世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

防火システムパイプ市場 - 世界の産業規模、シェア、動向、機会、予測 タイプ別(シームレスパイプ、溶接パイプ)、材料別(スチール、CPVC、銅、その他)、エンドユーザー別(住宅用、産業用、商業用)、地域別、競合別セグメント、2019-2029F


Fire Protection System Pipes Market - Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast Segmented By Type (Seamless Pipes and Welded Pipes), By Material (Steel, CPVC, Copper and Others), By End-User (Residential, Industrial and Commercial), By Region, and By Competition, 2019-2029F

世界の防火システムパイプ市場は、2023年に167億2000万米ドルと評価され、2029年までの年平均成長率は6.19%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。製造業、石油・ガス、居住空間など、さまざまな分野で... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2024年4月3日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
186 英語

 

サマリー


世界の防火システムパイプ市場は、2023年に167億2000万米ドルと評価され、2029年までの年平均成長率は6.19%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。製造業、石油・ガス、居住空間など、さまざまな分野で火災事故が頻発するようになったことで、高度な防火システムの需要が高まっている。これが、防火システム用パイプの需要を牽引している。
主な市場促進要因
厳しい規制基準と建築基準法
世界の防火システムパイプ市場は、世界中で規制基準や建築基準法がますます厳しくなっていることが大きな要因となっている。政府や規制機関は、住宅、商業施設、工業施設における火災安全の重要性を継続的に強調している。火災の危険性に対する懸念の高まりへの対応として、高度な防火システムの設置を義務付ける厳しい規制の施行が急増している。これらの規制は、配管を含む防火システムの構成部品について特定の基準を定めていることが多い。
多くの地域では、これらの規格への準拠は法的要件であるだけでなく、建設プロジェクトに必要な許可を得るためにも不可欠です。このため、所定の規制基準を満たすか、それを上回る防火システム用パイプの需要が高まっている。同市場のメーカーは、優れた耐火性、耐久性、厳格な規制への適合を実現するパイプを革新的に製造するため、研究開発に投資している。不十分な防火対策がもたらす潜在的な影響に対する意識の高まりが、エンドユーザーに高品質の防火システム用パイプへの投資を促し、市場の成長をさらに後押ししている。
都市化の進展とインフラ整備
急速な都市化とインフラ整備という世界的なトレンドが進行していることも、世界の防火システム配管市場の成長を後押しする重要な要因となっている。都市人口の増加に伴い、住宅や商業ビル、空港、病院、工業施設などの重要インフラの建設も増加している。都市部には人や資産が集中しているため、火災事故に伴うリスクを軽減するために防火安全対策を強化する必要がある。
防火システム配管は、自動スプリンクラー・システムやその他の消火システムの不可欠な部分を形成し、これらの対策において重要な役割を果たしている。都市景観の拡大と弾力性のある防火インフラの必要性が、防火システム配管の需要を促進している。さらに、最新の防火システムには効率と応答性を高める高度な配管ソリューションが組み込まれていることが多いため、スマートビルディング技術の統合が市場をさらに押し上げている。
火災安全に対する意識の高まり
世界の防火システム配管市場に影響を与える重要な促進要因は、個人と組織の両方における防火安全に対する意識の高まりである。注目を集めた事件や、火災緊急事態の潜在的な影響に対する理解の高まりが、関係者に防火対策を優先するよう促している。こうした意識の高まりは、住宅、商業、工業などさまざまな分野に及んでいる。
エンドユーザーは、高品質のパイプを含む堅牢な防火システムに投資することの重要性をますます認識するようになっている。このような認識が火災安全に対する積極的なアプローチを促進し、火災を効果的に封じ込め、鎮火することができる高度な防火システム用パイプの需要を促進している。市場の各メーカーは、耐食性、耐久性、設置の容易さなどの機能を強化した製品を提供することで、この傾向を活用し、現在ではそれぞれの環境における火災の安全性についてより多くの情報と意識を持つようになった顧客の進化するニーズに対応している。教育イニシアティブや意識向上キャンペーンが防火の重要性を強調し続けていることから、防火システム用パイプ市場は持続的な成長が見込まれている。
主な市場課題
コスト制約と予算制限
世界の防火システムパイプ市場が直面する重要な課題の1つは、エンドユーザーにおけるコスト制約と予算制限の蔓延である。防火対策は、個人の安全や資産の保全のために極めて重要であるが、特に経済状況が芳しくない地域では、関連コストが多くの顧客にとっての抑止力になる可能性がある。高品質の配管を含む包括的な防火システムの設置には、多額の資金が必要です。
エンドユーザーの多く、特に住宅や中小企業分野では、予算が限られているため、建設や施設管理の他の側面を優先する場合があります。この課題は、防火対策が選択肢ではなく必需品とみなされることが多いという事実によってさらに複雑化し、企業や個人が高度な防火システム用パイプに十分な資金を割り当てることを困難にしている。市場のメーカーは、効果的な防火対策に必要な品質とコンプライアンスに妥協することなく、費用対効果の高いソリューションを開発するという課題に直面しており、この課題に正面から取り組んでいます。
世界標準の統一性の欠如
防火システムの世界標準が統一されていないことは、業界にとって大きな課題となっています。地域や国によって、パイプのような防火システム・コンポーネントの仕様を含め、防火安全に関する独自の規制、基準、規範が存在します。このような標準化の欠如は、世界規模で事業を展開する市場関係者にとって、製造、流通、設置のプロセスを複雑にしている。
