世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

衛星用太陽電池材料の世界市場 2024-2031


Global Satellite Solar Cell Materials Market 2024-2031

概要 衛星用太陽電池材料の世界市場は、2023年に4,410万米ドルに達し、2031年には1億2,400万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年のCAGRは13.8%で成長する。 宇宙探査、通信、地球観測の戦略的重要性... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
182 英語

 

サマリー

概要
衛星用太陽電池材料の世界市場は、2023年に4,410万米ドルに達し、2031年には1億2,400万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年のCAGRは13.8%で成長する。
宇宙探査、通信、地球観測の戦略的重要性を認識し、各国は衛星計画に多大な資源を投入している。太陽光を電気に変換する太陽電池は衛星システムの必須部品であり、太陽電池に使用される鉱物の需要を押し上げている。世界の衛星用太陽電池材料産業が急速に拡大しているのは、世界各国の政府援助と投資によるところが大きい。
日本の2022年度予算案によると、宇宙予算は14億米ドルを超え、これにはH3ロケット、技術試験衛星9号、情報収集衛星計画の建設が含まれる。22年度のインドの宇宙活動への支出計画は18億3,000万米ドルと見積もられている。2022年、韓国の科学情報通信省は、人工衛星、ロケット、その他の重要な宇宙機器を製造するため、6億1,900万米ドルの宇宙予算を計画した。
2023年には、北米が世界の衛星用太陽電池材料市場の35%以上を占め、支配的な地域になると予想されている。この市場成長は、北米が宇宙技術革新と研究の震源地であり、世界最大の宇宙機関であるNASAの存在によるものである。2022年、米国政府は宇宙プログラムに約620億米ドルを支出し、世界最大の支出国となった。米国では、連邦政府機関はその子会社のために、予算と呼ばれる年間323億3,000万米ドルの資金を議会から得ている。
ダイナミクス
衛星小型化のための進歩の高まり
衛星の小型化、電力効率の向上、ミッションの長期化といった衛星設計の改善には、より効率的で長持ちする太陽電池材料の使用が必要である。小型衛星は、一般的な衛星のほぼすべての任務をわずかなコストでこなせるため、小型衛星コンステレーションの開発、打ち上げ、運用がより現実的になっている。
メーカー各社は、エネルギー変換効率を高めつつ、宇宙の過酷な条件に耐える材料を常に探している。北米の需要は、毎年最も多くの小型衛星を製造している米国が大部分を牽引している。2017年から2022年の間に、北米の複数の参加者が596機の超小型衛星を軌道に打ち上げた。NASAは、これらの衛星の建造を目指すプログラムに参加している。
政府投資の増加
政府の宇宙機関は、科学研究、国家安全保障、環境監視、災害救援のための衛星ミッションに資金を提供し続けている。軌道上で衛星の運用を維持するためには太陽光発電が必要であるため、こうしたプログラムは衛星用太陽電池材料の必要性を大幅に高めている。英国政府は、軍の衛星通信能力を75億米ドル向上させる計画である。
2020年7月、英国国防省はエアバス・ディフェンス・アンド・スペース社に、軍事能力を向上させるための応急措置として、新たな通信衛星を建設する6億3,000万米ドル相当の契約を付与した。2022年11月、ESAは、地球観測における欧州の優位性を維持し、航法サービスを強化し、探査における米国との協力を継続するため、今後3年間の宇宙予算を25%増額するよう勧告した。ESAは22カ国に対し、2023年から2025年にかけて約185億ユーロの予算を採択するよう求めた。
高いコストと限られた材料効率
宇宙用に高品質の太陽電池材料を開発・製造するには、多額の研究開発費が必要である。さらに、宇宙環境の厳しい基準を満たす材料を作るには、特殊な設備や方法が必要になることが多く、その結果、製造コストが上昇する。
材料科学の進歩にもかかわらず、太陽光を電力に変換する太陽電池の効率には依然として限界がある。さらに、放射線被曝、温度変動、小隕石の衝突など、宇宙空間の極限環境は、時間の経過とともに太陽電池材料の性能と寿命にダメージを与える可能性がある。このような制約により、衛星用太陽電池の広範な導入が制限されており、効率と耐久性を高めるための継続的な研究が必要とされている。
セグメント分析
世界の衛星用太陽電池材料市場は、材料、軌道、用途、地域によって区分される。
衛星打ち上げ数の増加がセグメント成長を牽引
2024~2031年の予測期間中、衛星が市場の30%以上を占め、支配的なセグメントになると予想される。通信、航行、地球観測、科学研究、防衛など様々な目的で衛星打ち上げの頻度が増加していることが、衛星用太陽電池材料の主要な推進要因となっている。各衛星はその運用に電力を供給するために太陽電池を必要とし、その結果、これらの部品に対する安定した需要が生じている。
市場参加者は、市場での地位を高め、製品を拡大するために、提携、買収、合併を行っている。例えば、テレビ・通信衛星の世界的サプライヤーであるアラブサットは、2023年5月、米国フロリダ州ケープカナベラルからスペースX社のファルコン9ロケットでアラブサット・バドル8を打ち上げた。
地理的普及
アジア太平洋地域における宇宙インフラへの投資の増加
アジア太平洋地域は、世界の衛星用太陽電池材料市場の20%以上を占める急成長地域となる見込みである。衛星用太陽電池材料市場は、宇宙基盤インフラへの投資拡大により急拡大している。例えば、2023年9月、NewSpace India Limitedは、今後5年間で12億米ドルの投資を行うことを宣言した。このプログラムは、産業界の関与を高め、この分野での営利企業を奨励することを目的としている。
宇宙関連活動を支える安全で効率的な発電システムに対する需要は、政府、民間企業、国際機関の投資が増えるにつれて高まっている。軌道上の衛星の主要電源である衛星用太陽電池に使用される材料は、この進歩の恩恵を受けるだろう。太陽電池材料の需要増に加え、宇宙ベースのインフラ・プロジェクトに対する資金提供は、太陽電池業界の技術革新と技術的ブレークスルーを促進する。
競争状況
同市場の主な世界企業には、SPECTROLAB、AZUR SPACE Solar Power GmbH、ROCKET LAB USA、シャープ株式会社、CESI S.p.A、Thales Alenia Space、Airbus、MicroLink Devices, Inc.、三菱電機株式会社、Northrop Grummanなどがある。
