世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

バイクとスクーターシェアリングのテレマティックス市場 - 第3版


The Bike and Scootersharing Telematics Market - 3rd Edition

概要 バイクシェアリングとスクーターシェアリング市場の最新動向は?Berg Insightは、バイクシェアリング・スキームに導入されている車両数は、2022年末の2,370万台から2027年までに3,520万台へと年... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2023年12月15日 Eur1,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
125 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

バイクシェアリングとスクーターシェアリング市場の最新動向は?Berg Insightは、バイクシェアリング・スキームに導入されている車両数は、2022年末の2,370万台から2027年までに3,520万台へと年平均成長率8.2%で増加すると予測している。同時に、スクーターシェアリングサービスで利用可能なスクーターの台数も、2022年末の160万台から2027年には300万台へと年平均成長率13.4%で増加する。本レポートでは、ステーション型、フリーフロー型のバイクシェアリングとスクーターシェアリングのコンセプトを含むすべてのセグメントについて解説しています。マイクロモビリティの組織、ベンダー、製品、市場に関する最新情報をお届けします。

 


 

バイクとスクーターのシェアリングテレマティクス市場は、世界のコネクテッドマイクロモビリティ市場の最新動向を分析したBerg Insightの戦略レポート第3弾です。Berg Insight社のこの戦略的調査レポートは、5年間の業界予測や専門家による解説など、125ページにわたる独自のビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の判断材料としてご活用いただけます。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする30社のエグゼクティブ・インタビューからの洞察
  • 世界中のバイクシェアリングとスクーターシェアリングのフリートに関する新しいデータ
  • コネクテッドバイクシェアリングとスクーターシェアリングのバリューチェーンの包括的な概要
  • 市場動向と主要開発の詳細分析
  • 27社のテクノロジーベンダーとその提案の詳細プロフィール
  • 50件の共有マイクロモビリティイニシアチブのケーススタディ
  • 2027年までの地域別市場予測

マイクロモビリティ共有車両は2027年に3,820万台に達する

ほとんどの先進国では、乗用車と小型トラックが主要な交通手段となっている。大都市圏における自動車旅行の大半は、1人だけが乗車する単独旅行であり、自動車の利用時間は1日平均1時間程度に過ぎない。バイクシェアリングやスクーターシェアリングは、他の交通手段を補完したい人々が利用できるようになった、共有型のマイクロモビリティサービスである。その他のモビリティサービスの例としては、従来のカーシェアリング、相乗り、ライドシェアリング、タクシー、ライドソーシングサービスなどがある。これらのモビリティサービスの多くは、交通費の削減、所有責任の軽減による利便性の向上、渋滞や環境への影響の軽減を目的としている。

マイクロモビリティとは、都市部における共有モビリティサービスのことで、自転車やスクーターなどの軽車両を、有料会員やコミュニティに短期間レンタルするものである。このサービスは、都市部の混雑を緩和し、自動車利用や自動車保有を減らすことで、都市部の景観を改善し、大気汚染を減らすことを目的としている。利用料金は通常、分単位/時間単位で課金され、料金には駐車場代、燃料代、充電代、メンテナンス代が含まれる。サービスは一般的に、0~10kmの短距離移動に利用される。バイクシェアリングは、分散型自転車レンタルサービスの一種で、通常は短期レンタルに重点を置き、徒歩や公共交通機関を含む他の交通手段を補完する。スクーターシェアリングは、電動スクーターを提供するサービスである。車両は通常、座るタイプの電動スクーターか、立つタイプの電動スクーターである。現在、ほとんどの事業者は、フリーフローティング型とステーション型という2つの運営モデルを採用している。ステーションベースの運営モデルでは、会員は都市内の指定されたステーションで車両を受け取り、返却することができる。フリーフローティングの運行モデルは、急速に利用者と乗車数を増やしている。フリー・フローティングサービスとは、指定されたエリア内であればどこでも車両を送迎できることを意味する。

