世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

米国の持続可能な包装市場:素材別(紙、プラスチック、ガラス、金属)、工程別(再生包装、再利用可能包装、分解可能包装)、用途別(食品・飲料、化粧品・パーソナルケア、医薬品・ヘルスケア、その他)、地域別、競争


United States Sustainable Packaging Market By Material (Paper, Plastic, Glass, Metal), By Process (Recycled Packaging, Reusable Packaging, Degradable Packaging) By End-Use (Food & Beverages, Cosmetic & Personal Care, Pharmaceuticals & Healthcare, Others), By Region, Competition

米国の持続可能な包装市場は、2022年に453.7億米ドルの評価を達成し、予測期間中に大きく成長する態勢を整えており、2028年までの年間平均成長率(CAGR)は4.12%を達成し、2028年には582.7億米ドルに達すると予... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
72 英語

 

サマリー

米国の持続可能な包装市場は、2022年に453.7億米ドルの評価を達成し、予測期間中に大きく成長する態勢を整えており、2028年までの年間平均成長率(CAGR)は4.12%を達成し、2028年には582.7億米ドルに達すると予測されている。持続可能な包装には、製品の保護、保存、提示という機能的要件を満たしながら、環境への影響を最小限に抑える包装材料とシステムの設計、作成、利用が含まれる。持続可能な包装の目的は、環境への責任と包装の本質的な機能の間に微妙な均衡を見出すことである。米国のサステナブル・パッケージング市場は、消費者の嗜好の変化、規制の圧力、技術の進歩、環境責任へのコミットメントの高まりによって、大きな変革期を迎えている。プラスチック汚染、資源枯渇、気候変動をめぐる世界的な懸念が強まる中、持続可能な包装は消費財の環境影響を緩和する極めて重要なソリューションとして浮上している。

主な市場牽引要因

消費者の需要と環境意識

近年、消費者の行動や価値観に激震が走り、包装業界にも大きな変化が起きている。米国の持続可能な包装市場は、消費者の需要と環境意識の高まりの強力な組み合わせによって、大幅な成長を目の当たりにしている。消費者は受動的な買い手から、企業や業界に大きな影響力を行使する良心的な意思決定者へと進化した。消費者の価値観が根本的に変化したことで、環境に配慮した選択をしたがる、環境意識の高い世代の購買層が出現した。包装を含む持続可能な製品に対する消費者の需要の急増は、企業がもはや見過ごすことのできないパラダイム・シフトを引き起こした。米国の持続可能な包装市場の成長の重要な原動力は、消費者の環境に対する価値観に沿った製品を好む傾向が強まっていることである。持続可能な包装を採用するブランドは、消費者のロイヤルティ向上と市場シェア拡大という報酬を得ている。消費者は、環境スチュワードシップと社会的責任へのコミットメントを示すブランドにますます惹かれている。持続可能なパッケージングは、ブランドの価値観を目に見える形で示す役割を果たし、消費者とのより深いつながりを育む。特にミレニアル世代とジェネレーションZは、持続可能性への取り組みをリードしている。これらの層は、包装資材を吟味し、透明性を求め、環境に優しい素材で包装された製品を選ぶ傾向が強い。プラスチック汚染が海や生態系に与える有害な影響に対する意識の高まりが、使い捨てプラスチックに代わるものを求める個人を動かしている。この懸念は消費者の選択に浸透し、プラスチック廃棄物を最小限に抑える包装ソリューションへの需要に拍車をかけている。環境教育や意識向上キャンペーンが盛んに行われ、消費者は包装の選択が環境に及ぼす影響について学んでいる。消費者が情報を得れば得るほど、持続可能な代替包装を要求し、支持する可能性が高まる。ソーシャルメディア・プラットフォームは、環境メッセージを発信し、持続可能な慣行についての認識を高めるための強力なツールとなっている。プラスチック廃棄物や汚染に焦点を当てたバイラルコンテンツは、世論に火をつけ、消費者に変化を促す動機付けとなった。