世界の防火システム用パイプ市場に参入している企業は、多様な規制要件が複雑に絡み合う状況を乗り切らなければならず、その結果、さまざまな規格への適合を確保するために追加コストやリソースを割かなければならなくなる。特に多国籍企業にとっては、事業を展開する各地域特有の需要に自社製品を適合させなければならないため、この課題は顕著である。グローバルスタンダードを調和させるか、より大きな整合性を促進することで、この課題を軽減し、プロセスを合理化し、よりまとまりのある効率的な市場環境を育むことができるだろう。
技術の進歩と統合の複雑さ
技術の進歩は市場成長の原動力と見なされることが多いが、同時に世界の防火システムパイプ市場にとっては課題でもある。スマートビルディング・システムやIoT(モノのインターネット)アプリケーションなどの最先端技術を防火ソリューションに統合すると、互換性、相互運用性、システム管理の面で複雑さが生じる。
エンドユーザーは、リアルタイムの監視、遠隔制御機能、予知保全のためのデータ分析などを提供するインテリジェントな防火システムをますます求めるようになっています。しかし、これらの機能を防火システム配管に組み込むには、高度な技術的専門知識と研究開発への投資が必要です。メーカー各社は、自社製品が使いやすく既存のインフラとの互換性を維持できるようにしながら、技術面で時代の先端を行くという課題に直面している。
さらに、技術進化のペースが速いため、特定の製品の陳腐化が懸念されることもあり、企業はイノベーションにダイナミックなアプローチを採用する必要がある。こうした課題に対処するには、メーカー、技術プロバイダー、規制機関が協力して、先進技術を防火システムにシームレスに統合するためのガイドラインと基準を確立する必要がある。
主な市場動向
性能向上のための先端材料の採用
世界の防火システム用パイプ市場を形成している顕著な傾向は、防火システム用パイプの性能と耐久性を強化するための先端材料の採用が増加していることです。鉄や銅のような伝統的な材料は業界の定番でしたが、最近の技術革新により、耐腐食性、軽量構造、設置の容易さなどの特性を改善した代替材料が導入されつつあります。
例えば、繊維強化プラスチック(FRP)パイプは、その高い強度対重量比、耐腐食性、厳しい環境下での耐久性により、人気を集めています。これらのパイプは堅牢なだけでなく、コスト効率も高く、防火システムの全体的な効率化に貢献しています。高密度ポリエチレン(HDPE)を含むポリマーベースのパイプも、柔軟性、長寿命、化学薬品や摩耗に対する耐性で知られ、人気のある選択肢として浮上している。
先端材料の採用は、建設業界における技術革新の広範な傾向と一致している。メーカーが研究開発への投資を続ける中、市場は厳しい規制要件を満たすだけでなく、持続可能で長期的なソリューションを提供する材料へのシフトを目の当たりにしている。この傾向は、多様な用途における防火システム配管の全体的な信頼性と性能を高めるという業界のコミットメントを反映している。
防火システム配管におけるIoTとスマート技術の統合
世界の防火システムパイプ市場に影響を与える変革的なトレンドは、防火システムへのモノのインターネット(IoT)とスマート技術の統合です。世界の相互接続が進むにつれ、防火対策の有効性と応答性を高めるインテリジェントな自動化ソリューションへの需要が高まっている。このトレンドは、防火システム配管の監視、制御、管理に新たなレベルの高度化をもたらし、火災安全の状況を再構築しています。
IoT対応のセンサーやデバイスが防火システムに組み込まれ、温度、湿度、煙レベルなどの状態をリアルタイムで監視できるようになっている。このデータを処理することで、潜在的な火災の危険性を早期に検知し、迅速な対応と緩和を図ることができる。また、スマートテクノロジーは遠隔監視と制御を容易にするため、施設管理者や緊急対応者は重要な情報にアクセスし、どこからでも事前対策を講じることができる。
IoTの統合は、防火システムの効率を高めるだけでなく、建物と居住者の全体的な安全性にも貢献する。例えば、火災が発生した場合、スマート・システムは防火配管に接続されたスプリンクラー・システムを自動的に作動させ、対応時間を短縮し、被害を最小限に抑えることができる。この傾向は、最先端の技術を活用し、現代のインフラや建設プロジェクトの進化するニーズに沿った、よりスマートで適応性の高い防火ソリューションを生み出すという業界のコミットメントを強調するものである。
セグメント別インサイト
材料の洞察
2023年には、鉄鋼セグメントが支配的なセグメントとして浮上した。スチールセグメントは、世界の防火システムパイプ市場において重要な役割を果たしており、市場全体のダイナミクスに大きく貢献している。鉄鋼は、防火システムパイプの製造において伝統的に広く使用されてきた材料であり、その継続的な関連性は市場のいくつかの側面において明らかである。
鋼管はその耐久性と強度で有名であり、防火システムに好適な選択肢となっている。鋼管固有の構造的完全性により、鋼管は長期にわたる設置、使用、環境条件の厳しさに耐えることができます。この特性は、配管システムの信頼性が火災事故への効果的でタイムリーな対応に最も重要である防火において特に重要です。鋼鉄の頑丈な性質は、防火システムの長寿命化に貢献し、建物や資産を保護するための信頼性と耐久性のあるインフラストラクチャを提供します。
防火システム配管におけるスチールの主な利点のひとつは、熱や火災に対する耐性です。鋼管は高温下でも構造的完全性を維持し、これは火災時の緊急事態において極めて重要です。火災が発生した場合、鋼管を含む防火システムは、火災を抑制し、居住者と資産を保護するために効果的に機能し続けなければなりません。高温下でも変形に耐え、強度を維持する鋼鉄の能力は、防火インフラの信頼性を保証します。
エンドユーザーの洞察
商業セグメントは予測期間中に急成長すると予測されている。商業セグメントは、世界の防火システムパイプ市場の重要かつダイナミックな構成要素であり、広範な商業用建物に防火安全ソリューションを提供する上で重要な役割を果たしている。このセグメントには、オフィス、小売スペース、ホテル、教育機関、医療施設など、さまざまな種類の商業施設が含まれる。
商業施設分野は、堅牢な防火システムの設置を義務付ける厳しい建築基準法や規制の影響を大きく受けている。世界中の政府や規制機関は、商業ビルにおける火災安全の重要性をますます強調するようになっており、高度な防火システム用パイプの需要を促進しています。これらの規格への準拠は法的要件であるだけでなく、入居許可を得るためにも不可欠であり、市場の成長に影響を与えている。
商業部門では、防火システムにスマートビルディング技術を統合する傾向が見られる。ビルの所有者や管理者は、火災検知、対応、全体的な安全性を強化するために、センサー、自動化、データ分析を使用するインテリジェント・システムへの投資を増やしている。商業ビルの防火システム配管は、自動的にアラームを作動させ、スプリンクラーを作動させ、監視と管理のためのリアルタイムデータを提供できる相互接続システムの一部である可能性があります。
地域別洞察