テレマティクスシステムとスマートフォンという新しいテクノロジーは、バイクシェアリングやスクーターシェアリングのマイクロモビリティ・サービスを実現する重要な要素である。フリーフローティングサービスのほとんどは、トリップデータを取得するためのオンボードコンピュータとテレマティクス・デバイスで構成されるテレマティクスシステムを包含し、フリート管理を可能にし、スマートフォンアプリを通じて車両へのアクセスを許可する。ソフトウェアプラットフォームには、車載機器の管理から、車両管理、予約管理、課金、ダッシュボードやデータ分析による運行管理まで、マイクロモビリティ事業のすべての運営活動をサポートできる完全なシステムが含まれる。コネクテッドバイクロック、ステーション型バイクシェアリングのインフラ、ソフトウェアプラットフォームなど、マイクロモビリティ技術の主要ベンダーには、Conneqtech、Nextbike、Fifteen、Vaimoo、PBSCなどがある。主要なマイクロモビリティテレマティクスソリューションプレーヤーには、Comodule、Drover AI、Invers、Luna Systems、Vulogが含まれる。

Berg Insightは、2022年末の世界のシェアードマイクロモビリティの総車両数は約2,530万台に達すると推定している。配備車両数では、無料のフローティングバイクシェアリングが最も優勢なサービスであった。Berg Insightは、2027年末にはバイクシェアリング車両が世界で3,520万台に達し、座位と立位のスクーターで構成されるスクーターシェアリング車両は約300万台に達すると予測している。規制環境はこの市場の将来に大きな影響を与えるだろう。規制当局は、路上走行が許可される車両の種類、ヘルメットの要件、および許可されるオペレーターと車両の数を制限するオペレーターライセンスの付与を決定する。

商業的なマイクロモビリティサービスは、バイクシェアリングやスクーターシェアリングの専門会社、地方自治体、公共交通事業者、その他の共有モビリティ事業者によって提供されている。フリーフローティングの大手バイクシェアリング事業者の例としては、Meituan Bike、Hellobike、Didi(Qingju)などがある。ステーション型バイクシェアリング事業者には、Nextbike、Bixi Montreal、Forest、Call a Bike by DB Connect、Docomo Cycle、Hello Cycling、JCDecaux、Mevo、Tembiciなどがある。座って利用するスクーターシェアリングでは、インドのVogo、Yulu、トルコのMarti Technologies、欧州のCooltra、Cityscoot、Felyx、Emmy、Check、北米のRevel、台湾のGoShare、WeMoなどがある。スタンドアップスクーターシェアリングサービスは2017年から2018年にかけて初めて開始された。この市場は過去数年間に大きく成長し、このセグメントの大手事業者には、Tier Mobility、Bolt、Voi Technologies、Lime、Bird、Swing Mobility、Urent、Whooshなどがある。この市場では近年、エコシステムの多くの部分から多様なプレーヤーを巻き込んだ大きなM&Aが行われている。2023年の注目すべき取引は、BirdによるTier MobilityからのSpinの買収である。

本レポートは以下の質問に答えます

  • シェアードマイクロモビリティ業界の現状は?
  • 主要なテクノロジープラットフォームプロバイダーは?
  • 主要なマイクロモビリティ・テレマティクスサービスプロバイダーは?
  • 自動車メーカーやその他のモビリティ企業は、市場でどのような位置づけにあるのか?
  • 現在、大手サービスプロバイダーはどのようなマイクロモビリティサービスを提供しているのか?
  • バイクシェアリングやスクーターシェアリングの事業者はどのようなビジネスモデルを採用しているのか?
  • 規制の動向は今後数年間、この市場にどのような影響を与えるのか?
  • 欧州、北米、その他の地域で、市場はどのように発展していくのか?


ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図の一覧

エグゼクティブサマリー

1 マイクロモビリティ概要

1.1 概要
1.1.1 地域別乗用車保有台数
1.1.2 乗用車の新規登録動向
1.1.3 自転車とスクーターの利用状況
1.1.4 シェアードモビリティサービス
1.2 市場動向
1.2.1 自動車利用のピークと自動車保有台数
1.2.2 シェアリングエコノミー
1.3 マイクロモビリティサービスの概要
1.3.1 バイクシェアリングサービス
1.3.2 スクーターシェアリングサービス
1.3.3 運用モデル
1.4 世界のマイクロモビリティサービス
1.4.1 欧州のマイクロモビリティ
1.4.2 北米のマイクロモビリティ
1.4.3 アジア太平洋地域のマイクロモビリティ
1.4.4 マイクロモビリティサービスプロバイダーの概要
1.4.5 ビジネスモデル
1.5 マイクロモビリティのテレマティクスインフラストラクチャ
1.5.1 車両セグメント
1.5.2 トラッキングセグメント
1.5.3 ネットワークセグメント
1.5.4 サービスセグメント

2 市場予測と動向

2.1 自転車シェアリング市場予測
2.1.1 欧州のバイクシェアリング
2.1.2 北米におけるバイクシェアリング
2.1.3 その他の地域におけるバイクシェアリング
2.1.4 バイクシェアリング技術ベンダーの市場シェア
2.2 スクーターシェアリング市場予測
2.2.1 欧州におけるスクーターシェアリング
2.2.2 北米におけるスクーターシェアリング
2.2.3 その他の地域におけるスクーターシェアリング
2.2.4 スクーターシェアリングサービスプロバイダー
2.3 規制環境
2.4 市場動向と業界観察
2.4.1 マイクロモビリティは他のモビリティサービスとの統合が進んでいる
2.4.2 マイクロモビリティと公共交通のエコシステムは融合する
2.4.3 都市は様々なタイプのマイクロモビリティを受け入れるようになる
2.4.4 マイクロモビリティ事業者は、より頑丈な車両を使用するようになる
2.4.5 スクーターは工場出荷時にテレマティクスシステムを標準装備している
2.4.6 通信業界のプレーヤーはマイクロモビリティサービスに賭ける
2.4.7 マイクロモビリティ市場は統合段階に入った
2.4.8 マイクロモビリティ事業者が高度なテレマティクス技術を採用
2.4.9 都市とモビリティ事業者の関係は大きく変わった
2.4.10 車両利用率が最も重要なKPIとなった

3 マイクロモビリティ事業者

3.1 マイクロモビリティ専門オペレーター
3.1.1 Beam Mobility
3.1.2 Blinkee.city
3.1.3 Bolt
3.1.4 Dott
3.1.5 Helbiz (Micromobility.com)
3.1.6 Lime
3.1.7 Lyft
3.1.8 Marti Technologies
3.1.9 Neuron Mobility
3.1.10 RideMovi
3.1.11 Swing Mobility
3.1.12 Tier Mobility
3.1.13 Yulu
3.2 専門のバイクシェアリング事業者
3.2.1 Anywheel
3.2.2 Bixi Montreal
3.2.3 Blue-bike
3.2.4 Call a Bike by DB Connect
3.2.5 DiDi (Qingju)
3.2.6 Docomo Cycle
3.2.7 Donkey Republic
3.2.8 Forest
3.2.9 Freebike
3.2.10 Hello Cycling
3.2.11 Hellobike
3.2.12 JCDecaux (Cyclocity)
3.2.13 Meituan Bike
3.2.14 Mevo (Rower Metropolitalny)
3.2.15 MYBYK
3.2.16 Nextbike (Tier Mobility)
3.2.17 SG Bike
3.2.18 Tembici
3.3 スタンドアップスクーターシェアリング専門事業者
3.3.1 Bird
3.3.2 BinBin
3.3.3 Hop
3.3.4 Poppy
3.3.5 Ryde Technology
3.3.6 Spin (Bird)
3.3.7 Superpedestrian
3.3.8 Urent
3.3.9 Voi Technology
3.3.10 Whoosh
3.4 座位スクーターシェアリング専門事業者
3.4.1 Acciona
3.4.2 Cityscoot
3.4.3 Cooltra
3.4.4 Emmy (GoTo Global)
3.4.5 Felyx
3.4.6 GoShare
3.4.7 Revel
3.4.8 Vogo (Chalo Mobility Services)
3.4.9 WeMo

