世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

カナダの温室市場:タイプ別(プラスチック温室、ガラス温室)、作物タイプ別(果物・野菜、花卉)、設備別(暖房システム、冷却システム)、地域別、競争、予測、機会、2028年


Canada Greenhouse Market By Type (Plastic Greenhouse, Glass Greenhouse), By Crop Type (Fruits & Vegetable, Flowers & Ornamentals), By Equipment (Heating Systems, Cooling Systems), By Region, Competition, Forecast and Opportunity, 2028

カナダの温室市場は、有機食品、地元産作物、持続可能な農業製品、技術の進歩、温室栽培をより効率的で費用対効果の高いものにするための政府支援に対する需要の高まりにより、2028年まで大きく成長すると予測さ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
88 英語

 

サマリー

カナダの温室市場は、有機食品、地元産作物、持続可能な農業製品、技術の進歩、温室栽培をより効率的で費用対効果の高いものにするための政府支援に対する需要の高まりにより、2028年まで大きく成長すると予測されている。政府の報告によると、カナダの農業食品システムはカナダの国内総生産(GDP)に1,349億米ドル貢献しており、これはカナダのGDPの約6.8%にあたる。
温室市場は、温室のような管理された環境での植物栽培に使用される構造、設備、消耗品の市場である。市場には、温室構造、冷暖房システム、照明システム、灌漑システム、栽培用培地などの製品が含まれる。温室栽培のニーズは、いくつかの要因によって高まっている。主な要因のひとつは、新鮮で地元産の農産物に対する需要の増加である。温室栽培は、果物や野菜の通年生産を可能にし、季節に関係なく消費者に新鮮な農産物を提供することを可能にする。
カナダの温室市場を牽引しているもうひとつの要因は、持続可能な農業プロセスの採用ニーズである。カナダでは、農場面積が約6,220万ヘクタールで、カナダの国土の6.3%を占めている。温室栽培は、水や肥料などの資源をより効率的に利用し、無駄を省いて作物の収量を向上させる。さらに、温室栽培は農薬や除草剤の必要性を減らすことで、農業が環境に与える影響を軽減することができる。
さらに、温室市場は、温室栽培をより効率的で費用対効果の高いものにした技術の進歩によって牽引されている。例えば、高度な照明システムは、植物が成長するのに必要な光のスペクトルを正確に提供することができ、センサーや自動化システムは、栽培条件の監視と制御に役立つ。したがって、上記のすべての要因は、予想される期間にカナダの温室市場の需要を促進すると予想される。
温室栽培の利点に対する認識の高まりが市場需要を牽引
保護栽培としても知られる温室栽培は、制御された環境での効率的な栽培方法を提供するため、近年大きな人気を集めている。カナダでは、新鮮な農産物に対する需要の増加と、効率的な農業のための革新的な技術の採用により、温室栽培市場が急速に成長している。2019年、温室を通して栽培される野菜と果物は16億米ドルに達し、過去6年間で連続的に成長している。
温室栽培は、植物の成長を最適化するために環境を制御できる保護された環境で作物を栽培する慣行である。カナダでは、厳しい気象条件のため、一年中作物を栽培することは困難であり、温室栽培の役割はカナダから来ている。保護された環境で作物を栽培することで、農家は温度、湿度、光など植物の生育に影響する要因をコントロールすることができ、その結果、収量が増え、品質の良い農産物ができる。
農薬や除草剤の使用を減らせることも、温室栽培の大きな利点のひとつだ。環境が制御されているため、農家は自然な方法で病害虫を防除することができ、環境と消費者の双方にとって有益である。このため、従来の農業が環境や健康に与える影響を消費者が意識するようになり、ハウス栽培の農産物の需要が高まっている。
