世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

米国カーボンブラック市場:プロセスタイプ別(ファーネスブラック、ガスブラック、ランプブラック、サーマルブラック)、用途別(タイヤ、プラスチック、トナー、コーティング、繊維、その他)、地域別、競合


United States Carbon Black Market By Process Type (Furnace Black, Gas Black, Lamp Black, Thermal Black), By Application (Tires, Plastics, Toners, Coatings, Textile Fibers, Others), By Region, Competition

米国のカーボンブラック市場は、2022年に34.2億米ドルの評価額を達成し、2028年までの年間平均成長率(CAGR)は5.47%と予測され、2028年には47.2億米ドルに達する見込みである。ファーネスブラックは、その高い生... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
90 英語

 

サマリー

米国のカーボンブラック市場は、2022年に34.2億米ドルの評価額を達成し、2028年までの年間平均成長率(CAGR)は5.47%と予測され、2028年には47.2億米ドルに達する見込みである。ファーネスブラックは、その高い生産能力により広く利用されており、業界で好まれる方法となっている。工業的には、コールタールや流動接触分解(FCC)タールのような重質石油製品を植物油と組み合わせて燃焼させることで生産される。

米国のタイヤ産業は、国内の自動車販売台数の増加に牽引され、需要が急増すると予測されている。この地域のタイヤメーカーは、自動車生産拠点の近くに新しい施設を設立している。さらに、タイヤ生産における先端技術の急速な採用が市場成長を促進すると予想される。環境問題への関心の高まりと自動車産業の発展により、米国のカーボンブラック市場の成長が見込まれる。

改修の傾向から、自動車、海洋、航空宇宙、工業など様々な産業で高性能コーティングの需要が増加している。市場ダイナミクスは、ゴム、電子放電コンパウンド、インクの使用や、製造技術や原材料に対する規制要件の影響を強く受けている。この業界では、タイヤとゴムの需要増に後押しされ、今後7年間は輸送部門が優位を占めると予想される。カーボンブラックは、耐摩耗性と引張強度を向上させることで、タイヤの強度と耐久性を高める。さらに、工業用ゴムや機器を利用する建設および製造セクターの成長が、予測期間中のカーボンブラック需要を牽引すると予想される。

製品価格は主に原材料、補助材料、ユーティリティの影響を受ける。原油価格の変動はカーボンブラックの価格設定に大きな影響を与える。価格に影響を与えるその他のマクロレベルの要因には、運転資本と操業前コストが含まれる。操業前費用には、設置・設営費用、資産化された権益、プロジェクト・エンジニアリングおよび管理費用、試運転費用などが含まれる。カーボンブラックは、様々な石油系成分の不完全燃焼から得られる。消費財、自動車、電化製品、電子機器など、幅広い最終用途で重要な役割を担っている。カーボンブラックは石油由来のものであるため、メーカーは主要原材料を競争力のある価格で、しかも供給が途切れないように調達している。原材料は、製品の品質、価格、製品ポートフォリオ、市場へのアクセスのしやすさなどに基づいて、メーカーが慎重に選択する。

主な市場要因

プラスチック製造用カーボンブラックの需要拡大:

カーボンブラックは炭素の元素形態で、炭化水素の不完全燃焼によって生成される。カーボンブラックは、炭化水素の不完全燃焼によって生成され、細かく分割された粒子は、様々な材料に配合され、有利な特性を付与する。プラスチックに配合されると、カーボンブラックは機械的強度、熱伝導性、紫外線安定性を向上させます。この融合により、耐久性が向上し、加工性が向上し、環境要因に対して優れた耐性を持つプラスチックコンパウンドが得られる。この相乗効果は、性能と寿命が最重要視される産業において特に有利です。

米国経済の要である自動車産業は、カーボンブラックとプラスチックの共生関係を例証している。カーボンブラック強化プラスチックは、タイヤ、ホース、ガスケット、内装部品などの自動車部品の製造に幅広く使用されている。自動車分野では、軽量でありながら耐久性のある材料が求められているため、カーボンブラック強化プラスチックの採用が進み、燃費の向上、排出ガスの削減、安全性の向上に貢献している。

パッケージングと消費財の分野では、カーボンブラック入りプラスチックは比類のない利点を提供する。食品包装から電子機器のケーシングに至るまで、カーボンブラックを配合することで、長寿命と環境ストレスへの耐性が保証されます。カーボンブラックの使用は、製品の完全性を保ち、保存期間を延ばし、繊細な内容物を光や紫外線による劣化から守ります。この信頼性により、プラスチック包装ソリューションにおけるカーボンブラックの需要が急増している。

