世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

デジタル油田市場の世界産業規模、シェア、動向、機会、および予測 2018-2028年プロセス別(掘削最適化、生産最適化、貯留層最適化、その他)、技術別(モノのインターネット、人工知能、クラウドコンピューティング、その他)、地域別に分類


Digital Oilfield Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast 2018-2028Segmented By Process (Drilling Optimization, Production Optimization, Reservoir Optimization, Others), By Technology (Internet of Things, Artificial Intelligence, Cloud Computing, Others), By Region

デジタル油田の世界市場は、予測期間2024-2028年に堅調なペースで成長すると予想される。これは、市場の拡大に好影響を与える新興国からの石油、ガス、その他の石油製品に対する需要が急速に拡大し、生産コストを... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$4,900
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
188 英語

 

サマリー

デジタル油田の世界市場は、予測期間2024-2028年に堅調なペースで成長すると予想される。これは、市場の拡大に好影響を与える新興国からの石油、ガス、その他の石油製品に対する需要が急速に拡大し、生産コストを削減する取り組みが増加するためである。様々な地層における在来型および非在来型の潜在力の高い鉱床の探査が産業の拡大を加速し、デジタル油田の世界市場の成長を促進すると予想される。
デジタル油田によって、石油・燃料会社や油田キャリア・プロバイダーは、生産拠点における重要な活動を遠隔で検知・制御できるようになる。これらの技術は、装置のダウンタイムを最小限に抑え、炭化水素の治癒を改善することで、探査と生産(E&P)の生産性とパフォーマンスを向上させることを目的としており、石油・燃料メーカーがコビッド主導の電力需要ショックを乗り越えるために料金の合理化を模索している現在のシナリオでは特に重要である。デジタル油田は、ウェブサイトをオンライン化することで、従業員を物理的に配置する必要性を減らし、労働者の保護を向上させる。
デジタル油田技術は、モノのインターネット(IoT)の到来とともに勢いを増している。人工知能(AI)、予測分析、可視化ツールを使用して、統計に基づいた洞察をリアルタイムで生成し、選択アプローチを急いでいる。この採用は、炭化水素を抽出するための最先端技術とシステムを使用する最近の作業で特に顕著である。企業は、ハードワークのリスクに加え、オペレーショナル・リスクを軽減するために、可能な限り多くの方法を自動化しようとしている。
デジタル油田の積極的な風景は、基本的に複雑な企業の問題に対処するための仮想ソリューションや製品を提供する油田プロバイダー・キャリアや商用機器メーカーによって支配されている。仮想油田を持つことは、石油・ガス企業がより環境に優しい慣行に移行するのを助けるかもしれない。例えば、人工知能と予測分析は、グループを支援し、油流出が発生する前または発生したときに識別する方法によって被害を減少させることができます。仮想油田時代への投資を行うことで、石油・ガス事業者は、イノベーションを継続すると同時に、維持管理を自動化し、より効率的に装置を管理することができる。デジタル油田は、快適で相互接続されたネットワークを成長させることによって、石油と燃料を再定義することができる。これは、石油・燃料供給業者にとって、より良いガソリン性能と納入価格への道を開くかもしれない。
遠隔地にあるオイルサンド施設のリアルタイム接続と機械対機械のインターフェイスは、中央の専門家によるトラブルシューティングと日常業務の監視を可能にし、稼働率を向上させる。デジタル油田技術プロバイダーとITサービスプロバイダー間の継続的な業界コラボレーションは、貯留層、スマート井戸、掘削現場のモニタリングにおけるIoTデバイスの使用を改善するだろう。これにより、リアルタイムのデータを効率的に収集し、上流部門から下流部門までの操業パフォーマンスを最適化することが期待される。これにより、今後数年間でデジタル油田の導入が進む可能性がある。アクチュエーター、スマートアラーム、センサーなどの高度な機器とともに、油層監視制御や油層特性評価などの高度なソリューションが利用可能になることで、世界のデジタル油田市場に拍車がかかると予想される。
機器の有効利用
石油・ガス設備は、何日も何週間も現場に放置されることが多い。そのため、機器が誤用されたり、置き忘れたり、盗まれたりするリスクがある。機械、工具、その他の機器を手作業で探すのは時間と費用の無駄です。作業員は現場から現場へと車を走らせ、燃料を消費し、長時間労働を強いられ、優先順位の高い仕事を中断することになります。堅牢な長距離接続を可能にするIoTセンサーにより、組織はあらゆる機器をリアルタイムで追跡し、場所を特定することができる。また、複数の遠隔地のデータを集約することで、複数の拠点におけるリソースの使用状況をより適切に調整し、在庫を管理し、顧客へのサービス効率を向上させることができる。
石油・ガス産業におけるデジタル化