2023年には北米が圧倒的な地域となり、最大の市場シェアを占めている。北米は、火災安全基準を管理する確立された厳しい規制環境が特徴である。米国とカナダには包括的な建築基準法と規制があり、さまざまな構造物に防火システム配管を含む効果的な防火システムの設置を義務付けている。スプリンクラー・システムに関するNFPA13などの全米防火協会(NFPA)規格は、市場の形成に重要な役割を果たしている。これらの規格への準拠は法的要件であるだけでなく、建設プロジェクトに必要な許可を得るためにも極めて重要である。規制の状況は、この地域で高品質の防火システム配管を採用するための重要な推進力として機能する。
製造業、医療、商業不動産、テクノロジーなどの産業を網羅する北米の多様な経済状況は、防火システム配管市場の成長に寄与している。各産業は、防火に対する独自の要件を持っており、特殊な配管システムに対する多様な需要につながっている。例えば、産業分野では過酷な環境に耐える堅牢な配管が必要とされ、商業分野ではスマートビルへの統合が優先されます。これらの産業のダイナミックな性質は、防火ソリューションの絶え間ない革新を促し、防火システム配管の開発と採用に影響を与えている。
北米における都市化と進行中のインフラ開発プロジェクトは、防火システム配管の需要に貢献している。都市が拡大し、新しい商業施設や住宅が建設されるにつれて、信頼性の高い防火システムの必要性が顕著になります。この傾向は、高密度の建物や重要なインフラ・プロジェクトが普及している大都市圏で特に顕著である。都市部の成長に伴い、高度な防火システムの設置が必要となり、防火システム用パイプ市場の繁栄の機会が生まれている。
近年、北米では環境の持続可能性とグリーンビルディングの実践が重視されるようになっている。この傾向は防火システム用パイプに使用される材料にも影響を与え、環境に優しくリサイクル可能な材料への需要が高まっている。メーカー各社は、環境への影響を最小限に抑えるコーティングを施したパイプを開発することで、この地域の持続可能性への取り組みに対応している。
北米地域は、厳しい規制、技術の進歩、多様な産業分野、都市化、環境の持続可能性への関心の高まりなどを背景に、世界の防火システム用パイプ市場の主要プレーヤーとなっている。この地域特有の需要に対応するためには、市場プレーヤーは規制の変化に後れを取らず、技術革新を取り入れ、北米内の様々な産業特有のニーズに応える必要がある。
主要市場プレイヤー
ジョンソンコントロールズ・インターナショナル PLC
タタ・スチール・リミテッド
シモナAG
アストラル
チャイナ・レッソ・グループ・ホールディングス
ミューラー・インダストリーズ社
ジンダル インダストリーズ社
河南基倫貿易有限公司
ミニマックスバイキング
天津深遠多国籍貿易有限公司
レポートの範囲
本レポートでは、防火システムパイプの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳細に解説しています:
防火システムパイプの世界市場:タイプ別
oシームレスパイプ
溶接パイプ
防火システムパイプ市場:材料別
oスチール
oCPVCの
o銅
oその他
防火システムパイプ市場:エンドユーザー別
住宅
o工業用
o商業
防火システムパイプ市場:地域別
北米
§アメリカ合衆国
§カナダ
§メキシコ
欧州
§フランス
§イギリス
§イタリア
§ドイツ
§スペイン
§オランダ
§ベルギー
o アジア太平洋
§中国
§インド
§日本
§オーストラリア
§韓国
§タイ
§マレーシア
o 南米
§ブラジル
§アルゼンチン
§コロンビア
§チリ
o 中東アフリカ
§南アフリカ
§サウジアラビア
§サウジアラビア
§トルコ
競合他社の状況
企業プロフィール:防火システムパイプの世界市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
TechSci Research社は、与えられた市場データをもとに、防火システムパイプの世界市場レポートにおいて、企業固有のニーズに合わせたカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.製品概要
1.1.市場の定義
1.2.市場の範囲
1.2.1.対象市場
1.2.2.調査対象年
1.2.3.主要市場セグメント
2.調査方法
2.1.調査目的
2.2.ベースライン方法論
2.3.調査範囲の設定
2.4.前提条件と限界
2.5.調査ソース
2.5.1.二次調査
2.5.2.一次調査
2.6.市場調査のアプローチ
2.6.1.ボトムアップアプローチ
2.6.2.トップダウンアプローチ
2.7.市場規模市場シェアの算出方法
2.8.予測手法
2.8.1.データ三角測量の検証
3.エグゼクティブサマリー
4.COVID-19が世界の防火システムパイプ市場に与える影響
5.顧客の声
6.防火パイプの世界市場
7.防火パイプの世界市場展望
7.1.市場規模予測
7.1.1.金額別
7.2.市場シェア予測
7.2.1.タイプ別(シームレス管、溶接管)
7.2.2.材質別(鋼、CPVC、銅、その他)
7.2.3.エンドユーザー別(住宅用、工業用、商業用)
7.2.4.地域別(北米、欧州、南米、中東アフリカ、アジア太平洋地域)
7.3.企業別(2023年)
7.4.市場地図
8.北米防火システムパイプ市場展望
8.1.市場規模予測
8.1.1.金額別
8.2.市場シェア予測
8.2.1.タイプ別
8.2.2.材料別
8.2.3.エンドユーザー別
8.2.4.国別
8.3.北米国別分析
8.3.1.米国防火システムパイプ市場展望
8.3.1.1.市場規模予測
8.3.1.1.1.金額別
8.3.1.2.市場シェア予測
8.3.1.2.1.タイプ別
8.3.1.2.2.材料別
8.3.1.2.3.エンドユーザー別
8.3.2.カナダ防火システムパイプ市場展望
8.3.2.1.市場規模予測
8.3.2.1.1.金額別
8.3.2.2.市場シェア予測
8.3.2.2.1.タイプ別
8.3.2.2.2.材料別
8.3.2.2.3.エンドユーザー別
8.3.3.メキシコ防火システムパイプ市場展望
8.3.3.1.市場規模予測
8.3.3.1.1.金額別
8.3.3.2.市場シェア予測
8.3.3.2.1.タイプ別
8.3.3.2.2.材料別
8.3.3.2.3.エンドユーザー別
9.欧州防火システム用パイプ市場展望
9.1.市場規模予測
9.1.1.金額別
9.2.市場シェア予測
9.2.1.タイプ別
9.2.2.材料別
9.2.3.エンドユーザー別
9.2.4.国別
9.3.ヨーロッパ国別分析
9.3.1.ドイツ防火システムパイプ市場展望
9.3.1.1.市場規模予測
9.3.1.1.1.金額別
9.3.1.2.市場シェア予測
9.3.1.2.1.タイプ別
9.3.1.2.2.材料別
9.3.1.2.3.エンドユーザー別
9.3.2.フランス防火システムパイプ市場展望
9.3.2.1.市場規模予測