めまぐるしく変化するエレクトロニクスの分野では、カーボンブラックを配合したプラスチックが技術革新を促進している。これらの材料は、スマートフォン、ノートパソコン、家電製品などの筐体を製造するのに不可欠です。カーボンブラックの静電気を散逸させ、電磁干渉を遮蔽する能力は、エレクトロニクス分野で引っ張りだこの部品となっている。先端エレクトロニクスの需要が伸び続けるにつれ、カーボンブラック強化プラスチックの需要も伸びていくだろう。

持続可能性へのシフトもカーボンブラック市場に影響を与えている。使用済みゴムやプラスチック製品の熱分解から得られるリサイクルカーボンブラックは、従来のカーボンブラック製造方法に代わる、より環境に優しい代替方法を提供する。米国が循環型経済の導入に努める中、リサイクルカーボンブラックは廃棄物削減と資源保護において重要な役割を果たすと期待されている。

タイヤ生産用カーボンブラックの需要拡大:

カーボンブラックは炭化水素の不完全燃焼によって生成される炭素質材料である。タイヤの性能、耐久性、安全性を高めるため、タイヤ製造におけるカーボンブラックの役割は極めて重要である。カーボンブラックはタイヤゴムを補強することで、摩耗や引き裂きに対する抵抗力を高め、タイヤの寿命を延ばす。この特性は、安全で費用対効果の高い運転のために特に重要です。

タイヤトレッドにカーボンブラックを配合することで、多様な路面でのトラクションとグリップが向上し、特に悪天候下でのハンドリングとコントロール性の向上に貢献します。カーボンブラックは熱伝導率が高いため、タイヤの転がり時に発生する熱を効果的に放散し、オーバーヒートを抑えて全体的な性能を向上させる。さらに、カーボンブラックはUVカット効果があり、日光に長時間さらされることによるタイヤの劣化を防ぎます。さらに、カーボンブラックはゴムコンパウンドの耐摩耗性を強化し、さまざまな路面条件に直面するタイヤに不可欠な特性となっている。

タイヤ技術の進歩とともにタイヤ需要が増加し続けているため、米国のカーボンブラック市場は持続的な拡大が見込まれている。とはいえ、環境への配慮も市場に影響を及ぼしている。各メーカーは、カーボンブラックの持続可能で環境に優しい生産方法を積極的に開発しており、産業の二酸化炭素排出量を削減する世界的な取り組みと歩調を合わせている。

主な市場課題

規制圧力と環境問題:

環境の持続可能性がますます重視されるようになったことで、炭素排出量の削減と製造工程のクリーン化を目的とした厳しい規制や基準が設けられるようになった。カーボンブラック業界は、他の多くの業界と同様、収益性を維持しながらこれらの規制を満たすという課題に直面している。この課題により、企業はよりクリーンで効率的な生産方法を模索し、排出削減技術に投資し、環境に優しい製品を開発するようになった。その結果、カーボンブラック業界は、気候変動に対する世界的な懸念に対応しつつ、長期的な成長を目指すべく、より持続可能な手法へと進化している。

不安定な原材料価格:

カーボンブラック業界は原料価格、特に石油系製品に大きく依存している。石油価格の変動はカーボンブラックの生産コストに大きな影響を与える。この課題により、企業は代替原料を模索し、石油由来原料への依存度を下げる技術に投資している。原料コストの安定を求めて、業界は新たな道を模索し、市場の変動に対する回復力を養おうとしている。

サプライチェーンの混乱:

COVID-19パンデミックのような世界的な出来事は、サプライチェーンの脆弱性を浮き彫りにした。供給の混乱は生産と納品スケジュールに影響を及ぼし、メーカーに難題を突きつける。これに対し、業界は供給源を多様化し、ロジスティクスを改善し、不測の事態にも耐えうるより強靭なサプライチェーンを構築する戦略を模索している。

進化する顧客の要求:

消費者の嗜好は急速に進化しており、高い性能だけでなく環境持続可能性も備えた製品への需要が高まっている。カーボンブラックはタイヤ製造に不可欠な成分であり、タイヤ業界はより低燃費で環境に優しいタイヤの生産を迫られている。この課題により、カーボンブラック市場は、このような厳しい要求を満たすことができる特殊グレードのカーボンブラックを開発する必要に迫られている。変化する顧客の要求に対応することは技術革新を促し、カーボンブラックの新製品や改良品の開発に拍車をかける。

