世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ソーラーウィンドウフィルムの世界市場 - 2024-2031


Global Solar Window Film Market - 2024-2031

概要 ソーラーウィンドウフィルムの世界市場は、2023年に35億米ドルに達し、2024-2031年の予測期間中に年平均成長率5.5%で成長し、2031年には54億米ドルに達すると予測されている。 ソーラー・ウィンドウ・フィ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
193 英語

 

サマリー

概要
ソーラーウィンドウフィルムの世界市場は、2023年に35億米ドルに達し、2024-2031年の予測期間中に年平均成長率5.5%で成長し、2031年には54億米ドルに達すると予測されている。
ソーラー・ウィンドウ・フィルムは、車内や室内での危険な放射線を防御するものである。さらに、これらのフィルムは車や家の内装における家具の老化防止にも役立つ。フィルムは安価で簡単に設置でき、建物の美観にも貢献する。太陽電池産業への投資の増加は、ソーラーウィンドウフィルム市場の需要を促進する可能性が高い。
2019年、太陽電池産業はアメリカ経済に250億米ドル以上の民間投資をもたらした。2020年、米国における太陽エネルギー設備は、送電網に貢献した全新電力容量の43%を占め、これは史上最大の割合であり、2年連続で太陽エネルギーがシステムに最も多くの発電容量を追加した。発電における太陽エネルギーの利用拡大により、米国の総発電量に占める太陽エネルギーの割合は、2010年の0.1%から現在では3%以上へと急速に高まっている。
2023年には、北米が世界のソーラー・ウィンドウ・フィルム市場の約1/4を占め、第二の支配的地域になると予想されている。北米市場は米国が支配的である。同国に本社を置く主要企業には、3M、Johnson Laminating & Coating, Inc.、Eastman Chemical Company、Madico Inc.などがある。政府の好意的な政策と自動車セクターの拡大が、同国の市場拡大を後押ししている。
ダイナミクス
市場への投資増加
環境意識や気候変動への懸念が高まる中、消費者や企業は二酸化炭素排出量を削減するための長期的な解決策を求めている。ソーラー・ウィンドウ・フィルムは、エネルギー消費を削減し、温室効果ガスの排出を削減し、高価な建物の改築やアップグレードを必要とせずに室内の快適性を向上させることで、持続可能性を促進するのに役立つ。
2024年、商業用ウィンドウ・フィルムとグラフィック・ソリューションの全国的リーダーであるAP社は、マイアミを拠点とするウィンドウ・フィルム・メーカーを買収した。この戦略的買収により、ダイナミックなマイアミ市場への参入を含め、米国東海岸でのプレゼンスを拡大する計画です。同社は、マイアミ広域圏における3M? ウィンドウフィルムの独占販売代理店であり、企業、住宅所有者、自動車所有者にサービスを提供している。
高まるエネルギー効率規制
ソーラーウィンドウフィルムの採用は、世界的に厳しいエネルギー効率基準と建築規則によって推進されている。ガイドラインは、エネルギー使用量と二酸化炭素排出量を削減するため、建物所有者に省エネ対策への投資を促しています。ソーラーウィンドウフィルムは、断熱性を高め、日射熱の上昇を最小限に抑えることで、建築物が規制基準を満たすのを支援する。
各国政府は、市場への投資と技術革新を促進するための政策やプログラムを策定し始めている。インドでは、MNREがソーラー・パーク・イニシアチブを設立し、500MW近い容量の太陽光発電設備の開発に政府の財政支援を提供している。中国の国家発展改革委員会は、太陽エネルギーの活用に注力する企業に長期契約を付与する制度を開始した。
高いコスト
ソーラー・ウィンドウ・フィルムは、一般的なウィンドウトリートメントに比べ、購入・設置費用が高くつく。特にコストが大きな問題となる地域や、予算の制約で建物の改修に投資できない地域では、初期費用がソーラー・ウィンドウ・フィルムの使用を妨げる場合もある。太陽エネルギーは、クリーンなエネルギー源としてだけでなく、実に多くのメリットをもたらします。
太陽光発電のコストは、過去10年間で90%以上低下し、1GWあたり約359米ドルから40米ドル未満になった。このコスト削減は、規模の経済、再生可能エネルギーへの継続的な投資、技術の飛躍的進歩によるところが大きい。しかし、太陽エネルギーは他の原因により、依然として割高である。しかし、ソーラーウィンドウフィルムの特徴、利点、適切な設置方法に関する知識不足が市場の成長を妨げている。
セグメント分析
世界のソーラーウィンドウフィルム市場は、タイプ、フィルム、用途、エンドユーザー、地域によって区分される。
建設におけるソーラーフィルムの利点がセグメント成長を牽引
2024-2031年の予測期間中、建設が市場の30%以上を占め、支配的なセグメントとなる見込みである。ソーラーコントロールウィンドウフィルムは、構造物や建物内の温度を快適に保ちながら、日射による熱をそらすことができるため、建設分野で広く採用されている。透明性が高いため、これらのフィルムは構造物のガラス表面に貼り付けることができる。