9.3.2.1.1.金額別
9.3.2.2.市場シェア予測
9.3.2.2.1.タイプ別
9.3.2.2.2.材料別
9.3.2.2.3.エンドユーザー別
9.3.3.イギリス防火システムパイプ市場展望
9.3.3.1.市場規模予測
9.3.3.1.1.金額別
9.3.3.2.市場シェア予測
9.3.3.2.1.タイプ別
9.3.3.2.2.素材別
9.3.3.2.3.エンドユーザー別
9.3.4.イタリア防火システムパイプ市場展望
9.3.4.1.市場規模予測
9.3.4.1.1.金額別
9.3.4.2.市場シェア予測
9.3.4.2.1.タイプ別
9.3.4.2.2.材料別
9.3.4.2.3.エンドユーザー別
9.3.5.スペイン防火システムパイプ市場展望
9.3.5.1.市場規模予測
9.3.5.1.1.金額別
9.3.5.2.市場シェア予測
9.3.5.2.1.タイプ別
9.3.5.2.2.材料別
9.3.5.2.3.エンドユーザー別
9.3.6.オランダ防火システムパイプ市場展望
9.3.6.1.市場規模予測
9.3.6.1.1.金額別
9.3.6.2.市場シェア予測
9.3.6.2.1.タイプ別
9.3.6.2.2.材料別
9.3.6.2.3.エンドユーザー別
9.3.7.ベルギー防火システムパイプ市場展望
9.3.7.1.市場規模予測
9.3.7.1.1.金額別
9.3.7.2.市場シェア予測
9.3.7.2.1.タイプ別
9.3.7.2.2.材料別
9.3.7.2.3.エンドユーザー別
10.南米の防火システムパイプ市場展望
10.1.市場規模予測
10.1.1.金額別
10.2.市場シェア予測
10.2.1.タイプ別
10.2.2.材料別
10.2.3.エンドユーザー別
10.2.4.国別
10.3.南アメリカ国別分析
10.3.1.ブラジル防火システムパイプ市場展望
10.3.1.1.市場規模予測
10.3.1.1.1.金額別
10.3.1.2.市場シェア予測
10.3.1.2.1.タイプ別
10.3.1.2.2.材料別
10.3.1.2.3.エンドユーザー別
10.3.2.コロンビア防火システムパイプ市場展望
10.3.2.1.市場規模予測
10.3.2.1.1.金額別
10.3.2.2.市場シェア予測
10.3.2.2.1.タイプ別
10.3.2.2.2.材料別
10.3.2.2.3.エンドユーザー別
10.3.3.アルゼンチン防火システムパイプ市場展望
10.3.3.1.市場規模予測
10.3.3.1.1.金額別
10.3.3.2.市場シェア予測
10.3.3.2.1.タイプ別
10.3.3.2.2.素材別
10.3.3.2.3.エンドユーザー別
10.3.4.チリ防火システムパイプ市場展望
10.3.4.1.市場規模予測
10.3.4.1.1.金額別
10.3.4.2.市場シェア予測
10.3.4.2.1.タイプ別
10.3.4.2.2.材料別
10.3.4.2.3.エンドユーザー別
11.中東アフリカ防火システムパイプ市場展望
11.1.市場規模予測
11.1.1.金額別
11.2.市場シェア予測
11.2.1.タイプ別
11.2.2.材料別
11.2.3.エンドユーザー別
11.2.4.国別
11.3.中東アフリカ国別分析
11.3.1.サウジアラビアの防火システムパイプ市場展望
11.3.1.1.市場規模予測
11.3.1.1.1.金額別
11.3.1.2.市場シェア予測
11.3.1.2.1.タイプ別
11.3.1.2.2.材料別
11.3.1.2.3.エンドユーザー別
11.3.2.アラブ首長国連邦の防火システム用パイプ市場展望
11.3.2.1.市場規模予測
11.3.2.1.1.金額別
11.3.2.2.市場シェア予測
11.3.2.2.1.タイプ別
11.3.2.2.2.材料別
11.3.2.2.3.エンドユーザー別
11.3.3.南アフリカ防火システムパイプ市場展望
11.3.3.1.市場規模予測
11.3.3.1.1.金額別
11.3.3.2.市場シェア予測
11.3.3.2.1.タイプ別
11.3.3.2.2.素材別
11.3.3.2.3.エンドユーザー別
11.3.4.トルコ防火システムパイプ市場展望
11.3.4.1.市場規模予測
11.3.4.1.1.金額別
11.3.4.2.市場シェア予測
11.3.4.2.1.タイプ別
11.3.4.2.2.材料別
11.3.4.2.3.エンドユーザー別
12.アジア太平洋地域の防火システムパイプ市場展望
12.1.市場規模予測
12.1.1.金額別
12.2.市場シェア予測
12.2.1.タイプ別
12.2.2.材料別
12.2.3.エンドユーザー別
12.2.4.国別
12.3.アジア太平洋国別分析
12.3.1.中国防火システムパイプ市場展望
12.3.1.1.市場規模予測
12.3.1.1.1.金額別
12.3.1.2.市場シェア予測
12.3.1.2.1.タイプ別
12.3.1.2.2.材料別
12.3.1.2.3.エンドユーザー別
12.3.2.インド防火システムパイプ市場展望
12.3.2.1.市場規模予測
12.3.2.1.1.金額別
12.3.2.2.市場シェア予測
12.3.2.2.1.タイプ別
12.3.2.2.2.材料別
12.3.2.2.3.エンドユーザー別
12.3.3.日本防火システム管市場展望
12.3.3.1.市場規模予測
12.3.3.1.1.金額別
12.3.3.2.市場シェア予測
12.3.3.2.1.タイプ別
12.3.3.2.2.素材別
12.3.3.2.3.エンドユーザー別
12.3.4.韓国防火システムパイプ市場展望
12.3.4.1.市場規模予測
12.3.4.1.1.金額別
12.3.4.2.市場シェア予測
12.3.4.2.1.タイプ別
12.3.4.2.2.材料別
12.3.4.2.3.エンドユーザー別
12.3.5.オーストラリア防火システムパイプ市場展望
12.3.5.1.市場規模予測
12.3.5.1.1.金額別
12.3.5.2.市場シェア予測
12.3.5.2.1.タイプ別
12.3.5.2.2.材料別
12.3.5.2.3.エンドユーザー別
12.3.6.タイ防火システムパイプ市場展望
12.3.6.1.市場規模予測
12.3.6.1.1.金額別
12.3.6.2.市場シェア予測
12.3.6.2.1.タイプ別
12.3.6.2.2.材料別
12.3.6.2.3.エンドユーザー別
12.3.7.マレーシア防火システムパイプ市場展望
12.3.7.1.市場規模予測
12.3.7.1.1.金額別
12.3.7.2.市場シェア予測
12.3.7.2.1.タイプ別
12.3.7.2.2.材料別
12.3.7.2.3.エンドユーザー別
13.市場ダイナミクス
13.1.促進要因
13.2.課題
14.市場動向
15.企業プロフィール
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
13.
14.
15.