COVID-19の影響分析
今回の伝染病流行は、衛星通信や観測システムのような必要不可欠なインフラにおける回復力と継続性の重要性を示した。その結果、リモートセンシング、電気通信、災害管理などの用途で衛星技術への投資が増える可能性がある。政府や企業が衛星インフラのアップグレードを重視するにつれて、衛星用太陽電池や材料の長期的需要が増加する可能性がある。
リモートワークへの移行と出張の制約が、衛星メーカーとそのサプライチェーンに問題をもたらした。衛星部品、特に太陽電池の設計、試験、生産において、直接顔を合わせる機会が少ないことが、協力や調整の妨げとなった。その結果、製品開発と流通に遅れが生じた。
ロシア・ウクライナ戦争の影響
ウクライナは、太陽電池のような衛星部品の製造に使用されるチタンのような原材料の世界的な主要供給源である。紛争によってサプライチェーンに支障が生じれば、原材料の不足や価格の高騰を招き、衛星用太陽電池の製造に影響を及ぼす可能性がある。紛争は地政学的不安定を引き起こし、貿易関係や投資決定に影響を与えるかもしれない。
人工衛星の製造には世界的な協力体制と供給ネットワークが必要であり、地政学的な摩擦はこうしたパートナーシップを混乱させ、太陽電池部品の入手可能性とコストに影響を与える可能性がある。これとは対照的に、紛争は、特に紛争に関与している組織や政府、あるいは紛争を監視しようとしている組織や政府にとって、監視や通信を目的とした衛星技術の需要を高める可能性がある。
材料別
- ガリウムヒ素(GaAs)
- シリコン
- 銅インジウムガリウムセレン化物(CIGS)
- その他
軌道別
- 高度楕円軌道(HEO)
- 中軌道(MEO)
- 地球低軌道(LEO)
- 静止軌道(GEO)
- 極軌道
用途別
- 宇宙ステーション
- 人工衛星
- ローバー
- その他
地域別
- 北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- イタリア
- ロシア
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米諸国
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- オーストラリア
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
主要開発
- 2024年、オーストラリアの国立研究機関CSIROは最先端の印刷フレキシブル太陽電池技術を開発し、3月5日、SpaceX社のTransporter-10ミッションの一環として、オーストラリア最大の民間衛星Optimus-1に搭載され、宇宙への打ち上げに成功した。CSIROは、オーストラリアの宇宙輸送サプライヤーであるSpace Machines Companyと共同で、将来の宇宙ベンチャー向けの安定したエネルギー源として、印刷フレキシブル太陽電池の可能性を研究している。
- 2023年、LONGiはシリコンペロブスカイトタンデム太陽電池の効率33.9%を達成し、世界新記録を樹立した。企業のプレスリリースによると、この達成は米国国立再生可能エネルギー研究所によって検証されている。
レポートを購入する理由
- 材料、軌道、用途、地域に基づく世界の衛星用太陽電池材料市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレーヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定。
- 衛星用太陽電池材料市場レベルの数多くのデータを全セグメントでまとめたエクセルデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査の後の包括的な分析で構成されています。
- 主要企業の主要製品からなる製品マッピングをエクセルで提供。
衛星用太陽電池材料の世界市場レポートは、約62の表、56の図、182ページを提供します。
対象読者
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 調査専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.素材別スニペット
3.2.軌道別スニペット
3.3.用途別スニペット
3.4.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.衛星小型化の進展
4.1.1.2.政府投資の増加
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.高いコストと限られた材料効率
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.ロシア・ウクライナ戦争影響分析
5.6.DMI意見書
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID-19以前のシナリオ
6.1.2.COVID-19開催中のシナリオ
6.1.3.COVID-19後のシナリオ
6.2.COVID-19中の価格ダイナミクス
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.素材別
7.1.はじめに
7.1.1.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 素材別
7.1.2.市場魅力度指数(材料別
7.2.ガリウムヒ素 (GaAs)*.
7.2.1.序論
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.シリコン
7.4.銅インジウムガリウムセレン化物(CIGS)
7.5.その他
8.軌道別
8.1.はじめに
8.1.1.市場規模分析と前年比成長率分析(%)、軌道別
8.1.2.市場魅力度指数(軌道別
8.2.高楕円軌道(HEO)* 2.1.
8.2.1.はじめに
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.中軌道(MEO)
8.4.低軌道(LEO)
8.5.静止軌道(GEO)
8.6.極軌道
9.用途別
9.1.はじめに
9.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
9.1.2.市場魅力度指数(用途別
9.2.宇宙ステーション
9.2.1.はじめに
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.衛星
9.4.ローバー
9.5.その他
10.地域別
