世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

AIの倫理と規制:我々はどこにいるのか? - AIによる進化


AI Ethics and Regulation: Where Are We? - An evolution driven by AI

この研究の目的は、以下のベストプラクティスを評価することである。 AIの倫理と規制 そして、世界規模での人工知能(AI)に関する倫理的考察と規制の枠組みの現状を評価する。 その目的は、次... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
IDATE
イダテ社
2024年3月4日 Eur4,950
PPT(グローバルサイトライセンス)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
56 英語

 

サマリー

この研究の目的は、以下のベストプラクティスを評価することである。 AIの倫理と規制 そして、世界規模での人工知能(AI)に関する倫理的考察と規制の枠組みの現状を評価する。

その目的は、次のような問いに答えることである:

  • AIがもたらす倫理的課題、特に偏見や差別、社会的影響といった分野での課題とは?
  • AIに関連する主な法的障害、特にプライバシー、知的財産権、賠償責任に関するものは何か?
  • 特定された課題にどのように対処し、効果的に軽減することができるのか?倫理的なガイドラインや法的な枠組みを含め、どのような戦略を採用できるのか?
  • What positions have international, regional and national institutions adopted regardingAIの倫理と規制? How do these positions differ or converge?


地理的セクター
世界

俳優
   オーサーズ・ギルド
   オープンAI
   ランウェイ
   安定性.ai
   ミッドジャーニー
   デビアントアート
   ニューヨーク・タイムズ
   マイクロソフト
   GettyImages

著者
サロメ・ウィルコフスキー(コンサルタント



ページTOPに戻る


目次

要旨

1.AIの位置づけ、役割、特徴
定義 ・主な特徴 ・ポジショニング

2.AIの倫理的課題
2.1.課題と使用例
2.2.解決策とフレームワーク

3.AIの法的課題
3.1.プライバシーとデータ保護
3.2.知的財産権の侵害
3.3.説明責任に関する問題

4.AI法制の現状
4.1.欧州連合:AI法
4.2.世界の国々

5.AIに対するその他の規制アプローチ
5.1.開発中のAI規制
5.2.世界的なAIに関するその他のスタンス

6.結論

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The objective of this study is to assess best practices in  AI ethics and regulation  and assess the current landscape of ethical considerations and regulatory frameworks relating to artificial intelligence (AI) at the global scale.

It seeks to answer the following questions:

  • What are the ethical challenges posed by AI, particularly in areas such as bias, discrimination and societal impact?
  • What are the main legal obstacles associated with AI, particularly regarding privacy, intellectual property and liability?
  • How can the identified challenges be addressed and mitigated effectively? What strategies, encompassing ethical guidelines and legal frameworks, can be employed?
  • What positions have international, regional and national institutions adopted regarding AI ethics and regulation? How do these positions differ or converge?


Geographic sector
WORLD

Actors
    The Authors Guild
    OpenAI
    Runway
    Stability.ai
    MidJourney
    DeviantArt
    The New York Times
    Microsoft
    GettyImages

Author
Salome Wilkowsky, Consultant

Document ID: M00121



ページTOPに戻る


Table of Contents

Executive summary

1. Position, role and features of AI
▪ Definition ▪ Key features ▪ Positioning ▪

2. Ethical Challenges of AI
2.1. Challenges and use cases
2.2. Remedies and framework

3. Legal Challenges of AI
3.1. Privacy and Data Protection
3.2. Intellectual Property Rights Infringements
3.3. Accountability issues

4. AI Current Legislation Landscape
4.1. European Union: the AI Act
4.2. Around the world

5. Other Regulatory Approaches to AI
5.1. AI Regulations in Development
5.2. Other Stances regarding AI globally

6. Conclusion

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


IDATE社はどのような調査会社ですか?


フランスの調査会社イダテ社(IDATE)は、40年以上にわたり、ヨーロッパをリードするデジタル経済のシンクタンクとして、デジタル技術が社... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る