世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インド石膏プラスター市場:用途別(赤レンガ、コンクリートブロック、RCC表面、その他)、包装サイズ別(10キロ未満、10~20キロ、21~25キロ、25キロ以上)、エンドユーザー産業別(住宅、オフィス、小売、工業、学校、インフラ、ホスピタリティ、病院)、地域別、競争予測・機会、2027年


India Gypsum Plaster Market, By Application (Red Bricks, Concrete Blocks, RCC Surface, Others), By Packaging Size (Less than 10 Kg, 10-20 Kg, 21-25 Kg, Above 25 Kg), By End User Industry (Residential, Offices, Retail, Industrial, Schools, Infrastructure, Hospitality, Hospitals), By Region, Competition Forecast & Opportunities, 2027

インドの石膏プラスター市場は、2021年にはINR462.86クローネでしたが、2027年にはCAGR6.13%で成長し、INR677.36クローネに達すると予測されています。インドでは、一人当たりの所得が増加し、多くの人が家の中、... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2021年11月11日 US$3,500
シングルユーザライセンス(印刷不可)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
136 英語

 

サマリー

インドの石膏プラスター市場は、2021年にはINR462.86クローネでしたが、2027年にはCAGR6.13%で成長し、INR677.36クローネに達すると予測されています。インドでは、一人当たりの所得が増加し、多くの人が家の中、特に壁の美化に取り組んでいることが、市場の成長を予測する要因となっています。また、建設プロジェクトに伴い、石膏プラスターの需要も一貫して増加しています。また、インド政府は、観光地や政府機関の建物を石膏で装飾する取り組みを行っています。これは、石膏がテクスチャーデザインに適した選択肢の一つであり、強度が高く、壁への浸透性が高いためです。さらに、都市化の進展に伴い、地方都市からデリーやバンガロールなどの大都市へのシフトが進んでいます。また、都市化の進展に伴い、地方都市からデリーやバンガロールなどの大都市へのシフトが進んでおり、人口を包み込むような近代化が求められる家庭部門での石膏プラスターの需要が高まっています。

石膏プラスターは、石膏の鉱物を脱水し、特殊な遅延剤や硬化剤を用いて製造される白色のセメント材料である。石膏プラスターは、中実ブロック、中空ブロック、AACブロック、石膏ボード、コンクリートなどの上に直接塗布して、滑らかな表面を形成することができる。断熱性、耐火性、耐衝撃性に優れています。

市場はエンドユーザー産業に基づいて、住宅、オフィス、小売、産業、学校、インフラ、ホスピタリティ、病院に分類されます。インドでは、住宅部門が石膏プラスターの需要を最も生み出しているエンドユーザーです。2021年のインド石膏市場では、住宅部門が27.04%のシェアを占めています。インドでは、「Housing for All(万人のための住宅)」、「Smart Cities Mission(スマートシティ・ミッション)」、「グリーンフィールド・プロジェクト」、「ブラウンフィールド・プロジェクト」、「Real Estate Regulation and Development Act 2016(不動産規制・開発法)」などの政府の政策や取り組みが、石膏の需要を押し上げる主な要因となっています。

パッケージサイズに基づいて、市場は10キロ未満、10~20キロ、21~25キロ、25キロ以上に分けられます。21-25kgおよび25kg以上の包装サイズの消費量は、壁や天井の仕上げ用として他のセグメントよりも大幅に多くなっています。21~25kg & 25kg以上のパッケージサイズは、インド石膏プラスター市場において支配的なパッケージサイズであり、2021年の累積シェアは約71%となっています。さらに、高強度の耐久性、入手のしやすさ、表面のクラックがないなどの特性により、住宅・商業部門からの石膏プラスターの需要が高まっています。