市場成長を促す規制圧力と政策

より環境に優しく持続可能な未来を追求する中で、規制圧力と政策が変化の極めて重要な推進力として浮上し、米国の持続可能な包装市場を新時代へと押し上げている。環境悪化、プラスチック廃棄物、資源枯渇に対する懸念が強まるにつれ、政府と規制機関はこれらの課題に取り組む努力を強めている。連邦、州、地方レベルで多様な規制が存在する米国では、包装業界の変革を目指す規制圧力の波が押し寄せている。最も影響力のある規制措置の一つは、使い捨てプラスチックの禁止または制限である。全米の数多くの州や地方自治体が、レジ袋、ストロー、発泡容器などの禁止を実施または提案している。これらの禁止措置により、企業は持続可能な代替包装を模索する必要に迫られている。拡大生産者責任(EPR)法は、製品や包装の廃棄とリサイクルについて生産者に責任を負わせるものである。これらの法律は、リサイクルや堆肥化が容易な包装を設計するよう企業に金銭的なインセンティブを与え、持続可能な包装方法の採用を促進している。多くの州が意欲的なリサイクル目標を設定し、企業に包装材へのリサイクル材料の使用を増やすよう動機づけている。このような義務化は、企業が持続可能な素材に投資し、循環経済の原則に沿った慣行を取り入れることを奨励している。政府機関、教育機関、企業は、包装材を含む持続可能な製品の使用を優先するグリーン調達方針を徐々に採用している。このため、確固たる環境証明書を備えた包装ソリューションへの需要が高まっている。

電子商取引ブームと包装イノベーション

電子商取引の台頭は、消費者の買い物習慣を再定義し、小売の風景を再構築し、包装業界に大きな変化をもたらした。この大きな変化は、米国の持続可能な包装市場にとっても重要な成長促進要因となっている。電子商取引は製品の購入方法に革命をもたらし、消費者の行動と包装に求められる要求を変化させた。オンラインショッピングの利便性は、包装分野に新たな挑戦と機会をもたらした。より多くの商品が消費者の玄関先まで直接配送されるようになったため、包装は保護、ブランド、環境への責任といった要件を満たすよう適応してきた。電子商取引では、商品が最適な状態で、傷つけられることなく、きちんと陳列された状態で顧客の手元に届くような包装が必要とされる。持続可能なパッケージング・ソリューションは、廃棄物や資源の消費を最小限に抑えながら、これらの機能を果たさなければならない。電子商取引の包装は、余分な材料を減らすために包装設計の最適化を促している。この傾向は持続可能な包装の目標とよく一致しており、より軽量で効率的な包装は環境への影響を全体的に減少させるからである。電子商取引では、従来の小売業に比べてサプライチェーンが短く、輸送距離も短縮されることが多いため、二酸化炭素排出量の削減につながる可能性があり、持続可能な包装の環境面での利点がさらに強調されている。Eコマースの利便性は、環境への影響を最小限に抑えた製品を求める環境意識の高い消費者にアピールする。持続可能な包装はこうした消費者の共感を呼び、ブランド・ロイヤルティと市場シェアを高める。製品のサイズに合わせた包装は、無駄を省き、資源効率を高める。企業は、調節可能なパッケージングや、製品の形状に合わせて成型する素材で革新を進めている。プチプチや発泡ピーナッツのような従来の包装用充填材は、生分解性または堆肥化可能な代替品で代用され、プラスチック廃棄物や汚染を削減している。電子商取引は、製品の返品率の上昇につながる。簡単で環境に優しい返品を容易にする包装設計が支持を集め、包装廃棄物全体を減らしている。ブランドは、より少ない材料を使用し、製品内容を強調するミニマルなパッケージデザインを採用している。これは、廃棄物を減らすだけでなく、消費者の箱から取り出す体験を高める。

主な市場課題

機能性と持続可能性のバランス

持続可能な包装は、環境への影響を低減し、責任ある消費を促進するための幅広い努力の中で、極めて重要な焦点として浮上してきた。しかし、持続可能なパッケージングへの道程に課題がないわけではなく、最も大きな障害のひとつは、機能性と持続可能性の間で微妙な均衡を保つことである。包装は、製品を保護するだけでなく、多くの役割を果たしている。また、消費者に重要な情報を伝え、ブランド・アイデンティティを高め、製品の鮮度を維持し、取り扱いや輸送における利便性を提供する。これらの機能は、消費者にポジティブな体験を提供し、ライフサイクルを通じて製品の完全性を維持するために不可欠である。

