世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ソーラーパネルリサイクル市場


Solar Panel Recycling Market

太陽光発電(SPV)の世界的な普及が加速し、持続可能なエネルギーへの転換に大きな役割を果たしていますが、環境に対する潜在的な影響として、SPVパネルの寿命が尽きたときの処理方法がほとんど解決されていな... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2023年3月30日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

太陽光発電(SPV)の世界的な普及が加速し、持続可能なエネルギーへの転換に大きな役割を果たしていますが、環境に対する潜在的な影響として、SPVパネルの寿命が尽きたときの処理方法がほとんど解決されていないのが現状です。SPVパネルの設計寿命は25~30年とされていますが、実際の寿命は通常14~15年で、それ以下の場合もあります。最も古いパネルが引退に近づくと、業界は差し迫った電子廃棄物を管理する準備をしなければなりません。SPV廃棄物管理システムの欠如は、深刻な環境問題を引き起こす可能性があります。
 
SPVパネルは、稼働中はクリーンで排出物のないエネルギーを提供しますが、そのライフサイクル(ゆりかごから墓場まで)は、製造のための金属採掘や使用期限後の埋立地での廃棄など、環境汚染につながる可能性があります。現在、企業は安価な解決策としてパネルを埋立地に廃棄していますが、これはリサイクルが高価で時間がかかるためです。
 
Guidehouse Insightsの本レポートは、結晶シリコンと薄膜という2つのSPVリサイクル技術に関する市場予測を提供します。市場の主な促進要因と障壁を検証し、業界のバリューチェーンにも目を向けています。2023年から2032年までの10年間について、技術別、世界5地域(北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカ)別に予測を掲載しています。
 
主な質問
  • 世界のSPVリサイクル市場を牽引しているものは何か?
  • 主なSPVリサイクル技術とは?
  • SPVリサイクル市場の主な市場促進要因は何か?
  • SPVリサイクル市場の市場バリアは何か?
  • SPVリサイクル市場は地域によってどのように異なるのか?
  • SPVリサイクルのバリューチェーンの主要な構成要素は何か?
  • SPVリサイクル業界の様々なステークホルダーに対する主な提言は何か?
 
このレポートが必要な人
  • 太陽光発電の製造・施工業者
  • サードパーティーのSPVリサイクル業者
  • レギュレーター
  • 大学の研究者
  • 投資家コミュニティ
 
 


ページTOPに戻る


目次

1. エグゼクティブサマリー
1.1 主要なポイント
2. 市場の課題
2.1 マーケット・ドライバーズ
2.1.1 増加するソーラーパネル廃棄物の供給不足を解消する必要性
2.1.2 サーキュラーソーラーエコノミーの活性化
2.1.3 経済的駆動力
2.1.4 環境ドライバー
2.2 市場のバリア
2.2.1 ソーラーパネルを分解する
2.2.2 リサイクルのコストが高く、経済的価値が低い
2.2.3 規制と関連する政策の欠如
2.3 地域別分析
2.3.1 北米
2.3.2 ヨーロッパ
2.3.3 アジア太平洋地域
2.3.4 中南米
2.3.5 中東・アフリカ
2.4 価格設定
2.5 リサイクル技術
2.5.1 メカニカル・ケミカル・リサイクル
2.5.2 機械的-熱的リサイクル
2.5.3 サーモメカニカルリサイクル
3. インダストリーバリューチェーン
3.1 バリューチェーンの図式化
3.2 競合他社の状況
3.2.1 デコミッショニング
3.2.2 コレクション
3.2.3 分解する
3.2.4 リサイクル
3.3 主要な競合他社
3.3.1 ファーストソーラー
3.3.2 SolarCycle(ソーラーサイクル
3.3.3 PV サイクル
3.3.4 ReMedia
3.3.5 ROSI(Return of Silicon)とは?
3.4 M&A活動
4. 市場予測
4.1 方法論
4.2 世界市場の概要
4.2.1 北米
4.2.2 ヨーロッパ
4.2.3 アジア太平洋地域
4.2.4 中南米
4.2.5 中東・アフリカ
5. 結論と推奨事項
5.1 3大予測
5.1.1 2032年には市場からの年間収益が27億ドルを超える
5.1.2 アジア太平洋地域は、SPVリサイクル市場のグローバルリーダーになる
5.1.3 第三者によるリサイクルがビジネスモデルの主流になる
5.2 推奨事項
5.2.1 規制当局と政策立案者
5.2.2 太陽電池メーカーと設置者
5.2.3 第三者のリサイクル業者と研究者
6. 頭字語・略語一覧
7. 目次
8. 図表の表
9. 調査範囲、出典・方法、備考
 