10.1.はじめに
10.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
10.1.2.市場魅力度指数、地域別
10.2.北米
10.2.1.はじめに
10.2.2.主な地域別ダイナミクス
10.2.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 素材別
10.2.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%)、軌道別
10.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):用途別
10.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.2.6.1.米国
10.2.6.2.カナダ
10.2.6.3.メキシコ
10.3.ヨーロッパ
10.3.1.はじめに
10.3.2.地域別の主な動き
10.3.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 素材別
10.3.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%)、軌道別
10.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
10.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.3.6.1.ドイツ
10.3.6.2.イギリス
10.3.6.3.フランス
10.3.6.4.イタリア
10.3.6.5.ロシア
10.3.6.6.その他のヨーロッパ
10.4.南米
10.4.1.はじめに
10.4.2.地域別主要市場
10.4.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 素材別
10.4.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%)、軌道別
10.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):用途別
10.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.4.6.1.ブラジル
10.4.6.2.アルゼンチン
10.4.6.3.その他の南米地域
10.5.アジア太平洋
10.5.1.はじめに
10.5.2.主な地域別ダイナミクス
10.5.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%)、素材別
10.5.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%)、軌道別
10.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析 (%)、用途別
10.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
10.5.6.1.中国
10.5.6.2.インド
10.5.6.3.日本
10.5.6.4.オーストラリア
10.5.6.5.その他のアジア太平洋地域
10.6.中東・アフリカ
10.6.1.はじめに
10.6.2.地域別の主な動き
10.6.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%)、素材別
10.6.4.市場規模分析とYoY成長率分析(%)、軌道別
10.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%):用途別
11.競合情勢
11.1.競争シナリオ
11.2.市場ポジショニング/シェア分析
11.3.M&A分析
12.企業プロフィール
12.1.スペクトロラボ*社
12.1.1.会社概要
12.1.2.製品ポートフォリオと概要
12.1.3.財務概要
12.1.4.主な展開
12.2.アズールスペース・ソーラーパワー社
12.3.ロケットラボUSA
12.4.シャープ株式会社
12.5.CESI S.p.A
12.6.タレス・アレニア・スペース
12.7.エアバス
12.8.マイクロリンク・デバイセズ
12.9.三菱電機株式会社
12.10.ノースロップ・グラマン
リストは網羅的ではない
13.付録
13.1.会社概要とサービス
13.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global Satellite Solar Cell Materials Market reached US$ 44.1 million in 2023 and is expected to reach US$ 124.0 million by 2031, growing with a CAGR of 13.8% during the forecast period 2024-2031.
Recognizing the strategic importance of space exploration, communication and Earth observation, countries have given significant resources to satellite programs. Solar cells, which convert sunlight into electricity, are essential components of satellite systems, driving up demand for minerals used in solar cells. The global satellite solar cell materials industry is expanding rapidly, owing by large part to government assistance and investments around the globe.
According to Japan's proposed budget for 2022, the space budget would exceed US$ 1.4 billion, which includes the construction of the H3 rocket, Engineering Test Satellite-9 and the country's Information Gathering Satellite program. The estimated spending plan for India's space activities in FY22 was US$ 1.83 billion. In 2022, South Korea's Ministry of Science and ICT planned a space budget of US$ 619 million for producing satellites, rockets and other critical space equipment.
