世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

在宅濫用薬物検査市場-2024-2031年


Global at-home drug of abuse doa testing market - 2024-2031

概要 世界の在宅薬物乱用(DOA)検査市場は、2023年にXX百万米ドルに達し、2031年にはXX百万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年にXX%の年平均成長率で成長すると予測される。 薬物乱用検査は、人... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年6月5日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
176 英語

 

サマリー

概要
世界の在宅薬物乱用(DOA)検査市場は、2023年にXX百万米ドルに達し、2031年にはXX百万米ドルに達すると予測され、予測期間2024-2031年にXX%の年平均成長率で成長すると予測される。
薬物乱用検査は、人の体内で不正に利用された処方薬や不適切に利用された処方薬を検査する手順である。薬物検査にはさまざまな形態があり、それぞれに独自の利点と欠点があります。
乱用薬物(DOA)検査は、診療所、家庭、職場、スポーツ、保険などの場で、被験者から採取した検体中に乱用薬物が存在するかどうかをスクリーニングするために使用されます。血液、尿、汗、唾液、毛髪、その他の検体マトリックスでの検査が可能です。
市場ダイナミクス:促進要因と阻害要因
薬物の過剰摂取とその診断の増加
薬物過剰摂取による死亡の主な原因はオピオイド、特に合成オピオイド(メタドン以外)である。公衆衛生上の危機は、薬物の過剰摂取による死亡者の予想外の増加によって引き起こされる。処方薬であっても、人々は薬物乱用に伴うリスクや中毒の可能性をより意識するようになっている。
知識の増加により、自分自身のため、そしておそらく中毒になっている愛する人のために、薬物の使用状況を追跡する機器の必要性が高まっている。例えば、国立薬物乱用研究所の2022年の報告によると、米国では2022年に10万8000人近くが、違法薬物や処方薬を含む薬物による過剰摂取が原因で死亡している。
しかし、これらの検査は、治療や回復をモニターするために使用される可能性がある。したがって、薬物過剰摂取症例の増加とその診断が市場を牽引すると予想される。
これらの検査機器の限界
未確認の混入物や妨害物質を含む尿検体、異常な物理的特性を持つ尿検体、異常な濃度の内因性物質を含む尿検体の薬物検査結果は、在宅薬物検査の完了や有効な薬物検査結果の取得を妨げる。この検査の家庭用コンポーネントは、尿中の薬物の存在に対してかなり敏感である。
このレポートの詳細については?サンプル請求
セグメント分析
世界の在宅薬物乱用検査市場は、製品タイプ、サンプル、地域に基づいてセグメント化される。
迅速DOA検査キットセグメントが市場成長を支配すると予想される
迅速スクリーニング検査は、尿サンプル中の特定の乱用薬物(DOA)およびその代謝物を高感度・高特異性で検出するために、唯一無二のモノクローナル抗体を使用する。DOA迅速検査は、薬物競合阻害免疫測定法に基づく定性ラテラルフロー装置である。
特定の乱用薬物およびその代謝物のカットオフ濃度は、NIDA(米国国立薬物乱用研究所)がヒト尿検体中の対応する薬物の定性検出のために設定した濃度基準で、当社のすべてのDOAスクリーニング検査装置用に開発されています。
例えば、英国を拠点とするAtlas medical社のAtlas Medical Drug of Abuse (DOA) Rapid Testsは、尿および唾液検体中の多種多様な薬物を検出することができます。この検査はラテラルフロー免疫測定法をベースとした迅速検査で、ストリップ、カセット、マルチディップ、マルチカセット、マルチドラッグカップの各形式があり、専門家用、法医学用、作業スクリーニング用として利用できる。アトラスメディカルは、標準的な多剤併用試験に加えて、カスタム薬物の組み合わせも提供できる。同社のDOA呼気分析装置は使いやすく、明確で正確、かつ一貫した結果を提供します。
地理的分析
北米は家庭用薬物乱用検査市場シェアで重要な位置を占めると予想される
北米地域は、世界の在宅薬物乱用検査市場で最大の市場シェアを占めている。北米では違法薬物の入手と消費が深刻な問題となっている。このため、私的目的であれ裁判所命令目的であれ、使いやすい薬物監視ツールの必要性が高まっている。
例えば、アディクション・センターの2022年の報告書によると、依存症は何百万人もの人々に影響を与える深刻な問題であり、13歳以前に違法薬物を試した人の70%以上がアルコールや薬物への依存症を持っていると述べている。約2100万人のアメリカ人が少なくとも1つの依存症を抱えているが、治療を受けているのはそのうちの10%に過ぎない。違法薬物を使用する人の約25%が依存症になる。
