世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

世界のマイクロ光学コンポーネント光アイソレータと光ファイバーサーキュレーター市場予測と分析 2023-2033年


Micro-Optic Component Optical Isolators & Fiber Optic Circulators: Global Market Forecast & Analysis 2023-2033

本レポートは、製品開発および市場開拓のプランニングにお役立ていただけるものと確信しております。 本レポートは、特定の光通信アプリケーションで使用されるマイクロオプティックコンポーネントの光ア... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
ElectroniCast Consultants
エレクトロニキャスト社
2024年1月31日 US$4,900
企業ライセンス(PDF+Excel+PPT)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
425 英語

 

サマリー

本レポートは、製品開発および市場開拓のプランニングにお役立ていただけるものと確信しております。

本レポートは、特定の光通信アプリケーションで使用されるマイクロオプティックコンポーネントの光アイソレータと光ファイバサーキュレータの消費額の昨年(2023年)と10年予測(2023-2033年)の分析を提供する。

1981年に設立されたElectroniCast社は、この市場予測をアメリカ、ヨーロッパ/中東/アフリカ(EMEA)、アジア太平洋(APAC)地域の消費について提供しています。情報はわかりやすいイラストと文章で紹介されています。 グローバル・サマリーも掲載されている。

マイクロオプティックコンポーネントの光アイソレータと光ファイバサーキュレータの競合企業の会社概要と、主要な競合企業の相対市場シェアを掲載しています。また、光ファイバネットワークの概要、光サーキュレータと光アイソレータの適用技術の概要も紹介しています。

市場予測は、以下の機能別に区分されたデータを提供する:         

  • 消費額(米ドル)
  • 数量(単位体積)
  • 平均販売価格

             

微小光学部品アイソレータ市場データは、以下のタイプ別に掲載されている:

  • 光ファイバーピグテール付きインラインマイクロオプティックアイソレーター
  • 集積部品用パッケージド・フリースペース・マイクロオプティック・アイソレーター

 

マイクロオプティックコンポーネント光アイソレータと光ファイバサーキュレータの両市場の分析と予測は、以下の主要アプリケーションカテゴリに区分されている:   

  • 電気通信 / ケーブルテレビ / マルチメディア
  • エンタープライズ / プライベート・ネットワーク
  • 軍事 / 航空宇宙 / セキュリティ
  • 特殊用途(筐体内、非特定用途:試験・計測、過酷環境産業、バイオフォトニクス、センサー、実験室、光ファイバー部品・デバイスの製造・生産、その他非特定用途)

 

コンポーネントレベルのアイソレーター

光アイソレータは小型・軽量の部品として設計されており、組み込みが容易である。光アイソレータには、より大型で高価なデバイスレベルの製品もあるが、この市場分析と予測では、マイクロオプティカルコンポーネントレベルのアイソレータのみを対象としている。

光アイソレータは、商業用、工業用、実験室用など多くの用途に使用されています。 光ファイバー増幅器、光ファイバーリングレーザー、光ファイバー通信システム、高速/DWDMおよびコヒーレント光ファイバーリンク、研究所のR&D、センサー、ジャイロシステム、製造プロセスの自動化における試験/計測測定品質保証アプリケーションと組み合わせて使用する場合、信頼性の高いデバイスです。 単一偏光光アイソレータは、レーザーダイオード、ジャイロスコープシステム、様々な光モジュールインターフェース、レーザーダイオード一体型光変調器インターフェース、その他様々な機械制御アプリケーションにも使用されています。

 

光ファイバーサーキュレーターの市場データは、以下のポート数構成で示されている:

  • 光ファイバーピッグテールまたはコネクター付き光ファイバー3ポートサーキュレーター
  • 光ファイバーピッグテールまたはコネクター付き光ファイバー4ポートサーキュレーター

 

光ファイバーサーキュレーターつまり、デバイスを通過する光の特性の変化は、光が反対方向に通過しても逆転しない。分散補償、光センサー、光増幅器、WDMシステム、光アド/ドロップ多重(OADM)、光時間領域反射率計(OTDR)、リモート・ファイバー(光)テスト・システム(RFTS)、その他のテスト機器などのテスト/測定機器などである。

 

市場調査方法情報ベース

この調査は、30年間継続的に得られた情報を分析し、2024年1月末まで更新したものである。 ElectroniCastのアナリストは、光ファイバー業界に加え、通信、データ通信、軍事/航空宇宙、その他の通信産業、計測/研究開発、工場/製造の各分野において、光アイソレータと光サーキュレータのサプライヤーとユーザーの両方の立場から、権威ある代表的な人物へのインタビューを継続的に実施しました。光アイソレータと光サーキュレータのサプライヤーとユーザーの両方の立場から、光ファイバ業界、通信業界、データ通信業界、軍事/航空宇宙業界、通信業界、計測器/実験室/研究室、工場/製造業界の権威ある代表的な方々にインタビューを行いました。インタビューは主に以下の方々に行った:

  • 光ファイバーサーキュレータ、アイソレータ、アッテネータ、カプラ/スプリッタ、アイソレータ、OADM、DWDM、フォトニックスイッチ、モジュレータ、コリメータ、メカニカルスプライス、コネクタ、トランシーバ、レシーバ、レーザーダイオード、フォトダイオードのメーカーのエンジニア、マーケティング担当者、管理職、オプトエレクトロニック・トランシーバ、ケーブル・アセンブリ、テスト/測定装置、スプライス装置、設置装置の製造に使用される特定用途向けIC、パッケージ、フェルール、ケーブル、基板材料、AWG/光導波路、その他のコンポーネント。
  • 電気通信の伝送、交換、分配装置メーカー、データ通信装置メーカー(スイッチ、ハブ、ルーター)、コンピューターおよびワークステーションメーカー、兵器システム、航空機、宇宙船の電子機器メーカー、光学機器システムメーカーなど、ケーブル、ケーブルアセンブリ、コネクター、設置装置、受動装置、トランシーバーの主要ユーザーおよび潜在的ユーザーの設計グループリーダー、エンジニア、マーケティング担当者、市場プランナー。
  • その他、規格活動、業界団体、投資などの業界専門家。 

