世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

米国の酪酸市場:種類別(合成、非合成)、最終用途別(動物飼料、化学中間体、医薬品、食品・飲料、その他)、流通チャネル別(直販、直輸入、ディストリビューター/サプライヤー/トレーダー)、地域別、競争、予測、機会、2018-2028F


United States Butyric Acid Market By Type (Synthetic, Non-Synthetic), By End Use (Animal Feed, Chemical Intermediates, Pharmaceuticals, Food & Beverage, Others), By Distribution Channel (Direct Sales, Direct Import, Distributors/Suppliers/Traders), By Region, Competition, Forecast and Opportunities, 2018-2028F

2022年に1億8523万米ドルと評価された米国の酪酸市場は、予測期間を通じて堅調な成長を遂げ、2028年まで8.11%の複合年間成長率(CAGR)を示すと予測され、2028年には2億9150万米ドルに達する見込みである。ブタン... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
80 英語

 

サマリー

2022年に1億8523万米ドルと評価された米国の酪酸市場は、予測期間を通じて堅調な成長を遂げ、2028年まで8.11%の複合年間成長率(CAGR)を示すと予測され、2028年には2億9150万米ドルに達する見込みである。ブタン酸としても知られる酪酸は、独特の刺激味で知られるカルボン酸である。天然に存在し、ヤギ、ウシ、バッファロー、ヒツジなどの家畜の乳に含まれている。この有機化合物は、医薬品、動物飼料、食品・飲料、パーソナルケアなど、さまざまな産業で特殊化学品の需要が増加しているため、大きな注目を集めている。

医薬品、動物飼料、食品・飲料、パーソナルケア業界では、その多様な用途から酪酸の需要が急増している。酪酸は医薬品、飼料添加物、食品調味料の製造に貴重な原料として役立っている。さらに、化粧品や香料などのパーソナルケア製品にも使用されている。

糖尿病、不安、肥満などの健康関連問題の有病率の上昇が、栄養補助食品としての酪酸の需要増加に寄与している。酪酸は腸の健康を促進し、代謝を調整することが知られており、健康補助食品として注目されている。

また、米国における養鶏産業の成長と鶏肉消費の増加も、酪酸の需要を押し上げている。その抗菌特性により、家禽の健康と生産性を向上させる効果的な飼料添加物となっている。

さらに、酪酸は潜在的な再生可能エネルギー源として自動車産業や航空宇宙産業で支持を集めており、代替燃料やバイオ燃料への関心の高まりに貢献している。

発展途上国ではライフスタイルが変化し、女性の社会進出が進むにつれて、化粧品の使用量が大幅に増加している。酪酸はスキンケアやヘアケアなどの化粧品に使用され、市場の成長をさらに後押ししている。

その有望な見通しにもかかわらず、酪酸市場は、原料価格の変動やその強い臭いに関連する健康被害に関する課題に直面する可能性がある。

主な市場牽引要因

食品・飲料業界における酪酸需要の拡大:酪酸は、その独特のバターのような香りと味により、食品・飲料業界で香料として広く使用されている。ベーカリー製品、乳製品、スナック菓子、菓子、飲料など様々な製品の味を引き立てる。また、天然の保存料としても機能し、腐りやすい製品の保存期間を延ばす。天然食品やオーガニック食品への需要が、米国における天然酪酸の使用をさらに後押ししている。

動物飼料添加物の需要の上昇:酪酸は効果的な動物飼料添加物として認識されており、家畜の成長を促進し、パフォーマンスを向上させる。酪酸は腸細胞のエネルギー源として働き、栄養吸収と腸の健康を促進する。抗生物質による成長促進剤の段階的廃止に伴い、酪酸は家畜生産者の間で好まれる選択肢となり、持続可能で健康的な家畜生産を支えている。

製薬業界における酪酸の需要拡大:抗炎症作用、鎮痛作用、抗菌作用、抗がん作用など、酪酸の治療特性は医薬品製剤における価値を高めている。酪酸はがん治療や研究において有望視されており、炎症性腸疾患の補助療法としても検討されている。また、酪酸は腸の健康を促進する役割も担っており、プロバイオティクスやプレバイオティクスの開発に利用されている。

主な市場課題

臭いの課題:酪酸は、腐ったチーズや嘔吐物に似た強い臭いで知られている。この臭いは消費者を遠ざけ、官能特性に影響を与えることなく酪酸を配合した製品を処方する際の課題となる。臭いの問題を軽減するためには、マスキング剤やカプセル化技術が必要となる場合があり、製造工程に複雑さとコストを加えることになる。