複雑な素材環境

持続可能な包装は、環境への影響を緩和し、責任ある消費を促進する世界的な動きにおいて、重要なフロンティアとなっている。サステイナブル・パッケージング市場が直面する最も顕著な課題の1つは、材料状況の複雑さである。この課題は、持続可能性の目標に沿うだけでなく、機能的・経済的要件も満たす材料を特定する必要性から生じている。持続可能な包装の推進は、広範な材料の探求と開発に拍車をかけており、それぞれが独自の利点と限界を持っている。素材は多様性、革新性、そして様々な環境への影響を特徴としている。この多様性は、カスタマイズされたソリューションの機会を提供する一方で、特定の製品や状況に適した材料を選択するという点での課題も提示している。

標準化の欠如

明確な基準がないため、消費者は選択した包装の実際の環境影響について不確かなことに気づくかもしれない。用語やラベルを誤解すると、不適切な廃棄や持続可能な選択肢の採用をためらうなど、予期せぬ結果を招きかねない。持続可能な包装を採用しようとする企業は、最適な素材や方法を選択する際に困難に直面する。一貫した基準がないため、さまざまな選択肢を効果的に評価・比較することが難しい。標準化された定義がないため、規制上の課題につながる可能性がある。企業は、持続可能な包装の要件に関する明確性や一貫性を欠く規制を守ることが困難になる可能性がある。標準化の欠如は、包装の環境影響に関するブランドの主張に矛盾をもたらす可能性がある。これは消費者の信頼を損ない、持続可能な選択を促す努力を複雑にする可能性がある。

主な市場動向

持続可能で環境に優しいソリューション

持続可能な包装は、より広範な持続可能性運動の中で重要な焦点として浮上してきた。消費者の環境意識が高まり、政府がより厳しい規制を制定するにつれて、米国の持続可能な包装市場は大幅な成長と変貌を遂げている。環境に優しい製品や包装に対する消費者の需要が、米国におけるサステナブル包装拡大の原動力となっている。環境問題に対する意識が高まるにつれ、消費者は自分の価値観に合った製品を積極的に求めるようになった。この傾向は、メーカーやブランドに持続可能な包装材料や慣行を採用するよう促し、この高まる需要に応えている。包装廃棄物の削減と持続可能性の促進を目的とした政府の規制も、米国の包装市場に影響を与えている。いくつかの州では、使い捨てプラスチックをターゲットにした法規制を導入し、包装材にリサイクル素材を使用するよう提唱している。これらの規制は、コンプライアンスを維持し罰則を回避するために、より持続可能な包装方法を取り入れることを企業に義務付けている。材料科学の進歩は、持続可能な包装の状況を一変させる上で極めて重要な役割を果たしている。トウモロコシやサトウキビなどの再生可能資源を原料とするバイオプラスチックは、従来のプラスチックに代わるものとして脚光を浴びている。さらに、再生段ボール、成型パルプ、植物由来ポリマーなどの素材の革新は、多用途で環境に優しいパッケージングの選択肢を提供している。持続可能な包装は、ブランドの差別化と顧客ロイヤルティ戦略において極めて重要な要素となっている。企業は環境意識の高い消費者を惹きつけるために、持続可能性への献身を活用している。環境に優しいパッケージの選択肢を目立つように紹介することで、ブランドはターゲットとなる消費者とより強いつながりを築き、責任ある業界のリーダーとしての地位を確立することができる。

セグメント別インサイト

素材別インサイト

2022年、米国の持続可能な包装市場は主に紙セグメントが牽引し、今後も成長を維持すると予測されている。持続可能な管理と植え替えが可能な再生可能資源である樹木から供給される紙が、この市場を支配している。責任ある林業の実践は、紙の生産に樹木を利用することによる環境への影響を最小限に抑えることができる。紙は生分解性があり、時間の経過とともに自然に分解されるため、プラスチックのような非生分解性の素材に比べて長期的な環境フットプリントが軽減される。さらに、紙はリサイクル性が高く、何度もリサイクルを繰り返すことができるため、バージン材料の需要を減らし、廃棄物を減らすことができます。リサイクルされた紙は、しばしば新しいパッケージ製品の製造に使用されます。

最終用途の洞察

2022年には、食品・飲料分野が米国の持続可能な包装市場を牽引し、当面は拡大が続くと予想される。消費者は購買決定が環境に与える影響についてますます関心を持つようになり、持続可能な包装を提供するブランドを支持する傾向が強まっている。食品・飲料業界は、人目につきやすく消費者主導のセクターであるため、持続可能な包装を採用することでこの需要に応えてきた。持続可能な包装は、多くの食品・飲料企業の企業の社会的責任目標に合致している。環境に優しい包装を採用することは、ブランドの評判を高め、環境意識の高い消費者を惹きつけ、市場での競争力を高めることができる。