15.1.ジョンソンコントロールズ・インターナショナル PLC
15.1.1.事業概要
15.1.2.主な収益と財務
15.1.3.最近の動向
15.1.4.キーパーソン/主要コンタクトパーソン
15.1.5.主要製品/サービス
15.2.タタ・スチール社
15.2.1.事業概要
15.2.2.主な収益と財務
15.2.3.最近の動向
15.2.4.キーパーソン/主要コンタクトパーソン
15.2.5.主要製品/サービス
15.3.シモーナAG
15.3.1.事業概要
15.3.2.主な収入と財務
15.3.3.最近の動向
15.3.4.キーパーソン/主要コンタクトパーソン
15.3.5.主要製品/サービス
15.4.アストラル社
15.4.1.事業概要
15.4.2.主な収入と財務
15.4.3.最近の動向
15.4.キーパーソン/主要コンタクトパーソン
15.4.5.主要製品/サービス
15.5.中国 レッソグループホールディングス
15.5.1.事業概要
15.5.2.主な収入と財務
15.5.3.最近の動向
15.5.4.キーパーソン/主要コンタクトパーソン
15.5.5.主要製品/サービス
15.6.ミューラー・インダストリーズ社
15.6.1.事業概要
15.6.2.主な収益と財務
15.6.3.最近の動向
15.6.4.キーパーソン/主要コンタクトパーソン
15.6.5.主要製品/サービス
15.7.ジンダル・インダストリーズ社
15.7.1.事業概要
15.7.2.主な収入と財務
15.7.3.最近の動向
15.7.4.キーパーソン/主要コンタクトパーソン
15.7.5.主要製品・サービス
15.8.河南基倫貿易有限公司
15.8.1.事業概要
15.8.2.主な収入と財務
15.8.3.最近の動向
15.8.4.キーパーソン/主要コンタクトパーソン
15.8.5.提供する主要製品/サービス
15.9.ミニマックス・バイキング社
15.9.1.事業概要
15.9.2.主な収入と財務
15.9.3.最近の動向
15.9.4.キーパーソン/主要コンタクトパーソン
15.9.5.主要製品/サービス
15.10.天津深遠多商貿有限公司
15.10.1.事業概要
15.10.2.主要収益と財務
15.10.3.最近の動向
15.10.4.キーパーソン/主要コンタクトパーソン
15.10.5.主要製品/サービス
16.戦略的提言
17.会社概要 免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary


Global Fire Protection System Pipes Market was valued at USD 16.72 billion in 2023 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 6.19% through 2029. The increasing frequency of fire incidents in various sectors, such as manufacturing, oil and gas, and residential spaces, has heightened the demand for advanced fire protection systems. This, in turn, drives the demand for fire protection system pipes.
Key Market Drivers
Stringent Regulatory Standards and Building Codes
The Global Fire Protection System Pipes Market is being significantly driven by the ever-increasing stringency of regulatory standards and building codes across the globe. Governments and regulatory bodies are continually emphasizing the importance of fire safety in residential, commercial, and industrial structures. As a response to the growing concerns about fire hazards, there has been a surge in the enforcement of stringent regulations mandating the installation of advanced fire protection systems. These regulations often prescribe specific standards for fire protection system components, including pipes.
In many regions, compliance with these standards is not only a legal requirement but is also essential for obtaining necessary permits for construction projects. This has led to a rising demand for fire protection system pipes that meet or exceed the prescribed regulatory standards. Manufacturers in the market are investing in research and development to innovate and produce pipes that offer superior fire resistance, durability, and compliance with these stringent regulations. The increasing awareness of the potential consequences of inadequate fire protection measures is prompting end-users to invest in high-quality fire protection system pipes, further boosting market growth.
Growing Urbanization and Infrastructure Development
The ongoing global trend of rapid urbanization and infrastructure development is another key driver propelling the growth of the Global Fire Protection System Pipes Market. As urban populations increase, there is a corresponding rise in the construction of residential and commercial buildings, as well as critical infrastructure such as airports, hospitals, and industrial facilities. The concentration of people and assets in urban areas necessitates enhanced fire safety measures to mitigate the risks associated with fire incidents.
Fire protection system pipes play a crucial role in these measures, forming an integral part of automatic sprinkler systems and other fire suppression systems. The expanding urban landscape, coupled with the need for resilient fire protection infrastructure, is driving the demand for fire protection system pipes. Moreover, the integration of smart building technologies is further boosting the market, as modern fire protection systems often incorporate advanced piping solutions that enhance efficiency and responsiveness.
Increasing Awareness of Fire Safety
A significant driver influencing the Global Fire Protection System Pipes Market is the increasing awareness of fire safety among both individuals and organizations. High-profile incidents, coupled with a growing understanding of the potential consequences of fire emergencies, have prompted stakeholders to prioritize fire protection measures. This heightened awareness spans across various sectors, including residential, commercial, and industrial segments.
End-users are increasingly recognizing the importance of investing in robust fire protection systems, including high-quality pipes. This awareness is fostering a proactive approach towards fire safety, driving the demand for advanced fire protection system pipes that can effectively contain and suppress fires. Manufacturers in the market are leveraging this trend by offering products with enhanced features such as corrosion resistance, durability, and ease of installation, catering to the evolving needs of customers who are now more informed and conscious about fire safety in their respective environments. As educational initiatives and awareness campaigns continue to emphasize the significance of fire protection, the market for fire protection system pipes is expected to witness sustained growth.
Key Market Challenges
Cost Constraints and Budgetary Limitations
One of the significant challenges facing the Global Fire Protection System Pipes Market is the prevalence of cost constraints and budgetary limitations among end-users. Fire protection is crucial for the safety of individuals and the preservation of assets, but the associated costs can be a deterrent for many customers, particularly in regions where economic conditions may not be favorable. The installation of comprehensive fire protection systems, which includes high-quality pipes, requires a substantial financial commitment.
Many end-users, especially in the residential and small to medium-sized enterprise segments, may prioritize other aspects of construction or facility management due to limited budgets. This challenge is further compounded by the fact that fire protection measures are often considered a necessity rather than a choice, making it challenging for businesses and individuals to allocate sufficient funds for advanced fire protection system pipes. Manufacturers in the market face the task of developing cost-effective solutions without compromising on the quality and compliance required for effective fire protection, addressing this challenge head-on.
Lack of Uniformity in Global Standards
The lack of uniformity in global standards for fire protection systems poses a significant challenge to the industry. Different regions and countries often have their own set of regulations, standards, and codes pertaining to fire safety, including specifications for fire protection system components like pipes. This lack of standardization complicates the manufacturing, distribution, and installation processes for market players operating on a global scale.
Companies in the Global Fire Protection System Pipes Market must navigate a complex landscape of diverse regulatory requirements, leading to additional costs and resources allocated to ensure compliance with various standards. This challenge is particularly pronounced for multinational corporations, as they must adapt their products to meet the specific demands of each region they operate in. Harmonizing global standards or promoting greater alignment could alleviate this challenge, streamlining processes and fostering a more cohesive and efficient market environment.
Technological Advancements and Integration Complexities
While technological advancements are often considered a driving force for market growth, they also present challenges for the Global Fire Protection System Pipes Market. The integration of cutting-edge technologies, such as smart building systems and IoT (Internet of Things) applications, into fire protection solutions introduces complexities in terms of compatibility, interoperability, and system management.
End-users are increasingly seeking intelligent fire protection systems that offer real-time monitoring, remote control capabilities, and data analytics for predictive maintenance. However, integrating these features into fire protection system pipes requires a high level of technical expertise and investment in research and development. Manufacturers face the challenge of staying ahead of the curve in terms of technology while ensuring that their products remain user-friendly and compatible with existing infrastructure.
Additionally, the fast pace of technological evolution may lead to concerns about the obsolescence of certain products, requiring companies to adopt a dynamic approach to innovation. Addressing these challenges requires collaboration between manufacturers, technology providers, and regulatory bodies to establish guidelines and standards that facilitate the seamless integration of advanced technologies into fire protection systems.
