世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

航空燃料の世界市場 - 2024-2031


Global Aviation Fuel Market - 2024-2031

概要 世界の航空燃料市場は、2023年に2,115億米ドルに達し、2031年には5億9,910万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年のCAGRは13.9%で成長する。 航空燃料の世界的な需要の増加は、航空旅行率の上昇... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
181 英語

 

サマリー

概要
世界の航空燃料市場は、2023年に2,115億米ドルに達し、2031年には5億9,910万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年のCAGRは13.9%で成長する。
航空燃料の世界的な需要の増加は、航空旅行率の上昇と、より効率的な航空機の開発の進行によって促進されている。2010年から2019年にかけて、国際エネルギー機関(IEA)は、航空機とエンジン技術の進歩が主な原因である、走行トンキロ当たりの燃料効率の年間1.8%の着実な改善を観測した。
持続可能な航空燃料(SAF)の生産を加速させるため、米国はインフレ削減法の下で税額控除や競争的補助金プログラムなどの主要措置を導入し、この目的のために33億米ドルが割り当てられた。その目的は、2031年までに30億ガロンのSAF生産を達成することである。
さらに、米国運輸省、FAA、ボーイング社、APECエコノミーが協力してSAFを開発し、地域航空会社向けの利用可能性を高めている。さらに、2023年9月7日、ルーマス・テクノロジー社は、航空業界における温室効果ガス排出削減のための拡張可能なソリューションを提供する、エタノールからSAFへのプロセス技術の商業利用を発表した。
ダイナミクス
航空活動の増加
COVID-19パンデミックからの回復と航空インフラの拡張に後押しされた世界的な航空活動の急増は、航空燃料市場の主要な推進力である。中流階級の人口の増加と、経済的・人口的拡大による可処分所得の増加が相まって、航空会社の活動が活発化し、航空需要の増加に繋がっている。国際エネルギー機関(IEA)によると、2035年までの世界経済成長率は年率3%と予測されており、航空部門では年間平均6%の航空輸送量の増加が見込まれている。
さらに、人気路線で競争力のある価格を提供する格安航空会社の台頭が、特に欧州などの地域で航空輸送量をさらに増大させている。格安航空会社は世界の航空輸送量の大部分を占めており、他の航空会社にも競争力を維持するために航空券の値下げを促している。
持続可能な航空燃料
持続可能な航空燃料(SAF)に対する需要の増加は、技術の進歩と支援政策によって拍車がかかり、航空燃料市場の重要な推進力となっている。現在、SAFは航空燃料消費量のごく一部に過ぎないが、SAFのみを燃料とするフライトを試験的に実施するメーカーや運航会社の取り組みが進行中であり、既存のインフラ、エンジン、航空機に統合される可能性がある。
例えば、ネット・ゼロ・シナリオに沿うように、予測では、生産能力への投資や、燃料税や低炭素燃料基準などの支援政策により、航空におけるSAFの使用は大幅に増加し、2031年までに10%に達するとされている。さらに、SAFの商業的採用は、EUのReFuelEU規制案と並んで、米国や英国などの国々におけるSAF生産奨励政策によって強化される。
炭素排出フットプリント
従来の航空燃料に関連する炭素排出は、市場成長の大きな妨げとなっている。温室効果ガス排出の主な原因として、航空業界は、二酸化炭素排出量の削減に対する監視と圧力の高まりに直面している。排出量削減の努力にもかかわらず、COVID-19後の2022年には航空需要が回復し、世界的に排出量が急増した。
航空排出量は、2019年にはパンデミック前の80%近くに達し、2022年には合計800 Mt CO2近くに達する。航空からのCO2排出量の急激な増加は、気候変動の懸念に対処する上でかなりの困難をもたらす。予測では、排出量は今後も急増し、2025年頃には2019年のレベルを上回る可能性があり、環境問題をさらに悪化させ、従来の航空燃料の成長を抑制する。
セグメント分析
世界の航空燃料市場は、燃料、航空機、地域によって区分される。
サステイナブル燃料セグメントは予測期間中最も高いCAGRで成長すると推定される。