さらに、米国保健社会福祉省が2023年に発表した結果によると、2021年に12歳以上だった人々のうち、2022年には6,120万人(人口の21.9%)が違法薬物を使用していたと報告されている。最も多く使用された違法薬物はマリファナで、5250万人が使用していた。したがって、上記の要因によって、予測期間中、この地域が支配的な地位を占めると予想される。
COVID-19の影響分析
コロナウイルスの蔓延に対抗するために実施された厳格な立ち入り禁止措置と社会的距離の確保により、アルコールと薬物の乱用が増加し、その結果、過量服薬が隔離され、薬物中毒者にとって重大な課題となっている。それゆえ、封鎖の制限に伴い、人々は自宅での薬物乱用検査を好むようになった。
市場区分
製品タイプ別
- 迅速DOA検査キット
- テストカップ
- テストディップカード
- テストストリップ
- その他
- 呼気分析装置
- その他
サンプル別
- 尿
- 唾液
- その他
地域別
- 北米
- アメリカ
- カナダ
- メキシコ
- 欧州
- ドイツ
- 英国
- フランス
- イタリア
- スペイン
- その他のヨーロッパ
- 南米
- ブラジル
- アルゼンチン
- その他の南米
- アジア太平洋
- 中国
- インド
- 日本
- 韓国
- その他のアジア太平洋地域
- 中東・アフリカ
競合状況
この市場における世界の主要企業には、UCP Biosciences Inc.、Atlas Medical、Assure Tech (Hangzhou) Co. Ltd.、Biopanda Reagents、Home Health (U.K.) Ltd.、Phamatech, Inc.、Psychemedics Corporation、Cliawaived, Inc.、Co-Innovation Biotech Co. Ltd.、MyDiagnosticsなどがあります。
レポートを購入する理由
- 世界の家庭用薬物乱用検査市場を製品タイプ、サンプル、地域に基づき細分化し、主要な商業資産とプレイヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定。
- 在宅薬物乱用検査市場レベルの多数のデータを全セグメントでまとめたExcelデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査後の包括的な分析で構成されています。
- 主要企業の主要製品からなる製品マッピングをエクセルで提供。
世界の在宅薬物乱用検査市場レポートは約53表、47図、176ページを提供します。
対象読者
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 研究専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.製品タイプ別スニペット
3.2.サンプル別スニペット
3.3.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.先進的な低侵襲手術機器の発売の増加
4.1.1.2.XX
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.低侵襲手術装置のコスト高
4.1.2.2.XX
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.償還分析
5.6.特許分析
5.7.SWOT分析
5.8.DMI意見
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID以前のシナリオ
6.1.2.COVID中のシナリオ
6.1.3.COVID後のシナリオ
6.2.COVID中の価格ダイナミクス-19
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.製品タイプ別
7.1.はじめに
7.1.1.製品タイプ別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
7.1.2.市場魅力度指数(製品タイプ別
7.2.迅速DOA検査キット
7.2.1.はじめに
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.2.3.テストカップ
7.2.4.テストディップカード
7.2.5.テストストリップ
7.2.6.その他
8.呼気分析装置
9.その他
10.サンプル別
10.1.はじめに
10.1.1.市場規模分析と前年比成長率分析(%)、サンプル別
10.1.2.市場魅力度指数, サンプル別
10.2.尿
10.2.1.はじめに
10.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
10.3.唾液
10.4.その他
11.地域別
11.1.はじめに
11.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
11.1.2.市場魅力度指数、地域別
11.2.北米
11.2.1.はじめに
11.2.2.主な地域別ダイナミクス
11.2.2.1.製品タイプ別市場規模分析および前年比成長率分析(%) 2.2.2.