これらのフィルムのもうひとつの役割は、ガラスが割れても破片をつなぎ合わせることである。ソーラー・コントロール・ウィンドウ・フィルムは、商業施設や住宅で最も一般的に利用されている。このフィルムは安価で取り付けも簡単で、建物の美観を向上させる。米国エネルギー省によると、建物の冷房費の約3分の1は窓からの熱によるものだという。
地理的普及
アジア太平洋地域におけるエネルギー需要とコストの上昇
アジア太平洋地域は、世界のソーラー・ウィンドウ・フィルム市場の35%以上を占める主要地域となる見込みである。急速な都市化、工業化、人口増加がこの地域のエネルギー需要を高めている。エネルギーコストの上昇に伴い、熱上昇を抑え、冷房コストを下げ、建物のエネルギー効率を向上させるソーラーウィンドウフィルムのようなエネルギー効率の高いソリューションへの関心が高まっている。
この地域の成長は、主に再生可能グリーン・エネルギーへの多額の投資と、現在建設中の大規模な太陽エネルギー・プロジェクトによってもたらされている。中国の太陽エネルギー容量は世界一で、約253GWが設置され、2031年までに1200GWを建設する予定である。黄河ゴルムンド・ソーラーパーク、龍陽峡ダム・ソーラーパーク、テンガー砂漠ソーラーパークなど、世界最大規模の太陽公園もある。
競争環境
市場の主な世界的プレーヤーには、3M Company、Eastman Chemical Company、Saint Gobain SA、Madico Inc、Hanita Coating、Johnson window films、Avery Dennison corporation、Sekisui S-Lec America, LLC、Dexerials Corporation、Garware Hi-Tech Filmsが含まれる。
COVID-19の影響分析
パンデミックは、施錠、サプライチェーンの混乱、労働力不足による世界的な建設中断を引き起こした。商業ビル、オフィス、集合住宅を含む多くの開発プロジェクトが保留または延期された。ソーラー・ウィンドウ・フィルムは、建設段階や建物の改修の一環として設置されることが多いため、建設活動の停滞はソーラー・ウィンドウ・フィルムの需要減少につながった。
パンデミックは商業不動産セクターに大きな影響を及ぼし、オフィスビル、小売スペース、ホスピタリティ施設が閉鎖されたり、稼働率が低下したり、遠隔地勤務にシフトしたりした。このため、省エネ・UVカット窓用フィルムの重要な市場分野である商業ビルのソーラー窓用フィルムの需要が減少した。
ロシア・ウクライナ戦争の影響
ロシアとウクライナは、ポリエチレンテレフタレートフィルムやさまざまな化学塗料など、ソーラー・ウィンドウ・フィルムの生産に使用される原材料の主要生産国である。紛争によって原材料の生産や輸送に支障が生じると、世界的な供給不足や遅延が発生する。この地域の不安定な情勢は、世界的なソーラー・ウィンドウ・フィルム業界の価格変動を引き起こす可能性がある。
供給力の不確実性、地政学的緊張、潜在的な貿易の混乱はすべて価格変動に影響を与える。原材料価格の変動は、ソーラー・ウィンドウ・フィルム製造業者やサプライヤーのコスト構造に影響を与える可能性がある。生産施設の損傷、エネルギーや輸送インフラの混乱、従業員の移動は、ソーラー・ウィンドウ・フィルム生産者の生産能力や操業に影響を与える。
タイプ別
- 有機
- メタリック
- セラミック
フィルム別
- クリアフィルム
- 着色フィルム
- 反射フィルム
- 装飾フィルム
- 真空蒸着フィルム
用途別
- 住宅用
- 商業用
- その他
エンドユーザー別
- 建設
- 自動車
- 船舶
- その他
地域別
- 北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- イタリア
- ロシア
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米諸国
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- オーストラリア
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
主な展開
- 2020年8月、リンテック株式会社は、WINCOSスタンダードシリーズの「xxx-C70」と「xxxC50」のバリエーションを、別紙Aに示すように「WINCOSミディアムシリーズ LM-xx」に名称変更することを決定したと発表した。この戦略的調整により、WINCOSブランドのアイデンティティを強化し、これらのアイテムをプレミアムな競合製品と差別化することを意図している。
- 2022年3月、GHLはSPF部門の生産能力を2,400 lakh sq.ftから4,200 lakh sq.ftへと75%増強する予定である。この成長プロジェクトには、インドのWalujにグリーンフィールド工場を新設するための大規模な資本投資が必要となる。
レポートを購入する理由