地域別インサイト

中西部地域は米国の持続可能な包装市場のトップランナーとして浮上している。歴史的に産業と製造業の中心地であった中西部には、強固な製造業の基盤がある。このインフラは、持続可能な包装材料とソリューションを生産するために必要な資源と専門知識をこの地域に提供することができる。米国中西部は地理的に中心部に位置しているため、持続可能な包装資材の流通と輸送に物流上の利点をもたらす可能性がある。この潜在的な利点は、輸送に関連する二酸化炭素排出量の削減に貢献することができる。
- 主要市場プレイヤー
- Amcor Group GmbH
- ウェストロック社
- スマーフィット・カッパ・グループ plc
- モンディ・グループ
- テトラパックUSA
- シールドエアー
- フタマキアメリカス
- ベリーユナイテッドステイツグループ
- クラウン・ホールディングス

レポートの範囲
本レポートでは、米国の持続可能な包装市場を、以下に詳述した業界動向に加えて、以下のカテゴリーに分類しています:
- 米国の持続可能な包装市場:素材別

o プラスチック
o ガラス
o 金属
- 米国の持続可能な包装市場:プロセス別
o リサイクル包装
o 再利用可能包装
o 分解可能な包装
- 米国の持続可能な包装市場:最終用途別
o 食品・飲料
o 化粧品とパーソナルケア
o 医薬品・ヘルスケア
o その他
- 米国の持続可能な包装市場:地域別
o 中西部
o 北東部
o 西部
o 南部
競合状況
企業プロフィール:米国の持続可能な包装市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社の米国サステイナブル包装市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. Impact of COVID-19 on United States Sustainable Packaging Market
6. United States Sustainable Packaging Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Material (Paper, Plastic, Glass, Metal)
6.2.2. By Process (Recycled Packaging, Reusable Packaging, Degradable Packaging)
6.2.3. By End-Use (Food & Beverages, Cosmetic & Personal Care, Pharmaceuticals & Healthcare, Others)
6.2.4. By Company (2022)
6.2.5. By Region (Midwest, West, Northeast, South)
6.3. Market Map
7. Midwest United States Sustainable Packaging Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Material
7.2.2. By Process
7.2.3. By End-Use
7.2.4. By Country
8. West United States Sustainable Packaging Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Material
8.2.2. By Process
8.2.3. By End-Use
9. Northeast United States Sustainable Packaging Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Material
9.2.2. By Process
9.2.3. By End-Use
10. South United States Sustainable Packaging Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Material
10.2.2. By Process
10.2.3. By End-Use
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
12.1. Recent Developments
12.2. Product Launches
12.3. Mergers & Acquisitions
13. PESTLE Analysis
14. Porter’s Five Forces Analysis
14.1. Competition in the Industry
14.2. Potential of New Entrants
14.3. Power of Suppliers
14.4. Power of Customers
14.5. Threat of Substitute Product
15. Competitive Landscape
15.1. Business Overview
15.2. Company Snapshot
15.3. Products & Services
15.4. Financials (In case of listed companies)
15.5. Recent Developments
15.6. SWOT Analysis
15.6.1. Amcor Group GmbH
15.6.2. WestRock Company
15.6.3. The Smurfit Kappa Group plc
15.6.4. Mondi Group
15.6.5. Tetrapak USA Ltd.
15.6.6. Sealed Air Corp
15.6.7. Huhtamaki Americas Inc.
15.6.8. Berry United States Group, Inc.
15.6.9. Crown Holdings, Inc.,
16. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The United States Sustainable Packaging Market achieved a valuation of USD 45.37 billion in 2022 and is poised for significant growth in the forecast period, projected to attain a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 4.12% through 2028 and expected to reach at USD 58.27 billion by 2028. Sustainable packaging involves the design, creation, and utilization of packaging materials and systems that minimize their impact on the environment while fulfilling the functional requirements of safeguarding, preserving, and presenting products. The aim of sustainable packaging is to find a delicate equilibrium between environmental responsibility and the essential functions of packaging. The United States sustainable packaging market is undergoing a profound transformation driven by shifting consumer preferences, regulatory pressures, technological advancements, and an increasing commitment to environmental responsibility. As global concerns around plastic pollution, resource depletion, and climate change intensify, sustainable packaging has emerged as a pivotal solution to mitigate the environmental effects of consumer goods.

