世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ケーブルモデム終端システムの世界市場規模調査&予測、タイプ別(統合型CMTS (I-CMTS), モジュール型CMTS (M-CMTS)用途別(住宅用、商業用、その他)および地域別分析、2023-2030年


Global Cable Modem Termination System Market Size Study & Forecast, By Type (Integrated CMTS (I-CMTS), Modular CMTS (M-CMTS)) By Application (Residential, Commercial, Others) and Regional Analysis, 2023-2030

ケーブルモデム終端システムの世界市場は、2022年に約xx億米ドルと評価され、予測期間2023-2030年にはxx%以上の健全な成長率で成長すると予測されている。ケーブルモデム終端システム(CMTS)は、ケーブルインタ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bizwit Research & Consulting LLP
ビズウィットリサーチ&コンサルティング
2024年4月13日 US$4,950
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
200 英語

 

サマリー

ケーブルモデム終端システムの世界市場は、2022年に約xx億米ドルと評価され、予測期間2023-2030年にはxx%以上の健全な成長率で成長すると予測されている。ケーブルモデム終端システム(CMTS)は、ケーブルインターネットサービスプロバイダーのネットワークで使用されるネットワーク機器である。その主な機能は、顧客宅内のケーブルモデムとインターネットサービスプロバイダ(ISP)のネットワーク間のデータトラフィックを管理・制御することである。CMTSは、顧客の家庭や企業との間でデータをやり取りするブロードバンドケーブルネットワークと、より広いインターネットインフラとの間の橋渡し役として機能する。ケーブルモデム終端システム市場は、サービスプロバイダのネットワークインフラの拡大やOTTビデオユーザーの増加などの要因により拡大している。その結果、ケーブルモデム終端システムの需要は、予測期間2023-2030年の間に国際市場で徐々に増加している。

最新のインフラには、光ファイバーケーブルや5Gネットワークなどの先進技術が導入されていることが多い。これらの技術は、より高速で信頼性の高いインターネット接続を提供するため、増加するデータスループットを処理し、最適なパフォーマンスを確保できるMTSシステムが必要となります。サービスプロバイダのネットワークインフラストラクチャは、ストリーミングビデオ、オンラインゲーム、クラウドベースのアプリケーションなど、新しく革新的なサービスの提供を可能にします。これらのサービスでは、より高い帯域幅と低遅延が求められることが多く、これらの要件をサポートできる高度なCMTS機器の必要性が高まっています。Statistaによると、世界のサービスプロバイダのネットワークインフラ市場は2020年に1,271億3,000万米ドルを占め、2028年には1,752億米ドルに達すると予測されている。ケーブルモデム終端システム市場を牽引するもう1つの重要な要因は、OTTビデオユーザーの増加である。OTTビデオストリーミングプラットフォームは、コンテンツをシームレスに配信するために高速インターネット接続を必要とする。ケーブルモデム終端システムは、ケーブルネットワーク経由で高速インターネットアクセスを提供するための一般的な選択肢である。このような高速インターネットへの需要の高まりは、ケーブルモデム終端システムソリューションの採用を促進する可能性がある。また、Statistaによると、世界のOTTビデオユーザー数は2020年に4億1,707万人に達し、2029年には6億4,171万人に達すると予測されている。さらに、ブロードバンドインフラの拡充に向けた投資の増加や、ケーブルネットワークのデジタル化に向けた政府の積極的な取り組みが、予測期間中に同市場に有利な成長機会をもたらすと予想されている。しかし、インフラ改造の高コストと帯域幅共有の問題が、2023~2030年の予測期間を通じて市場全体の成長を阻害することになりそうだ。