燃料に基づいて、航空機燃料市場は従来型燃料とサステイナブル燃料に区分される。サステイナブル燃料は、環境責任を追求する航空業界の希望の光として登場し、予測期間2024-2031年にかけてCAGR 15.8%で成長すると予測される。航空業界は前例のない成長を遂げており、2023年のフライト量は2019年に記録したピークレベルを上回ると予想されている。しかし、このような航空旅行の急増は、すでに2〜3%に達している世界の二酸化炭素排出量への貢献について懸念を引き起こしている。航空業界が拡大し続ければ、積極的な対策を講じない限り、二酸化炭素排出量も増加する。
この課題に対応するため、持続可能な航空燃料(SAF)の開発と利用に向けて多大な努力が払われている。これらの燃料は、藻類、食用作物、食品廃棄物、グリーン水素や合成灯油のような合成オプションなどの供給源から得られるもので、ライフサイクル全体を通して排出量を削減する有望な手段を提供する。飛行中に燃焼させると化石燃料と同等の炭素を排出するにもかかわらず、SAFはライフサイクルがかなり環境に優しいため、排出削減の大きな可能性を示している。しかし、環境リスク、高い製造コスト、限られた供給量といった課題が、現在のところSAFの普及を妨げている。

現在の主な目的は、環境リスクを軽減しながらSAFの生産を拡大し、これらの燃料が真に持続可能性を体現できるようにすることである。SAFだけでは航空が気候に与える影響を完全に緩和することはできないかもしれないが、カーボンニュートラルに向けた旅において、SAFは極めて重要な要素であると考えられている。国際航空運送協会(IATA)によると、持続可能な航空燃料(SAF)は、2050年までに航空会社がCO2排出量を正味ゼロにするために必要な排出削減量の約65%に貢献できるという。この野心的な目標を達成するには、急増する需要を満たすためにSAFの生産量を大幅に増やす必要がある。2030年代には、世界的な政策支援と競争力の向上により、SAFの生産が大幅に加速すると予想される。
地理的普及
台頭するアジア太平洋地域の航空セクター
アジア太平洋地域は、航空活動の急成長と持続可能な航空燃料(SAF)の採用を推進するイニシアティブに後押しされ、航空燃料産業において大きな市場シェアを占めている。日本では2031年までに航空燃料に占めるSAFの割合を10%にすることを義務付ける法律が提案され、中国民用航空局は排出強度を削減しながらSAFの使用量を増やす努力をしている。
さらに、この地域の航空燃料市場における確固たる存在感は、特にCOVID-19後の旅行の回復に伴う国内燃料需要の増加によって強化されている。航空業界が完全回復に向かうにつれ、ジェット燃料の需要は急増し、アジアの精製業者の利幅を拡大するとともに原油需要を押し上げ、世界価格に大きな影響を及ぼすことになる。
競争状況
世界の主な競合企業には、Atmosfair、Shell Aviation、World Energy、Neste、Gevo,Inc、Honeywell International、Johnson Matthey、Exxon Mobil Corporation、Chevron Corporation、BP plcなどがある。
COVID-19の影響分析
COVID-19パンデミックは航空燃料市場に大きな影響を及ぼし、旅行制限、ロックダウン、旅客需要の減少により航空旅行が激減した。航空便の激減は航空燃料の供給過剰を招き、その結果、2020年と2021年の第1四半期には燃料価格が大幅に下落した。航空会社の減便に伴い、空港や固定基地運営会社(FBO)は空港燃料量の減少に直面し、収益に影響を与えた。
パンデミック(世界的大流行)の中、持続可能な航空燃料(SAF)への関心が高まっていた。一部の航空会社、空港、整備関係者は、運航に持続可能性を取り入れ、二酸化炭素排出量を削減する方法を評価する中で、SAFの使用を検討した。パンデミックによる短期的な混乱にもかかわらず、航空燃料部門は2022年に回復し、国際的な渡航制限が緩和された。
ロシア・ウクライナ戦争の影響
ロシアによるウクライナ侵攻とそれに伴う領空制限は、世界の航空燃料業界に大きな課題をもたらした。ロシア領空の閉鎖により、何百便もの航空便が代替ルートを使わざるを得なくなり、燃料消費量の増加による運航コストの増加につながった。こうした困難に加え、原油価格の高騰により、航空タービン燃料に代表される航空燃料価格も上昇している。
この危機は、航空会社の運航経費のかなりの部分を占めるジェット燃料価格の高騰も引き起こした。こうした値上げのタイミングは、航空会社がパンデミックから回復し始め、なおかつ大きな損失に直面していた矢先のことであり、業界にとっては不利なものであった。侵攻から1年後、欧州のジェット燃料価格は2019年と比べて約3分の1上昇し、航空会社の財務状況をさらに悪化させた。
燃料別
従来型燃料
- ジェットA
- ジェットA-1
- ジェットB
- AVガス
- その他
サステイナブル燃料
- バイオ燃料
- 合成燃料
- 水素燃料
航空機別
民間航空機
- 旅客機
- 貨物航空会社
自家用機
- ビジネスジェット
- 一般旅客機
軍用機
- 固定翼機
- 回転翼航空機
地域別
北米
- 米国
- カナダ