インタビューでは、技術、R&Dサポート、価格、契約規模、信頼性、文書化、インストール/メンテナンス技術、標準、サプライヤー競争などのトピックが取り上げられた。

また、ベンダーの見積もりと照合するため、顧客にもインタビューを行い、受入数量と平均支払価格の見積もりを入手した。顧客は、そのアプリケーションの過去の成長率および予想される近い将来の成長率を見積もる。新技術製品の使用に関する顧客の見解も入手した。

次に、アナリストは、各用途における短期的な成長に対する顧客の期待に加え、各地域における投資の経済的回収予測、技術動向、政府規制の変化を考慮し、各用途における各製品サブセットの数量と価格の推定成長率を導き出した。これらの予測成長率を推定ベースライン・データと組み合わせることで、各製品とアプリケーションの最低詳細レベルでの長期予測が得られる。

インタビューを通じて得た情報を補足するために、公表されている情報の全面的な見直しも行った。以下の情報源を検討した:

  • 専門技術雑誌および論文
  • 業界紙記事
  • 技術会議議事録
  • 製品資料
  • 会社概要および財務情報
  • 過去のElectroniCast市場調査に基づく追加情報。
  • 研究チームの個人的な知識。

市場調査チームは、技術と業界について十分かつ深く理解していることが不可欠である。本レポートに参加したElectroniCastのスタッフは、その資格を持っていた。

 

ボトムアップ手法

ElectroniCastの予測は、最初に最も低い詳細レベルで作成され、その後、順次高いレベルへと合計されます。背景となる市場調査は、基準年(2023年)に各用途で使用される各タイプの製品の量と、メーカーからの最初の取引で支払われる価格に焦点を当てている。これが基準年のデータとなる。次に、ElectroniCastのアナリストは、競合、経済、技術予測トレンドに基づいて、価格動向とともに、各アプリケーションにおける部品使用量の成長率を予測し、これらを適用して、最も低いアプリケーションレベルでの長期予測を導き出します。使用量成長率の予測は、デジタル・ブロードバンド通信機器の使用と経済的な投資回収に対するエンドユーザー全体の動向の分析に大きく依存します。

 

相互相関が精度を高める

特定のアプリケーションで使用される光ファイバー送受信機、センサー、変調器、アイソレーター、サーキュレーター、カプラ、DWDMフィルター、光アド/ドロップ・マルチプレクサ、減衰器、光増幅器、その他の光通信コンポーネントの数量は相互に関連している。 ElectroniCastは各コンポーネント分野の分析と予測更新を毎年行っているため、正確な現在の数量予測は企業データベースの一部となっています。 これらの数量は "健全性チェック "として相互相関される。

このインタラクティブな分析コンセプトは、1950年代半ばに米国商務省のレオンテフによって初めて大規模に適用され、その後、アナリスト/予測会社のクオンタムサイエンス、グノーシスコンセプツ、そして(1981年に)エレクトロニキャストによって採用され成功を収めた。この調査研究の責任者であるスティーブン・モンゴメリーは、1991年からエレクトロニキャストに在籍している。

 

データの性質

調査結果/報告書に示されたデータを解釈する上で、以下の詳細は重要である:

  • 有効数字 - 四捨五入:データは適切な小数点以下の桁数に四捨五入されている。場合によっては、この結果、要約レベルにおいて見かけ上わずかな不一致が生じることがある。
  • 現在のドル:市場分析および予測における数値はすべて現在の米ドルで表示されている。したがって、成長率および予測値にはインフレ率が含まれており、世界各地域で年平均5%と予測されている。

定量的な予測と価値計算は以下のように進められた:

各年の数量と平均価格は、既知の生データに基づくか、最低データ入力レベルの計算式によって算出された。次に、数量と価格から消費額が計算された。その結果得られた数値と数量は、計算式によってグローバル・データの上位レベルまで合計された。

各用途の部品タイプについて各年の数量と価格を予測し、予測データから2023年から2033年までの年平均成長率を算出した。

サーキュレーターやアイソレーターの製品タイプごとに分析が行われ、予測の各年における地域別消費割合の内訳が予測された。地域別の価格についても同様に、製品タイプごとに行った。

 

価格

ElectroniCastの市場データに表示されている価格は、表示されている暦年の推定平均価格または予測平均価格です。 これらは、最初の(最初の)顧客に請求されるオリジナル・メーカー(「工場」)の価格、または内部(キャプティブ)生産のための移転価格である。 一般的な購入数量とそれに関連する数量割引、さらにユーザーごとの性能仕様のばらつきも考慮する。 供給業者の試験、資格認定、文書作成、その他付随する費用は、価格計算に含まれる。 これが、軍需製品の価格を同様の市販製品の価格よりも大幅に高くしている主な要因である。 購入価格は、数量、仕様、競争入札の圧力によって、平均から大きく変動する可能性がある。

 

エレクトロニキャストについて

エレクトロニキャスト社は1981年に設立され、光ファイバー通信部品やデバイスの技術や世界市場動向の予測、照明に使用される発光ダイオードの市場データの提供を専門としている。

独立系コンサルタント会社として、定量的・定性的要因の包括的かつ詳細な分析に基づき、マルチクライアントおよびカスタム市場調査研究を世界の一流企業に提供しています。これには、技術予測、市場・用途予測、戦略立案、競合分析、顧客満足度調査、マーケティング・営業コンサルティングなどが含まれます。エレクトロニキャストは、技術ベースの独立系コンサルティング会社として設立され、投資コミュニティ、業界プランナー、関連サプライヤーの情報ニーズに応えています。

 



ページTOPに戻る


目次

1.エグゼクティブ・サマリー

1.1 概要
1.2 光ファイバー・ネットワーク

2.技術概要 - 光ファイバーサーキュレータと光コンポーネント・アイソレータ

3.市場予測データ表

3.1 概要
3.2 マイクロオプティックコンポーネントアイソレータの市場予測データテーブル:用途別
3.3 光ファイバーサーキュレータの市場予測データテーブル:用途別

