世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドの構造化ケーブル市場:製品タイプ別(銅ケーブル、ファイバーケーブル、ファイバーコンポーネント)、用途別(LAN、データセンター)、電線カテゴリ別(カテゴリ5e、カテゴリ6、カテゴリ7、カテゴリ6A)、エンドユーザー別(通信、政府機関、商業、その他)、地域別、競争予測と機会、2028F


India Structured Cabling Market by Product Type (Copper Cable, Fiber Cable, Fiber Components), By Application (LAN, Data Center), By Wire Category (Category 5e, Category 6, Category 7, Category 6A), By End User (Telecommunication, Government, Commercial, Others), By Region, Competition Forecast & Opportunities, 2028F

インドの構造化ケーブリング市場は予測期間2024-2028年に高いCAGRで成長すると予測されている。インドの構造化ケーブリング市場は、通信インフラへの投資増加やデータセンターへの集約化傾向などの発展により成長... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
90 英語

 

サマリー

インドの構造化ケーブリング市場は予測期間2024-2028年に高いCAGRで成長すると予測されている。インドの構造化ケーブリング市場は、通信インフラへの投資増加やデータセンターへの集約化傾向などの発展により成長が予測される。また、高速通信ツールやシステムに対する需要の高まりが、世界的な市場拡大を後押ししている。しかし、インドの構造化ケーブリング市場は、原材料価格の変動によって制約を受けている。一方、5G技術の受け入れ拡大と全国的なインターネットインフラの拡大は、構造化ケーブル市場にとって好ましい展開になると予想される。構造化ケーブリングとは、データセンター、通信ネットワーク、オフィスビルなど、複数のアプリケーションにユニバーサルプラットフォームを提供する標準化されたケーブリングシステムを指す。様々なネットワーキング・プロトコルや伝送速度をサポートするケーブルと接続製品のセットで構成されている。
インドの構造化ケーブリング市場は、高速で信頼性の高いネットワーキング・ソリューションに対する需要の高まりにより、近年著しい成長を遂げている。成長の背景には、データセンター、クラウドコンピューティングサービス、モノのインターネット(IoT)の採用増加など、いくつかの要因がある。スマートシティの発展や、各国政府の支援によるデータセンターへのニーズの高まりが、銅ベースの構造化ケーブリング 市場の上昇を後押ししています。オンライン学習、多チャンネル視聴、リモートワーク、在宅勤務、それに関連する活動の人気が高まり、構造化ケーブ リング市場は急速に、そして持続的に成長しました。ITおよび電気通信部門は、構造化ケーブリング市場の成長に貢献している。多様なハードウェアやソフトウェアシステムをサポートする、ビルやキャンパス内の標準化されたケーブルインフラの構築と管理は、インドでは「構造化ケーブリング市場」と呼ばれている。これは、ケーブルの管理と配置に必要なラック、キャビネット、パッチパネル、銅線と光ファイバー配線で構成される。高速データ接続へのニーズの高まり、クラウド・コンピューティングやIoTなどの最先端技術の取り込み、IT・通信分野の拡大など、さまざまな理由がインド市場を牽引する要因となっている。
しかし、パンデミックによる市場の落ち込みも時折見られる。COVID19事件では、ケーブル製品の供給が大きく妨げられ、世界市場での需要が減少した。需給はともに予測を下回った。それでも、予測期間中にインド市場は正常に戻ると予想される。
構造化ケーブリングとは、データセンター、通信ネットワーク、オフィスビルなど、複数のアプリケーションに汎用的なプラットフォームを提供する標準化されたケーブリングシステムを指す。様々なネットワーキング・プロトコルや伝送速度をサポートするケーブルと接続製品のセットで構成されている。
インドの構造化ケーブリング市場は、高速で信頼性の高いネットワーキング・ソリューションに対する需要の高まりにより、近年著しい成長を遂げている。成長の背景には、データセンター、クラウドコンピューティングサービス、モノのインターネット(IoT)の採用増加など、いくつかの要因がある。通信サービスの需要が高まる通信業界は、構造化ケーブリング市場の主な発展要素になるだろう。