Key Market Trends
Adoption of Advanced Materials for Enhanced Performance
A prominent trend shaping the Global Fire Protection System Pipes Market is the increasing adoption of advanced materials to enhance the performance and durability of fire protection system pipes. Traditional materials like steel and copper have been staples in the industry, but recent innovations are introducing alternatives that offer improved characteristics such as corrosion resistance, lightweight construction, and ease of installation.
Fiber-reinforced plastic (FRP) pipes, for example, are gaining traction due to their high strength-to-weight ratio, resistance to corrosion, and durability in challenging environments. These pipes are not only robust but also cost-effective, contributing to the overall efficiency of fire protection systems. Polymer-based pipes, including high-density polyethylene (HDPE), are also emerging as popular choices, known for their flexibility, longevity, and resistance to chemicals and abrasion.
The adoption of advanced materials aligns with the broader trend of technological innovation in the construction industry. As manufacturers continue to invest in research and development, the market is witnessing a shift towards materials that not only meet stringent regulatory requirements but also provide sustainable and long-term solutions. This trend reflects the industry's commitment to enhancing the overall reliability and performance of fire protection system pipes in diverse applications.
Integration of IoT and Smart Technologies in Fire Protection System Pipes
A transformative trend influencing the Global Fire Protection System Pipes Market is the integration of Internet of Things (IoT) and smart technologies into fire protection systems. As the world becomes increasingly interconnected, there is a growing demand for intelligent, automated solutions that enhance the effectiveness and responsiveness of fire protection measures. This trend is reshaping the landscape of fire safety by bringing a new level of sophistication to the monitoring, control, and management of fire protection system pipes.
IoT-enabled sensors and devices are being incorporated into fire protection systems to enable real-time monitoring of conditions such as temperature, humidity, and smoke levels. This data is then processed to provide early detection of potential fire hazards, allowing for swift response and mitigation efforts. Smart technologies also facilitate remote monitoring and control, enabling facility managers and emergency responders to access critical information and take proactive measures from anywhere.
The integration of IoT not only enhances the efficiency of fire protection systems but also contributes to the overall safety of buildings and occupants. For example, in the event of a fire, smart systems can automatically activate sprinkler systems connected to fire protection pipes, reducing response times and minimizing damage. This trend underscores the industry's commitment to leveraging cutting-edge technologies to create smarter, more adaptive fire protection solutions that align with the evolving needs of modern infrastructure and construction projects.
Segmental Insights
Material Insights
The Steel segment emerged as the dominating segment in 2023. The steel segment plays a crucial role in the Global Fire Protection System Pipes Market, contributing significantly to the overall market dynamics. Steel has been a traditional and widely used material in the manufacturing of fire protection system pipes, and its continued relevance is evident in several aspects of the market.
Steel pipes are renowned for their durability and strength, making them a preferred choice for fire protection systems. The inherent structural integrity of steel ensures that these pipes can withstand the rigors of installation, usage, and environmental conditions over an extended period. This characteristic is particularly important in fire protection, where the reliability of the piping system is paramount for effective and timely response to fire incidents. The robust nature of steel contributes to the longevity of fire protection systems, providing a reliable and durable infrastructure for safeguarding buildings and assets.
One of the key advantages of steel in fire protection system pipes is its resistance to heat and fire. Steel pipes maintain their structural integrity at high temperatures, which is crucial in the context of fire emergencies. In the event of a fire, the fire protection system, including steel pipes, must continue to function effectively to suppress the fire and protect occupants and assets. Steel's ability to resist deformation and maintain its strength under elevated temperatures ensures the reliability of the fire protection infrastructure.
End-User Insights
The Commercial segment is projected to experience rapid growth during the forecast period. The commercial segment is a significant and dynamic component of the Global Fire Protection System Pipes Market, playing a crucial role in providing fire safety solutions for a wide range of commercial buildings. This segment encompasses various types of commercial structures, including offices, retail spaces, hotels, educational institutions, healthcare facilities, and more.
The commercial segment is heavily influenced by stringent building codes and regulations that mandate the installation of robust fire protection systems. Governments and regulatory bodies worldwide are increasingly emphasizing the importance of fire safety in commercial buildings, driving the demand for advanced fire protection system pipes. Compliance with these standards is not only a legal requirement but also essential for obtaining occupancy permits, influencing the market's growth.
The commercial segment is witnessing a trend towards the integration of smart building technologies in fire protection systems. Building owners and managers are increasingly investing in intelligent systems that use sensors, automation, and data analytics to enhance fire detection, response, and overall safety. Fire protection system pipes in commercial buildings may be part of interconnected systems that can automatically trigger alarms, activate sprinklers, and provide real-time data for monitoring and management.
Regional Insights
North America emerged as the dominating region in 2023, holding the largest market share. North America is characterized by a well-established and stringent regulatory environment governing fire safety standard. Both the United States and Canada have comprehensive building codes and regulations that mandate the installation of effective fire protection systems, including fire protection system pipes, in various structures. The National Fire Protection Association (NFPA) codes, such as NFPA 13 for sprinkler systems, play a crucial role in shaping the market. Compliance with these standards is not only a legal requirement but is also crucial for obtaining necessary permits for construction projects. The regulatory landscape acts as a significant driver for the adoption of high-quality fire protection system pipes in the region.
The diverse economic landscape of North America, encompassing industries such as manufacturing, healthcare, commercial real estate, and technology, contributes to the growth of the fire protection system pipes market. Each industry has unique requirements for fire protection, leading to a varied demand for specialized piping systems. For example, the industrial sector may require robust pipes to withstand harsh environments, while the commercial sector may prioritize smart building integration. The dynamic nature of these industries drives continuous innovation in fire protection solutions, influencing the development and adoption of fire protection system pipes.
Urbanization and ongoing infrastructure development projects in North America contribute to the demand for fire protection system pipes. As cities expand and new commercial and residential structures are built, the need for reliable fire protection systems becomes more pronounced. This trend is particularly evident in metropolitan areas where high-density buildings and critical infrastructure projects are prevalent. The growth of urban areas necessitates the installation of advanced fire protection systems, creating opportunities for the fire protection system pipes market to thrive.
In recent years, there has been a growing emphasis on environmental sustainability and green building practices in North America. This trend influences the materials used in fire protection system pipes, with an increasing demand for eco-friendly and recyclable materials. Manufacturers are responding by developing pipes with coatings that have minimal environmental impact, aligning with the region's commitment to sustainability.
The North American region is a key player in the Global Fire Protection System Pipes Market, driven by stringent regulations, technological advancements, diverse industry verticals, urbanization, and a growing focus on environmental sustainability. Meeting the unique demands of the region requires market players to stay abreast of regulatory changes, embrace innovation, and cater to the specific needs of various industries within North America.
Key Market Players
Johnson Controls International PLC
TATA Steel Limited
Simona AG
Astral Limited
China Lesso Group Holdings Ltd
Mueller Industries, Inc.
Jindal Industries Pvt. Ltd.
Henan Keerun Trading Co., Ltd
Minimax Viking GmbH
Tianjin Profound Multinational Trade Co., Ltd.