主な市場動向

製造プロセスにおける最近の進歩

製造プロセスの進歩

製造プロセスの進歩は、より高い効率、廃棄物の削減、正確な粒子径のカーボンブラックの生産を促進し、市場成長を刺激している。さらに、プロセス制御と自動化の革新により品質管理が改善され、特殊グレードのカーボンブラックの生産が可能になり、これが市場の成長をさらに後押ししている。さらに、カーボンブラック生産における継続的な研究開発(R&D)により、性能特性を高める新しい方法が導入され、市場成長を後押ししている。さらに、生産コストの最適化と市場の需要に応じた製造規模の拡大能力も市場成長に寄与している。さらに、研究機関と業界プレイヤーのコラボレーションが、カーボンブラック生産におけるイノベーションと技術進化を促進し、市場成長の触媒となっている。

セグメント別の洞察

プロセスタイプの洞察

2022年、カーボンブラック市場はファーネスブラックが支配的であり、今後も拡大が続くと予測される。ファーネスブラックは、タイヤ製造、プラスチック、コーティング、ゴム製品など多様な産業で幅広く利用されているため、市場で優位性を確立している。特に、ファーネスブラックの生産プロセスは、重質石油製品の不完全燃焼によって高い効率性と拡張性を示し、大規模製造に最適である。さらに、この製造方法では粒子径と構造を精密に制御できるため、業界特有の要件に対応した特定のグレードと品質レベルが得られる。さらに、近代的な生産技術を統合することで、環境への影響を最小限に抑え、持続可能性を求める世界的なトレンドに合致するため、市場成長にプラスの影響を与える。さらに、ファーネスブラックはその卓越した補強特性で知られており、強度と耐久性を強化した材料を必要とする産業で好んで使用されている。

アプリケーションの洞察

2022年、カーボンブラック市場はタイヤが独占しており、今後も拡大が続くと予測される。現在、タイヤ製造業界が市場を支配しているが、これは主にカーボンブラックが補強剤として広く使用されているためである。この重要な添加剤は、タイヤの強度、耐久性、弾力性を高めると同時に、必要不可欠な耐摩耗性と引張強度を提供する。特に新興市場における自動車産業の世界的な急増がタイヤ需要をさらに押し上げ、成長の重要な原動力となっている。さらに、燃費と安全性を向上させる高性能でエネルギー効率の高いタイヤを求める傾向が強まっている。カーボンブラックは、このような望ましい特性を実現する上で重要な役割を果たしており、タイヤ製造に欠かせないものとなっている。さらに、タイヤ製造技術の絶え間ない革新がカーボンブラックのより専門的な用途を可能にし、市場全体の拡大に寄与している。

地域別の洞察

中西部地域はカーボンブラック世界市場のリーダーとしての地位を確立している。この地域では、建設、製造、エレクトロニクスなどのセクターで産業が急成長しており、顔料や補強材など様々な用途でカーボンブラックの需要を牽引している。さらに、この地域の新興経済圏では可処分所得が増加しているため、エレクトロニクス、パーソナルケア製品、自動車など、カーボンブラックを利用した商品の消費が拡大しており、市場成長にプラスの影響を与えている。さらに、いくつかの主要なカーボンブラック・メーカーが存在し、地元の需要を支え、輸出拠点として機能していることが、市場の成長をさらに後押ししている。
- 主要市場プレイヤー
- キャボット・コーポレーション
- コンチネンタル・カーボン社
- ブリヂストン
- コロンビアン・ケミカルズ
- シド・リチャードソン・カーボン&エナジー社
- フィリップスカーボンブラック株式会社

