世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

持続可能な製造


Sustainable Manufacturing

気候変動が加速し、世界中の政府が温室効果ガス(GHG)排出量の削減に真剣に取り組むようになるにつれ、製造業者は、年次報告書に記載された難解な持続可能性目標ではもはや十分ではないことに気づきつつある... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2024年4月15日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

気候変動が加速し、世界中の政府が温室効果ガス(GHG)排出量の削減に真剣に取り組むようになるにつれ、製造業者は、年次報告書に記載された難解な持続可能性目標ではもはや十分ではないことに気づきつつある。概念的には、持続可能な製造は複雑ではない。より効率的なプロセスによるエネルギー使用量の削減、従来のエネルギー源を自然エネルギーに置き換えることによるGHG排出量の最小化、デジタル化とリーン生産プロセスによる稼働時間と生産効率の改善、そして、万策尽きた場合には、排出された炭素を隔離または再利用するための炭素回収技術の導入などである。
 
こうした技術や方法論は今日、すべて存在しているが、産業界が真に持続可能な製造業を実現するにはまだほど遠い。20世紀的な施設のアップグレードに伴うコストと複雑さは、製造業における持続可能性ソリューションの広範な展開にとって依然として大きな障壁となっているが、政府による義務付けやエンドユーザーの需要により、製造業の各業界の経営幹部は壁に書かれた文字を認識するようになってきている。
 
Guidehouse Insightsの本レポートは、持続可能な製造業の主要トレンドを分析し、産業プロセスをより持続可能なものにする中核となる4つの主要技術分野(デジタル化と産業用IoT(IIoT)技術、構内設備による再生可能エネルギー容量の増加、電力購入契約(PPA)による再生可能エネルギー容量の増加、炭素回収・利用・隔離技術)への投資予測を掲載している。本レポートは、循環型経済とリサイクル手法の概要を提供し、多くのリーン生産原則について説明している。最後に、2024年から2033年までの持続可能な製造技術の中核分野への世界的な投資を地域別、技術別に予測している。
 
主要課題
  • 製造業の持続可能性を高めるために重要な技術は何か?
  • 持続可能な製造への投資を促す市場促進要因は何か?
  • 投資を遅らせている障壁は何か?
  • サーキュラー・エコノミーとリーン・マニュファクチャリングの原則は、製造業の持続可能性の向上にどのようにつながるか?
  • 製造業のバリューチェーンにおける様々な参加者は、製造業における持続可能性にどのような影響を与えているか?
  • より持続可能な事業の実現を目指す製造業にとって、最大の投資カテゴリーは何か?
  • どのカテゴリーが最も急速に成長しているか?
 
本レポートの対象者
  • 製造業者
  •  IIoTソリューションプロバイダー
  • 太陽光発電およびその他の自然エネルギー開発業者
  • システムインテグレーター
  • 炭素回収ソリューションプロバイダー
  • 電力購入契約ブローカー
  • 物流会社
  • 公益事業者
  • 投資家


ページTOPに戻る


目次

1. 要旨
1.1 持続可能な製造業への世界的投資
2. 市場の課題
2.1 持続可能な製造業
2.1.1 持続可能な製造業のビジネスケース
2.1.2 デジタル化/IIoT
2.1.3 再生可能エネルギー
2.1.3.1 新興の再生可能エネルギー
2.1.4 電力購入契約
2.1.5 カーボンキャプチャー
2.1.6 その他の新技術と持続可能なプロセス
2.1.6.1 サーキュラー・エコノミー/リサイクル
2.1.6.2 ゼロ・エネルギー・ビルディング
2.1.6.3 リーン生産方式
2.2 持続可能な製造市場の推進要因と障壁
3. 産業バリューチェーン
3.1 製造業のバリューチェーン
3.2 持続可能な製造業のステークホルダーと競争環境
4. 市場予測
4.1 持続可能な製造技術ソリューションの市場展望
4.2 予測方法
4.3 世界市場の概要
4.4 地域別市場概要
4.4.1 北米
4.4.2 欧州
4.4.3 アジア太平洋
4.4.4 ラテンアメリカ
4.4.5 中東・アフリカ
5. 結論と提言
5.1 3つの大きな収穫
5.2 提言
6. 頭字語・略語リスト
7. 目次
8. 図表一覧
9. 研究範囲
10. 出典、方法論、注釈
 
図表一覧
産業用再生可能エネルギーの地域別年間生産能力追加:世界市場:2024-2033年
持続可能な製造技術への年間投資額(地域別):世界市場:2024-2033年" 持続可能な製造技術への年間投資額(技術別):世界市場:2024-2033年
持続可能な製造技術への年間投資額(技術別):世界市場:2024-2033年"
持続可能な製造業投資の地域別割合(世界市場:2024年
持続可能な製造技術への地域別投資割合:世界市場:2033年
技術別持続可能な製造技術への年間投資額(北米):2024年~2033年"
持続可能な製造技術への年間投資額(技術別):欧州:2024~2033年"
技術別持続可能な製造技術への年間投資額(アジア太平洋地域):2024-2033年"
技術別持続可能な製造技術への年間投資額(中南米:2024-2033年"
持続可能な製造技術への年間投資額(技術別):中東・アフリカ:2024年~2033年"
製造業のバリューチェーン: 効率性と持続可能性のための複数の機会
製造バリューチェーンにおける利害関係者の例
 
