世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

EVはバイオ燃料市場に厳しい競争を挑んでいる


EVs Are Offering Stiff Competition to the Biofuels Market

バイオ燃料は、何十年もの間、運輸部門の脱炭素化に貢献してきた。しかし、最近では、EV販売の急増に見られるように、電動化が注目され、関心を集めている。運輸業界の脱炭素化は岐路に立たされているが、その... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2024年3月6日 US$1,850
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
15 4 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

バイオ燃料は、何十年もの間、運輸部門の脱炭素化に貢献してきた。しかし、最近では、EV販売の急増に見られるように、電動化が注目され、関心を集めている。運輸業界の脱炭素化は岐路に立たされているが、その一方で、政府のインセンティブ、価格の低下、性能の向上など、さまざまな要因がEVの普及を加速・深化させている。同時に、バイオ燃料は新たなドロップイン製品へと進化を続けており、道路輸送だけでなく、大洋を横断する船舶や航空への応用も視野に入れている。
 
Guidehouse Insightsの本レポートでは、こうした市場動向により、自動車メーカー、バイオ燃料メーカー、その他の業界関係者が、輸送の脱炭素化に向けたアプローチをどのように見直す必要に迫られているかを検証している。また、この新たな現象に対処するため、業界関係者向けに詳細かつ実行可能な提言を提供している。
 
主要課題
  • バイオ燃料はどのように生産され、使用されているのか?
  • バイオ燃料の主要国・地域はどこか?
  • バイオ燃料は今後どのように利用されるのか?
  • EVはどこでどのように製造されているのか?
  • EVサプライチェーンの主要構成要素は何か。
  • EV市場を牽引する主な要因は何か。
  • バイオ燃料とEVが直面する課題とは?
 
本レポートの対象者
  • 政策立案者、規制当局
  • 精製業者およびバイオ燃料製造業者
  • 自動車メーカー
  • 技術開発者
  • バッテリーメーカー
  • 非政府組織
  • 投資家コミュニティ


ページTOPに戻る


目次

目次
スパーク
コンテキスト
提言
EV販売が加速する一方、バイオ燃料の成長は惰性に
政府の政策に後押しされ、EVは舗装道路を激走している
バイオ燃料は道路を安定的に牽引してきたが、新たな道を切り開く可能性がある
EVが短距離移動で液体燃料を追い越す可能性
EV新車販売に減速の兆しなし、中国が依然としてポールポジション
バイオ燃料政策の変更が成長の障害になる可能性
バイオ燃料需要の伸びを左右する新製品と用途
EVとバイオ燃料はそれぞれのレーンに移動すべき
政策立案者は明確なネット・ゼロの道しるべとインセンティブを提供すべき
バイオ燃料生産者は、将来の機会を見据えたロードマップを作るべき
EVの価格を下げる鍵はバッテリーメーカーにある
自動車メーカーは新たな機会を見据えるべき
 
図表一覧
世界市場におけるEV新車年間販売台数:2016-2023年
世界市場におけるバイオ燃料消費量(燃料タイプ別):2013-2022年
全LDV販売に占めるバッテリーEVの地域別シェア:世界市場:2020-2035年
世界市場地域別バイオ燃料生産能力:2023-2032年

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、自動車メーカー、バイオ燃料メーカー、その他の業界関係者が、輸送の脱炭素化に向けたアプローチをどのように見直す必要に迫られているかを検証しています。
 
Report Description
Biofuels have been helping to decarbonize the transportation sector for decades. More recently, however, electrification has drawn increased attention and interest as evidenced by a spike in EV sales. Decarbonization in the transportation industry stands at a crossroads while many factors are driving faster and deeper adoption of EVs, including government incentives, lower prices, and improved performance. At the same time, biofuels continue to evolve to include new drop-in products that will target applications beyond road transport to also include transoceanic shipping and aviation.
 
This Guidehouse Insights report reviews how these market trends are forcing automakers, biofuels producers, and other industry stakeholders to readdress their approaches to decarbonizing transportation. It also provides detailed and actionable recommendations for industry participants to address this new phenomenon.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • How are biofuels produced and used?
  • What are the leading countries and regions for biofuels?
  • How else can biofuels be used in the future?
  • How and where are EVs made?
  • What are the key components of the EV supply chain?
  • What are the key drivers for the EV market?
  • What challenges do biofuels and EVs face?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Policymakers and regulators
  • Refiners and biofuel producers
  • Auto manufacturers
  • Technology developers
  • Battery makers
  • Non-governmental organizations
  • Investor community


ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
Spark
Context
Recommendations
As EV Sales Accelerate, Biofuels Growth Is Coasting
Driven by Government Policies, EVs Have Hit the Pavement Hard
Biofuels Have Had Steady Road Traction but Could Chart a New Course
EVs Look to Overtake Liquid Fuels for Short-Distance Travel
New EV Sales Show No Signs of Slowing, with China Still in Pole Position
Changes to Biofuels Policies Could Present Roadblocks to Growth
New Products and Applications Will Steer the Growth of Biofuels Demand
EVs and Biofuels Should Move into Their Own Lanes
Policymakers Must Offer Clear Net-Zero Signposts and Incentives
Biofuel Producers Must Create a Roadmap for Future Opportunities
Battery Makers Are Key to Driving Down EV Prices
Automakers Should Look Down the Road to New Opportunities
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Annual New EV Sales, World Markets: 2016-2023
Biofuels Consumption by Fuel Type, World Markets: 2013-2022
Battery EV Market Share of All LDV Sales by Region, World Markets: 2020-2035
Biofuel Production Capacity by Region, World Markets: 2023-2032

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD( 脱炭素)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/18 10:26

158.74 円

170.83 円

204.52 円

ページTOPに戻る