温室栽培のもうひとつの利点は、水やその他の資源を効率的に利用できることだ。保護された環境では、水は再利用され、肥料は注意深く管理される。カナダの多くの地域で水不足が懸念されるようになり、これは極めて重要な要素となっている。
また、地元産の農産物に対する需要の高まりも、カナダの温室市場の成長に寄与している。カナダでは、全国に838以上の温室野菜農場がある。水耕栽培、垂直農法、LED照明などの革新的な技術の採用により、温室栽培はより効率的でコスト効率の高いものとなっている。これらの技術により、農家はより小さなスペースで作物を栽培し、より少ない資源で、より高い収量を達成することができる。その結果、カナダの温室市場は、投資家、起業家、農家にとってますます魅力的になっている。そのため、原材料の入手が容易であることから、予測期間中にカナダの温室市場の需要が促進されることが期待される。
政府の支援政策が市場成長を促進
政府の支援政策は、カナダ温室市場の成長を促進する要因である。カナダ政府は、温室の使用を含む持続可能な農業を促進する政策の実施に積極的である。例えば、カナダ政府は温室技術への投資を希望する農家に資金援助を行っている。この資金援助は、温室産業の二酸化炭素排出量を削減する、エネルギー効率の高い技術の使用を促進することを目的としている。この支援により、より多くの農家が温室栽培に投資し、事業を拡大することが可能となり、業界の成長に貢献している。例えば、2022年9月、カナダ農業・農産物食品省大臣は、シックスリング社を支援するために140万ドル以上を投資すると発表した。この資金援助により、同社は農業廃棄物を再生可能燃料や持続可能な先端材料に変換する低エネルギー・バイオマス変換プロセスの規模を拡大することができる。
さらに、カナダ政府は持続可能な農業を促進するための規制を実施している。これらの規制には、農薬の使用、水の保全、廃棄物管理に関するガイドラインが含まれる。こうした規制を実施することで、政府は温室栽培を含む持続可能な農業に適した環境を作り出している。
さらにカナダ政府は、研究開発を通じて温室産業を積極的に推進してきた。政府は、温室経営の効率と持続可能性の向上を目的とした研究プロジェクトに資金を提供してきた。このような支援により、農家は新しい技術や農法を導入し、生産性や収益性の向上につながった。例えば、カナダ政府は2022年に870万米ドル以上を投資することで、カナダの農家が温室効果ガスを削減するためのクリーン技術を導入できるよう支援している。この投資を通じて、カナダ政府は農業クリーン技術(ACT)プログラムの下で28の追加プロジェクトを発表した。
政府の支援政策により、カナダ温室市場の国内成長が促進され、業界の輸出にも好影響を与えている。例えば、カナダ自由貿易協定(CFTA)は、他のCFTA加盟国へ輸出される温室製品の関税を撤廃した。これにより、カナダの温室製品は国際市場で競争力を増し、需要と輸出の増加につながった。
カナダ政府は、環太平洋パートナーシップ包括的および先進的協定(CPTPP)やカナダ・欧州連合包括的経済貿易協定(CETA)などの貿易協定を他国と結んでいる。これらの協定は、カナダの温室栽培農家に新たな市場へのアクセスと成長の機会を提供してきた。したがって、カナダ政府によるこのような取り組みは、予測期間におけるカナダ温室市場の成長を促進すると期待されている。
カナダ温室市場の成長を牽引する技術進歩
カナダの温室市場は、温室栽培の技術的進歩が大きな原動力となって大きな成長を遂げている。これらの進歩は、温室経営の効率性、生産性、持続可能性を向上させ、経済的に実行可能で環境に優しいものにしている。
温室栽培における大きな技術進歩のひとつは、コンピューター制御の気候システムの開発である。これらのシステムは、センサーとアルゴリズムを用いて、温室内の温度、湿度、その他の環境要因を監視・調整する。これにより、農家は作物に最適な生育条件を作り出すことができ、収量の増加、作物の品質向上、エネルギーコストの削減につながる。