高速インターネットへのニーズの高まりとスマートシティへの動き
デジタル技術への依存度が高まるにつれ、高速インターネット接続への需要が大幅に増加している。このため、ネットワーク要件の増加に対応するため、構造化ケーブリング・ソリューションの需要が増加している。そのため、サブスクリプションサービスがインドの構造化ケーブリング市場を牽引している。構造化ケーブリング・ソリューションのニーズが高まっているのは、スマートシティへのトレンドが高まっているためである。技術の急速な発展とインターネットの利用増加に伴い、住宅と商業施設の両方で信頼性の高い高速インターネット接続に対する需要が高まっている。構造化ケーブリングシステムは、ビルやキャンパス内でのデータ、音声、ビデオ信号のスムーズな伝送を確保するための包括的かつ効率的なソリューションを提供します。さらに、インド政府によるスマートシティ開発の推進も、構造化ケーブリング・システムの需要を促進しています。スマートシティは、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ビッグデータ分析などの先進技術に大きく依存し、その運営を管理・最適化している。構造化ケーブリング・システムは、これらの技術のバックボーンを形成し、さまざまなデバイスやシステム間のシームレスな通信を可能にします。その結果、インドの構造化ケーブリング市場は、住宅と商業部門の両方が需要を牽引し、今後数年間で大きく成長すると予想されている。また、5Gのような新技術の登場や、クラウド・コンピューティングや仮想化の採用拡大も、効率的に機能するために高速で信頼性の高い接続性を必要とするため、構造化ケーブリング・システムの需要を促進すると予想される。
クラウド・コンピューティングの採用
クラウド・コンピューティングの採用がインドの構造化ケーブリング市場を牽引している。クラウド・コンピューティングとは、企業がデータやアプリケーションをローカル・サーバーや個人用デバイスではなく、インターネット上に保存し、アクセスできるようにする技術である。この技術は、拡張性や柔軟性の向上、コスト削減など、多くの利点を活用しようとする企業によって、インドでますます普及しています。しかし、クラウド・コンピューティングを活用するためには、増大するデータ・トラフィックを処理し、デバイスとサーバー間のシームレスな接続を確保できる、信頼性が高く効率的なネットワーク・インフラが必要です。そこで登場するのが、構造化ケーブリング・システムです。構造化ケーブリングシステムは、ケーブリングインフラへの包括的かつ標準化されたアプローチを提供し、すべてのコンポーネントがシームレスに連携するように設計および設置されることを保証します。その結果、ネットワークのパフォーマンスが向上し、信頼性が高まり、ダウンタイムが短縮されます。インドの企業がクラウド・コンピューティングを採用するにつれ、それをサポートする堅牢で信頼性の高いケーブリング・インフラを持つことの重要性も認識されつつあります。このため、インドでは構造化ケーブリングシステムの需要が増加しています。さらに、リモートワークの傾向が強まり、リモートワーカー向けに安全で信頼性の高い接続が必要とされていることも、インドの構造化ケーブリングシステムに対する需要の増加に寄与しています。全体として、クラウドコンピューティングの採用はインドの構造化ケーブリング市場の重要な促進要因であり、企業はこの技術を最大限に活用するために必要なインフラを構築しようとしています。
構造化ケーブルの技術開発が市場の成長を後押し
技術の継続的な進化は、画期的で洗練された構造化ケーブリングシステムの創造に火をつけました。これらのソリューションは、5G、IoT、高速インターネットアクセスに対するニーズの高まりと、スマートシティに向けたトレンドの高まりに対応して開発された。構造化ケーブリング市場の拡大は、Cat 8やマルチテラビット・イーサネットのような高性能ケーブル素材や規格の登場によってさらに加速している。構造化ケーブリング市場は、様々な技術や素材の統合により、性能の向上、スピードの向上、信頼性の向上により成長を遂げている。
市場区分
インドの構造化ケーブル市場は、製品タイプ、用途、ワイヤーカテゴリー、エンドユーザー、地域に区分される。製品タイプ別では、市場はカッパーケーブル、ファイバーケーブル、ファイバーコンポーネントに区分される。アプリケーション別では、市場はLANとデータセンターに分けられる。ワイヤカテゴリーに基づくと、市場はカテゴリー5e、カテゴリー6、カテゴリー7、カテゴリー6Aに、エンドユーザーに基づくと、市場は電気通信、政府、商業、その他に細分化される。市場分析ではまた、東インド、西インド、北インド、南インドに分け、地域別の市場セグメンテーションを考案するために地域セグメンテーションを研究している。

