世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

サウジアラビアの臨時電力市場は燃料タイプ別(ディーゼル発電機、ガス発電機、その他)、定格電力別(80Kw未満、81Kw280Kw、281Kw600Kw、600Kw以上)、エンドユーザー別(公益事業、イベント、石油・ガス、建設、鉱業、製造、その他)、地域別、競争市場別に分類、2018~2028F


Saudi Arabia Temporary Power Market Segmented By Fuel Type (Diesel Generator, Gas Generator and Others), By Power Rating (Less Than 80 Kw, 81 Kw280 Kw, 281 Kw600 Kw and Above 600 Kw), By End-User (Utilities, Events, Oil & Gas, Construction, Mining, Manufacturing and Others), By Region, and By Competition, 2018-2028F

サウジアラビアの仮設電力市場は2022年に3億7,692万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は8.47%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。サウジアラビアは、石油化学および石油・ガスセクターの著名... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
77 英語

 

サマリー

サウジアラビアの仮設電力市場は2022年に3億7,692万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は8.47%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。サウジアラビアは、石油化学および石油・ガスセクターの著名な産業リーダーとして国際的に認知されている。これらの産業は、主電源網へのアクセスが限られた遠隔地や非電化地域で操業することが多い。このような場合、移動式発電所やレンタル発電機を含む一時的な電力ソリューションが、これらの地域での探査、掘削、生産活動をサポートする上で重要な役割を果たします。
主な市場促進要因
経済成長と産業拡大
サウジアラビアの臨時電力市場は、力強い経済成長と急速な産業拡大によって支えられています。経済の多様化と発展のための包括的な青写真であるサウジアラビアのビジョン2030は、エネルギー情勢の形成に極めて重要な役割を果たしています。サウジアラビアは石油収入への依存度を下げ、より多角的な経済を確立することを目指しており、一時的な電力ソリューションが不可欠となっている。
この市場の主な原動力は、建設、製造、石油化学などさまざまな産業が一貫して成長していることだ。これらの産業は、操業上のニーズを満たすため、信頼性が高く拡張性のある電源を必要としている。レンタル発電機や移動式発電所などの一時的な電力ソリューションは、需要の増加や送電網インフラが不十分な期間のギャップを埋めるものである。産業プロジェクトが拡大し続けるのに伴い、一時的な電力ソリューションの需要も並行して拡大すると予想される。
経済成長のもう一つの側面は、外国直接投資(FDI)の流入です。サウジアラビアはビジネス・フレンドリーな環境づくりに努めているため、国際的な企業がサウジアラビア国内で事業を展開するようになりました。このような企業は、施設の設営時に一時的な電力ソリューションを必要とすることが多く、市場の需要をさらに刺激しています。新都市や経済ゾーンの建設など、政府がインフラ整備に力を入れていることも、仮設電力市場の成長に寄与している。
まとめると、サウジアラビアではビジョン2030とFDIを原動力とする経済成長と産業の拡大により、さまざまな産業やインフラプロジェクトのエネルギー需要を支える仮設電力ソリューションに対する強い需要が生まれている。
季節的気候とピーク時のエネルギー需要
サウジアラビアの特徴的な気候と、それによるエネルギー需要の季節変動は、臨時電力市場の主要なきっかけとなっています。サウジアラビアは、灼熱の夏と時折発生する砂嵐を特徴とする極端な気象条件に遭遇します。このような気候上の問題が電力網に負担をかけ、一時的な電源の利用を必要とする。
うだるような夏の間、エアコンの使用量は急増し、電力需要の急増につながる。既存の電力インフラは、特に遠隔地や非電化地域では、このピーク需要に対応するのに苦労するかもしれない。移動式発電機や冷却システムなどの一時的な電力ソリューションは、このような時期の中断のない電力供給を確保する上で重要な役割を果たします。送電網を安定させ、停電を防ぐことで、必要不可欠なサポートを提供する。
さらに、砂漠地帯で多発する砂嵐は、送電線にダメージを与え、通常の電力供給を中断させる可能性がある。このようなシナリオでは、仮設電源装置が被災地への迅速な電力復旧に重要な役割を果たします。これらのユニットは過酷な環境条件にも耐えられるよう設計されており、異常気象による緊急時に不可欠な存在となっている。
さらに、サウジアラビアでは観光産業が急成長しており、特に暖冬期にはエネルギー需要が急増します。観光シーズンには、観光地や屋外イベント、ホスピタリティ施設での臨時電源の必要性が顕著になる。
結論として、サウジアラビアの季節的な気候変動とそれがエネルギー需要に与える影響が、極端な気象条件や電力需要のピーク時に信頼できる電力供給を確保する、一時的な電力ソリューションの採用を後押ししている。
インフラ開発とメガプロジェクト
サウジアラビアの野心的なインフラ開発イニシアティブとメガプロジェクトは、臨時電力市場の重要な起爆剤となっています。サウジアラビアは、新しい都市や交通網、エンターテインメントの中心地の建設に積極的に取り組んでいるため、建設から運営に至るまで、信頼性の高い電源が必要です。
リヤド地下鉄、NEOM開発、紅海観光セクターの拡大などのインフラ整備には、揺るぎない強固なエネルギー供給が必要です。こうした要件を満たすために採用されているのが、建設現場で重機や工具を動かすのに必要な電力を供給する仮設電力ソリューションです。また、大規模な労働力を収容するために不可欠な仮設施設もサポートします。
スポーツ・スタジアム、展示センター、エンターテインメント複合施設の建設を含むメガ・プロジェクトでは、照明、オーディオ・ビジュアル・システム、空調制御のために大きな電力容量が必要となります。仮設電力ソリューションは、プロジェクト要件の変化に応じて規模を拡大または縮小できる柔軟性を備えているため、このような事業にとって費用対効果の高い選択肢となります。
さらに、サウジアラビアはG20サミットのような国際的なイベントや会議の開催に力を入れているため、信頼性の高い電力インフラが必要です。戦略的に配備された仮設電力システムは、不測の事態が発生した場合にも中断のないオペレーションを保証し、バックアップ電力を供給します。
結論として、英国では現在進行中のインフラ開発プロジェクトやメガ・イニシアティブにより、建設、運営、イベント開催のニーズをサポートする仮設電源ソリューションに対する一貫した需要が生じています。このため、サウジアラビアの仮設電源市場は、仮設電源ソリューションが不可欠な原動力となっている。
主な市場課題