デジタル化はますます顕著になりつつあり、リアルタイム・データ、クラウド・コンピューティング、デジタル世界によってさらに推進されるデジタル技術は、石油・ガス部門に変革をもたらしつつある。デジタル油田は、プロセス管理とデジタル技術を組み合わせることで、石油・ガスシステムを一新し、サプライチェーン全体を完全に最適化することを目的としている。さらに、デジタル油田の採用は、石油・ガス会社がより環境に優しい慣行へと移行するのに役立つと期待されている。例えば、人工知能と予測分析は、油流出が発生した後または発生する前に流出を検知するのに役立ち、企業は多くの種類の損害を最小限に抑えることができる。デジタル油田技術に投資することで、石油・ガス事業者は、技術革新を推進しながら、メンテナンスを自動化し、機器をより効率的に管理することができる。テクノロジーはあらゆるビジネスの成長において重要な役割を果たし、組織の業務をサポートし改善することで、業務の質とスピードを向上させるのに役立っている。企業は、ビッグデータ分析技術を事業に活用し、オペレーションを改善し、プラントのパフォーマンスを向上させている。世界の石油・ガス自動化市場は、生産性、持続可能性、安全性を高める人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)のような破壊的技術により、デジタル変革が進んでいる。環境防衛基金(EDF)によると、石油・ガス産業は、流出、ベント、メタン燃焼により年間約340億米ドルを失っている。メタン排出を抑制するため、メタン管理のデジタル変革は、デジタル油田市場に大きな機会を生み出すと同時に、従来とは異なり環境に影響を与えないことが期待されている。
生産性効率化の需要の高まりが世界のデジタル油田市場を牽引
今後数年間で、業界の収益は、効果的な生産技術を含み、様々な場所で成熟した井戸からの生産収率を向上させる活動を拡大することによって押し上げられるでしょう。統計・分析ツールやソフトウェアの使用を通じて、デジタル油田技術は油田・ガス田の効率的な計画、生産、探査において重要な役割を果たす。そのため、予測期間中、デジタル油田の世界市場を牽引することが期待される。
予測期間中の世界デジタル油田市場の成長を促進する最新市場プロジェクト
- 油田サービスプロバイダーのシュルンベルジェと産業オートメーションおよび情報ソリューションサプライヤーのロックウェル・オートメーションとの間で発表された合弁事業(JV)であるSensiaは、2019年10月に完了した。Sensiaは石油・ガス業界初のデジタル対応統合オートメーション・ソリューションである。この合弁会社は、シュルンベルジェとロックウェル・オートメーションの石油・ガスに関する幅広い専門知識を活用し、石油・ガス市場の進化するニーズに対応する。センシアの年間売上高は4億ドル、従業員数は約1,000人で、世界80カ国の顧客にサービスを提供する計画だ。グローバル本社はテキサス州ヒューストンにある。センシアは独立企業として運営されている。ロックウェル・オートメーションが53%、シュルンベルジェが47%の株式を保有。
- 2021年12月、ウェザーフォード・インターナショナルはクウェート・オイル・カンパニー(以下「KOC」)から3年間のデジタル油田契約を獲得したと発表した。この契約は、北クウェート重油田における同社のデジタルトランスフォーメーション戦略と統合エンタープライズエクセレンスプラットフォームをサポートすることを目的としている。どこでも使えるKOKKOCが生産・処理スケジュールを最適化できるようにするための計装、リアルタイム・モニタリング、坑井生産最適化、保証などが含まれる。プロジェクトの範囲は、重質油井分析、モデルチューニング、坑井設計、資産最適化、モニタリングと予測、さまざまなE&Pアプリケーションとの統合の実行においてKOCをサポートします。Weatherford は、貯留層から企業レベルの輸出施設まで、KOC の統合プランニングおよび最適化ソリューションを展開することになります。さらに、統合ソリューションによって KOC は既存の KwIDF システムの価値を最大限に活用できるようになり、Integrated Enterprise Excellence Platform は効率を高め、KPI 追跡をサポートすることになります。
市場区分
世界のデジタル油田市場は、プロセス、技術、地域によって区分される。プロセスに基づき、市場は掘削最適化、生産最適化、貯留層最適化、その他に二分される。技術に基づくと、市場はモノのインターネット、人工知能、クラウドコンピューティング、その他に二分される。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカに二分される。
市場プレイヤー
世界のデジタル油田市場の主な市場プレーヤーは、Baker Hughes Ltd.、Siemens AG、Schlumberger Ltd.、Halliburton Energy Services, Inc.、Honeywell International Inc.、Rockwell Automation, Inc.、Accenture PLC、International Business Machines (IBM) Corporation、Weatherford International PLC、Sinopec Oilfield Service Corporationなどである。
レポートの範囲
本レポートでは、デジタル油田の世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