エネルギー効率の高い照明システムの進歩も、市場成長を促進する主要な技術進歩である。これらの照明システムは、LED技術と特殊な波長を使用し、エネルギー消費を抑えながら植物の成長に最適な照明を提供する。これは、エネルギー・コストの削減と温室効果ガス排出量の削減に役立つ。
照明システムに加え、灌漑技術の進歩も温室栽培に大きな影響を与えた。高度な灌漑システムは、精密な散水技術とスマートセンサーを使い、最大限の効率で水と養分を植物に供給することで、水の使用量を減らし、植物の成長を向上させる。
温室用被覆資材は技術的に大きく進歩し、断熱性、光透過性、UV保護に優れたハイテク被覆資材が登場している。これらの被覆は、植物の成長に安定した環境を作り出し、エネルギー集約型の冷暖房システムの必要性を減らすのに役立っている。
ロボット工学と自動化システムは、カナダ温室市場の成長において重要な役割を果たしている。これらのシステムは、植え付け、収穫、剪定などの作業を自動化し、人件費を削減し、生産性を向上させることができる。さらに、スマートセンサーやデータ分析ツールは、温室栽培農家がリアルタイムで作業を監視・管理するのに役立っている。このデータは、栽培条件の最適化、無駄の削減、作物の品質向上に利用でき、収益性の向上につながる。
新技術の採用により、温室栽培農家は高価値の特殊作物など幅広い作物を生産し、栽培期間を延長できるようになり、収益性の向上につながる。さらに、こうした進歩は温室栽培をより持続可能で環境に優しいものにし、業界が環境に与える影響を軽減している。
市場区分
カナダの温室市場は、タイプ、作物タイプ、設備、地域によって区分される。タイプ別では、プラスチック温室とガラス温室に分類される。作物タイプ別では、市場は果物・野菜と花卉に分類される。設備に基づき、市場は暖房システムと冷房システムに製造される。地域別では、市場はオンタリオ、ケベック、西部、ブリティッシュ・コロンビア、アトランティック・カナダ、北部に区分される。
企業プロフィール
Canada Greenhouse Kits.ca、Sun Parlour Greenhouse Co.、BC Greenhouse Builders Ltd.、Harnois Industries Inc.、Westbrook Greenhouse Systems Ltd.、Planta Greenhouse Inc.、Greenhouse Style Corporation、Agriculture Solutions LLC、Atlas Manufacturing, Inc.などがカナダ温室市場の主要企業である。
レポートの範囲
本レポートでは、カナダ温室市場を以下のカテゴリに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- カナダの温室市場:タイプ別
o プラスチック温室
o ガラス温室
- カナダの温室市場:作物タイプ別
o 果物・野菜
o 花卉
- カナダの温室市場:設備別
o 暖房システム
o 冷却システム
- カナダの温室市場:地域別
o オンタリオ州
o ケベック
o 西部
ブリティッシュ・コロンビア
o アトランティック・カナダ
o 北部
競合状況
企業プロフィール:カナダ温室市場の主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ:
TechSci Research社は、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
4.1. Brand Awareness
4.2. Demand, By Application
5. Canada Horticulture Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value & Volume
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Plastic Greenhouse, Glass Greenhouse)