規制とコンプライアンスのハードル
サウジアラビアの仮設電源市場は、規制とコンプライアンスのハードルに関する注目すべき課題に直面している。急速な進化を遂げる業界として、臨時電力事業者は国や地域レベルの複雑な規制や基準の枠組みをうまく乗り切らなければなりません。
重要な課題のひとつは、臨時電力施設の運営に必要な許認可の取得である。サウジアラビアは、安全性、環境コンプライアンス、送電網の安定性を確保するため、エネルギー部門を管理する厳格な規制を維持しています。複数の政府機関が関与する許認可プロセスをナビゲートすることは、時間とリソースを要する可能性があります。許認可取得の遅れはプロジェクトのスケジュールを狂わせ、プロバイダーと顧客の双方にとってコスト増となる可能性がある。
また、環境規制の遵守も喫緊の課題である。英国が二酸化炭素排出量を削減し、エネルギー発電による環境への影響を軽減しようと努める中、臨時電力事業者は厳しい排出基準を遵守しなければならない。このため、先進的でクリーンな技術への投資が必要になることが多く、財政的負担が大きくなる可能性がある。
さらに、サウジアラビアでは付加価値税(VAT)が導入されたことで、この業界はさらに複雑さを増している。一時的な電力供給事業者は、価格設定や財務計画に影響を及ぼしかねない税制を確実に遵守しなければなりません。
要約すると、サウジアラビアの規制とコンプライアンスをうまく乗り切ることは、臨時電力事業者にとって大きな課題であり、プロジェクトのスケジュール、コスト、環境への取り組みに影響を与えます。
インフラと送電網の制限
サウジアラビアの臨時電力市場は、既存のインフラと送電網容量の限界に関する課題に直面しています。エネルギー・インフラへの大規模な投資にもかかわらず、特定の地域では特にピーク時の送電網容量が不足しています。
大きな課題の一つは、サウジアラビアの広大な地理的な広がりに起因する。遠隔地や非電化地域では安定した電力供給が受けられないことが多く、仮設電力に頼らざるを得ません。しかし、このような地域で仮設電力設備を輸送・設置することは、物流面でも経済面でも困難が伴う。
さらに、英国の一部の地域では、停電しやすく定期的なメンテナンスが必要な老朽化した送電網インフラがある。一時的な電力ソリューションは通常、バックアップとして、あるいはメンテナンスのダウンタイム中に導入される。しかし、臨時電力への依存が長期化すると、資源に負担がかかり、通常業務に支障をきたす可能性がある。
また、太陽光や風力といった再生可能エネルギーの断続的な性質も、送電網の安定性に課題をもたらします。一時的な電力ソリューションは、これらの電源が発電に失敗した場合のギャップを埋める必要があり、信頼性と柔軟性の高いインフラの重要性が浮き彫りになっています。
結論として、サウジアラビアの臨時電力市場には、既存のインフラと送電網の容量の限界が課題となっており、ロジスティクス、信頼性、ピーク需要に効果的に対応する能力に影響を与えています。
市場競争と価格圧力
熾烈な市場競争と価格圧力は、サウジアラビアの臨時電力市場の参加者にとって大きな課題となっている。業界が成長を続ける中、より多くの事業者が市場に参入し、契約やプロジェクトをめぐる競争が激化している。
このような競争の激化は、プロバイダーがビジネス確保のために競争力のある料金を提供しようと努力するため、しばしば価格圧力につながる。これは、コスト削減によって顧客に利益をもたらす一方で、臨時電力会社の利益率を圧迫する可能性がある。競争力を維持するためには、プロバイダーは価格設定と最新かつ効率的な設備への投資の必要性の間でバランスを取る方法を見つけなければならない。
競争のもう一つの側面は、人材と熟練した人材の争奪戦である。仮設電力部門では、経験豊富な技術者やオペレーターの需要が急増している。同じ熟練労働者のプールを各社が奪い合うため、有能な人材の確保と維持は困難となり、人件費の増加につながる可能性がある。
さらに、季節性や景気変動などの要因に左右される市場の周期的な性質により、プロバイダーが安定した収入源と収益性を維持することが難しくなる可能性がある。機器のメンテナンスや資金調達に伴う固定費がかさむことも多いため、低迷期のキャッシュフロー管理は特に難しい。
要約すると、サウジアラビアの臨時電力市場における激しい競争と価格圧力は、収益性、労働力管理、業界参加者の全体的な財務の健全性に大きな影響を与える可能性があります。競争力のある価格設定と収益性の持続可能なバランスを見つけることは、この分野の企業にとって依然として継続的な課題である。
主な市場動向
再生可能エネルギー統合の採用拡大
サウジアラビアの臨時電力市場における注目すべきトレンドの一つは、再生可能エネルギー統合の採用拡大です。サウジアラビアは、エネルギーミックスの多様化と化石燃料への依存度の低減を目指し、「ビジョン2030」構想の一環として再生可能エネルギー容量の拡大という野心的な目標を掲げています。持続可能性に向けたこの移行は、一時的な電力事情を再形成しつつある。
サウジアラビアが太陽光発電や風力発電プロジェクトに多額の投資を行う中、臨時電力事業者は再生可能エネルギー設備を補完するソリューションを提供することで、こうした取り組みに歩調を合わせています。例えば、太陽光発電や風力発電とバックアップ用のディーゼル発電機やガス発電機を組み合わせたハイブリッド電源ソリューションが人気を集めています。こうした統合システムは、再生可能エネルギー源が断続的であっても信頼できる電力供給を保証し、送電網の安定に貢献する。
さらに、エネルギー貯蔵ソリューションの開発も重要なトレンドとして浮上している。日中に自然エネルギーで発電した余剰エネルギーを蓄え、電力需要のピーク時や夜間に利用するために、高度なバッテリー技術を搭載した一時的な電力システムが導入されている。この傾向は、送電網の信頼性を高めるだけでなく、より多くの再生可能エネルギーの電力網への統合をサポートする。
再生可能エネルギーの統合に向けた動きは、世界的な持続可能性の目標に沿うものであり、サウジアラビアをこの地域のグリーンエネルギー移行におけるリーダーとして位置づけています。その結果、一時的な電力供給事業者は、サウジアラビアの再生可能エネルギーへの野望をサポートする革新的なソリューションの開発を優先する可能性が高く、この傾向は市場進化の決定的な特徴となっています。
デジタル化と遠隔監視
サウジアラビアの臨時電力市場は現在、デジタル化と遠隔監視への大きなシフトを目の当たりにしている。デジタル技術の進歩は、仮設電力ソリューションの管理、運用、保守に革命をもたらしている。
遠隔監視・制御システムの普及が進み、事業者は集中管理された場所から仮設電力資産を効率的に管理できるようになりました。これらのシステムは、発電機の性能、燃料消費量、メンテナンスの必要性をリアルタイムで把握することができます。また、予知保全も可能になるため、ダウンタイムが短縮され、機器の寿命が最適化されます。
IoT(モノのインターネット)センサーとデータ分析の統合は、機器の健全性と性能に関する貴重な情報を提供するため、この傾向にとって極めて重要です。このデータ主導のアプローチにより、オペレーターは十分な情報に基づいた意思決定を行い、効率を高め、運用コストを最小限に抑えることができる。
さらに、デジタル・プラットフォームは、透明性とアクセシビリティを提供することで、顧客体験を向上させている。顧客は、一時的な電力システムをリモートで監視し、使用状況レポートにアクセスし、問題やメンテナンスの必要性が発生した場合にアラートを受け取ることができます。このような透明性の高さは信頼を培い、顧客とプロバイダーの関係を強化する。