11.2.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%), サンプル別
11.2.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
11.2.3.1.米国
11.2.3.2.カナダ
11.2.3.3.メキシコ
11.3.ヨーロッパ
11.3.1.はじめに
11.3.2.地域別の主な動き
11.3.2.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 製品タイプ別
11.3.3.市場規模分析と前年比成長率分析(%), サンプル別
11.3.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.3.4.1.ドイツ
11.3.4.2.イギリス
11.3.4.3.フランス
11.3.4.4.イタリア
11.3.4.5.スペイン
11.3.4.6.その他のヨーロッパ
11.4.南米
11.4.1.はじめに
11.4.2.地域別主要市場
11.4.2.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、製品タイプ別
11.4.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), サンプル別
11.4.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
11.4.4.1.ブラジル
11.4.4.2.アルゼンチン
11.4.4.3.その他の南米地域
11.5.アジア太平洋
11.5.1.はじめに
11.5.2.地域別主要市場
11.5.2.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 製品タイプ別
11.5.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), サンプル別
11.5.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、国別
11.5.4.1.中国
11.5.4.2.インド
11.5.4.3.日本
11.5.4.4.韓国
11.5.4.5.その他のアジア太平洋地域
11.6.中東・アフリカ
11.6.1.はじめに
11.6.2.地域別の主な動き
11.6.2.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 製品タイプ別
11.6.2.2.市場規模分析および前年比成長率分析(%), サンプル別
12.競争環境
12.1.競争シナリオ
12.2.市場ポジショニング/シェア分析
12.3.M&A分析
13.企業プロフィール
13.1.UCPバイオサイエンシズ
13.1.1.会社概要
13.1.2.製品ポートフォリオと概要
13.1.3.財務概要
13.1.4.主な展開
13.2.アトラスメディカル
13.3.アシュアテック(杭州)有限公司 4.
13.4.バイオパンダ試薬
13.5.ホームヘルス(U.K.)Ltd.
13.6.ファーマテック社
13.7.サイケメディックス株式会社
13.8.クリアウェイブド社
13.9.コ・イノベーション・バイオテック株式会社
13.10.マイダイアグノスティックス
リストは完全ではありません
14.付録
14.1.会社概要とサービス
14.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global At-Home Drug of Abuse (DOA) Testing market reached US$ XX million in 2023 and is expected to reach US$ XX million by 2031, growing at a CAGR of XX% during the forecast period 2024-2031.
Drug abuse testing is a procedure that tests for illicit or improperly utilized prescription medication in a person's system. Drug tests may take a variety of forms, each with unique benefits and drawbacks.
Drugs of Abuse (DOA) tests are used to screen for the presence of abused drugs in a specimen obtained from a subject in a clinic, home, workplace, sports, or insurance setting. Tests in blood, urine, sweat, saliva, hair or other specimen matrices are possible.
Market Dynamics: Drivers & Restraints
The increasing overdose of drugs and diagnosis of these drugs
The leading cause of drug overdose deaths is opioids, particularly synthetic opioids (other than methadone). A public health crisis is triggered by an unexpected rise in drug overdose deaths. Even with prescription medications, people are becoming more conscious of the risks associated with substance abuse and the possibility of addiction.