ケーブルモデム終端システムの世界市場調査において考慮した主要地域は、アジア太平洋、北米、欧州、中南米、中東・アフリカなどである。北米は、同地域における高速インターネットとOTTサービスの需要増加により、2022年の市場を支配した。チャンネル結合、変調技術の改善、サービス品質(QoS)機能の強化といったCMTS技術の進歩により、ケーブル事業者はより高速なインターネットサービスをより効率的に提供できるようになった。この技術進歩は、より高速なインターネットに対する需要の高まりと合致し、ケーブルモデム終端システムソリューションの採用を後押ししている。この地域の圧倒的な実績は、ケーブルモデム終端システムの全体的な需要を促進すると予想される。さらに、アジア太平洋地域は、潜在的なブロードバンド加入者数の増加や同地域における電子行政活動の急増などの要因により、予測期間中に最も急成長すると予想されている。電子行政活動では、市民の記録、財務データ、政府文書などの機密情報を保護するため、強固なデータ・セキュリティとプライバシー対策が必要となる。このため、安全なブロードバンド接続の利用が必要となるが、これはケーブル・モデム終端システムによって実現されるケーブル・インターネット・サービスを通じて提供することができる。信頼性が高く安全なインターネット接続へのニーズが、ケーブルモデム終端システムの需要をさらに押し上げている。


本レポートに含まれる主な市場プレイヤーは以下の通り:
Arris International Limited
シスコシステムズ
Huawei Technologies Co.
Casa Systems, Inc.
Chongqing Nanjing Jinghong Communications Equipment Co.
コアキシャル・ネットワークス・アメリカ
ゲインスピード
スマビジョンテクノロジーズ
ベシマネットワークス
WISI Communications GmbH & Co.KG
市場における最近の動き
 2023年9月、CommScopeは新しい仮想化ケーブルモデム終端システム(vCMTS)をリリースした。多くのCableLabs(米国)の相互運用性イベントの一環として、CommScopeは現世代のCMTSシステムでDOCSIS 4.0モデムを実行できることを確認した。CommScopeはvCoreアーキテクチャで下り毎秒約8.7ギガビットを達成した。

世界のケーブルモデム終端システム市場レポートスコープ:
 過去データ - 2020 - 2021
 推計基準年 - 2022年
 予測期間 - 2023-2030
 レポート対象 - 売上予測、企業ランキング、競合環境、成長要因、動向
 対象セグメント - タイプ、用途、地域
 地域範囲 - 北米; 欧州; アジア太平洋; 中南米; 中東 & アフリカ
 カスタマイズ範囲 - レポート購入時に無料カスタマイズ(アナリストの作業時間8時間分まで)。国、地域、セグメントスコープ*の追加または変更

本調査の目的は、近年における様々なセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後数年間の値を予測することです。本レポートは、調査対象国における産業の質的・量的側面の両方を盛り込むよう設計されています。

また、市場の将来的な成長を規定する推進要因や課題など、重要な側面に関する詳細情報も掲載しています。さらに、主要企業の競争環境と製品提供の詳細な分析とともに、関係者が投資するためのミクロ市場における潜在的な機会も組み込んでいます。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明する:

タイプ別
統合型CMTS(I-CMTS)
モジュラーCMTS(M-CMTS)