市場プレイヤー
インドの構造化ケーブリング市場の主な市場プレイヤーは、3C3 India Pvt. Ltd., TE Connectivity Ltd., Schneider Electric India, America Fujikura India Private Limited, LEGRAND INDIA PVT.LTD.、Siemen India、Panduit Corp.、ABB INDIA、Belkin India Pvt Ltd.、Cisco India Ltd.などである。良好な市場成長を達成するために、市場で活動している企業は、製品の発売、合併、パートナーシップなどの有機的な戦術を採用しています。
レポートの範囲
本レポートでは、インドの構造化ケーブリング市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 構造化ケーブル市場:製品タイプ別
o 銅ケーブル
o ファイバーケーブル
o ファイバーコンポーネント
- 構造化ケーブル市場:用途別
o LAN
o データセンター
- 構造化ケーブル市場:ワイヤカテゴリー別
o カテゴリー5e
o カテゴリー6
o カテゴリー7
o カテゴリー6A
- 構造化ケーブル市場:エンドユーザー別
o テレコミュニケーション
o 政府
o 商業
o その他
- 構造化ケーブル市場、地域別
o 東インド
o 西インド
o 北インド
南インド

競合状況
企業プロフィール:インドの構造化ケーブリング市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、与えられた市場データを用いて、インドの構造化ケーブル市場について、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Voice of Customer
5. India Structured Cabling Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Product Type (Copper Cable, Fiber Cable, Fiber Components)
5.2.2. By Application (LAN, Data Center)
5.2.3. By Wire Category (Category 5e, Category 6, Category 7, Category 6A)
5.2.4. By End User (Telecommunication, Government, Commercial, Others)
5.2.5. By Region (East India, West India, North India, South India)
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
6. East India Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Product Type
6.2.2. By Application
6.2.3. By Wire Category
6.2.4. By End User
7. West India Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Product Type
7.2.2. By Application
7.2.3. By Wire Category
7.2.4. By End User
8. North India Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Product Type
8.2.2. By Application
8.2.3. By Wire Category
8.2.4. By End User
9. South India Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Product Type
9.2.2. By Application
9.2.3. By Wire Category
9.2.4. By End User
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.1.1. Structured Cablings are increasingly being employed for machine monitoring and control.
10.1.2. Improved customer service
10.1.3. Automotive Industry Renewal Fueling
10.2. Challenges
10.2.1. It is anticipated that high structured cabling costs would restrain market expansion.
10.2.2. Concerns about privacy and security
11. Market Trends & Developments
11.1. Elevated need for fast connectivity
11.2. Growth of the Internet of Things (IoT)
11.3. Rising demand for data centers
11.4. Trend of Structured Cablings with a human touch
12. Policy & Regulatory Landscape
13. India Economic Profile
14. Company Profiles
14.1. 3C3 India Pvt. Ltd
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue (If Available)
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel
14.1.5. Key Product/Service Offered
14.2. TE Connectivity Ltd.
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue (If Available)
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel
14.2.5. Key Product/Service Offered
14.3. PANDUIT CORP.
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue (If Available)
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel
14.3.5. Key Product/Service Offered
14.4. Siemen India
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue (If Available)
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel
14.4.5. Key Product/Service Offered
14.5. ABB India
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue (If Available)
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel
14.5.5. Key Product/Service Offered
14.6. Schneider Electric India
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue (If Available)
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel
14.6.5. Key Product/Service Offered
14.7. America Fujikura India Private Limited
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue (If Available)
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel
14.7.5. Key Product/Service Offered
14.8. Belkin India Pvt Ltd
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue (If Available)
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel
14.8.5. Key Product/Service Offered
14.9. LEGRAND INDIA PVT. LTD
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue (If Available)
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel
14.9.5. Key Product/Service Offered
14.10. Cisco India Ltd
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue (If Available)
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel
14.10.5. Key Product/Service Offered
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer
(Note: The companies list can be customized based on the client requirements.)

