世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

シェアード・モビリティにおけるEV


EVs in Shared Mobility

EVとそれに対応するEV充電インフラ市場は、政府の規制やインセンティブ、環境・社会・企業統治(ESG)への関心に後押しされ、世界中で急速に成長している。国の取り組みに加え、人口密集地の自治体も、排気ガ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2023年9月26日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
36 20 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

EVとそれに対応するEV充電インフラ市場は、政府の規制やインセンティブ、環境・社会・企業統治(ESG)への関心に後押しされ、世界中で急速に成長している。国の取り組みに加え、人口密集地の自治体も、排気ガス削減のために独自の法律を制定している。一方、都市部での自動車保有は、コスト高で非効率的な状況が続いている。都市生活者が自動車保有コストの上昇、二酸化炭素排出量、より安価な複合交通手段を意識するようになるにつれ、個人での自動車保有は減少していくだろう。こうした消費者は、ライドヘイリング、カーシェアプログラム、企業リースなど、自動車の必要性を満たすために共有モビリティに注目するだろう。
 
これらの共有モビリティは、特定の地域のモビリティ・サービス会社を特に対象とした法律とともに、自動車の排出ガスに関するますます厳しくなる国や地域の規制に従うことが求められるだろう。場合によっては、こうしたサービスを利用する人々は、低排出ガス・ソリューションを求めるようになり、企業は保有車両をEVに移行する機会を探すようになるだろう。シェアード・モビリティ・サービスは、OEMと提携してドライバーにEVと充電ソリューションを提供したり、ライダー向けにEV専用のオプションを開発したりするケースが増えている。
 
本レポートでは、市場促進要因(温室効果ガス排出とESG報告に関する政府規制)と障壁(車両調達のコストと入手可能性、充電インフラの制限、消費者の価格感応度)に注目しながら、シェアードモビリティサービスが提供する内燃機関(ICE)駆動車からEVへの移行について検証する。政府が補助金制度や規制を継続し、シェアモビリティ・プラットフォームと充電ポイント事業者のパートナーシップが継続し、都市部ではシェアモビリティ・サービスに対する消費者の需要が個人の自動車保有を上回るのであれば、シェアモビリティにおけるEVは予測期間中に成長する十分な機会がある。
 
主要課題
  • シェアモビリティの主要市場セグメントとは?
  • ライドヘイリング、カーシェアプログラム、企業リース市場におけるバッテリー電気自動車とプラグインハイブリッド電気自動車の主要予測は?
  • モビリティ・サービス・プロバイダーはどのようにICE車からEVに移行するのか?
  • ICE車からEVへの移行を導く規制とインセンティブは何か?
  • 航続距離への不安を和らげ、都市環境においてよりシームレスなEV移動を実現するために、政府、充電ポイント展開企業、共有モビリティサービス企業はどのように協力するのか?
 
本レポートの対象者
  • EV供給設備メーカーおよびサービスプロバイダー
  • 充電設備部品サプライヤー
  • 自動車メーカーおよびサプライヤー(OEM)
  • ネットワークおよびソフトウェア開発企業
  • 公益事業者
  • 政府機関
  • 業界団体
  • 投資家コミュニティ
  • モビリティ・サービス・プロバイダー


ページTOPに戻る


目次

目次
1. 要旨
1.1 はじめに
1.2 範囲
1.3 市場予測
2. 市場の課題
2.1 市場セグメント
2.1.1 ライドヘイリング
2.1.2 カーシェアプログラム
2.1.3 法人向けリース
2.2 技術セグメント
2.2.1 バッテリー電気自動車
2.2.2 プラグインハイブリッド電気自動車
2.3 市場牽引要因
2.3.1 政府の温室効果ガス排出規制
2.3.1.1 国の規制とインセンティブ
2.3.1.2 地方規制とインセンティブ
2.3.2 企業のESGへの懸念
2.4 市場の障壁
2.4.1 車両調達のコストと入手可能性
2.4.2 充電インフラ
2.4.3 消費者の価格感度
2.5 価格設定
2.5.1 消費者向け価格設定
2.5.2 フリート獲得のための価格設定
3. 業界のバリューチェーン
3.1 競争環境
3.1.1 ビジネスモデルの進化
4. 市場予測
4.1 はじめに
4.2 範囲と方法論
4.3 主要前提条件
4.4 自動車販売台数と在庫
 4.5 収益
5. 結論と提言
5.1 3つの大きな収穫
5.2 提言
5.2.1 都市政府への提言
5.2.2 シェアード・モビリティ・サービス・プラットフォームへの提言
5.2.3 課金サービスへの提言
6. 頭字語・略語リスト
7. 目次
8. 図表一覧
9. 調査範囲、出典と方法、注釈
 
図表一覧
モビリティサービスにおける新型EV 地域別
モビリティサービスにおけるEV:地域別
モビリティサービスにおけるEV:市場セグメント別
モビリティサービスにおける新型EV:市場セグメント別
モビリティサービスにおけるBEV販売:市場セグメント別
モビリティサービスにおけるPHEV販売:市場セグメント別
モビリティサービスにおけるBEVとPHEVの売上高:市場セグメント別
モビリティサービスにおけるBEVとPHEVの地域別売上高
バリューチェーンの図解
地域別予測セグメント
 