アプリケーション別
住宅用
業務用
その他

地域別

北米
米国
カナダ

ヨーロッパ
英国
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ROE

アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC

ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ

中東・アフリカ
サウジアラビア
南アフリカ
その他の中東・アフリカ

ページTOPに戻る


目次

第1章.要旨
1.1.市場概要
1.2.世界市場およびセグメント別市場予測、2020~2030年 (億米ドル)
1.2.1.ケーブルモデム終端システム市場、地域別、2020年~2030年(USD Billion)
1.2.2.ケーブルモデム終端システム市場:タイプ別、2020〜2030年(USD Billion)
1.2.3.ケーブルモデム終端システム市場:用途別、2020〜2030年(10億ドル)
1.3.主要動向
1.4.推計方法
1.5.調査の前提
第2章.世界のケーブルモデム終端システム市場の定義と範囲
2.1.調査目的
2.2.市場の定義と範囲
2.2.1.業界の進化
2.2.2.調査範囲
2.3.調査対象年
2.4.通貨換算レート
第3章.ケーブルモデム終端システムの世界市場ダイナミクス
3.1.ケーブルモデム終端システム市場のインパクト分析(2020-2030年)
3.1.1.市場促進要因
3.1.1.1.サービスプロバイダーのネットワークインフラの成長
3.1.1.2.OTTユーザーの増加
3.1.2.市場の課題
3.1.2.1.インフラ改造コストの高さ
3.1.2.2.帯域共有の問題
3.1.3.市場機会
3.1.3.1.ブロードバンドインフラ拡大への投資の増加
3.1.3.2.ケーブルネットワークのデジタル化に向けた政府の支援策
第4章.ケーブルモデム終端システムの世界市場産業分析
4.1.ポーターの5フォースモデル
4.1.1.サプライヤーの交渉力
4.1.2.買い手の交渉力
4.1.3.新規参入者の脅威
4.1.4.代替品の脅威
4.1.5.競争上のライバル
4.2.ポーターの5フォース影響分析
4.3.PEST分析
4.3.1.政治的
4.3.2.経済的
4.3.3.社会
4.3.4.技術
4.3.5.環境
4.3.6.法律
4.4.最高の投資機会
4.5.トップ勝ち組戦略
4.6.COVID-19インパクト分析
4.7.破壊的トレンド
4.8.業界専門家の視点
4.9.アナリストの推奨と結論
第5章.ケーブルモデム終端システムの世界市場:タイプ別
5.1.市場スナップショット
5.2.ケーブルモデム終端システムの世界市場:タイプ別、性能-ポテンシャル分析
5.3.ケーブルモデム終端システムの世界市場タイプ別推計・予測 2020-2030 (億米ドル)
5.4.ケーブルモデム終端システムの世界市場、サブセグメント別分析
5.4.1.統合型CMTS (I-CMTS)
5.4.2.モジュラーCMTS (M-CMTS)
第6章.ケーブルモデム終端システムの世界市場、用途別
6.1.市場スナップショット
6.2.ケーブルモデム終端システムの世界市場:用途別、性能-ポテンシャル分析
6.3.ケーブルモデム終端システムの世界市場:用途別 2020-2030年予測・予測 (億米ドル)
6.4.ケーブルモデム終端システムの世界市場、サブセグメント別分析
6.4.1.住宅用
6.4.2.商業用
6.4.3.その他
第7章.ケーブルモデム終端システムの世界市場、地域別分析
7.1.上位主要国
7.2.上位新興国
7.3.ケーブルモデム終端システム市場、地域別市場スナップショット
7.4.北米のケーブルモデム終端システム市場
7.4.1.アメリカのケーブルモデム終端システム市場
7.4.1.1.タイプ別推計と予測、2020~2030年
7.4.1.2.アプリケーションの内訳の推定と予測、2020~2030年
7.4.2.カナダのケーブルモデム終端システム市場
7.5.欧州ケーブルモデム終端システム市場スナップショット
7.5.1.イギリスのケーブルモデム終端システム市場
7.5.2.ドイツのケーブルモデム終端システム市場
7.5.3.フランスのケーブルモデム終端システム市場
7.5.4.スペインのケーブルモデム終端システム市場
7.5.5.イタリアのケーブルモデム終端システム市場
7.5.6.その他のヨーロッパのケーブルモデム終端システム市場
7.6.アジア太平洋地域のケーブルモデム終端システム市場スナップショット
7.6.1.中国のケーブルモデム終端システム市場
7.6.2.インドのケーブルモデム終端システム市場
7.6.3.日本のケーブルモデム終端システム市場
7.6.4.オーストラリアのケーブルモデム終端システム市場
7.6.5.韓国のケーブルモデム終端システム市場
7.6.6.その他のアジア太平洋地域のケーブルモデム終端システム市場
7.7.ラテンアメリカのケーブルモデム終端システム市場スナップショット
7.7.1.ブラジルのケーブルモデム終端システム市場
7.7.2.メキシコのケーブルモデム終端システム市場
7.8.中東・アフリカのケーブルモデム終端システム市場
7.8.1.サウジアラビアのケーブルモデム終端システム市場
7.8.2.南アフリカのケーブルモデム終端システム市場
7.8.3.その他の中東・アフリカのケーブルモデム終端システム市場