- タイプ、フィルム、用途、エンドユーザー、地域に基づく世界のソーラーウィンドウフィルム市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレーヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定。
- 太陽電池用窓ガラスフィルム市場レベルの全セグメントを網羅した数多くのデータを収録したエクセルデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査の後の包括的な分析で構成されています。
- 主要企業の主要製品で構成された製品マッピングをエクセルで提供。
ソーラーウィンドウフィルムの世界市場レポートは約70の表、65の図、193ページを提供します。
2024年ターゲットオーディエンス
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 調査専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.タイプ別スニペット
3.2.映画別スニペット
3.3.アプリケーション別
3.4.エンドユーザー別スニペット
3.5.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.市場への投資増加
4.1.1.2.エネルギー効率規制の高まり
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.高コスト
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.ロシア・ウクライナ戦争影響分析
5.6.DMI意見書
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID-19以前のシナリオ
6.1.2.COVID-19開催中のシナリオ
6.1.3.COVID-19後のシナリオ
6.2.COVID-19中の価格ダイナミクス
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.タイプ別
7.1.はじめに
7.1.1.タイプ別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
7.1.2.市場魅力度指数(タイプ別
7.2.オーガニック*市場
7.2.1.序論
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.金属
7.4.セラミック
8.フィルム
8.1.はじめに
8.1.1.フィルム別市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.1.2.市場魅力度指数(フィルム別
8.2.透明フィルム
8.2.1.はじめに
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.着色フィルム
8.4.反射フィルム
8.5.装飾フィルム
8.6.真空蒸着フィルム
9.用途別
9.1.はじめに
9.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
9.1.2.市場魅力度指数(用途別
9.2.住宅*市場
9.2.1.はじめに
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.商業
9.4.その他
10.エンドユーザー
10.1.はじめに
10.1.1.エンドユーザー別市場規模分析と前年比成長率分析(%)
10.1.2.市場魅力度指数(エンドユーザー別
10.2.建設*市場
10.2.1.はじめに
10.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
10.3.自動車
10.4.海洋
10.5.その他
11.地域別
11.1.はじめに
11.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
11.1.2.市場魅力度指数、地域別
11.2.北米
11.2.1.はじめに
11.2.2.主な地域別ダイナミクス
11.2.3.タイプ別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 2.4.
11.2.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), フィルム別
11.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):用途別
11.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
11.2.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.2.7.1.米国
11.2.7.2.カナダ
11.2.7.3.メキシコ
11.3.ヨーロッパ
11.3.1.はじめに
11.3.2.地域別の主な動き
11.3.3.タイプ別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 3.4.