4 テクノロジーベンダー

4.1 バイクシェアリング専門技術ベンダー
4.1.1 Conneqtech
4.1.2 DropBike (Drop Mobility)
4.1.3 Fifteen
4.1.4 Haveltec
4.1.5 PBSC Urban Solutions (Lyft)
4.1.6 Vaimoo
4.1.7 Youon Bike Technologies
4.2 マイクロモビリティ・テレマティクス・ソリューション・ベンダー
4.2.1 Comodule
4.2.2 Drover AI
4.2.3 Invers
4.2.4 Luna Systems
4.2.5 OCTO Telematics
4.2.6 Omni Intelligent Technology
4.2.7 Queclink Wireless Solutions
4.2.8 Teltonika
4.2.9 Tracefy
4.2.10 Vulog
4.3 マイクロモビリティソフトウェアプラットフォームベンダー
4.3.1 Atom Mobility
4.3.2 ElectricFeel
4.3.3 Good Travel Software
4.3.4 Joyride Technologies
4.3.5 Moqo
4.3.6 ScootAPI
4.3.7 Urban Sharing
4.3.8 Wunder Mobility
4.3.9 Zemtu
4.3.10 Zoba

用語集

 

ページTOPに戻る


プレスリリース

2023-12-15 プレスリリース
マイクロモビリティ共有車両は2027年までに3,820万台に達する

IoTアナリスト企業Berg Insightの新しい市場調査報告書によると、世界で利用可能なマイクロモビリティ車の数は、2022年の2530万台から2027年には3820万台に達する。マイクロモビリティサービスは、自転車やスクーターなどの軽車両を短期間レンタルするシェアモビリティサービスと定義される。マイクロモビリティ市場は、過去数年間、急速な成長、ハイペースでの合併・買収、多くのサービス停止という特徴を持ってきた。Berg Insight社のIoTアナリスト、Martin Cederqvist氏は、「市場は現在、より成熟した段階に達しており、事業者は一般的に、以前はそうでなかった収益性を達成することに重点を置いている」と述べた。

バイクシェアリングは分散型の自転車レンタルサービスで、通常は短期レンタルに重点を置いている。従来、ほとんどのバイクシェアリング事業者は、ステーションベースの運営モデルを採用してきた。この運営モデルでは、会員は都市内の指定されたステーションで車両を受け取り、返却する必要がある。ヨーロッパと北米では、ステーションベースのバイクシェアリングが最も人気のある運営モデルである。また、急速に人気が高まっているのが、会員が指定されたエリア内であればどこでも車両の受け渡しができるフリーフローティングサービスというモデルだ。世界のシェアバイクの総数は、2022年末時点で推定2,370万台に達し、そのうち大半が中国のフリーフローティングバイクである。著名なバイクシェアリング事業者には、Hellobike、Meituan Bike、Didi(Qingju)、JCDecaux、Nextbike(Tier所有)、Hello Cycling、Docomo Cycle、Anywheel、Yulu、RideMovi、Bolt、Lime、Donkey Republicなどがある。

スタンドアップスクーターシェアリング市場はメディアや投資家から注目を集め、2017年の開始以来急成長を遂げている。2022年末には、スタンドアップスクーターのシェア台数は推定150万台に達する。「スタンドアップスクーターの大手事業者には、欧州のBolt、Tier、Voi、北米のBird、Lime、アジア太平洋のNeuron Mobility、Swing Mobility、Beam Mobilityなどがあります」とCederqvist氏は述べた。立ち乗り電動スクーターを取り巻く規制環境は複雑で、地域、国、州、都市レベルによって異なる。現在、一部の都市では、運転免許の取得を義務付けることで、街頭で許可されるスタンドアップスクーターの台数を制限している。市は、市内で許可される事業者の数だけでなく、各事業者が配備できる車両の台数も制限できる。座って利用するスクーターシェアリング市場には、これと同程度の規制はない。2022年末時点で、シェアモビリティスキームにおける 座ったまま使えるスクーターのシェア台数は推定12万台に 達している。主な座位スクーターシェアリング事業者には、インドのVogo、Yulu、トルコのMarti Technologies、欧州のCooltra、CityScoot、Felyx、Emmy、Check、北米のRevel、台湾のGoShare、WeMoなどがある。