第8章.競合他社の動向
8.1.主要企業のSWOT分析
8.1.1.企業1
8.1.2.企業2
8.1.3.会社3
8.2.トップ市場戦略
8.3.企業プロフィール
8.3.1.アリス・インターナショナル・リミテッド
8.3.1.1.主要情報
8.3.1.2.概要
8.3.1.3.財務(データの入手可能性による)
8.3.1.4.製品概要
8.3.1.5.最近の動向
8.3.2.シスコシステムズ
8.3.3.ファーウェイ・テクノロジー
8.3.4.カーサシステムズ
8.3.5.重慶南京京晶虹通信設備有限公司 3.6.
8.3.6.コアキシャル・ネットワークス・アメリカ
8.3.7.ゲインスピード
8.3.8.スマビジョン・テクノロジーズ
8.3.9.ベシマネットワークス
8.3.10.WISI Communications GmbH & Co.KG
第9章.研究プロセス
9.1.研究プロセス
9.1.1.データマイニング
9.1.2.分析
9.1.3.市場推定
9.1.4.バリデーション
9.1.5.出版
9.2.研究属性
9.3.研究の前提

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Cable Modem Termination System Market is valued at approximately USD xx billion in 2022 and is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than xx% over the forecast period 2023-2030. A Cable Modem Termination System (CMTS) is a networking equipment used in cable internet service providers' networks. Its primary function is to manage and control the data traffic between cable modems on the customer premises and the internet service provider's (ISP) network. The CMTS acts as a bridge between the broadband cable network, which delivers data to and from customers' homes or businesses, and the wider internet infrastructure. The Cable Modem Termination System market is growing because of factors such as growing service provider network infrastructure and rising number of OTT video users. As a result, the demand for Cable Modem Termination System has progressively increased in the international market during the forecast period 2023-2030.

Modern infrastructure often involves the deployment of advanced technologies such as fiber-optic cables and 5G networks. These technologies provide faster and more reliable internet connections, requiring MTS systems capable of handling the increased data throughput and ensuring optimal performance. Service provider network infrastructure enables the delivery of new and innovative services such as streaming video, online gaming, and cloud-based applications. These services often require higher bandwidth and lower latency, driving the need for advanced CMTS equipment capable of supporting these requirements. According to Statista, the global service provider network infrastructure market accounted for USD127.13 billion in 2020 and is projected to reach up to USD 175.2 billion by the year 2028. Another important factor that drives the Cable Modem Termination System market is the increasing number of OTT video users. OTT video streaming platforms require high-speed internet connections to deliver content seamlessly. Cable Modem Termination System is a popular choice for delivering high-speed internet access via cable networks. This increased demand for high-speed internet can drive the adoption of Cable Modem Termination System solutions. In addition, as per Statista, the global number of OTT video users accounts for 4173.07 million users in 2020 and is projected to reach up to 6417.71 million users by the year 2029. Moreover, rising investment in expanding broadband infrastructure and supportive government initiatives toward the digitalization of cable networks are anticipated to create a lucrative growth opportunity for the market over the forecast period. However, high cost of infrastructure modification and bandwidth sharing issues are going to impede overall market growth throughout the forecast period of 2023-2030.

The key regions considered for the Global Cable Modem Termination System Market study include Asia Pacific, North America, Europe, Latin America, and Middle East & Africa. North America dominated the market in 2022 owing to the increasing demand for high-speed internet and OTT services in the region. Advances in CMTS technology, such as channel bonding, improved modulation techniques, and enhanced Quality of Service (QoS) capabilities, enable cable operators to deliver higher-speed internet services more efficiently. This technological progress aligns with the growing demand for faster internet and drives the adoption of Cable Modem Termination System solutions. The region’s dominant performance is anticipated to propel the overall demand for Cable Modem Termination System. Furthermore, Asia Pacific is expected to grow fastest during the forecast period, owing to factors such as an increasing number of potential broadband subscribers and a surge in e-governance activities in the region. E-governance activities require robust data security and privacy measures to protect sensitive information such as citizen records, financial data, and government documents. This necessitates the use of secure broadband connections, which can be provided through cable internet services enabled by the Cable Modem Termination System. The need for reliable and secure internet connectivity further drives the demand for Cable Modem Termination System.