Key Market Drivers

Consumer Demand and Environmental Awareness

Recent years have witnessed a seismic change in consumer behavior and values, which has catalyzed a profound shift in the packaging industry. The United States sustainable packaging market is witnessing substantial growth, driven by the potent combination of consumer demand and heightened environmental consciousness. Consumers have evolved from passive buyers to conscientious decision-makers who wield significant influence over businesses and industries. A fundamental shift in consumer values has led to the emergence of an eco-conscious generation of buyers who are inclined to make environmentally responsible choices. This surge in consumer demand for sustainable products, including packaging, has triggered a paradigm shift that businesses can no longer overlook. An important driver of growth in the U.S. sustainable packaging market is the increasing preference for products that align with consumers' environmental values. Brands embracing sustainable packaging practices are reaping the rewards of heightened consumer loyalty and expanded market share. Consumers are increasingly drawn to brands that exhibit a commitment to environmental stewardship and social responsibility. Sustainable packaging serves as a visible manifestation of a brand's values, fostering deeper connections with consumers. Millennials and Generation Z, in particular, are leading the drive towards sustainability. These demographics are more likely to scrutinize packaging materials, demand transparency, and choose products packaged in eco-friendly materials. Growing awareness of the detrimental impact of plastic pollution on oceans and ecosystems has motivated individuals to seek alternatives to single-use plastics. This concern has penetrated consumer choices and spurred demand for packaging solutions that minimize plastic waste. Environmental education and awareness campaigns have proliferated, educating consumers about the environmental consequences of their packaging choices. The more informed consumers become, the more likely they are to demand and support sustainable packaging alternatives. Social media platforms have become powerful tools for disseminating environmental messages and raising awareness about sustainable practices. Viral content highlighting plastic waste and pollution has ignited public discourse and motivated consumers to instigate change.

Regulatory Pressures and Policies Driving Market Growth

In the pursuit of a greener and more sustainable future, regulatory pressures and policies have emerged as pivotal drivers of change, propelling the United States sustainable packaging market into a new era. As concerns about environmental degradation, plastic waste, and resource depletion intensify, governments and regulatory bodies are intensifying efforts to address these challenges. The United States, with a diverse array of regulations at the federal, state, and local levels, is experiencing a wave of regulatory pressures aimed at transforming the packaging industry. One of the most influential regulatory measures has been the prohibition or limitation of single-use plastics. Numerous states and local jurisdictions across the U.S. have enforced or proposed bans on items like plastic bags, straws, and foam containers. These bans have compelled businesses to explore sustainable alternatives for packaging. Extended Producer Responsibility (EPR) laws hold producers accountable for the disposal and recycling of their products and packaging. These laws create financial incentives for businesses to design packaging that is easily recyclable or compostable, fostering the adoption of sustainable packaging practices. Many states have set ambitious recycling targets, motivating companies to increase the use of recycled materials in packaging. These mandates encourage businesses to invest in sustainable materials and embrace practices aligned with circular economy principles. Government agencies, educational institutions, and businesses are progressively adopting green procurement policies that prioritize the use of sustainable products, including packaging materials. This spurs demand for packaging solutions with robust environmental credentials.

E-commerce Boom and Packaging Innovation

The ascendance of e-commerce has redefined consumer shopping habits, reshaping the retail landscape and inducing significant shifts in the packaging industry. This profound change has also emerged as a crucial growth driver for the United States sustainable packaging market. E-commerce has revolutionized the way products are purchased, altering consumer behavior and the demands placed on packaging. The convenience of online shopping has given rise to fresh challenges and opportunities for the packaging sector. As more goods are shipped directly to consumers' doorsteps, packaging has adapted to meet the requirements of protection, branding, and environmental responsibility. E-commerce necessitates packaging that ensures products reach customers in optimal condition, unharmed, and well-presented. Sustainable packaging solutions must fulfill these functions while minimizing waste and resource consumption. E-commerce packaging has prompted the optimization of packaging designs to reduce excess materials. This trend aligns well with the goals of sustainable packaging, as lighter and more efficient packaging diminishes overall environmental impact. E-commerce often involves shorter supply chains and reduced transportation distances compared to traditional retail, potentially leading to lower carbon emissions and further underscoring the environmental advantages of sustainable packaging. The convenience of e-commerce appeals to eco-conscious consumers seeking products with minimal environmental impact. Sustainable packaging resonates with these consumers, boosting brand loyalty and market share. Packaging that matches the size of the product curtails waste and ensures resource efficiency. Companies are innovating with adjustable packaging or materials that mold to the shape of the product. Traditional packaging fillers such as bubble wrap and foam peanuts are being substituted with biodegradable or compostable alternatives, reducing plastic waste and pollution. E-commerce translates to higher product return rates. Packaging designs that facilitate easy and eco-friendly returns are gaining traction, reducing overall packaging waste. Brands are embracing minimalist packaging designs that utilize fewer materials and emphasize product content. This not only diminishes waste but also heightens the unboxing experience for consumers.