図表一覧
世界市場:2023-2032年 地域別ソーラーパネルリサイクル容量・売上高
ソーラーパネルリサイクルの技術別生産能力と収益、世界市場2023-2032年
北米・技術別ソーラーパネル再生能力・売上高:2023-2032年
欧州・技術別ソーラーパネル再生能力・売上高:2023-2032年
アジア太平洋地域の技術別ソーラーパネル再生能力・売上高:2023-2032年
中南米・技術別ソーラーパネルリサイクル容量・売上高:2023-2032年
中東・アフリカ地域 技術別ソーラーパネル再生能力・売上高:2023-2032年
太陽光発電 サーキュラーエコノミー
SPV材料の金額別分布
SPV材料の質量分布
メカニカル・ケミカル・リサイクル
メカニカル・サーマル・リサイクル
サーモメカニカルリサイクル
ソーラーパネルのリサイクルプロセスの主な流れ
太陽光発電のリサイクルバリューチェーン
 
表一覧
技術別ソーラーパネルリサイクル能力、世界市場2023-2032年
ソーラーパネルリサイクルの技術別売上高、世界市場 2023-2032
地域別ソーラーパネル再生能力、世界市場:2023-2032年
ソーラーパネルリサイクルの地域別売上高、世界市場:2023-2032年
北米・技術別ソーラーパネル再生能力:2023-2032年
ソーラーパネルリサイクルの技術別売上高(北米):2023-2032年
欧州・技術別ソーラーパネル再生能力:2023-2032年
ソーラーパネルリサイクルの技術別売上高(欧州):2023-2032年
アジア太平洋地域の技術別ソーラーパネル再生能力:2023-2032年
アジア太平洋地域の技術別ソーラーパネルリサイクル売上高:2023-2032年
中南米・技術別ソーラーパネル再生能力:2023-2032年
ソーラーパネルリサイクル技術別収益(中南米):2023-2032年
中東・アフリカ地域 技術別ソーラーパネル再生能力:2023-2032年
ソーラーパネルリサイクルの技術別売上高(中東・アフリカ):2023-2032年
CEOの360度ビュー
ソーラーパネルリサイクル市場の地域別比較、世界市場:2023年、2032年
 

 

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、結晶シリコンと薄膜という2つのSPVリサイクル技術に関する市場予測を提供しています。
 
Report Description
The accelerated growth in global solar PV (SPV) adoption has played a significant role in the transformation to sustainable energy, but one potential environmental impact remains largely unaddressed: what to do with SPV panels at the end of their life (EOL). Although their design life is estimated at 25-30 years, their actual life is typically 14-15 years, and sometimes less. As the oldest panels approach retirement, the industry must prepare to manage the impending e-waste. The lack of an SPV waste-management system could present a serious environmental challenge.
 
Though SPV panels provide clean and emission free energy while operating, their lifecycle?cradle to grave?can contribute to environmental pollution, which includes mining metals for their manufacture and disposing of them in landfills after their EOL. Currently companies are disposing of panels in landfills as a cheap solution, because recycling is expensive and time consuming.
 