Major market players included in this report are:
Arris International Limited
Cisco Systems, Inc.
Huawei Technologies Co., Ltd.
Casa Systems, Inc.
Chongqing Nanjing Jinghong Communications Equipment Co., Ltd.
Coaxial Networks America, Inc.
Gainspeed, Inc.
Sumavision Technologies Co., Ltd.
Vecima Networks Inc.
WISI Communications GmbH & Co. KG
Recent Developments in the Market:
 In September 2023, CommScope released a new virtualized cable modem termination system (vCMTS), as part of many CableLabs (US) interoperability events, CommScope confirmed the ability to run a DOCSIS 4.0 modem with its current generation of CMTS systems. CommScope achieved approximately 8.7 gigabits per second downstream with the vCore architecture.

Global Cable Modem Termination System Market Report Scope:
 Historical Data – 2020 - 2021
 Base Year for Estimation – 2022
 Forecast period - 2023-2030
 Report Coverage - Revenue forecast, Company Ranking, Competitive Landscape, Growth factors, and Trends
 Segments Covered - Type, Application, Region
 Regional Scope - North America; Europe; Asia Pacific; Latin America; Middle East & Africa
 Customization Scope - Free report customization (equivalent to up to 8 analysts’ working hours) with purchase. Addition or alteration to country, regional & segment scope*

The objective of the study is to define the market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values for the coming years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within countries involved in the study.

The report also caters to detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges that will define the future growth of the market. Additionally, it also incorporates potential opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with a detailed analysis of the competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Type
Integrated CMTS (I-CMTS)
Modular CMTS (M-CMTS)

By Application
Residential
Commercial
Others

By Region:

North America
U.S.
Canada

Europe
UK
Germany
France
Spain
Italy
ROE

Asia Pacific
China
India
Japan
Australia
South Korea
RoAPAC

Latin America
Brazil
Mexico

Middle East & Africa
Saudi Arabia
South Africa
Rest of Middle East & Africa



ページTOPに戻る


Table of Contents

Chapter 1. Executive Summary
1.1. Market Snapshot
1.2. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2020-2030 (USD Billion)
1.2.1. Cable Modem Termination System Market, by Region, 2020-2030 (USD Billion)
1.2.2. Cable Modem Termination System Market, by Type, 2020-2030 (USD Billion)
1.2.3. Cable Modem Termination System Market, by Application, 2020-2030 (USD Billion)
1.3. Key Trends
1.4. Estimation Methodology
1.5. Research Assumption
Chapter 2. Global Cable Modem Termination System Market Definition and Scope
2.1. Objective of the Study
2.2. Market Definition & Scope
2.2.1. Industry Evolution
2.2.2. Scope of the Study
2.3. Years Considered for the Study
2.4. Currency Conversion Rates
Chapter 3. Global Cable Modem Termination System Market Dynamics
3.1. Cable Modem Termination System Market Impact Analysis (2020-2030)
3.1.1. Market Drivers
3.1.1.1. Growing service provider network infrastructure
3.1.1.2. Upsurge in number of OTT users
3.1.2. Market Challenges
3.1.2.1. High costs of infrastructure modification
3.1.2.2. Bandwidth sharing issues
3.1.3. Market Opportunities
3.1.3.1. Rising Investment in Expanding Broadband Infrastructure
3.1.3.2. Supportive Government Initiatives Towards Digitalization of Cable Networks
Chapter 4. Global Cable Modem Termination System Market Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Suppliers
4.1.2. Bargaining Power of Buyers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.2. Porter’s 5 Force Impact Analysis
4.3. PEST Analysis
4.3.1. Political
4.3.2. Economical
4.3.3. Social
4.3.4. Technological
4.3.5. Environmental
4.3.6. Legal
4.4. Top investment opportunity
4.5. Top winning strategies
4.6. COVID-19 Impact Analysis
4.7. Disruptive Trends
4.8. Industry Expert Perspective
4.9. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Global Cable Modem Termination System Market, by Type
5.1. Market Snapshot
5.2. Global Cable Modem Termination System Market by Type, Performance - Potential Analysis
5.3. Global Cable Modem Termination System Market Estimates & Forecasts by Type 2020-2030 (USD Billion)
5.4. Cable Modem Termination System Market, Sub Segment Analysis
5.4.1. Integrated CMTS (I-CMTS)
5.4.2. Modular CMTS (M-CMTS)
Chapter 6. Global Cable Modem Termination System Market, by Application
6.1. Market Snapshot
6.2. Global Cable Modem Termination System Market by Application, Performance - Potential Analysis
6.3. Global Cable Modem Termination System Market Estimates & Forecasts by Application 2020-2030 (USD Billion)
6.4. Cable Modem Termination System Market, Sub Segment Analysis
6.4.1. Residential
6.4.2. Commercial
6.4.3. Others
Chapter 7. Global Cable Modem Termination System Market, Regional Analysis
7.1. Top Leading Countries
7.2. Top Emerging Countries
7.3. Cable Modem Termination System Market, Regional Market Snapshot
7.4. North America Cable Modem Termination System Market
7.4.1. U.S. Cable Modem Termination System Market
7.4.1.1. Type breakdown estimates & forecasts, 2020-2030
7.4.1.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2020-2030
7.4.2. Canada Cable Modem Termination System Market
7.5. Europe Cable Modem Termination System Market Snapshot
7.5.1. U.K. Cable Modem Termination System Market
7.5.2. Germany Cable Modem Termination System Market
7.5.3. France Cable Modem Termination System Market
7.5.4. Spain Cable Modem Termination System Market
7.5.5. Italy Cable Modem Termination System Market
7.5.6. Rest of Europe Cable Modem Termination System Market
7.6. Asia-Pacific Cable Modem Termination System Market Snapshot
7.6.1. China Cable Modem Termination System Market
7.6.2. India Cable Modem Termination System Market
7.6.3. Japan Cable Modem Termination System Market
7.6.4. Australia Cable Modem Termination System Market
7.6.5. South Korea Cable Modem Termination System Market
7.6.6. Rest of Asia Pacific Cable Modem Termination System Market
7.7. Latin America Cable Modem Termination System Market Snapshot
7.7.1. Brazil Cable Modem Termination System Market
7.7.2. Mexico Cable Modem Termination System Market
7.8. Middle East & Africa Cable Modem Termination System Market
7.8.1. Saudi Arabia Cable Modem Termination System Market
7.8.2. South Africa Cable Modem Termination System Market
7.8.3. Rest of Middle East & Africa Cable Modem Termination System Market

Chapter 8. Competitive Intelligence
8.1. Key Company SWOT Analysis
8.1.1. Company 1
8.1.2. Company 2
8.1.3. Company 3
8.2. Top Market Strategies
8.3. Company Profiles
8.3.1. Arris International Limited
8.3.1.1. Key Information
8.3.1.2. Overview
8.3.1.3. Financial (Subject to Data Availability)
8.3.1.4. Product Summary
8.3.1.5. Recent Developments
8.3.2. Cisco Systems, Inc
8.3.3. Huawei Technologies Co., Ltd
8.3.4. Casa Systems, Inc
8.3.5. Chongqing Nanjing Jinghong Communications Equipment Co., Ltd.
8.3.6. Coaxial Networks America, Inc
8.3.7. Gainspeed, Inc
8.3.8. Sumavision Technologies Co., Ltd
8.3.9. Vecima Networks Inc
8.3.10. WISI Communications GmbH & Co. KG
Chapter 9. Research Process
9.1. Research Process
9.1.1. Data Mining
9.1.2. Analysis
9.1.3. Market Estimation
9.1.4. Validation
9.1.5. Publishing
9.2. Research Attributes
9.3. Research Assumption

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

Bizwit Research & Consulting LLP 社の最新刊レポート


よくあるご質問


Bizwit Research & Consulting LLP社はどのような調査会社ですか?


Bizwit Research & Consulting (Bizwit Research & Consulting LLP)は世界の多様なマクロおよびマイクロ経済の動向を継続的に調査しています。 ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る