Key Market Challenges

Balancing Functionality and Sustainability

Sustainable packaging has emerged as a pivotal focus within the broader endeavor to reduce environmental impact and foster responsible consumption. However, the journey towards sustainable packaging is not without its challenges, and one of the most significant obstacles is striking a delicate equilibrium between functionality and sustainability. Packaging serves a multitude of purposes beyond safeguarding products. It also communicates crucial information to consumers, enhances brand identity, maintains product freshness, and provides convenience in handling and transportation. These functions are vital for delivering a positive consumer experience and preserving the product's integrity throughout its lifecycle.

Complex Material Landscape

Sustainable packaging has become a vital frontier in the global drive to mitigate environmental impact and promote responsible consumption. One of the most notable challenges faced by the sustainable packaging market is the complexity of the material landscape. This challenge arises from the need to identify materials that not only align with sustainability goals but also meet functional and economic requirements. The push for sustainable packaging has spurred the exploration and development of an extensive array of materials, each possessing its own set of advantages and limitations. The material landscape is characterized by diversity, innovation, and a range of environmental implications. While this diversity offers opportunities for customized solutions, it also presents a challenge in terms of selecting the right material for a specific product and context.

Lack of Standardization

In the absence of clear standards, consumers may find themselves uncertain about the actual environmental impact of the packaging they select. Misunderstanding terms or labels could lead to unintended consequences, such as improper disposal or hesitance to embrace sustainable options. Companies endeavoring to adopt sustainable packaging practices encounter difficulties in choosing the most suitable materials and methods. The absence of consistent criteria makes it challenging to effectively evaluate and compare different options. The lack of standardized definitions can lead to regulatory challenges. Businesses may encounter difficulties adhering to regulations that lack clarity or consistency concerning sustainable packaging requirements. The absence of standardization can result in inconsistencies in the claims made by brands about their packaging's environmental impact. This can erode consumer trust and complicate efforts to encourage sustainable choices.

Key Market Trends

Sustainable and Eco-Friendly Solutions

Sustainable packaging has emerged as a crucial focal point within the broader sustainability movement. As consumer environmental consciousness grows and governments enact stricter regulations, the sustainable packaging market in the United States has experienced substantial growth and transformation. Consumer demand for eco-friendly products and packaging has been a driving force behind the expansion of sustainable packaging in the U.S. As awareness of environmental concerns increases, consumers actively seek out products that align with their values. This trend has spurred manufacturers and brands to adopt sustainable packaging materials and practices to meet this escalating demand. Government regulations aimed at reducing packaging waste and promoting sustainability have also influenced the U.S. packaging market. Several states have introduced legislation targeting single-use plastics and advocating for recycled content in packaging. These regulations oblige businesses to embrace more sustainable packaging practices to remain compliant and avoid penalties. Advances in materials science have played a pivotal role in revolutionizing the sustainable packaging landscape. Bioplastics, derived from renewable resources like corn or sugarcane, are gaining prominence as alternatives to traditional plastics. Furthermore, innovations in materials such as recycled cardboard, molded pulp, and plant-based polymers offer versatile and eco-friendly packaging choices. Sustainable packaging has become a pivotal element in brand differentiation and customer loyalty strategies. Companies leverage their dedication to sustainability to attract environmentally conscious consumers. By prominently showcasing eco-friendly packaging options, brands can build stronger connections with their target audience and position themselves as responsible industry leaders.