This Guidehouse Insights report provides a market forecast for two SPV recycling technologies: crystalline silicon and thin film. It examines the market’s major drivers and barriers and looks at the industry value chain. Forecasts are segmented by technology and five global regions (North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, and Middle East & Africa) for the 10-year period from 2023 through 2032.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What is driving the global SPV recycling market?
  • What are the major SPV recycling technologies?
  • What are the major market drivers for the SPV recycling market?
  • What are the market barriers to the SPV recycling market?
  • How does the SPV recycling market vary by region?
  • What are the key components of the SPV recycling value chain?
  • What are the major recommendations for various stakeholders in the SPV recycling industry?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Solar PV manufacturers and installers
  • Third party SPV recyclers
  • Regulators
  • University researchers
  • Investor community


ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
1.1   Key Takeaways
2. Market Issues
2.1   Market Drivers
2.1.1   Need to Relieve Increasing Solar Panel Waste Glut
2.1.2   Boosting Circular Solar Economy
2.1.3   Economic Drivers
2.1.4   Environmental Drivers
2.2   Market Barriers
2.2.1   Disassembling the Solar Panels
2.2.2   High Cost of Recycling and Low Economic Value
2.2.3   Lack of Regulations and Associated Policies
2.3   Regional Analysis
2.3.1   North America
2.3.2   Europe
2.3.3   Asia Pacific
2.3.4   Latin America
2.3.5   Middle East and Africa
2.4   Pricing
2.5   Recycling Technologies
2.5.1   Mechanical-Chemical Recycling
2.5.2   Mechanical-Thermal Recycling
2.5.3   Thermo-Mechanical Recycling
3. Industry Value Chain
3.1   Pictorial Representation of the Value Chain
3.2   Competitive Landscape
3.2.1   Decommissioning
3.2.2   Collection
3.2.3   Disassembling
3.2.4   Recycling
3.3   Key Competitors
3.3.1   First Solar
3.3.2   SolarCycle
3.3.3   PV Cycle
3.3.4   ReMedia
3.3.5   ROSI (Return of Silicon)
3.4   M&A Activities
4. Market Forecasts
4.1   Methodology
4.2   Global Market Overview
4.2.1   North America
4.2.2   Europe
4.2.3   Asia Pacific
4.2.4   Latin America
4.2.5   Middle East and Africa
5. Conclusions and Recommendations
5.1   Three Major Predictions
5.1.1   Annual revenue from the market will cross $2.7 billion by 2032
5.1.2   Asia Pacific will be the global leader for the SPV recycling market
5.1.3   Third-party recycling will dominate business models
5.2   Recommendations
5.2.1   Regulators and Policymakers
5.2.2   Solar PV Manufacturers and Installers
5.2.3   Third-Party Recyclers and Researchers
6. Acronym and Abbreviation List
7. Table of Contents
8. Table of Charts and Figures
9. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Solar Panel Recycling Capacity and Revenue by Region, World Market: 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity and Revenue by Technology, World Market 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity and Revenue by Technology, North America: 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity and Revenue by Technology, Europe: 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity and Revenue by Technology, Asia Pacific: 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity and Revenue by Technology, Latin America: 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity and Revenue by Technology, Middle East and Africa: 2023-2032
Solar PV Circular Economy
Distribution of SPV Materials by Value
Distribution of SPV Materials by Mass
Mechanical-Chemical Recycling
Mechanical-Thermal Recycling
Thermo-Mechanical Recycling
Key Steps in the Solar Panel Recycling Process
Solar PV Recycling Value Chain
 
LIST OF TABLES
Solar Panel Recycling Capacity by Technology, World Market 2023-2032
Solar Panel Recycling Revenue by Technology, World Market 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity by Region, World Market: 2023-2032
Solar Panel Recycling Revenue by Region, World Market: 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity by Technology, North America: 2023-2032
Solar Panel Recycling Revenue by Technology, North America: 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity by Technology, Europe: 2023-2032
Solar Panel Recycling Revenue by Technology, Europe: 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity by Technology, Asia Pacific: 2023-2032
Solar Panel Recycling Revenue by Technology, Asia Pacific: 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity by Technology, Latin America: 2023-2032
Solar Panel Recycling Revenue by Technology, Latin America: 2023-2032
Solar Panel Recycling Capacity by Technology, Middle East and Africa: 2023-2032
Solar Panel Recycling Revenue by Technology, Middle East and Africa: 2023-2032
CEO 360 Degree View
Solar Panel Recycling Market Comparison by Region, World Markets: 2023 and 2032
 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(SPV)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/24 10:26

160.88 円

172.46 円

206.17 円

ページTOPに戻る