地域別に見ると、2021年のインド石膏プラスター市場では、南インドが31.18%のシェアを占めており、同地域での石膏プラスターの使用が増加していることが要因となっています。さらに、南インドは不動産業界でもその勢いを維持しており、住宅購入者やNRIにとって国内で最も人気のある目的地の1つとして強化・構築されています。さらに、バンガロール、チェンナイ、ハイデラバードなどの都市は、今や世界の不動産地図の一部となっており、そのため、南インドでは住宅プロジェクトが増加しています。

インド石膏プラスター市場に参入している主な企業は、Sakarni Plaster (India) Private Limited、Saint-Gobain Gyproc India Ltd.、J.K. Lakshmi Cement Ltd.、Walplast Products Pvt.Ltd.、DCM Shriram Ltd. (Shriram Cement Works)などがあります。(Shriram Cement Works)、Kaya Maya Industries (Trimurti Wall Care Products Pvt Ltd)、TMC Gypsum India Ltd.、Birla White、USG Boral、VV Paiint、VANS Gypsum Pvt.Ltd.td.などが挙げられる。
このレポートで検討した年数
ヒストリカルイヤー:2017年~2020年
ベースイヤー: 2021
推定年: 2022E
予測期間: 2023F-2027F
本調査の目的
- 本調査の主な目的は、インド石膏プラスター市場を、用途別(赤レンガ、コンクリートブロック、RCC表面、その他)、包装サイズ別(10Kg未満、10~20Kg、21~25Kg、25Kg以上)、エンドユーザー産業別(住宅、オフィス、小売、産業、学校、インフラ、ホスピタリティ、病院)、地域別に、2017年~2027年の期間で理解し、知見を得ることです。
- 2017年から2021年までのインド石膏プラスター市場の市場規模の過去の成長を分析するため。
- 2022年から2027年までのインド石膏プラスター市場の市場規模と2027年までの成長率を推定・予測すること。
- インド石膏プラスター市場に影響を与える主要な要因の詳細情報を特定すること。
- インド石膏プラスター市場の競合価格、市場平均販売価格、マージンを評価すること。
- インド石膏プラスター市場における新規参入者、政府の政策、投資などの競争力のある動向を調査すること。
- インド石膏プラスター市場に参入している主要企業を戦略的に紹介する。
インド石膏製品市場を分析・予測するために、トップダウンアプローチとボトムアップアプローチの両方を用いた。主要企業の複数の従業員に電話インタビューを行い、収集した情報の検証を行っています。また、インド石膏プラスター市場で活動している主要企業の簡単な調査も実施しました。データを抽出するために、業界の主要プレーヤーやステークホルダーに一次調査を行いました。主要プレイヤーの将来性を調査し、国内で委託されているプロジェクトを特定しました。
また、企業のウェブサイト、ニュース記事、プレスリリース、企業の年次報告書、投資家向けプレゼンテーション、財務報告書などの様々な二次資料も調査しました。
主な対象者
- 石膏プラスターのメーカー、サプライヤー、流通業者、その他のステークホルダー
- 規制当局や政策立案者などの政府機関
- 石膏プラスターに関連する組織、フォーラム、同盟団体
- 市場調査会社、コンサルティング会社
この調査は、石膏膏の企業、顧客、政策立案者などの業界関係者にとって重要ないくつかの重要な質問に対する回答を提供するのに役立ちます。また、投資を戦略的に行い、成長機会を活かすために、今後数年間でどの市場セグメントをターゲットにすべきかについての有益な洞察を提供しています。
レポートの範囲
本レポートでは、インドの石膏プラスター市場を以下のカテゴリーに分類しています。また、業界動向についても以下に記載しています。

- インド石膏プラスター市場、用途別。
o 赤煉瓦
o コンクリートブロック
o RCC表面
o その他
- インド石膏プラスター市場:包装サイズ別
o 10キロ未満
o 10-20 Kg
o 21-25 Kg
o 25Kg以上
- インド石膏プラスター市場:エンドユーザー産業別
o 住宅
o オフィス
o 小売
o 工業
o 学校
o インフラストラクチャー
ホスピタリティ
o 病院
- インド石膏プラスター市場(地域別
o 南
o 西
o 北
o東
競争状況