4.光ファイバーサーキュレーター・コンペティション

4.1 競争 - 企業プロファイル - サーキュレーターとアイソレーターの競合企業

アクセルリンク・テクノロジーズ株式会社 / WTD
ACフォトニクス(ACP)
アドバンストファイバーリソース - AFR(珠海) 
AFW Technologies Pty.Ltd.
アジルコム・ファイバー・ソリューション
AGILTRON Inc.
株式会社アセントタ
アビエーションメグネットオプティカルセンサー株式会社(AMOS)
ボストン・アプライド・テクノロジーズ・インコーポレイテッド(BATi)
クリアフィールド社
コヒレント(II-VI Inc.)
コムコア・テクノロジーズ
コーニング株式会社 - コーニングOEMソリューションズ
クラウンテック・フォトニクス
DKフォトニクス・テクノロジー・リミテッド
ドリームテル・テクノロジーズ(DTL)
FDK株式会社
フィベラーグローバルテック株式会社
ファイバーオプトロニクス株式会社
フラインオプトロニクス株式会社 FOCI - Fiber Optic Communications, Inc.
ゲージーフォトニクス株式会社
ゴライト・テクノロジー(深圳)桂林GLSUN光学技術有限公司Ltd.(光製品事業部) 4-57
ハフィット
HTDファイバーコム株式会社 / JUHUA Technology Inc.
インジェレン・テクノロジー・カンパニー
株式会社インテポン株式会社インテポン
カマックス光通信株式会社(KOCグループ)
KINSOMテクノロジー株式会社
エルファイバーオプティック
ライテルテクノロジーズ
ライトスターテクノロジー株式会社 
ルメンタムオペレーションズLLC
ルナ・イノベーションズ(ジェネラル・フォトニクスを買収)
MKSインスツルメンツ フォトニクスソリューション事業部 ?ニューポート
モレックスLLC(コッホ・インダストリーズ)
ネプテック・オプティカル・ソリューションズ
オーファンズ・グループ(深圳広帆通信技術有限公司)
オーネットコミュニケーションズ(深セン開発科技有限公司)
オプティワークス
オプティゾン・テクノロジー・リミテッド
オプトリンク・コーポレーション・リミテッド
オプトウェーブス株式会社
OZオプティクス株式会社
プレシジョン・ファイバー・プロダクツ(PFP)
キュービックレーザーシステム株式会社
ルイクテックコミュニケーション株式会社
センコーアドバンストコンポーネンツ株式会社
住友金属鉱山(SMM)
ソーラブズ(OFR)
トリプルストーンテクノロジー旭硝子株式会社
VFIBREケーブル株式会社

4.2競争市場シェア予測(2023年)

5.調査・分析・予測手法

6.光ファイバーサーキュレーター&光コンポーネントアイソレーター

ページTOPに戻る



図表リスト

図表一覧

1.1.1    インライン偏波保持(PM)光ファイバーアイソレーター
1.1.2    パッケージド・フリースペース・アイソレーター    
1.1.3    通信トランスミッターパッケージ
1.1.4    光部品アイソレータの世界消費額予測(2023-2033年)
1.1.5    2023年-光コンポーネント用アイソレータの世界タイプ別消費額        
1.1.6    2023年-光コンポーネント用アイソレータの用途別世界消費額        
1.1.7    4ポート光ファイバーサーキュレータ(線図)
1.1.8    DWDM/OADMアプリケーションにおける光ファイバーサーキュレーターの使用 図解
1.1.9    光ファイバーサーキュレーター(3ポート)    
1.1.10     Fiber Optic Circulators Global Consumption Value Forecast (2023-2033)
1.1.11     Year 2023 - Global Consumption Value of Fiber Optic Circulators, by Type
1.1.12     2023年-光ファイバーサーキュレータの用途別世界消費額    
1.2.1    光ファイバー・ネットワーク・トポロジー    
1.2.2    WDM/TDM-PON技術
1.2.3    FTTP PON アーキテクチャ
1.2.4    HFC流通システム    
1.2.5    データセンター施設(米国
1.2.6    高帯域幅アプリケーション    
1.2.7    高帯域幅アプリケーション    
2.1    フォトニック集積回路(PIC)へのアクティブとパッシブの光機能のハイブリッド集積化
2.2    マッハ?ツェンダー干渉計(MZI)ベースの光アイソレータの概略図
2.3    ナノ・ラウンドアバウトの機能原理
2.4    一連のシリカ微小共振器におけるブリルアン散乱誘起透明性
2.5    3ポート光サーキュレータの構成と動作図
2.6    PANDAファイバーの偏光変化
2.7    パンダ・ファイバー - プロフィール
2.8    ボウタイ・ファイバー形状(高複屈折またはHiBi SAPファイバー)
2.9    偏波保持ファイバーアイソレーター
2.10    マイクロファイバー・アイソレーター
2.11    アイソレーターを通る順方向の図面
2.12    逆向きに伝搬する光を吸収または置換する
2.13    オールファイバー・アイソレーター光のファラデー回転
2.14    位相整合の結果ファイバーPBL、波長、温度
2.15    光ファイバーアイソレーターを使用したレーザーのセットアップとモードロッカーの組み立て
4.1.1    フリー・スペース・アイソレーター
4.1.2    1310/1550nm 4ポートPM光サーキュレータ    
4.1.3    1550nmミニ2-in-1アイソレータ
4.1.4    1064 nm光ファイバーアイソレータ 
4.1.5    工場での組立作業
4.1.6    光サーキュレーター
4.1.7    バイパスカブル/スイッチ光サーキュレータ 1310nm & 1550nm              4.1.8    3ポート光サーキュレーター    4-26
4.1.7    偏波保持光サーキュレーター(寸法図)
4.1.8    光ファイバーディスクリート・サーキュレーター    
4.1.9    3ポート光サーキュレータ(線図)    
4.1.10    フリースペース・アイソレーター
4.1.11    1550nm 3ポート偏波保持光サーキュレータ
4.1.12    1550nm 偏波保持アイソレータ - 線図
4.1.13    PMサーキュレーター -3ポートおよび4ポート
4.1.14    アソートパッケージ・フリースペース・アイソレーター    
4.1.15    中国光ファイバー部品工場組立ライン    
4.1.16    光サーキュレーター
4.1.17    フリースペース・アイソレーター
4.1.18    フリースペース・アイソレーター
4.1.19     会社運営
4.1.20    社屋
4.1.21    光ファイバーサーキュレーター
4.1.22    光アイソレーター
4.1.23    受動光学デバイスの詰め合わせ
4.1.24    コネクター付き偏波不感サーキュレーター    
4.1.25    光ファイバーインライン・アイソレータ    
4.1.26    光サーキュレーター
4.1.27    フリースペース・アイソレーター
4.1.28    光ファイバのピグテール・アイソレータとコネクタが付属しています。    
4.1.29    ラッチング・アイソレータ
4.1.30    製品提供
4.1.31    光ファイバーサーキュレーター
4.1.32    ピッグテール付き光ファイバーアイソレータ    
4.1.33    光ファイバーサーキュレーター
4.1.34    マルチモード光サーキュレータ
4.1.35    1310nm PMファイバーサーキュレーター(高速軸ブロック付き)    
4.1.36    光ファイバーサーキュレーター
4.1.37    光学部品用フリースペースアイソレータ - 表面実装タイプ
4.1.38    光学部品 フリースペース アイソレータ - 丸筒タイプ
4.1.39    光部品 フリースペース アイソレータ - レセプタクルタイプ
4.1.40    光部品 フリースペース アイソレータ - 光ファイバピグテールタイプ
4.1.41    アイソレーター+タップカプラー+タップPDハイブリッド    
5.1                市場調査&予測手法