テレマティクスは、マイクロモビリティのシェアサービスが始まって以来、重要な要素となっている。バイクシェアリングインフラベンダーは、テレマティクスハードウェアソリューション、ユーザー識別、バイクロック、情報キオスク、フリート管理プラットフォーム、モバイルアプリを含む完全なソリューションを提供している。PBSC(Lyft傘下)、Lyft、Nextbike(Tier)、Fifteen、Vaimoo、Youon Bike Technologies、Conneqtechなど、バイクシェアリングソリューションを専門とする企業がある。スクーターシェアリング事業者は現在、主にスクーターに組み込まれた純正テレマティクスシステムを利用している。シェアードモビリティソフトウェアプラットフォームは、車載機器の管理から、車両管理、予約管理、課金、ダッシュボードやデータ分析による業務監督まで、マイクロモビリティ事業のすべての業務活動をサポートできる完全なシステムで構成されている。主要なマイクロモビリティ・テレマティクスソリューションプロバイダーには、Comodule、Drover AI、Luna Systems、Invers、Teltonika、Queclink、Atom Mobility、Joyride Technologies、Wunder Mobility、Zoba、Urban Sharing、Omni Intelligent Technologyなどがある。「近年、マイクロモビリティ事業者は、歩道走行検知や駐車遵守を保証する機能など、ますます複雑なテレマティクスアプリケーションを追加している。このようなアプリケーションでは、AIや機械学習モデルの利用がますます一般的になっています」とCederqvist氏は締めくくった。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

What are the latest developments on the bikesharing and scootersharing market? Berg Insight estimates that the number of deployed vehicles in bikesharing schemes will grow at a CAGR of 8.2 percent from 23.7 million at the end of 2022 to 35.2 million by 2027. The number of scooters available from scootersharing services will at the same time grow at a CAGR of 13.4 percent from 1.6 million at the end of 2022 to 3.0 million vehicles in 2027. This report explains all segments including station-based and free floating bikesharing and scootersharing concepts. Get up to date with the latest information about micromobility organisations, vendors, products and markets.

 


 

The Bike and Scootersharing Telematics Market is the third strategy report from Berg Insight analysing the latest developments on the connected micromobility markets worldwide. This strategic research report from Berg Insight provides you with 125 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expert commentary on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from 30 executive interviews with market leading companies.
  • New data on bikesharing and scootersharing fleets worldwide.
  • Comprehensive overview of the connected bikesharing and scootersharing value chain.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Detailed profiles of 27 technology vendors and their propositions.
  • Case studies of 50 shared micromobility initiatives.
  • Market forecasts by region lasting until 2027.

The shared micromobility fleet to reach 38.2 million vehicles in 2027

Passenger cars and light trucks are the main modes of transportation in most industrialised countries. The vast majority of car trips in metropolitan areas are drive-alone trips with only one person in the car and vehicles are used for only about one hour per day on average. Bikesharing and scootersharing are shared micromobility services that have become available for people that want to complement other modes of transportation. Examples of other mobility services include traditional carsharing, carpooling, ridesharing, taxi and ridesourcing services. Many of these mobility services aim to decrease the cost of transportation, create convenience through fewer ownership responsibilities, as well as reduce congestion and environmental impact.

Micromobility includes shared mobility services in urban areas that offer short-term rentals of light vehicles such as bikes, scooters or other similar vehicles to paying members or communities. The services aim to reduce urban congestion as well as car usage and car ownership to improve the inner-city landscape and reduce air pollution. Usage is typically billed by the minute/hour with rates that include parking, fuel or charging and maintenance. The services are generally used for short trips between 0–10 kilometres. Bikesharing is a kind of decentralised bicycle rental service, usually focusing on short term rentals that supplements other modes of transport including walking and public transport. Scootersharing services offer motorised scooters. The vehicles are usually sit-down electric scooters or stand-up electric scooters. Today, most operators use two operational models – free floating and station-based. The station-based operational model enables members to pick up and return the vehicle at any designated station in a city. The free floating operational model is rapidly gaining users and rides. Free floating services mean that vehicles can be picked up and dropped off anywhere within a designated area.