企業プロフィールインド石膏プラスター市場に参入している主要企業を詳細に分析しています。
利用可能なカスタマイズ。
与えられた市場データをもとに、TechSci Researchは企業の特定のニーズに応じたカスタマイズを提供します。レポートには以下のカスタマイズオプションが用意されています。
企業情報
- 追加の市場プレーヤー(最大5社)の詳細な分析とプロファイリング。

ページTOPに戻る


目次

1. Product Overview
2. Research Methodology
3. Impact of COVID-19 on India Gypsum Plaster Market
4. Executive Summary
5. India Gypsum Plaster Production Overview
6. India Gypsum Plaster Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Application (Red Bricks, Concrete Blocks, RCC Surface, Others)
6.2.2. By Packaging Size (Less than 10 Kg, 10-20 Kg, 21-25 Kg, above 25 Kg)
6.2.3. By End User Industry (Residential, Offices, Retail, Industrial, Schools, Infrastructure, Hospitality, Hospitals)
6.2.4. By Region (South, West, North and East)
6.2.5. By Company (2021)
6.3. Market Map
7. South India Gypsum Plaster Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Application
7.2.2. By Packaging Size
7.2.3. By End User Industry
7.2.4. By State
7.3. Competition Outlook
8. West India Gypsum Plaster Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Application
8.2.2. By Packaging Size
8.2.3. By End User Industry
8.2.4. By State
8.3. Competition Outlook
9. North India Gypsum Plaster Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value & Volume
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Application
9.2.2. By Packaging Size
9.2.3. By End User Industry
9.2.4. By State
9.3. Competition Outlook
10. East India Gypsum Plaster Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value & Volume
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Application
10.2.2. By Packaging Size
10.2.3. By End User Industry
10.2.4. By State
10.3. Competition Outlook
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends and Developments
13. Policy and Regulatory Landscape
14. Voice of Customer
14.1. Brand Awareness & Brand Recall
14.2. Factors Considered while Selecting a Supplier/ or Influencing Purchase Decision
14.3. Customer Satisfaction Level
15. Major Challenges/Issues Faced Post Purchase of Gypsum Plaster
16. Import Export Analysis
17. India Economic Profile
18. Pricing Analysis
19. Major Dealers of Gypsum Plaster in India
20. Company Profiles
20.1. Sakarni Plaster (India) Private Limited
20.2. Saint-Gobain Gyproc India Ltd.
20.3. J.K. Lakshmi Cement Ltd
20.4. Walplast Products Pvt. Ltd.
20.5. DCM Shriram Ltd. (Shriram Cement Works)
20.6. Kaya Maya Industries (Trimurti Wall Care Products Pvt Ltd)
20.7. TMC Gypsum India Ltd
20.8. Birla White
20.9. USG Boral
20.10. VV Paiint
20.11. VANS Gypsum Pvt. Ltd.
21. Strategic Recommendations
22. About Us & Disclaimer

Note: - The data given for any year represents the market during the period, i.e., 1st April of the previous year to 31st March of that year. eg: For 2022E, the data represents the period, 1st April 2021 to 31st March 2022.

 

ページTOPに戻る


 

Summary

India Gypsum Plaster Market stood at INR462.86 crore in 2021 and is projected to grow at a CAGR of 6.13% by 2027, to reach INR 677.36 crore by 2027. Anticipated growth in the market can be attributed to increase in India’s per capita income and a large number of people engaging in the beautification of houses, especially walls. Demand for gypsum plaster has also been witnessing a consistent increase due to construction projects. The government of India is also taking initiatives to redecorate tourist spots and government buildings with gypsum plaster as it is one of the preferred choices for textured designs and offers high strength and better coverage on the walls. Moreover, with the rising urbanization there has been a shift towards metro cities such as Delhi, Bangalore, etc., from rural cities. This has resulted in growing demand for gypsum plaster in household sectors, which must be modernized enough to encapsulate the population within it.