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India Structured Cabling Market is anticipated to grow at a high CAGR in the forecast period 2024-2028. The market for structured cabling in India is predicted to grow because of developments including increased investment in communication infrastructure and the trend towards data centre convergence. Additionally, escalating demand for high-speed communication tools and systems fuels market expansion, globally. The market for structured cabling in India, however, is constrained by fluctuating raw material prices. The growing acceptance of 5G technology and the expansion of internet infrastructure across the nation, on the other hand, are expected to be favourable developments for the structured cabling market. Structured cabling refers to a standardized cabling system that provides a universal platform for multiple applications, including data centres, telecommunication networks, and office buildings. It consists of a set of cabling and connectivity products that support various networking protocols and transmission speeds.
The Indian structured cabling market has witnessed significant growth in recent years, thanks to the increasing demand for high-speed and reliable networking solutions. The growth has been driven by several factors, including the increasing adoption of data centers, cloud computing services, and the Internet of Things (IoT). The development of smart cities and the soaring need for data centres, supported by the governments of various nations, have driven the rise of the market for copper-based structured cabling. The popularity of online learning, binge-watching, remote work, working from home, and related activities has grown, because of which the structured cabling market grew quickly and persistently. The IT and telecommunications sectors have contributed to the growth of the structured cabling market. The construction and administration of standardised cable infrastructure in buildings or campuses that supports diverse hardware and software systems, is referred to as the "structured cabling market" in India. This comprises racks, cabinets, and patch panels required to manage and arrange the cable, as well as copper and fibre wiring. A number of reasons, including the rising need for high-speed data connection, the uptake of cutting-edge technologies like cloud computing and IoT, and the expansion of the IT and telecom sectors, are factors driving the market in India.
However, there have been occasional market declines because of pandemics. The COVID 19 incidents significantly disrupted the supply of cable products, which decreased the demand on the global market. Both supply and demand fell short of projections. Nevertheless, it is anticipated that over the projection period, the Indian market would return to normal.
Structured cabling refers to a standardized cabling system that provides a universal platform for multiple applications, including data centers, telecommunication networks, and office buildings. It consists of a set of cabling and connectivity products that support various networking protocols and transmission speeds.
The Indian structured cabling market has witnessed significant growth in recent years, thanks to the increasing demand for high-speed and reliable networking solutions. The growth has been driven by several factors, including the increasing adoption of data centers, cloud computing services, and the Internet of Things (IoT). The communications industry, with a higher demand for telecommunication services, would become the main development component in the market for structured cabling.
Increasing Need for Fast Internet and A Move Towards Smart Cities
With the growing reliance on digital technologies, there has been a significant increase in demand for high-speed internet connectivity. This has led to an increase in the demand for structured cabling solutions to meet the growing network requirements. Therefore, subscription services are driving the India Structured Cabling Market. The need for structured cabling solutions has increased because of the rising trend towards smart cities. With the rapid growth of technology and the increasing use of the internet, there is a growing demand for reliable and high-speed internet connectivity in both residential and commercial settings. Structured cabling systems provide a comprehensive and efficient solution for ensuring the smooth transmission of data, voice, and video signals within a building or campus. Furthermore, the Indian government's push towards the development of smart cities is also driving the demand for structured cabling systems. Smart cities rely heavily on advanced technologies like the Internet of Things (IoT), artificial intelligence (AI), and big data analytics to manage and optimize their operations. Structured cabling systems form the backbone of these technologies, allowing for seamless communication between different devices and systems. As a result, the structured cabling market in India is expected to grow significantly in the coming years, with both residential and commercial sectors driving demand. The emergence of new technologies like 5G and the increasing adoption of cloud computing and virtualization are also expected to drive demand for structured cabling systems, as they require high-speed and reliable connectivity to function efficiently.
Adopting Cloud Computing
Adopting cloud computing is driving the structured cabling market in India. Cloud computing is a technology that allows businesses to store and access data and applications over the internet, rather than on local servers or personal devices. This technology has become increasingly popular in India, as businesses seek to take advantage of its many benefits, such as increased scalability, flexibility, and cost savings. However, in order to take advantage of cloud computing, businesses need a reliable and efficient network infrastructure that can handle the increased data traffic and ensure seamless connectivity between devices and servers. This is where structured cabling systems come into play. Structured cabling systems provide a comprehensive and standardized approach to cabling infrastructure, ensuring that all components are designed and installed to work together seamlessly. This results in improved network performance, increased reliability, and reduced downtime. As businesses in India adopt cloud computing, they are also realizing the importance of having a robust and reliable cabling infrastructure to support it. This has led to an increase in demand for structured cabling systems in India. In addition, the growing trend towards remote work and the need for secure and reliable connectivity for remote workers has also contributed to the increased demand for structured cabling systems in India. Overall, the adoption of cloud computing is a significant driver of the structured cabling market in India, as businesses seek to build the infrastructure necessary to take full advantage of this technology.
Structured Cablings' Technological Development is Boosting the Market's Growth
Technology's ongoing evolution has sparked the creation of ground-breaking and sophisticated structured cabling systems. These solutions were developed in response to the rising need for 5G, IoT, and high-speed internet access along with the growing trend towards smart cities. The expansion of structured cabling market has been further fuelled by the advent of high-performance cable materials and standards like Cat 8 and Multi-Terabit Ethernet. The market for structured cabling is seeing growth due to the integration of various technologies and materials, which has enhanced performance, increased speed, and increased dependability.
Market Segmentation
The India Structured Cabling market is segmented into Product Type, Application, Wire Category, End User and Region. Based on Product Type, the market is segmented into Copper Cable, Fiber Cable, and Fiber Components. Based on Application, the market is divided into LAN and Data Center. Based on Wire Category, the market is segmented into Category 5e, Category 6, Category 7 and Category 6A, Based on End User, the market is fragmented into Telecommunication, Government, Commercial, and Others. The market analysis also studies the regional segmentation to devise regional market segmentation, divided among East India, West India, North India, and South India