デジタル化のトレンドは今後も進化を続け、AIを活用した予知保全やブロックチェーンを活用した資産管理など、より高度な技術が一般的になると予想されます。サウジアラビアがエネルギー効率の向上と運用コストの削減に努める中、デジタル化は臨時電力市場の将来を形作る上で極めて重要な役割を果たすだろう。
セグメント別インサイト
燃料タイプ別インサイト
ディーゼル発電機セグメントが2022年に支配的なプレーヤーとして浮上した。ディーゼル発電機は卓越した信頼性と安定性で知られ、サウジアラビアの臨時電力ソリューションに適した選択肢となっている。サウジアラビアの送電網は変動や停電の影響を受けやすく、特に遠隔地や急速に発展している地域ではその傾向が顕著である。ディーゼル発電機は信頼できるバックアップとして機能し、そのような事態が発生した際にも中断のない電力供給を保証します。
サウジアラビアにおけるディーゼル発電機を含む臨時電力ソリューションの需要は、季節変動があり、経済活動や大規模プロジェクトに対応している。ディーゼル発電機は、特に建設や製造などの産業において、需要ピーク時のギャップを埋めるために頻繁に採用されている。
ディーゼル発電機を太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー源と統合することで、継続的な電力供給を保証しながら排出量と運用コストを削減する機会が生まれる。エネルギー貯蔵ソリューションをディーゼル発電機に組み込むことで、効率を高め、燃料消費量を削減し、より環境に優しく、費用対効果の高いものにすることができる。
要約すると、ディーゼル発電機はサウジアラビアの臨時電力市場にとって不可欠なコンポーネントであり続け、極端な気候条件と急速な発展を特徴とするこの国で比類のない信頼性と安定性を提供しています。とはいえ、ディーゼル発電機のプロバイダーとユーザーは、この進化する市場で競争力と持続可能性を維持するために、環境への懸念に対処し、ハイブリッドとエネルギー貯蔵ソリューションを模索し、デジタル技術を活用しなければならない。
エンドユーザー洞察
公益事業分野は予測期間中に急成長すると予測される。サウジアラビアの公益事業部門では、住宅、商業、工業用ユーザーのニーズに応えるため、信頼性が高く安定した電力供給が必要である。需要のピーク時や緊急時には、レンタル発電機や移動式発電所のような一時的な電力ソリューションが、送電網の安定性と中断のない電力供給を確保する上で重要な役割を果たす。サウジアラビアの極端な気候条件、特にエアコンの電力需要の急増につながる灼熱の夏を考えると、公益事業者はこうした季節変動に対応するための不測の事態に備えた計画を立てておく必要があります。既存のインフラがひずみに直面したときのギャップを埋めるためには、一時的な電力ソリューションが不可欠です。
送電網の安定性をさらに高め、化石燃料への依存を減らすために、公益事業分野は、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー源を一時的な電源ソリューションと統合することで利益を得ることができる。再生可能エネルギーとバックアップ発電機を組み合わせたハイブリッドシステムは、送電網の安定に貢献し、従来のエネルギー源への依存を最小限に抑えることができる。さらに、断続的な再生可能エネルギー源からの余剰エネルギーを貯蔵するエネルギー貯蔵システムの統合を模索することで、送電網をサポートし、ディーゼル発電機の連続運転の必要性を減らすことができる。
結論として、サウジアラビアの臨時電力市場におけるユーティリティ部門は、住宅、商業、工業の消費者に安定した信頼性の高い電力供給を確保する上で重要な役割を果たしている。再生可能エネルギーを統合し、エネルギー貯蔵ソリューションを模索し、デジタル化を取り入れ、緊急時への備えを強化することで、公益事業者はサウジアラビアのエネルギー事情における需要の高まりに対応する機会をつかむことができる。
地域の洞察
2022年、リヤドはサウジアラビアの臨時電力市場で支配的なプレーヤーに浮上した。リヤドはサウジアラビアの他の地域と同様、近年大幅な経済成長と産業発展を遂げている。この進展により、信頼性が高く拡張性の高い電力ソリューションに対する需要が高まり、仮設電力サービスの重要な市場が形成されている。リヤドの市場は、国内外の臨時電力プロバイダーが混在し、いずれも拡大する機会のシェアを争っているのが特徴だ。
首都としてのリヤドの地位は、新しい商業ビル、交通網、住宅地を含むインフラ開発への注目すべき政府・民間投資を引き寄せている。これらのプロジェクトでは、建設と運用の両方の段階で一時的な電力ソリューションが必要となることが多く、レンタル発電機と関連サービスの需要が高まっている。
灼熱の夏と時折発生する砂嵐を特徴とするリヤドの極端な気候は、ピーク時のエネルギー需要を高める一因となっている。一時的な電力ソリューションは、特に送電網のインフラがひっ迫する可能性がある場合に、安定した電力供給を維持する上で重要な役割を果たします。
エネルギーミックスの多様化と持続可能性の促進に対するサウジ政府のコミットメントは、持続可能な都市開発に対するリヤドの願望と一致している。その結果、再生可能エネルギー統合ソリューションやエネルギー効率の高い技術を提供する臨時電力事業者は、リヤド市場でビジネスチャンスを見出すことができる。
リヤドは首都としての役割を担うことから、緊急対応や災害復旧の取り組みに重要な意味を持つ。臨時電力供給事業者は、緊急時に必要不可欠なサービスをサポートするための迅速な展開ソリューションを提供できる。デジタル化と遠隔監視技術を取り入れることで、リヤドの臨時電力供給会社は他とは一線を画し、顧客に電力システムの制御強化とリアルタイムの洞察を提供することができる。
結論として、リヤドの臨時電力市場は、経済成長、インフラ整備、気候上の課題などを原動力とするダイナミックな性質が特徴である。
主な市場プレイヤー
アグレコ
アルタアカ・グローバ
カミンズ・アラビア
レンタルソリューション&サービス(RSS)
サウジ・ディーゼル・イクイップメント・カンパニー(SDEC)
マッカ・アル・ムカラマ発電機工場
サウジアラビア・パーソンズ社(SAPL)
オラヤン・ファイナンシング・カンパニー(OFC)
ザヒド・グループ
アトラスコプコ

レポートの範囲
本レポートでは、サウジアラビアの臨時電力市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳しく解説しています:
- サウジアラビアの仮設電源市場、燃料タイプ別
o ディーゼル発電機
o ガス発電機
o その他
- サウジアラビアの仮設電源市場:定格電力別
o 80キロワット未満
o 81キロワット~280キロワット
o 281 Kw-600 Kw
o 600 Kw以上
- サウジアラビアの臨時電力市場:エンドユーザー別
o ユーティリティー
o イベント
o 石油・ガス
o 建設
o 鉱業
o 製造
o その他
- サウジアラビアの仮設電力市場、地域別
o リヤド
o マッカ
o 東部州
o その他の地域
競合状況
企業プロフィール:サウジアラビアの臨時電力市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
サウジアラビアの臨時電力市場レポートは所定の市場データに基づいて、Tech Sci Research社は企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Saudi Arabia Temporary Power Market