テーブル一覧

1.1.1    光コンポーネント用アイソレータの世界消費額地域別予測
1.1.2    光コンポーネント用アイソレータの世界消費数量予測、地域別
1.1.3    光ファイバーサーキュレーター世界消費額地域別予測
1.1.4    光ファイバーサーキュレータの世界消費数量予測、地域別
1.2.1    過酷環境用途・部品&デバイス・部品カテゴリ一覧
3.2.1    微小光学部品アイソレータの世界市場予測(金額、数量、平均販売価格)    
3.2.2    光ファイバーピグテール付きインラインマイクロオプティックアイソレータの世界予測(金額、数量、ASP)    
3.2.3    集積部品用パッケージド・フリースペース・アイソレータの世界市場(金額、数量、ASP)    
3.2.4    アメリカ微小光学部品アイソレータ市場予測(金額, 数量, 平均販売価格)    
3.2.5    アメリカ光ファイバーピグテール付きインラインマイクロオプティックアイソレーターの予測(金額、数量、ASP)    
3.2.6    アメリカ 一体型部品用パッケージド・フリースペース・アイソレータ(金額、数量、ASP)
3.2.7    EMEAマイクロオプティック部品アイソレータの予測(金額, 数量, 平均販売価格)    
3.2.8    EMEA光ファイバーピグテール付きインラインマイクロオプティックアイソレータの予測(金額、数量、ASP)    
3.2.9    EMEA 一体型部品用パッケージド・フリースペース・アイソレータ(金額, 数量, ASP)
3.2.10    APAC微小光学部品アイソレータの予測(金額、数量、平均販売価格)    
3.2.11    APAC 光ファイバーピグテール付きインラインマイクロオプティックアイソレータの予測(金額、数量、ASP)    
3.2.12    APAC 一体型部品用パッケージド・フリースペース・アイソレータ(金額, 数量, ASP)
3.2.13    APAC地域に分類される国々
3.3.1    光ファイバーサーキュレーターの世界予測(金額、数量、平均販売価格)
3.3.2    光ファイバーサーキュレータの世界予測(3ポート)(金額、数量、平均販売価格)    
3.3.3    光ファイバーサーキュレータの世界予測(4ポート)(金額、数量、平均販売価格)    
3.3.4    アメリカ光ファイバーサーキュレーター予測(金額、数量、平均販売価格)
3.3.5    アメリカ光ファイバーサーキュレーター予測(3ポート)(金額、数量、平均販売価格)
3.3.6    アメリカ光ファイバーサーキュレーター予測(4ポート)(金額、数量、平均販売価格)
3.3.7    EMEA光ファイバーサーキュレーター予測(金額, 数量, 平均販売価格)
3.3.8    EMEA光ファイバーサーキュレーター予測(3ポート)(金額、数量、平均販売価格)
3.3.9    EMEA光ファイバーサーキュレーター予測(4ポート)(金額、数量、平均販売価格)
3.3.10    APAC 光ファイバーサーキュレーター予測(金額、数量、平均販売価格)
3.3.11    APAC 光ファイバーサーキュレーター予測(3ポート)(金額、数量、平均販売価格)
3.3.12    APAC 光ファイバーサーキュレータ予測(4ポート)(金額、数量、平均販売価格)
4.1.1    仕様1310/1550nm 4ポートPM光サーキュレータ    
4.1.2    仕様1550nmミニ2-in-1アイソレータ
4.1.3    仕様1064 nm光ファイバーアイソレータ   
4.1.4    仕様3ポート光サーキュレーター
4.1.5    Performance 仕様1550nm 3-port Polarization Maintaining Optical Circulator
4.1.6     仕様偏波保持アイソレーター
4.1.7    アイソレーターとサーキュレーター/ハイブリッド・デバイス
4.2.1    2023年 - マイクロオプティック光コンポーネント用アイソレーターの競合メーカー別市場シェア予測    
4.2.2    2023年 - 光ファイバーサーキュレーターの競合メーカー市場シェア予測
6.1    マイクロオプティック光部品アイソレータ 製品カテゴリ    
6.2    マイクロオプティック光部品アイソレータのアプリケーションカテゴリ
6.3    光ファイバーサーキュレータ 製品カテゴリ
6.4    光ファイバーサーキュレーターのアプリケーションカテゴリー

ページTOPに戻る


プレスリリース

マイクロオプティックコンポーネント光アイソレータの世界的な使用は、昨年(2023年)7億1560万ドルに到達

2024年2月1日 --
ElectroniCast社(本社:米国マサチューセッツ州)は本日、光通信におけるマイクロオプティックコンポーネントの光アイソレータと光ファイバサーキュレータの世界市場分析と予測(2023-2033年)を発表しました。

調査報告書によると、光ファイバーサーキュレータの世界的な使用量は昨年(2023年)3億1680万ドルに達した。 光ファイバサーキュレータ市場は、次のポート数構成で定量化される:3ポートおよび4ポート。 3ポート光ファイバーサーキュレータコンポーネントカテゴリが、2023年に大半のシェアを占めた。 