In 2023, North America is expected to be the dominant region with over 35% of the global satellite solar cell materials market. The market growth is due to North America's status as the epicenter of space innovation and research, as well as the presence of NASA, the world's largest space agency. In 2022, U.S. government spent about US$ 62 billion on space programs, making it the world's largest spender. In U.S., federal agencies receive funding from Congress of US$ 32.33 billion per year, called budgetary resources, for its subsidiaries.
Dynamics
Rising Advancements for Satellite Miniaturization
Satellite improvements in design like downsizing, increased power efficiency and longer mission durations necessitate the use of more efficient and long-lasting solar cell materials. The capacity of small satellites to perform virtually all of the duties of a typical satellite at a fraction of the cost has made it more feasible to develop, launch and operate small satellite constellations.
Manufacturers are constantly looking for materials that can resist the harsh conditions of space while increasing energy conversion efficiency. The demand in North America is mostly driven by U.S., which produces the most small satellites each year. Between 2017 and 2022, several participants in North America launched 596 nanosatellites into orbit. NASA participates in programs aiming at building these satellites.
Rising Government Investments
Government space agencies continue to fund satellite missions for scientific research, national security, monitoring the environment and disaster relief. The programs greatly increase the need for satellite solar cell materials, as solar electricity is required to maintain satellite operations in orbit. UK government plans to upgrade the armed forces' satellite telecommunication capability by US$ 7.5 billion.
In July 2020, UK Ministry of Defence granted Airbus Defence and Space a contract worth US$ 630 million to build a new telecommunications satellite as a stopgap to improve military capabilities. In November 2022, ESA recommended a 25% increase in space funding for the next three years to preserve Europe's dominance in Earth observation, enhance navigation services and continue to collaborate with U.S. on exploration. ESA urged its 22 states to adopt a budget of approximately EUR 18.5 billion for 2023-2025.
High Costs and Limited Material Efficiency
Developing and fabricating high-quality solar cell materials for space applications necessitates significant R&D spending. Furthermore, the creation of materials that fulfill the demanding standards for space settings frequently necessitates specialized facilities and methods, resulting in increased manufacturing costs.