- メキシコ
ヨーロッパ
- ドイツ
- 英国
- フランス
- イタリア
- スペイン
- その他のヨーロッパ
南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米
アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- オーストラリア
- その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ
主な進展
ハネウェル・インターナショナルは2023年5月、低炭素航空燃料の製造を可能にする画期的な技術を発表した。2023年5月、ハネウェル・インターナショナルは、より低炭素な航空燃料の製造を可能にする画期的な技術を発表した。
2023年7月、Gevo社(本社:コロラド州イングルウッド)とMcDermott International社(本社:ヒューストン)は、マスターサービス契約(MSA)による協業を発表しました。この契約に基づき、マクダーモット社は、北米で複数の持続可能な航空燃料施設を開発するGevo社のイニシアチブを支援するため、フロントエンドエンジニアリングと初期計画サービスを提供する。
2023年7月、アルバータ大学発の再生可能燃料と化学品を専門とするForge Hydrocarbons社は、エドモントン国際空港(YEG)と協力し、エドモントン地域に新たなバイオジェット燃料製造施設の設立を目指す。
レポートを購入する理由
燃料、航空機、地域に基づく世界の航空燃料市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレーヤーを理解する。
トレンドと共同開発の分析による商機の特定
航空燃料市場レベルの全セグメントを網羅した多数のデータを収録したエクセルデータシート。
徹底的な定性インタビューと綿密な調査による包括的な分析結果をPDFファイルで提供。
全主要企業の主要製品からなる製品マッピングをエクセルで提供。
世界の航空燃料市場レポートは約53の表、46の図、181ページを提供します。
対象読者
メーカー/バイヤー
業界投資家/投資銀行家
調査専門家
新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.燃料別スニペット
3.2.航空機別
3.3.地域別
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.航空活動の増加
4.1.1.2.持続可能な航空燃料
4.1.2.制約
4.1.2.1.炭素排出量
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.ロシア・ウクライナ戦争影響分析
5.6.DMI意見書
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID-19以前のシナリオ
6.1.2.COVID-19開催中のシナリオ
6.1.3.COVID-19後のシナリオ
6.2.COVID-19中の価格ダイナミクス
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.燃料別
7.1.はじめに
7.1.1.燃料別市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.1.2.市場魅力度指数(燃料別
7.2.従来型燃料
7.2.1.はじめに
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.2.3.ジェットA
7.2.4.ジェットA-1
7.2.5.ジェットB
7.2.6.AVガス
7.2.7.その他
7.3.サステイナブル燃料
7.3.1.バイオ燃料
7.3.2.合成燃料
7.3.3.水素燃料
8.航空機別
8.1.はじめに
8.1.1.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 航空機別
8.1.2.市場魅力度指数(航空機別
8.2.民間航空機
8.2.1.はじめに
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.2.3.旅客航空会社
8.2.4.貨物航空会社
8.3.民間航空機
8.3.1.ビジネスジェット
8.3.2.一般旅客機
8.4.軍用機
8.4.1.固定翼機
8.4.2.回転翼航空機
9.地域別
9.1.はじめに
9.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
9.1.2.市場魅力度指数、地域別
9.2.北米
9.2.1.はじめに
9.2.2.主な地域別ダイナミクス
9.2.3.燃料別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 2.4.