Gypsum plaster is a white cementing material produced by dehydration of the gypsum mineral with the help of special retarders or hardeners. The gypsum plaster material can be applied directly on any solid or hollow blocks, AAC blocks, plaster boards or concrete surface to form a smooth surface. It offers good insulation, fire resistance, and impact resistance.

Based on End-User Industry the market is segmented into Residential, Offices, Retail, Industrial, Schools, Infrastructure, Hospitality, Hospitals. Residential sector is the highest demand generating end user for gypsum plaster in India. Residential sector accounted for a share of 27.04% in 2021, in the India gypsum plaster market. Favorable government policies and initiatives such as “Housing for All”, Smart Cities Mission, green field and brown field projects for developing new airports along with expansions of existing airports coupled with Real Estate Regulation and Development Act 2016 are the major factors propelling the demand for gypsum plaster in India.

Based on Packaging Size, the market is segmented into Less than 10 Kg, 10-20 Kg, 21-25 Kg, above 25 Kg. The consumption of 21-25 kg & above 25 kg packaging size is significantly more than other segments for providing finishing to walls and ceilings. 21-25 kg & above 25 kg packaging size are the dominant packaging sizes in India gypsum plaster market accounting for a cumulative share of around 71% in 2021. Moreover, due to its properties like high strength durability, easy availability and no surface cracks, demand for gypsum plaster from residential and commercial sector is rising.

Based on Region, in 2021 South was the dominant region in India Gypsum Plaster Market accounting for a share of 31.18%, due to increasing usage of gypsum plaster in the region. Moreover, South India has continued to maintain its momentum in real estate, strengthening and building itself as one of the most sought-after destinations in the country for homebuyers and NRIs. Additionally, cities like Bangalore, Chennai and Hyderabad are now part of the global real estate map due to which there has been an increase in residential projects in South.

Some of the major players operating in India Gypsum Plaster Market are Sakarni Plaster (India) Private Limited, Saint-Gobain Gyproc India Ltd., J.K. Lakshmi Cement Ltd, Walplast Products Pvt. Ltd., DCM Shriram Ltd. (Shriram Cement Works), Kaya Maya Industries (Trimurti Wall Care Products Pvt Ltd), TMC Gypsum India Ltd., Birla White, USG Boral, VV Paiint, VANS Gypsum Pvt. Ltd.td. among others.
Years Considered for this Report:
Historical Years: 2017-2020
Base Year: 2021
Estimated Year: 2022E
Forecast Period: 2023F-2027F
Objective of the Study:
• The primary objective of the study is to understand and gain insights about India Gypsum Plaster Market by Application (Red Bricks, Concrete Blocks, RCC Surface, Others), By Packaging Size (Less than 10 Kg, 10-20 Kg, 21-25 Kg, above 25 Kg), By End User Industry (Residential, Offices, Retail, Industrial, Schools, Infrastructure, Hospitality, Hospitals), By Region, from 2017-2027.
• To analyze historical growth in the market size of India Gypsum Plaster Market from 2017 to 2021.
• To estimate and forecast the market size of India Gypsum Plaster Market from 2022 to 2027 and growth rate until 2027.
• To identify the detailed information about the prime factors affecting India Gypsum Plaster Market.
• To evaluate competitive pricing, average market selling prices and margins in India Gypsum Plaster Market.
• To examine competitive developments such as new entrants, government policy and investments in India Gypsum Plaster Market.
• To strategically profile the leading players involved in the India Gypsum Plaster Market.
To analyze and forecast India Gypsum Plaster Market, both top-down and bottom-up approaches have been used. Multiple employees from the leading companies have been interviewed through telephonic conversations to extract and verify the information being collected at the source. A brief study of the major players operating in India Gypsum Plaster Market was also undertaken. To extract data, primary surveys were conducted with key players and stakeholders in the industry. The future of major players was studied and projects which have commissioned in the country were identified.
Various secondary sources such as company websites, news articles, press releases, company annual reports, investor presentations and financial reports were also studied by TechSci Research.
Key Target Audience:
• Gypsum plaster manufacturers, suppliers, distributors, and other stakeholders
• Government bodies such as regulating authorities and policy makers
• Organizations, forums, and alliances related to gypsum plaster
• Market research and consulting firms
The study is useful in providing answers to several critical questions that are important for industry stakeholders, such as gypsum plaster companies, customers, and policymakers. The report also provides useful insights about which market segments should be targeted over the coming years in order to strategize investments and capitalize on growth opportunities.
Report Scope:
In this report India Gypsum Plaster Market has been segmented into the following categories in addition to the industry trends which have also been listed below:

• India Gypsum Plaster Market, By Application:
o Red Bricks
o Concrete Blocks
o RCC Surface
o Others
• India Gypsum Plaster Market, By Packaging Size:
o Less than 10 Kg
o 10-20 Kg
o 21-25 Kg
o Above 25 Kg
• India Gypsum Plaster Market, By End User Industry:
o Residential
o Offices
o Retail
o Industrial
o Schools
o Infrastructure
o Hospitality
o Hospitals
• India Gypsum Plaster Market, By Region:
o South
o West
o North
o East
Competitive Landscape

Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in India Gypsum Plaster Market.
Available Customizations:
With the given market data, TechSci Research offers customizations according to a company’s specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Product Overview
2. Research Methodology
3. Impact of COVID-19 on India Gypsum Plaster Market
4. Executive Summary
5. India Gypsum Plaster Production Overview
6. India Gypsum Plaster Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Application (Red Bricks, Concrete Blocks, RCC Surface, Others)
6.2.2. By Packaging Size (Less than 10 Kg, 10-20 Kg, 21-25 Kg, above 25 Kg)
6.2.3. By End User Industry (Residential, Offices, Retail, Industrial, Schools, Infrastructure, Hospitality, Hospitals)
6.2.4. By Region (South, West, North and East)
6.2.5. By Company (2021)
6.3. Market Map
7. South India Gypsum Plaster Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Application
7.2.2. By Packaging Size
7.2.3. By End User Industry
7.2.4. By State
7.3. Competition Outlook
8. West India Gypsum Plaster Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Application
8.2.2. By Packaging Size
8.2.3. By End User Industry
8.2.4. By State
8.3. Competition Outlook
9. North India Gypsum Plaster Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value & Volume
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Application
9.2.2. By Packaging Size
9.2.3. By End User Industry
9.2.4. By State
9.3. Competition Outlook
10. East India Gypsum Plaster Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value & Volume
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Application
10.2.2. By Packaging Size
10.2.3. By End User Industry
10.2.4. By State
10.3. Competition Outlook
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends and Developments
13. Policy and Regulatory Landscape
14. Voice of Customer
14.1. Brand Awareness & Brand Recall
14.2. Factors Considered while Selecting a Supplier/ or Influencing Purchase Decision
14.3. Customer Satisfaction Level
15. Major Challenges/Issues Faced Post Purchase of Gypsum Plaster
16. Import Export Analysis
17. India Economic Profile
18. Pricing Analysis
19. Major Dealers of Gypsum Plaster in India
20. Company Profiles
20.1. Sakarni Plaster (India) Private Limited
20.2. Saint-Gobain Gyproc India Ltd.
20.3. J.K. Lakshmi Cement Ltd
20.4. Walplast Products Pvt. Ltd.
20.5. DCM Shriram Ltd. (Shriram Cement Works)
20.6. Kaya Maya Industries (Trimurti Wall Care Products Pvt Ltd)
20.7. TMC Gypsum India Ltd
20.8. Birla White
20.9. USG Boral
20.10. VV Paiint
20.11. VANS Gypsum Pvt. Ltd.
21. Strategic Recommendations
22. About Us & Disclaimer

Note: - The data given for any year represents the market during the period, i.e., 1st April of the previous year to 31st March of that year. eg: For 2022E, the data represents the period, 1st April 2021 to 31st March 2022.

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る