New technologies in the form of telematics systems and smartphones are key enablers of bikesharing and scootersharing micromobility services. Free floating services mostly encompass a telematics system that comprises an on-board computer and a telematics device for capturing trip data, enable fleet management and grant access to the vehicle through a smartphone app. Software platforms include complete systems that can support all the operational activities of a micromobility operation ranging from management of in-vehicle equipment, fleet management, booking management, billing, as well as operations supervision via dashboards and data analytics. Leading vendors of micromobility technology such as connected bike locks, infrastructure for station-based bikesharing and software platforms include Conneqtech, Nextbike, Fifteen, Vaimoo and PBSC. Leading micromobility telematics solution players include Comodule, Drover AI, Invers, Luna Systems and Vulog.

Berg Insight estimates that the total shared micromobility fleet worldwide reached approximately 25.3 million vehicles at the end of 2022. Free floating bikesharing was the most dominant service in terms of deployed vehicles. Berg Insight forecasts that the bikesharing fleet will reach 35.2 million globally by the end of 2027 and the scootersharing fleet comprising both sit-down and stand-up scooters will then reach approximately 3.0 million vehicles. The regulatory environment will have a considerable impact on the future for this market. Regulators decide the types of vehicles allowed on the road, helmet requirements as well as award operator licenses that limit the number of operators and vehicles allowed.

Commercial micromobility services are offered by specialist bikesharing and scootersharing companies, local governments, public transport operators as well as other shared mobility operators. Examples of leading free floating bikesharing operators include Meituan Bike, Hellobike and Didi (Qingju). Station-based bikesharing operators include Nextbike, Bixi Montreal, Forest, Call a Bike by DB Connect, Docomo Cycle, Hello Cycling, JCDecaux, Mevo and Tembici. Leading sit-down scootersharing operators include Vogo and Yulu in India; Marti Technologies in Turkey; Cooltra, Cityscoot, Felyx, Emmy and Check in Europe; Revel in North America as well as GoShare and WeMo in Taiwan. Stand-up scootersharing services was first launched in 2017–2018. The market has grown significantly during the past years and the leading operators in this segment include Tier Mobility, Bolt, Voi Technologies, Lime, Bird, Swing Mobility, Urent and Whoosh. There has been significant M&A activity on this market in recent years, involving diverse players from many parts of the ecosystem. A notable deal in 2023 was Bird’s acquisition of Spin from Tier Mobility.

This report answers the following questions:

  • What is the current status of the shared micromobility industry?
  • Which are the leading technology platform providers?
  • Which are the leading micrombility telematics service providers?
  • How are carmakers and other mobility companies positioning themselves on the market?
  • What micromobility services are available from leading service providers today?
  • What business models are used by bikesharing and scootersharing operators?
  • How will the regulatory developments affect this market in the next years?
  • How will the market evolve in Europe, North America and other parts of the world?


ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    Introduction to Micromobility

1.1    Introduction
1.1.1    Passenger cars in use by region
1.1.2    The new passenger car registration trends
1.1.3    Bicycle and scooter usage
1.1.4    Shared mobility services
1.2    Market trends
1.2.1    Peak car use and car ownership
1.2.2    The sharing economy
1.3    Overview of micromobility services
1.3.1    Bikesharing services
1.3.2    Scootersharing services
1.3.3    Operational models
1.4    Micromobility services worldwide
1.4.1    Micromobility in Europe
1.4.2    Micromobility in North America
1.4.3    Micromobility in Asia-Pacific
1.4.4    Overview of micromobility service providers
1.4.5    Business models
1.5    Micromobility telematics infrastructure
1.5.1    Vehicle Segment
1.5.2    Tracking segment
1.5.3    Network segment
1.5.4    Service segment