5. Voice of Customer
6. Saudi Arabia Temporary Power Market Overview
7. Saudi Arabia Temporary Power Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Fuel Type (Diesel Generator, Gas Generator and Others)
7.2.2. By Power Rating (Less Than 80 Kw, 81 Kw–280 Kw, 281 Kw–600 Kw and Above 600 Kw)
7.2.3. By End-User (Utilities, Events, Oil & Gas, Construction, Mining, Manufacturing and Others)
7.2.4. By Region (Riyadh, Makkah, Eastern Province and Rest of Saudi Arabia)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. Riyadh Temporary Power Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Fuel Type
8.2.2. By Power Rating
8.2.3. By End-User
9. Makkah Temporary Power Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Fuel Type
9.2.2. By Power Rating
9.2.3. By End-User
10. Eastern Province Temporary Power Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Fuel Type
10.2.2. By Power Rating
10.2.3. By End-User
11. Rest of Saudi Arabia Temporary Power Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Fuel Type
11.2.2. By Power Rating
11.2.3. By End-User
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Aggreko
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.1.5. Key Product/Services Offered
14.2. Altaaqa Globa
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.2.5. Key Product/Services Offered
14.3. Cummins Arabia
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.3.5. Key Product/Services Offered
14.4. Rental Solutions & Services (RSS)
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.4.5. Key Product/Services Offered
14.5. Saudi Diesel Equipment Company (SDEC)
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.5.5. Key Product/Services Offered
14.6. Makka Al-Mukarama Generator Works
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.6.5. Key Product/Services Offered
14.7. Saudi Arabian Parsons Limited (SAPL)
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.7.5. Key Product/Services Offered
14.8. Olayan Financing Company (OFC)
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.8.5. Key Product/Services Offered
14.9. Zahid Group
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.9.5. Key Product/Services Offered
14.10. Atlas Copco
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.10.5. Key Product/Services Offered
15. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Saudi Arabia Temporary Power Market has valued at USD 376.92 million in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 8.47% through 2028. Saudi Arabia is internationally recognized as a prominent industry leader in the petrochemical and oil & gas sectors. These industries frequently operate in remote or off-grid locations with limited access to the main power grid. In such cases, temporary power solutions, including mobile power plants and rental generators, play a vital role in supporting exploration, drilling, and production activities in these areas.
Key Market Drivers
Economic Growth & Industrial Expansion
Saudi Arabia's temporary power market is propelled by robust economic growth and rapid industrial expansion. The Kingdom's Vision 2030, a comprehensive blueprint for economic diversification and development, plays a pivotal role in shaping the energy landscape. As Saudi Arabia aims to reduce reliance on oil revenue and establish a more diversified economy, temporary power solutions become indispensable.