表一覧
モビリティサービスのBEVとPHEV:地域別(合計)
モビリティサービスにおけるBEV/PHEV市場別(合計)
モビリティサービスにおけるBEV/PHEV新車販売台数:地域別
モビリティサービスにおけるBEV/PHEV新車販売台数:市場別 
モビリティサービスにおけるBEV販売台数(市場別 
モビリティサービスにおけるPHEV販売:市場別 
モビリティサービスにおけるBEVとPHEVの売上高:市場別 
モビリティサービスにおけるBEVとPHEVの地域別売上高
モビリティサービスにおけるBEVの収益:市場別 
モビリティサービスにおけるPHEVの収益:市場別

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、市場促進要因(温室効果ガス排出とESG報告に関する政府規制)と障壁(車両調達のコストと入手可能性、充電インフラの制限、消費者の価格感応度)に注目しながら、シェアードモビリティサービスが提供する内燃機関(ICE)駆動車からEVへの移行について検証しています。
 
Report Description
The EV and corresponding EV charging infrastructure market, buoyed by government regulations and incentives and environmental, social, and corporate governance (ESG) concerns, is rapidly growing around the world. Along with national government initiatives, municipal governments in densely populated areas are instituting their own laws to cut down on tailpipe emissions. Meanwhile, car ownership in urban areas continues to be costly and inefficient. Individual car ownership is likely to decrease as city dwellers become more aware of rising ownership costs, their carbon footprints, and less costly multimodal transportation options. These consumers will likely look to shared mobility vehicles to meet their car needs?including ride-hailing, carshare programs, and corporate leasing.
 
These shared mobility vehicles will be required to follow increasingly stringent national and subnational regulations for vehicle emissions, along with laws specifically aimed at mobility services companies in certain regions. In some cases, those using these services will look for low emissions solutions, which will prompt companies to look for opportunities to transition their fleets to EVs. Increasingly, shared mobility services are partnering with OEMs to provide drivers with ready EVs and charging solutions and are developing EV-specific options for riders.
 
This report examines the transition of shared mobility services offerings from internal combustion engine (ICE) powered vehicles to EVs, with attention to market drivers (government regulations for greenhouse gas emissions and ESG reporting) and barriers (cost and availability of vehicle procurement, charging infrastructure limitations, and consumer price sensitivity). EVs in shared mobility have ample opportunity to grow over forecast period, provided that governments continue their subsidy programs and regulation, partnerships continue between shared mobility platforms and charge point operators, and consumer demand for shared mobility services exceeds individual car ownership in urban areas.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What are the key market segments of shared mobility?
  • What are the key forecasts for battery electric vehicles and plug-in hybrid electric vehicles in the ride-hailing, carshare program, and corporate leasing markets?
  • How do mobility service providers transition from ICE vehicles to EVs?
  • What regulations and incentives are guiding the transition from ICE vehicles to EVs?
  • How do governments, charge point deployers, and shared mobility service companies work together to ease range anxiety and create more seamless EV movement in urban settings?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • EV supply equipment manufacturers and service providers
  • Charging equipment component suppliers
  • Automotive manufacturers and suppliers (OEMs)
  • Network and software developers
  • Utilities
  • Government agencies
  • Industry associations
  • Investor community
  • Mobility service providers


ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. Executive Summary
1.1      Introduction
1.2      Scope
1.3      Market Forecast
2. Market Issues
2.1      Market Segmentations
2.1.1     Ride-Hailing
2.1.2     Carshare Programs
2.1.3     Corporate Leasing
2.2      Technology Segmentations
2.2.1     Battery Electric Vehicles
2.2.2     Plug-In Hybrid Electric Vehicles
2.3      Market Drivers
2.3.1     Government Greenhouse Gas Emissions Regulations
2.3.1.1   National Regulations and Incentives
2.3.1.2   Local Regulations and Incentives
2.3.2     Corporate ESG Concerns
2.4      Market Barriers
2.4.1     Cost and Availability of Vehicle Procurement
2.4.2     Charging Infrastructure
2.4.3     Consumer Price Sensitivity
2.5      Pricing
2.5.1     Pricing for Consumer Use
2.5.2     Pricing for Fleet Acquisition
3. Industry Value Chain
3.1      Competitive Landscape
3.1.1   Business Model Evolution
4. Market Forecasts
4.1      Introduction
4.2      Scope and Methodology
4.3      Key Assumptions
4.4      Vehicle Sales and Stock
 4.5      Revenue
5. Conclusions and Recommendations
5.1      Three Big Takeaways
5.2      Recommendations
5.2.1     Recommendations for Urban Governments
5.2.2     Recommendations for Shared Mobility Services Platforms
5.2.3     Recommendations for Charging Services
6. Acronym and Abbreviation List
7. Table of Contents
8. Table of Charts and Figures
9. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
New EVs in Mobility Services By Region
EVs in Mobility Services By Region
EVs in Mobility Services By Market Segment
New EVs in Mobility Services By Market Segment
BEV Sales in Mobility Services By Market Segment
PHEV Sales in Mobility Services By Market Segment
BEV & PHEV Revenue in Mobility Services By Market Segment
BEV & PHEV Revenue in Mobility Services By Region
Pictorial Representation of the Value Chain
Regional Forecast Segmentation
 
LIST OF TABLES
BEV & PHEV in Mobility Services By Region (Total)
BEV & PHEV in Mobility Services By Market  (Total)
New BEV & PHEV in Mobility Services By Region
New BEV & PHEV in Mobility Services By Market 
BEV Sales in Mobility Services By Market 
PHEV Sales in Mobility Services By Market 
BEV & PHEV Revenue in Mobility Services By Market 
BEV & PHEV Revenue in Mobility Services By Region
BEV Revenue in Mobility Services By Market 
PHEV Revenue in Mobility Services By Market

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/24 10:26

160.88 円

172.46 円

206.17 円

ページTOPに戻る