光ファイバーサーキュレータの世界的な消費額の年間成長率で最も速いのは、データセンターとその他の企業(今後5年間、年間平均成長率8%近くで増加)の拡大によるプライベートネットワークアプリケーションである。

アジア太平洋地域(APAC)は、光ファイバサーキュレータの消費額で相対的な市場シェアでは現在のリーダーであるが、APAC市場シェアの割合(%)は、今後10年間で他の地域に対して減少すると予測されている。

マイクロオプティックコンポーネント光アイソレータの世界的な使用は、昨年(2023年)7億1560万ドルに達した。 コンポーネント光アイソレータ市場は、光ファイバーピグテール付きのインラインタイプ、およびパッケージの自由空間光(FSO)アイソレータを使用して定量化される。

光アイソレータは小型軽量部品として設計されており、組み込みが容易である。光アイソレータには、サーキュレータと同様に、より大型で高価なデバイス(装置)レベルの製品も含まれるが、本市場分析・予測では、微小光学部品レベルのアイソレータのみを対象とする。

光アイソレータは、光ファイバーアンプ、光ファイバーリングレーザー、光ファイバー通信システム、高速/DWDMおよびコヒーレント光ファイバーリンク、研究所のR&D、センサー、ジャイロシステム、製造プロセスの自動化における試験/計測測定品質保証アプリケーション、および他の多くの光ファイバー通信アプリケーションと組み合わせて使用する場合に信頼性の高いデバイスです。

光ファイバーサーキュレーター消費額
(2023年に3億1,680万ドル)

出典:エレクトロニキャスト

 

 

 

ページTOPに戻る


 

Summary

We believe you will find this report useful for your planning of product and market development.

This report provides analysis of last year (2023) and 10-year forecasts (2023-2033) of the consumption value of micro-optic component optical isolators and fiber optic circulators, used in selected optical communication applications.

ElectroniCast, founded in 1981, provides this market forecast for America, European/ Middle East/Africa (EMEA), and Asia Pacific (APAC) regional consumption. The information is presented in easy-to-follow illustrations and text.  A global summary is also provided.

Company profiles of selected competitors of micro-optic component optical isolators and fiber optic circulators are provided, as well as relative market share for selected leading competitors. This report also presents an overview of fiber optic networks, as well as an overview of the applicable technology of both optical circulator and optical isolators.

The market forecasts provide data, which are segmented by the following functions:         

  • Consumption Value (USD)
  • Quantity (Unit Volume)
  • Average Selling Prices

             

The micro-optic optical component isolator market data is presented by the following types:

  • In-Line Micro-Optic Isolators with Optical Fiber Pigtails
  • Packaged Free-Space Micro-Optic Isolators for Integrated Components

 

Both micro-optic component optical isolators and fiber optic circulators market analysis and forecasts are segmented into the following major application categories:   

  • Telecommunications / Cable TV / Multimedia
  • Enterprise / Private Networks
  • Military / Aerospace / Security
  • Specialty (intra-enclosure, non-specific use of test and measurement, harsh environment industrial, bio-photonics, sensors, laboratory, manufacturing/ production of fiber optic components/devices, and other non-specific uses)

 

Component-Level Isolators

Optical isolators are designed as a compact and lightweight component, which allows easy integration. Optical isolators can also include a larger/more expensive device level product; however, this market analysis and forecast covers the micro-optic component level isolators only.

Optical isolators are used in many applications in commercial, industrial, and laboratory settings.  They are reliable devices when used in conjunction with fiber optic amplifiers, fiber optic ring lasers, fiber optic communication systems, and high-speed/ DWDM and coherent fiber optic links, laboratory R&D, sensors, gyro-systems, test/instrumentation measurement quality assurance applications in automation of manufacturing processes.  Single polarization optical isolators are also used with laser diodes, gyroscopic systems, various optical modular interfaces; laser diode integrated optic modulator interfaces and a variety of other mechanical control applications.

 

The fiber optic circulator market data is presented by the following port-count configurations:

  • Fiber Optic 3-Port Circulators with Optical Fiber Pigtails or Connectors
  • Fiber Optic 4-Port Circulators with Optical Fiber Pigtails or Connectors

 

Fiber Optic Circulators are non-reciprocal devices, which means that changes in the properties of light passing through the device are not reversed when the light passes through in the opposite direction. The optical device is commonly used in a wide variety of systems, here are just a few examples: dispersion compensation, optical sensors, optical amplifiers, WDM systems, optical add/drops multiplexing (OADMs) and test/measurement instruments such as optical time-domain reflectometers (OTDRs), remote fiber (optic) test systems (RFTS) and other test equipment.

 

Market Research Methodology Information Base 

This study is based on analysis of information obtained continually for 30-years and updated through end-January 2024.  Continuously, ElectroniCast analysts performed interviews with authoritative and representative individuals in the fiber optics industry plus telecommunications, data communication, military/aerospace and other communication industries, instrumentation/laboratory – R&D and factory/manufacturing, from the standpoint of both suppliers and users of optical isolators and fiber optic circulators. The interviews were conducted principally with:

  • Engineers, marketing personnel and management at manufacturers of fiber optic circulators, isolators, attenuators, couplers/splitters, isolators, OADMs, DWDM, photonic switches, modulators, collimators, mechanical splice, connectors, transceivers and receivers, as well as laser diodes and photodiodes, application-specific ICs, packages, ferrules and cables, substrate materials, AWGs/optical waveguide and other components used in the fabrication of optoelectronic transceivers, cable assemblies, test/measurement equipment, splice equipment and installation apparatus
  • Design group leaders, engineers, marketing personnel and market planners at major users and potential users of cable, cable assemblies, connectors, installation apparatus, passive devices and transceivers, such as telecommunication transmission, switching and distribution equipment producers, data communications equipment producers (switches, hubs, routers), computer and workstation producers, weapon system, aircraft and spacecraft electronic equipment producers, optical instrumentation system producers and others.
  • Other industry experts, including those focused on standards activities, trade associations, and investments. 

The interviews covered issues of technology, R&D support, pricing, contract size, reliability, documentation, installation/maintenance crafts, standards, supplier competition and other topics.

Customers were also interviewed to obtain their estimates of quantities received and average prices paid, as a crosscheck of vendor estimates. Customer estimates of historical and expected near term future growth of their application are obtained. Their views of the use of new technology products were obtained.