9.2.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 航空機別
9.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
9.2.5.1.米国
9.2.5.2.カナダ
9.2.5.3.メキシコ
9.3.ヨーロッパ
9.3.1.はじめに
9.3.2.地域別の主な動き
9.3.3.燃料別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 3.4.
9.3.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 航空機別
9.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
9.3.5.1.ドイツ
9.3.5.2.イギリス
9.3.5.3.フランス
9.3.5.4.イタリア
9.3.5.5.スペイン
9.3.5.6.その他のヨーロッパ
9.4.南米
9.4.1.はじめに
9.4.2.地域別主要市場
9.4.3.燃料別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 4.4.
9.4.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 航空機別
9.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
9.4.5.1.ブラジル
9.4.5.2.アルゼンチン
9.4.5.3.その他の南米地域
9.5.アジア太平洋
9.5.1.はじめに
9.5.2.主な地域別ダイナミクス
9.5.3.燃料別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 5.4.
9.5.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 航空機別
9.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
9.5.5.1.中国
9.5.5.2.インド
9.5.5.3.日本
9.5.5.4.オーストラリア
9.5.5.5.その他のアジア太平洋地域
9.6.中東・アフリカ
9.6.1.はじめに
9.6.2.地域別の主な動き
9.6.3.燃料別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 6.4.
9.6.4.市場規模分析と前年比成長率分析(%), 航空機別
10.競合情勢
10.1.競争シナリオ
10.2.市場ポジショニング/シェア分析
10.3.M&A分析
11.企業プロフィール
11.1.アトモスフェア *.
11.1.1.1.会社概要
11.1.1.2.燃料ポートフォリオと説明
11.1.1.3.財務概要
11.1.1.4.最近の動向
1.1.シェル・アビエーション
1.2.ワールドエナジー
1.3.ネステ
1.4.Gevo社
1.5.ハネウェル・インターナショナル
1.6.ジョンソン・マッセイ
1.7.エクソン モービル コーポレーション
1.8.シェブロン・コーポレーション
1.9.BP PLC
リストは網羅的ではない
12.付録
12.1.会社概要とサービス
12.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global Aviation Fuel Market reached US$ 211.5 billion in 2023 and is expected to reach US$ 599.1 million by 2031, growing with a CAGR of 13.9% during the forecast period 2024-2031.
The increasing demand for aviation fuel globally is fueled by rising air travel rates and the ongoing development of more efficient aircraft. Over the period from 2010 to 2019, the International Energy Agency observed a steady annual improvement of 1.8% in fuel efficiency per revenue ton-kilometer traveled, largely attributed to advancements in aircraft and engine technologies.
In 2022, significant growth was witnessed in the aviation fuel market, particularly in North America, notably U.S. To accelerate the production of sustainable aviation fuel (SAF), U.S. introduced key measures such as tax credits and a competitive grant program under the Inflation Reduction Act, with US$ 3.3 billion allocated for this purpose. The objective is to achieve a production milestone of 3 billion gallons of SAF by 2031.
Additionally, U.S. Department of Transportation, FAA, Boeing and APEC economies have joined forces to develop SAF and increase its availability for regional airlines. Moreover, on September 7, 2023, Lummus Technology announced the commercial availability of its ethanol to SAF process technology, offering a scalable solution to reduce greenhouse gas emissions in the aviation industry.