11.3.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), フィルム別
11.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):用途別
11.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
11.3.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
11.3.7.1.ドイツ
11.3.7.2.イギリス
11.3.7.3.フランス
11.3.7.4.イタリア
11.3.7.5.ロシア
11.3.7.6.その他のヨーロッパ
11.4.南米
11.4.1.はじめに
11.4.2.地域別主要市場
11.4.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
11.4.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), フィルム別
11.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):用途別
11.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
11.4.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
11.4.7.1.ブラジル
11.4.7.2.アルゼンチン
11.4.7.3.その他の南米地域
11.5.アジア太平洋
11.5.1.はじめに
11.5.2.主な地域別ダイナミクス
11.5.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
11.5.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%)、フィルム別
11.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
11.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
11.5.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
11.5.7.1.中国
11.5.7.2.インド
11.5.7.3.日本
11.5.7.4.オーストラリア
11.5.7.5.その他のアジア太平洋地域
11.6.中東・アフリカ
11.6.1.はじめに
11.6.2.地域別の主な動き
11.6.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
11.6.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%), フィルム別
11.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):用途別
11.6.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), エンドユーザー別
12.競争環境
12.1.競争シナリオ
12.2.市場ポジショニング/シェア分析
12.3.M&A分析
13.企業プロフィール
13.1.3M社
13.1.1.会社概要
13.1.2.製品ポートフォリオと説明
13.1.3.財務概要
13.1.4.主な展開
13.2.イーストマン・ケミカル・カンパニー
13.3.サンゴバンSA
13.4.マディコ社
13.5.ハニタ・コーティング
13.6.ジョンソンウィンドウフィルム
13.7.エイブリー・デニソン株式会社
13.8.積水エスレックアメリカ
13.9.デクセリアルズ株式会社
13.10.ガーウェア・ハイテック・フィルムズ
リストは完全ではありません
14.付録
14.1.会社概要とサービス
14.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global Solar Window Film Market reached US$ 3.5 billion in 2023 and is expected to reach US$ 5.4 billion by 2031, growing with a CAGR of 5.5% during the forecast period 2024-2031.
Solar window films defend against dangerous radiation in a car or room, as extreme ultraviolet rays can be lethal and cause skin cancer. Furthermore, these films are useful for preventing furniture aging in both vehicle and home interiors. The films are inexpensive and simple to install and they contribute to a building's aesthetic appeal. Rising investments in the solar industry are likely to fuel demand for the solar window film market.
In 2019, the solar industry contributed more than US$ 25 billion in private investment to the American economy. In 2020, solar energy installations in U.S. comprised 43% of all new electric capacity contributed to the grid, the greatest percentage in history and the second consecutive year that solar added the most generating capacity to the system. The increased use of solar energy in electricity generating allows it to quickly raise its percentage of total U.S. electrical generation, from 0.1% in 2010 to more than 3% now.
In 2023, North America is expected to be the second-dominant region with about 1/4th of the global solar window film market. U.S. is the dominant market in North America. Major companies headquartered in the country include 3M, Johnson Laminating & Coating, Inc., Eastman Chemical Company and Madico Inc. Favorable government policies, together with the expanding automotive sector, have driven market expansion in this country.
Dynamics
Rising Investments in the Market
Consumers and businesses are seeking long-term solutions to reduce their carbon footprint as environmental awareness and climate change worries grow. Solar window films help to promote sustainability by reducing energy consumption, cutting greenhouse gas emissions and improving indoor comfort without the need for expensive building modifications or upgrades.
In 2024, AP Corp., a national leader in commercial window film and graphic solutions, bought a Miami-based window film manufacturer. With this strategic acquisition, we plan to expand our presence along the East Coast of U.S., including entering the dynamic Miami market. It is an exclusive 3M? window film dealer in the greater Miami area, serving companies, homeowners and car owners.
Rising Energy Efficiency Regulations
Solar window film adoption is driven by stringent energy efficiency standards and building rules globally. The guidelines encourage building owners to invest in energy-saving measures to reduce energy usage and carbon emissions. Solar window films assist buildings satisfy regulatory standards by enhancing insulation and minimizing solar heat gain, which drives up demand for these goods.