o デジタル油田市場、プロセス別
掘削最適化
o 生産最適化
o 油層最適化
o その他
o デジタル油田市場:技術別
o モノのインターネット
o 人工知能
o クラウドコンピューティング
o その他
o デジタル油田市場:地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o アジア太平洋
 インド
 日本
 韓国
 オーストラリア
 中国
ヨーロッパ
 ドイツ
 イギリス
 フランス
 イタリア
 スペイン
o 南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
中東
 サウジアラビア
 南アフリカ
 UAE
競合他社の状況
企業プロフィール:世界のデジタル油田市場に参入している主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ:
Tech Sci Research社のデジタル油田の世界市場レポートは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
o 追加市場企業(最大10社)の詳細分析とプロファイリング。

ページTOPに戻る


目次

1.サービス概要
1.1.市場の定義
1.2.市場の範囲
1.3.対象市場
1.4.調査対象年
1.5.主要市場セグメント
2.調査方法
2.1.ベースライン調査
2.2.主要業界パートナー
2.3.主な協会と二次情報源
2.4.予測方法
2.5.データの三角測量と検証
2.6.仮定と限界
3.COVID-19の影響 世界のデジタル油田市場
4.エグゼクティブサマリー
5.顧客の声
6.世界のデジタル油田市場
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.プロセス別(掘削最適化、生産最適化、貯留層最適化、その他)
6.2.2.技術別(モノのインターネット、人工知能、クラウドコンピューティング、その他)
6.2.3.地域別
6.3.企業別
6.4.市場マップ
7.北米デジタル油田市場の展望
7.1.市場規模と予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.プロセス別
7.2.2.技術別
7.2.3.国別
7.3.北米国別分析
7.3.1.米国のデジタル油田市場の展望
7.3.1.1.市場規模と予測
7.3.1.1.1.金額ベース
7.3.1.2.市場シェアと予測
7.3.1.2.1.プロセス別
7.3.1.2.2.技術別
7.3.2.カナダのデジタル油田市場の展望
7.3.2.1.市場規模と予測
7.3.2.1.1.金額ベース
7.3.2.2.市場シェアと予測
7.3.2.2.1.プロセス別
7.3.2.2.2.技術別
7.3.3.メキシコのデジタル油田市場の展望
7.3.3.1.市場規模・予測
7.3.3.1.1.金額ベース
7.3.3.2.市場シェアと予測
7.3.3.2.1.プロセス別
7.3.3.2.2.技術別
8.アジア太平洋地域のデジタル油田市場の展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.プロセス別
8.2.2.技術別
8.2.3.国別
8.3.アジア太平洋地域国別分析
8.3.1.中国デジタル油田市場の展望
8.3.1.1.市場規模と予測
8.3.1.1.1.金額ベース
8.3.1.2.市場シェアと予測
8.3.1.2.1.プロセス別
8.3.1.2.2.技術別
8.3.2.インドのデジタル油田市場の展望
8.3.2.1.市場規模と予測
8.3.2.1.1.金額ベース
8.3.2.2.市場シェアと予測
8.3.2.2.1.プロセス別
8.3.2.2.2.技術別
8.3.3.日本のデジタル油田市場の展望
8.3.3.1.市場規模と予測
8.3.3.1.1.金額ベース
8.3.3.2.市場シェアと予測
8.3.3.2.1.プロセス別
8.3.3.2.2.技術別
8.3.4.韓国のデジタル油田市場の展望
8.3.4.1.市場規模と予測
8.3.4.1.1.金額ベース
8.3.4.2.市場シェアと予測
8.3.4.2.1.プロセス別
8.3.4.2.2.技術別
8.3.5.オーストラリアのデジタル油田市場の展望
8.3.5.1.市場規模と予測
8.3.5.1.1.金額ベース
8.3.5.2.市場シェアと予測
8.3.5.2.1.プロセス別
8.3.5.2.2.技術別
9.欧州デジタル油田市場の展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.プロセス別
9.2.2.技術別
9.2.3.国別
9.3.ヨーロッパ国別分析
9.3.1.ドイツのデジタル油田市場の展望
9.3.1.1.市場規模と予測
9.3.1.1.1.金額ベース
9.3.1.2.市場シェアと予測
9.3.1.2.1.プロセス別
9.3.1.2.2.技術別
9.3.2.イギリスのデジタル油田市場の展望
9.3.2.1.市場規模・予測
9.3.2.1.1.金額ベース
9.3.2.2.市場シェアと予測
9.3.2.2.1.プロセス別
9.3.2.2.2.技術別
9.3.3.フランスのデジタル油田市場の展望
9.3.3.1.市場規模と予測
9.3.3.1.1.金額ベース
9.3.3.2.市場シェアと予測
9.3.3.2.1.プロセス別
9.3.3.2.2.技術別
9.3.4.スペインのデジタル油田市場の展望
9.3.4.1.市場規模と予測
9.3.4.1.1.金額ベース
