世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動車セキュリティにおける生体データの活用:ユーザー認証、車両アクセス/スタート

Biometrics in Automotive Security: User authentication, vehicle access and start

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2020年3月お問い合わせください

※日英データ版で提供します。

サマリー

自動車セキュリティへの生体認証の応用(車両エントリ/スタート)には多くのOEMが関心を寄せています。しかしそのメリットと大衆市場向けソリューションとしての実用性については明らかになっていません。

SBD Automotiveでは、自動車セキュリティに応用されている主な生体認証技術の詳細や市場動向を解説し、車両エントリやスタートといった新しいユースケースの開発を既存のハードウェアで推進できるかといった点について検証したレポート「自動車セキュリティにおける生体データの活用:ユーザー認証、車両アクセス/スタート」を発行いたしました。

 


 

一部のOEMは自動車セキュリティ(エントリ/スタート)に生体認証を使用するメリットを検討していますが、現時点で市場に投入 されている自動車セキュリティシステムで生体認証を採用している事例は5つのみ、かつ市場も中国に限定されており、コスト面や 信頼性などの課題も多く残っています。

一方、欧州委員会はドライバーモニタリングを含む一連の車両安全システムを義務付けており、さらに高度な乗員モニタリングシステム を導入するプロセスにも既に着手しています。この義務化により、生体認証ハードウェアの装着、その中でも赤外線カメラやTOF式 カメラを用いたドライバーモニタリングシステムの装着は増加すると予測されます。OEMにとってはこのようなハードウェアの増加は、 車両エントリやスタートでの生体認証の使用など、既存ハードウェアを活かして他機能の導入を検討する機会となると考えられます。

SBD Automotiveでは自動車セキュリティに応用されている主な生体認証技術の詳細や市場動向を解説し、車両エントリや スタートといった新しいユースケースの開発を既存のハードウェアで推進できるかといった点について検証したレポート 「自動車セキュリティにおける生体データの活用」を発行いたしました。


本書では現在提供中あるいは今後市場化予定の車両アクセスシステムのケーススタディ、 主な生体認証技術の動作原理の説明、現在提供中あるいは今後市場導入予定の 生体認証製品の概要と自動車セキュリティへの適合性について検証しています。

 



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る