5.2.2. By Crop Type (Fruits & Vegetable, Flowers & Ornamentals)
5.2.3. By Equipment (Heating Systems, Cooling Systems)
5.2.4. By Region (Ontario, Quebec, The West, British Columbia, Atlantic Canada, The North)
5.2.5. By Company (2022)
5.3. Product Market Map
6. Plastic Greenhouse Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By Crop Type
6.2.3. By Equipment
7. Glass Greenhouse Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Crop Type
7.2.3. By Equipment
8. Market Dynamics
8.1. Drivers
8.2. Challenges
9. Market Trends & Developments
9.1. Research & Development
9.2. Product launch
9.3. Merger & Acquisition
10. Canada Horticulture Market: SWOT Analysis
11. Porter’s Five Forces Analysis
11.1. Competition in the Industry
11.2. Potential of New Entrants
11.3. Power of Suppliers
11.4. Power of Customers
11.5. Threat of Substitute Products
12. Competitive Landscape
12.1. Business Overview
12.2. Product Offerings
12.3. Recent Developments
12.4. Financials (In Case of Listed Companies)
12.5. Key Personnel
12.5.1. Canada Greenhouse Kits.ca
12.5.2. Sun Parlour Greenhouse Co.
12.5.3. BC Greenhouse Builders Ltd
12.5.4. Harnois Industries Inc
12.5.5. Westbrook Greenhouse Systems Ltd.
12.5.6. Planta Greenhouses Inc.
12.5.7. Greenhouse Style Corporation
12.5.8. Agriculture Solutions LLC
12.5.9. Atlas Manufacturing, Inc.
13. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Canada greenhouse market is anticipated to grow significantly through 2028, due to the growing demand for organic food, locally grown crops, sustainable agriculture products, technological advancements, and government support to make greenhouse cultivation more efficient and cost-effective. As per government reports, Canada's agri-food system contributes USD 134.9 Billion to Canada's gross domestic product (GDP) which is around 6.8 % of GDP in Canada.
The greenhouse market is the market for structures, equipment, and supplies used in the cultivation of plants in controlled environments, such as greenhouses. The market includes products such as greenhouse structures, heating and cooling systems, lighting systems, irrigation systems, and growing media. There is a growing need for greenhouse cultivation due to several factors. One of the primary drivers is, the increasing demand for fresh and locally-grown produce. Greenhouse cultivation allows for year-round production of fruits and vegetables, making it possible to provide fresh produce to consumers regardless of the season.
Another factor driving the greenhouse market in Canada is the need for the adoption of sustainable agriculture processes. In Canada, the farms cover almost 62.2 million hectares which is 6.3% of Canada's land area. Greenhouse cultivation allows for more efficient use of resources such as water and fertilizer, reducing waste and improving crop yields. Additionally, greenhouse cultivation can help reduce the environmental impact of agriculture by reducing the need for pesticides and herbicides.
Moreover, the greenhouse market is being driven by advances in technology, which have made greenhouse cultivation more efficient and cost-effective. For example, advanced lighting systems can provide plants with the exact spectrum of light they need to grow, while sensors and automation systems can help monitor and control growing conditions. Therefore, all the above-mentioned factors are expected to drive the demand of the Canada greenhouse market in the anticipated period.
Growing Awareness of the Benefits of Greenhouse Cultivation Driving the Market Demand
Greenhouse cultivation, also known as protected cultivation, has been gaining significant popularity in recent years as it provides an efficient way of farming in a controlled environment. In Canada, the greenhouse market is rapidly growing, with an increasing demand for fresh produce and the adoption of innovative technologies for efficient farming. In 2019, the vegetables and fruits cultivated through greenhouses amounted to USD 1.6 Billion which is growing consecutively over the last six years.
Greenhouse cultivation is the practice of growing crops in a protected environment, where the environment can be controlled to optimize plant growth. In Canada, the harsh weather conditions make it challenging to grow crops all year round, and here, the role of greenhouse cultivation comes from Canada. By growing crops in a protected environment, farmers can control temperature, humidity, light, and other factors that affect plant growth, resulting in higher yields and better-quality produce.
The reduced use of pesticides and herbicides is one of the significant benefits of greenhouse cultivation. As the environment is controlled, farmers can use natural methods to control pests and diseases, which is beneficial for both the environment and consumers. This has led to an increased demand for greenhouse-grown produce as consumers become more conscious of the impact of conventional farming on the environment and their health.
Another advantage of greenhouse cultivation is the efficient use of water and other resources. In a protected environment, water is recycled, and fertilizers are carefully managed, resulting in less wastage and more sustainable farming practices. This has become a crucial factor as water scarcity becomes a growing concern in many regions of Canada.
Also, the rising demand for locally grown produce has contributed to the growth of the greenhouse market in Canada. In Canada, there are over 838 greenhouse vegetable farms across the country. The adoption of innovative technologies such as hydroponics, vertical farming, and LED lighting has made greenhouse cultivation more efficient and cost-effective. These technologies enable farmers to grow crops in smaller spaces, using fewer resources and achieving higher yields. As a result, the greenhouse market in Canada is becoming increasingly attractive to investors, entrepreneurs, and farmers alike. Therefore, the easy availability of raw materials is expected to propel the demand of the Canada greenhouse market in the forecasted period.