Report Scope:
In this report, the Global Fire Protection System Pipes Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
Fire Protection System Pipes Market, By Type:
oSeamless Pipes
oWelded Pipes
Fire Protection System Pipes Market, By Material:
oSteel
oCPVC
oCopper
oOthers
Fire Protection System Pipes Market,By End-User:
oResidential
oIndustrial
oCommercial
Fire Protection System Pipes Market, By Region:
oNorth America
§United States
§Canada
§Mexico
oEurope
§France
§United Kingdom
§Italy
§Germany
§Spain
§Netherlands
§Belgium
oAsia-Pacific
§China
§India
§Japan
§Australia
§South Korea
§Thailand
§Malaysia
oSouth America
§Brazil
§Argentina
§Colombia
§Chile
oMiddle East Africa
§South Africa
§Saudi Arabia
§UAE
§Turkey
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Fire Protection System Pipes Market.
Available Customizations:
Global Fire Protection System Pipes Market report with the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1.Product Overview
1.1.Market Definition
1.2.Scope of the Market
1.2.1.Markets Covered
1.2.2.Years Considered for Study
1.2.3.Key Market Segmentations
2.Research Methodology
2.1.Objective of the Study
2.2.Baseline Methodology
2.3.Formulation of the Scope
2.4.Assumptions and Limitations
2.5.Sources of Research
2.5.1.Secondary Research
2.5.2.Primary Research
2.6.Approach for the Market Study
2.6.1.The Bottom-Up Approach
2.6.2.The Top-Down Approach
2.7.Methodology Followed for Calculation of Market Size Market Shares
2.8.Forecasting Methodology
2.8.1.Data Triangulation Validation
3.Executive Summary
4.Impact of COVID-19 on Global Fire Protection System Pipes Market
5.Voice of Customer
6.Global Fire Protection System Pipes
7.Global Fire Protection System Pipes Market Outlook
7.1.Market Size Forecast
7.1.1.By Value
7.2.Market Share Forecast
7.2.1.By Type (Seamless Pipes and Welded Pipes)
7.2.2.By Material (Steel, CPVC, Copper and Others)
7.2.3.By End-User (Residential, Industrial and Commercial)
7.2.4.By Region (North America, Europe, South America, Middle East Africa, Asia-Pacific)
7.3.By Company (2023)
7.4.Market Map
8.North America Fire Protection System Pipes MarketOutlook
8.1.Market Size Forecast
8.1.1.By Value
8.2.Market Share Forecast
8.2.1.By Type
8.2.2.By Material
8.2.3.By End-User
8.2.4.By Country
8.3.North America: Country Analysis
8.3.1.United States Fire Protection System Pipes Market Outlook
8.3.1.1.Market Size Forecast
8.3.1.1.1.By Value
8.3.1.2.Market Share Forecast
8.3.1.2.1.By Type
8.3.1.2.2.By Material
8.3.1.2.3.By End-User
8.3.2.Canada Fire Protection System Pipes Market Outlook
8.3.2.1.Market Size Forecast
8.3.2.1.1.By Value
8.3.2.2.Market Share Forecast
8.3.2.2.1.By Type
8.3.2.2.2.By Material
8.3.2.2.3.By End-User
8.3.3.Mexico Fire Protection System Pipes Market Outlook
8.3.3.1.Market Size Forecast
8.3.3.1.1.By Value
8.3.3.2.Market Share Forecast
8.3.3.2.1.By Type
8.3.3.2.2.By Material
8.3.3.2.3.By End-User
9.Europe Fire Protection System Pipes MarketOutlook
9.1.Market Size Forecast
9.1.1.By Value
9.2.Market Share Forecast
9.2.1.By Type
9.2.2.By Material
9.2.3.By End-User
9.2.4.By Country
9.3.Europe: Country Analysis
9.3.1.Germany Fire Protection System Pipes Market Outlook
9.3.1.1.Market Size Forecast
9.3.1.1.1.By Value
9.3.1.2.Market Share Forecast
9.3.1.2.1.By Type
9.3.1.2.2.By Material
9.3.1.2.3.By End-User
9.3.2.France Fire Protection System Pipes Market Outlook
9.3.2.1.Market Size Forecast
9.3.2.1.1.By Value
9.3.2.2.Market Share Forecast
9.3.2.2.1.By Type
9.3.2.2.2.By Material
9.3.2.2.3.By End-User
9.3.3.United Kingdom Fire Protection System Pipes Market Outlook
9.3.3.1.Market Size Forecast
9.3.3.1.1.By Value
9.3.3.2.Market Share Forecast
9.3.3.2.1.By Type
9.3.3.2.2.By Material
9.3.3.2.3.By End-User
9.3.4.Italy Fire Protection System Pipes Market Outlook
9.3.4.1.Market Size Forecast
9.3.4.1.1.By Value
9.3.4.2.Market Share Forecast
9.3.4.2.1.By Type
9.3.4.2.2.By Material
9.3.4.2.3.By End-User
9.3.5.Spain Fire Protection System Pipes Market Outlook
9.3.5.1.Market Size Forecast
9.3.5.1.1.By Value
9.3.5.2.Market Share Forecast
9.3.5.2.1.By Type
9.3.5.2.2.By Material
9.3.5.2.3.By End-User
9.3.6.Netherlands Fire Protection System Pipes Market Outlook
9.3.6.1.Market Size Forecast
9.3.6.1.1.By Value
9.3.6.2.Market Share Forecast
9.3.6.2.1.By Type
9.3.6.2.2.By Material
9.3.6.2.3.By End-User
9.3.7.Belgium Fire Protection System Pipes Market Outlook
9.3.7.1.Market Size Forecast
9.3.7.1.1.By Value
9.3.7.2.Market Share Forecast
9.3.7.2.1.By Type
9.3.7.2.2.By Material
9.3.7.2.3.By End-User
10.South America Fire Protection System Pipes Market Outlook
10.1.Market Size Forecast
10.1.1.By Value
10.2.Market Share Forecast
10.2.1.By Type
10.2.2.By Material
10.2.3.By End-User
10.2.4.By Country
10.3.South America: Country Analysis
10.3.1.Brazil Fire Protection System Pipes Market Outlook
10.3.1.1.Market Size Forecast
10.3.1.1.1.By Value
10.3.1.2.Market Share Forecast
10.3.1.2.1.By Type
10.3.1.2.2.By Material
10.3.1.2.3.By End-User
10.3.2.Colombia Fire Protection System Pipes Market Outlook
10.3.2.1.Market Size Forecast
10.3.2.1.1.By Value
10.3.2.2.Market Share Forecast
10.3.2.2.1.By Type
10.3.2.2.2.By Material
10.3.2.2.3.By End-User
10.3.3.Argentina Fire Protection System Pipes Market Outlook
10.3.3.1.Market Size Forecast