Dynamics
Increased Aviation Activity
The surge in aviation activity globally, fueled by the recovery from the COVID-19 pandemic and the expansion of aviation infrastructure, is a key driver for the aviation fuel market. The growing middle-class population, coupled with rising disposable incomes due to economic and demographic expansion, is stimulating airline activity, leading to increased demand for flights. According to the International Energy Agency (IEA), with global economic growth projected at 3% annually by 2035, the aviation sector is expected to witness a 6% average annual increase in air traffic, consequently driving up the consumption of aviation fuel.
Moreover, the rise of low-cost airlines offering competitive prices on popular routes has further intensified air traffic, particularly in regions like Europe. The carriers command a significant portion of world traffic and have prompted other airlines to lower ticket prices to stay competitive, thereby fueling the demand for air travel and, consequently, aviation fuel consumption.
Sustainable Aviation Fuel
The increasing demand for Sustainable Aviation Fuels (SAF) is a significant driver for the aviation fuel market, spurred by advancements in technology and supportive policies. While SAF currently represents a small fraction of aviation fuels consumed, ongoing efforts by manufacturers and operators to test flights fueled entirely by SAF are underway, with potential integration into existing infrastructure, engines and aircraft.
For instance, to align with the Net Zero Scenario, projections suggest a substantial growth in SAF use in aviation, reaching 10% by 2031 through investments in production capacity and supportive policies such as fuel taxes and low-carbon fuel standards. Furthermore, the commercial adoption of SAF is bolstered by policies incentivizing SAF production in countries like U.S. and UK, alongside the European Union's proposed ReFuelEU regulation.
Carbon Emission Footprint
The carbon emissions associated with conventional aviation fuel pose a significant restraint on market growth. As a major contributor to greenhouse gas emissions, the aviation industry faces increasing scrutiny and pressure to reduce its carbon footprint. Despite efforts to mitigate emissions, post-COVID-19 air travel demand recovery in 2022 led to a surge in emissions globally.
Aviation emissions nearly reached 80% of their pre-pandemic levels in 2019, totaling close to 800 Mt CO2 in 2022. The rapid growth of CO2 emissions from aviation presents a considerable challenge in addressing climate change concerns. Projections suggest that emissions will continue to rise rapidly and may surpass 2019 levels by around 2025, further exacerbating environmental concerns and restraining the growth of conventional aviation fuel.
Segment Analysis
The global aviation fuel market is segmented based on fuel, aircraft and region.
Sustainable Fuel Segment is Estimated to grow at Highest CAGR over the Forecast Period.
Based on the Fuel the aircraft fuel market is segmented into Conventional Fuel and Sustainable Fuel. Sustainable Fuel is expected to grow at 15.8% CAGR over the forecast period 2024-2031 by emerhhing as a beacon of hope in aviation's quest for environmental responsibility. The aviation industry is witnessing unprecedented growth, with flight volumes in 2023 anticipated to surpass the peak levels recorded in 2019. However, this surge in air travel raises concerns about its contribution to global carbon emissions, which already stand at 2-3%. As the industry continues to expand, so too will its carbon footprint unless proactive measures are taken.
In response to this challenge, considerable efforts are being directed towards the development and utilization of Sustainable Aviation Fuels (SAFs). These fuels, derived from sources like algae, food crops, food waste, and synthetic options such as green hydrogen or synthetic kerosene, offer a promising avenue for reducing emissions throughout their lifecycle. Despite emitting carbon equivalent to fossil fuels when burned in flight, SAFs demonstrate significant potential for emission reduction owing to their considerably greener lifecycle. However, challenges such as environmental risks, high production costs, and limited supply currently constrain their widespread adoption.

The primary objective now is to scale up SAF production while mitigating environmental risks, ensuring that these fuels truly embody sustainability. While SAFs alone may not completely mitigate aviation's climate impacts, they are deemed a crucial component in the journey towards carbon neutrality. According to the International Air Transport Association (IATA), Sustainable Aviation Fuel (SAF) could contribute approximately 65% of the emissions reduction required for aviation to achieve net-zero CO2 emissions by 2050. Achieving this ambitious goal demands a substantial increase in SAF production to meet escalating demand. The 2030s are anticipated to witness a significant acceleration in SAF production, driven by global policy support, improved competitiveness.