Supportive Government Policies Propels the Market Growth
The supportive government policies are indeed a factor that propels the Canada greenhouse market growth. The Canadian government has been proactive in implementing policies that promote sustainable agriculture, including the use of greenhouses. For instance, the Canadian government has provided financial assistance to farmers who want to invest in greenhouse technology. The funding is aimed at promoting the use of energy-efficient technology, which reduces the carbon footprint of the greenhouse industry. This support has enabled more farmers to invest in greenhouse farming and expand their operations, contributing to the growth of the industry. Such as, in September 2022 Minister of Agriculture and Agri-Food, Canada announced to invest more than $1.4 million to support SixRing Inc. Through this funding the company can scale up the low-energy biomass conversion process that converts agricultural waste into renewable fuels and sustainable advanced materials.
Additionally, the Canadian government has implemented regulations to promote sustainable agriculture. These regulations include guidelines on pesticide use, water conservation, and waste management. By implementing such regulations, the government has created an environment that is conducive to sustainable agriculture, which includes greenhouse farming.
Moreover, the government of Canada has been actively promoting the greenhouse industry through research and development. The government has funded research projects aimed at improving the efficiency and sustainability of greenhouse operations. This support has helped farmers to adopt new technologies and farming practices that have led to improved productivity and profitability. Such as, the Government of Canada is helping farmers in Canada to adopt clean technologies to reduce greenhouse gas by investing more than USD 8.7 million in 2022. Through this investment, they announced 28 additional projects under the Agricultural Clean Technology (ACT) Program.
Supportive government policies have propelled the growth of the Canada greenhouse market domestically with a positive impact on the industry's exports. The Canadian government has implemented various policies aimed at promoting international trade and expanding the country's export market, such as the Canada Free Trade Agreement (CFTA), which has eliminated tariffs on greenhouse products exported to other CFTA member countries. This has made Canadian greenhouse products more competitive in the international market, leading to increased demand and exports.
The Canadian government has established trade agreements with other countries, such as the Comprehensive and Progressive Agreement for Trans-Pacific Partnership (CPTPP) and the Canada-European Union Comprehensive Economic and Trade Agreement (CETA). These agreements have provided Canadian greenhouse farmers with access to new markets and opportunities for growth. Hence, such efforts by the Canadian government are expected to propel the Canada greenhouse market growth in the forecasted period.
Technological advancementto Drive the Canada Greenhouse Market Growth
Canada greenhouse market has experienced significant growth, driven in large part by technological advancements in greenhouse farming. These advancements have improved the efficiency, productivity, and sustainability of greenhouse operations, making them more economically viable and environmentally friendly.
One of the major significant technological advancements in greenhouse farming is the development of computer-controlled climate systems. These systems use sensors and algorithms to monitor and regulate temperature, humidity, and other environmental factors in the greenhouse. This allows farmers to create optimal growing conditions for their crops, which can lead to higher yields, improved crop quality, and reduced energy costs.
Advancement in energy-efficient lighting systems is another major technological advancement driving market growth. These lighting systems use LED technology and specialized wavelengths to provide optimal lighting for plant growth while reducing energy consumption. This helps to lower energy costs and reduce greenhouse gas emissions.
In addition to lighting systems, advances in irrigation technology had a significant impact on greenhouse farming. Advanced irrigation systems use precision watering techniques and smart sensors to deliver water and nutrients to plants with maximum efficiency, reducing water usage and improving plant growth.
Greenhouse coverings have seen significant technological advancements, with high-tech coverings that offer better insulation, light transmission, and UV protection. These coverings help to create a stable environment for plant growth and reduce the need for energy-intensive heating and cooling systems.
Robotics and automation systems have played a significant role in the growth of Canada greenhouse market. These systems can automate tasks such as planting, harvesting, pruning, reducing labor costs, and improving productivity. Moreover, smart sensors and data analytics tools are helping greenhouse farmers to monitor and manage their operations in real time. This data can be used to optimize growing conditions, reduce waste, and improve crop quality, leading to increased profitability.