主要市場動向

抗炎症特性の拡大:酪酸の抗炎症特性は認知されつつあり、スキンケア処方における貴重な成分となっている。酪酸は皮膚の刺激、赤み、炎症を抑えることが期待されている。さらに、遺伝子発現やエピジェネティックなメカニズムを調節する役割は、炎症性疾患の治療における個別化医療の可能性を開くものである。

セグメント別インサイト

タイプ別インサイト合成酪酸は、費用対効果が高く、様々な分野の原料として適しているため、市場を支配している。天然酪酸は、食品・飲料製品における天然素材への需要や、その健康効果に対する認識により、注目を集めると予想される。

最終用途の洞察動物飼料分野は、動物の栄養と健康を強化する酪酸の役割を強調し、急速な成長が見込まれる。

地域別インサイト

中西部地域は、産業インフラ、豊富な原料(トウモロコシ栽培)、製薬・食品産業の集積などの恩恵を受け、米国酪酸市場で優位を占めている。
主要市場プレイヤー
イーストマン・ケミカル・カンパニー
ケミン・インダストリーズ
スペクトラム・ケミカルズ
ヴィゴン・インターナショナルLLC
Blue Marble Biomaterials LLC(ソカティ・コーポレーション)
レポートの範囲
本レポートでは、米国の酪酸市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 米国の酪酸市場:タイプ別
o 合成
非合成
- 米国の酪酸市場:最終用途別
o 動物飼料
o 化学中間体
o 医薬品
o 食品および飲料
o その他
- 米国の酪酸市場:流通経路別
o 直接販売
o 直接輸入
o ディストリビューター/サプライヤー/トレーダー
- 米国の酪酸市場:地域別
o 北東部
o 中西部
o 南部
西
競争状況
企業プロフィール:米国の酪酸市場に存在する主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社の米国酪酸市場レポートは所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
2. Research Methodology
3. Impact of COVID-19 on United States Butyric Acid Market
4. Executive Summary
5. Voice of Customer
6. United States Butyric Acid Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type (Synthetic, Non-Synthetic)
6.2.2. By End Use (Animal Feed, Chemical Intermediates, Pharmaceuticals, Food & Beverage, Others)
6.2.3. By Distribution Channel (Direct Sales, Direct Import, Distributors/Suppliers/Traders)
6.2.4. By Region
6.2.5. By Company (2022)
6.3. Market Map
7. United States Synthetic Butyric Acid Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By End Use
7.2.2. By Distribution Channel
7.3. Pricing Analysis
8. United States Non-Synthetic Butyric Acid Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By End Use
8.2.2. By Distribution Channel
8.3. Pricing Analysis
9. Market Dynamics
9.1. Drivers
9.2. Challenges
10. Market Trends & Developments
11. Policy & Regulatory Landscape
12. List of Suppliers/Distributors (Up to 10, By Region)
13. Import-Export Analysis
14. United States Economic Profile
15. Competitive Landscape
15.1. Eastman Chemical Company
15.2. Kemin Industries, Inc.
15.3. Spectrum Chemicals
15.4. Vigon International, LLC
15.5. Blue Marble Biomaterials LLC (Socati Corporation)
16. Strategic Recommendations
17. About us & Disclaimer




 

ページTOPに戻る


 

Summary

United States Butyric Acid Market, valued at USD 185.23 million in 2022, is poised for robust growth throughout the forecast period, projected to exhibit a Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 8.11% until 2028 and is expected to reach at USD 291.50 million by 2028. Butyric acid, also known as butanoic acid, is a carboxylic acid known for its distinct acrid taste. It is naturally occurring and can be found in the milk of farm animals such as goats, cows, buffalo, and sheep. This organic compound has gained significant attention due to the increasing demand for specialty chemicals across various industries, including pharmaceuticals, animal feed, food & beverage, and personal care.

The pharmaceutical, animal feed, food & beverage, and personal care industries have all experienced a surge in demand for butyric acid due to its diverse applications. It serves as a valuable ingredient in the production of pharmaceuticals, animal feed additives, and food flavorings. Additionally, it finds use in personal care products such as cosmetics and fragrances.

The rising prevalence of health-related issues, including diabetes, anxiety, and obesity, has contributed to increased demand for butyric acid as a dietary supplement. It is known to promote gut health and regulate metabolism, making it a sought-after health supplement.

The growing poultry industry and increased consumption of chicken in the United States have also driven the demand for butyric acid. Its antimicrobial properties make it an effective feed additive for improving poultry health and productivity.

Furthermore, butyric acid is gaining traction in the automotive and aerospace industries as a potential renewable energy source, contributing to the growing interest in alternative and biofuels.

As lifestyles change and more women enter the workforce in developing nations, the use of cosmetics has increased significantly. Butyric acid is used in the formulation of cosmetic products, such as skincare and haircare items, further driving its market growth.

Despite its promising outlook, the butyric acid market may face challenges related to fluctuating raw material prices and health hazards associated with its strong odor.