9.3.4.2.市場シェアと予測
9.3.4.2.1.プロセス別
9.3.4.2.2.技術別
9.3.5.イタリアのデジタル油田市場の展望
9.3.5.1.市場シェアと予測
9.3.5.1.1.金額ベース
9.3.5.2.市場シェアと予測
9.3.5.2.1.プロセス別
9.3.5.2.2.技術別
10.南米のデジタル油田市場の展望
10.1.市場規模と予測
10.1.1.金額ベース
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.プロセス別
10.2.2.技術別
10.2.3.国別
10.3.南アメリカ国別分析
10.3.1.ブラジルのデジタル油田市場の展望
10.3.1.1.市場規模と予測
10.3.1.1.1.金額ベース
10.3.1.2.市場シェアと予測
10.3.1.2.1.プロセス別
10.3.1.2.2.技術別
10.3.2.アルゼンチンのデジタル油田市場の展望
10.3.2.1.市場規模・予測
10.3.2.1.1.金額ベース
10.3.2.2.市場シェアと予測
10.3.2.2.1.プロセス別
10.3.2.2.2.技術別
10.3.3.コロンビアのデジタル油田市場の展望
10.3.3.1.市場規模と予測
10.3.3.1.1.金額ベース
10.3.3.2.市場シェアと予測
10.3.3.2.1.プロセス別
10.3.3.2.2.技術別
11.中東・アフリカのデジタル油田市場の展望
11.1.市場規模と予測
11.1.1.金額ベース
11.2.市場シェアと予測
11.2.1.プロセス別
11.2.2.技術別
11.2.3.国別
11.3.中東・アフリカ国別分析
11.3.1.サウジアラビアのデジタル油田市場の展望
11.3.1.1.市場規模と予測
11.3.1.1.1.金額ベース
11.3.1.2.市場シェアと予測
11.3.1.2.1.プロセス別
11.3.1.2.2.技術別
11.3.2.南アフリカのデジタル油田市場の展望
11.3.2.1.市場規模と予測
11.3.2.1.1.金額ベース
11.3.2.2.市場シェアと予測
11.3.2.2.1.プロセス別
11.3.2.2.2.技術別
11.3.3.UAEデジタル油田市場の展望
11.3.3.1.市場規模・予測
11.3.3.1.1.金額ベース
11.3.3.2.市場シェアと予測
11.3.3.2.1.プロセス別
11.3.3.2.2.技術別
12.市場ダイナミクス
12.1.ドライバー
12.2.課題
13.市場動向
14.企業プロフィール
14.1.ベーカーヒューズ
14.1.1.事業概要
14.1.2.主な収益と財務
14.1.3.最近の動向
14.1.4.キーパーソン
14.1.5.主要製品/サービス
14.2.シーメンスAG
14.2.1.事業概要
14.2.2.主な収益と財務
14.2.3.最近の動向
14.2.4.キーパーソン
14.2.5.主要製品/サービス
14.3.シュルンベルジェ
14.3.1.事業概要
14.3.2.主な収益と財務
14.3.3.最近の動向
14.3.4.キーパーソン
14.3.5.主要製品/サービス
14.4.ハリバートン・エナジー・サービス
14.4.1.事業概要
14.4.2.主な収益と財務
14.4.3.最近の動向
14.4.4.キーパーソン
14.4.5.主要製品/サービス
14.5.ハネウェル・インターナショナル
14.5.1.事業概要
14.5.2.主な収益と財務
14.5.3.最近の動向
14.5.4.キーパーソン
14.5.5.主要製品/サービス
14.6.ロックウェル・オートメーション
14.6.1.事業概要
14.6.2.主な収益と財務
14.6.3.最近の動向
14.6.4.キーパーソン
14.6.5.主要製品/サービス
14.7.アクセンチュアPLC
14.7.1.事業概要
14.7.2.主な収益と財務
14.7.3.最近の動向
14.7.4.キーパーソン
14.7.5.主要製品/サービス
14.8.インターナショナル・ビジネス・マシーンズ(IBM)コーポレーション
14.8.1.事業概要
14.8.2.主な収益と財務
14.8.3.最近の動向
14.8.4.キーパーソン
14.8.5.主要製品/サービス
14.9.ウェザーフォード・インターナショナル PLC
14.9.1.事業概要
14.9.2.主な収益と財務
14.9.3.最近の動向
14.9.4.キーパーソン
14.9.5.主要製品/サービス
14.10.シノペック油田サービス株式会社
14.10.1.事業概要
14.10.2.主な収入と財務
14.10.3.最近の動向
14.10.4.キーパーソン
14.10.5.主要製品/サービス
15.戦略的提言
16. About Us & Disclaimer
(Note: The companies list can be customized based on the client requirements.)\",,,,,,,4900,シングルユーザライセンス,5900,マルチユーザーライセンス,8900,エンタープライズライセンス,,,,翻訳不要