Governments have begun to develop policies and programs to boost market investment and innovation. In India, the MNRE has established a Solar Park initiative that provides government financial support for the development of solar power installations with a capacity of almost 500 MW. The National Development and Reform Commission in China has begun a system that grants long-term contracts to enterprises focusing on harnessing solar energy.
High Costs
Solar window films can be more expensive to purchase and install than standard window treatments. The initial outlay may hinder some customers and businesses from using solar window films, particularly in areas where cost is a major concern or where budget constraints prevent investing on building modifications. Solar energy offers numerous real benefits, not least as a clean energy source.
The cost of solar electricity has also decreased by more than 90% over the last decade, from about US$ 359 per GW to less than US$ 40 per GW. The cost reduction has been mostly owing to economies of scale, continuous investment in renewable energy and substantial technology breakthroughs. However, solar energy remains more expensive due to other causes. However, a lack of knowledge regarding the features, benefits and appropriate installation of solar window films hampers market growth.
Segment Analysis
The global solar window film market is segmented based on type, film, application, end-user and region.
Advantages of Solar Films in Construction Drives the Segment Growth
Construction is expected to be the dominant segment with over 30% of the market during the forecast period 2024-2031. Solar control window films are widely employed in construction because of their capacity to deflect heat from solar radiation while maintaining a comfortable atmosphere in terms of temperature within the structure or building. Due to their transparency, these films can be bonded onto the glass surfaces of structures.
Another role of these films will be to keep glass pieces together even after they break. Solar control window films are most commonly utilized in commercial and residential structures. The films are inexpensive and simple to install, adding to a building's aesthetic appeal. According to U.S. Department of Energy, approximately one-third of a building's cooling expenditures come from heat received through windows.
Geographical Penetration
Rising Energy Demand and Costs in Asia-Pacific
Asia-Pacific is expected to be the dominant region in the global solar window film market covering over 35% of the market. Rapid urbanization, industrialization and population increase have all contributed to the region's high energy demand. As energy costs rise, there is a growing interest in energy-efficient solutions such as solar window films, which can limit heat gain, lower cooling costs and improve building energy efficiency.
The region's growth is primarily driven by significant investments in renewable green energy and major solar energy projects that are now under construction. China has the world's highest solar energy capacity, with about 253 GW installed with intends to build 1200 GW by 2031. Some of the world's largest sun parks, including the Huanghe Golmund solar park, the Longyangxia Dam solar park and the Tengger Desert solar park.
Competitive Landscape
The major global players in the market include 3M Company, Eastman Chemical Company, Saint Gobain SA, Madico Inc, Hanita Coating, Johnson window films, Avery Dennison corporation, Sekisui S-Lec America, LLC, Dexerials Corporation and Garware Hi-Tech Films.
COVID-19 Impact Analysis
The pandemic caused global construction interruptions due to lockdowns, supply chain disruptions and labor shortages. Many development projects, including commercial buildings, offices and residential complexes, were placed on hold or postponed. Solar window films are frequently installed during the construction phase or as part of building renovations, hence the slowdown in construction activities resulted in lower demand for solar window films.
The pandemic had a substantial impact on the commercial real estate sector, with office buildings, retail spaces and hospitality facilities closing, experiencing lower occupancy or shifting to remote work arrangements. The decreased the demand for solar window films in commercial buildings, which are an important market sector for energy-saving and UV-blocking window film installations.
Russia-Ukraine War Impact
Russia and Ukraine are major producers of raw materials used in the production of solar window films, including polyethylene terephthalate film and different chemical coatings. Any disruptions in raw material production or transportation caused by the conflict resulted in globally supply shortages or delays. Instability in the region may cause price volatility in the globally solar window film industry.
Uncertainty over supply availability, geopolitical tensions and potential trade disruptions all have an impact on pricing dynamics. Fluctuations in raw material prices may have an impact on solar window film producers' and suppliers' cost structures. Damage to production facilities, disruptions in energy or transportation infrastructure or staff displacement have an influence on solar window film producers' production capacity and operations.