The adoption of new technologies is enabling greenhouse farmers to produce a wider range of crops, such as high-value specialty crops, and extend the growing season, which can lead to increased profitability. Furthermore, these advancements are making greenhouse farming more sustainable and environment friendly, reducing the industry's impact on the environment.
Market Segmentation
Canada greenhouse market is segmented based on type, crop type, equipment, and region. Based on type, the market is categorized into plastic greenhouses and glass greenhouses. Based on the crop type, the market is categorized into fruits & vegetables and flowers & ornamentals. Based on equipment, the market is fabricated into heating systems and cooling systems. Based on region, the market is segmented into Ontario, Quebec, the West, British Columbia, Atlantic Canada, and the North.
Company Profiles
Canada Greenhouse Kits.ca, Sun Parlour Greenhouse Co., BC Greenhouse Builders Ltd, Harnois Industries Inc, Westbrook Greenhouse Systems Ltd., Planta Greenhouse Inc., Greenhouse Style Corporation, Agriculture Solutions LLC, and Atlas Manufacturing, Inc. are some of the key players of Canada Greenhouse market.
Report Scope:
In this report, Canada Greenhouse Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends, which have also been detailed below:
• Canada Greenhouse Market, By Type:
o Plastic Greenhouse
o Glass Greenhouse
• Canada Greenhouse Market, By Crop Type:
o Fruits & Vegetable
o Flowers & Ornamentals
• Canada Greenhouse Market, By Equipment:
o Heating Systems
o Cooling Systems
• Canada Greenhouse Market, By Region:
o Ontario
o Quebec
o The West
o British Columbia
o Atlantic Canada
o The North
Competitive landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies in Canada Greenhouse market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
1.1. Market Definition
1.2. Scope of the Market
1.2.1. Markets Covered
1.2.2. Years Considered for Study
1.2.3. Key Market Segmentations
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Overview of the Market
3.2. Overview of Key Market Segmentations
3.3. Overview of Key Market Players
3.4. Overview of Key Regions/Countries
3.5. Overview of Market Drivers, Challenges, Trends
4. Voice of Customer
4.1. Brand Awareness
4.2. Demand, By Application
5. Canada Horticulture Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value & Volume
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type (Plastic Greenhouse, Glass Greenhouse)
5.2.2. By Crop Type (Fruits & Vegetable, Flowers & Ornamentals)
5.2.3. By Equipment (Heating Systems, Cooling Systems)
5.2.4. By Region (Ontario, Quebec, The West, British Columbia, Atlantic Canada, The North)
5.2.5. By Company (2022)
5.3. Product Market Map
6. Plastic Greenhouse Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type
6.2.2. By Crop Type
6.2.3. By Equipment
7. Glass Greenhouse Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type
7.2.2. By Crop Type
7.2.3. By Equipment
8. Market Dynamics
8.1. Drivers
8.2. Challenges
9. Market Trends & Developments
9.1. Research & Development
9.2. Product launch
9.3. Merger & Acquisition
10. Canada Horticulture Market: SWOT Analysis
11. Porter’s Five Forces Analysis
11.1. Competition in the Industry
11.2. Potential of New Entrants
11.3. Power of Suppliers
11.4. Power of Customers
11.5. Threat of Substitute Products
12. Competitive Landscape
12.1. Business Overview
12.2. Product Offerings
12.3. Recent Developments
12.4. Financials (In Case of Listed Companies)
12.5. Key Personnel
12.5.1. Canada Greenhouse Kits.ca
12.5.2. Sun Parlour Greenhouse Co.
12.5.3. BC Greenhouse Builders Ltd
12.5.4. Harnois Industries Inc
12.5.5. Westbrook Greenhouse Systems Ltd.
12.5.6. Planta Greenhouses Inc.
12.5.7. Greenhouse Style Corporation
12.5.8. Agriculture Solutions LLC
12.5.9. Atlas Manufacturing, Inc.
13. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(農業)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る