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Digital Oilfield Market is expected to grow at a robust pace in the forecast period 2024-2028 owing to rapidly expanding demand for oil, gas, and other petroleum products from rising economies having a favorable impact on the market's expansion would increase efforts to reduce production costs. It is anticipated that the exploration of high potential conventional and unconventional deposits in various formations would accelerate industry expansion thus driving the market growth of Global Digital Oilfield Market.
Digital Oilfield enables oil and fuel agencies and oilfield carrier providers to remotely detect and control essential activities at production centers. These technologies aim to enhance productiveness and performance in exploration and production (E&P) through minimizing gadget downtime and improving hydrocarbon healing which is especially important in present scenario where oil and fuel manufacturers are seeking to streamline their charges to get over the Covid-led power demand shock. Digital Oilfield assists in lessening the want for the physical deployment of employees on website online, thereby improving worker protection.
Digital Oilfield technology has gained momentum with the arrival of the Internet of Things (IoT). They use artificial intelligence(AI), predictive analytics, and visualization tools to generate statistics-pushed insights in real time to hurry up choice-making approaches. The adoption is particularly noticeable in more recent tasks that use the cutting-edge technologies and system to extract hydrocarbons. Companies are trying to automate as many methods as viable to mitigate operational risks in addition to hard work risks, doubtlessly main to cost savings in the long time.
The Digital Oilfield aggressive landscape is essentially ruled by oilfield provider carriers and commercial gadget makers that offer virtual solutions and offerings to cope with complicated enterprise problems. Having a virtual oilfield may assist oil and gas corporations transition into greener practices. For instance, artificial intelligence and predictive analytics can assist groups, decrease damage by way of identifying oil spills earlier or when they happen. Through making an investment in virtual oil area era, oil and gas operators can automate upkeep and manage device greater efficaciously at the same time as persevering with to innovate. Digital Oilfields can redefine oil and fuel via growing comfy, interconnected networks. This may pave the manner for better gasoline performance and delivered price for oil and fuel providers.