A key driver of this market is the consistent growth of various industries, including construction, manufacturing, and petrochemicals. These industries require reliable and scalable power sources to meet operational needs. Temporary power solutions, such as rental generators and mobile power plants, bridge the gap during periods of increased demand or insufficient grid infrastructure. As industrial projects continue to expand, the demand for temporary power solutions is expected to grow in parallel.
Another aspect of economic growth is the influx of foreign direct investment (FDI). Saudi Arabia's efforts to create a business-friendly environment have attracted international companies to establish operations within the Kingdom. These businesses often require temporary power solutions during facility setup, further stimulating market demand. The government's commitment to infrastructure development, including building new cities and economic zones, also contributes to the growth of the temporary power market.
In summary, the economic growth and industrial expansion in Saudi Arabia, driven by Vision 2030 and FDI, generate a strong demand for temporary power solutions to support the energy needs of various industries and infrastructure projects.
Seasonal Climate & Peak Energy Demand
Saudi Arabia's distinct climate and the resulting seasonal fluctuations in energy demand serve as major catalysts for the temporary power market. The nation encounters extreme weather conditions, characterized by scorching summers and occasional sandstorms. These climatic challenges impose strain on the power grid, necessitating the utilization of temporary power sources.
During the sweltering summer months, the usage of air conditioning skyrockets, leading to a surge in electricity demand. The existing power infrastructure may struggle to cope with this peak demand, particularly in remote or off-grid areas. Temporary power solutions, such as mobile generators and cooling systems, play a vital role in ensuring uninterrupted power supply during these periods. They provide essential support by stabilizing the grid and preventing blackouts.
Furthermore, sandstorms, which are prevalent in desert regions, can cause damage to power transmission lines and disrupt the regular electricity supply. In such scenarios, temporary power units play a critical role in swiftly restoring power to affected areas. These units are designed to withstand harsh environmental conditions, making them indispensable during emergencies triggered by extreme weather events.
Moreover, Saudi Arabia's burgeoning tourism industry, particularly during the milder winter months, contributes to an upsurge in energy demand. The necessity for temporary power sources at tourist destinations, outdoor events, and hospitality facilities becomes evident during peak tourism seasons.
To conclude, Saudi Arabia's seasonal climate variations and their impact on energy demand drive the adoption of temporary power solutions, ensuring dependable electricity supply during extreme weather conditions and peak demand periods.