Geographical Penetration
Asia-Pacific's Rising Aviation Sector
Asia-Pacific commands a significant market share in the aviation fuel industry, propelled by the burgeoning growth of aviation activities and initiatives promoting the adoption of sustainable aviation fuel (SAF). Governments across the region are actively endorsing SAF usage to curb greenhouse gas emissions, with Japan proposing legislation mandating a 10% share of SAF in aviation fuel by 2031 and China's Civil Aviation Administration striving to elevate SAF usage while reducing emissions intensity.
Moreover, the region's robust presence in the aviation fuel market is bolstered by increasing domestic fuel demand, particularly as post-COVID-19 travel rebounds. As the aviation industry progresses towards full recovery, the demand for jet fuel is poised to surge, thereby enhancing margins for Asian refiners and driving up crude demand, exerting a significant influence on global prices.
Competitive Landscape
The major global players include Atmosfair, Shell Aviation, World Energy, Neste, Gevo,Inc, Honeywell International, Johnson Matthey, Exxon Mobil Corporation, Chevron Corporation, BP plc.
COVID-19 Impact Analysis
COVID-19 pandemic made a profound impact on the aviation fuel market, as air travel drastically reduced due to travel restrictions, lockdowns and reduced passenger demand. The sharp decline in air travel led to a surplus of aviation fuel supply, which, in turn, resulted in a large drop in fuel prices in 2020 and the first quarter of 2021. As airlines cut back on flights, airports and fixed-base operators (FBOs) faced a decrease in airport fuel volume, impacting their revenue.
Amidst the pandemic challenges, there was growing interest in sustainable aviation fuel (SAF). Some airlines, airports and maintenance stakeholders explored the use of SAF as they evaluated ways to incorporate sustainability into their operations and reduce their carbon emissions. Despite the pandemic's short-term disruptions, the aviation fuel sector recovered in 2022 with ease in travel restrictions internationally.
Russia-Ukraine War Impact
Russia's invasion of Ukraine and the resulting airspace restrictions have created significant challenges for the global aviation fuel industry. The closure of Russian airspace has forced hundreds of flights to take alternative routes, leading to increased operating costs due to higher fuel consumption. Beyond these difficulties, aviation fuel prices, represented by Aviation Turbine Fuel, have also risen due to soaring crude oil prices.
The crisis has also caused a surge in jet fuel prices, which make up a substantial portion of airlines' operating expenses. The timing of these price increases was unfavorable for the industry, as it occurred just as airlines were starting to recover from the pandemic and still facing significant losses. After one year of invasion, Jet fuel prices in Europe rose by about one-third compared to 2019, further straining airlines' financial situation.
By Fuel
● Conventional Fuel
- Jet A
- Jet A-1
- Jet B
- AVGas
- Others
● Sustainable Fuel
- Biofuels
- Synthetic Fuels
- Hydrogen-based Fuels
By Aircraft
● Commercial Aircraft
- Passenger Airlines
- Cargo Airlines
● Private Aircraft
- Business Jets
- General Aviation
● Military Aircraft
- Fixed-Wing Aircraft
- Rotary-Wing Aircraft
By Region
● North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
● Europe
- Germany
- UK
- France
- Italy
- Spain
- Rest of Europe
● South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
● Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- Australia
- Rest of Asia-Pacific
● Middle East and Africa
Key Developments
● In May 2023, Honeywell International Inc. unveiled a groundbreaking technology that enables the production of lower-carbon aviation fuel. The innovative process involves utilizing green hydrogen and carbon to create the fuel, marking a significant step towards reducing carbon emissions in the aviation industry.
● In July 2023, Gevo, Inc. (based in Inglewood, Colorado) and McDermott International Inc. (headquartered in Houston) announced a collaboration through a master services agreement (MSA). Under this agreement, McDermott will be responsible for providing front-end engineering and early planning services to support Gevo's initiative in developing multiple sustainable aviation fuel facilities in North America.