2    Market Forecasts and Trends

2.1    Bikesharing market forecasts
2.1.1    Bikesharing in Europe
2.1.2    Bikesharing in North America
2.1.3    Bikesharing in Rest of World
2.1.4    Bikesharing technology vendor market shares
2.2    Scootersharing market forecasts
2.2.1    Scootersharing in Europe
2.2.2    Scootersharing in North America
2.2.3    Scootersharing in Rest of World
2.2.4    Scootersharing service providers
2.3    Regulatory environment
2.4    Market trends and industry observations
2.4.1    Micromobility is becoming increasingly integrated with other mobility services
2.4.2    Micromobility and public transport ecosystems to converge
2.4.3    Cities will embrace various types of micromobility
2.4.4    Micromobility operators now use more ruggedized vehicles
2.4.5    Scooters are equipped with factory-installed telematics systems as standard
2.4.6    Telecoms industry players bet on micromobility services
2.4.7    The micromobility market has entered a consolidation phase
2.4.8    Micromobility operators adopt advanced telematics technology
2.4.9    The relationship between cities and mobility operators has changed drastically
2.4.10    Vehicle utilisation has become the most important KPI

3    Micromobility Operators

3.1    Specialist micromobility operators
3.1.1    Beam Mobility
3.1.2    Blinkee.city
3.1.3    Bolt
3.1.4    Dott
3.1.5    Helbiz (Micromobility.com)
3.1.6    Lime
3.1.7    Lyft
3.1.8    Marti Technologies
3.1.9    Neuron Mobility
3.1.10    RideMovi
3.1.11    Swing Mobility
3.1.12    Tier Mobility
3.1.13    Yulu
3.2    Specialist bikesharing operators
3.2.1    Anywheel
3.2.2    Bixi Montreal
3.2.3    Blue-bike
3.2.4    Call a Bike by DB Connect
3.2.5    DiDi (Qingju)
3.2.6    Docomo Cycle
3.2.7    Donkey Republic
3.2.8    Forest
3.2.9    Freebike
3.2.10    Hello Cycling
3.2.11    Hellobike
3.2.12    JCDecaux (Cyclocity)
3.2.13    Meituan Bike
3.2.14    Mevo (Rower Metropolitalny)
3.2.15    MYBYK
3.2.16    Nextbike (Tier Mobility)
3.2.17    SG Bike
3.2.18    Tembici
3.3    Specialist stand-up scootersharing operators
3.3.1    Bird
3.3.2    BinBin
3.3.3    Hop
3.3.4    Poppy
3.3.5    Ryde Technology
3.3.6    Spin (Bird)
3.3.7    Superpedestrian
3.3.8    Urent
3.3.9    Voi Technology
3.3.10    Whoosh
3.4    Specialist sit-down scootersharing operators
3.4.1    Acciona
3.4.2    Cityscoot
3.4.3    Cooltra
3.4.4    Emmy (GoTo Global)
3.4.5    Felyx
3.4.6    GoShare
3.4.7    Revel
3.4.8    Vogo (Chalo Mobility Services)
3.4.9    WeMo

4    Technology Vendors

4.1    Specialist bikesharing technology vendors
4.1.1    Conneqtech
4.1.2    DropBike (Drop Mobility)
4.1.3    Fifteen
4.1.4    Haveltec
4.1.5    PBSC Urban Solutions (Lyft)
4.1.6    Vaimoo
4.1.7    Youon Bike Technologies
4.2    Micromobility telematics solution vendors
4.2.1    Comodule
4.2.2    Drover AI
4.2.3    Invers
4.2.4    Luna Systems
4.2.5    OCTO Telematics
4.2.6    Omni Intelligent Technology
4.2.7    Queclink Wireless Solutions
4.2.8    Teltonika
4.2.9    Tracefy
4.2.10    Vulog
4.3    Micromobility software platform vendors
4.3.1    Atom Mobility
4.3.2    ElectricFeel
4.3.3    Good Travel Software
4.3.4    Joyride Technologies
4.3.5    Moqo
4.3.6    ScootAPI
4.3.7    Urban Sharing
4.3.8    Wunder Mobility
4.3.9    Zemtu
4.3.10    Zoba