Infrastructure Development & Mega Projects
Saudi Arabia's ambitious infrastructure development initiatives and mega projects serve as a significant catalyst for the temporary power market. The Kingdom's unwavering commitment to constructing new cities, transportation networks, and entertainment hubs necessitates substantial and dependable power sources throughout the construction and operation phases.
Infrastructure endeavors like the Riyadh Metro, the NEOM development, and the expansion of the Red Sea tourism sector demand unwavering and robust energy supply. Temporary power solutions are employed to fulfill these requirements, providing construction sites with the necessary electricity to operate heavy machinery and tools. They also support the temporary facilities essential for accommodating a sizable workforce.
Mega projects, encompassing the construction of sports stadiums, exhibition centers, and entertainment complexes, require substantial power capacity for lighting, audio-visual systems, and climate control. Temporary power solutions offer the flexibility to scale up or down as project requirements evolve, making them a cost-effective choice for such ventures.
Moreover, Saudi Arabia's commitment to hosting international events and conferences, such as the G20 Summit, necessitates a reliable power infrastructure. Strategically deployed temporary power systems ensure uninterrupted operations and provide backup power in the event of unforeseen disruptions.
In conclusion, the Kingdom's ongoing infrastructure development projects and mega initiatives generate a consistent demand for temporary power solutions to support construction, operation, and event hosting needs. This makes them an indispensable driver of the temporary power market in Saudi Arabia.
Key Market Challenges
Regulatory & Compliance Hurdles
The Saudi Arabia Temporary Power Market encounters noteworthy challenges concerning regulatory and compliance hurdles. As an industry experiencing rapid evolution, temporary power providers must successfully navigate a complex framework of regulations and standards at the national and regional levels.
One pivotal challenge entails acquiring the necessary permits and approvals to operate temporary power facilities. Saudi Arabia maintains stringent regulations governing the energy sector to ensure safety, environmental compliance, and grid stability. Navigating the permitting process, involving multiple government agencies, can be time-consuming and resource-intensive. Delays in obtaining permits can disrupt project timelines and increase costs for both providers and clients.
Compliance with environmental regulations also stands as a pressing concern. As the Kingdom strives to reduce its carbon footprint and mitigate the environmental impact of energy generation, temporary power providers must adhere to strict emissions standards. This often necessitates investment in advanced and cleaner technologies, which can be financially burdensome.
Moreover, the introduction of VAT (Value Added Tax) in Saudi Arabia has introduced an additional layer of complexity to the industry. Temporary power providers must ensure compliance with tax regulations, which can influence pricing structures and financial planning.
In summary, navigating the regulatory and compliance landscape in Saudi Arabia presents a significant challenge for temporary power providers, impacting project timelines, costs, and environmental commitments.
Infrastructure & Grid Limitations
The Saudi Arabia Temporary Power Market faces challenges concerning the limitations of its existing infrastructure and grid capacity. Despite significant investments in energy infrastructure, certain areas still experience insufficient grid capacity, particularly during peak periods.
One significant challenge stems from the vast geographical expanse of Saudi Arabia. Remote and off-grid regions often lack access to a stable power supply, necessitating reliance on temporary power solutions. However, transporting and installing temporary power equipment in these areas can present logistical and financial difficulties.
Furthermore, certain areas of the Kingdom have aging grid infrastructure that is prone to outages and requires regular maintenance. Temporary power solutions are typically deployed as backup or during maintenance downtime. However, prolonged reliance on temporary power can strain resources and disrupt regular operations.
The intermittent nature of renewable energy sources, such as solar and wind, also poses challenges to grid stability. Temporary power solutions must fill the gaps when these sources fail to produce electricity, underscoring the importance of reliable and flexible infrastructure.
In conclusion, the limitations of existing infrastructure and grid capacity pose challenges to the Saudi Arabia Temporary Power Market, impacting logistics, reliability, and the ability to effectively meet peak demand.
Market Competition & Pricing Pressures
Intense market competition and pricing pressures pose significant challenges for participants in the Saudi Arabia Temporary Power Market. As the industry continues to grow, more providers enter the market, resulting in heightened competition for contracts and projects.
This increased competition often leads to pricing pressures as providers strive to offer competitive rates to secure business. While this can benefit clients by driving down costs, it can strain the profit margins of temporary power companies. To remain competitive, providers must find ways to strike a balance between pricing and the need to invest in modern and efficient equipment.
Another aspect of competition is the battle for talent and skilled personnel. The demand for experienced technicians and operators in the temporary power sector has surged. Attracting and retaining qualified personnel becomes challenging as companies vie for the same pool of skilled workers, potentially resulting in increased labor costs.
Furthermore, the market's cyclical nature, influenced by factors such as seasonality and economic fluctuations, can make it difficult for providers to maintain consistent revenue streams and profitability. Managing cash flow during slow periods can be particularly challenging, as companies often face high fixed costs associated with equipment maintenance and financing.
In summary, intense competition and pricing pressures in the Saudi Arabia Temporary Power Market can significantly impact profitability, workforce management, and the overall financial health of industry participants. Finding a sustainable balance between competitive pricing and profitability remains an ongoing challenge for businesses in this sector.