10.3.3.1.1.By Value
10.3.3.2.Market Share Forecast
10.3.3.2.1.By Type
10.3.3.2.2.By Material
10.3.3.2.3.By End-User
10.3.4.Chile Fire Protection System Pipes Market Outlook
10.3.4.1.Market Size Forecast
10.3.4.1.1.By Value
10.3.4.2.Market Share Forecast
10.3.4.2.1.By Type
10.3.4.2.2.By Material
10.3.4.2.3.By End-User
11.Middle East Africa Fire Protection System Pipes MarketOutlook
11.1.Market Size Forecast
11.1.1.By Value
11.2.Market Share Forecast
11.2.1.By Type
11.2.2.By Material
11.2.3.By End-User
11.2.4.By Country
11.3.Middle East Africa: Country Analysis
11.3.1.Saudi Arabia Fire Protection System Pipes Market Outlook
11.3.1.1.Market Size Forecast
11.3.1.1.1.By Value
11.3.1.2.Market Share Forecast
11.3.1.2.1.By Type
11.3.1.2.2.By Material
11.3.1.2.3.By End-User
11.3.2.UAE Fire Protection System Pipes Market Outlook
11.3.2.1.Market Size Forecast
11.3.2.1.1.By Value
11.3.2.2.Market Share Forecast
11.3.2.2.1.By Type
11.3.2.2.2.By Material
11.3.2.2.3.By End-User
11.3.3.South Africa Fire Protection System Pipes Market Outlook
11.3.3.1.Market Size Forecast
11.3.3.1.1.By Value
11.3.3.2.Market Share Forecast
11.3.3.2.1.By Type
11.3.3.2.2.By Material
11.3.3.2.3.By End-User
11.3.4.Turkey Fire Protection System Pipes Market Outlook
11.3.4.1.Market Size Forecast
11.3.4.1.1.By Value
11.3.4.2.Market Share Forecast
11.3.4.2.1.By Type
11.3.4.2.2.By Material
11.3.4.2.3.By End-User
12.Asia-Pacific Fire Protection System Pipes Market Outlook
12.1.Market Size Forecast
12.1.1.By Value
12.2.Market Share Forecast
12.2.1.By Type
12.2.2.By Material
12.2.3.By End-User
12.2.4.By Country
12.3.Asia-Pacific: Country Analysis
12.3.1.China Fire Protection System Pipes Market Outlook
12.3.1.1.Market Size Forecast
12.3.1.1.1.By Value
12.3.1.2.Market Share Forecast
12.3.1.2.1.By Type
12.3.1.2.2.By Material
12.3.1.2.3.By End-User
12.3.2.India Fire Protection System Pipes Market Outlook
12.3.2.1.Market Size Forecast
12.3.2.1.1.By Value
12.3.2.2.Market Share Forecast
12.3.2.2.1.By Type
12.3.2.2.2.By Material
12.3.2.2.3.By End-User
12.3.3.Japan Fire Protection System Pipes Market Outlook
12.3.3.1.Market Size Forecast
12.3.3.1.1.By Value
12.3.3.2.Market Share Forecast
12.3.3.2.1.By Type
12.3.3.2.2.By Material
12.3.3.2.3.By End-User
12.3.4.South Korea Fire Protection System Pipes Market Outlook
12.3.4.1.Market Size Forecast
12.3.4.1.1.By Value
12.3.4.2.Market Share Forecast
12.3.4.2.1.By Type
12.3.4.2.2.By Material
12.3.4.2.3.By End-User
12.3.5.Australia Fire Protection System Pipes Market Outlook
12.3.5.1.Market Size Forecast
12.3.5.1.1.By Value
12.3.5.2.Market Share Forecast
12.3.5.2.1.By Type
12.3.5.2.2.By Material
12.3.5.2.3.By End-User
12.3.6.Thailand Fire Protection System Pipes Market Outlook
12.3.6.1.Market Size Forecast
12.3.6.1.1.By Value
12.3.6.2.Market Share Forecast
12.3.6.2.1.By Type
12.3.6.2.2.By Material
12.3.6.2.3.By End-User
12.3.7.Malaysia Fire Protection System Pipes Market Outlook
12.3.7.1.Market Size Forecast
12.3.7.1.1.By Value
12.3.7.2.Market Share Forecast
12.3.7.2.1.By Type
12.3.7.2.2.By Material
12.3.7.2.3.By End-User
13.Market Dynamics
13.1.Drivers
13.2.Challenges
14.Market Trends and Developments
15.Company Profiles
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
12.
13.
14.
15.
15.1.Johnson Controls International PLC
15.1.1.Business Overview
15.1.2.Key Revenue and Financials
15.1.3.Recent Developments
15.1.4.Key Personnel/Key Contact Person
15.1.5.Key Product/Services Offered
15.2.TATA Steel Limited
15.2.1.Business Overview
15.2.2.Key Revenue and Financials
15.2.3.Recent Developments
15.2.4.Key Personnel/Key Contact Person
15.2.5.Key Product/Services Offered
15.3.Simona AG
15.3.1.Business Overview
15.3.2.Key Revenue and Financials
15.3.3.Recent Developments
15.3.4.Key Personnel/Key Contact Person
15.3.5.Key Product/Services Offered
15.4.Astral Limited
15.4.1.Business Overview
15.4.2.Key Revenue and Financials
15.4.3.Recent Developments
15.4.4.Key Personnel/Key Contact Person
15.4.5.Key Product/Services Offered
15.5.China Lesso Group Holdings Ltd
15.5.1.Business Overview
15.5.2.Key Revenue and Financials
15.5.3.Recent Developments
15.5.4.Key Personnel/Key Contact Person
15.5.5.Key Product/Services Offered
15.6.Mueller Industries, Inc.
15.6.1.Business Overview
15.6.2.Key Revenue and Financials
15.6.3.Recent Developments
15.6.4.Key Personnel/Key Contact Person
15.6.5.Key Product/Services Offered
15.7.Jindal Industries Pvt. Ltd.
15.7.1.Business Overview
15.7.2.Key Revenue and Financials
15.7.3.Recent Developments
15.7.4.Key Personnel/Key Contact Person
15.7.5.Key Product/Services Offered
15.8.Henan Keerun Trading Co., Ltd
15.8.1.Business Overview
15.8.2.Key Revenue and Financials
15.8.3.Recent Developments
15.8.4.Key Personnel/Key Contact Person
15.8.5.Key Product/Services Offered
15.9.Minimax Viking GmbH
15.9.1.Business Overview
15.9.2.Key Revenue and Financials
15.9.3.Recent Developments
15.9.4.Key Personnel/Key Contact Person
15.9.5.Key Product/Services Offered
15.10.Tianjin Profound Multinational Trade Co., Ltd.
15.10.1.Business Overview
15.10.2.Key Revenue and Financials
15.10.3.Recent Developments
15.10.4.Key Personnel/Key Contact Person
15.10.5.Key Product/Services Offered
16.Strategic Recommendations
17. About Us Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る