Segmental Insights

Material Insights

In 2022, the United States Sustainable Packaging Market was predominantly led by the Paper segment and is projected to sustain growth in the upcoming years. Paper, sourced from trees, a renewable resource that can be managed and replanted sustainably, dominates this landscape. Responsible forestry practices can minimize the environmental impact of utilizing trees for paper production. Paper is biodegradable and naturally decomposes over time, reducing its long-term environmental footprint compared to non-biodegradable materials like plastics. Additionally, paper is highly recyclable and can undergo multiple recycling cycles, lowering the demand for virgin materials and decreasing waste. Recycled paper is often used to manufacture new packaging products.

End-Use Insights

In 2022, the Food and Beverages segment commanded the United States Sustainable Packaging Market and is expected to continue expanding in the foreseeable future. As consumers become increasingly concerned about the environmental implications of their purchasing decisions, they are more likely to support brands offering sustainable packaging choices. The food and beverage industry, being a highly visible and consumer-driven sector, has responded to this demand by adopting sustainable packaging practices. Sustainable packaging aligns with the corporate social responsibility objectives of many food and beverage companies. Embracing eco-friendly packaging can enhance brand reputation, attract environmentally conscious consumers, and confer a competitive edge in the market.

Regional Insights

The Midwest region has emerged as the front-runner in the United States Sustainable Packaging Market. Historically a hub for industry and manufacturing, the Midwest possesses a robust manufacturing foundation. This infrastructure could equip the region with the requisite resources and expertise to produce sustainable packaging materials and solutions. The Midwest's central geographic location in the U.S. could offer logistical advantages for the distribution and transportation of sustainable packaging materials. This potential advantage can contribute to reduced carbon emissions linked to transportation.
• Key Market Players
• Amcor Group GmbH
• WestRock Company
• The Smurfit Kappa Group plc
• Mondi Group
• Tetrapak USA Ltd.
• Sealed Air Corp
• Huhtamaki Americas Inc.
• Berry United States Group, Inc.
• Crown Holdings, Inc.,

Report Scope:
In this report, the United States Sustainable Packaging Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• United States Sustainable Packaging Market, By Material:
o Paper
o Plastics
o Glass
o Metal
• United States Sustainable Packaging Market, By Process:
o Recycled Packaging
o Reusable Packaging
o Degradable Packaging
• United States Sustainable Packaging Market, By End Use:
o Food & Beverages
o Cosmetics & Personal Care
o Pharmaceuticals & Healthcare
o Others
• United States Sustainable Packaging Market, By Region:
o Midwest
o Northeast
o West
o South
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the United States Sustainable Packaging Market.
Available Customizations:
United States Sustainable Packaging Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. Impact of COVID-19 on United States Sustainable Packaging Market
6. United States Sustainable Packaging Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Material (Paper, Plastic, Glass, Metal)
6.2.2. By Process (Recycled Packaging, Reusable Packaging, Degradable Packaging)
6.2.3. By End-Use (Food & Beverages, Cosmetic & Personal Care, Pharmaceuticals & Healthcare, Others)
6.2.4. By Company (2022)
6.2.5. By Region (Midwest, West, Northeast, South)
6.3. Market Map
7. Midwest United States Sustainable Packaging Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Material
7.2.2. By Process
7.2.3. By End-Use
7.2.4. By Country
8. West United States Sustainable Packaging Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Material
8.2.2. By Process
8.2.3. By End-Use
9. Northeast United States Sustainable Packaging Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Material
9.2.2. By Process
9.2.3. By End-Use
10. South United States Sustainable Packaging Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Material
10.2.2. By Process
10.2.3. By End-Use
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
12.1. Recent Developments
12.2. Product Launches
12.3. Mergers & Acquisitions
13. PESTLE Analysis
14. Porter’s Five Forces Analysis
14.1. Competition in the Industry
14.2. Potential of New Entrants
14.3. Power of Suppliers
14.4. Power of Customers
14.5. Threat of Substitute Product
15. Competitive Landscape
15.1. Business Overview
15.2. Company Snapshot
15.3. Products & Services
15.4. Financials (In case of listed companies)
15.5. Recent Developments
15.6. SWOT Analysis
15.6.1. Amcor Group GmbH
15.6.2. WestRock Company
15.6.3. The Smurfit Kappa Group plc
15.6.4. Mondi Group
15.6.5. Tetrapak USA Ltd.
15.6.6. Sealed Air Corp
15.6.7. Huhtamaki Americas Inc.
15.6.8. Berry United States Group, Inc.
15.6.9. Crown Holdings, Inc.,
16. Strategic Recommendations

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(cosmetic)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る