Key Market Trends
Growing Adoption of Renewable Energy Integration
One notable trend in the Saudi Arabia Temporary Power Market is the increasing adoption of renewable energy integration. The Kingdom has established ambitious targets for expanding renewable energy capacity as part of its Vision 2030 initiative, aiming to diversify its energy mix and reduce reliance on fossil fuels. This transition towards sustainability is reshaping the temporary power landscape.
As Saudi Arabia heavily invests in solar and wind energy projects, temporary power providers are aligning with these efforts by offering solutions that complement renewable energy installations. For instance, hybrid power solutions that combine solar or wind power with backup diesel or gas generators are gaining popularity. These integrated systems ensure a reliable power supply even when renewable sources are intermittent, contributing to grid stability.
Furthermore, the development of energy storage solutions is emerging as a significant trend. Temporary power systems equipped with advanced battery technology are being deployed to store excess energy generated by renewables during the day for use during peak demand or at night. This trend not only enhances grid reliability but also supports the integration of more renewable energy into the Kingdom's power grid.
The drive towards renewable energy integration aligns with global sustainability goals and positions Saudi Arabia as a leader in the region's green energy transition. Consequently, temporary power providers are likely to prioritize the development of innovative solutions that support the Kingdom's renewable energy ambitions, making this trend a defining feature of the market's evolution.
Digitalization and Remote Monitoring
The Saudi Arabia Temporary Power Market is currently witnessing a significant shift towards digitalization and remote monitoring. Advancements in digital technologies are revolutionizing the management, operation, and maintenance of temporary power solutions.
Remote monitoring and control systems are increasingly prevalent, providing operators with the ability to efficiently manage temporary power assets from a centralized location. These systems offer real-time insights into generator performance, fuel consumption, and maintenance requirements. They also enable predictive maintenance, resulting in reduced downtime and optimized equipment lifespan.
The integration of IoT (Internet of Things) sensors and data analytics is crucial to this trend, as they deliver valuable information regarding equipment health and performance. This data-driven approach empowers operators to make informed decisions, enhance efficiency, and minimize operational costs.
Furthermore, digital platforms are enhancing customer experiences by offering transparency and accessibility. Clients can remotely monitor their temporary power systems, access usage reports, and receive alerts in the event of issues or maintenance requirements. This level of transparency cultivates trust and strengthens customer-provider relationships.
The digitalization trend is expected to continue evolving, with more advanced technologies such as AI-driven predictive maintenance and blockchain-based asset management becoming commonplace. As Saudi Arabia strives to enhance energy efficiency and reduce operational costs, digitalization will play a pivotal role in shaping the future of the temporary power market.
Segmental Insights
Fuel Type Insights
The Diesel Generator segment emerged as the dominant player in 2022. Diesel generators are renowned for their exceptional reliability and stability, establishing them as the preferred choice for temporary power solutions in Saudi Arabia. The Kingdom's power grid is susceptible to fluctuations and outages, particularly in remote or rapidly developing regions. Diesel generators serve as a dependable backup, ensuring uninterrupted power supply during such occurrences.
The demand for temporary power solutions in Saudi Arabia, including diesel generators, exhibits seasonal fluctuations and responds to economic activities and large-scale projects. Diesel generators are frequently employed to bridge the gap during peak demand periods, particularly in industries like construction and manufacturing.
By integrating diesel generators with renewable energy sources such as solar or wind power, opportunities arise to reduce emissions and operational costs while guaranteeing a continuous power supply. The incorporation of energy storage solutions with diesel generators can enhance efficiency and diminish fuel consumption, rendering them more environmentally friendly and cost-effective.
To sum up, diesel generators remain an indispensable component of the Saudi Arabia Temporary Power Market, offering unparalleled reliability and stability in a country characterized by extreme climate conditions and rapid development. Nevertheless, providers and users of diesel generators must address environmental concerns, explore hybrid and energy storage solutions, and leverage digital technologies to retain competitiveness and sustainability in this evolving market.
End-User Insights
The Utilities segment is projected to experience rapid growth during the forecast period. The utilities sector in Saudi Arabia necessitates a dependable and consistent power supply to cater to the needs of residential, commercial, and industrial users. During peak demand periods and emergencies, temporary power solutions like rental generators and mobile power plants play a critical role in ensuring grid stability and uninterrupted electricity provision. Given the extreme climatic conditions in Saudi Arabia, particularly scorching summers that lead to a surge in electricity demand for air conditioning, utilities must have contingency plans in place to handle these seasonal variations. Temporary power solutions are essential to bridge the gap when the existing infrastructure faces strain.
To further enhance grid stability and reduce reliance on fossil fuels, the utilities segment can benefit from integrating renewable energy sources, such as solar and wind power, with temporary power solutions. Hybrid systems that combine renewables with backup generators can contribute to grid stability and minimize the reliance on traditional energy sources. Additionally, exploring the integration of energy storage systems to store excess energy from intermittent renewable sources can offer grid support and reduce the need for continuous operation of diesel generators.
In conclusion, the utilities segment of the Saudi Arabia Temporary Power Market plays a vital role in ensuring a stable and reliable power supply for residential, commercial, and industrial consumers. By integrating renewable energy, exploring energy storage solutions, embracing digitalization, and enhancing their emergency preparedness, utilities can seize opportunities to meet the growing demands of the Kingdom's energy landscape.