The analyst then considered customer expectations of near-term growth in their application, plus forecasted economic payback of investment, technology trends and changes in government regulations in each geographical region, to derive estimated growth rates of quantity and price of each product subset in each application. These forecasted growth rates are combined with the estimated baseline data to obtain the long-range forecasts at the lowest detailed level of each product and application.

A full review of published information was also performed to supplement information obtained through interviews. The following sources were reviewed:

  • Professional technical journals and papers
  • Trade press articles
  • Technical conference proceedings
  • Product literature
  • Company profile and financial information
  • Additional information based on previous ElectroniCast market studies.
  • Personal knowledge of the research team.

It is essential that the market research team have a good and deep understanding of the technology and of the industry. ElectroniCast staff who participated in this report were qualified.

 

Bottom-up Methodology

ElectroniCast forecasts are developed initially at the lowest detail level, then summed to successively higher levels. The background market research focuses on the amount of each type of product being used in each application in the base year (2023), and the prices being paid at the first transaction from the manufacturer. This forms the base year data. ElectroniCast analysts then forecast the growth rates in component quantity use in each application, along with price trends, based on competitive, economic and technology forecast trends, and apply these to derive long term forecasts at the lowest application levels. The usage growth rate forecasts depend heavily on analysis of overall end user trends toward digital broadband communication equipment usage and economic payback.

 

Cross-Correlation Increases Accuracy

The quantities of fiber optic transmitters/ receivers, sensors, modulators, isolators, circulators, couplers, DWDM filters, optical add/drop multiplexers, attenuators, optical amplifiers, and other optical communication components used in a particular application are interrelated.  Since ElectroniCast conducts annual analysis and forecast updates in each component field, accurate current quantity estimates are part of the corporate database.  These quantities are cross correlated as a "sanity check".

The calculation and analysis data spreadsheet technique is based upon input/output analysis, leveraging the quantitative consumption quantity, price and value of each item in each application at all levels to achieve reasonable quantitative conclusions; this interactive analysis concept, first applied on a major scale by Leonteff, of the US Department of Commerce, in the mid-1950s, was then adopted successfully by analyst/forecasting firms Quantum Science, Gnostic Concepts and (in 1981) by ElectroniCast. Stephen Montgomery, the director of this research study, has been with ElectroniCast since 1991.

 

Nature of the Data

The following details are important in interpreting the data presented in the study results/report:

  • Significant figures - rounding: The data have been rounded to an appropriate number of decimal places. In some instances, this may result in minor apparent inconsistencies at summary levels.
  • Current dollars: All values in the Market Analysis and Forecast are expressed in current US dollars. Therefore, growth rates and forecasted values include inflation, forecasted to average 5 percent per year in each global region.

The quantitative forecasts and value calculations proceeded as follows:

The quantities and average prices for each year were based on known raw data or calculated by formulae at the lowest data entry levels. Consumption values were then calculated from the quantities and prices. The resulting values and quantities were then summed by formulae to successively higher levels in the Global data.

With the quantity and price forecasted for each year for component type in each application, average annual growth rates for 2023-2033 were then calculated from the forecasted data.

For each circulator or isolator product-type, analysis was performed, and breakdowns were forecasted for regional consumption percentages for each year of the forecast. The same was done for regional pricing, down to each product-type.

 

Prices

The prices shown in any of the ElectroniCast market data are the estimated or forecasted average prices paid during the indicated calendar year.  These are the original manufacturer’s (“factory”) prices invoiced to the first (original) customer, or transfer prices for internal (captive) production.  They consider the typical purchase quantities and related quantity discounts, as well as the variation in performance specifications between one user and another.  The costs of supplier testing, qualification, documen­tation and other ancillary costs are included in the price calculation.  This is the main factor making prices for military products substantially higher than prices for similar commercial products.  The price for any purchase may vary widely from the average, depending on quantity, specifications and competitive bidding pressures.

 

About ElectroniCast

ElectroniCast, founded in 1981, specializes in forecasting technology and global market trends in fiber optics communication components and devices, as well providing market data on light emitting diodes used in lighting.

As an independent consultancy we offer multi-client and custom market research studies to the world's leading companies based on comprehensive, in- depth analysis of quantitative and qualitative factors. This includes technology forecasting, markets and applications forecasting, strategic planning, competitive analysis, customer-satisfaction surveys, and marketing/sales consultation. ElectroniCast, founded as a technology-based independent consulting firm, meets the information needs of the investment community, industry planners and related suppliers.

 

 

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

1.Executive Summary

1.1 Overview
1.2 Fiber Optic Networks

2.Technology Overview - Fiber Optic Circulators and Optical Component Isolators

3. Market Forecast Data Tables

3.1 Overview
3.2 Micro-Optic Component Isolator Market Forecast Data Tables, by Application
3.3 Fiber Optic Circulators Market Forecast Data Tables, by Application

4.Fiber Optic Circulator Competition

4.1  Competition - Company Profiles - Selected Circulator and Isolator Competitors

Accelink Technologies Co., Ltd./ WTD
AC Photonics (ACP)
Advanced Fiber Resources - AFR (Zhuhai)  
AFW Technologies Pty. Ltd.
Agilecom Fiber Solution
AGILTRON Inc. (Photowares Corporation)
Ascentta Inc
Aviation Megneto Optical Sensor Corporation (AMOS)
Boston Applied Technologies Incorporated (BATi)
Clearfield, Inc.
Coherent (II-VI Inc.)
Comcore Technologies, Inc.
Corning Incorporated - Corning OEM Solutions
Crowntech Photonics
DK Photonics Technology Limited
Dreamtel Technologies Co., Ltd. (DTL)
FDK Corporation
Fiberer Global Tech Ltd.
Fiberon Technologies, Inc.
Flyin Optronics Co., Ltd.FOCI - Fiber Optic Communications, Inc.
Gezhi Photonics Co., Ltd.
Golight Technology Co., Ltd (Shenzhen) Guilin GLSUN Optics Technology Co. Ltd. (Glsun optical Products Division) 4-57
Haphit
HTD Fibercom Co., Limited / JUHUA Technology Inc.
Ingellen Technology Company
Intepon Co. Ltd
Kamaxoptic communication Co., Ltd. (KOC Group)
KINSOM Technology Limited
Lfiber Optic Limited
Lightel Technologies Inc.
Lightstar Technology Limited  
Lumentum Operations LLC
Luna Innovations, Incorporated (Acquired General Photonics)
MKS Instruments Photonics Solutions Division ? NewportR
Molex, LLC (Koch Industries)
Neptec Optical Solutions
Ofans Group (Shenzhen Guangfan Communications Technology Co., Ltd.)
O-Net Communications Limited (Shenzhen Kaifa Technology Co., Ltd)
OptiWorks, Inc.
Optizone Technology Limited
Opto-Link Corporation Limited
Optowaves Inc.
OZ Optics Limited
Precision Fiber Products, Inc. (PFP)
Qbic Laser System Inc.
Ruik-tech Communication Co., LTD.
Senko Advanced Components, Inc.
Sumitomo Metal Mining (SMM)
Thorlabs (OFR)
Triple-Stone Technology, Co. Ltd
VFIBRE Cable Limited