レポートの範囲
本レポートでは、米国のカーボンブラック市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 米国のカーボンブラック市場:プロセスタイプ別
o ファーネスブラック
o ガスブラック
o ランプブラック
o サーマルブラック
- 米国のカーボンブラック市場:用途別
o タイヤ
プラスチック
o トナー
o コーティング
o 繊維
o その他
- 米国のカーボンブラック市場、地域別
o 北東部
o 中西部
o 南部
西
競合状況
企業プロフィール:米国のカーボンブラック市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社の米国カーボンブラック市場レポートは所定の市場データに基づいて、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. Pricing Analysis
6. United States Carbon Black Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Process Type (Furnace Black, Gas Black, Lamp Black, Thermal Black)
6.2.2. By Application (Tires, Plastics, Toners, Coatings, Textile Fibers, Others)
6.2.3. By Company (2022)
6.2.4. By Region
6.3. Market Map
7. Northeast Carbon Black Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Process Type
7.2.2. By Application
7.2.3. By Country
8. Midwest Carbon Black Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Process Type
8.2.2. By Application
8.2.3. By Country
9. South Carbon Black Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value & Volume
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Process Type
9.2.2. By Application
9.2.3. By Country
10. West Carbon Black Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value & Volume
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Process Type
10.2.2. By Application
10.2.3. By Country
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
12.1. Recent Developments
12.2. Product Launches
12.3. Mergers & Acquisitions
13. PESTLE Analysis
14. United States Economic Profile
15. Porter’s Five Forces Analysis
15.1. Competition in the Industry
15.2. Potential of New Entrants
15.3. Power of Suppliers
15.4. Power of Customers
15.5. Threat of Substitute Product
16. Competitive Landscape
16.1. Business Overview
16.2. Company Snapshot
16.3. Products & Services
16.4. Financials (In case of listed companies)
16.5. Recent Developments
16.6. SWOT Analysis
16.6.1. Cabot Corporation
16.6.2. Continental Carbon Company, Inc.
16.6.3. Bridgestone Corporation
16.6.4. Columbian Chemicals Co.
16.6.5. Sid Richardson Carbon & Energy Co.
16.6.6. Phillips Carbon Black Ltd.
17. Strategic Recommendations




 

ページTOPに戻る


 

Summary

The United States Carbon Black Market achieved a valuation of USD 3.42 billion in 2022 and is poised for substantial growth in the forecast period, with a projected Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 5.47% through 2028 and is expected to reach at USD 4.72 Billion by 2028. Furnace black is widely utilized due to its high production capacity, making it the preferred method in the industry. It is industrially produced through the combustion of heavy petroleum products like coal tar and Fluid Catalytic Cracking (FCC) tar, combined with vegetable oil.

The U.S. tire industry is projected to experience a surge in demand, driven by the increasing automotive sales in the country. Tire manufacturers in the region are establishing new facilities near automobile production centers. Furthermore, the rapid adoption of advanced technologies in tire production is expected to drive market growth. The growth of the U.S. carbon black market is anticipated due to growing environmental concerns and the development of the automotive industry.

The trend of refurbishing has led to increased demand for high-performance coatings in various industries, including automotive, marine, aerospace, and industrial. Market dynamics are strongly influenced by the use of rubber, electronic discharge compounds, and inks, as well as regulatory requirements for manufacturing technologies and raw materials. In this industry, the transportation segment is expected to dominate over the next seven years, fueled by the rising demand for tires and rubber. Carbon black enhances the strength and durability of tires by offering improved abrasion resistance and tensile strength. Additionally, the growing construction and manufacturing sectors, which utilize industrial rubber and equipment, are expected to drive the demand for carbon black in the forecast period.

Product prices are primarily influenced by raw materials, auxiliary materials, and utilities. Fluctuations in crude oil prices significantly impact the pricing of carbon black. Other macro-level factors affecting prices include working capital and pre-operational costs. Pre-operational costs encompass installation and setup, capitalized interests, project engineering and management, and commissioning costs. Carbon black is derived from incomplete combustion of various petroleum-based constituents. It holds a crucial role in a wide range of end-use applications, such as consumer goods, automobiles, appliances, electronics, and others. As carbon black is petroleum-derived, manufacturers rely on sourcing their key raw materials at competitive prices with uninterrupted supply. Raw materials are selected critically by manufacturers based on product quality, pricing, product portfolio, and market accessibility.

Key Market Drivers

Growing Demand of Carbon Black for Manufacturing of Plastics:

Carbon black, an elemental form of carbon, is generated through the incomplete combustion of hydrocarbons. Its finely divided particles are incorporated into diverse materials to impart favorable properties. When integrated into plastics, carbon black enhances mechanical strength, thermal conductivity, and UV stability. This amalgamation yields plastic compounds with improved durability, enhanced processability, and superior resistance to environmental factors. This synergy is particularly advantageous in industries where performance and longevity are paramount.

The automotive industry, a cornerstone of the United States economy, exemplifies the symbiotic relationship between carbon black and plastics. Carbon black-reinforced plastics find extensive use in manufacturing automobile components such as tires, hoses, gaskets, and interior parts. The demand for lightweight yet durable materials in the automotive sector has driven the adoption of carbon black-enhanced plastics, contributing to better fuel efficiency, reduced emissions, and enhanced safety.