Regional Insights
Riyadh emerged as the dominant player in the Saudi Arabia Temporary Power market in 2022. Riyadh, akin to the rest of Saudi Arabia, has witnessed substantial economic growth and industrial development in recent years. This progress has resulted in an increased demand for reliable and scalable power solutions, creating a significant market for temporary power services. The market in Riyadh is distinguished by a mix of local and international temporary power providers, all competing for a share of the expanding opportunities.
Riyadh's status as the capital city has attracted noteworthy government and private investments in infrastructure development, encompassing new commercial buildings, transportation networks, and residential areas. These projects often necessitate temporary power solutions during both construction and operation phases, driving the demand for rental generators and related services.
Riyadh's extreme climate, characterized by scorching summers and occasional sandstorms, contributes to heightened energy demand during peak seasons. Temporary power solutions play a vital role in maintaining a stable power supply, particularly when the grid infrastructure may be strained.
The Saudi government's commitment to diversifying the energy mix and promoting sustainability aligns with Riyadh's aspirations for sustainable urban development. Consequently, temporary power providers offering renewable energy integration solutions and energy-efficient technologies can discover opportunities in Riyadh's market.
Given Riyadh's role as the capital, it holds critical significance for emergency response and disaster recovery efforts. Temporary power providers can offer swift deployment solutions to support essential services during emergencies. Embracing digitalization and remote monitoring technologies can set temporary power providers in Riyadh apart, offering clients enhanced control and real-time insights into their power systems.
In conclusion, Riyadh's temporary power market is characterized by its dynamic nature, driven by economic growth, infrastructure development, and climate challenges.
Key Market Players
Aggreko
Altaaqa Globa
Cummins Arabia
Rental Solutions & Services (RSS)
Saudi Diesel Equipment Company (SDEC)
Makka Al-Mukarama Generator Works
Saudi Arabian Parsons Limited (SAPL)
Olayan Financing Company (OFC)
Zahid Group
Atlas Copco

Report Scope:
In this report, the Saudi Arabia Temporary Power Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Saudi Arabia Temporary Power Market, By Fuel Type:
o Diesel Generator
o Gas Generator
o Others
• Saudi Arabia Temporary Power Market, By Power Rating:
o Less Than 80 Kw
o 81 Kw–280 Kw
o 281 Kw–600 Kw
o Above 600 Kw
• Saudi Arabia Temporary Power Market, By End-User:
o Utilities
o Events
o Oil & Gas
o Construction
o Mining
o Manufacturing
o Others
• Saudi Arabia Temporary Power Market, By Region:
o Riyadh
o Makkah
o Eastern Province
o Rest of Saudi Arabia
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Saudi Arabia Temporary Power Market.
Available Customizations:
Saudi Arabia Temporary Power Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Formulation of the Scope
2.4. Assumptions and Limitations
2.5. Sources of Research
2.5.1. Secondary Research
2.5.2. Primary Research
2.6. Approach for the Market Study
2.6.1. The Bottom-Up Approach
2.6.2. The Top-Down Approach
2.7. Methodology Followed for Calculation of Market Size & Market Shares
2.8. Forecasting Methodology
2.8.1. Data Triangulation & Validation
3. Executive Summary
4. Impact of COVID-19 on Saudi Arabia Temporary Power Market
5. Voice of Customer
6. Saudi Arabia Temporary Power Market Overview
7. Saudi Arabia Temporary Power Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Fuel Type (Diesel Generator, Gas Generator and Others)
7.2.2. By Power Rating (Less Than 80 Kw, 81 Kw–280 Kw, 281 Kw–600 Kw and Above 600 Kw)
7.2.3. By End-User (Utilities, Events, Oil & Gas, Construction, Mining, Manufacturing and Others)
7.2.4. By Region (Riyadh, Makkah, Eastern Province and Rest of Saudi Arabia)
7.3. By Company (2022)
7.4. Market Map
8. Riyadh Temporary Power Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Fuel Type
8.2.2. By Power Rating
8.2.3. By End-User
9. Makkah Temporary Power Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Fuel Type
9.2.2. By Power Rating
9.2.3. By End-User
10. Eastern Province Temporary Power Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Fuel Type
10.2.2. By Power Rating
10.2.3. By End-User
11. Rest of Saudi Arabia Temporary Power Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Fuel Type
11.2.2. By Power Rating
11.2.3. By End-User
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends and Developments
14. Company Profiles
14.1. Aggreko
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.1.5. Key Product/Services Offered
14.2. Altaaqa Globa
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.2.5. Key Product/Services Offered
14.3. Cummins Arabia
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.3.5. Key Product/Services Offered
14.4. Rental Solutions & Services (RSS)
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.4.5. Key Product/Services Offered
14.5. Saudi Diesel Equipment Company (SDEC)
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.5.5. Key Product/Services Offered
14.6. Makka Al-Mukarama Generator Works
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.6.5. Key Product/Services Offered
14.7. Saudi Arabian Parsons Limited (SAPL)
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.7.5. Key Product/Services Offered
14.8. Olayan Financing Company (OFC)
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.8.5. Key Product/Services Offered
14.9. Zahid Group
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.9.5. Key Product/Services Offered
14.10. Atlas Copco
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel/Key Contact Person
14.10.5. Key Product/Services Offered
15. Strategic Recommendations
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(construction)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る