Despite advances in material science, solar cells' efficiency at converting sunlight into power remains restricted. Furthermore, the extreme conditions of space, like as radiation exposure, temperature fluctuations and micrometeoroid impacts, can damage the performance and longevity of solar cell materials over time. The restrictions restrict the broad implementation of satellite solar cells, requiring continued research to enhance efficiency and durability.
Segment Analysis
The global satellite solar cell materials market is segmented based on material, orbit, application and region.
Rising Number of Satellite Launches Drives the Segment Growth
Satellite is expected to be the dominant segment with over 30% of the market during the forecast period 2024-2031. The increasing frequency of satellite launches for a variety of purposes, including communication, navigation, earth observation, scientific research and defense, is a major driver of satellite solar cell materials. Each satellite requires solar cells to power its operations, resulting in a steady demand for these components.
Market participants are forging alliances, making acquisitions and merging to enhance their position and extend their products in the market. For example, in May 2023, Arabsat, a global supplier of television and telecommunications satellites, launched its Arabsat Badr-8 with a SpaceX Falcon 9 rocket from Cape Canaveral, Florida, U.S. Badr-8 intends to provide innovative satellite services to customers.
Geographical Penetration
Rising Investments in Space Infrastructure in Asia-Pacific
Asia-Pacific is expected to be the fastest growing region in the global satellite solar cell materials market covering over 20% of the market. The market for satellite solar cell materials is expanding rapidly as a result of growing investment in space-based infrastructure. For example, in September 2023, NewSpace India Limited declared a US$ 1.2 billion investment over the following five years. The program aims to increase industry engagement and encourage commercial enterprises in the sector.
The demand for secure and efficient power generation systems to support space-related activities is increasing as governments, private corporations and international organizations invest more in them. Materials used in satellite solar cells, the primary power source for satellites in orbit, will benefit from this advancement. In addition to increasing demand for solar cell materials, funding for space-based infrastructure projects promotes innovation and technological breakthroughs in the solar cell industry.
Competitive Landscape
The major global players in the market include SPECTROLAB, AZUR SPACE Solar Power GmbH, ROCKET LAB USA, Sharp Corporation, CESI S.p.A, Thales Alenia Space, Airbus, MicroLink Devices, Inc., Mitsubishi Electric Corporation and Northrop Grumman.
COVID-19 Impact Analysis
The epidemic showed the significance of resilience and continuity in essential infrastructure, like satellite communication and observation systems. As a result, there may be more investment in satellite technology for applications like remote sensing, telecommunications and disaster management. As governments and corporations emphasize the upgrading of satellite infrastructure, it has the potential to increase long-term demand for satellite solar cells and materials.
The transition to remote work arrangements and travel constraints presented issues for satellite makers and their supply chains. Lack of in-person encounters hampered collaboration and coordination in the design, testing and production of satellite components, particularly solar cells. It caused delays in product development and distribution.
Russia-Ukraine War Impact
Ukraine is a major global source of raw materials like titanium, which is used to make satellite components like solar cells. Any interruption in the supply chain caused by the conflict could result in material shortages or price rises, affecting satellite solar cell manufacture. The dispute might cause geopolitical instability, affecting trade relations and investment decisions.
Satellite production necessitates globally collaboration and supply networks and any geopolitical friction can disrupt these partnerships, influencing the availability and cost of solar cell components. In contrast, the conflict could raise demand for satellite technology for surveillance and communication purposes, particularly for organizations and governments involved in the conflict or attempting to monitor it.
By Material
- Gallium Arsenide (GaAs)
- Silicon
- Copper Indium Gallium Selenide (CIGS)
- Others
By Orbit
- Highly Elliptical Orbit (HEO)
- Medium Earth Orbit (MEO)
- Low Earth Orbit (LEO)
- Geostationary Orbit (GEO)
- Polar Orbit
By Application
- Space Stations
- Satellite
- Rovers
- Others
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- UK
- France
- Italy
- Russia
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- Australia
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Key Developments
- In 2024, Australia's national research agency, CSIRO, created cutting-edge printed flexible solar cell technology, which was successfully launched into space on March 5 atop Australia's largest private satellite, Optimus-1, as part of SpaceX's Transporter-10 mission. CSIRO is researching the possibilities of printed flexible solar cells as a stable energy source for future space ventures, in partnership with the Australian space transportation supplier, Space Machines Company.