In the domain of packaging and consumer goods, carbon black-infused plastics offer unparalleled benefits. From food packaging to electronics casings, the incorporation of carbon black ensures longevity and resistance to environmental stressors. The use of carbon black helps preserve the integrity of products, extends shelf life, and protects sensitive contents from light and UV degradation. This reliability has led to a surge in demand for carbon black in plastic packaging solutions.

In the fast-paced realm of electronics, carbon black-infused plastics are fostering innovation. These materials are integral to producing casings for devices like smartphones, laptops, and appliances. Carbon black's ability to dissipate static electricity and shield against electromagnetic interference makes it a sought-after component in the electronics sector. As the demand for advanced electronics continues to grow, so too will the demand for carbon black-enhanced plastics.

The shift towards sustainability has also impacted the carbon black market. Recycled carbon black, derived from the pyrolysis of end-of-life rubber and plastic products, offers a more environmentally friendly alternative to traditional carbon black production methods. As the United States strives to embrace a circular economy, recycled carbon black is expected to play a significant role in waste reduction and resource conservation.

Growing Demand of Carbon Black for Production of Tires:

Carbon black is a carbonaceous material produced through the incomplete combustion of hydrocarbons. Its role in tire manufacturing is crucial as it enhances tire performance, durability, and safety. By reinforcing tire rubber, carbon black increases resistance to wear and tear, extending tire lifespan. This property is particularly important for safe and cost-effective driving.

The inclusion of carbon black in tire treads improves traction and grip on diverse road surfaces, contributing to better handling and control, especially in adverse weather conditions. With its high thermal conductivity, carbon black effectively dissipates heat generated during tire rolling, reducing overheating, and enhancing overall performance. Additionally, carbon black provides UV protection, preventing tire degradation from prolonged exposure to sunlight. Moreover, carbon black strengthens the rubber compound's resistance to abrasion, a vital characteristic for tires facing various road conditions.

As tire demand continues to rise alongside advancements in tire technology, the United States Carbon Black market is poised for sustained expansion. Nonetheless, environmental concerns are also exerting influence on the market. Manufacturers are actively developing sustainable and eco-friendly methods of carbon black production, aligning with global efforts to reduce the carbon footprint of industries.

Key Market Challenges

Regulatory Pressures and Environmental Concerns:

The increasing emphasis on environmental sustainability has led to stringent regulations and standards aimed at reducing carbon emissions and promoting cleaner manufacturing processes. The carbon black industry, like many others, faces the challenge of meeting these regulations while maintaining profitability. This challenge has driven companies to explore cleaner and more efficient production methods, invest in emissions-reduction technologies, and develop environmentally friendly products. As a result, the industry is evolving towards more sustainable practices, positioning itself for long-term growth while addressing global concerns about climate change.

Volatile Raw Material Prices:

The carbon black industry is highly dependent on feedstock prices, especially petroleum-based products. Fluctuations in oil prices can significantly impact the production costs of carbon black. This challenge has driven companies to explore alternative feedstocks and invest in technologies that can reduce dependency on oil-derived materials. Seeking stability in raw material costs is driving the industry to explore new avenues and develop resilience against market volatility.

Supply Chain Disruptions:

Global events, such as the COVID-19 pandemic, have underscored the vulnerability of supply chains. Disruptions in supply can impact production and delivery schedules, posing challenges to manufacturers. In response, the industry is exploring strategies to diversify supply sources, improve logistics, and build more resilient supply chains that can withstand unforeseen disruptions.

Evolving Customer Demands:

Consumer preferences are evolving rapidly, with increasing demand for products that offer not only high performance but also environmental sustainability. Carbon black is an essential ingredient in tire manufacturing, and the tire industry is under pressure to produce more fuel-efficient and environmentally friendly tires. This challenge is driving the carbon black market to develop specialized grades of carbon black that can meet these stringent requirements. Adapting to changing customer demands encourages innovation and spurs the development of new and improved carbon black products.

Key Market Trends

The Recent Advancements in Manufacturing Process:

The advancements in

manufacturing processes have facilitated the production of carbon black with higher efficiency, reduced waste, and precise particle size, thereby stimulating market growth. Additionally, the innovations in process control and automation have improved quality control, enabling the production of specialized grades of carbon black, which further supports market growth. Moreover, ongoing research and development (R&D) in carbon black production have introduced new methods to enhance performance characteristics, propelling market growth. Furthermore, optimization of production costs and the ability to scale manufacturing according to market demands are also contributing to market growth. Moreover, collaborations between research institutions and industry players are fostering innovation and technological evolution in carbon black production, thus catalyzing market growth.