Market Players
Major market players of India Structured Cabling Market are 3C3 India Pvt. Ltd, TE Connectivity Ltd., Schneider Electric India, America Fujikura India Private Limited, LEGRAND INDIA PVT. LTD, Siemen India, Panduit Corp., ABB INDIA, Belkin India Pvt Ltd, Cisco India Ltd. To achieve good market growth, businesses that are active in the market employ organic tactics such as product launches, mergers, and partnerships.
Report Scope:
In this report, India Structured Cabling Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Structured Cabling Market, By Product Type
o Copper Cable
o Fiber Cable
o Fiber Components
• Structured Cabling Market, By Application
o LAN
o Data Center
• Structured Cabling Market, By Wire Category
o Category 5e
o Category 6
o Category 7
o Category 6A
• Structured Cabling Market, By End User
o Telecommunication
o Government
o Commercial
o Others
• Structured Cabling Market, By Region:
o East India
o West India
o North India
o South India

Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in India Structured Cabling Market
Available Customizations:
India Structured Cabling Market with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
4. Voice of Customer
5. India Structured Cabling Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Product Type (Copper Cable, Fiber Cable, Fiber Components)
5.2.2. By Application (LAN, Data Center)
5.2.3. By Wire Category (Category 5e, Category 6, Category 7, Category 6A)
5.2.4. By End User (Telecommunication, Government, Commercial, Others)
5.2.5. By Region (East India, West India, North India, South India)
5.3. By Company (2022)
5.4. Market Map
6. East India Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Product Type
6.2.2. By Application
6.2.3. By Wire Category
6.2.4. By End User
7. West India Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Product Type
7.2.2. By Application
7.2.3. By Wire Category
7.2.4. By End User
8. North India Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Product Type
8.2.2. By Application
8.2.3. By Wire Category
8.2.4. By End User
9. South India Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Product Type
9.2.2. By Application
9.2.3. By Wire Category
9.2.4. By End User
10. Market Dynamics
10.1. Drivers
10.1.1. Structured Cablings are increasingly being employed for machine monitoring and control.
10.1.2. Improved customer service
10.1.3. Automotive Industry Renewal Fueling
10.2. Challenges
10.2.1. It is anticipated that high structured cabling costs would restrain market expansion.
10.2.2. Concerns about privacy and security
11. Market Trends & Developments
11.1. Elevated need for fast connectivity
11.2. Growth of the Internet of Things (IoT)
11.3. Rising demand for data centers
11.4. Trend of Structured Cablings with a human touch
12. Policy & Regulatory Landscape
13. India Economic Profile
14. Company Profiles
14.1. 3C3 India Pvt. Ltd
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue (If Available)
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel
14.1.5. Key Product/Service Offered
14.2. TE Connectivity Ltd.
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue (If Available)
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel
14.2.5. Key Product/Service Offered
14.3. PANDUIT CORP.
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue (If Available)
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel
14.3.5. Key Product/Service Offered
14.4. Siemen India
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue (If Available)
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel
14.4.5. Key Product/Service Offered
14.5. ABB India
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue (If Available)
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel
14.5.5. Key Product/Service Offered
14.6. Schneider Electric India
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue (If Available)
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel
14.6.5. Key Product/Service Offered
14.7. America Fujikura India Private Limited
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue (If Available)
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel
14.7.5. Key Product/Service Offered
14.8. Belkin India Pvt Ltd
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue (If Available)
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel
14.8.5. Key Product/Service Offered
14.9. LEGRAND INDIA PVT. LTD
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue (If Available)
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel
14.9.5. Key Product/Service Offered
14.10. Cisco India Ltd
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue (If Available)
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel
14.10.5. Key Product/Service Offered
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer
(Note: The companies list can be customized based on the client requirements.)

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る