Real-time connectivity and machine-to-machine interfaces for remote oil sands facilities enable centralized experts to troubleshoot and monitor daily operations, increasing utilization. Ongoing industry collaboration between digital oilfield technology providers and IT service providers would improve the use of IoT devices in monitoring reservoirs, smart wells and drilling sites. This is expected to efficiently collect real-time data and optimize the performance of operations from upstream to downstream sectors. This could lead to the introduction of digital oilfields in the coming years. The availability of advanced solutions such as reservoir supervisory control and reservoir characterization along with advanced equipment such as actuators, smart alarms, and sensors is expected to spur the Global Digital Oilfield Market.
Effective use of Equipment
Oil and gas equipment is often left on site for days or weeks. This puts the device at risk of being misused, misplaced, or stolen. Manually searching for machines, tools, or other equipment wastes time and money. Workers are driving from site to site, burning fuel, working long hours and putting high priority work on hold. Enabled by robust long-range connectivity, IoT sensors enable organizations to track and locate any device in real time. It can aggregate data at multiple remote locations to better coordinate resource usage across multiple locations, manage inventory, and improve efficiency in serving customers.
Digitalization in Oil & Gas Industry
Digitization is becoming more and more prominent, and digital technologies, further driven by real-time data, cloud computing, and the digital world, are transforming the oil and gas sector. The Digital Oilfield is designed to combine process management and digital technology to overhaul oil and gas systems and fully optimize the entire supply chain. Additionally, digital oilfield adoption is expected to help oil and gas companies move to greener practices. For example, artificial intelligence and predictive analytics can help detect oil spills after or before they occur, helping companies to minimize many types of damage. By investing in digital oilfield technology, oil and gas operators can automate maintenance and manage equipment more efficiently while driving innovation. Technology plays a key role in the growth of any business and helps organizations to improve the quality and speed of their work by supporting and improving their operations. Companies are using big data analytics techniques in their businesses to improve operations and improve plant performance. The global oil and gas automation market is undergoing a digital transformation due to disruptive technologies like artificial intelligence (AI) and the Internet of Things (IoT), which are enhancing productivity, sustainability, and safety. According to the Environmental Defense Fund (EDF), the oil and gas industry loses approximately USD34 billion annually to spills, vents, and burning methane. To control methane emissions, the digital transformation of methane management is expected to create huge opportunities for the digital oilfield market as well as not impacting the environment unlike previously.
Growing Demand for Productivity Efficiency to drive the Global Digital Oilfield Market
In the upcoming years, industry revenue will be boosted by the expanding activities to include effective production techniques and increase production yields from mature wells in various places. Through the use of statistical and analytical tools and software, digital oilfield techniques play a crucial role in the efficient planning, producing, and exploration of oil and gas wells. Thus, it is expected to drive the Global Digital Oilfield Market during the forecast period.
Latest Market Projects fueling the Global Digital Oilfield Market growth during the forecast period
• The announced joint venture (JV), Sensia, between oilfield services provider Schlumberger and industrial automation and information solutions supplier Rockwell Automation was completed in October 2019. Sensia is the oil and gas industry's first digitally enabled integrated automation solution. The joint venture shall leverage the extensive oil and gas expertise of Schlumberger and Rockwell Automation to meet the evolving needs of the oil and gas market. Sensia plans to achieve annual sales of $400 million and employ team of approximately 1,000 members serving customers in 80 countries. Global headquarters are in Houston, Texas. Sensia operates as an independent company. Rockwell Automation owns 53% interest in JV and Schlumberger owns 47% interest.
• In December 2021, Weatherford International plc announced that it has been awarded a three-year digital oilfield contract from Kuwait Oil Company (“KOC”). The deal is intended to support the company's digital transformation strategy and integrated enterprise excellence platform in the North Kuwait Heavy Oil Field. KOK that can be used anywhere. The award includes instrumentation, real-time monitoring, well production optimization and assurance to enable KOCs to optimize production and processing schedules. The range of projects supports KOC in performing heavy well analysis, model tuning, well design, asset optimization, monitoring and forecasting, and integration with various E&P applications. Weatherford would deploy KOC's integrated planning and optimization solutions from reservoirs to enterprise-level export facilities. Additionally, the integrated solution would enable KOC to maximize the value existing KwIDF system, while the Integrated Enterprise Excellence Platform would increase efficiency and support KPI tracking.