By Type
- Organic
- Metallic
- Ceramic
By Film
- Clear Film
- Tinted Film
- Reflective Film
- Decorative Film
- Vacuum Coated Film
By Application
- Residential
- Commercial
- Others
By End-User
- Construction
- Automotive
- Marine
- Others
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- UK
- France
- Italy
- Russia
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- Australia
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Key Developments
- In August 2020, Lintec Corporation announced the decision to rename the "xxx-C70" and "xxxC50" variations of the WINCOS standard series to the WINCOS Medium Series LM-xx, as indicated in Exhibit A. The strategic adjustment intends to strengthen the WINCOS brand identity and differentiate these items from their premium competitors.
- In March 2022, GHL plans to increase its production capacity in the SPF sector by 75%, from 2,400 lakh sq. ft to 4,200 lakh sq. ft. The growth project requires major capital expenditure to develop a new Greenfield factory in Waluj, India.
Why Purchase the Report?
- To visualize the global solar window film market segmentation based on type, film, application, end-user and region, as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
- Excel data sheet with numerous data points of solar window film market-level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping available as excel consisting of key products of all the major players.
The global solar window film market report would provide approximately 70 tables, 65 figures and 193 pages.
Target Audience 2024
- Manufacturers/ Buyers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals
- Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Type
3.2. Snippet by Film
3.3. Snippet by Application
3.4. Snippet by End-User
3.5. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Rising Investments in the Market
4.1.1.2. Rising Energy Efficiency Regulations
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. High Costs
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Russia-Ukraine War Impact Analysis
5.6. DMI Opinion
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID-19
6.1.2. Scenario During COVID-19
6.1.3. Scenario Post COVID-19
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Type
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Type
7.2. Organic*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Metallic
7.4. Ceramic
8. By Film
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Film
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Film
8.2. Clear Film*
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Tinted Film
8.4. Reflective Film
8.5. Decorative Film
8.6. Vacuum Coated Film
9. By Application
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Application
9.2. Residential*
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Commercial
9.4. Others
10. End-User
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
10.1.2. Market Attractiveness Index, By End-User
10.2. Construction*
10.2.1. Introduction
10.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
10.3. Automotive
10.4. Marine
10.5. Others
11. By Region
11.1. Introduction
11.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
11.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
11.2. North America
11.2.1. Introduction
11.2.2. Key Region-Specific Dynamics
11.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
11.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Film
11.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
11.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11.2.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.2.7.1. U.S.
11.2.7.2. Canada
11.2.7.3. Mexico
11.3. Europe
11.3.1. Introduction
11.3.2. Key Region-Specific Dynamics
11.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
11.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Film
11.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
11.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11.3.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.3.7.1. Germany
11.3.7.2. UK
11.3.7.3. France
11.3.7.4. Italy
11.3.7.5. Russia
11.3.7.6. Rest of Europe
11.4. South America
11.4.1. Introduction
11.4.2. Key Region-Specific Dynamics
11.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
11.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Film
11.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
11.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11.4.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.4.7.1. Brazil
11.4.7.2. Argentina
11.4.7.3. Rest of South America
11.5. Asia-Pacific
11.5.1. Introduction
11.5.2. Key Region-Specific Dynamics
11.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
11.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Film
11.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
11.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
11.5.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.5.7.1. China
11.5.7.2. India
11.5.7.3. Japan
11.5.7.4. Australia
11.5.7.5. Rest of Asia-Pacific
11.6. Middle East and Africa
11.6.1. Introduction
11.6.2. Key Region-Specific Dynamics
11.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
11.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Film
11.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
11.6.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By End-User
12. Competitive Landscape
12.1. Competitive Scenario
12.2. Market Positioning/Share Analysis
12.3. Mergers and Acquisitions Analysis
13. Company Profiles
13.1. 3M Company*
13.1.1. Company Overview
13.1.2. Product Portfolio and Description
13.1.3. Financial Overview
13.1.4. Key Developments
13.2. Eastman Chemical Company
13.3. Saint Gobain SA
13.4. Madico Inc
13.5. Hanita Coating
13.6. Johnson window films
13.7. Avery Dennison corporation
13.8. Sekisui S-Lec America, LLC
13.9. Dexerials Corporation
13.10. Garware Hi-Tech Films
LIST NOT EXHAUSTIVE
14. Appendix
14.1. About Us and Services
14.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る