追跡調査された再生可能エネルギーPPA容量、全企業対製造業/産業用、世界市場: 2008年12月~2023年2月
持続可能な製造技術への地域別年間投資額(世界市場):2024-2033年
持続可能な製造技術への年間投資額(技術別):世界市場:2024-2033年
技術別持続可能な製造技術への年間投資額(北米):2024-2033年
技術別持続可能な製造技術への年間投資額(欧州):2024-2033年
技術別持続可能な製造技術への年間投資額(アジア太平洋地域):2024-2033年
技術別持続可能な製造技術への年間投資額:中南米:2024-2033年
技術別:持続可能な製造技術への年間投資額(中東・アフリカ):2024-2033年
リーン生産方式による環境面のメリット

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートは、持続可能な製造業の主要トレンドを分析し、産業プロセスをより持続可能なものにする中核となる4つの主要技術分野(デジタル化と産業用IoT(IIoT)技術、構内設備による再生可能エネルギー容量の増加、電力購入契約(PPA)による再生可能エネルギー容量の増加、炭素回収・利用・隔離技術)への投資予測を掲載しています。
 
Report Description
As climate change accelerates and governments around the world grow more serious about reducing greenhouse gas (GHG) emissions, manufacturers are realizing that esoteric sustainability goals in annual reports will no longer suffice. Conceptually, sustainable manufacturing is not complicated. Manufacturers can make their factories greener in numerous ways: reducing energy use through more efficient processes; minimizing GHG emissions by replacing traditional energy sources with renewables; improving uptime and production efficiency via digitalization and lean manufacturing processes; and, when all else fails, implementing carbon capture techniques to sequester or repurpose carbon emissions.
 
All these technologies and methodologies exist today?but the industrial world remains far from achieving truly sustainable manufacturing. The costs and complexity involved in upgrading 20th century facilities remain significant barriers to broader deployment of sustainability solutions in manufacturing, but increasingly, government mandates and end-user demand are driving executives in manufacturing verticals to acknowledge the writing on the wall.
 
This Guidehouse Insights report analyzes major trends in sustainable manufacturing and forecasts projected investment in four key technology areas that will be core to rendering industrial processes more sustainable: digitalization and industrial IoT (IIoT) technologies; increased renewables capacity through on-premises facilities; increased renewables capacity via power purchase agreements (PPAs); and carbon capture, utilization, and sequestration techniques. The report provides an overview of circular economy and recycling methodologies and describes numerous lean manufacturing principles. Finally, it projects global investments in core sustainable manufacturing technology segments by region and technology from 2024 through 2033.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What critical technologies can help manufacturing operations become more sustainable?
  • What market drivers are prompting investment in sustainable manufacturing?
  • What barriers are slowing investment?
  • How do circular economy and lean manufacturing principles lead to improved sustainability in manufacturing?
  • How are different participants in the manufacturing value chain affecting sustainability in manufacturing verticals?
  • What are the largest investment categories for manufacturers seeking to achieve more sustainable operations?
  • Which categories are growing fastest?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Manufacturers
  •  IIoT solutions providers
  • Solar and other renewables developers
  • Systems integrators
  • Carbon capture solutions providers
  • Power purchase agreement brokers
  • Logistics companies
  • Utilities
  • Investors


ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
1.1    Global Investment in Sustainable Manufacturing
2. Market Issues
2.1    Sustainable Manufacturing
2.1.1   The Business Case for Sustainable Manufacturing
2.1.2   Digitalization/IIoT
2.1.3   Renewable Energy
2.1.3.1 Emerging Renewables
2.1.4   Power Purchase Agreements
2.1.5   Carbon Capture
2.1.6   Other Emerging Technologies and Sustainable Processes
2.1.6.1 Circular Economy/Recycling
2.1.6.2 Zero Energy Buildings
2.1.6.3 Lean Manufacturing
2.2    Sustainable Manufacturing Market Drivers and Barriers
3. Industry Value Chain
3.1    The Manufacturing Value Chain
3.2    Sustainable Manufacturing Stakeholders and Competitive Landscape
4. Market Forecasts
4.1    Market Outlook for Sustainable Manufacturing Technology Solutions
4.2    Forecast Methodology
4.3    Global Market Overview
4.4    Regional Market Overview
4.4.1   North America
4.4.2   Europe
4.4.3   Asia Pacific
4.4.4   Latin America
4.4.5   Middle East & Africa
5. Conclusions and Recommendations
5.1    Three Big Takeaways
5.2    Recommendations
6. Acronym and Abbreviation List
7. Table of Contents
8. Table of Charts and Figures
9. Scope of Study
10. Sources, Methodology and Notes
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Annual Industrial Renewables Capacity Additions by Region, World Markets: 2024-2033
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Region, World Markets: 2024-2033"
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, World Markets: 2024-2033"
Percentage of Sustainable Manufacturing Investment by Region, World Markets: 2024
Percentage of Sustainable Manufacturing Investment by Region, World Markets: 2033
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, North America: 2024-2033"
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, Europe: 2024-2033"
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, Asia Pacific: 2024-2033"
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, Latin America: 2024-2033"
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, Middle East & Africa: 2024-2033"
Manufacturing Value Chain: Multiple Opportunities for Efficiency and Sustainability
Examples of Stakeholders in the Manufacturing Value Chain
 
LIST OF TABLES
Tracked Renewable PPA Capacity, All Corporate vs. Manufacturing/Industrial, World Markets: Dec 2008-Feb 2023
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Region, World Markets: 2024-2033
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, World Markets: 2024-2033
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, North America: 2024-2033
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, Europe: 2024-2033
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, Asia Pacific: 2024-2033
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, Latin America: 2024-2033
Annual Investment in Sustainable Manufacturing Technologies by Technology, Middle East & Africa: 2024-2033
Environmental Benefits of Lean Manufacturing Methods

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る