4.2Competition: Market Share Estimates (2023)

5. Research, Analysis and Forecast Methodology

6. Fiber Optic Circulators & Optical Component Isolators

ページTOPに戻る



List of Tables/Graphs

List of Figures

1.1.1    In-Line Polarization Maintaining (PM) Fiber Optic Isolator
1.1.2     Packaged Free Space Isolators    
1.1.3     Telecommunication Transmitter Package
1.1.4     Optical Component Isolators Global Consumption Value Forecast (2023-2033)
1.1.5     Year 2023 - Global Consumption Value of Optical Component Isolators, by Type         
1.1.6     Year 2023 - Global Consumption Value of Optical Component Isolators, by Application         
1.1.7     4-Port Fiber Optic Circulator (Line Drawing)
1.1.8     Fiber Optic Circulator Use in DWDM/OADM Application Illustration
1.1.9     Fiber Optic Circulator (3-Ports)    
1.1.10     Fiber Optic Circulators Global Consumption Value Forecast (2023-2033)
1.1.11     Year 2023 - Global Consumption Value of Fiber Optic Circulators, by Type
1.1.12     Year 2023 - Global Consumption Value of Fiber Optic Circulators, by Application    
1.2.1     Fiber Optic Network Topology    
1.2.2     WDM/TDM-PON Technology
1.2.3     FTTP PON Architecture
1.2.4     HFC Distribution System    
1.2.5     Data Center Facility, United States
1.2.6     High-Bandwidth Applications    
1.2.7     High-Bandwidth Applications    
2.1     Hybrid integration of active and passive optical functions into Photonic Integrated Circuits (PICs)
2.2     Schematic of Mach?Zehnder interferometer (MZI)-based optical isolator
2.3     Functional principle of a nano-roundabout
2.4     Brillouin Scattering-Induced Transparency in a Series of Silica Micro-resonators
2.5     Configuration and Operation Illustration of 3-Port Optical Circulator
2.6     Polarization Change in PANDA Fiber
2.7     Panda Fiber - Profile
2.8     Bow-Tie Fiber Geometry (highly bi-refringent or HiBi SAP fiber)
2.9     Polarization Maintaining Fiber Isolator
2.10     Micro-Fiber Isolator
2.11     Drawing of Forward Direction Through an Isolator
2.12     Absorbing or Displacing Light Propagating in the Reverse Direction
2.13     All-Fiber Isolator: Faraday Rotation of Light
2.14     Phase Matching Result: Fiber PBL, Wavelength and Temperature
2.15     Laser setup and mode-locker assembly using fiber optic isolators
4.1.1     Free Space Isolator
4.1.2     1310/1550nm 4-Port PM Optical Circulator    
4.1.3     1550nm Mini 2-In-1 Isolator
4.1.4     1064 nm Fiber Optic Isolator  
4.1.5     Assembly Work in Factory
4.1.6     Optical Circulator
4.1.7     By-passable/Switch Optical Circulator 1310nm & 1550nm              4.1.8     3 Ports Optical Circulator    4-26
4.1.7     Polarization Maintaining Optical Circulator (Dimensions)
4.1.8     Fiber Optic Discrete Circulator    
4.1.9     3-Port Optical Circulator (Line Drawing)    
4.1.10     Free Space Isolators
4.1.11     1550nm 3-port Polarization Maintaining Optical Circulator
4.1.12     1550nm Polarization Maintaining Isolator - Line Drawing
4.1.13     PM Circulator -3 port and 4 Port
4.1.14     Assorted Packaged Free Space Isolator    
4.1.15     Fiber Optic Component Factory Assembly Line in China    
4.1.16     Optical Circulator
4.1.17     Free Space Isolators
4.1.18     Free Space Isolators
4.1.19      Company Operations
4.1.20     Company Building
4.1.21     Fiber Optic Circulator
4.1.22     Optical Isolator
4.1.23     Assorted Passive Optical Devices
4.1.24     Polarization Insensitive Circulators with Connectors    
4.1.25     Fiber Optic In-Line Isolators    
4.1.26     Optical Circulator
4.1.27     Free Space Isolators
4.1.28     Optical Fiber Pigtail Isolator and a with Connector attached    
4.1.29     Latching Isolator
4.1.30     Product Offering
4.1.31     Fiber Optic Circulator
4.1.32     Fiber Optic Isolator with Pigtails    
4.1.33     Fiber Optic Circulator
4.1.34     Multimode Fiber Optical Circulator
4.1.35     1310nm PM Fiber Circulator (Fast axis blocked)    
4.1.36     Fiber Optic Circulator
4.1.37     Optical Component Free Space Isolators - Surface Mounting Type
4.1.38     Optical Component Free Space Isolators - Circular Cylinder Type
4.1.39     Optical Component Free Space Isolators - Receptacle Type
4.1.40     Optical Component Free Space Isolators - Optical Fiber Pigtail Type
4.1.41     Isolator + Tap Coupler + Tap PD Hybrid    
5.1                 Market Research & Forecasting Methodology