Market Segmentation
The Global Digital Oilfield Market is segmented based on process, technology, and region. Based on process, the market is bifurcated into drilling optimization, production optimization, reservoir optimization, and others. Based on technology, the market is bifurcated into Internet of Things, artificial intelligence, cloud computing, and others. Based on region, the market is bifurcated into North America, Europe, Asia-Pacific, South America, and Middle East & Africa.
Market players
The main market players in the Global Digital Oilfield Market are Baker Hughes Ltd., Siemens AG, Schlumberger Ltd, Halliburton Energy Services, Inc, Honeywell International Inc., Rockwell Automation, Inc., Accenture PLC, International Business Machines (IBM) Corporation, Weatherford International PLC, Sinopec Oilfield Service Corporation.
Report Scope:
In this report, Global Digital Oilfield Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
o Digital Oilfield Market, By Process:
o Drilling Optimization
o Production Optimization
o Reservoir Optimization
o Others
o Digital Oilfield Market, By Technology:
o Internet of Things
o Artificial Intelligence
o Cloud Computing
o Others
o Digital Oilfield Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Asia-Pacific
 India
 Japan
 South Korea
 Australia
 China
o Europe
 Germany
 United Kingdom
 France
 Italy
 Spain
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
o Middle East
 Saudi Arabia
 South Africa
 UAE
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Digital Oilfield Market.
Available Customizations:
Global Digital Oilfield Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
o Detailed analysis and profiling of additional market players (up to ten).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Service Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.3. Markets Covered
1.4. Years Considered for Study
1.5. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Baseline Methodology
2.2. Key Industry Partners
2.3. Major Association and Secondary Sources
2.4. Forecasting Methodology
2.5. Data Triangulation & Validation
2.6. Assumptions and Limitations
3. Impact of COVID-19 Global Digital Oilfield Market
4. Executive Summary
5. Voice of Customers
6. Global Digital Oilfield Market
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Process (Drilling Optimization, Production Optimization, Reservoir Optimization, and Others)
6.2.2. By Technology (Internet of Things, Artificial Intelligence, Cloud Computing & Others)
6.2.3. By Region
6.3. By Company
6.4. Market Map
7. North America Digital Oilfield Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Process
7.2.2. By Technology
7.2.3. By Country
7.3. North America: Country Analysis
7.3.1. United States Digital Oilfield Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Process
7.3.1.2.2. By Technology
7.3.2. Canada Digital Oilfield Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Process
7.3.2.2.2. By Technology
7.3.3. Mexico Digital Oilfield Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecast
7.3.3.2.1. By Process
7.3.3.2.2. By Technology
8. Asia-Pacific Digital Oilfield Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Process
8.2.2. By Technology
8.2.3. By Country
8.3. Asia-Pacific: Country Analysis
8.3.1. China Digital Oilfield Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Process
8.3.1.2.2. By Technology
8.3.2. India Digital Oilfield Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Process
8.3.2.2.2. By Technology
8.3.3. Japan Digital Oilfield Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Process
8.3.3.2.2. By Technology
8.3.4. South Korea Digital Oilfield Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Process
8.3.4.2.2. By Technology
8.3.5. Australia Digital Oilfield Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Process
8.3.5.2.2. By Technology
9. Europe Digital Oilfield Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Process
9.2.2. By Technology
9.2.3. By Country
9.3. Europe: Country Analysis
9.3.1. Germany Digital Oilfield Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Process