Key Market Drivers

Growing Demand for Butyric Acid in the Food & Beverage Industry: Butyric acid is widely used as a flavoring agent in the food and beverage industry due to its distinctive buttery aroma and taste. It enhances the taste of various products, including bakery goods, dairy products, snacks, confectionery, and beverages. It also serves as a natural preservative, extending the shelf life of perishable products. The demand for natural and organic food products has further boosted the use of natural butyric acid in the United States.

Rise in Demand for Animal Feed Additives: Butyric acid is recognized as an effective animal feed additive, promoting growth and improving performance in livestock. It acts as an energy source for intestinal cells, enhancing nutrient absorption and gut health. With the phasing out of antibiotic growth promoters, butyric acid has become a preferred choice among livestock producers, supporting sustainable and healthy livestock production.

Growing Demand for Butyric Acid in the Pharmaceutical Industry: Butyric acid's therapeutic properties, including anti-inflammatory, analgesic, antimicrobial, and anticancer effects, make it valuable in pharmaceutical formulations. It shows promise in cancer treatment and research and is explored as an adjuvant therapy for inflammatory bowel diseases. Butyric acid also plays a role in promoting gut health, leading to its use in probiotics and prebiotics development.

Key Market Challenges

Odor Challenges: Butyric acid is known for its strong odor, resembling that of rotten cheese or vomit. This odor can deter consumers and pose challenges in formulating products that incorporate butyric acid without affecting sensory properties. Masking agents and encapsulation technologies may be required to mitigate the odor issue, adding complexity and cost to the manufacturing process.

Key Market Trends

Expansion of Anti-Inflammatory Properties: Butyric acid's anti-inflammatory properties are gaining recognition, making it a valuable ingredient in skincare formulations. It has shown promise in reducing skin irritation, redness, and inflammation. Additionally, its role in modulating gene expression and epigenetic mechanisms opens possibilities for personalized medicine in treating inflammatory disorders.

Segmental Insights

Type Insights: Synthetic butyric acid dominates the market due to its cost-effectiveness and suitability as a raw material in various sectors. Natural butyric acid is expected to gain prominence, driven by the demand for natural ingredients in food and beverage products and awareness of its health benefits.

End Use Insights: The animal feed segment is expected to experience rapid growth, highlighting butyric acid's role in enhancing animal nutrition and health.

Regional Insights

The Midwest region is the dominant player in the United States Butyric Acid Market, benefiting from its industrial infrastructure, abundant raw materials (corn cultivation), and concentration of pharmaceutical and food industries.
Key Market Players
Eastman Chemical Company
Kemin Industries, Inc.
Spectrum Chemicals
Vigon International, LLC
Blue Marble Biomaterials LLC (Socati Corporation)
Report Scope:
In this report, the United States Butyric Acid Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• United States Butyric Acid Market, By Type:
o Synthetic
o Non-Synthetic
• United States Butyric Acid Market, By End Use:
o Animal Feed
o Chemical Intermediates
o Pharmaceuticals
o Food & Beverage
o Others
• United States Butyric Acid Market, By Distribution Channel:
o Direct Sales
o Direct Import
o Distributors/Suppliers/Traders
• United States Butyric Acid Market, By Region:
o Northeast
o Midwest
o South
o West
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the United States Butyric Acid Market.
Available Customizations:
United States Butyric Acid Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
2. Research Methodology
3. Impact of COVID-19 on United States Butyric Acid Market
4. Executive Summary
5. Voice of Customer
6. United States Butyric Acid Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type (Synthetic, Non-Synthetic)
6.2.2. By End Use (Animal Feed, Chemical Intermediates, Pharmaceuticals, Food & Beverage, Others)
6.2.3. By Distribution Channel (Direct Sales, Direct Import, Distributors/Suppliers/Traders)
6.2.4. By Region
6.2.5. By Company (2022)
6.3. Market Map
7. United States Synthetic Butyric Acid Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By End Use
7.2.2. By Distribution Channel
7.3. Pricing Analysis
8. United States Non-Synthetic Butyric Acid Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By End Use
8.2.2. By Distribution Channel
8.3. Pricing Analysis
9. Market Dynamics
9.1. Drivers
9.2. Challenges
10. Market Trends & Developments
11. Policy & Regulatory Landscape
12. List of Suppliers/Distributors (Up to 10, By Region)
13. Import-Export Analysis
14. United States Economic Profile
15. Competitive Landscape
15.1. Eastman Chemical Company
15.2. Kemin Industries, Inc.
15.3. Spectrum Chemicals
15.4. Vigon International, LLC
15.5. Blue Marble Biomaterials LLC (Socati Corporation)
16. Strategic Recommendations
17. About us & Disclaimer




 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(acid)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る