List of Tables

1.1.1    Optical Component Isolators Global Consumption Value Forecast, By Region
1.1.2    Optical Component Isolators Global Consumption Quantity Forecast, By Region
1.1.3     Fiber Optic Circulators Global Consumption Value Forecast, By Region
1.1.4     Fiber Optic Circulators Global Consumption Quantity Forecast, By Region
1.2.1     Harsh Environment Applications, Components & Devices/Parts Category List
3.2.1     Global Micro-Optic Component Isolator Forecast (Value, Quantity, Average Selling Price)     
3.2.2     Global In-Line Micro-Optic Isolators with Optical Fiber Pigtails Forecast (Value, Quantity, ASP)     
3.2.3     Global Packaged Free-Space Isolators for Integrated Components (Value, Quantity, ASP)     
3.2.4     America Micro-Optic Component Isolator Forecast (Value, Quantity, Average Selling Price)     
3.2.5     America In-Line Micro-Optic Isolators with Optical Fiber Pigtails Forecast (Value, Quantity, ASP)     
3.2.6     America Packaged Free-Space Isolators for Integrated Components (Value, Quantity, ASP)
3.2.7     EMEA Micro-Optic Component Isolator Forecast (Value, Quantity, Average Selling Price)     
3.2.8     EMEA In-Line Micro-Optic Isolators with Optical Fiber Pigtails Forecast (Value, Quantity, ASP)     
3.2.9     EMEA Packaged Free-Space Isolators for Integrated Components (Value, Quantity, ASP)
3.2.10     APAC Micro-Optic Component Isolator Forecast (Value, Quantity, Average Selling Price)     
3.2.11    APAC In-Line Micro-Optic Isolators with Optical Fiber Pigtails Forecast (Value, Quantity, ASP)     
3.2.12     APAC Packaged Free-Space Isolators for Integrated Components (Value, Quantity, ASP)
3.2.13     Countries Classified in the APAC Region
3.3.1     Global Fiber Optic Circulator Forecast (Value, Quantity, Average Selling Price)
3.3.2     Global Fiber Optic Circulator Forecast (3-Port) (Value, Quantity, Average Selling Price)     
3.3.3     Global Fiber Optic Circulator Forecast (4-Port) (Value, Quantity, Average Selling Price)    
3.3.4     America Fiber Optic Circulator Forecast (Value, Quantity, Average Selling Price)
3.3.5     America Fiber Optic Circulator Forecast (3-Port) (Value, Quantity, Average Selling Price)
3.3.6     America Fiber Optic Circulator Forecast (4-Port) (Value, Quantity, Average Selling Price)
3.3.7     EMEA Fiber Optic Circulator Forecast (Value, Quantity, Average Selling Price)
3.3.8     EMEA Fiber Optic Circulator Forecast (3-Port) (Value, Quantity, Average Selling Price)
3.3.9     EMEA Fiber Optic Circulator Forecast (4-Port) (Value, Quantity, Average Selling Price)
3.3.10     APAC Fiber Optic Circulator Forecast (Value, Quantity, Average Selling Price)
3.3.11    APAC Fiber Optic Circulator Forecast (3-Port) (Value, Quantity, Average Selling Price)
3.3.12    APAC Fiber Optic Circulator Forecast (4-Port) (Value, Quantity, Average Selling Price)
4.1.1     Specifications - 1310/1550nm 4-Port PM Optical Circulator    
4.1.2     Specifications - 1550nm Mini 2-In-1 Isolator
4.1.3     Specifications - 1064 nm Fiber Optic Isolator   
4.1.4     Specifications - 3 Ports Optical Circulator
4.1.5     Performance Specifications - 1550nm 3-port Polarization Maintaining Optical Circulator
4.1.6     Specification: Polarization Maintaining Isolator
4.1.7     Isolator and Circulator/Hybrid Devices
4.2.1     2023 - Micro-Optic Optical Component Isolators Selected Competitor Market Share Estimates     
4.2.2     2023 - Fiber Optic Circulator Selected Competitor Market Share Estimates
6.1     Micro-Optic Optical Component Isolator Product Categories    
6.2     Micro-Optic Optical Component Isolator Application Categories
6.3     Fiber Optic Circulator Product Categories
6.4     Fiber Optic Circulator Application Categories

ページTOPに戻る


Press Release

The worldwide use of micro-optic component optical isolators reached $715.6 million last year (2023).

February 1, 2024 --
ElectroniCast, a leading market research & technology forecast consultancy addressing the fiber optics communications industry, today announced the release of a new market analysis and forecast (2023-2033) of the global consumption of micro-optic component optical isolators and fiber optic circulators in optical communications.

According to the study report, the worldwide use of fiber optic circulators reached $316.8 million last year (2023).  The fiber optic circulator market is quantified by the following port-count configurations: 3-Ports and 4-Ports.  The 3-Port fiber optic circulator component category held the majority share in 2023. 

The fastest annual growth of the worldwide consumption value of fiber optic circulators continues to be in the Private Network application with expanding Data Centers and other enterprise (increasing at an average annual growth rate of nearly 8%, over the next 5-years; however, the Telecom/CATV/Multimedia application is set to maintain its dominant market share lead throughout the forecast period.

The Asia Pacific region (APAC) is the current leader, in terms of relative market share, with the consumption value of fiber optic circulators; however, the APAC market share percentage (%) is forecast to decrease versus the other regions over the next 10 years.

The worldwide use of micro-optic component optical isolators reached $715.6 million last year (2023).  The component optical isolator market is quantified using inline types with optical fiber pigtails; and package free-space optical (FSO) isolators.

Optical isolators are designed as a compact and lightweight component, which allows easy integration. Optical isolators, as well as circulators, can also include a larger/more expensive device (equipment) level product; however, this market analysis and forecast for the micro-optic component level isolators only.

Optical isolators are reliable devices when used in conjunction with fiber optic amplifiers, fiber optic ring lasers, fiber optic communication systems, and high-speed/ DWDM and coherent fiber optic links, laboratory R&D, sensors, gyro-systems, test/instrumentation measurement quality assurance applications in automation of manufacturing processes, and many other optical fiber communication applications.

Fiber Optic Circulator
Consumption Value ($316.8 Million in 2023)
Source: ElectroniCast

 

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(光アイソレータ)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


ElectroniCast Consultants社はどのような調査会社ですか?


エレクトロニキャスト社は米国カリフォルニア本社を置き、光通信システム、機器/サブシステム、光部品/材料を専門とする調査会社です。1968年の設立以来、変動の激しいこの分野において確実な技術・市場予測を... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る