9.3.1.2.2. By Technology
9.3.2. United Kingdom Digital Oilfield Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Process
9.3.2.2.2. By Technology
9.3.3. France Digital Oilfield Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Process
9.3.3.2.2. By Technology
9.3.4. Spain Digital Oilfield Market Outlook
9.3.4.1. Market Size & Forecast
9.3.4.1.1. By Value
9.3.4.2. Market Share & Forecast
9.3.4.2.1. By Process
9.3.4.2.2. By Technology
9.3.5. Italy Digital Oilfield Market Outlook
9.3.5.1. Market Share & Forecast
9.3.5.1.1. By Value
9.3.5.2. Market Share & Forecast
9.3.5.2.1. By Process
9.3.5.2.2. By Technology
10. South America Digital Oilfield Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Process
10.2.2. By Technology
10.2.3. By Country
10.3. South America: Country Analysis
10.3.1. Brazil Digital Oilfield Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Process
10.3.1.2.2. By Technology
10.3.2. Argentina Digital Oilfield Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Process
10.3.2.2.2. By Technology
10.3.3. Colombia Digital Oilfield Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Process
10.3.3.2.2. By Technology
11. Middle East & Africa Digital Oilfield Market Outlook
11.1. Market Size & Forecast
11.1.1. By Value
11.2. Market Share & Forecast
11.2.1. By Process
11.2.2. By Technology
11.2.3. By Country
11.3. Middle East & Africa: Country Analysis
11.3.1. Saudi Arabia Digital Oilfield Market Outlook
11.3.1.1. Market Size & Forecast
11.3.1.1.1. By Value
11.3.1.2. Market Share & Forecast
11.3.1.2.1. By Process
11.3.1.2.2. By Technology
11.3.2. South Africa Digital Oilfield Market Outlook
11.3.2.1. Market Size & Forecast
11.3.2.1.1. By Value
11.3.2.2. Market Share & Forecast
11.3.2.2.1. By Process
11.3.2.2.2. By Technology
11.3.3. UAE Digital Oilfield Market Outlook
11.3.3.1. Market Size & Forecast
11.3.3.1.1. By Value
11.3.3.2. Market Share & Forecast
11.3.3.2.1. By Process
11.3.3.2.2. By Technology
12. Market Dynamics
12.1. Drivers
12.2. Challenges
13. Market Trends & Developments
14. Company Profiles
14.1. Baker Hughes Ltd.
14.1.1. Business Overview
14.1.2. Key Revenue and Financials
14.1.3. Recent Developments
14.1.4. Key Personnel
14.1.5. Key Product/Services
14.2. Siemens AG
14.2.1. Business Overview
14.2.2. Key Revenue and Financials
14.2.3. Recent Developments
14.2.4. Key Personnel
14.2.5. Key Product/Services
14.3. Schlumberger Ltd
14.3.1. Business Overview
14.3.2. Key Revenue and Financials
14.3.3. Recent Developments
14.3.4. Key Personnel
14.3.5. Key Product/Services
14.4. Halliburton Energy Services, Inc
14.4.1. Business Overview
14.4.2. Key Revenue and Financials
14.4.3. Recent Developments
14.4.4. Key Personnel
14.4.5. Key Product/Services
14.5. Honeywell International Inc.
14.5.1. Business Overview
14.5.2. Key Revenue and Financials
14.5.3. Recent Developments
14.5.4. Key Personnel
14.5.5. Key Product/Services
14.6. Rockwell Automation, Inc.
14.6.1. Business Overview
14.6.2. Key Revenue and Financials
14.6.3. Recent Developments
14.6.4. Key Personnel
14.6.5. Key Product/Services
14.7. Accenture PLC
14.7.1. Business Overview
14.7.2. Key Revenue and Financials
14.7.3. Recent Developments
14.7.4. Key Personnel
14.7.5. Key Product/Services
14.8. International Business Machines (IBM) Corporation
14.8.1. Business Overview
14.8.2. Key Revenue and Financials
14.8.3. Recent Developments
14.8.4. Key Personnel
14.8.5. Key Product/Services
14.9. Weatherford International PLC
14.9.1. Business Overview
14.9.2. Key Revenue and Financials
14.9.3. Recent Developments
14.9.4. Key Personnel
14.9.5. Key Product/Services
14.10. Sinopec Oilfield Service Corporation
14.10.1. Business Overview
14.10.2. Key Revenue and Financials
14.10.3. Recent Developments
14.10.4. Key Personnel
14.10.5. Key Product/Services
15. Strategic Recommendations
16. About Us & Disclaimer
(Note: The companies list can be customized based on the client requirements.)\",,,,,,,4900,シングルユーザライセンス,5900,マルチユーザーライセンス,8900,エンタープライズライセンス,,,,翻訳不要

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る