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2023-12-15 Press releases
The shared micromobility fleet to reach 38.2 million vehicles by 2027

According to a new market research report from the IoT analyst firm Berg Insight, the number of micromobility vehicles available worldwide will reach 38.2 million by 2027, up from 25.3 million vehicles in 2022. Micromobility services are defined as shared mobility services that offer short-term rentals of light vehicles such as bikes, scooters or other similar vehicles. The micromobility market has been characterized by rapid growth, a high pace of merger and acquisitions and many shutdowns of services during the past few years. “The market is now reaching a more mature stage and operators are generally more focused on reaching profitability, which was not the case in previous years”, said Martin Cederqvist, IoT Analyst at Berg Insight.

Bikesharing is a decentralised bicycle rental service, usually focusing on short term rentals. Traditionally, most bikesharing operators have used station-based operational models. This operational model requires members to pick up and return the vehicle at any designated station within a city. In Europe and North America, station-based bikesharing is the most popular operational model. Another model that is rapidly gaining in popularity is free floating services, which enables members to pick up and drop off vehicles anywhere within a designated area. The total number of shared bikes worldwide reached an estimated 23.7 million vehicles at the end of 2022, of which a large majority are free floating bikes in China. Prominent bikesharing operators include Hellobike, Meituan Bike, Didi (Qingju), JCDecaux, Nextbike (owned by Tier), Hello Cycling, Docomo Cycle, Anywheel, Yulu, RideMovi, Bolt, Lime and Donkey Republic.

The stand-up scootersharing market has gained a lot of attention from media and investors and have grown rapidly since its inception in 2017. At the end of 2022, the number of shared stand-up scooters reached an estimated 1.5 million vehicles. “Leading stand-up scooter operators include Bolt, Tier and Voi in Europe, Bird and Lime in North America as well as Neuron Mobility, Swing Mobility and Beam Mobility in Asia-Pacific”, said Mr Cederqvist. The regulatory environment surrounding stand-up electric scooters is complex and varies between region, country, state and city level. Today, some cities limit the number of stand-up scooters allowed on the streets through mandatory operator licences. The cities can both restrict the number of operators allowed in the cities, but also the number of vehicles each operator is allowed to deploy. The sit-down scootersharing market has not been regulated to the same degree. At the end of 2022, the number of shared sit-down scooters in shared mobility schemes reached an estimated 120,000 vehicles. Leading sit-down scootersharing operators include Vogo and Yulu in India; Marti Technologies in Turkey; Cooltra, CityScoot, Felyx, Emmy and Check in Europe; Revel in North America as well as GoShare and WeMo in Taiwan.

Telematics has been a key element since the inception of shared micromobility services. Bikesharing infrastructure vendors provide complete solutions including telematics hardware solutions, user identification and bike locks, information kiosks as well as fleet management platforms and mobile apps. Companies specialising in bikesharing solutions include PBSC (owned by Lyft), Lyft, Nextbike (Tier), Fifteen, Vaimoo, Youon Bike Technologies and Conneqtech. Scootersharing operators now mainly utilise factory-installed telematics systems embedded in the scooters. Shared mobility software platforms moreover comprise complete systems that can support all the operational activities of a micromobility operation ranging from management of in-vehicle equipment, fleet management, booking management, billing as well as operations supervision via dashboards and data analytics. Leading micromobility telematics solution providers include Comodule, Drover AI, Luna Systems, Invers, Teltonika, Queclink, Atom Mobility, Joyride Technologies, Wunder Mobility, Zoba, Urban Sharing and Omni Intelligent Technology. “In recent years, micromobility operators have added increasingly complex telematics applications such as sidewalk riding detection as well as features ensuring parking compliance. The usage of AI and machine learning models are increasingly common in such applications”, concluded Mr Cederqvist.

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同じKEY WORD(バイクシェアリング)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る