● In July 2023, Forge Hydrocarbons, a company that specializes in renewable fuels and chemicals and originates from University of Alberta, collaborate with Edmonton International Airport (YEG) to pursue the establishment of a new bio jet fuel production facility in the Edmonton region.
Why Purchase the Report?
● To visualize the global aviation fuel market segmentation based on fuel, aircraft and region as well as understand key commercial assets and players.
● Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
● Excel data sheet with numerous data points of aviation fuel market-level with all segments.
● PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
● Product mapping available as Excel consisting of key products of all the major players.
The global aviation fuel market report would provide approximately 53 tables, 46 figures and 181 Pages.
Target Audience 2024
● Manufacturers/ Buyers
● Industry Investors/Investment Bankers
● Research Professionals
● Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet By Fuel
3.2. Snippet By Aircraft
3.3. Snippet By Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Increased Aviation Activity
4.1.1.2. Sustainable Aviation Fuel
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. Carbon Emission Footprint
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter’s Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Russia-Ukraine War Impact Analysis
5.6. DMI Opinion
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID-19
6.1.2. Scenario During COVID-19
6.1.3. Scenario Post COVID-19
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Fuel
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fuel
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Fuel
7.2. Conventional Fuel
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.2.3. Jet A
7.2.4. Jet A-1
7.2.5. Jet B
7.2.6. AVGas
7.2.7. Others
7.3. Sustainable Fuel
7.3.1. Bio Fuels
7.3.2. Synthetic Fuels
7.3.3. Hydrogen based Fuels
8. By Aircraft
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Aircraft
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Aircraft
8.2. Commercial Aircraft *
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.2.3. Passenger Airline
8.2.4. Cargo Airlines
8.3. Private Aircraft
8.3.1. Business Jets
8.3.2. General Aviation
8.4. Military Aircraft
8.4.1. Fixed Wing Aircrafts
8.4.2. Rotary Wing Aircrafts
9. By Region
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
9.2. North America
9.2.1. Introduction
9.2.2. Key Region-Specific Dynamics
9.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fuel
9.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Aircraft
9.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
9.2.5.1. U.S.
9.2.5.2. Canada
9.2.5.3. Mexico
9.3. Europe
9.3.1. Introduction
9.3.2. Key Region-Specific Dynamics
9.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fuel
9.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Aircraft
9.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
9.3.5.1. Germany
9.3.5.2. UK
9.3.5.3. France
9.3.5.4. Italy
9.3.5.5. Spain
9.3.5.6. Rest of Europe
9.4. South America
9.4.1. Introduction
9.4.2. Key Region-Specific Dynamics
9.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fuel
9.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Aircraft
9.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
9.4.5.1. Brazil
9.4.5.2. Argentina
9.4.5.3. Rest of South America
9.5. Asia-Pacific
9.5.1. Introduction
9.5.2. Key Region-Specific Dynamics
9.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fuel
9.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Aircraft
9.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
9.5.5.1. China
9.5.5.2. India
9.5.5.3. Japan
9.5.5.4. Australia
9.5.5.5. Rest of Asia-Pacific
9.6. Middle East and Africa
9.6.1. Introduction
9.6.2. Key Region-Specific Dynamics
9.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Fuel
9.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Aircraft
10. Competitive Landscape
10.1. Competitive Scenario
10.2. Market Positioning/Share Analysis
10.3. Mergers and Acquisitions Analysis
11. Company Profiles
11.1. Atmosfair *
11.1.1.1. Company Overview
11.1.1.2. Fuel Portfolio and Description
11.1.1.3. Financial Overview
11.1.1.4. Recent Developments
1.1. Shell Aviation
1.2. World Energy
1.3. Neste
1.4. Gevo,Inc
1.5. Honeywell International
1.6. Johnson Matthey
1.7. Exxon Mobil Corporation
1.8. Chevron Corporation
1.9. BP PLC
LIST NOT EXHAUSTIVE
12. Appendix
12.1. About Us and Services
12.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(aviation)の最新刊レポート


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る