Due to increased knowledge, there is a larger need for instruments to track drug usage, both for oneself and possibly for loved ones who are addicted. For instance, according to the report by the National Institute of Drug Abuse in 2022, nearly 108,000 persons in the U.S. died from drug-involved overdose in 2022, including from illicit or prescription drugs.
These tests, however, may be used to monitor treatment and recovery. Hence, the increasing number of drug overdose cases and their diagnosis is expected to drive the market.
Limitations of these testing devices
A drug test result for a urine specimen that contains an unidentified adulterant or an interfering substance, has abnormal physical characteristics, or contains an endogenous substance at an abnormal concentration, preventing at-home drug tests from completing or obtaining a valid drug test result. This test's at-home component is fairly sensitive to the presence of drugs in the urine.
For more details on this report ? Request for Sample
Segment Analysis
The global at-home drug of abuse testing market is segmented based on product type, sample and region.
Rapid DOA Test Kits segment is expected to dominate the market growth
Rapid Screen tests use one-of-a-kind monoclonal antibodies to detect specific drugs of abuse (DOA) and their metabolites in urine samples with high sensitivity and specificity. DOA rapid tests are qualitative, lateral flow devices based on the drug-competitive inhibition immunoassay.
The cut-off concentration for specific drug of abuse and its metabolites has been developed for all of our DOA screening test devices at the concentration standards set by NIDA (the National Institute on Drug Abuse of the United States) for the qualitative detection of corresponding drugs in human urine specimens.
For example, Atlas medical a UK based company’s, Atlas Medical Drug of Abuse (DOA) Rapid Tests can detect a wide variety of drugs in urine and saliva samples. The tests are based on lateral flow immunoassay rapid tests and are available in strip, cassette, multi-dip, multi-cassette, and multi-drug cup formats for professional, forensic, and work-screening applications. Atlas Medical can provide custom drug combinations to customers in addition to the standard selection of multi-drug tests. Their DOA breath analyzers are simple to use and provide clear, accurate, and consistent results.
Geographical Analysis
North America is expected to hold a significant position in the at-home drug of abuse testing market share
North America region accounted for the largest market share in the global at-home drug of abuse testing market. The accessibility and consumption of illegal drugs is a serious problem in North America. This increases the need for easy-to-use drug monitoring tools, whether for private or court-ordered purposes.
For instance, according to a report in 2022 by the Addiction Center, it stated that addiction is a serious problem that affects millions of people and more than 70% of people who tried an illegal drug before the age of 13 have an addiction to alcohol or drugs. Almost 21 million Americans have at least one addiction, yet only 10% of them receive treatment. About 25% of people who use illicit drugs develop an addiction.
Additionally, according to the results released by the US Department of Health and Human Services in 2023, it reported that among people aged 12 or older in 2021, 61.2 million people (or 21.9 percent of the population) used illicit drugs in 2022. The most commonly used illicit drug was marijuana, which 52.5 million people used. Thus, the above factors are expected to hold the region in the dominant position during the forecast period.
COVID-19 Impact Analysis
Due to the strict lockdown measures and social distancing implemented to combat the spread of the coronavirus, an increase in alcohol and drug abuse has resulted, which has led to isolated overdosing and posing a significant challenge for drug addicts. Hence, with the lockdown restrictions, people preferred at-home drug abuse testing.
Market Segmentation
By Product Type
- Rapid DOA Test Kits
- Test cups
- Test dip cards
- Test strips
- Other
- Breath Analyzers
- Other
By Sample
- Urine
- Saliva
- Others
By Region
- North America
- U.S.
- Canada
- Mexico
- Europe
- Germany
- UK
- France
- Italy
- Spain
- Rest of Europe
- South America
- Brazil
- Argentina
- Rest of South America
- Asia-Pacific
- China
- India
- Japan
- South Korea
- Rest of Asia-Pacific
- Middle East and Africa
Competitive Landscape
The major global players in the market include UCP Biosciences Inc., Atlas Medical, Assure Tech (Hangzhou) Co. Ltd., Biopanda Reagents, Home Health (U.K.) Ltd., Phamatech, Inc., Psychemedics Corporation, Cliawaived, Inc., Co-Innovation Biotech Co., Ltd. and MyDiagnostics among others.
