for EV ownership?
  • What opportunities exist for EV manufacturers to partner with universities on research, targeted marketing, awareness building, and carshare deployment?
  • Which universities are already researching in the EV space?
  • What are benefits and strategies for expanding the EV market into universities?
  • How should EV manufacturers and mobility vendors act on the opportunity posed by universities?
Who Needs This Report
  • Electric vehicle manufacturers
  • Universities and colleges
  • Car dealerships
  • EV charging infrastructure companies
  • Vehicle grid integration companies
  • Investor community

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Spark

Context

Recommendations

A Shared, Electrified, Clean, Reliable Vehicle Future

The University Community Is Ideal for PEV and MaaS Adoption

Environmental Issues Are Increasingly Important

Generational Differences in Vehicle Ownership Patterns

Creating Solutions for the Global EV Industry

University Research Strength

Association for the Advancement of Sustainability in Higher Education Sustainability Tracking, Assessment & Rating System Requirements

Evaluating University Opportunities

Case Study: ASU

Fertile Ground for the EV Industry

Electrify the Fleet

Targeted Marketing

Building EV Awareness

More Research Required Into Campus EV Use Cases

 

List of Charts and Figures

  • R1 University and Current VGI and Other Commercialization Projects

 

List of Tables

  • AASHE STARS Program Credits for EV Programs
  • R1 Universities in Urban Locations with AASHE STARS Rankings

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/24 10:26

160.88 円

172.46 円

206.17 円

ページTOPに戻る