Segmental Insights

Process Type Insights:

In 2022, the Carbon Black market was dominated by Furnace Black and is predicted to continue expanding over the coming years. Furnace black has established dominance in the market due to its extensive utilization across diverse industries such as tire manufacturing, plastics, coatings, and rubber products. Notably, the production process of furnace black exhibits high efficiency and scalability through the incomplete combustion of heavy petroleum products, making it ideal for large-scale manufacturing. Furthermore, the production method allows for precise control over particle size and structure, resulting in specific grades and quality levels that cater to unique industry requirements. Additionally, the integration of modern production techniques minimizes environmental impact and aligns with the global trend towards sustainability, thereby positively influencing market growth. Moreover, furnace black is renowned for its exceptional reinforcing properties, rendering it the preferred choice in industries that necessitate materials with enhanced strength and durability.

Application Insights:

In 2022, the Carbon Black market was dominated by Tires and is predicted to continue expanding over the coming years. The tire manufacturing industry currently dominates the market, primarily due to the widespread use of carbon black as a reinforcing agent. This crucial additive enhances tire strength, durability, and resilience, while also providing essential wear resistance and tensile strength. The global surge in the automotive industry, particularly in emerging markets, has further fueled the demand for tires, thus acting as a significant driver of growth. Additionally, there is a growing trend towards high-performance and energy-efficient tires that offer improved fuel economy and safety. Carbon black plays a vital role in achieving these desired properties, making it indispensable in tire production. Furthermore, continuous innovation in tire manufacturing technology enables more specialized applications of carbon black, contributing to the overall market expansion.

Regional Insights:

The Midwest region has established itself as the leader in the Global Carbon Black Market. The rapid industrial growth in the region across sectors such as construction, manufacturing, and electronics is driving the demand for carbon black in various applications like pigments and reinforcing materials. Additionally, the increasing disposable income in emerging economies in the region has led to greater consumption of goods utilizing carbon black, including electronics, personal care products, and automobiles, thereby positively impacting market growth. Moreover, the presence of several key carbon black manufacturers, supporting local demand and serving as an export base, is further bolstering market growth.
• Key Market Players
• Cabot Corporation
• Continental Carbon Company, Inc.
• Bridgestone Corporation
• Columbian Chemicals Co.
• Sid Richardson Carbon & Energy Co.
• Phillips Carbon Black Ltd.

Report Scope:
In this report, the United States Carbon Black Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• United States Carbon Black Market, By Process Type:
o Furnace Black
o Gas Black
o Lamp Black
o Thermal Black
• United States Carbon Black Market, By Application:
o Tires
o Plastics
o Toners
o Coatings
o Textile Fibers
o Others
• United States Carbon Black Market, By Region:
o Northeast
o Midwest
o South
o West
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the United States Carbon Black Market.
Available Customizations:
United States Carbon Black Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
5. Pricing Analysis
6. United States Carbon Black Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Process Type (Furnace Black, Gas Black, Lamp Black, Thermal Black)
6.2.2. By Application (Tires, Plastics, Toners, Coatings, Textile Fibers, Others)
6.2.3. By Company (2022)
6.2.4. By Region
6.3. Market Map
7. Northeast Carbon Black Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Process Type
7.2.2. By Application
7.2.3. By Country
8. Midwest Carbon Black Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Process Type
8.2.2. By Application
8.2.3. By Country
9. South Carbon Black Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value & Volume
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Process Type
9.2.2. By Application
9.2.3. By Country
10. West Carbon Black Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value & Volume
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Process Type
10.2.2. By Application
10.2.3. By Country
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
12.1. Recent Developments
12.2. Product Launches
12.3. Mergers & Acquisitions
13. PESTLE Analysis
14. United States Economic Profile
15. Porter’s Five Forces Analysis
15.1. Competition in the Industry
15.2. Potential of New Entrants
15.3. Power of Suppliers
15.4. Power of Customers
15.5. Threat of Substitute Product
16. Competitive Landscape
16.1. Business Overview
16.2. Company Snapshot
16.3. Products & Services
16.4. Financials (In case of listed companies)
16.5. Recent Developments
16.6. SWOT Analysis
16.6.1. Cabot Corporation
16.6.2. Continental Carbon Company, Inc.
16.6.3. Bridgestone Corporation
16.6.4. Columbian Chemicals Co.
16.6.5. Sid Richardson Carbon & Energy Co.
16.6.6. Phillips Carbon Black Ltd.
17. Strategic Recommendations




 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る