- In 2023, LONGi has set the new world record for silicon-perovskite tandem solar cells by achieving 33.9 percent efficiency. The achievement has been verified by U.S. National Renewable Energy Laboratory, according to a corporate press release.
Why Purchase the Report?
- To visualize the global satellite solar cell materials market segmentation based on material, orbit, application and region, as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
- Excel data sheet with numerous data points of satellite solar cell materials market-level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping available as excel consisting of key products of all the major players.
The global satellite solar cell materials market report would provide approximately 62 tables, 56 figures and 182 pages.
Target Audience 2024
- Manufacturers/ Buyers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals
- Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Material
3.2. Snippet by Orbit
3.3. Snippet by Application
3.4. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Rising Advancements for Satellite Miniaturization
4.1.1.2. Rising Government Investments
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. High Costs and Limited Material Efficiency
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Russia-Ukraine War Impact Analysis
5.6. DMI Opinion
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID-19
6.1.2. Scenario During COVID-19
6.1.3. Scenario Post COVID-19
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Material
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Material
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Material
7.2. Gallium Arsenide (GaAs)*
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Silicon
7.4. Copper Indium Gallium Selenide (CIGS)
7.5. Others
8. By Orbit
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Orbit
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Orbit
8.2. Highly Elliptical Orbit (HEO)*
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Medium Earth Orbit (MEO)
8.4. Low Earth Orbit (LEO)
8.5. Geostationary Orbit (GEO)
8.6. Polar Orbit
9. By Application
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Application
9.2. Space Stations*
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Satellite
9.4. Rovers
9.5. Others
10. By Region
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
10.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
10.2. North America
10.2.1. Introduction
10.2.2. Key Region-Specific Dynamics
10.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Material
10.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Orbit
10.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.2.6.1. U.S.
10.2.6.2. Canada
10.2.6.3. Mexico
10.3. Europe
10.3.1. Introduction
10.3.2. Key Region-Specific Dynamics
10.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Material
10.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Orbit
10.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.3.6.1. Germany
10.3.6.2. UK
10.3.6.3. France
10.3.6.4. Italy
10.3.6.5. Russia
10.3.6.6. Rest of Europe
10.4. South America
10.4.1. Introduction
10.4.2. Key Region-Specific Dynamics
10.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Material
10.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Orbit
10.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.4.6.1. Brazil
10.4.6.2. Argentina
10.4.6.3. Rest of South America
10.5. Asia-Pacific
10.5.1. Introduction
10.5.2. Key Region-Specific Dynamics
10.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Material
10.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Orbit
10.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
10.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
10.5.6.1. China
10.5.6.2. India
10.5.6.3. Japan
10.5.6.4. Australia
10.5.6.5. Rest of Asia-Pacific
10.6. Middle East and Africa
10.6.1. Introduction
10.6.2. Key Region-Specific Dynamics
10.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Material
10.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Orbit
10.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
11. Competitive Landscape
11.1. Competitive Scenario
11.2. Market Positioning/Share Analysis
11.3. Mergers and Acquisitions Analysis
12. Company Profiles
12.1. SPECTROLAB*
12.1.1. Company Overview
12.1.2. Product Portfolio and Description
12.1.3. Financial Overview
12.1.4. Key Developments
12.2. AZUR SPACE Solar Power GmbH
12.3. ROCKET LAB USA
12.4. Sharp Corporation
12.5. CESI S.p.A
12.6. Thales Alenia Space
12.7. Airbus
12.8. MicroLink Devices, Inc.
12.9. Mitsubishi Electric Corporation
12.10. Northrop Grumman
LIST NOT EXHAUSTIVE
13. Appendix
13.1. About Us and Services
13.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(satellite)の最新刊レポート


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る