Why Purchase the Report?
- To visualize the global at-home drug of abuse testing market segmentation based on product type, sample and region as well as understand key commercial assets and players.
- Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
- Excel data sheet with numerous data points of at-home drug of abuse testing market-level with all segments.
- PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
- Product mapping available as excel consisting of key products of all the major players.
The global at-home drug of abuse testing market report would provide approximately 53 tables, 47 figures and 176 pages.
Target Audience 2023
- Manufacturers/ Buyers
- Industry Investors/Investment Bankers
- Research Professionals
- Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Product Type
3.2. Snippet by Sample
3.3. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. Increasing launches of advanced minimally invasive surgery devices
4.1.1.2. XX
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. High costs of minimally invasive surgery devices
4.1.2.2. XX
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. Reimbursement Analysis
5.6. Patent Analysis
5.7. SWOT Analysis
5.8. DMI Opinion
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID
6.1.2. Scenario During COVID
6.1.3. Scenario Post COVID
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Product Type
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product Type
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Product Type
7.2. Rapid DOA Test Kits *
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.2.3. Test cups
7.2.4. Test dip cards
7.2.5. Test strips
7.2.6. Other
8. Breath Analyzers
9. Other
10. By Sample
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Sample
10.1.2. Market Attractiveness Index, By Sample
10.2. Urine *
10.2.1. Introduction
10.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
10.3. Saliva
10.4. Others
11. By Region
11.1. Introduction
11.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
11.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
11.2. North America
11.2.1. Introduction
11.2.2. Key Region-Specific Dynamics
11.2.2.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product Type
11.2.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Sample
11.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.2.3.1. U.S.
11.2.3.2. Canada
11.2.3.3. Mexico
11.3. Europe
11.3.1. Introduction
11.3.2. Key Region-Specific Dynamics
11.3.2.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product Type
11.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Sample
11.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.3.4.1. Germany
11.3.4.2. UK
11.3.4.3. France
11.3.4.4. Italy
11.3.4.5. Spain
11.3.4.6. Rest of Europe
11.4. South America
11.4.1. Introduction
11.4.2. Key Region-Specific Dynamics
11.4.2.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product Type
11.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Sample
11.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.4.4.1. Brazil
11.4.4.2. Argentina
11.4.4.3. Rest of South America
11.5. Asia-Pacific
11.5.1. Introduction
11.5.2. Key Region-Specific Dynamics
11.5.2.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product Type
11.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Sample
11.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
11.5.4.1. China
11.5.4.2. India
11.5.4.3. Japan
11.5.4.4. South Korea
11.5.4.5. Rest of Asia-Pacific
11.6. Middle East and Africa
11.6.1. Introduction
11.6.2. Key Region-Specific Dynamics
11.6.2.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Product Type
11.6.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Sample
12. Competitive Landscape
12.1. Competitive Scenario
12.2. Market Positioning/Share Analysis
12.3. Mergers and Acquisitions Analysis
13. Company Profiles
13.1. UCP Biosciences Inc.*
13.1.1. Company Overview
13.1.2. Product Portfolio and Description
13.1.3. Financial Overview
13.1.4. Key Developments
13.2. Atlas Medical
13.3. Assure Tech (Hangzhou) Co. Ltd.
13.4. Biopanda Reagents
13.5. Home Health (U.K.) Ltd.
13.6. Phamatech, Inc.
13.7. Psychemedics Corporation
13.8. Cliawaived, Inc.
13.9. Co-Innovation Biotech Co.,Ltd.
13.10. MyDiagnostics
LIST NOT EXHAUSTIVE
14. Appendix
14.1. About Us and Services
14.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(abuse)の最新刊レポート


よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る